趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2013年1月の月間キーワードランキング

1

桜散るあなたも河馬になりなさい
2

去年今年貫く棒の如きもの
3

空は太初の青さ妻より林檎うく
4

柊の花一本の香りかな
5

水枕ガバリと寒い海がある
6

初暦知らぬ月日は美しく
7

青蛙おのれもペンキぬりたてか
8

まだもののかたちに雪の積もりをり
9

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
10

きびきびと万物寒に入りにけり
11

蝋梅や磨きたりない床柱
12

生きること一と筋がよし寒椿
13

冬菊のまとふはおのがひかりのみ
14

つきぬけて天上の紺曼珠沙華
15

降る雪や明治は遠くなりにけり
16

初夢や貰ひて困る城一つ
17

雪残る頂き一つ国境
18

海に出て木枯帰るところなし
19

歌留多とる皆美しく負けまじく
20

寒雷やびりりびりりと真夜の玻璃
21

初夢のなかをどんなに走つたやら
22

ものの種にぎればいのちひしめける
23

愛すべき私の未来寒卵
24

万緑の中や吾子の歯生え初むる
25

この道しかない春の雪ふる
26

斑鳩や塔とれんげと宅急便
27

芋の露連山影を正しうす
28

引いてやる子の手のぬくき朧かな
29

花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
30

しんしんと肺碧きまで海の旅
31

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
32

成人式終りし大き雪片よ
33

初詣響く太鼓の音清か
34

目高覗くにあらず半身低頭す
35

鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
36

三寒四温夜は尚更よ碁石を置く
37

麦秋の中なるが悲し聖廃虚
38

三千の俳句を閲し柿二つ
39

ひとり言聞く人のゐし松の内
40

初富士の大きかりける汀かな
41

いくたびも雪の深さを尋ねけり
42

竜の玉俳句は降りてこなかった
43

大空に羽子の白妙とどまれり
44

流れ行く大根の葉の早さかな
45

ポテトサラダに裏ごし卵 花ミモザ
46

母の日のてのひらの味塩むすび
47

書初めやをさなおぼえの万葉集
48

冬深し柱の中の濤の音
49

とどまればあたりにふゆる蜻蛉かな
50

木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ


2019年9月19日 05時10分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio