趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2014年2月の月間キーワードランキング

1

ほととぎすあすはあの山こえて行かう
2

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
3

せきをしてもひとり
4

天上に宴ありとや雪やまず
5

外にも出よ触るるばかりに春の月
6

双子なら同じ死顔桃の花
7

ふりむかぬ大勢に射す春の日矢
8

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
9

手鞠唄かなしきことをうつくしく
10

ものの種にぎればいのちひしめける
11

日々重く声も大きく梅ふふむ
12

青蛙おのれもペンキぬりたてか
13

しんしんと雪降る空に鳶の笛
14

つきぬけて天上の紺曼珠沙華
15

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
16

嵯峨野路の竹さわさわと春立ちぬ
17

母の日のてのひらの味塩むすび
18

白梅のあと紅梅の深空あり
19

鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
20

白牡丹といふといへども紅ほのか
21

鰯雲人に告ぐべきことならず
22

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
23

水枕ガバリと寒い海がある
24

嗚呼神様オリンピックの冬の陣
25

炎天の遠き帆やわがこころの帆
26

豆まきの豆もてあます齢かな
27

この道しかない春の雪ふる
28

玫瑰や今も沖には未来あり
29

春風や闘志いだきて丘に立つ
30

勇気こそ地の塩なれや梅真白
31

算術の少年しのび泣けり夏
32

三月の甘納豆のうふふふふ
33

オリオンの盾新しき年に入る
34

冬蜂の死に所なく歩きけり
35

もう一人の自分をさがす初鏡
36

さざ波は立春の譜をひろげたり
37

いくたびも雪の深さを尋ねけり
38

凩や海に夕日を吹き落す
39

降る雪や明治は遠くなりにけり
40

方丈の大庇より春の蝶
41

生きること一と筋がよし寒椿
42

海に出て木枯帰るところなし
43

金亀子 擲つ闇の 深さかな
44

初午や物音ひびく部屋の壁
45

母と寝る一夜豊かに虫の声
46

抱き上げし赤子の匂い春の雪
47

雪残る頂き一つ国境
48

重ね着の中に女のはだかあり
49

冬かもめ真昼は大きな忘れもの
50

どうでもよいことには触れず野水仙


2019年12月15日 18時02分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio