ディエップの戦いとは? わかりやすく解説

ディエップの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/04 02:44 UTC 版)

ディエップの戦い(ディエップのたたかい、Dieppe Raid)は、1942年8月19日に行われた連合軍フランスへの奇襲上陸作戦。正式な作戦名は「ジュビリー作戦(Operation Jubilee)」。不充分な兵力と作戦のため最初から勝算は薄かった上、事前に作戦実行の秘密がドイツ側に漏れていたため、連合軍は大損害を受け、完全な失敗に終わった。


注釈

  1. ^ 当時、イギリス・アメリカ共にドイツへの陸上からの攻撃は実施しておらず、ドイツおよびその同盟国の巨大な兵力が東部戦線、すなわちソ連との戦闘に投入されていた。スターリンは、ドイツの戦力を少しでも分散させるため、西ヨーロッパに米英軍が上陸して「第二戦線」すなわち西部戦線を形成する事を強く要望していた(笹本駿二『第二次世界大戦下のヨーロッパ』岩波新書、その他による)。
  2. ^ 『丸』によると、この高級将校は上流階級や有力者に広く交友があり、そのため名前・所属等は一切秘匿されたままで、処罰はされていない。

出典

  1. ^ a b c d メッセンジャー (2005)、p.20
  2. ^ メッセンジャー (2005)、p.169


「ディエップの戦い」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディエップの戦い」の関連用語

ディエップの戦いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディエップの戦いのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディエップの戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS