平成 西暦との対照表

平成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/21 14:18 UTC 版)

平成(へいせい)は、日本元号の一つである。昭和の後、1989年(平成元年1月8日から現在に至る。2001年(平成13年)の始まりには西暦における20世紀から21世紀への世紀の転換もあった。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 的場は新元号考案の委嘱を受けた人物には諸橋轍次貝塚茂樹坂本太郎の名をあげているが、昭和天皇崩御前に物故したため彼らの提案はすべて廃案になったとしている。参考:佐野眞一『ドキュメント昭和が終わった日2 元号「平成」の決定の瞬間』(『文藝春秋』2009年3月号掲載)
  2. ^ 2011年2月15日放送の『夕やけ寺ちゃん 活動中』(文化放送)にゲスト出演した石原信雄の発言にも「亡くなっている人の案は採用されない」とある[要高次出典]
  3. ^ 2010年(平成22年)参院選・比例区得票率2%以上の政党要件を満たしている。
  4. ^ 昭和45年11月の伊勢新聞北勢版や中日新聞の三重県桑名市の昭和33年生まれの女子中学生自殺かの記事で自殺を寝た子をおこすなでクローズアップしなかった。
  5. ^ 2006年(平成18年)10月、久米宏は福岡いじめ自殺事件に対する回想コメントで「報道関係者としていじめ自殺報道でいじめや自殺が増加することも想定したが、男子中学生へのいじめがあまりにも酷かったのでニュースにしちゃいました」と発言している(「報道ステーション」や「たけしの日本教育白書」などテレビ番組での発言)。
  6. ^ <参考文献>『平成宗教20年史』(幻冬舎新書、2008年(平成20年)、島田裕巳) - <書籍要約>平成元年、週刊誌が坂本弁護士事件を報道して糾弾を開始しオウム真理教はにわかに注目を集める。その後オウムは一連の騒動を起こし、その間、幸福の科学も台頭、宗教は社会の重大な関心事となり、ついに平成7年、地下鉄サリン事件を迎える。一方、平成5年、万年野党だった公明党が連立政権に参加、11年以後、与党として君臨し、ついに日本は新宗教団体が政治権力を行使する国となった―。オウム、創価学会以外にもさまざまな新宗教やスピリチュアル・ブームに沸いた現代日本人の宗教観をあぶり出す。
  7. ^ 1970年生まれ以前の世代の短大卒のステータスは、1980年生まれ以降の世代に比べると高かった。
  8. ^ 競艇でも以前は「高松宮杯」という名を使っていたが、1987年(昭和62年)2月以降から競輪や中央競馬よりも早く高松宮記念 (競馬)に名称を変更していた。参考:「高松宮殿下と住之江」(日本財団電子図書館)

出典

  1. ^ a b 佐野眞一『ドキュメント昭和が終わった日2 元号「平成」の決定の瞬間』(『文藝春秋』2009年3月号掲載)
  2. ^ 「雑学大全」230ページ 東京書籍2007年刊/ISBN 978 4 487 80130 5C
  3. ^ 文藝春秋 2012年2月号
  4. ^ a b 『解禁! マル秘ストーリー』 TBSテレビ、 11月16日放送。発表時の記者会見の映像が抜粋され放送された。
  5. ^ 読売新聞平成26年8月5日第4面記事
  6. ^ “10月から環境税導入、家計負担は年1228円増 撤廃求める産業界”. 産経新聞. (2012年9月28日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120928/biz12092823270037-n1.htm 2012年10月4日閲覧。 
  7. ^ “県:全県で「神奈川州」 横浜市の構想と違い鮮明−−地方自治制度、県方針の素案 /神奈川”. 毎日新聞. (2012年8月29日). http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20120829ddlk14010257000c.html 2012年8月31日閲覧。 
  8. ^ “「双京構想」皇室の一部機能移転を 30年後の京都の未来像を提言”. 産経新聞. (2012年3月12日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120312/imp12031223050002-n1.htm 2012年8月31日閲覧。 
  9. ^ 平成27年度国の予算編成等に対する提案 (PDF)”. 関西広域連合. p. 11 (2014年6月10日). 2014年8月14日閲覧。
  10. ^ 『日本経済史 1600年代-2000年代 歴史に読む現代』(慶應義塾大学出版会)、301ページ18行目
  11. ^ 『日本経済史 1600年代-2000年代 歴史に読む現代』(慶應義塾大学出版会)、300ページ13行目
  12. ^ 『日本経済史 1600年代-2000年代 歴史に読む現代』(慶應義塾大学出版会)、302ページ2行目
  13. ^ 『日本経済史 1600年代-2000年代 歴史に読む現代』(慶應義塾大学出版会)
  14. ^ 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 閣法第55号 閣議決定日:平成26年3月11日
  15. ^ 西村 和雄 「基礎学力低下防ぐために」
  16. ^ 6・3・3・4制見直しも…首相直属会議発足へ 読売新聞(2013年1月5日)
  17. ^ http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140306/wlf14030613040013-n1.htm
  18. ^ ニートの救急箱 中年ニート(中年無業者)
  19. ^ Benesse 携帯電話の利用実態 〜第3回(2008年版)〜
  20. ^ 朝日新聞 2010年12月12日付
  21. ^ テレビはそんなに偉いのか?(和田秀樹オフィシャルブログ「テレビで言えないホントの話」 2010年(平成22年)5月31日)
  22. ^ 和田秀樹オフィシャルブログ「テレビで言えないホントの話」、2010年(平成22年)5月31日と同年11月9日の記事
  23. ^ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140811-00000008-sasahi-hlth
  24. ^ 東京新聞朝刊2014年1月9日
  25. ^ 『平成宗教20年史』91頁~93頁
  26. ^ 『平成宗教20年史』76頁~77頁
  27. ^ 『平成宗教20年史』36頁~40頁
  28. ^ 『平成宗教20年史』45頁
  29. ^ NEWSポストセブン|続く「嫌韓デモ」 国会で排外・人種侮蔑デモ抗議集会開催
  30. ^ 『平成宗教20年史』21頁
  31. ^ 『平成宗教20年史』52頁
  32. ^ 『平成宗教20年史』54頁~56頁
  33. ^ 『平成宗教20年史』65頁
  34. ^ 『平成宗教20年史』78頁
  35. ^ 『平成宗教20年史』185頁
  36. ^ 『平成宗教20年史』130頁
  37. ^ 『平成宗教20年史』117頁~119頁
  38. ^ 『平成宗教20年史』148頁
  39. ^ 『平成宗教20年史』170頁~173頁
  40. ^ 平成24年度発表の厚生労働省の推計
  41. ^ “認知症の高齢者300万人超 65歳以上「10人に1人」”. イザ! (産経新聞社). (2012年8月24日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/medical/586009/ 2012年9月20日閲覧。 
  42. ^ “65歳以上、3000万人超=総人口の24.1%−総務省推計”. 時事通信社. (2012年9月16日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012091600128 2012年9月20日閲覧。 
  43. ^ “小5女子児童、給食後に死亡…アレルギー反応か”. 読売新聞. (2012年12月21日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121221-OYT1T00761.htm 2012年12月31日閲覧。 
  44. ^ “厚木市給食問題:児童体調不良、原因判明せず /神奈川”. 毎日新聞. (2012年12月15日). http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20121215ddlk14040264000c.html 2012年12月31日閲覧。 
  45. ^ 2012年(平成24年)8月29日付読売新聞朝刊第1面
  46. ^ NHKNEWSWEB 2012年(平成24年)8月29日(水曜日) 魚離れにファストフィッシュ
  47. ^ 2013年(平成25年)3月15日付読売新聞1面
  48. ^ 取材と文章/出井康博(ジャーナリスト)SAPIO2012年(平成24年)6月6日
  49. ^ “肺炎の原因ともなるRSウイルス、過去最多5千件超…東京が最多”. リセマム. (2012年10月22日). http://resemom.jp/article/2012/10/22/10448.html 2012年11月7日閲覧。 
  50. ^ “タニタ食堂が15日に2号店 五反田の病院内、日替わり定食だけ”. 産経新聞. (2012年6月14日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120614/biz12061414290008-n1.htm 2012年8月31日閲覧。 
  51. ^ “宮崎ノロ集団感染、病院職員が媒介し拡大か”. 読売新聞. (2012年12月24日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121224-OYT1T01091.htm 2012年12月31日閲覧。 
  52. ^ 厚生労働省 2012, p. 1.
  53. ^ 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について”. 厚生労働省. 2011年1月6日閲覧。 (日本語)
  54. ^ ダニ媒介感染症で新たに男性死亡 国内感染4人に
  55. ^ ダニ媒介感染症:広島の成人男性死亡確認 国内で4人目
  56. ^ 夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」賛成は男性45%・女性35%
  57. ^ 女性議員に「早く結婚しろ」 都議会でヤジ飛ぶ 日本経済新聞 2014年6月19日
  58. ^ d.hatena.ne.jp/keyword/笠井寛司(はてなキーワード
  59. ^ “婚活も安定志向=「三高」より「三平」−民間調査”. 時事通信社. (2012年8月13日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012081300050 2012年8月15日閲覧。 
  60. ^ “来春の選抜、3月22日開幕=「東北絆枠」で1校を選出へ−高校野球”. 時事通信社. (2012年9月12日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012091200818 2012年9月20日閲覧。 
  61. ^ 日本経済新聞(夕刊) 1989年9月18日付
  62. ^ 平成享保(へいせいきょうほう)(現代社会研究所)
  63. ^ 『日本経済新聞』1992年10月5日付け朝刊35頁
  64. ^ 朝日新聞 1989年1月8日付朝刊 社会面
  65. ^ TBSラジオ伊集院光・『日曜日の秘密基地』より。
  66. ^ 第18回(平成17年)「人事院総裁賞」個人部門受賞者 人事院、2009年7月23日 閲覧。
  67. ^ TBS系列『世界バリバリ★バリュー』2007年11月28日放送







平成と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「平成」の関連用語



3
50% |||||

4
50% |||||

5
50% |||||

6
50% |||||

7
50% |||||

8
50% |||||

9
50% |||||

10
50% |||||

平成のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




平成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS