趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2014年7月の月間キーワードランキング

1

戦争が廊下の奥に立つてゐた
2

ほととぎすあすはあの山こえて行かう
3

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
4

いなびかり北よりすれば北を見る
5

水の地球すこしはなれて春の月
6

せきをしてもひとり
7

滝落ちて群青世界とどろけり
8

赤い椿白い椿と落ちにけり
9

薄氷の吹かれて端の重なれる
10

金剛の露ひとつぶや石の上
11

プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ
12

桐一葉日当りながら落ちにけり
13

暗黒や 関東平野に 火事一つ
14

どの子にも涼しく風の吹く日かな
15

暗黒や関東平野に火事一つ
16

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
17

重ね着の中に女のはだかあり
18

匙なめて童たのしも夏氷
19

青蛙おのれもペンキぬりたてか
20

跳箱の突手一瞬冬が来る
21

麦秋の中なるが悲し聖廃虚
22

古池や蛙飛びこむ水の音
23

星空へ店より林檎あふれをり
24

鶏頭の十四五本もありぬべし
25

空は太初の青さ妻より林檎うく
26

おそるべき君等の乳房夏来る
27

カンナ咲く遥かな海を照らしつつ
28

念力のゆるめば死ぬる大暑かな
29

打ち明けてより風鈴の音の変わる
30

算術の少年しのび泣けり夏
31

外にも出よ触るるばかりに春の月
32

別るるや夢一筋の天の川
33

咳の子のなぞなぞあそびきりもなや
34

朽舟の浮く水際に半夏生草
35

片陰が消しゆく午後の交差点
36

時鳥厠半ばに出かねたり
37

遠山に日の当りたる枯野かな
38

蓮の花仏心不意に近付きぬ
39

春風や闘志いだきて丘に立つ
40

万緑の中や吾子の歯生え初むる
41

兎も片耳垂るる大暑かな
42

走らねばてのひら冥し秋の水
43

母に会うための線香花火かな
44

リハビリの妻を叱咤す春一番
45

冷蔵庫に冷えゆく愛のトマトかな
46

夕立が洗つていつた茄子をもぐ
47

をりとりてはらりとおもきすすきかな
48

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々
49

こんなよい月を一人で見て寝る
50

菜の花がしあはせさうに黄色して


2018年12月18日 00時23分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
 8月
 9月
 10月
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2018 Weblio