趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2010年3月5日のデイリーキーワードランキング

1

少年兵追ひつめられてパンツ脱ぐ
2

炎天の遠き帆やわがこころの帆
3

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり
4

いくたびも雪の深さを尋ねけり
5

重ね着の中に女のはだかあり
6

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
7

三月の甘納豆のうふふふふ
8

春風や闘志いだきて丘に立つ
9

分け入つても分け入つても青い山
10

女中遠鳶眺めては睡からん
11

高き燕深き廂に少女冷ゆ
12

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
13

残雪やごうごうと吹く松の風
14

あをあをと空を残して蝶分れ
15

珊瑚草燃えつつ枯るる夕水際
16

いつの世も朧の中に水の音
17

子の皿に塩ふる音もみどりの夜
18

涅槃西風ねむりいろなる珊瑚彫る
19

連翹の雨にいちまい戸をあけて
20

葱抜くや春の不思議な夢の後
21

黒揚羽九月の樹間透きとほり
22

日向の老婆に廐廂の新しさ
23

谺して山ほととぎすほしいまま
24

ほろほろと泣き合ふ尼や山葵漬
25

流れ行く大根の葉の早さかな
26

青饅や志野の器の紅さして
27

青麥のたしかな大地子の背丈
28

存念の色定まれり山の柿
29

空をはさむ蟹死にをるや雲の峰
30

せりなずなごぎょうはこべら母縮む
31

タメトモハゼに今上天皇かかずらう
32

帰り花咲けば小さな山のこゑ
33

花かげに秋夜目覺める子の遺影
34

枯れ果てて誰か火を焚く子の墓域
35

一茶の像ちひさしこれに鏡餅
36

雪残る頂き一つ国境
37

木枯やこのごろ多き阿世の徒
38

寂しくて道のつながる年のくれ
39

これ以上待つと昼顔になってしまう
40

馬上の子に遠嶺ふくらむ裸の雲
41

水温むうしろに人のゐるごとし
42

鍬の影鋭くあそぶ土の熱
43

ものの種にぎればいのちひしめける
44

山越える山のかたちの夏帽子
45

幸福肌にあり炎天の子供逹
46

遠蛙やがて男の咳きこゆ
47

あをあをと年越す北のうしほかな
48

春の夜の氷の国の手鞠唄
49

ビルの屋上暑氣水平に麥熟れて
50

頭悪き日やげんげ田に牛暴れ


2019年12月14日 02時08分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
22 23 24 25 26 27 28
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio