趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2012年2月1日のデイリーキーワードランキング

1

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
2

春風や闘志いだきて丘に立つ
3

手鞠唄かなしきことをうつくしく
4

二月礼者吊橋渡りやつて来し
5

家を出て手を引かれたる祭かな
6

谺して山ほととぎすほしいまゝ
7

侘助のぽつりぽつりと呟きぬ
8

冬菊のまとふはおのがひかりのみ
9

つきぬけて天上の紺曼珠沙華
10

水枕ガバリと寒い海がある
11

大寒や力む走り根動悸する
12

はみ出してゐてもわが道西行忌
13

外にも出よ触るるばかりに春の月
14

滝落ちて群青世界とどろけり
15

柊の花一本の香りかな
16

老人が動いて春の土光る
17

寒の底は?人形に逢いにゆく
18

初午やはたと閉ざせし鮮魚店
19

湾曲し火傷し爆心地のマラソン
20

冬蜂の死にどころなく歩きけり
21

咳の子のなぞなぞあそびきりもなや
22

鮎食みて身ぬちに利根の香をひろぐ
23

けぶる母郷いくたび芹の匂いたつ
24

あたたかな雨が降るなり枯葎
25

海に出て木枯帰るところなし
26

降る雪や明治は遠くなりにけり
27

白牡丹といふといへども紅ほのか
28

蛇衣を脱ぐ身の長さかこちつつ
29

税関で越後毒消見せもする
30

ものの種にぎればいのちひしめける
31

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
32

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
33

寒卵どの曲線もかへりくる
34

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ
35

小春日や石を噛み居る赤蜻蛉
36

生国の昼へ蹴り出す煙茸
37

早苗饗の人も乗せたる佐渡通ひ
38

わかさぎを薄味に煮て暮色くる
39

炎天の遠き帆やわがこころの帆
40

冬日燦津軽の色に戦慄す
41

秋晴や火口を落ちる砂の音
42

玫瑰や今も沖には未来あり
43

春雷や胸の上なる夜の厚み
44

冬の水一枝の影も欺かず
45

風吹いて蝶々迅く飛びにけり
46

豆まきの豆もてあます齢かな
47

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
48

夜の向うにアルプスの牙木曾酔人
49

とどまればあたりにふゆる蜻蛉かな
50

霧黄なる市に動くや影法師


2020年2月26日 17時35分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2020 Weblio