趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2011年11月6日のデイリーキーワードランキング

1

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
2

糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
3

てふてふうらうら天へ昇るか
4

立冬のことに草木のかがやける
5

秋風や水に落ちたる空のいろ
6

春風や闘志いだきて丘に立つ
7

かりかりと蟷螂蜂の皃を食む
8

降る雪や明治は遠くなりにけり
9

今日からは余生傘寿の温め酒
10

白牡丹といふといへども紅ほのか
11

咳の子のなぞなぞあそびきりもなや
12

立冬や鉄路の継目ごとに音
13

花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
14

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉
15

ふりむかぬ大勢に射す春の日矢
16

冬蜂の死にどころなく歩きけり
17

一葉の心の秘密秋惜しむ
18

せつせつと眼まで濡らして髪洗ふ
19

万緑の中や吾子の歯生え初むる
20

葡萄食ふ一語一語の如くにて
21

六道のどの道をいま春の泥
22

草分けて用たすひとり里神楽
23

曳かれる牛が辻でずつと見廻した秋空だ
24

鰯雲人に告ぐべきことならず
25

桐一葉日当りながら落ちにけり
26

地続きに落日もあり韮雑炊
27

芋の露連山影を正しうす
28

谺して山ほととぎすほしいまゝ
29

牡丹百二百三百門一つ
30

鳥わたるこきこきこきと罐切れば
31

言霊の抜け殻ばかり敗戦忌
32

長電話場所を移して冬ぬくし
33

寝返りを打つて闇見る我鬼忌かな
34

野の傷を舌でいたわる修司の忌
35

灰色の象のかたちを見にゆかん
36

寒鯉はしづかなるかな鰭を垂れ
37

干し柿にうっすら積もる疲労感
38

水枕ガバリと寒い海がある
39

小春日や石を噛み居る赤蜻蛉
40

陰謀の場を煌々と菊人形
41

をりとりてはらりとおもきすすきかな
42

初暦知らぬ月日は美しく
43

白菊に起ち居しづかな日を重ね
44

立冬や足許にきて動く波
45

ななかまど白馬の霧に色づけり
46

蓮根掘る観音さまの雲に乗り
47

頂上や殊に野菊の吹かれ居り
48

ゆで玉子むけばかがやく花曇
49

生きること一と筋がよし寒椿
50

いわし雲おおいなる瀬をさかのぼる


2019年11月15日 05時18分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio