WWIIとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > WWIIの意味・解説 

第二次世界大戦

(WWII から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/15 16:48 UTC 版)

第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、: Zweiter Weltkrieg: World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ日本イタリア日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリスソビエト連邦アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。




注釈

  1. ^ チェンバレン首相は「イギリスに戦争を強いたのは、アメリカとユダヤ人である」と語っていた。
  2. ^ この調印に際してドイツ軍は第一次世界大戦時に当時のドイツ帝国が連合軍に対する降伏文書に調印した食堂車を特別に調印場所として用意させた。
  3. ^ アフリカ方面では、アフリカ大陸に広大な植民地を持つフランスが降伏し、北部のフランス植民地、アルジェリアチュニジアモロッコ、アフリカの東沖マダガスカル島などがヴィシー政権の管理下となった。
  4. ^ イギリスのウィンストン・チャーチル首相は地中海地域を「ヨーロッパの下腹」と呼んだ。
  5. ^ ソ連書記長スターリンは情報部からドイツ軍の動向を繰り返し警告されていたが、それらはイギリスが意図的に流した偽情報と考え、侵攻に備えていなかった。
  6. ^ 奇しくも3年前の独ソ戦開始、バルバロッサ作戦発動日と同じ日付である
  7. ^ なお、国民の士気低下を恐れて陸軍の英雄、ロンメルの死の真相は公にされず、戦傷によるものと発表され10月18日、盛大な国葬が営まれた。
  8. ^ 会談途中、7月25日の総選挙でチャーチル率いる保守党が労働党に敗北し、クレメント・アトリーと交代する。
  9. ^ なお、1939年9月のドイツとソ連のポーランド攻撃は完全に宣戦布告が行われなかったが、このように喧伝されることは無かった。さらに、戦時国際法では期限のない最後通牒を、事実上の宣戦布告とみなすことは可能、とするのが通説であることに鑑みれば、ハル・ノートを突きつけられた時点で、これは宣戦布告に等しい、とみなす考えもある。最後通牒の項も参照。
  10. ^ 当時はアメリカの植民地。
  11. ^ しかし後にポルトガル政府の暗黙のもと、両地を事実上統治下においた。
  12. ^ 1932年に日本の協力の元に設立された「五族協和」を国是とした日本の事実上の傀儡政権
  13. ^ 1940年3月、日本の協力の元に汪兆銘を首班として南京に設立された政権。
  14. ^ 当時はイギリスとオランダの植民地
  15. ^ オランダの植民地。
  16. ^ 現在のスリランカ
  17. ^ 正式にはドイツ占領下のフランス。
  18. ^ 戦死後海軍元帥となる。
  19. ^ 8月8日に参戦したばかりのソビエト連邦の代表団も戦勝国の一員として臨席した。
  20. ^ Joint Army - Navy Assessment Committee
  21. ^ カティンの森事件については1990年にソ連政府がスターリンの指示による犯行を認め遺憾の意を表明した。
  22. ^ 日本兵のシベリア抑留については92年にロシアのエリツィン大統領が謝罪した
  23. ^ スタッズ・ターケル(著)、中山容(訳) 『よい戦争』 晶文社1985年7月ISBN 4794959761
  24. ^ 実際の戦闘に参加したものは5%に過ぎなかった。
  25. ^ アメリカ政府によるアフリカ系アメリカ人に対する法的な差別の解消は、1960年代に活発化した公民権運動とそれの結果による公民権法の成立を経なければならなかった。ただし、現実の差別解消はその後数十年経った現在もなお完全に実現されたとは言い難く法の下では平等であっても社会的な生活階層に占める人種割合や下位の社会階層から抜け出ることが人種により差が残るなど世俗慣習として差別は依然として残っている。アメリカ政府はアメリカは自由で平等な国であるので、差別は国内には存在しないとしている。
  26. ^ ナバホ族の難解な言語をそのまま暗号としてを用いた。コードトーカー参照

出典

  1. ^ Daniel R. Headric The Invisible Weapon: Telecommunications and International Politics, 1851-1945, Oxford University Press, 1991, Chapter 12. Communications Intelligence in World War Ⅱ
  2. ^ a b c Steffen Prauser and Arfon Rees (2004). The Expulsion of the 'German' Communities from Eastern Europe at the End of the Second World War. European University Institute. pp. 4. http://cadmus.eui.eu/bitstream/handle/1814/2599/HEC04-01.pdf;jsessionid=CB7A4416A14939AAFB89C5A53CFDC676?sequence=1. 
  3. ^ p135 武田知弘
  4. ^ a b c p137, pp.145-146 武田知弘
  5. ^ p138 武田知弘
  6. ^ 尼港事件と日本社会、一九二〇年 井竿富雄 山口大学
  7. ^ Patricia Blake (1986年12月8日). “Books: The War Against the Peasants the Harvest of Sorrow”. Time. 2011年4月20日閲覧。
  8. ^ “Recruited by MI5: the name's Mussolini. Benito Mussolini”. Guardian. (2009年10月13日). http://www.guardian.co.uk/world/2009/oct/13/benito-mussolini-recruited-mi5-italy 2011年4月20日閲覧。 
  9. ^ 油井大三郎古田元夫著、『世界の歴史28 第二次世界大戦から米ソ対立へ』 中央公論社 1998年 p.191
  10. ^ 大鷹正次郎『第二次大戦責任論』
  11. ^ 戸部良一・寺本義也・鎌田伸一・ 杉之尾孝生・村井友秀・野中郁次郎著、「失敗の本質―日本軍の組織論的研究」(中央公論社 1991年)p.67.
  12. ^ Minus a Member at Time magazine on Monday, Dec. 25, 1939
  13. ^ p232 武田知弘
  14. ^ THE KINGDOM OF THE NETHERLANDS DECLARES WAR WITH JAPAN”. ibiblio. 2011年4月24日閲覧。
  15. ^ a b The dark side of D-DAY Unearthed files reveal thefts and assaults committed by some of France’s liberators ニューヨーク・ポスト June 15, 2013
  16. ^ Wieviorka, Olivier (2010). Normandy: From the Landings to the Liberation of Paris. Belknap Press of Harvard University Press英語版. p. 329. ISBN 0674047478. http://books.google.fr/books?id=rwCmJiSaREwC&pg=PA329&dq=Rape+during+the+liberation+of+France&hl=en&sa=X&ei=8r2sUbTVM4fPkQXb4oGYBw&ved=0CDsQ6AEwAg#v=onepage&q&f=false. 
  17. ^ 油井大三郎・古田元夫著、「世界の歴史28 第二次世界大戦から米ソ対立へ」(中央公論社 1998年)pp.104-105、およびウィンストン・チャーチル著、佐藤亮一訳、『第二次世界大戦』第四巻第19章(河出書房新社
  18. ^ アントニー・ビーヴァー 『ベルリン陥落1945』 白水杜
  19. ^ Joshua D. Zimmerman 『Contested memories: Poles and Jews during the Holocaust and its aftermath』 Rutgers Univ Pr、2003年ISBN 0813531586
  20. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - 第6回御前会議(決定:帝国国策遂行要領、対米英蘭戦準備を概ね10月下旬を目途に完整)
  21. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - 近衛内閣総理大臣、豊田外務大臣・東条陸軍大臣・及川海軍大臣・鈴木企画院総裁と戦争の是非について会談、陸軍は中国からの撤兵に反対
  22. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - 第66回大本営政府連絡会議(議題:国策遂行要領再決定、対米交渉要領決定)
  23. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - 大本営、南方軍に南方要地域攻略準備命令
  24. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - 大本営陸軍部、南方軍に対し、南方要域攻略を発令(実際の作戦開始は保留)
  25. ^ インターネット特別展 公文書に見る日米交渉 - 野村・来栖両大使、ハル米国務長官と会談、ハルは「乙案」を拒否し、いわゆる「ハル・ノート」を手交
  26. ^ 『丸』2009年11月号
  27. ^ 村嶋英治「日タイ関係 1945-1952年--在タイ日本人及び在タイ日本資産の戦後処理を中心に」 、『アジア太平洋研究』第1号、早稲田大学アジア太平洋研究センター出版・編集委員会、2000年、 pp.141-162、 NAID 120000793659
  28. ^ 1947年2月にパリで締結された諸講和条約 -オーストラレーシア法律情報研究所英語版(英文)
  29. ^ a b c d 『ジョン・モリスの戦中ニッポン滞在記』ジョン・モリス著 小学館
  30. ^ a b 『戦時下のドイツ大使館―ある駐日外交官の証言』エルヴィン ヴィッケルト著 中央公論社
  31. ^ 『アジア特電 1937~1985―過激なる極東』ロベール・ギラン著 矢島翠訳 毎日新聞社
  32. ^ 『日米交換船』鶴見俊輔・加藤典洋・黒川創(新潮社、2006年3月)
  33. ^ 中川右介 『カラヤンとフルトヴェングラー』 幻冬舎新書、2007年、112頁。 ISBN 978-4-344-98021-1
  34. ^ a b 『日系アメリカ人強制収容所の概要』全米日系人博物館ヒラサキ・ナショナル・リソースセンター
  35. ^ 『ルーズベルト秘録』産経新聞取材班 産経新聞ニュースサービス ISBN 4-594-03318-0
  36. ^ 『Uボートで来たスパイ―あるナチス・ドイツ諜報員の回想』エーリヒ・ギンペル著 村田綾子訳(扶桑社 2006年)p.35
  37. ^ a b 「ウディ・アレンの映画術」P.82 エリック・ラックス著 清流出版刊 2010年
  38. ^ a b Rationed Goods in the USA During the Second World War”. ameshistoricalsociety.org. 2013年9月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月19日閲覧。
  39. ^ 「アイアコッカ自伝」P.143 リー・アイアコッカ著 ダイヤモンド社刊 1986年
  40. ^ 「マリリン」 グロリア・スタイネム著 草思社刊 1987年
  41. ^ 「ゲイ兵士差別はもういらない」 ニューズウィーク日本版 2009年04月22日
  42. ^ a b 『最後の特派員』P.14 衣奈多喜男著 朝日ソノラマ刊






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「WWII」の関連用語

WWIIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

月

ショートトラックスピードスケート

センリョウ

グラン マルニエ・オレンジ

セルビッジ

Kindle Fire HDX

カジュアルスタイル

マユミ





WWIIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第二次世界大戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS