趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2013年10月の月間キーワードランキング

1

鰯雲人に告ぐべきことならず
2

水の地球すこしはなれて春の月
3

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺
4

青蛙おのれもペンキぬりたてか
5

金木犀の音満ちてゆく夜明け
6

残菊といふ残菊とおもはねど
7

梅根性また柿根性二月来る
8

恋猫の恋する猫で押し通す
9

妻がゐて子がゐて孤独いわし雲
10

鶏頭の十四五本もありぬべし
11

冬蜂の死に所なく歩きけり
12

ものの種にぎればいのちひしめける
13

先生の銭かぞへゐる霜夜かな
14

冬蜂の死にどころなく歩きけり
15

結界のすれすれなりし草紅葉
16

外にも出よ触るるばかりに春の月
17

方丈の大庇より春の蝶
18

入れものが無い両手で受ける
19

薄氷の吹かれて端の重なれる
20

みづうみへこころ傾く葛の花
21

金剛の露ひとつぶや石の上
22

花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
23

孔雀は羽ざわざわ拡げ八月来
24

たらたらと日が真赤ぞよ大根引
25

いなびかり北よりすれば北を見る
26

雁渡し一湖をよぎるものの水脈
27

声なりしやと炎天を顧みる
28

芋の露連山影を正しうす
29

をととひのへちまの水も取らざりき
30

蟇ないて唐招提寺春いづこ
31

つきぬけて天上の紺曼珠沙華
32

ひかり野へ君なら蝶に乗れるだろう
33

星空へ店より林檎あふれをり
34

大賢は大愚に似たり生身魂
35

体育祭雲押し上げる熱気あり
36

草木より人翻る雁渡し
37

秋灯や夫婦互に無き如く
38

春雷や胸の上なる夜の厚み
39

秋の航一大紺円盤の中
40

咳の子のなぞなぞあそびきりもなや
41

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
42

別るるや夢一筋の天の川
43

秋麗の柩に凭れ眠りけり
44

引いてやる子の手のぬくき朧かな
45

冬の蜂ころび無傷の空のこす
46

三千の俳句を閲し柿二つ
47

露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す
48

分け入つても分け入つても青い山
49

色なき風声噛むやうにピアニシモ
50

水の色は水色だから秋明菊


2019年11月20日 09時43分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio