趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2014年11月28日のデイリーキーワードランキング

1

せきをしてもひとり
2

薄氷の吹かれて端の重なれる
3

親よりも白き羊や今朝の秋
4

病む師走わが道或はあやまつや
5

しぐるるや死なないでゐる
6

遊ばれて昭和に戻るしゃぼん玉
7

露の玉蟻たぢたぢとなりにけり
8

日と月のごとく二輪の寒椿
9

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
10

朴散華即ちしれぬ行方かな
11

いなびかり北よりすれば北を見る
12

春風や闘志いだきて丘に立つ
13

鞦韆は漕ぐべし愛は奪うべし
14

春雷や胸の上なる夜の厚み
15

暗黒や 関東平野に 火事一つ
16

水澄みて四方に関ある甲斐の国
17

水枕ガバリと寒い海がある
18

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
19

鰯雲この一族の大移動
20

海に出て木枯帰るところなし
21

一行の添え書に見る年賀状
22

雪兎ゆゑなき頬のほてりかな
23

流れ行く大根の葉の早さかな
24

ものの種にぎればいのちひしめける
25

死ぬために生きているんだ寒落暉
26

ぜんまいののの字ばかりの寂光土
27

玉の如き小春日和を授かりし
28

日本海に稲妻の尾が入れられる
29

校庭に藤の花あり同窓会
30

億年のなかの今生実南天
31

障子しめて四方の紅葉を感じをり
32

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉
33

ぼうたんの百のゆるるは湯のやうに
34

泳ぎより歩行に移るその境
35

あたたかき十一月もすみにけり
36

露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す
37

ダリの時計となる月光の水たまり
38

詩に痩せて二月渚をゆくはわたし
39

鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
40

しんしんと肺碧きまで海の旅
41

枯木立月光棒のごときかな
42

還暦をすぎ春風のよく見える
43

隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな
44

原爆許すまじ蟹かつかつと瓦礫あゆむ
45

水の地球すこしはなれて春の月
46

勇気こそ地の塩なれや梅真白
47

夏真昼死は半眼に人をみる
48

玫瑰や今も沖には未来あり
49

鶏頭の十四五本もありぬべし
50

ゆびさして寒星一つづつ生かす


2019年12月13日 18時21分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio