川端康成 創作の主題・源流

川端康成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 15:08 UTC 版)

創作の主題・源流

川端は、自身の文学創作に関して、〈恋心が何よりの命の綱である〉とし[39]、作品テーマや理想に関するものを語ったものとして、以下のような言葉がある。

私は東方の古典、とりわけ仏典を、世界最大の文学と信じてゐる。私は経典を宗教的教訓としてでなく、文学的幻想としても尊んでゐる。「東方の歌」と題する作品の構想を、私は十五年も前から心に抱いてゐて、これを白鳥の歌にしたいと思つてゐる。東方の古典の幻を私流に歌ふのである。(中略)西方の偉大なリアリスト達のうちには、難行苦行の果て死に近づいて、やうやく遥かな東方を望み得た者もあつたが、私はをさな心の歌で、それに遊べるかもしれぬ。 — 川端康成「文学的自叙伝」[39]

評価

特質性・芸術観

新思潮』発刊、『文藝春秋』同人参加、横光利一らと共にヨーロッパ前衛文学を取り入れた新しい文学を志した『文藝時代』創刊で新感覚派の代表的作家として頭角を現し、その後は芥川賞銓衡委員となり、戦中は海外報道班員、戦後は日本ペンクラブ会長、1968年(昭和43年)には、日本人で初のノーベル文学賞受賞という川端康成の軌跡は、戦前戦後と紛れもなくその時代を反映する時の人としての文学的経歴だが、モノローグ的、和歌に繋がる川端の作品自体は、時代の思想や世相に左右されることのない自身の芸術観に基づいた澄んだ的なものとなっている[313]

そのため、政治的な思想の背景で敵視されるということもほとんどなく、プロレタリア文学の作家であった中野重治なども、川端の掌の小説を集めた処女作品集『感情装飾』を愛読し、林房雄が1926年(大正15年)に左翼運動で逮捕された時に京都の未決監へその本を差し入れ、出所後に林がその礼を述べると、「あれはいい本だな、少くとも美しい」とつぶやいたとされる[314]

伊藤整は、醜いものを美しいものに転化させてしまう川端の作品の特性を、「残忍な直視の眼が、の最後まで見落とさずにゐて、その最後に行きつくまでに必ず一片の清い美しいものを掴み、その醜に復讐せずにはやまない」川端の「逞しい力」と捉えている[315]。そして、『伊豆の踊子』に関する随筆『「伊豆の踊子」の映画化に際し』の中で川端が、実は踊子の兄夫婦が〈悪い病の腫物〉を持ち、見るに忍びなかったことは書かずじまいだったと告白する「真実を言おうとする直視癖」と、「美しいものを現わそうと願う人並はずれた強い執着」が交錯することに触れ、そういった川端の二つの特質が、時には「一つの表現のなかに二重になって」いて、それがさらに成功し「批評眼に映る場合には、この両立しない二つのものが、不思議な融合のしかたで有機的な一体になっている」と論じている[315]

伊藤は、川端のその「表現の分裂」は、『十六歳の日記』で顕著なように、「作者の生来のものの現われ」だとし、それは一般的な「文章道」からは「大きな弱点になり得たかもしれない」が、川端はそれを「自然な構え」により棄てずに成長し、その一点から「氏にのみ特有なあの無類の真と美との交錯した地点にいたっている」と分析して[315]、川端自身が、〈どんな弱点でも持ち続ければ、結局はその人の安心立命に役立つやうになつてゆくものだ〉と述べていることを鑑みながら、「この作家が東方の経典を最も愛していると書く心にも、ここから道がついている」と考察している[315]。そして伊藤は、川端の文学史的な意義について、川端は、「マルクシズムモダニズムとの対立と交流の中」に批評家として立ちながら、「当時の政治文学娯楽文学の両方から身をかわし、大正文壇の創った人間性に即した文学を受け継ぎ、それを救った」ことだと評している[315]

三島由紀夫は、川端が「温かい義侠的な」人でありながらも、過剰な親切や善意の押売りもなく、他人に対してどんな忠告もしない「達人」「孤独」的な「無手勝流の生き方」に触れつつ、その人生は全部「」であり、川端を「永遠の旅人」だと呼び、川端の文学にもその態度が反映しているとして、以下のように解説している[174]

芭蕉のあの幻住菴の記の「終に無能無才にして此の一筋につながる」といふ一句は、又川端さんの作品と生活の最後のmanifesto でもあらうが、川端さんの作品のあのやうな造型的な細部と、それに比べて、作品全体の構成におけるあのやうな造型の放棄とは、同じ芸術観と同じ生活態度から生じたもののやうに思はれる。たとへば川端さんが名文家であることは正に世評のとほりだが、川端さんがついに文体を持たぬ小説家であるといふのは、私の意見である。なぜなら小説家における文体とは、世界解釈の意志であり鍵なのである。 — 三島由紀夫「永遠の旅人――川端康成氏の人と作品」[174]

そして三島は、あえて「世界解釈の意志を完全に放棄した」川端の芸術作品の「おそれげのなさ」は、川端の生活面において言われる「度胸」「大胆不敵」と暗示される「虚無的にさへ見える放胆な無計画」と、作品の「構成の放棄」は似通って符合しているとし、それは、ギリシャ彫刻家が不安と混沌をおそれて大理石に造型意志を託す態度とは対蹠的であり、大理石の彫刻が「虚無」に対峙して「全身で抗してゐる恐怖」とは全く反対の性質の「虚無のの上にただよふ一羽の」のような、あるいは「一条の絹糸のおそれげのなさ」だと川端文学の特性を論じている[174]。また三島は、近代作家において、「中世文学の秘められた味はひ、その絶望、その終末感、その神秘、そのほのぐらいエロティシズムを、本当にわがものにした」のは、川端一人だけだと高く評価している[316]

中村光夫は、川端文学の特色を、「日本人の心の動きを純粋な形で見つめたもの」とし、それは作品の語り手(作者の分身)と対象(踊子など)の関係性が、の「ワキ」と「シテ」に似ていて、「シテの多くがワキのの所産であり、同時に舞台の支配者である」関係となり、対象が幻でありながらも「自然に似た存在の重味」を得ているとして[317]、そこに川端の文学が、単なる写実私小説と異なる「現代性」「古典性」を獲得している理由だと解説している[317]。そして中村は、現実に対する川端の態度を、「誠実な自己批評あるいは自己否定の熱情」だとし、その批評や否定の対極に、川端自身(知識階級であり男)に無いものを持つ「女性」(踊子など)、「民衆あるいは日本」があるとしている[317]

また中村は、三島が川端の人生を「旅」に喩えたことに関連し、川端にとって、旅が人生の象徴であるように、「すべての人間関係」(親子夫婦も含めた)が〈ゆきずり〉であるという思想が老年まで根を張り、それをすべての事象に川端が実感していることが『みづうみ』や『眠れる美女』に顕現化しているとし[318]、『みづうみ』では主人公が、〈ゆきずり〉の人を〈ゆきずり〉のままで別れてしまうことを哀惜し、〈この世の果てまで後をつけてゆきたい〉という願望の実現の不可能性を語る場面に触れながら、そこで広い意味での〈ゆきずり〉の関係を示唆する川端が、社会生活での人間の存在形式を見つめていると解説している[318]

勝又浩は、三島が川端を「永遠の旅人」と称したことを敷衍し、川端が処女作『ちよ』の中で自身を〈自分が幽霊に見えて、自身さへ怖れます〉、〈霊どもに力で生き、動かされてゐる幻です〉[93] と語っていることに触れながら、「こういう人が、たまたまトンネルを越えて、まれびととなって人界を訪れる。そして踊子の純情を輝かし、雪国の芸者の生命を輝かすのだ」と考察している[319]。そして勝又は、川端が旅行記の中で、〈旅の私の胸にふれるのは、働く貧しい人の姿と、打ちひしがれたやうにさびしい人の姿と、美人と少年少女と古今東西の第一級の美術建築もふくめて)と、そして自然です〉と述べていることや[320]、エッセイでの「終始峻厳な作家の顔つき」を鑑みて、そこには、「現実には、ほとんど一人の踊子もいず、一人の駒子もいないこの世で、なお堪えなければならない」川端の「旅人」の素顔があるとし[319]、川端が『美しい日本の私―その序説』で、歌人や文人たちよりも仏教者たちを並べていることに注目しながら、以下のように論じている[319]

諸行無常の自覚を激しく生きた人々とは、言い換えれば、この生が死者たちの上にあること、死の虚無こそがこの世の源郷なのだと知った人たちに他ならない。彼らもまた「永遠の旅人」なのだ。そして、そんな彼らが唯一信じ、とも、慰めともした自然とは、生と死、この世あの世をつなぐただ一つの媒介なのである。「霊ども」の促しで生きると、孤児宿命を自覚した川端康成の孤独は、「永遠の旅人」たちのもうひとつの伝統に、最後の慰めを求めたのである。 — 勝又浩「人の文学――川端文学の源郷」[319]

女性の描き方について

川端文学の一つの主題である「生命(いのち)への讃仰」、「処女」について三島由紀夫は、川端にとり「生命」=「官能」であるとし、以下のように論考している。

氏のエロティシズムは、氏自身の官能の発露といふよりは、官能の本体つまり生命に対する、永遠に論理的帰結を辿らぬ、不断の接触、あるひは接触の試みと云つたはうが近い。それが真の意味のエロティシズムなのは、対象すなはち生命が、永遠に触れられないといふメカニズムにあり、氏が好んで処女を描くのは、処女にとどまる限り永遠に不可触であるが、犯されたときはすでに処女ではない、といふ処女独特のメカニズムに対する興味だと思はれる。 — 三島由紀夫「永遠の旅人――川端康成氏の人と作品」[174]

川嶋至は、川端の作品の主人公の眼を通して描かれる女性について、「彼に女を感じさせる瞬間にだけ光彩を放つ存在」であり、「人間としての実体を持たない」とし、作中に出てくる「愛」という言葉が、読者に戸惑いを感じさせるのは、名陶がどんなに美しくても、「厳然として対話のないもの」として人間に対するのと同様に、女も、「精神的な交流のない」あるいは、「交流を拒絶された存在」として描かれているからだと考察し[255]、「川端氏ほど作品の上で、女性を冷徹なものとしてつき放して描く作家はいないと言っても、過言ではないであろう。まさしく作家としての氏は、女性讃美者ではなく、女体嗜好者なのである」と評している[255]

川端にとっては、も女も同列の生態であることを指摘している三島は、川端のその非情の「地獄」を『禽獣』で見せたことについて以下のように解説している[316]

女はイヌのやうな顔をし、イヌは女のやうな顔をしてゐる。作家が自分のうちに発見した地獄が語られたのだ。かういふ発見は、作家の一生のうちにも、二度とこんなみづみづしさと新鮮さで、語られる機会はないはずである。以後、川端氏は、禽獣の生態のやうな無道徳のうちに、たえず盲目の生命力を探究する作家になる。いひかへれば、極度の道徳的無力感のうちにしか、生命力の源泉を見出すことのできぬ悲劇的作家になる。これは深く日本的な主題であつて、氏のあらゆる作品の思想は、この主題のヴァリエーションだと極言してもいい。 — 三島由紀夫「川端康成ベスト・スリー――『山の音』『反橋連作』『禽獣』」[316]

羽鳥徹哉は、『夏の靴』の少女、『日本人アンナ』のアンナ、『浅草紅団』の弓子、『雪国』の駒子、『古都』の千重子など、川端文学の中で見られる「不孝で孤独な少女」、「常識的には無意味な反社会的な行動」により、崩れ落ちそうな自分を支えているような少女たちは、川端文学の具象化であり、「苛酷で、無情な運命に決して負けず、それと対決し、それに挑戦して生きようとする、川端の精神を託された美しい女の姿」であるとしている[4]

横光利一との比較において

中村光夫は、横光利一が「」で、その文学に内在するは『機械』に顕著なように「男同志の決闘」である「男性文学」であるのに対して、川端康成は「」であり、「女性文学」だとし[321]、横光がある意味、積極的に「進取性」を持つために終生苦しい不毛な努力をし、「自分の文学を見失った観がある」のに比して、川端は、「軟体動物から生きる智慧」を学び、常に流れに従っているように見えつつも、逆にそのことで「流れからくる力」を最小限に止めて成功したとしている[321]。そして中村は、生田長江が指摘したように、横光が「播種の役割に終始」し、川端は同じように彷徨に身を任せながら大きな収穫を得たその対立は、川端に「ある冷酷な狡さ」を感じるとして、以下のように論評している[321]

根が素朴で抒情家であり、批評的才能をまったく欠いていた横光氏は、そのときどきの文壇の意識にいつもその制作の態度を直結させていたので、この点で氏の新しい外観の底には大正期の私小説作家の気風がそのまま生きていたのです。(中略)(横光氏は)実はこの古風な文士気質の所産であったのですが、川端氏は批評家としても一流であっただけに、文壇の動きの裏がいつもよく見えていたので、時流にたいして逃避のように映る態度が、実際は自分の足下の土をもっとも着実に掘ることになったのです。 — 中村光夫「川端康成」[321]

三島由紀夫は、横光利一と川端康成は元々、同じ「人工的」な文章傾向の「天性」を持った作家であったが[322]、横光は苦闘し、その天性の感受性をいつからか「知的」「西欧的」なものに接近し過ぎて、「地獄」「知的迷妄」へと沈み込み、自己の本来の才能や気質を見誤ってしまったのに対して、川端は、「もつとも知的なものに接近した極限の作品」である『禽獣』で、その「地獄」をのぞき、寸前でそこから身を背けたことで、「知的」「西欧的」「批評的」なものから離れることができ、「感受性」を情念、感性、官能それ自体の法則のままを保持してゆくことになったと論考している[174][175]。よって『禽獣』は川端にとり、分かれ目になった作品であり、「それまで感覚だけにたよつて縦横に裁断して来た日本現実、いや現実そのものの、どう変へやうもない怖ろしい形」を、川端がそこで初めて直視しているという意味で、それが重要な作品であり、ある意味で川端は「実に抜け目」がなく、「俊敏な批評家であつて、一見知的大問題を扱つた横光氏よりも、批評家として上であつた」と評している[174][175]

人物像・エピソード

黙って凝視する癖

川端康成の鋭いは特徴的で、人をじっと長くじろじろと見つめる癖があることは、多くの人々から語り継がれている。泥棒が布団の中の川端の凝視にぎょっと驚き、「だめですか」と言って逃げ出したという実話や、大学時代に下宿していた家主のおばあさんが家賃の催促に来た時、川端はじっと黙っていつまでも座っているだけで、おばあさんを退散させたなどという、様々なエピソードがある[156][174]

気の弱い人は初対面で川端から黙ってじろじろと見つめられると冷汗を拭くばかりだとされ[174]、或る若い初心な女性編集者は、初めて川端を訪問した時、他に誰も来客がなく、2人で面と面を突き合わせていたが、30分間ずっと何も話してもらえず、ただじっとじろじろと見つめられ、ついに堪えかねてワッと泣き出したという伝聞もある[174][323]。川端自身はマイペースで長い間黙り合っていても苦にならない性質らしく、彼女が泣き出した時に、「どうしたんですか」と言ったとされる[174][323]。また、来客が多数訪れていて、客の中の古美術商が川端の気に入る名品を持って来ていた場合などは、川端がそれをじっと観ることに没頭し自分の世界の中に入り込んでしまうため、骨董のコの字も知らない連中までもが、「ひたすら氏の後ろ姿と古ぼけた名画とを鑑賞しなければならない羽目」になるという[174]

川端のじっと見る眼の強さについては、川端夫人の秀子も、「彼の性格を最もよく表現してゐるものは、彼の、あの鋭い眼です」と言い、以下のように語っている[324]

初対面の女性などについて、この鋭い観察眼は長所よりも欠点を即座に感じてしまふのです。どんなに美しい人の前に出ても、あああの人にはこんな欠点があつた、などちやんと見抜いてしまふ。然しそれは決して、殊更にアラを探さうといふ意地悪さからではなくて、かう、無意識にあの鋭い眼が働くのです。私なども、始終起居を共にしながら、あの鋭い眼光には往々射すくめられるのです。 — 川端秀子「あの鋭い眼が……」[324]

堀辰雄の夫人・多恵子は、「あの大きな目を一様に見開いて、ぎょろりと御覧になる」と言い[325]吉行淳之介は、「物自体の本質が映っている眼」「虚無を映す眼」としている[326]。吉行は、川端家を訪れた或る女性が、「外に出たとき自分の躰が一まわり縮んだ気持がした」と言ったことに触れ、それを「おそらく、川端さんの眼でしゃぶりつくされたためであろう」としている[281][326]

画家の草間彌生は、『雑草』を1953年(昭和28年)に発表し、その絵を川端が購入しているが、その当時のことについて、1メートルくらいの距離から川端にじっと見つめられたとして、「私は田舎から出てきたばかりで、先生はこの伊豆の踊子みたいな子が描いたのかと思われたのかもしれません。でも、男性からじっと見つめられたことなどなかったので、少し怖かったです」と述懐している[327]

梶井基次郎は、湯ヶ島温泉で川端と親交を深めたことを友人たちに伝える手紙の中で、川端から顔をじっと見つめられることについて、「日南にあつたやうによく顔を見る――僕はあれだなと思つたが失礼かもしれぬと思つてだまつてゐたが少し気味が悪い。でも非常に親切で僕は湯ヶ島へ来たことを幸福に思つてゐる」と綴っている[154]

三島由紀夫も、21歳の時に川端の家を初訪問した時の印象を、「氏の目はをさす人の目のやうであつた。対局の、一見落着かぬやうでゐて、カンドコロを指す目であつた。それは又剣道の達人の目であつた。うごくと共にうごく目であつた。人をみつめる死んだ鋭さではなかつた」とし、「川端氏のあのギョッとしたやうな表情は何なのか、殺人犯人の目を氏はもつてゐるのではないか」と記している[328][注釈 36]

しかし三島は、川端と親しくなった以降では、川端が外国人との交遊の場で、西洋人を見つめている様子を、「氏ほど西洋人を面白がつて眺めてゐる人はめづらしい。西洋人の席にゐる氏を見てゐると、いつも私はさう思ふが、それはほとんど、子供が西洋人を面白がつてしげしげと眺めてゐるあの無垢好奇心に近づいてゐる」とし、川端に見つめられた或るアメリカ人の大女のおばあさんが、全く文学も知らないのに、すっかり川端を気に入ってしまい、ただ2人で目と目を見交わし楽しそうだったと語っている[174]。また三島は、ある日の川端のお茶目な様子を以下のように記している[323]

私がお訪ねしたときにトースト牛乳が出た。行儀のわるい癖で、トーストを牛乳に浸してたべてゐた。すると川端さんがちらと横眼でこちらを見て、やがて御自分もトーストを牛乳に浸して口へ運ばれだした。別段おいしさうな顔もなさらずに。 — 三島由紀夫「現代作家寸描集――川端康成」[323]

北條誠は、川端の眼光について以下のように語っている[281]

物事の本質を見きわめようとするから、鋭く見えるのだ。相手を深く識ろうとするから「こわく」見えるのだ。こっちが無心で対座していれば、氏の目は日ごろのその「鋭さ」や「恐ろしさ」からは想像できないような、あたたかいやさしさをたたえて静まっている。 — 北條誠「川端康成・心の遍歴」[281]

孫の明成が誕生し喜んだ川端は、明成を可愛がり、例によってじっと黙って赤ん坊の顔をひたすら見つめていたが、たちまち明成は怖がって泣いたという[268]

なお、川端本人も早くから自分の癖を自覚し、中学時代の日記には、自身の容姿へのコンプレックスを吐露すると共に、〈俺ほど人の美貌をまんじりとせず見つめる者はあるまい。そしてのろひうらやみ抱擁せんと常に思ふのである〉とし[329]、自伝小説では、〈人の顔をじろじろと見る私の癖は、と二人きりで何年も暮してゐたところから生れたのかもしれません〉とも語っているが[53]、この癖について進藤純孝は、川端が幼い時の眼底結核の病痕で、右の眼がよく見えないことからくるのではないと推測している[314]

温かさと孤独

上記のように川端康成は、無口と凝視癖で初対面の人に取っ付きにくい印象を与えるが、とても親切で窮地にある人の援助や就職の世話をしたり、恩人の遺族の面倒を見たりといった話は多い[174]。また、訪問客が絶えず、新年会も川端の家で行われることが恒例であったが、集まった客同士で賑やかな時でも、川端はいつも静かであったため、賑やかな久米正雄が「君は全く孤独だね」と大声で言ったことがあるという。ちなみに、三島由紀夫はその時に、久米正雄の方がよほど孤独に見えたとし、「豊かな製作をしてゐる作家の孤独などは知れてゐる」と語っている[174]

三島由紀夫は、川端を「温かい義侠的な立派な人」であり、清水次郎長のような人であるが、その行為はちっとも偽善的でなく、そういう人にありがちな過剰な善意で、私生活に押し入って忠告してくるようなことや、「附合」を強要することもないとし、そういった「達人」のような境地には普通の人間では、なかなかなれないとしている[174]。人との和を重んじて争わず、社交的であったため、川端は「文壇の総理大臣」と呼ばれたこともあるという[20]

室生犀星は、川端の人徳について、「海の幸、山の幸といふ言葉があるが、川端康成の作家は何時もあふれるほどその周囲から多くの幸を受けてゐる。この人に冷酷な批判を加へた批評家を私は知らない。冷徹温情の二面相搏ち、軽々しく人を愛しないが、人から愛せられることでは此の人ほどの作家はまた私の知らないところである」と述べている[330]

川端は、前衛画家・古賀春江と親しかったが、古賀が1933年(昭和8年)に病に倒れた時には、古賀に兄事していた高田力蔵を助けて、その面倒を見ていた[4]。また、藤田圭雄によると、野上彰が脳腫瘍で倒れた際には、共訳した『ラング世界童話全集』の印税は、野上に全額あげると言い、皆が感涙したという[20]

舟橋聖一は、青野季吉が死去した際のことに触れながら、川端の人柄について以下のように語っている[331]

青野季吉が長逝された。(中略)その病室には、大ぜいの見舞客や見舞品が殺到したらしいが、その中で、特に川端さんが、懇ろに、を持っていったり、掛け軸をはこんだりしている様子に、私は思わず、目がしらを熱くした。昭和年代の作家として、やはり川端さんは、ずば抜けて偉いものだと思う……。そう云えば、北條民雄氏のときも、川端さんの行動に、私などは唯、あれよあれよと、敬服するだけだった。臆病な私は北條民雄と聞くだけでも、近寄れないのに、川端さんはまるで何ンでもないように、往ったり来たりしていた。 — 舟橋聖一「川端さんの寛容」[331]

従軍記者体験について

川端は1945年(昭和20年)4月に志賀直哉の推薦で海軍報道班員として、大日本帝国海軍の特攻基地であった鹿屋基地の取材を行っている[214]。志賀は、大本営海軍報道部高戸顕隆海軍主計大尉からの依頼を受けた雑誌「台湾公論」の元編集長吉川誠一軍属から、横光利一と川端のいずれが、特攻作戦の取材で「日本の心を正確に誤りなく時代に語りつぐこと」ができるか?と問われ、「横光さんは大きくか小さく書くでしょう、川端さんなら正しく書くでしょう」と川端を推薦したという。吉川は1945年4月10日に川端宅を訪れて、防空壕掘削作業中の川端に海軍報道班員の引き受けを打診したところ、川端は「場合によっては、原稿は書かなくてもいいんですね」と念を押したうえで応諾した[332]

報道班員にはほかに新田潤、山岡荘八が選ばれ、4月23日に3人は海軍省に呼び出されたが、新田と山岡が大きな陸軍靴を履いていたのに対して、川端は痛々しく痩せた身体に子供靴のような真っ赤な靴を履いていた。その靴は川端によれば徳田秋声の遺品ということであったが、戦時中の物資不足の折に山岡には羨ましく感じたという[333]。川端ら3人は鹿屋に出発前に大本営報道部の高戸大尉から、「海軍報道班員は、戦地に赴き、その勇壮なる戦いぶりを書いて国民の志気を高揚させるにある」「ただし、みなさんはこの戦いをよく見て下さい。そして今、ただちに書きたくなければ書かないでよろしい。いつの日か三十年たってでも、あるいは五十年たってでも、この戦さの実体を、日本の戦いを、若い人々の戦いを書いて頂きたい」と伝えられた[334]

鹿屋で川端らは水交社に滞在し、特攻機が出撃するたびに見送りをしたが[201]、3人が鹿屋に着いてまもなく飛行機墜落事故があった。昼夜問わず空襲もあり、そのたび山の中の防空壕に駆け込んだ。山岡は、「こんなとこでは死んでも死にきれないだろう」と驚き、川端はただじっと黙ってその方角を見つめ、その大きな目の中は真っ赤だった[214][216]

川端らが取材していた時期に、鹿屋で特攻出撃のために待機していた中央大学法学部出身の谷田部海軍航空隊杉山幸照予備少尉によれば、川端は杉山ら学徒出陣で予備士官となった大学出身の特攻隊員と食堂などでよく文学談義に花を咲かせたり、隊員からお菓子をもらったりと懇意にしていた[335]。このときの川端は予備士官には特攻の非人道的暴挙を非難し同情を寄せており、書物を渇望する学徒の予備士官のために、鎌倉文庫から本を30-40冊鹿屋に送るよう妻秀子に頼むなどの気配りを見せる一方で[336]沖縄戦で特攻作戦を指揮していた第五航空艦隊の上層部と話すときには、笑いながら特攻を賛美するような話をしていたので、杉山はその上下で態度を変える川端に対して「彼(川端)ほど小心で卑屈な人間を見たことがない」「偉大な作家であっただけに、その狡猾な言動を快くは感じていなかった」と痛烈に批判し、他の特攻隊員も不信を抱いていたという。また、川端は神国日本を信じて、やがて神風が連合軍艦隊を全滅させる、という過去の歴史の繰り返しを期待する“幼稚”な思想を特攻隊員らと共有していたと杉山は回想している[337]

川端は当時の心境を「沖縄戦も見こみがなく、日本の敗戦も見えるやうで、私は憂鬱で帰つた。特攻隊について一行も報道は書かなかつた。」と回想し[201]、川端に特攻の記事は書かなくてもいいと伝えた大本営参謀の高戸は戦後に「繊細な神経ゆえに(特攻に関して)筆をとれなかったのではないか」と考えていたが[214]、川端はこの取材により、朝日新聞特攻兵器桜花についての『霹靂の如き一瞬、敵艦ただ死のみ・川端康成氏“神雷兵器”語る』という記事に、下記のような称賛の談話を寄せている。

神雷(桜花)こそは実に恐るべき兵器だ、この新鋭武器が前線に来た時、わが精鋭は勇気百倍した、これさへあれば沖縄周辺の敵艦船群はすべて海の藻屑としてくれるぞ!神雷特別攻撃隊の意気は今天を衝いておる。
親飛行機の胴体に抱かれて行く、いはば子飛行機のこの神雷兵器は小さな飛行機の型をしてゐて色彩も優雅で全く可愛い、ところが敵艦発見と同時に猛然と親の懐を離れて神雷兵器は一瞬にして凄まじい威力を持つ特攻兵器となる、
したがって敵がこの神雷を恐れることは非常なものだ、身の毛もよだつといつてゐるといふが、その通りだらう、神雷さへ十分に威力を発揮できたらすべての敵艦はことごとく葬り去られ神風の再現ができる、
親飛行機と戦闘機の増産、これが今神雷に一番大切なことだ、これさへできれば神雷は数百数千の稲妻のごとく敵艦に殺到してすべてを沈めさるであらう、飛行機を作れ、飛行機を作れ、神雷による勝機は今目前にある、必勝を信じて神雷にまたがり、淡々と出撃する勇士等に恥づかしくない心をもつて生産戦に戦ひ抜かう、爆撃に決して屈するな、私は心からお傳したい。 — 川端康成「霹靂の如き一瞬、敵艦ただ死のみ・川端康成氏“神雷兵器”語る」(朝日新聞 1945年6月1日)

しかし、川端はこの記事が紙面に掲載される前の1945年5月末には鹿屋を発って鎌倉に戻っていた。杉山予備少尉が、特攻出撃のために待機していた鹿屋から茨城県筑波郡谷田部町の本隊への帰還を命じられたときに、食堂で食事中の川端を見かけ別れの挨拶をしたところ、川端はいつもの癖で杉山の顔を凝視しながら顔を真っ赤にして「自分も急用があり,身体の具合も悪いので、ちょっと帰りたいのだが飛行機の都合がつかないので困っている。」と鹿屋からの脱出の手助けをして欲しいと懇願した。杉山は川端を快くは思っていなかったが、一緒の飛行機で帰ることを提案し、川端はその提案に基づき自ら司令部と交渉して杉山が乗る零式輸送機に同乗することができた[220]。途中、燃料補給で降りた鈴鹿で飛行機酔いして顔面蒼白になっていた川端に士官食堂でライスカレーを奢ったところ、しょぼしょぼとしながらも綺麗にたいらげ、「特攻の非人間性」について語ったという[338]。杉山は、川端が軍の上層部に対しては特攻を礼賛するような発言をしていたことを知っており、その二面性に辟易している[337]

杉山は戦後に出版した著作内の川端に関する回想で、一緒に取材していた「2,3の報道班員の人たち」(新田と山岡)は戦後に特攻隊員を紹介し、隊員の霊を慰めほめたたえてくれたのに[339]、最後まで川端が特攻について語ることがなかったのが残念であったと記している[338]。ただし、川端は鹿屋での体験を基にした作品『生命の樹』を書いており、杉山がこの作品を知らなかったのか、「川端さんの文章をもってすれば,どんなに人に感動をあたえることだろう」と多大な期待をしていた杉山にとって『生命の樹』では期待外れであったのかは不明である[340]

川端が早々に退散したあとも山岡は鹿屋に残り、6月13日にはNHKが全国放送した神雷部隊の隊員らの様子を伝えるラジオ放送の司会や解説もしている[341]。結局、山岡は神雷部隊が松山基地宮崎県日向市にある富高基地に後退が決定するまで鹿屋に留まった[342]。神雷部隊の後退が決まった日に山岡は司令の岡村基春大佐を訪ねたが、岡村は山岡に東京に早く帰りなさいと即して、第一回目の出撃で戦死した野中五郎大佐ら戦死した隊員の位牌に供えられていた、ウィスキーの角瓶や果物の缶詰といった、当時では貴重品ばかりの大量のお供え物を「東京も焼け野原と聞いている。家族は困っているでしょう。せめて、これをリュックに入れていってあげなさい」と渡している[343]。山岡は川端と異なり自らの手配で陸路で東京に帰ったが、途中で空襲や機銃掃射にもあいながら5日もかけてどうにか帰り着いている[344]

敗戦後、川端は、「生と死の狭間でゆれた特攻隊員の心のきらめきを、いつか必ず書きます」と島居達也候補生に約束したとされる[345]。そして鹿屋での体験を基にして作品『生命の樹』を書き上げたが、一部分がGHQにより削除されたという[221]

その他

洛中に現存する唯一の蔵元佐々木酒造の日本酒に、「この酒の風味こそ京都の味」と、作品名『古都』を揮毫した。晩年川端は、宿泊先で桑原武夫京大名誉教授)と面会した際に「古都という酒を知っているか」と尋ね、知らないと答えた相手に飲ませようと、寒い夜にもかかわらず自身徒歩で30分かけて買いに行ったと、桑原は回想している[346]

日本国有鉄道(国鉄)が1970年(昭和45年)から始めたディスカバー・ジャパンキャンペーンにおいて、川端のノーベル賞受賞記念講演のタイトルと類似した「美しい日本と私」という副題の使用を快諾し、その言葉を自らポスター用に揮毫してくれたという[347]

1971年(昭和46年)6月に、日立セントラルヒーティングのテレビコマーシャルに出演して、世間を驚かせたという[348]。そのCM用の撮影フィルムらしきカラー映像が、2014年(平成26年)10月に映像関連会社の倉庫から発見された[349]。その5分ほどの映像には、詩人のサトウハチローによる川端についての詩の朗読がついている。サトウの次男の佐藤四郎さんは、「ハチローが出演する予定だったCMに病気で出演できなかった際、川端先生が代わりに出演してくれ、ハチローは涙を流して喜んだと弟子から聞いたことがある」と話している[349]

1971年(昭和46年)の都知事選挙に立候補した秦野章の応援のため宣伝車に乗るなどの選挙戦に参加した川端は、瑚ホテルで按摩を取っている時に突然と起き上がって扉を開け、「やあ、日蓮様ようこそ」と挨拶したり、風呂場で音がすると言いながら再び飛び出していって、「おう、三島君。君も応援に来てくれたか」と言い出したために、按摩は鳥肌が立ち早々と逃げ帰ったという[95][350]。その話を聞いた今東光も、都知事選最後の日に一緒に宣伝車に乗った際に川端が、「日蓮上人が僕の身体を心配してくれているんだよ」とにこにこ笑いながら言ったと語っている[95]




注釈

  1. ^ ゲーテ・メダル(Goethe-Medaille/Goethe-Plakette)は様々な団体のものがある。川端に贈られたのは「フランクフルト・アム・マイン市のゲーテ・メダルドイツ語版」。また「Plakette」とは、メダルというよりは小さなバッジである。
  2. ^ この「保身」という文字は川端の生活信条となり、日記の随所に出てくる[16][18]
  3. ^ 小笠原義人の実家は京都府京都市下京区上嵯峨村(現・右京区嵯峨野)で、一家は大本教信者であった[25][67]。小笠原義人は1900年(明治33年)11月11日生れ。五男三女の3番目で長男。祖父・弥太郎義信は紀伊藩士(高天神小笠原家[68])。大祖は清和源氏源義家の弟・新羅三郎義光で、小笠原家の鼻祖は、長清であるという[65]。義人の父・義之は紀伊藩士・森儀三郎の二男で、義信の養子。母・ヒサは加賀藩士・御納戸役の飯森薫の長女である[65]
  4. ^ この「師の柩を肩に」は、のち1927年(昭和2年)に、「学窓ロマンス 倉木先生の葬式」と改題し、『キング』3月号に再掲載された[18][73]
  5. ^ 川端は親戚の川端松太郎に、10月31日付で修善寺温泉、11月2日付で湯ヶ野温泉など旅先から絵葉書を送っている[18][49][80][81]
  6. ^ 川端は、中学の入学試験の体格検査や、病院で右眼の視力がよくないことに驚いていたが[85]、眼底に結核の病痕があることを40歳頃に医者から教えられた[25][32]
  7. ^ その後も川端は、今東光の家に度々招かれて、霊談義を聞くことがあったようで、〈テレパシイの話〉〈霊知学の話〉を、〈面白き話と思ふ〉と日記に記している[90]
  8. ^ この『ちよ』に関連する作品『処女作の祟り』では、処女作『ちよ』を書いたために、登場人物の故郷の村の男〈千代松〉が祟られ、〈ちよ〉という名前の女性に〈僕〉が失恋する話が描かれている[94]。この〈千代松〉の怪談挿話は架空であると川端は言っているが、実在人物かは明確ではない[18]
  9. ^ 平出修の妻の甥・平出実の元妻であったマダム・山田ます(1887年生まれ)は、帝大生の福田澄夫と男女関係となり、福田が台湾銀行に入社するのに同行して行った[17][98]
  10. ^ 伊藤初代の父親・伊藤忠吉は農家の長男だが、土地の風習で長子の姉が婿養子を迎えて家を継ぎ、忠吉は同村のS家に婿入りして二児を儲けたが離婚し、職を求めて福島県若松市(現・会津若松市)へ行った。そこで大塚サイと知り合い初代を儲け、再婚して学校守り(用務員)となり二女・マキを儲けた[99]。初代は、1906年(明治39年)9月16日に福島県若松市川原町25番地で出生。母・サイが1914年(大正3年)に死去すると、翌1915年(大正4年)春、9歳で叔母(母の妹)に預けられた。3歳の妹・マキの方は父・忠吉に連れられ郷里の岩手県江刺郡岩谷堂に行き、忠吉はその地で小学校の用務員となる[100]。叔母の家の初代は、小学校も中退させられて上京し(祖父の大塚家が上京したため)、子守として奉公に出されて他家を転々とした後、カフェ・エランのマダムの山田ますが身許引受人となって、そこで働き出した[96][97][99]
  11. ^ 1920年(大正9年)までは大学、高校とも、学年度は9月11日に始まり、7月10日に終わった[102]
  12. ^ 鈴木彦次郎によると、同人誌を企画し、皆で「湯島サロン」という店で話し合っているところへ、菊池寛芥川龍之介らが偶然やって来て、その場で菊池から『新思潮』を譲ってもらったとされ、翌日に菊池宅を訪問したとされている[79]
  13. ^ 初代に惚れ込んだヤクザな常連客が、自分の女に横恋慕する奴だと川端を名指し、撲るとか斬ると言っていたのを知った今東光は、相棒の宮坂普九と一緒に、「其奴を殴り倒し二度と川端に対して手を出せないように仕様と、実は短刀まで用意した」と語っている[95]
  14. ^ 石濱金作が1923年(大正12年)10月に、カフェ・エランの前の煙草屋の主婦から聞き出した情報では、伊藤初代は、岐阜県稲葉郡加納町にいた時に、ある者に犯されて自暴自棄になって家出してしまったとされる[17][56]。この人物が誰なのかは、伏字のない川端の日記によると、〈西方寺にて僧に犯されたり〉となっている[116]。2014年(平成26年)に、この強姦事件が事実であったことが、伊藤初代の息子の桜井靖郎により確認されている[117]。桜井靖郎は姉の珠代から、この母の秘密の事実を聞いていたという[117]
  15. ^ 伊藤初代との体験を元にした作品には、『南方の火』『篝火』『非常』『霰』『彼女の盛装』『新晴』『日向』『咲競ふ花』『生命保険』『弱き器』『火に行く彼女』『鋸と出産』『写真』『青い海黒い海』『丙午の娘讃』『明日の約束』『伊豆の帰り』『合掌』『大黒像と駕籠』『犠牲の花嫁』『父』『五月の幻』『入京日記』『処女作の祟り』『遥か昔』『西国紀行』『母国語の祈祷』『真夏の盛装』『二重の失恋』『空の片仮名』『水仙』『父母への手紙』『抒情歌』『雨傘』『見知らぬ姉』『父の十年』『浅草に十日ゐた女』『化粧と口笛』『姉の和解』『母の初恋』『再婚者』『日も月も』『離合』『美しさと哀しみと』『水郷』『途中下車』『時代の祝福』がある[6][18][19][69][114][119][120]
  16. ^ 『文藝時代』の同人は、伊藤貴麿石濱金作、川端康成、加宮貴一片岡鉄兵横光利一中河与一今東光佐佐木茂索佐々木味津三十一谷義三郎菅忠雄諏訪三郎鈴木彦次郎岸田国士、南幸夫、酒井真人、三宅幾三郎稲垣足穂であった[9][131]。川端は、牧野信一も同人に加えたかったが、菅忠雄などが反対ぎみの意向を示している[132][133]。『文藝時代』の創刊翌月、『文藝春秋』11月号に載った「文壇諸家価値調査表」(直木三十三が作った文士採点表)をめぐって憤慨した今東光が[134][135]、翌1925年(大正14年)4月に脱退し[131]、その後『文党』に行った[91][136][137]。横光利一も文士採点表に憤慨し、その掲載を許した菊池寛と『文藝春秋』に対して読売新聞に投書を送ったが、川端になだめられて一緒に読売新聞社に行き、その速達を返してもらったという一件があった[131][138]
  17. ^ 前年1925年(大正14年)の秋に文藝日本社から処女作品集『驢馬に乗る妻』が刊行予定だったが、出版社の破産で実現しなかった[145]
  18. ^ 熱海を舞台にした作品には、『椿』『死者の書』『女を殺す女』などがある[10]
  19. ^ ちなみに、逃げる泥棒を川端が玄関まで追ったが、梶井基次郎は怖くて、秀子夫人から呼ばれても部屋から下りて来られなかったという[143][156]
  20. ^ その後、支払わなかった家賃の催促が家主から無かったため、そのままになったが、家賃を遺して退去したのは、この熱海だけであるという。〈商人を踏み倒したことはなかつた〉と川端は語っている[128]
  21. ^ 浅草を題材とした「浅草物」には、続編の『浅草祭』や、『踊子旅風俗』『日本人アンナ』『「鬼熊」の死と踊子』『白粉とガソリン』『鶏と踊子』『浅草日記』『化粧と口笛』『浅草の姉妹』『浅草の九官鳥』『妹の着物』『二十歳』『寝顔』『虹』『田舎芝居』『夜のさいころ』などがある[10][163]
  22. ^ この年に大宅壮一の妻・愛子が死去したため、大宅の家にお手伝いに来ていた青森県八戸市出身の少女・嶋守よしえ(小学校5年生)を川端宅で引き取ることとなり、よしえのきちんとした身許保証人になるため夫婦の籍を入れたとされる[169]。のちに、嶋守よしえの娘・敏恵も、川端家のお手伝いとなる[170]
  23. ^ 伊藤初代は、川端と婚約破棄した後、中林忠蔵と結婚し、1923年(大正12年)に長女・珠江を儲けたが、中林は1927年(昭和2年)6月に肺病で死去。上京後知り合った桜井五郎と再婚し、1929年(昭和4年)に長男が生れるが夭折し、1931年(昭和6年)11月に次男が生れた。初代は桜井との間に7人の子供を儲け、内3人が死んで、4人を育てて、1951年(昭和26年)2月に数え年46歳で死去した[6][96][118]
  24. ^ その後、耕治人は川端に世話になり、戦後の1959年(昭和34年)に『喪われた祖国』を出版する。しかし秀子夫人の弟・松林喜八郎が小岩の公庫住宅に当たったという話を聞き、自分宅(借金をして地主から借地した土地)の中野区野方町1-605(現・中野区野方4-30-9)の隣りに借りた方がいいと、1958年(昭和33年)9月に誘い、そこに家を建て住んだ松林喜八郎と土地問題でトラブルとなり、訴えて敗訴する[20][169]
  25. ^ 「日本文学者会」の発起人には、阿部知二伊藤整上田広岡田三郎尾崎一雄尾崎士郎河上徹太郎岸田国士小林秀雄榊山潤島木健作武田麟太郎高見順富沢有為男、中島健藏、林房雄火野葦平、日比野士郎、深田久彌和田伝横光利一らがいた[199]
  26. ^ 1945年7月20日の第1回目の受賞者はプロレタリア作家から戦記作家に転向した里村欣三、里村は1940年7月に発表した自身の日中戦争での従軍記『第二の人生』で芥川賞にノミネートされながらも受賞を逃している。その後、里村は再度召集されて、マレーシンガポールフィリピンを転戦しながら戦記を書き続け、1945年2月にルソン島で戦死したため、戦記文学賞受賞理由を「報道戦における殊勲とその壮烈な戦死に対して」として、その「功績」に対して表彰し、遺族に賞金500円と記念品が追贈された。なおこの第1回だけで終戦により廃止となっている。(朝日新聞 1945年7月20日)
  27. ^ ほかに、大佛次郎、清水昆、小島政二郎横山隆一林房雄永井龍男らも、日替わりで店番をした[219]
  28. ^ 三島は来訪する時、可愛い動物の飾りのあるケーキや高級菓子を手土産に持参し、秀子夫人が受取ろうとすると、直接政子に手渡ししたがったという[228]。やがてその作戦が尽きると三島は、鎌倉文庫にいた山川朝子にアイデアの相談をしていたとされる[228]
  29. ^ この写真で川端の背後の床の間に掛かる絵は傅山(中国・明末清初)の『墨竹図』で、川端の美術コレクションの一品である[233]
  30. ^ 川端は同行者を豊島与志雄小松清と書いているが、『日本ペンクラブ三十年史』では、同行者は豊島与志雄、青野季吉となっている[234]
  31. ^ 実際、1961年(昭和36年)に、川端がノーベル文学賞を受賞する可能性があったことが、2012年(平成24年)のスウェーデン・アカデミーの情報開示で明らかになった [258]。ちなみに三島は、2014年(平成26年)の開示情報で、1963年(昭和38年)度のノーベル文学賞の有力候補6人の中に入っていたことが明らかになった[259][260]。なお、6人の中には三島の他に谷崎潤一郎西脇順三郎、川端も名を連ね、1964年、1965年度も同4名が候補に入っていた[261]。1965年については川端と谷崎への同時授賞も検討されていた[262]
  32. ^ 後藤孟は「賀茂丸」で川端と会ったことを以下のように述懐している。
    空腹だというので、わたしは親のこしらえてくれた弁当のノリ巻きをすすめたんです。川端さんはそれをホオばりながら、「ぼくには父も母もいないんだ」としんみり話ました。そうして、わたしに「下宿が見つからなかったら、相談に来たまえ」といってくれた。東京に着くと、川端さんが「朝ぶろに行こう」と誘った。熱すぎたのでジャ口をひねってうめていると、イレズミをした若い衆が五、六人はいって来て「ぬるいぞッ」とどなった。わたしは胸がドキドキしたが、川端さんは顔色ひとつ変えず、平然としていました。 — 後藤孟「談話」(『実録 川端康成』)[84]
  33. ^ ちなみに、三島由紀夫が初めて候補者に名を連ねた1963年度のノーベル文学賞選考資料で、選考委員会がドナルド・キーンに日本の作家についての評価を求めていたことが分かった[275]。当時キーンは、実績と重視し、年齢順に「▽谷崎潤一郎、76歳、▽川端康成、63歳、▽三島由紀夫、38歳」の順で推薦したが、本心では、三島が現役の作家で最も優れていると思っていたとし、それでも三島よりも谷崎・川端を高く評価したのは、年功序列を意識し日本社会に配慮したからだと説明して、「現在の日本の文壇では、彼が一番ぬきんでていると思う。しかし、谷崎や川端が、もし三島に先を越されたら、日本の一般市民は奇妙に感じるだろう。三島には、この先にもチャンスがある」と考えたと2015年(平成27年)3月に明らかにした[275]
  34. ^ 鹿沢縫子の実母・T子は長野市出身で、市内の松代町の小料理屋で働いていた20代前半の時に、福井県出身の50代の妻帯者・Oと知り合い、縫子を産んだ。Oには、妻との間に子がなかったため、縫子を認知し、妻とも養子縁組させて、同県松本市の自宅へ引き取った[289]。O宅は裕福であったが、縫子が8歳の時にOが亡くなり、養母がその6年後に盆栽店を経営するMと再婚し、縫子を連れて穂高町に来た[289]。Mには、すでに2人の男児と1人の女児があり、彼らは縫子の義兄、義姉となった。縫子は県内の県立蟻ヶ崎高等学校を卒業後、家業を手伝い、植木を車で配達していた[289]
  35. ^ 鹿沢縫子には、穂高町に恋人(中学以来の同級生)がいて、その翌年1973年10月に結婚した[289]
  36. ^ 三島由紀夫は、川端との会話での印象を以下のように綴っている。
    学習院の連中が、ジャズにこり、ダンスダンスでうかれてゐる、けしからん」と私が云つたら氏は笑つて、「全くけしからんですね」と云はれた。それはそんなことをけしからがつてゐるやうぢやだめですよ、と云つてゐるやうに思はれる。(中略) 僕が「羽仁五郎雄略帝の残虐を引用して天皇を弾劾してゐるが、暴虐をした君主の後裔でなくて何で喜んで天皇を戴くものか」と反語的な物言ひをしたらびつくりしたやうな困つたやうな迷惑さうな顔をした。「近頃百貨店の本屋にもよく学生が来てゐますよ」と云はれるから、「でも碌な本はありますまい」と云つたら、「エエッ」とびつくりして顔色を変へられた。そんなに僕の物言ひが怖ろしいのだらうか。雨のしげき道を鎌倉駅へかへりぬ。 — 三島由紀夫「川端康成印象記」[328]
  37. ^ 川端が1955年、当時新進芸術家であった草間彌生の作品を購入したことについては、草間の自伝には言及されているが、川端自身は草間の作品についての文章を残しておらず、どのような作品を購入したのかは一般には知られていなかった。2004年、東京国立近代美術館が草間の展覧会を開催するに際して調査した結果、『雑草』(1953年)と『不知火』(1955年)という2つの作品が川端康成記念会に保管されていることがわかった[351]
  38. ^ 川端旧蔵の金銅三鈷杵は奈良国立博物館の所蔵となっている。(参照:収蔵品データベース(奈良国立博物館)
  39. ^ 川端旧蔵の汝窯青磁盤は東京国立博物館の所蔵となっている。(参照:1089ブログ(東京国立博物館)2016年4月15日
  40. ^ この絵は昭和30年6月22日付けで川端康成蔵として重要文化財に指定されたものである[362]
  41. ^ 三八郎の生れ年に関しては、「幾歳幾月調」「明治八年十二月 国民軍取調誕生表」で調査すると、前年の天保11年(1840年)とあるため、こちらの年だという見解もある[15]
  42. ^ 恒太郎の死亡日については、羽鳥徹哉は5月14日としているが、笹川隆平は墓石で確認し、4月14日としている[15]
  43. ^ 「生きているのに」の曲名で収録。
  44. ^ この背景には、太宰治の友人・檀一雄が『道化の華』を推していて、川端ならきっと理解してくれると話していたため、審査過程で何か要らぬ力が作用したと太宰が考え、「お互ひに下手な嘘はつかないことにしよう」、「ただ私は残念なのだ。川端康成のさりげなささうに装つて、装ひ切れなかつた嘘が、残念でならないのだ」と言い[395]、川端や、その背後にいる人たちを批判しているとされる[381]

出典

  1. ^ a b c 原善「川端康成」(三島事典 2000, pp. 477-479)
  2. ^ a b c d 原善 1987
  3. ^ 羽鳥徹哉「作家が愛した美、作家に愛された美―絶望を希望に転じ、生命の輝きを見出す」(太陽 2009, pp. 2-3)
  4. ^ a b c 羽鳥徹哉「川端文学の世界――美についての十章」(太陽 2009, pp. 7-42)
  5. ^ a b c 大久保 2003
  6. ^ a b c d e f 「第三章 精神の傷あと―『みち子もの』と『伊豆の踊子』―」(川嶋 1969, pp. 65-111)
  7. ^ 論考 1991
  8. ^ 基底 1979
  9. ^ a b c 「新感覚――『文芸時代』の出発」(アルバム川端 1984, pp. 18-31)
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 「第一編 評伝・川端康成――非情」(板垣 1969, pp. 73-96)
  11. ^ 「第二部第五章 新人才華」(進藤 1976, pp. 281-295)
  12. ^ a b c d 太陽 2009
  13. ^ a b c d e 「『美しい日本の私』――ノーベル賞受賞」(アルバム川端 1984, pp. 86-96)
  14. ^ a b c d e f 「第三部第八章 末期」(進藤 1976, pp. 500-517)
  15. ^ a b c d e f g h i j k 笹川隆平『茨木の名誉市民 川端康成氏と豊川―その幼少期と手紙―』(私家版、1970年4月)。「川端康成氏の生誕地について」(国文学 1971年7月号)。『川端康成〈その人・その故郷〉』(婦人と暮しの会出版局編、1974年4月)。基底 1979, pp. 45ff、進藤 1976, pp. 24ff。笹川隆平『川端康成――大阪茨木時代と青春書簡集』(和泉書院、1991年9月)
  16. ^ a b c 「孤児根性について」(愛知教育大学研究報告1969年2月号)。基底 1979, pp. 141-162に所収
  17. ^ a b c d e f 川西政明「解説」(随筆集 2013, pp. 465-481)
  18. ^ a b c d e f g h i 「川端康成集注釈」「川端康成年譜」「注釈者あとがき」(文学大系 1990
  19. ^ a b c 森晴雄「川端康成 略年譜」(太陽 2009, pp. 161-165)
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小谷野 2013
  21. ^ a b 「祖母」(若草 1925年9月号)。浅草紅団2巻 1970小説2 1980, pp. 437-444に所収
  22. ^ a b c d e 「思ひ出すともなく」(毎日新聞 1969年4月23日号)、『写真集 川端康成〈その人と芸術〉』(毎日新聞社、1969年8月)。随筆3 1982, pp. 373-378、一草一花 1991, pp. 239-245に所収
  23. ^ a b c d e 「父母への手紙(続)」(「父母への手紙」第三信)(若草 1932年9月号)。浅草紅団2巻 1970小説5 1980, pp. 181-232に所収
  24. ^ a b c d e 「あるかなきかに」(「父母への手紙」第五信)(文藝 1934年1月号)。浅草紅団2巻 1970小説5 1980, pp. 181-232に所収
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「少年」(人間 1948年5月号-1949年3月号)。小説10 1980, pp. 141-256に所収。作家の自伝 1994に第5、6、7、9回分掲載。林武 1976, pp. 55-96に抜粋掲載
  26. ^ 「私のふるさと」(週刊サンケイ 1963年7月15日号)。評論5 1982, pp. 187-189、随筆集 2013, pp. 288-290に所収
  27. ^ a b c d e 中野好夫「作家に聞く――川端康成」(文學 1953年3月号)。中野好夫「川端康成」(『現代の作家』岩波新書、1955年9月)。評論5 1982, pp. 549-564に所収
  28. ^ a b 「第一編 評伝・川端康成――孤児」(板垣 1969, pp. 7-26)
  29. ^ a b c d e f g 川端富枝『若き日の川端康成氏と川端家』(私家版、1972年8月)。『ノーベル賞受賞の川端康成氏と川端家』(私家版、1971年4月)。基底 1979, pp. 35ff、進藤 1976, pp. 11ff。川端富枝『川端康成とふるさと 宿久庄』(私家版、1990年4月)
  30. ^ a b c 「川端家の親戚たち―康成の階層的基盤―」(文學1976年3月号)。基底 1979, pp. 113-140に所収
  31. ^ a b c d e f g h 「年譜」(作家の自伝 1994, pp. 311-317)
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m 「故園」(文藝 1943年5月号-1945年1月号)。小説23 1981, pp. 473-544に所収。作家の自伝 1994に「一」から「五」まで掲載。基底 1979、田中保隆「故園」(作品研究 1969, pp. 189-204)に抜粋掲載
  33. ^ a b c d e f g h i j k 川端香男里「年譜」(雑纂2 1983, pp. 467-493)
  34. ^ 「川端康成、その故郷」(新潟大学 新大国語1975年3月号)。基底 1979, pp. 21-34に所収
  35. ^ a b c d e f 「十六歳の日記」(文藝春秋 1925年8月-9月号)。踊子・集英 1993, pp. 65-100、小説2 1980, pp. 7-44、作家の自伝 1994に所収
  36. ^ a b c 「川端康成と祖父三八郎」(国語と国文学 1975年11月号)。基底 1979, pp. 62-84に所収
  37. ^ a b c 川嶋至「資料断片・川端康成の系図」(位置 1963年10月号)。板垣 1969, p. 11
  38. ^ a b 「川端康成、家柄と家系意識」(愛知教育大学 国語国文学報1974年12月号)。基底 1979, pp. 35-61に所収
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 「文学的自叙伝」(新潮 1934年5月号)。評論5 1982, pp. 84-99、作家の自伝 1994一草一花 1991, pp. 246-264に所収
  40. ^ a b 「父母への手紙」(第一信)(若草 1932年1月号)。浅草紅団2巻 1970小説5 1980, pp. 181-232、作家の自伝 1994に所収
  41. ^ a b c d e f 「行燈――落花流水」(風景 1964年2月号)。『落花流水』(新潮社、1966年5月)に所収。随筆3 1982, pp. 213-215、随筆集 2013, pp. 114-118に所収
  42. ^ 抒情歌」(中央公論 1932年2月号)。小説3 1980, pp. 471-500、浅草紅団2巻 1970踊子・新潮 2003, pp. 105-142、水晶幻想 1992, pp. 133-168に所収
  43. ^ a b c 「油」(新思潮 第4号・1921年7月号。婦人之友 1925年10月号に再掲載)。小説2 1980, pp. 61-70、初恋小説 2016, pp. 360-369、作家の自伝 1994に所収
  44. ^ 川嶋至「川端康成伝の問題点」(作品研究 1969, pp. 448-467)
  45. ^ a b 笹川良一『人類みな兄弟』(講談社、1985年8月)。小谷野 2013, pp. 53-54
  46. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 羽鳥徹哉「川端康成年譜」(文芸読本 1984, pp. 248-255)
  47. ^ a b c 「会葬の名人」〈のち「葬式の名人」〉(文藝春秋 1923年5月号)。小説2 1980, pp. 71-82、作家の自伝 1994に所収
  48. ^ 「父母への手紙(続)」(「父母への手紙」第四信)(若草 1933年9月号)。浅草紅団2巻 1970小説5 1980, pp. 181-232に所収
  49. ^ a b 「『内に深く泉を胸に探る』少年」(アルバム川端 1984, pp. 2-17)
  50. ^ 「春夜友を訪ふ」(大正3年3月3日付)。『少年』内に掲載
  51. ^ a b c d e f g h i j k l m 「あとがき」(『川端康成全集第1巻 伊豆の踊子』新潮社、1948年5月)。独影自命 1970, pp. 13-31に所収
  52. ^ 郡恵一『康成と壮一と』(サンケイ新聞生活情報センター、1982年4月)p.25
  53. ^ a b c 「後姿」(「父母への手紙」第二信)(文藝時代 1932年4月号)。浅草紅団2巻 1970小説5 1980, pp. 181-232、作家の自伝 1994に所収
  54. ^ 「日向」(文藝春秋 1923年11月号)。小説1 1981, pp. 23-25、掌の小説 2011, pp. 27-30に所収
  55. ^ a b 「骨拾ひ」(1916年執筆。文藝往来 1949年10月号)。小説1 1981, pp. 11-15、掌の小説 2011, pp. 11-17に所収
  56. ^ a b c d e 「あとがき」(『川端康成全集第4巻 抒情歌』新潮社、1948年12月)。独影自命 1970, pp. 75-100に所収
  57. ^ 「大黒像と駕籠」(文藝春秋 1926年9月号)。小説21 1980, pp. 141-162に所収
  58. ^ a b 「一流の人物」(文藝春秋 1926年7月号)。随筆1 1982, pp. 103-106に所収
  59. ^ a b c 羽鳥徹哉「作家案内――川端康成」(水晶幻想 1992, pp. 298-312)
  60. ^ 「春を見る近眼鏡」(週刊朝日 1926年4月号)。小説2 1980, pp. 325-340に所収
  61. ^ a b 「當用日記」(大正4年2月4日付)。補巻1・日記 1984, p. 130に所収
  62. ^ 「當用日記」(大正4年3月1日付)。補巻1・日記 1984, pp. 141-142に所収
  63. ^ 「文章雑感」〈のち「文章について」と改題〉(『日本文学講座』岩波書店版 付録「文學」第10号・1932年3月号。芸術科 1933年7月号に再掲載)。評論4 1982, pp. 98-103に所収
  64. ^ 「當用日記」(大正5年1月20日付)。補巻1・日記 1984, pp. 286-287に所収。太陽 2009, p. 45
  65. ^ a b c 「『伊豆の踊子』成立考」(林武 1976, pp. 55-96
  66. ^ 「當用日記」(大正5年4月11日付)。補巻1・日記 1984, pp. 319-320に所収
  67. ^ a b c d e f g 「湯ヶ島での思ひ出」(草稿107枚、1922年夏)。『少年』内の引用記載作品。
  68. ^ 寛政重修諸家譜
  69. ^ a b 「第一編 評伝・川端康成――愛」(板垣 1969, pp. 27-49)
  70. ^ a b 石濱金作「川端君の若い頃」(『現代日本文学全集39 川端康成』月報 筑摩書房、1955年11月)。「ある恋の話」(文藝時代 1924年10月号)。基底 1979, pp. 165ff.
  71. ^ a b c d 石濱金作「無常迅速――青春修行記」(文芸読物 1950年5月号)。基底 1979, pp. 165ff.、板垣 1969, pp. 44-45、小谷野 2013, pp. 90ff
  72. ^ 宮崎尚子「新資料紹介 川端康成『生徒の肩に柩を載せて 葬式の日、通夜の印象』」(熊本大学国語国文学研究、2012年)。小谷野 2013, pp. 82-83
  73. ^ 「年譜」(踊子・新潮 2003, pp. 195-201)
  74. ^ 大宅壮一「川端康成君の生活」(新潮 1929年11月号)。羽鳥徹哉編『日本文学研究資料新集27 川端康成・日本の美学』(有精堂、1990年6月)に所収。板垣 1969, p. 37
  75. ^ 「第一章 生い立ち――一高めざして上京」(実録 1992, pp. 27-30)
  76. ^ a b c d e f g h i j 「あとがき」(『川端康成全集第2巻 温泉宿』新潮社、1948年8月)。独影自命 1970, pp. 32-53に所収
  77. ^ 「父の名」(文藝 1943年2月-3月号)。小説7 1981, pp. 267-280に所収
  78. ^ 「『浅草紅団』について」(文學界 1951年5月号)。評論5 1982, pp. 137-145、随筆集 2013, pp. 411-423に所収
  79. ^ a b c d e f 鈴木彦次郎「川端君と盛岡」(街もりおか 1968年11月号)。「『新思潮』時代の川端康成」(歴史と人物 1972年7月号)。巖谷大四「解説」(万葉姉妹 1977)、川嶋 1969, pp. 70-72、基底 1979, pp. 165ff.、小谷野 2013, pp. 88ff、森本・上 2014, pp. 90-95
  80. ^ 「川端松太郎宛ての葉書」(大正7年10月31日付)。補巻2・書簡 1984, p. 15に所収
  81. ^ 「川端松太郎宛ての葉書」(大正7年11月2日付)。補巻2・書簡 1984, p. 15に所収
  82. ^ 土屋寛『天城路慕情――「伊豆の踊子」のモデルを訪ねて』(新塔社、1978年11月)。森本・上 2014, pp. 158-161、小谷野 2013, pp. 93-94,100
  83. ^ 川端香男里「川端康成の青春――未発表資料、書簡、読書帳、『新晴』(二十四枚)による―」(文學界 1979年8月号)。森本・上 2014, pp. 158-159
  84. ^ a b c 「第二章 文壇へのデビュー――出世作『伊豆の踊子』」(実録 1992, pp. 52-55)。文学大系 1990に抜粋掲載
  85. ^ 「當用日記」(大正4年3月30日付)。補巻1・日記 1984, pp. 155-156に所収
  86. ^ a b c d e f g 三明永無「川端康成の思い出」(作品研究 1969, pp. 500-508)
  87. ^ 「日記」(大正11年5月1日付)。補巻1・日記 1984, pp. 540-542に所収
  88. ^ 池田虎雄(麗進)「康さん」(向陵〈一高同窓会誌〉 1972年11月号)。基底 1979各所
  89. ^ 「川端康成と心霊学」(国語と国文学 1970年5月号)。基底 1979, pp. 294-335に所収
  90. ^ 「日記」(大正12年1月1日付)。補巻1・日記 1984, p. 571に所収
  91. ^ a b c 「川端康成」(東光 2005, pp. 86-97)。板垣 1969, pp. 51-52
  92. ^ 「青春を語る―よき師、よき友に恵まれて―」(長谷川泉との対談)(『川端康成集〈現代日本の文学16〉』月報4 学習研究社、1969年11月)。愛と美 1978, pp. 193-210に所収
  93. ^ a b 「ちよ」(校友会雑誌 1919年6月18日・第277号)。小説21 1980, pp. 9-26、初恋小説 2016, pp. 289-309、怪談傑作選 2006, pp. 41-59に所収
  94. ^ a b 「処女作の祟り」(文藝春秋 1927年5月号)。小説1 1981, pp. 187-192、掌の小説 2011, pp. 219-225に所収
  95. ^ a b c d 今東光「本当の自殺をした男」(文藝春秋 1972年6月号)。進藤 1976基底 1979各所
  96. ^ a b c d 菊池一夫『川端康成の許婚者 伊藤初代の生涯』(江刺文化懇話会、1991年2月)。『エランの窓 伊藤初代の生涯続編』(江刺文化懇話会、1993年2月)。森本・上 2014, pp. 47ff.
  97. ^ a b 「第十六章 川端康成の恋」(文壇史 & 2010-07, pp. 85-126)
  98. ^ a b 椿八郎「“カフェ下宿”事件など」(新信州 1963年1月号)。のち「大学予科生」と改題し、『鼠の王様』(東峰書房、1969年6月)に所収。「『南方の火』のころ」(楽味 1972年6月-10月号)。『「南方の火」のころ』(東峰書房、1977年6月)に所収。基底 1979, pp. 166ff.
  99. ^ a b 田村嘉勝「『伊豆の踊子』論―踊子・薫の二面性をめぐって―」(福島大学国語国文会 言文 第23号、1975年11月)。「伝記的事実の信頼性について―菊池一夫著『川端康成の許嫁者・伊藤初代の生涯』を読んで―」(解釈 1992年1月号)。基底 1979, pp. 168ff.、森本・上 2014, pp. 47ff.
  100. ^ 菅野謙『川端康成と岩谷堂』(江刺文化懇話会、1972年12月)。基底 1979, pp. 168ff.
  101. ^ a b c d e f g 「川端さんのこと」(梓・続 1974, pp. 115-127)
  102. ^ 「川端康成・愛の体験」(愛知教育大学国語国文学報 第29号、1976年3月)。基底 1979, pp. 163-185に所収
  103. ^ 「南方の火」(第6次新思潮 1923年8月・創刊号)。小説21 1980, pp. 65-76、初恋小説 2016, pp. 15-26に所収
  104. ^ 「第一章 死の影のもとに――〈魔界〉の淵源 第六節 運命のひと 伊藤初代」(森本・上 2014, pp. 47-55)
  105. ^ 長谷川泉「『南方の火』の写真」(向陵 1972年11月号)。基底 1979, p. 190
  106. ^ 「篝火」(新小説 1924年3月号)。小説2 1980, pp. 83-104、初恋小説 2016, pp. 100-123、作家の自伝 1994に所収
  107. ^ a b c d 「南方の火」(『川端康成全集第2巻 温泉宿』新潮社、1948年8月)。浅草紅団2巻 1970小説2 1980, pp. 493-544、初恋小説 2016, pp. 35-99に所収
  108. ^ a b 「愛の体験・第二部」(鶴見大学紀要 第15号、1978年3月)。基底 1979, pp. 186-226に所収
  109. ^ 「第一部第七章 恋愛」(進藤 1976, pp. 96-110)
  110. ^ a b 「横光利一弔辞」(人間 1948年2月号)。雑纂1 1982, pp. 48-50、一草一花 1991, pp. 163-166、随筆集 2013, pp. 196-199に所収
  111. ^ 「非常」(文藝春秋 1924年12月号)。小説2 1980, pp. 127-152、非常 2015, pp. 27-58、初恋小説 2016, pp. 142-170に所収
  112. ^ 「彼女の盛装」(新小説 1926年9月号)。小説21 1980, pp. 163-196、初恋小説 2016, pp. 235-274に所収
  113. ^ 今日出海「川端さんとの五十年」(新潮臨時増刊 川端康成読本 1972年6月号)。進藤 1976, pp. 115-116に抜粋掲載
  114. ^ a b c 「あとがき」(『川端康成全集第3巻 浅草紅団』新潮社、1948年10月)。独影自命 1970, pp. 54-75に所収
  115. ^ 「暴力団の一夜」(のち「霰」と改題)(太陽 1927年5月号)。小説2 1980, pp. 471-492、初恋小説 2016, pp. 197-221に所収
  116. ^ 「日記」(大正12年11月20日付)。補巻1・日記 1984, p. 587に所収
  117. ^ a b 「第一章 死の影のもとに――〈魔界〉の淵源 第七節 喪われた物語『篝火』」(森本・上 2014, pp. 56-88)
  118. ^ a b c 「『川端康成』編 解説」(作家の自伝 1994, pp. 319-325)
  119. ^ a b c 「愛の体験・第三部」(鶴見大学紀要 第15号、1978年3月)。基底 1979, pp. 227-274に所収
  120. ^ 森晴雄「川端康成『父の十年』―『旅心の美しさ』と『明るい喜び』―」(雲 2012年12月-2013年3月号)。森本・上 2014, p. 298
  121. ^ 「感謝――私の得た最初の原稿料」(文章倶楽部 1925年1月号)。評論5 1982, p. 10に所収
  122. ^ 「創作月評」(時事新報 1922年2月号)。評論2 1982, pp. 7-13に所収
  123. ^ 「新春創作評 犬養健氏の三作」(新潮 1923年2月号)。評論2 1982, pp. 14-21に所収
  124. ^ 「日記」(大正13年3月30日付)。補巻1・日記 1984, pp. 587-588に所収
  125. ^ 「犬養健氏」〈のち「犬養健」と改題〉(文藝春秋 1928年11月号)。評論1 1982, pp. 218-219に所収
  126. ^ a b c 「芥川龍之介氏と吉原」(サンデー毎日 1929年1月13日号)。評論1 1982, pp. 232-235に所収
  127. ^ a b 「大火見物」(文藝春秋 1923年11月号)。随筆1 1982, pp. 7-10、作家の自伝 1994に所収
  128. ^ a b c d 「あとがき」(『川端康成全集第12巻 虹いくたび』新潮社、1951年4月)。独影自命 1970, pp. 218-236に所収
  129. ^ a b 「五月の手帖」(新潮 1929年5月号)。随筆1 1982, pp. 207-214に所収。論考 1991, pp. 6,70-71
  130. ^ 「『文藝時代』創刊の辞――〈新しき生活と新しき文藝〉」(文藝時代 1924年10月・創刊号)。評論4 1982, pp. 410-414に所収
  131. ^ a b c d e 「あとがき」(『川端康成全集第9巻 母の初恋』新潮社、1950年3月)。独影自命 1970, pp. 173-193に所収
  132. ^ 佐々木味津三宛ての書簡」(大正13年8月15日付)。補巻2・書簡 1984, pp. 51-53に所収
  133. ^ 菅忠雄「川端康成宛ての書簡」(大正13年8月22日付)。補巻2・書簡 1984, p. 85に所収
  134. ^ 今東光「文藝春秋の無礼」(新潮 1924年12月号)。文壇史 2010, pp. 81-82に抜粋掲載
  135. ^ 今東光「ユダの揚言」(新潮 1925年2月号)。文壇史 2010, p. 83に抜粋掲載
  136. ^ 「第二部第一章 『文藝時代』廃刊」(進藤 1976, pp. 225-239)
  137. ^ 「第十五章 菊池寛『文藝春秋』を創刊」(文壇史 2010, pp. 44-84)
  138. ^ 「新感覚時代――国語との血戦」(アルバム横光 1994, pp. 36-47)
  139. ^ 千葉亀雄「新感覚派の誕生」(世紀 1924年11月号)。アルバム横光 1994, p. 38
  140. ^ a b 「第一編 評伝・川端康成――出発」(板垣 1969, pp. 50-72)
  141. ^ 「掌篇小説の流行」(文藝春秋 1926年1月号)。評論2 1982, pp. 230-234に所収
  142. ^ 「あとがき」(『川端康成選集第6巻 父母への手紙』改造社、1938年8月)。太陽 2009, p. 141
  143. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「第一章 出会い」(秀子 1983, pp. 5-44)
  144. ^ 「第一年」(新潮 1925年12月号)。評論5 1982, p. 15に所収
  145. ^ 「第一部第十章 『文藝時代』創刊」(進藤 1976, pp. 138-151)
  146. ^ 栗坪良樹「作家案内―川端康成」(紅団・祭 1996, pp. 290-303)
  147. ^ a b c d 「あとがき」(『川端康成全集第5巻 虹』新潮社、1949年3月)。独影自命 1970, pp. 101-128に所収
  148. ^ 「あとがき」(『川端康成全集第6巻 雪国』新潮社、1949年6月)。独影自命 1970, pp. 129-147に所収
  149. ^ a b 林房雄「文学的回想」(新潮 1953年10月-1954年12月号)。『文学的回想』(新潮社、1955年2月)、『林房雄評論集2 文学的回想』(浪曼、1973年)。板垣 1969, p. 70、進藤 1976
  150. ^ a b 梶井基次郎外村繁宛ての書簡」(昭和2年1月1日付)。梶井3巻 1966, pp. 197-199に所収。独影自命 1970, pp. 112-113に抜粋掲載
  151. ^ a b 「湯ヶ島の日々」(アルバム梶井 1985, pp. 65-83)
  152. ^ a b c d 「『伊豆の踊子』の装幀その他」(文藝時代 1927年5月号)。評論5 1982, pp. 29-42、作家の自伝 1994に所収
  153. ^ 梶井基次郎「淀野隆三宛ての書簡」(昭和2年3月7日付)。梶井3巻 1966, pp. 243-245に所収。独影自命 1970, pp. 117-118に抜粋掲載
  154. ^ a b 梶井基次郎「淀野隆三宛ての書簡」(昭和2年1月4日付)。梶井3巻 1966, pp. 203-207に所収。独影自命 1970, pp. 113-114に抜粋掲載
  155. ^ a b 「四つの机」(読売新聞 1940年7月2日号)。随筆2 1982, pp. 288-289、作家の自伝 1994に所収
  156. ^ a b c d e f g 「熱海と盗難」(サンデー毎日 1928年2月5日号)。随筆1 1982, pp. 140-148、作家の自伝 1994に所収
  157. ^ 「嘘と逆」(文學時代 1929年12月号)。評論5 1982, pp. 60-63、作家の自伝 1994に所収
  158. ^ 梶井基次郎「仲町貞子宛ての書簡」(昭和3年3月20日付)梶井3巻 1966, pp. 335-337に所収。独影自命 1970, p. 224に抜粋掲載
  159. ^ 梶井基次郎「川端秀子宛ての書簡」(昭和3年2月15日付)。梶井3巻 1966, pp. 329-332に所収。独影自命 1970, p. 226に抜粋掲載
  160. ^ 「村山知義氏と熱海」(サンデー毎日 1928年11月25日号)。随筆1 1982, pp. 170-174、作家の自伝 1994に所収
  161. ^ 「上野桜木町へ」(文學時代 1929年11月号)。随筆1 1982, pp. 306-309、作家の自伝 1994に所収
  162. ^ 望月優子「浅草の川端先生」(『生きて愛して演技して〈人間の記録双書〉』平凡社、1957年。ほるぷ総連合、1980年5月)。小谷野 2013, pp. 201ff,607
  163. ^ 「第二部第四章 浅草」(進藤 1976, pp. 269-281)
  164. ^ 「文芸張雑 文学上の左翼」(近代生活 1929年10月号)。評論2 1982, pp. 369-372に所収
  165. ^ a b c 「第二章 愛犬秘話」(秀子 1983, pp. 45-74)
  166. ^ 「三月文壇の一印象」(新潮 1933年4月号)。評論3 1982, pp. 75-86に所収
  167. ^ 「第二部第七章 昭和八年」(進藤 1976, pp. 311-324)
  168. ^ 「第二部第六章 一つの整理期」(進藤 1976, pp. 296-310)
  169. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「第三章 千客万来の日々――満州行」(秀子 1983, pp. 75-156)
  170. ^ a b c d e 「第十一章 自裁への道――〈魔界〉の果て 第六節 昭和四十七年四月十六日」(森本・下 2014, pp. 579-582)
  171. ^ 「第五章 ひとつの断層―みち子像の変貌と『禽獣』の周辺―」(川嶋 1969, pp. 158-199)
  172. ^ 川端香男里「略年譜」(アルバム川端 1984, pp. 104-108)
  173. ^ 伊藤整「解説」(『現代日本小説大系第43巻』河出書房、1950年8月)。進藤 1976, p. 328
  174. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「永遠の旅人――川端康成氏の人と作品」(別冊文藝春秋 1956年4月・51号)。三島29巻 2003, pp. 204-217に所収
  175. ^ a b c 「川端康成の東洋と西洋」(國文學 解釈と鑑賞 1957年2月号)。三島29巻 2003, pp. 485-490に所収
  176. ^ 「純文学の精神」(東京日日新聞 1933年7月7日、7月11日-12日号)。評論3 1982, pp. 134-138に所収
  177. ^ 「文芸復興とは」(報知新聞 1934年1月1日、1月3日-5日号)。評論3 1982, pp. 153-158に所収
  178. ^ 「新人待望」(文芸通信 1934年1月号)。評論3 1982, pp. 151-152に所収
  179. ^ a b c 「末期の眼」(文藝 1933年12月号)。随筆2 1982, pp. 13-26、一草一花 1991, pp. 99-118、随筆集 2013, pp. 8-26に所収
  180. ^ 高橋有恒「『雪国』のモデル考――越後湯沢のおける川端康成」(人間復興 1972年秋季号・11月号)。進藤 1976, pp. 354ffに抜粋掲載
  181. ^ 福田清人「川端康成」(『十五人の作家との対話』中央公論社、1955年2月)。板垣 1969, p. 93
  182. ^ a b c 「文芸時評 中島直人氏」(読売新聞 1934年2月1日号)。のち「小説一家言――新進作家」として『小説の研究』(第一書房、1936年8月)所収。評論3 1982, pp. 174-182に所収
  183. ^ a b c d 「『いのちの初夜』推薦」(文學界 1936年2月号)。評論1 1982, pp. 368-371、随筆集 2013, pp. 212-215に所収
  184. ^ 「文芸時評 『純粋小説論』の反響」(文藝春秋 1935年6月号)、「『純粋小説』と通俗小説」〈のち「『純粋小説論』の反響――二」〉(新潮 1935年7月号)。評論3 1982, pp. 304-326に所収
  185. ^ 林房雄「川端康成宛ての書簡」(昭和10年10月22日付)。補巻2・書簡 1984, pp. 207-208に所収
  186. ^ 林房雄「川端康成宛ての葉書」(昭和10年11月2日、3日付)。補巻2・書簡 1984, pp. 208-209に所収
  187. ^ 林房雄「川端さんの家」(『川端康成全集第9巻 舞姫』月報 新潮社、1960年4月)
  188. ^ 「文芸時評 佐左木俊郎氏」(新潮 1933年6月号)。のち「作家と作品――佐左木俊郎」として『小説の研究』(第一書房、1936年8月)所収。評論3 1982, pp. 99-113に所収
  189. ^ 「文芸時評」(文藝春秋 1935年7月号)。評論3 1982, pp. 327-332に所収。
  190. ^ 横光利一「覚書」(1936年1月)。『覚書』(金星堂、1940年6月)所収。文芸読本 1984, pp. 146-147に所収
  191. ^ 「軽井沢だより」(文學界 1936年10月号)。随筆2 1982, pp. 132-138、作家の自伝 1994に所収
  192. ^ 「略年譜」(アルバム堀 1984, pp. 104-108)
  193. ^ 「秋風高原――落花流水」(風景 1962年11月-1964年12月号に断続連載)。『落花流水』(新潮社、1966年5月)、随筆3 1982, pp. 224-265、随筆集 2013, pp. 129-187に所収
  194. ^ a b c 「あとがき」(『川端康成全集第8巻 牧歌』新潮社、1949年12月)。独影自命 1970, pp. 151-172に所収
  195. ^ 「文芸時評 豊田正子」(東京朝日新聞 1938年11月3日号)。評論3 1982, pp. 465-475に所収
  196. ^ a b 「文芸時評 徳田、正宗氏の作品」(読売新聞 1933年7月1日号)。評論3 1982, pp. 114-123に所収
  197. ^ 「文芸時評 懸賞入選作品」(改造 1934年2月号)。評論3 1982, pp. 159-173に所収
  198. ^ 秋山ちえ子『大晦日のローストビーフ――23の物語』(文化出版局、1976年7月)。小谷野 2013, pp. 305ff,592
  199. ^ 「第三部第二章 敗戦」(進藤 1976, pp. 413-427)
  200. ^ 「文芸時評 わが愛の記」(改造 1941年3月号)。評論3 1982, pp. 521-552に所収
  201. ^ a b c d e f g 「敗戦のころ」(新潮 1955年8月号)。随筆3 1982, pp. 7-9、作家の自伝 1994に所収
  202. ^ 座談会「川端康成氏を囲んで」(川端康成、檀一雄田中総一郎、緑川貢、北村謙二郎、筒井俊一、古長敏明、劉爵青)(満州日日新聞 1941年4月13、15、16、18日号)。板垣 1969
  203. ^ 「満州国の文学」(藝文 1944年7月号)。評論4 1982, pp. 616-625に所収
  204. ^ a b c d e f 「第一編 評伝・川端康成――回帰」(板垣 1969, pp. 97-112)
  205. ^ 秀子 1983, p. 144
  206. ^ a b 李聖傑 2010, p. 108
  207. ^ a b c d e 「哀愁」(社会 1947年10月号)。『哀愁』(細川書店、1949年12月)、随筆2 1982, pp. 388-396、随筆集 2013, pp. 430-441に所収
  208. ^ 「東海道」(満州日日新聞 1943年7月20日-10月31日号)。小説23 1981, pp. 361-472に所収。小谷野 2013, pp. 331-332に抜粋掲載
  209. ^ 「片岡鉄兵の死」(新文學 1945年3月号)。評論1 1982, pp. 211-217、随筆集 2013, pp. 188-195に所収
  210. ^ 李聖傑 2014, p. 66
  211. ^ 秀子 1983, p. 178
  212. ^ 随筆2 1982, pp. 378-379
  213. ^ (文藝春秋 1944年6月號)p.45
  214. ^ a b c d 高戸 1994, pp. 219-220。森本・上 2014, pp. 529-530
  215. ^ 「第三章 作家的声名の確立――特攻隊への鎮魂」(実録 1992, pp. 153-156)。文学大系 1990に抜粋掲載
  216. ^ a b 山岡荘八「最後の従軍」(朝日新聞 1962年8月6日-10号)。森本・上 2014, pp. 530-534、小谷野 2013, p. 344に抜粋掲載
  217. ^ 「生命の樹」(婦人文庫 1946年7月号)。小説7 1981, pp. 333-364、反橋 1992, pp. 105-142に所収
  218. ^ 山根 1979, p. 239
  219. ^ a b 高見順「敗戦日記」(昭和20年5月22日付)。『敗戦日記』(文藝春秋新社、1959年4月。文春文庫、1981年8月、中公文庫、2005年7月)。進藤 1976, pp. 428ffに抜粋掲載
  220. ^ a b 杉山 1972, p. 194
  221. ^ a b c d 「第五章 鎌倉文庫」(秀子 1983, pp. 173-196)
  222. ^ クックス 1971, pp. 179-181
  223. ^ a b 「島木健作追悼」(新潮 1945年11月号)。雑纂1 1982, pp. 43-44に所収
  224. ^ 「武田麟太郎と島木健作」(人間 1946年5月号)。評論1 1982, pp. 490-517に所収
  225. ^ 私の遍歴時代」(東京新聞夕刊 1963年1月10日 - 5月23日号)。三島32巻 2003, pp. 271-323に所収
  226. ^ 「IV 川端康成と三島由紀夫」(越次 1983, pp. 173-199)
  227. ^ a b c 「三島由紀夫」(新潮 1971年1月号)。評論1 1982, pp. 615-619、一草一花 1991, pp. 215-218、随筆集 2013, pp. 253-256に所収
  228. ^ a b c d 川端秀子「続・川端康成の思い出(二)」(補巻2・書簡 1984月報)
  229. ^ 「十五年戦争下の川端康成」(社会文学 1991年7月号)。論考 1991, pp. 601-615に所収
  230. ^ 「川端康成文学の魅力」(国文学 解釈と鑑賞 1991年9月号)。論考 1991, pp. 679-688に所収
  231. ^ 山口瞳「隣人・川端康成」(『小説・吉野秀雄先生』文藝春秋、1969年。文春文庫、1977年10月)。小谷野 2013, pp. 357-358,608
  232. ^ 山口正介『江分利満家の崩壊』(新潮社、2012年10月)。小谷野 2013, pp. 360-361
  233. ^ 『川端康成コレクション 伝統とモダニズム』(展覧会図録)、東京ステーションギャラリー、2016
  234. ^ a b c d e 『日本ペンクラブ三十年史』(社団法人日本ペンクラブ、1967年3月)。遠藤周作『日本ペンクラブ五十年史』(社団法人日本ペンクラブ、1987年11月)。進藤 1976, pp. 433ff、森本・上 2014, pp. 679-684
  235. ^ 「判決の日」〈のち「東京裁判判決の日」と改題〉(社会 1949年1月号)。随筆2 1982, pp. 402-407、随筆集 2013, pp. 442-449に所収
  236. ^ a b c 「あとがき」(『川端康成全集第10巻 花のワルツ』新潮社、1950年5月)。独影自命 1970, pp. 194-195に所収
  237. ^ a b 「天授の子」(文學界 1950年2月号)。小説23 1981, pp. 545-602、作家の自伝 1994に所収
  238. ^ 「『ただ一つの日本の笛』を吹く」(アルバム川端 1984, pp. 65-73)
  239. ^ a b 「川端秀子宛ての書簡」(1950年4月26日、27日付)。補巻2・書簡 1984, pp. 531-534に所収
  240. ^ 「新日本名所案内62 水郷」(週刊朝日 1965年7月2日号)。随筆3 1982, pp. 270-277、初恋小説 2016, pp. 275-288に所収。永遠の少女 2014, p. 124に抜粋掲載
  241. ^ a b c d e 「あとがき」(『川端康成全集第15巻 千羽鶴山の音』新潮社、1953年2月)。独影自命 1970, pp. 258-273に所収
  242. ^ (朝日新聞夕刊 1952年3月26日号・2面)
  243. ^ a b 高田力蔵「川端さん、久重への旅」(研究1 1985, pp. 87-98)
  244. ^ 「九州の旅から」(芸術新潮 1953年8月号)。雑纂2 1983に所収
  245. ^ a b c d 「略年譜」(三島往復書簡 2000, pp. 240-254)
  246. ^ 川端康成「あとがき」(『再婚者』三笠書房、1953年2月)。評論5 1982, p. 650
  247. ^ 巖谷大四「懐しき文士たち 戦後篇」(文春文庫)
  248. ^ 長谷川泉・武田勝彦『川端文学――海外の評価』(早稲田大学出版部、1969年4月)。進藤 1976, pp. 466-467に抜粋掲載
  249. ^ 「川端文学とノーベル賞――盈虚の美学の微茫な接点」(論考 1991, pp. 24-57)
  250. ^ 「川端康成氏の欧州旅行から」グラビア(新潮 1957年8月号)。太陽 2009, p. 153
  251. ^ 小松清「川端・モーリヤック会見記」(新潮 1957年9月号)。小谷野 2013, pp. 447-448,598
  252. ^ 伊藤整「三十歳を迎えるペンクラブ」。進藤 1976, p. 458
  253. ^ 「雨のち晴――国際ペン大会を終つて」(朝日新聞 1957年9月10日号)。雑纂1 1982, pp. 27-29、作家の自伝 1994に所収
  254. ^ 藤田圭雄『ハワイの虹』(晩成書房、1978年9月)。「日記の中の川端さん」(研究1 1985, pp. 99-114)
  255. ^ a b c 「第七章 美への耽溺―『千羽鶴』から『眠れる美女』まで―」(川嶋 1969, pp. 243-284)
  256. ^ 「第三部第六章 晩年」(進藤 1976, pp. 468-483)
  257. ^ a b 三島由紀夫「川端康成宛ての書簡」(昭和36年5月30日付)。三島往復書簡 2000, pp. 150-151、三島38巻 2004, p. 294。「1961年度ノーベル文学賞に川端康成氏を推薦する」(三島往復書簡 2000, pp. 238-239)
  258. ^ a b 川端康成 ノーベル賞選考で新資料(2013年3月10日時点のアーカイブ) - NHK「かぶん」ブログ・NHK科学文化部、2012年9月4日。
  259. ^ a b 三島由紀夫、ノーベル文学賞最終候補だった 63年日本経済新聞 2014年1月3日号)
  260. ^ a b 「三島ノーベル賞目前だった」(読売新聞 2014年1月4日号)
  261. ^ ノーベル文学賞の65年選考 川端が「日本人で最有力」(日本経済新聞 2016年1月5日号)
  262. ^ 記者が見た ノーベル文学賞秘話(NHK NEWS WEB 2018年10月10日 19時20分)
  263. ^ a b c 「あとがき」(『古都』新潮社、1962年6月。文庫版『古都』新潮文庫、1968年8月。改版2010年)
  264. ^ 西河克己『「伊豆の踊子」物語』(フィルムアート社、1994年7月)。小谷野 2013, pp. 495-496
  265. ^ 「一草一花――『伊豆の踊子』の作者」(風景 1967年5月-1968年11月号)。独影自命 1970, pp. 355-409、評論5 1982, pp. 207-264、一草一花 1991, pp. 283-350、随筆集 2013, pp. 325-403に所収
  266. ^ 三島由紀夫、川端康成、安部公房石川淳「文化大革命に関する声明」(東京新聞 1967年3月1日号)。三島36巻 2003, p. 505に所収
  267. ^ 三島由紀夫、川端康成、安部公房、石川淳「われわれはなぜ声明を出したのか――芸術は政治の道具か?」(中央公論 1967年5月号)。中央公論特別編集『三島由紀夫と戦後』(中央公論新社、2010年10月)に所収
  268. ^ a b 「第四章 川端家の人びと」(秀子 1983, pp. 157-172)
  269. ^ 川端香男里「父 川端康成のこと」(新潮臨時増刊 川端康成読本1972年6月号)。基底 1979, p. 54、森本・下 2014, pp. 492-493
  270. ^ a b 「第三部第七章 ノーベル賞受賞」(進藤 1976, pp. 484-499)
  271. ^ 「第9章 抱擁する『魔界』――たんぽぽ」(富岡 2015, pp. 199-224)
  272. ^ 川端康成 ノーベル文学賞受賞2年前の選考で高評価(NHK News Web、2017年1月3日)
  273. ^ 「川端康成氏にノーベル文学賞」(毎日新聞 1968年10月18日号)。三枝 & 1961-01に抜粋掲載
  274. ^ 「かなたへの疾走」(アルバム三島 1983, pp. 80-96)
  275. ^ a b ノーベル文学賞 明らかになる“秘話””. NHK News Web (2015年3月31日). 2015年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月1日閲覧。
  276. ^ 特別番組 川端康成氏を囲んで――NHK名作選(動画・静止画)NHKアーカイブス
  277. ^ 「年譜」(昭和43年10月18日)(三島42巻 2005, p. 301)
  278. ^ a b 平山三男「作家案内―川端康成:戦後川端文学の意味――分裂する二つの時計」(再婚者 1994
  279. ^ 「秋の野に」(新潮 1968年12月号)。随筆3 1982, pp. 335-339、作家の自伝 1994随筆集 2013, pp. 450-456に所収
  280. ^ a b c 「夕日野」(新潮 1969年1月号)。随筆3 1982, pp. 363-367、作家の自伝 1994随筆集 2013, pp. 457-463に所収
  281. ^ a b c d e f 北條誠『川端康成・心の遍歴』(二見書房、1969年。改訂版1972年4月)。進藤 1976
  282. ^ 「第四章 戦後の名作と社会的活動――日本の心を語る」(実録 1992, pp. 215-220)
  283. ^ 「キスリングの少女」(独影自命 1970口絵解説)。随筆3 1982, pp. 476-489に所収
  284. ^ 「茨木市で」(『新潮日本文学15 川端康成集』月報 新潮社、1968年12月)。随筆3 1982, pp. 342-344に所収
  285. ^ 伊吹 1997
  286. ^ 「伊藤整」(新潮 1970年1月号)。評論1 1982, pp. 635-644、一草一花 1991, pp. 205-214に所収
  287. ^ 『中日新聞』1970年6月1日付朝刊、中日サンデー版、17面。
  288. ^ 川端香男里・東山すみ『川端康成と東山魁夷――響きあう美の世界』(求龍堂、2006年9月)
  289. ^ a b c d e f g h i j 「エピローグ 三十五年後の『事故のてんまつ』――虚実と『縫子』をめぐる人びと」(森本・下 2014, pp. 699-771)
  290. ^ 木藤明「『事故のてんまつ』その後」(部落解放 1977年11月号)。森本・下 2014, pp. 738-739
  291. ^ 竹西寛子「『母』なるものへの旅心」(反橋 1992, pp. 255-262)
  292. ^ 川端香男里「あとがき」(『竹の声桃の花』新潮社、1973年1月)。森本・下 2014, p. 564
  293. ^ 水原園博「二つの歌碑―展覧化プロデュースの軌跡―」(川端香男里・東山すみ『川端康成と東山魁夷――響きあう美の世界』求龍堂、2006年9月)
  294. ^ a b c d e f 平山三男・水原園博「川端康成コレクションのすべて 東山魁夷と川端康成、魂の交流」(太陽 2009, pp. 50-53)
  295. ^ a b 「夢 幻の如くなり」(文藝春秋 1972年2月・創刊50年記念号)。随筆3 1982, pp. 534-542、作家の自伝 1994に所収
  296. ^ 吉野壮児「『眼』の記憶」(湘南文学 特集・川端康成と鎌倉、1992年春)。小谷野 2013, p. 567
  297. ^ 川端香男里「手記 わが父 川端康成」(現代 1972年7月号)。森本・下 2014, pp. 579-580
  298. ^ 川端秀子「夫・川端康成の生と死」(現代 1977年11月号)。森本・下 2014, pp. 582-583
  299. ^ 「終章 虚空に處はしたまへ」(富岡 2015, pp. 225-242)
  300. ^ a b 「第六章 終章」(秀子 1983, pp. 197-209)
  301. ^ 高田博厚「死面(デス・マスク)をとる」(新潮臨時増刊 川端康成読本1972年6月号)。小谷野 2013, p. 574,601
  302. ^ 今東光「小説・川端康成」(オール読物 1972年7月号)。進藤 1976, pp. 502-503に抜粋掲載
  303. ^ a b 永遠の少女 2014, pp. 122-124
  304. ^ 「出世作『伊豆の踊子』の慕情」(愛と美 1978, pp. 39-98)
  305. ^ 川端康成文学碑(大阪市公式サイト 2015年3月9日に閲覧)
  306. ^ a b 川俣従道『川端康成と信州』(あすか書房、1996年11月)。小谷野 2013, pp. 571-572
  307. ^ a b 「『伊豆の踊子』と新文学碑」(図書新聞 1981年5月23日号)。論考 1991, pp. 672-674に所収
  308. ^ 「川端文学に触れて…『篝火の像』岐阜市に建立へ」(岐阜新聞 2009年9月29日号)
  309. ^ a b 「川端康成 初恋の手紙発見」(読売新聞 2014年7月9日号・22面)
  310. ^ 川端康成が恋人に宛てた手紙見つかる”. NHK「かぶん」ブログ(NHK科学文化部) (2014年7月8日). 2016年3月11日閲覧。
  311. ^ 恋文 2014, pp. 110-121
  312. ^ 「川端康成 初恋の頃」(初恋小説 2016冒頭)
  313. ^ 竹西寛子「川端康成 人と作品」(踊子・新潮 2003, pp. 179-187)
  314. ^ a b 「第二部第二章 昭和文壇」(進藤 1976, pp. 240-255)
  315. ^ a b c d e 伊藤整「川端康成の芸術」(文藝 1938年2月号)。『私の小説研究』(厚生閣、1939年12月)に所収。「川端康成」(『作家論』筑摩書房、1961年12月)に再編。文芸読本 1984
  316. ^ a b c 「川端康成ベスト・スリー――『山の音』『反橋連作』『禽獣』」(毎日新聞 1955年4月11日号)。三島28巻 2003, pp. 458-460に所収
  317. ^ a b c 中村光夫「川端文学の特質」(『川端康成全集第5巻 雪国』月報1 新潮社、1969年4月)。小説18 1980月報2に再録
  318. ^ a b 中村光夫「『みづうみ』と『眠れる美女』」(『川端康成全集第11巻 みづうみ・眠れる美女』月報12 新潮社、1962年8月)。小説18 1980月報2に再録
  319. ^ a b c d 勝又浩「人と作品――川端文学の源郷」(一草一花 1991, pp. 351-366)
  320. ^ 「パリ安息」(朝日新聞PR版 1964年7月12日号)。随筆3 1982, pp. 207-212、一草一花 1991, pp. 142-148に所収
  321. ^ a b c d 中村光夫「川端康成」(『現代作家論』新潮社、1958年10月)。文芸読本 1984
  322. ^ 「横光利一と川端康成」(『文章講座6』河出書房、1955年2月)。三島28巻 2003, pp. 416-426に所収
  323. ^ a b c d 「現代作家寸描集――川端康成」(風雪 1949年9月号)。三島27巻 2003, p. 216に所収
  324. ^ a b 川端秀子「あの鋭い眼が……――私の夫に就て語る」(文學時代 1929年12月号)。進藤 1976, p. 252
  325. ^ 堀多恵子「川端先生のこと」(『川端康成全集第3巻 禽獣』月報 新潮社、1960年5月)。進藤 1976, p. 251
  326. ^ a b 吉行淳之介「川端康成論断片」(『なんのせいか』大光社、1968年8月)。「川端康成伝」「解説」(『現代日本文学館24』文藝春秋、1966年7月)。文芸読本 1984
  327. ^ a b 平山三男・水原園博「川端康成コレクションのすべて 豊穣の時を迎えて――近代絵画」(太陽 2009, pp. 62-63)
  328. ^ a b 「川端康成印象記」(レポート用紙 1946年1月27日執筆。封筒表に「はじめて川端康成に会ふの記」)。三島26巻 2003, pp. 563-566に所収
  329. ^ 「當用日記」(大正5年1月23日付)。補巻1・日記 1984, p. 288に所収
  330. ^ 室生犀星「推薦文」(『川端康成全集』新潮社、1959年11月)。川嶋 1969, p. 12、小谷野 2013, p. 489
  331. ^ a b 舟橋聖一「川端さんの寛容」(風景 1961年8月号)。太陽 2009, p. 15
  332. ^ 高戸 1994, pp. 233-234
  333. ^ 山岡荘八「最後の従軍」(朝日新聞 1962年8月6日連載第1回目)
  334. ^ 高戸 1994, pp. 235-236
  335. ^ 1945年5月2日附「鹿児島県鹿屋市中名上谷海軍水交社氣附川端康成より神奈川県鎌倉市二階堂三二五川端政子あて
  336. ^ (1945年4月28日附「鹿児島県鹿屋航空基地附ウ四九七川端康成より神奈川県鎌倉市二階堂三二五川端秀子あて」(軍事郵便)
  337. ^ a b 杉山 1979, pp. 190-191
  338. ^ a b 杉山 1972森本・上 2014, pp. 534-538
  339. ^ 杉山 1972, p. 197
  340. ^ 李聖傑 2010, p. 107
  341. ^ 加藤浩 2009, p. 398
  342. ^ 加藤浩 2009, p. 431
  343. ^ 山岡荘八⑤ 1987, p. 548
  344. ^ 山岡荘八⑤ 1987, p. 550
  345. ^ 海軍神雷舞台戦友会編集委員会編・著『海軍神雷部隊 最初の航空特別攻撃隊』(海軍神雷舞台戦友会、1996年3月)
  346. ^ 桑原武夫「川端康成氏との一夕」(文藝春秋、1972年6月号掲載)、『人間素描』(筑摩書房、1976年6月)に所収
  347. ^ 「ディスカバー・ジャパンの衝撃、再び」(Voice 2010年10月号)
  348. ^ 「川端康成氏CM出演の波紋!」(ヤングレディ 1971年7月号)。小谷野 2013, p. 557
  349. ^ a b 川端康成のカラー映像見つかる テレビCM用か(日本経済新聞 2015年2月24日号)
  350. ^ 「三十二 三島の霊と話をしていた川端康成」(岡山 2014, pp. 159-163)
  351. ^ a b c 「特集 おそるべし川端康成コレクション」(芸術新潮 2007年2月号)
  352. ^ 「川端邸 文豪の書画続々」(朝日新聞、2017年1月25日号・朝刊38面)
  353. ^ a b 「反橋」(風雪別冊 1948年10月号)。小説7 1981, pp. 375-386、反橋 1992, pp. 7-20に所収
  354. ^ 「あとがき」〈のち「天の象徴」と改題〉(横光利一『寝園』細川書店、1950年3月)。評論1 1982, pp. 134-148に所収。太陽 2009, pp. 56-57に抜粋掲載
  355. ^ 「解説 横光利一」(『日本の文学37・横光利一』中央公論社、1966年4月)。評論1 1982, pp. 177-192に所収
  356. ^ 「聖徳太子幼像 口絵解説」(『川端康成全集第5巻 雪国』新潮社、1960年6月)。随筆3 1982, pp. 466-475に所収。太陽 2009, pp. 58-59に抜粋掲載
  357. ^ a b 「口絵解説」(『川端康成全集第7巻 女性開眼』新潮社、1949年9月)。太陽 2009, pp. 70-71に抜粋掲載
  358. ^ a b 平山三男・水原園博「川端康成コレクションのすべて 豊穣の時を迎えて――茶道具・うつわ類 美を見出す眼」(太陽 2009, pp. 70-71)
  359. ^ 「凍雲篩雪(浦上玉堂)口絵解説」(『川端康成全集第3巻 禽獣』新潮社、1960年5月)。随筆3 1982, pp. 466-475に所収。太陽 2009, pp. 83-84に抜粋掲載
  360. ^ 「凍雲篩雪(浦上玉堂)口絵解説」(『川端康成全集第7巻 再婚者』新潮社、1970年1月)。随筆3 1982, pp. 476-489に所収。太陽 2009, p. 85に抜粋掲載
  361. ^ 「川端康成、満州を撮る」(太陽 2009, pp. 112-114)
  362. ^ 昭和30年6月22日文化財保護委員会告示第33号
  363. ^ 「新人でゐたい」(諸君! 1972年6月号)。アルバム川端 1984, p. 96
  364. ^ a b c 「川端康成氏に聞く(三島由紀夫と中村光夫との座談会)」(三島由紀夫編『文芸読本 川端康成〈河出ペーパーバックス16〉』河出書房新社、1962年12月)三島39巻 2004, pp. 379-400に所収
  365. ^ 三枝康高「三島由紀夫と川端康成」(解釈と鑑賞 1972年12月号)。三島事典 2000, p. 477
  366. ^ a b c 「時空を超越するもの」(解釈 1972年7月号)。論考 1991, pp. 658-669に所収
  367. ^ 「21 『わが友ヒットラー』」(瀧田 2002, pp. 183-194)
  368. ^ 川端康成「『悲しみの琴』に献辞」(林房雄 & 1972-03序文)。雑纂1 1982, pp. 186-190に所収
  369. ^ 「川端康成の生と死」(林武 1976, pp. 9-16
  370. ^ 臼井吉見『事故のてんまつ』(筑摩書房、1977年6月)。小谷野 2013, pp. 569-583、森本・下 2014, pp. 593ff.
  371. ^ 小谷野敦『私小説のすすめ』(平凡社新書、2009年7月)p.195
  372. ^ 「第十二章 五年後の『事故のてんまつ』 第六節 『事故のてんまつ』の部落差別」(森本・下 2014, pp. 637-679)
  373. ^ a b c d 真田邦子「孤独と向きあって」(太陽 2009, pp. 140-157)
  374. ^ 芹沢光治良『人間の意志』(新潮社、1990年7月)
  375. ^ 「第一部第二章 出生」(進藤 1976
  376. ^ a b c 「川端康成、母の秘密と身替りの母」(国語と国文学 1974年6月号)。基底 1979, pp. 85-112に所収
  377. ^ 「第六章 『住吉』連作――〈魔界〉の門 第七節 痛恨と断念『隅田川』」(森本・上 2014, pp. 770-802)
  378. ^ 川端康成「林房雄宛ての書簡」(昭和14年7月27日付)。小谷野 2013, p. 299
  379. ^ 音声録音『川端康成ハワイ大学講義 源氏物語と自作を語る』(カセットテープ全6巻、藤田圭雄監修・解説、アポロン音楽工業、1987年)がある。
  380. ^ a b 「解題」(雑纂2 1983
  381. ^ a b c d e f g h i 片山倫太郎・田村嘉勝「文豪をめぐる八人の作家たち」(太陽 2009, pp. 115-131)
  382. ^ a b c d e 石濱恒夫「ノーベル紀行」(『追憶の川端康成』文研出版、1973年4月)。進藤 1976各所
  383. ^ 「石濱恒夫宛ての書簡」(昭和25年3月7日付)。補巻2・書簡 1984, p. 363に所収
  384. ^ 梶井基次郎「淀野隆三宛ての書簡」(昭和2年2月1日付)。梶井3巻 1966, pp. 213-215に所収。独影自命 1970, p. 115に抜粋掲載
  385. ^ 「梶井基次郎」(翰林 1934年9月号)。評論1 1982, pp. 321-325、一草一花 1991, pp. 175-177、随筆集 2013, pp. 249-252に所収
  386. ^ 「片岡光枝宛ての書簡」(昭和19年8月9日付)。補巻2・書簡 1984, pp. 78-79に所収
  387. ^ 「手帖 (Pocket Diary)」(大正4年)。補巻1・日記 1984, pp. 254-256に所収
  388. ^ 「當用日記」(大正5年1月24日付)。補巻1・日記 1984, p. 288に所収
  389. ^ 平山三男・水原園博「川端康成コレクションのすべて 美の存在と発見――古賀春江」(太陽 2009, pp. 100-107)
  390. ^ 「文芸時評 窪川氏の『レストラン・洛陽』」(文藝春秋 1929年10月号)。評論2 1982, pp. 353-368に所収
  391. ^ 佐多稲子「川端さんとの縁」(『近代作家追悼文集成 高橋和巳・志賀直哉・川端康成』ゆまに書房、1999年4月)。『白と紫 佐多稲子自選短篇集』(学藝書林、1994年12月)。小谷野 2013, p. 193
  392. ^ 「文芸時評 『無法人』と『万暦赤絵』」(朝日新聞 1933年8月30日号)。評論3 1982, pp. 139-147に所収
  393. ^ 「志賀直哉」(新潮 1971年12月号-1972年3月号)。評論1 1982, pp. 645-668、随筆集 2013, pp. 257-287に所収
  394. ^ 芥川龍之介賞選評第一回昭和十年上半期」(文藝春秋 1935年9月号)。雑纂1 1982, pp. 297-366に所収
  395. ^ a b 太宰治「川端康成へ」(文藝通信 1935年10月号)。太陽 2009, p. 126、小谷野 2013, p. 256に抜粋掲載
  396. ^ a b 「太宰治氏へ 芥川賞に就いて」(文藝通信 1935年11月号)。評論3 1982, pp. 352-354に所収
  397. ^ 太宰治「川端康成宛ての書簡」(昭和11年6月29日付)。『太宰治全集第12巻 書簡』(筑摩書房、1999年4月)に所収。太陽 2009, p. 126に抜粋掲載
  398. ^ 「芥川賞予選記」(文學界 1936年9月号)。評論3 1982, pp. 435-443に所収
  399. ^ 「日記」(大正12年1月6日付)。補巻1・日記 1984, pp. 575-576に所収
  400. ^ a b 「第二部第十二章 『童謡』」(進藤 1976, pp. 383-395)
  401. ^ 「追悼記序」(文學界 1938年2月号)。評論1 1982, pp. 384-387に所収
  402. ^ 「序」(三島由紀夫『盗賊』真光社、1948年)。雑纂1 1982, p. 126に所収
  403. ^ 「三島由紀夫宛ての書簡」(昭和37年4月17日付)。三島往復書簡 2000, p. 153、補巻2・書簡 1984, p. 349に所収
  404. ^ 村松剛「三島の死と川端康成」(新潮 1990年12月号)。「I 三島由紀夫――その死をめぐって 三島の死と川端康成」として村松・西欧 & 1994-02, pp. 9-29に所収
  405. ^ a b 川端香男里・佐伯彰一の対談「恐るべき計画家・三島由紀夫―魂の対話を読み解く」(三島往復書簡 2000, pp. 205-237後記)
  406. ^ 「横光利一文学碑」(1959年12月)。評論1 1982, pp. 168-170、独影自命 1970, pp. 319-321に所収
  407. ^ a b 淀野隆『二人だけの「愛・宇宙」六十兆個のバラード』(近代文藝社、2010年12月)。小谷野 2013, pp. 382,442,470,534






川端康成と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「川端康成」の関連用語

川端康成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



川端康成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川端康成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS