趣味

楽しいことをより楽しむための、ルールや知識の解説です。

 

 

 

 

 現代俳句データベース(俳句)のアクセスランキング

 2018年10月30日のデイリーキーワードランキング

1

せきをしてもひとり
2

鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる
3

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々
4

咳の子のなぞなぞあそびきりもなや
5

日蔽やキネマの衢鬱然と
6

芋の露連山影を正しうす
7

鰯雲人に告ぐべきことならず
8

海に出て木枯帰るところなし
9

重ね着す存念は対岸に伸び
10

戦争と畳の上の団扇かな
11

林檎むく五重塔に刃を向けて
12

ゆさゆさと大枝ゆるる桜かな
13

彎曲し火傷し爆心地のマラソン
14

白葱のひかりの棒をいま刻む
15

戦争が廊下の奥に立つてゐた
16

万緑の中や吾子の歯生え初むる
17

こんなよい月を一人で見て寝る
18

春風や闘志いだきて丘に立つ
19

金亀子擲つ闇の深さかな
20

桐一葉日当りながら落ちにけり
21

もうなにも起こらぬ家の蚊遣かな
22

滝落ちて群青世界とどろけり
23

泳ぎ女の葛隠るまで羞ぢらひぬ
24

冬菊のまとふはおのがひかりのみ
25

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ
26

目かくしの背後を冬の斧通る
27

しぐるるや死なないでゐる
28

かけ違ふぼたん直すや一茶の忌
29

間髪を入れずして年改まる
30

鶏頭の十四五本もありぬべし
31

時計屋の時計春の夜どれがほんと
32

機関車の蒸気すて居り夕ざくら
33

例ふれば恥の赤色雛の檀
34

光る時光は波に花芒
35

しんしんと肺碧きまで海の旅
36

ここまでと踵返せり大花野
37

夜濯や子のポケットに海の石
38

赤い椿白い椿と落ちにけり
39

ひつぱれる糸まつすぐや甲虫
40

外にも出よ触るるばかりに春の月
41

泳ぎ終へしわが脂浮く中の姉
42

間引菜に生まれかはりてまた抜かる
43

こほろぎに寄りて流るる厨水
44

いくたびも雪の深さを尋ねけり
45

蜻蛉の翅の透けたる喫茶店
46

肩に来て人懐かしや赤蜻蛉
47

来しかたや馬酔木咲く野の日のひかり
48

渡り鳥みるみるわれの小さくなり
49

妻抱かな春昼の砂利踏みて帰る
50

常に高みを行く秋風の色の旒


2019年9月21日 03時27分更新(随時更新中)
 

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

■ ランキング期日指定

 1月
 2月
 3月
 4月
 5月
 6月
 7月
 8月
 9月
 10月
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
 11月
 12月



現代俳句協会現代俳句協会 Copyright(C) 現代俳句協会

ビジネス業界用語コンピュータ電車自動車・バイク工学建築・不動産学問
文化生活ヘルスケア趣味スポーツ生物食品人名方言辞書・百科事典

ご利用にあたって 便利にWeblioを使う お問合せ・ご要望 会社概要 ウェブリオのサービス

©2019 Weblio