趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2017年3月21日のデイリーキーワードランキング

1

村の灯のこぼれて深し虫の闇
2

鶏頭の十四五本もありぬべし
3

春風や闘志いだきて丘に立つ
4

星空へ店より林檎あふれをり
5

芋の露連山影を正しうす
6

催花雨や空き家に人の出入りして
7

朝の焚火燃えいて鞭の音たてる
8

朝の合歓多忙を常とするなかれ
9

朝の星黄金虫標本室は彼方に
10

朝の虹ひとり仰げる新樹かな
11

母と寝る一夜豊かに虫の声
12

越の香を抱き白鳥の北帰行
13

朝は九条の隙間にある危な絵
14

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
15

毎年よ彼岸の入りに寒いのは
16

朝の亡夫ピエタも細き指の冷え
17

冬菊のまとふはおのがひかりのみ
18

万緑の中や吾子の歯生え初むる
19

清明や街道の松高く立つ
20

朝の日ざし栗毛の仔犬凍れる樹
21

朝は血のさらさらさくら終りかな
22

麻の実や快気の母の髪を結ふ
23

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
24

おちついて死ねそうな草萌ゆる
25

転勤の知らせ四つ葉のクローバー
26

菜の花といふ平凡を愛しけり
27

大いなる春日の翼垂れてあり
28

少女らのむらがる芝生萌えにけり
29

諍ひのあとの淋しき彼岸寒
30

海に出て木枯帰るところなし
31

漣に夕日伸びくる四温かな
32

がんばるわなんて言うなよ草の花
33

花散るや耳ふって馬おとなしき
34

初雪や五百羅漢の褥かな
35

八月の象の記憶に水たまり
36

梅咲いて庭中に青鮫が来ている
37

仏性は白き桔梗にこそあらめ
38

苗代の一寸二寸人老いぬ
39

山又山山桜又山桜
40

麦秋の中なるが悲し聖廃虚
41

鯖の斑に若狭の秋を思ひけり
42

一人居は旅の気易さ枯野光
43

梨咲くと葛飾の野はとの曇り
44

渡鳥仰ぎ仰いでよろめきぬ
45

おおかみに蛍が一つ付いていた
46

鶏頭の 十四五本もありぬべし
47

産むというおそろしきこと青山河
48

しづかにも一途なるもの雪降れり
49

あらくさに足をなげだす朧かな
50

木曽川の今こそ光れ渡り鳥


2019年12月16日 23時40分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
27 28 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio