趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2010年4月4日のデイリーキーワードランキング

1

花冷の闇にあらはれ篝守
2

あたたかな雨が降るなり枯葎
3

山笑ふ日や放れ家の小酒盛
4

一切の行蔵寒にある思ひ
5

少年兵追ひつめられてパンツ脱ぐ
6

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
7

蹴あげたる鞠のごとくに春の月
8

ゆで玉子むけばかがやく花曇
9

月光ほろほろ風鈴に戯れ
10

春風や闘志いだきて丘に立つ
11

葱坊主頭の中広いという不思議な
12

亀鳴くや皆愚かなる村のもの
13

夏の河赤き鉄鎖のはし浸る
14

街灯は夜霧にぬれるためにある
15

いま生れし仔牛湯拭きも小春凪
16

すがたなき船ぼうぼうと雪のなか
17

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
18

水洟や鼻の先だけ暮れ残る
19

シェパードが先に着きたる避暑地かな
20

夜桜やひとつ筵に恋敵
21

傘さして都をどりの篝守
22

別れ路や虚実かたみに冬帽子
23

夫にして悪友なりし榾を焼く
24

凩や海に夕日を吹き落す
25

兄以上恋人未満掻氷
26

人はみななにかにはげみ初桜
27

咲き満ちてこぼるる花もなかりけり
28

しぐるるや蒟蒻冷えて臍の上
29

をりとりてはらりとおもきすすきかな
30

肉がやせて来る太い骨である
31

トランプの王家悲しげ四月馬鹿
32

壁うつす鏡に風邪の身を入るる
33

春の日やあの世この世と馬車を駆り
34

打音のビル耳にみどりの昆虫いて
35

雪残る頂き一つ国境
36

月を見てをりたる父の論すこと
37

てふてふひらひらいらかをこえた
38

行く春ややぶれかぶれの迎酒
39

木楸の花荒行の生涯ぞ
40

ひとつ咲く酒中花はわが恋椿
41

我も亦ラッシュアワーのうたかたか
42

早苗饗のいちにち湯野の湯の熱き
43

海に出て木枯帰るところなし
44

立てば雪女郎坐れば遣手婆
45

高嶺星蚕飼の村は寝しづまり
46

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
47

星移る匂い袋の涼しき香
48

麦秋の中なるが悲し聖廃虚
49

瓜苗やたたみてうすきかたみわけ
50

日本の霞める中に富士霞む


2019年11月17日 17時37分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio