桔梗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > キキョウ > 桔梗の意味・解説 

き‐きょう〔‐キヤウ〕【×梗】

読み方:ききょう

キキョウ科多年草日当たりのよい山野に生え、高さ約1メートル長卵形で、裏面がやや白い。8、9月ごろ青紫色釣鐘形の花が咲く。つぼみのとき風船状をなし、花びらの先が5裂して開く。園芸種には白色花や二重咲きのものもある。秋の七草の一。根は漢方薬用。おかととき。ありのひふききちこう。《 秋》「かたまり咲きて—の淋しさよ/万太郎

襲(かさね)の色目の名。表は二藍(ふたあい)、裏は青。きちこう

桔梗色」の略。

紋所の名。キキョウの花をかたどったもの。

桔梗の画像
桔梗の画像
桔梗の紋所
桔梗の画像
桔梗の紋所一つ「桔梗
桔梗の画像
桔梗の紋所一つ蔓桔梗
桔梗の画像
桔梗の紋所一つ三つ割り桔梗」

きち‐こう〔‐カウ〕【×桔梗】

読み方:きちこう

キキョウの別名。《 秋》

ききょう(桔梗)2」に同じ。


桔梗

読み方:キキョウ(kikyou), アリノヒフキ(arinohifuki), キチコウ(kichikou)

キキョウ科多年草園芸植物薬用植物


桔梗

読み方:キチコウ(kichikou)

襲の色目、又はキキョウ異称


桔梗

作者安西篤子

収載図書武家女夫
出版社講談社
刊行年月1988.7

収載図書武家女夫
出版社講談社
刊行年月1993.9
シリーズ名講談社文庫

収載図書剣よ月下舞え新選代表作時代小説 23
出版社光風出版
刊行年月2001.5
シリーズ名光風文庫


桔梗

作者瀬戸内寂聴

収載図書生死長夜
出版社講談社
刊行年月1989.5

収載図書生死長夜
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫


桔梗

作者山田詠美

収載図書晩年の子
出版社講談社
刊行年月1991.10

収載図書魔法
出版社角川書店
刊行年月1993.4
シリーズ名角川ホラー文庫

収載図書晩年の子
出版社講談社
刊行年月1994.12
シリーズ名講談社文庫


キキョウ

キキョウ
科名 キキョウ科
別名: -
生薬名: キキョウコン桔梗根
漢字表記 桔梗
原産 日本朝鮮半島中国
用途 秋の七草一つ多年草。根にはサポニン含まれ排膿去痰などに用います若芽山菜として、また、韓国では根をトラジとよび食用にします。
学名: Platycodon grandiforum A. DC.
   

ききょう (桔梗)

キキョウのほかの用語一覧
イソトマ:  イソトマ
キキョウ:  桔梗
キキョウソウ:  桔梗草
シデシャジン:  四手沙参
タニギキョウ:  谷桔梗
ツリガネニンジン:  レディーベル  丸葉沙参

桔梗

読み方:キキョウ(kikyou), アリノヒフキ(arinohifuki), キチコウ(kichikou)

キキョウ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Platycodon grandiflorus


桔梗

読み方:ききょう

  1. 私の霊をあなたに差上げますあなたの心に印して下さい。との意を含ませる。〔花言葉
  2. 花言葉にて、私の霊をあなたに差上げますあなたの心に印して下さい。との意を含ませる
  3. 〔花言〕私の霊をあなたに差上げるとの意。

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

桔梗

読み方:キキョウ(kikyou)

秋の名草で、全国いたるところ山野自生し、花は形がよく整い青みのかかった紫色

季節

分類 植物


桔梗

読み方:キキョウ(kikyou)

作者 吉屋信子

初出 大正13年

ジャンル 小説


桔梗

読み方:キキョウ(kikyou)

所在 北海道函館市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

桔梗

読み方:キキョウ(kikyou)

所在 北海道(JR函館本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

桔梗

読み方
桔梗ききょう
桔梗ききよう

キキョウ

(桔梗 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/29 17:48 UTC 版)

キキョウ(桔梗、Platycodon grandiflorus)は、キキョウ科の多年生草本植物山野の日当たりの良い所に育つ。日本全土、朝鮮半島中国東シベリアに分布する。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 薬草園だより Vol.2018-2019.秋冬号(第10刊)”. 神戸学院大学薬学部附属薬用植物園. 2020年3月8日閲覧。


「キキョウ」の続きの解説一覧

桔梗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 02:00 UTC 版)

隻眼の竜」の記事における「桔梗」解説

諏訪頼継愛妾若く美しい女性。源蔵屋敷忍び込まれ催淫薬飲まされた。その後身体が男を求めるようになり、苦しんでいたところ、源蔵レイプされた。その後源蔵とたびたび同衾するが、頼継の敗死後、敵兵捕らえられ洞窟のなかで輪姦された。侍女のさくらとともに激し凌辱をうけた桔梗は、源蔵の名を呼んで助け求めるが、殺害され全裸発見された。

※この「桔梗」の解説は、「隻眼の竜」の解説の一部です。
「桔梗」を含む「隻眼の竜」の記事については、「隻眼の竜」の概要を参照ください。


桔梗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 05:44 UTC 版)

亀田市」の記事における「桔梗」解説

地名 旧名桔梗野。後に桔梗1902年明治35年)に亀田村大字桔梗歴史 野生の桔梗が自生する場所だった。

※この「桔梗」の解説は、「亀田市」の解説の一部です。
「桔梗」を含む「亀田市」の記事については、「亀田市」の概要を参照ください。


桔梗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 01:49 UTC 版)

伊賀の影丸」の記事における「桔梗」解説

女の飛騨忍者本作としては極めて珍しいくの一短筒を得意とし、土蜘蛛を倒す。飛騨忍群最後生き残りとなるも、円月斎からは戦うことを許されず、最後の戦い後始末をする命を受ける。その後描写はなく、生き残ったのかは不明

※この「桔梗」の解説は、「伊賀の影丸」の解説の一部です。
「桔梗」を含む「伊賀の影丸」の記事については、「伊賀の影丸」の概要を参照ください。


桔梗(ききょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 01:08 UTC 版)

男坂」の記事における「桔梗(ききょう)」の解説

雅の親衛隊隊長京都弁を喋る。カサブランカ号で鹿児島から帰る途中仁義ヘリコプター拉致し、雅の下へ運んだ

※この「桔梗(ききょう)」の解説は、「男坂」の解説の一部です。
「桔梗(ききょう)」を含む「男坂」の記事については、「男坂」の概要を参照ください。


桔梗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 16:31 UTC 版)

擬宝珠家」の記事における「桔梗」解説

ぎぼし ききょう 声の出演 - 木村亜希子 夜婁紫喰の妻で、纏たちの母親。すでに成人長男長女を持つ身でありながら外見はとても若く見える。纏の日本舞踊の元師匠でもある。纏が警官になることには反対していた。

※この「桔梗」の解説は、「擬宝珠家」の解説の一部です。
「桔梗」を含む「擬宝珠家」の記事については、「擬宝珠家」の概要を参照ください。


桔梗(ききょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 17:51 UTC 版)

妖怪アパートの幽雅な日常」の記事における「桔梗(ききょう)」の解説

佐藤さん知人妖怪

※この「桔梗(ききょう)」の解説は、「妖怪アパートの幽雅な日常」の解説の一部です。
「桔梗(ききょう)」を含む「妖怪アパートの幽雅な日常」の記事については、「妖怪アパートの幽雅な日常」の概要を参照ください。


桔梗(ききょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 18:26 UTC 版)

センゴク兄弟」の記事における「桔梗(ききょう)」の解説

土岐頼芸落胤であり、斎藤道三によって追放された際、久盛に託された。

※この「桔梗(ききょう)」の解説は、「センゴク兄弟」の解説の一部です。
「桔梗(ききょう)」を含む「センゴク兄弟」の記事については、「センゴク兄弟」の概要を参照ください。


桔梗(ききょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:16 UTC 版)

NOeSIS」の記事における「桔梗(ききょう)」の解説

サイドストーリーと線」に登場

※この「桔梗(ききょう)」の解説は、「NOeSIS」の解説の一部です。
「桔梗(ききょう)」を含む「NOeSIS」の記事については、「NOeSIS」の概要を参照ください。


桔梗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 01:10 UTC 版)

くノ一忍法帖」の記事における「桔梗」解説

阿福仕え御使番娘。処女思われていたが実は妊娠していることを般若寺風伯見破られ、「忍法日影月影」にかかって切腹する

※この「桔梗」の解説は、「くノ一忍法帖」の解説の一部です。
「桔梗」を含む「くノ一忍法帖」の記事については、「くノ一忍法帖」の概要を参照ください。


桔梗(ききょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/31 15:32 UTC 版)

石影妖漫画譚」の記事における「桔梗(ききょう)」の解説

玩具屋呼び寄せた物ノ怪人間1人。ゆったりとした着物着た身重女性時折の子供に向けて赤ちゃん言葉話しかけている。性格大らかで、率先して戦おうとはしなかったが、子供への愛情執着異常なまでに強く、腹を攻撃してきた毛倡妓を凄まじく罵り即座に臨戦態勢に入るほどである。

※この「桔梗(ききょう)」の解説は、「石影妖漫画譚」の解説の一部です。
「桔梗(ききょう)」を含む「石影妖漫画譚」の記事については、「石影妖漫画譚」の概要を参照ください。


桔梗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/18 02:29 UTC 版)

お江戸はねむれない!」の記事における「桔梗」解説

薄雲先輩遊女ぽっちゃり体型物語序盤の「女比べ」で、自分だまして金を巻き上げた極楽堂主人審査員務めると知り悔しさ憤る

※この「桔梗」の解説は、「お江戸はねむれない!」の解説の一部です。
「桔梗」を含む「お江戸はねむれない!」の記事については、「お江戸はねむれない!」の概要を参照ください。


桔梗(杉本彩)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 01:14 UTC 版)

水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」の記事における「桔梗(杉本彩)」の解説

かげろう組のくノ一普段尼僧装う相馬第5話)で登場悪事を探るために葛西屋の懐に飛び込み妖艶な美貌色香葛西屋を魅了して始末する活躍見せた

※この「桔梗(杉本彩)」の解説は、「水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」の解説の一部です。
「桔梗(杉本彩)」を含む「水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」の記事については、「水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「桔梗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

桔梗

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 07:00 UTC 版)

この単語漢字

人名
きょう
常用漢字
湯桶読み

名詞

桔梗 (ききょう)

  1. キク目キク科キキョウ属に属す多年草一種学名Platycodon grandiflorus
  2. かさね色目いろめ一種。表は二藍ふたあい、裏は青。
  3. 紋所の名。語義1の葉と花象る

翻訳


「桔梗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



桔梗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桔梗」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桔梗のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2024, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキキョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの隻眼の竜 (改訂履歴)、亀田市 (改訂履歴)、伊賀の影丸 (改訂履歴)、男坂 (改訂履歴)、擬宝珠家 (改訂履歴)、妖怪アパートの幽雅な日常 (改訂履歴)、センゴク兄弟 (改訂履歴)、NOeSIS (改訂履歴)、くノ一忍法帖 (改訂履歴)、石影妖漫画譚 (改訂履歴)、お江戸はねむれない! (改訂履歴)、水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの桔梗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS