趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2009年3月の月間キーワードランキング

1

花冷の闇にあらはれ篝守
2

重ね着の中に女のはだかあり
3

お涅槃のくすぐりっこの少女たち
4

春風や闘志いだきて丘に立つ
5

啓蟄や兄の戦艦浮上せず
6

啓蟄やこの世のもののみな眩し
7

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
8

つきぬけて天上の紺曼珠沙華
9

いくたびも雪の深さを尋ねけり
10

啓蟄の蚯蚓の紅のすきとほる
11

早乙女の股間もみどり透きとほる
12

ものの種にぎればいのちひしめける
13

ひかりの野へ君なら蝶に乗れるだろう
14

青蛙おのれもペンキぬりたてか
15

鶏頭の十四五本もありぬべし
16

さくら咲くことを忘れて日が沈む
17

今の間のおういぬふぐり聖人去り
18

からだの風景を鷹が舞っている
19

毎年よ彼岸の入りに寒いのは
20

啓蟄や指輪廻せば魔女のごと
21

水温むうしろに人のゐるごとし
22

死化粧して水色桔梗なりぬ
23

初夢のなかをどんなに走つたやら
24

それぞれの部屋にこもりて夜の長き
25

のぞきからくり泡だちやまぬ夜の廃液
26

父はやく死にしあと母風の盆
27

鉛筆の遺書ならば忘れ易からむ
28

曼珠沙華あつけらかんと道の端
29

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
30

山陰や一村暮るゝ麻畠
31

早苗饗のいちにち湯野の湯の熱き
32

海に出て木枯帰るところなし
33

空蝉に真昼の海が残っている
34

男根担ぎ仏壇峠越えにけり
35

おそるべき君等の乳房夏来る
36

母死ぬと誰かれとなく飴の匂い
37

くらやみに蝌蚪の手足が生えつつあり
38

夏の海水兵ひとり紛失す
39

降る雪や明治は遠くなりにけり
40

姉の身に地割れ及びて水仙花
41

叔父の僧姪の舞妓や大石忌
42

おにはにはにはにはとりがゐるはるは
43

いきいきと三月生る雲の奧
44

この国の言葉によりて花ぐもり
45

銃さげし少年匂ふ冬の磯
46

除夜の湯に肌触れあへり生くるべし
47

とんぼ連れて味方あつまる山の国
48

冬蜂の死にどころなく歩きけり
49

啓蟄のそとから家の中を見る
50

苗代の水を平らにして眠る


2019年12月10日 15時28分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
23 24 25 26 27 28 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio