趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2016年1月8日のデイリーキーワードランキング

1

去年今年貫く棒の如きもの
2

大寺を包みてわめく木の芽かな
3

秋風や心の中の幾山河
4

少年の見遣るは少女鳥雲に
5

厄の無き齢となりし初薬師
6

初富士にかくすべき身もなかりけり
7

たつぷりと青空のこし宵戎
8

初暦知らぬ月日は美しく
9

爛々と昼の星見え菌生え
10

木曽川の今こそ光れ渡り鳥
11

遠山に日の当りたる枯野かな
12

歌留多とる皆美しく負けまじく
13

凩や海に夕日を吹き落す
14

たとふれば独楽のはじける如くなり
15

年を以て巨人としたり歩み去る
16

虚子一人銀河と共に西へ行く
17

霜降りて妻に手を貸すこと覚ゆ
18

母の日のてのひらの味塩むすび
19

雪の原犬沈没し躍り出づ
20

捨て鶏が鳴いて一山春めけり
21

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり
22

水枕ガバリと寒い海がある
23

何物が蛾を装ひて入り来るや
24

玉の如き小春日和を授かりし
25

心には紋付袴初句会
26

ゆきふるといひしばかりの人しづか
27

ひとり言聞く人のゐし松の内
28

三角も四角もきらい雪だるま
29

天地の間にほろと時雨かな
30

新生児並びて眠る夜寒かな
31

しんしんと寒さがたのし歩みゆく
32

喜寿傘寿まだまだ若き竹の春
33

ふりむかぬ大勢に射す春の日矢
34

宝船皺寄つてゐる目覚めかな
35

バスを待ち大路の春をうたがはず
36

海に出て木枯帰るところなし
37

一つ根に離れ浮く葉や春の水
38

茎右往左往菓子器のさくらんぼ
39

枯れゆけばおのれ光りぬ枯木みな
40

初富士の大きかりける汀かな
41

道のべに阿波の遍路の墓あはれ
42

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
43

初風呂に駘蕩と老ゆふぐりかな
44

ベランダに土こぼれおり松納め
45

流れ行く大根の葉の早さかな
46

寝正月せめて敷布の新しく
47

卵割るように銀河を渡りけり
48

実千両に比して地味なる実万両
49

越の香を抱き白鳥の北帰行
50

したたかに水をうちたる夕ざくら


2019年9月16日 13時46分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio