趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2014年6月10日のデイリーキーワードランキング

1

水の地球すこしはなれて春の月
2

いなびかり北よりすれば北を見る
3

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
4

戦争が廊下の奥に立つてゐた
5

赤い椿白い椿と落ちにけり
6

せきをしてもひとり
7

ほととぎすあすはあの山こえて行かう
8

枯菊の香を愛しともむなしとも
9

仁王の腕ふふっと伸ばす朧かな
10

プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ
11

だしぬけに灯蛾の舞ひ込む狼煙台
12

天霧らふ空にこふだまや夏神楽
13

金剛の露ひとつぶや石の上
14

月明のいづくか悪事なしをらむ
15

跳箱の突手一瞬冬が来る
16

外にも出よ触るるばかりに春の月
17

どの子にも涼しく風の吹く日かな
18

時鳥厠半ばに出かねたり
19

つばめつばめ泥が好きなる燕かな
20

春星の放哉春月の山頭火
21

ひつぱれる糸まつすぐや甲虫
22

暗黒や 関東平野に 火事一つ
23

箒木に影といふものありにけり
24

滝落ちて群青世界とどろけり
25

匙なめて童たのしも夏氷
26

水枕ガバリと寒い海がある
27

そよぎだす早苗田の青昼鏡
28

歌ひとつ遊牧の空に放ち来し
29

鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
30

ぼうふらの考へ込んでまた沈む
31

雨蛙載せ大らかな草の搖れ
32

天ヶ下百足虫も神の使ひなる
33

桐一葉日当りながら落ちにけり
34

方丈の大庇より春の蝶
35

薄氷の吹かれて端の重なれる
36

春雷や胸の上なる夜の厚み
37

流れ行く大根の葉の早さかな
38

暗黒や関東平野に火事一つ
39

風紋は神の庭めき寒に入る
40

背のびして飯粒で貼る火伏札
41

重ね着の中に女のはだかあり
42

日と月のごとく二輪の寒椿
43

桜散るあなたも河馬になりなさい
44

月光ほろほろ風鈴に戯れ
45

こんなよい月を一人で見て寝る
46

青梅が籠に身をつめ夜の豪雨
47

古典還りだんだん父に似たる冬帽
48

流氷や宗谷の門波荒れやまず
49

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
50

ひとり居のテレビと歌う冬の梅


2019年12月16日 09時43分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio