趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2014年10月26日のデイリーキーワードランキング

1

客われをじつと見る猫秋の宵
2

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
3

漬物桶に塩ふれと母は産んだか
4

せきをしてもひとり
5

夜桜やうらわかき月本郷に
6

ほととぎすあすはあの山こえて行かう
7

億年のなかの今生実南天
8

水枕ガバリと寒い海がある
9

遠山に日の当りたる枯野かな
10

風立ちて月光の坂ひらひらす
11

秋空を二つに断てり椎大樹
12

冬うらら海賊船は壜の中
13

肩に来て 人懐かしや 赤蜻蛉
14

一生のこの時のこの雁渡る
15

残り柿捥ぐきっかけが摑めない
16

ちなみぬふ陶淵明の菊枕
17

寒星や神の算盤ただひそか
18

風立ちて星消え失せし枯木かな
19

この丘のつくしをさなききつね雨
20

青竹が熟柿のどれにでも届く
21

鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分哉
22

霜降や小木なりに岩根抱く
23

稲刈りの昼餉銀行員が来る
24

山川に高浪も見し野分かな
25

雪残る頂き一つ国境
26

親よりも白き羊や今朝の秋
27

不死鳥の言葉が似合うひばりの忌
28

流氷や宗谷の門波荒れやまず
29

ピストルがプールの硬き面にひびき
30

白山の鴾色に雁帰る
31

しぐるるや蒟蒻冷えて臍の上
32

やり羽子や油のやうな京言葉
33

三月の甘納豆のうふふふふ
34

鼓うてば闇のしりぞく薪能
35

鶏頭の十四五本もありぬべし
36

猛春や素読の一と日となりにけり
37

鰯雲人に告ぐべきことならず
38

星空へ店より林檎あふれをり
39

抽きんでてさびしからずや初紅葉
40

白壁の余白残して蔦紅葉
41

コスモスを拔けてゆくまで見送りぬ
42

ねんねこの中で歌ふを母のみ知る
43

秋づきし母の嶺負ひし檜挽き
44

秋灯すどこの部屋にも夫居りて
45

鶏頭の 十四五本もありぬべし
46

大雪は豊作なりし柏手打つ
47

算術の少年しのび泣けり夏
48

ひとり子の帽子奪わる麦畠
49

てんとうむしだまし大きな錠かかり
50

春夕燒までのヘッセの庭仕事


2019年10月23日 20時24分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio