趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2015年1月の月間キーワードランキング

1

せきをしてもひとり
2

勇気こそ地の塩なれや梅真白
3

鰯雲人に告ぐべきことならず
4

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
5

外にも出よ触るるばかりに春の月
6

初暦知らぬ月日は美しく
7

しぐるるや蒟蒻冷えて臍の上
8

蝋梅や磨きたりない床柱
9

しぐるるや死なないでゐる
10

遠山に日の当りたる枯野かな
11

しんしんと肺碧きまで海の旅
12

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
13

漬物桶に塩ふれと母は産んだか
14

ものの種にぎればいのちひしめける
15

たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ
16

生きること一と筋がよし寒椿
17

算術の少年しのび泣けり夏
18

白梅のあと紅梅の深空あり
19

むらさきになりゆく二羽の青鷹
20

鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
21

水枕ガバリと寒い海がある
22

日々重く声も大きく梅ふふむ
23

青蛙おのれもペンキぬりたてか
24

冬蕪の真つ白な尻積みあげゆく
25

蛇衣を脱ぎかあさんは二度童子
26

ゆらぎ見ゆ百の椿が三百に
27

柊の花一本の香りかな
28

玫瑰や今も沖には未来あり
29

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
30

天井に日の斑ゆらめく針供養
31

梅二月ひかりは風とともにあり
32

別るるや夢一筋の天の川
33

ふりむかぬ大勢に射す春の日矢
34

螢籠昏ければ揺り炎えたたす
35

大寒の東京駅に人を待つ
36

流れ行く大根の葉の早さかな
37

おそるべき君等の乳房夏来る
38

愛されず冬の駱駝を見て帰る
39

流氷や宗谷の門波荒れやまず
40

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり
41

愛恋のダチュラの毒の白いこと
42

芋の露連山影を正しうす
43

方丈の大庇より春の蝶
44

広島や卵食ふ時口ひらく
45

たましひのたとへば秋のほたる哉
46

百選の水に育ちし水菜かな
47

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
48

逢ひに来しいもうとなるか雪ぼたる
49

春立つや雪降る夜の隅田川
50

鶏頭の十四五本もありぬべし


2019年11月22日 22時48分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio