趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2019年8月9日のデイリーキーワードランキング

1

雲の峰いくつ崩れて月の山
2

八月や六日九日十五日
3

滝となる前のしづけさ藤映す
4

どの子にも涼しく風の吹く日かな
5

蛤に雀の斑あり哀れかな
6

髪洗ひゐて茫々の山河かな
7

氷菓互ひに中年の恋ほろにがき
8

冬深し巨船ひたすら南溟へ
9

ひつぱれる糸まつすぐや甲虫
10

外にも出よ触るるばかりに春の月
11

行き過ぎて胸の地蔵会明りかな
12

指ではね喪服に付きし草じらみ
13

氷雨してだいだらぼっち腕を垂れ
14

鶏頭の十四五本もありぬべし
15

地の涯に倖せありと来しが雪
16

夏嗚呼と嬰の尻ぺた洗いおり
17

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり
18

冴返るとは取り落とすものの音
19

蜂の巣によき音たてて手を洗ふ
20

七夕や雨たしかめる片手出す
21

わが足のああ堪えがたき美味われは蛸
22

万緑の中や吾子の歯生え初むる
23

行きずりの銃身の艶猟夫の眼
24

野にて裂く封書一片曼珠沙華
25

やり羽子や油のやうな京言葉
26

土間ぬけて遠山へ去る青田風
27

あをあをと瀧うらがへる野分かな
28

人の手がしづかに肩へ秋日和
29

アイスクリームに厚き外套脱ぎ給へ
30

星空へ店より林檎あふれをり
31

咳の子のなぞなぞあそびきりもなや
32

真つ白な躑躅の冷えにおどろきぬ
33

漱石が来て虚子が来て大三十日
34

菜の花がしあはせさうに黄色して
35

掌に受ける水の重さよ八月忌
36

高々と蝶こゆる谷の深さかな
37

水底は暗のさざなみ雪降れり
38

絶えず人いこふ夏野の石一つ
39

風に乗りワルツを踊るチューリップ
40

万緑をしりぞけて滝とどろけり
41

匙なめて童たのしも夏氷
42

山河けふはればれとある氷かな
43

教会の冷たき椅子を拭く仕事
44

秋立つや川瀬にまじる風の音
45

春愁やかなめはづれし舞扇
46

きらきらと水陽炎や経流し
47

土間に貼る稲作ごよみ燕来る
48

墓のうらに廻る
49

青田風入るる晝餉の通し土間
50

大落暉今に点火の枯すすき


2019年12月15日 18時01分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio