サイレントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 言語学 > サイレントの意味・解説 

サイレント

英語:silent

(1)音が無いこと。
(2)トーキーに対して無声映画のこと。
(3)表記されているのに発音されない文字のこと。例えば英語で騎士意味するknight」はkを読まずナイト」と発音する
(4)(1)より転じて就職活動選考中に企業から何の連絡もなく落とされてしまうこと。音沙汰がないというところからこのように言われる

サイレント【silent】

読み方:さいれんと

音をたてないこと。無言であること

語のつづりの中で発音しない文字。英語のknifeのk、climbのbなど。黙音。

サイレント映画」の略。

無症状であること。また比的に物事世間に知られないこと。「―ストーン」「―プアー


サイレント

作者井上雅彦

収載図書キネマ・キネマ―異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2002.9
シリーズ名光文社文庫

収載図書1001秒の恐怖映画―ホラー・ショートショート
出版社東京創元社
刊行年月2005.1
シリーズ名創元推理文庫


サイレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 03:45 UTC 版)

サイレント英語: silent




「サイレント」の続きの解説一覧

サイレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 18:02 UTC 版)

奇術」の記事における「サイレント」の解説

前述のパターとは逆に台詞抜きで演技する場合はサイレントと呼ばれるステージマジックイリュージョン比較的サイレントで演じられる場合が多い。

※この「サイレント」の解説は、「奇術」の解説の一部です。
「サイレント」を含む「奇術」の記事については、「奇術」の概要を参照ください。


サイレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 23:31 UTC 版)

ルクス・ペイン」の記事における「サイレント」の解説

遥か古来より存在する実態もたない精神感染体世に存在する数々の怪奇事件の原因考えられている。人類精神寄生し負の思念喰ら続け精神乗っ取り悪魔の所業行わせる精神寄生する点のみが共通しているが、感染方法精神の変容は各サイレントによって異なる地域感染レベル高くなる集団自殺残虐事件増加する。サイレントの感染強力な能力を持つ「オリジナル」と呼ばれるサイレントの発生から始まり、「オリジナル」の宿主人々接触して自分の一部であるサイレントを感染させるイレース能力でサイレントを除去しても、本体である「オリジナル」が存在する限り再び感染する可能性があるまた、サイレントに感染される精神侵食される代わりに特殊能力を得ることがある能力者中には、心に大きな障害残さず人の心意のままに操作する者も存在するサイレント感染レベル1 霊感優れたものが不気味な声や陰を見聞きする。 サイレント感染レベル2 サイレント罹患者存在自殺者増加犯罪率の上昇。 サイレント感染レベル3 サイレントによる精神侵食進み無意識下においてサイレントを伝染させる結果一般人残虐事件増加するサイレント感染レベル4 精神侵食進行し意識乗っ取られる意識的に他者にサイレントを伝染させる

※この「サイレント」の解説は、「ルクス・ペイン」の解説の一部です。
「サイレント」を含む「ルクス・ペイン」の記事については、「ルクス・ペイン」の概要を参照ください。


サイレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:02 UTC 版)

王下七武海」の記事における「サイレント」の解説

周囲ドーム状の「防音壁」を張り内外の音を遮断する

※この「サイレント」の解説は、「王下七武海」の解説の一部です。
「サイレント」を含む「王下七武海」の記事については、「王下七武海」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サイレント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サイレント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



サイレントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイレント」の関連用語

サイレントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイレントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイレント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの奇術 (改訂履歴)、ルクス・ペイン (改訂履歴)、王下七武海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS