趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2016年2月21日のデイリーキーワードランキング

1

越の香を抱き白鳥の北帰行
2

つちふるやまだうっすらと蒙古斑
3

行く春ややぶれかぶれの迎酒
4

籘椅子を出羽三山の前に置く
5

日々重く声も大きく梅ふふむ
6

しんしんと肺碧きまで海の旅
7

クロイツェル・ソナタ折り鶴凍る夜
8

水仙や古鏡の如く花をかかぐ
9

外にも出よ触るるばかりに春の月
10

秋日差螺旋階段下りて句座
11

凩や海に夕日を吹き落す
12

春眠や水漏れている保育園
13

思ふこと交はす夕餉の浅蜊汁
14

まつすぐな道でさみしい
15

朝焼の雲海尾根を溢れ落つ
16

秋の水水琴窟の音となり
17

船の名の月に読まるる港かな
18

風邪ごゑを常臥すよりも憐れまる
19

蛇口から水漏れてゐる花疲れ
20

滝落ちて群青世界とどろけり
21

死なば秋露の干ぬ間ぞおもしろき
22

天地水明あきあきしたる峠の木
23

御本尊阿弥陀露座仏花あかり
24

多喜二忌が近し鉛筆削るにおい
25

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
26

妻知らぬセーターを着て町歩く
27

カラオケに喉を馴らして寒稽古
28

余震なお深夜じゃがたらいも芽立ち
29

月落ちてメンソレータム手に馴じむ
30

椿よと醉ひはじめたる水あかり
31

糸ざくら風やわらかに生まれけり
32

鳥兜毒持つことは静かなり
33

着飾りて水陽炎の中にゐる
34

雪解急雀が飲んでいる缶コーヒー
35

春寒のよりそひ行けば人目ある
36

玫瑰や今も沖には未来あり
37

つきぬけて天上の紺曼珠沙華
38

秋風を聞けり古曲に似たりけり
39

林檎くふて牡丹の前に死なん哉
40

金色の佛ぞおはす蕨かな
41

桐一葉日当りながら落ちにけり
42

喜寿傘寿まだまだ若き竹の春
43

老境の静謐といふ梅日和
44

恋猫の皿舐めてすぐ鳴きにゆく
45

蕗の葉を傾けし風一里塚
46

けぶる母郷いくたび芹の匂いたつ
47

菜の花忌ゆるゆると来る氷点下
48

闘鶏の眼つぶれて飼はれけり
49

伸び過ぎのアスパラガスほどな粗忽
50

苗代泥膝頭まで女かな


2019年9月20日 15時02分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 1 2 3 4 5 6
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio