雑誌広告とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 雑誌 > 雑誌広告の意味・解説 

雑誌広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 14:41 UTC 版)

ギャンブル詐欺」の記事における「雑誌広告」の解説

パチンコ・パチスロ関係の雑誌広告載せ、「攻略法」を販売する雑誌掲載されていることで、出版社によって広内容検証が行われていると錯覚することが往々にしてあるようであるが、雑誌社にとっては単なる広告収入目的で掲載しているだけであってその内容何ら関わりはない。 攻略法販売会社広告主の場合、いわゆるバーター広告としてあたかも攻略法存在するかのように記事形式広告掲載される場合がある

※この「雑誌広告」の解説は、「ギャンブル詐欺」の解説の一部です。
「雑誌広告」を含む「ギャンブル詐欺」の記事については、「ギャンブル詐欺」の概要を参照ください。


雑誌広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 15:28 UTC 版)

実話誌」の記事における「雑誌広告」の解説

かつてはアダルトグッズ通信販売成人向け図書などが多かったが、近年ではいわゆる出会い系呼ばれるサイトツーショットダイヤルテレフォンクラブ包茎早漏などの男性コンプレックス解消謳うクリニック器具健康食品中小規模消費者金融大半を占める。特に一連の出会い系広告は、体験レポートやそれをマンガしたものなど、実話誌体裁に合わせたものも多い。また、雑誌全国販売されるという性格上、エリアの狭い風俗営業店舗広告は、ある程度性風俗情報特化した実話誌でない限りそれほど多く見受けられない一般週刊誌などに比べ広告採用基準が緩いためにこの種類の広告営業がかけやすく製作費用の安い実話誌広告収入賄えるといわれている。 この広告から察せられるように購読者特定の社会階層趣味関心範疇に絞ったものとなる

※この「雑誌広告」の解説は、「実話誌」の解説の一部です。
「雑誌広告」を含む「実話誌」の記事については、「実話誌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「雑誌広告」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「雑誌広告」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



雑誌広告と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雑誌広告」の関連用語

雑誌広告のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雑誌広告のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギャンブル詐欺 (改訂履歴)、実話誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS