趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2018年10月26日のデイリーキーワードランキング

1

達治の忌下駄は素足がよかりけり
2

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
3

戦争が廊下の奥に立つてゐた
4

生涯のいま午後何時鰯雲
5

せきをしてもひとり
6

肩に来て人懐かしや赤蜻蛉
7

見てをりぬいのちしづかに寒牡丹
8

赤い椿白い椿と落ちにけり
9

頂上や殊に野菊の吹かれ居り
10

金亀子擲つ闇の深さかな
11

ひとをそしる心をすて豆の皮むく
12

夏永し霞ヶ浦の黒衣の鳥
13

来よと言う木の声がする残暑かな
14

流れ行く大根の葉の早さかな
15

草の実をこぼし睡魔に襲わるる
16

寒月下あにいもうとのやうに寝て
17

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり
18

五月雨や上野の山も見あきたり
19

漱石が来て虚子が来て大三十日
20

芋の露連山影を正しうす
21

百幹の青そそり立つ竹の秋
22

砂の如き雲流れ行く朝の秋
23

秋立つや川瀬にまじる風の音
24

朝霧の中に九段のともし哉
25

木がらしや東京の日のありどころ
26

遠山に日の当りたる枯野かな
27

行秋のとんぼにとまるとんぼかな
28

外にも出よ触るるばかりに春の月
29

世の中の悪を沈める春の雷
30

海くれて鴨のこゑほのかに白し
31

霧深の秩父山中繭こぼれ
32

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
33

縄跳びの縄に入れたし秋蛍
34

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々
35

そこだけに日暮れ来てをり海鼠桶
36

岐れ道右に左に秋の風
37

籬といふやさしきことば秋陽射す
38

満月の照りまさりつつ花の上
39

穴出でし蛇と共濡れ老いけらし
40

一度だけの妻の世終る露の中
41

何探すでもなく白き風を見る
42

田に水が入り千枚の水鏡
43

初富士の大きかりける汀かな
44

吊橋や百歩の宙の秋の風
45

今生の今日の花とぞ仰ぐなり
46

鮎打つや石見も果ての山幾つ
47

ここまでと踵返せり大花野
48

一湾を眼下に望む鵙日和
49

振つてみて土鈴の音の秋を買ふ
50

今生は病む生なりき烏頭


2019年9月15日 14時59分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio