趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2016年3月5日のデイリーキーワードランキング

1

せきをしてもひとり
2

酔芙蓉女形の蛇の通りけり
3

阿修羅像は美少年なり酔芙蓉
4

籐椅子や家に孤島のあるごとし
5

籐椅子になびく隣家の薄煙り
6

籐椅子に揺れてうたたね鼻眼鏡
7

少年の見遣るは少女鳥雲に
8

啓蟄や指輪廻せば魔女のごと
9

冬灯一つの壺に影二つ
10

三椏の花それぞれに岐路あれど
11

大地いましづかに揺れよ油蟬
12

春雷や暗き廚の桜鯛
13

清明や街道の松高く立つ
14

蝉時雨子は担送車に追ひつけず
15

泳ぎより歩行に移るその境
16

咳込んで唯ふれてみる黄水仙
17

老境の静謐といふ梅日和
18

さくらさくら空に別れを惜しむなり
19

友の死をゆさぶるごとく海胆すする
20

越の香を抱き白鳥の北帰行
21

紫は水に映らず花菖蒲
22

嵯峨野路の竹さわさわと春立ちぬ
23

羅や人悲します恋をして
24

おとといが行方不明でホーホケキョ
25

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
26

ロダンの首泰山木は花えたり
27

あした行く方より聞こゆ春の雷
28

外にも出よ触るるばかりに春の月
29

夏嵐机上の白紙飛び尽す
30

小春日や隣家の犬の名はピカソ
31

人柱跡の南蛮煙管かな
32

蝉時雨子は擔送車に追ひつけず
33

卵割るように銀河を渡りけり
34

返り花きらりと人を引きとどめ
35

啓蟄の庭を大きく掃きにけり
36

大寒の埃の如く人死ぬる
37

啓蟄の蚯蚓の紅のすきとほる
38

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
39

ミモザ咲く昨日とちがう風のあり
40

艶聞に片耳ふさぐアマリリス
41

雀らも海かけて飛べ吹流し
42

水面に油紋のみどり蝉の昼
43

白藤の散りし大地を風迷う
44

鮟鱇の面構えして世を渡る
45

胸そらしそのまま染井吉野かな
46

雪形の代馬夜毎沢下る
47

色鳥来爺さん婆さんぱりっとす
48

神前に日だまりがあり寒の山
49

菱餅やまつわることももう少し
50

蟬時雨子は担送車に追ひつけず


2019年12月12日 11時17分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
29 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio