田中角栄 エピソード

田中角栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 05:38 UTC 版)

エピソード

  • 田中は初出馬の時、大麻唯男から300万(現在の価値で15億)もの資金調達を頼まれ、それを用意した。以後、大麻は田中に頭が上がらなくなり、次回の選挙のとき公認した。
  • 田中派の一回生議員が美人局に遭い、解決のために多額の金銭が必要となってしまった。様々なツテを頼ったがどうしても100万円(現在の価値では3倍以上)足りない。選挙を終えたばかりで借金もあった議員は万策尽き、田中の事務所に電話をかけて借金の申し込みをした。事情を聞いた田中から「分かった。すぐに金を用意するから取りに来るように」と言われ、急いで事務所に向かうと、田中本人は急用で外出しており、議員は留守番の秘書から大きな書類袋を受け取った。その中身を確認すると300万円が入っており、同封されたメモには以下のように書かれていた。「トラブルは必ず解決しろ。以下のように行動しなさい。1. 100万円を使ってトラブルを解決すること。2. 100万円を使って世話になった人に飯を奢る乃至、必ず御礼をすること。3. 残りの100万円は万一のトラブルの為に取って置くように。以上これらの金は全て返却は無用である」その議員は感涙し、後々まで田中への忠誠を守り通した。
  • 派閥が違う上に田中とほとんど面識のない議員が資金繰りに窮し、田中の事務所に来て300万円の借金を申し込んだ。田中は、わざわざ派閥の違う自分にまで助けを求めねばならないほど追い詰められている相手の窮状を察し、その日のうちに金を用意し、「困ったときはお互い様だ。この金は返さなくていい。俺が困ったとき頼む」と言って、その議員に紙袋を渡した。後でその議員が紙袋の中を確認すると、申し込んだ額よりも多い500万円が入っていた。実は、その議員は田中に遠慮し金額を300万円としていたものの、実際には500万円が必要な状況であり、彼は田中の機転によって窮地を脱することができた。その議員は感涙し、田中に忠誠を誓った。
  • 中尾栄一は中曽根派に属していたが、派閥の頭領である中曽根は時々軍資金を渡す際にいつも『政治家はかくあるべし』という類の説教をしてなかなか現金入りの封筒を渡さないが、田中は「中尾君まあ頑張れ」と一言だけ言って中曽根が渡した10倍もの現金を包んだ新聞紙を差し出してきたと語った。なお、中尾が入院した際に見舞いに来た福田が枕元に現金が入っているであろう風呂敷包みを置こうとしたので、(ジェスチャーとして)「昔はいろいろ苦労をしたこともありますが…」と中尾が言うと、福田は「ほっほー、そうかい」と言って、包みを持って帰った[123]
  • 福田派の福家俊一が入院した時、いち早く見舞いに訪れ、分厚い袋に500万もの金を入れて足元に忍ばせた。その後4回ほど田中は見舞いに訪れたが、その度に500万を忍ばせていたという。福家は以後、田中の批判をしなくなった。
  • お金を渡すときは細心の注意を払い、相手によってプライドをくすぐり、あるいはプライドを逆なでしない枕詞を使用し、賄賂と取られないように細心の注意を払って渡していた。政治家に対しては「お金はいくらあっても邪魔になりませんから」「資金はあると思いますが、まげて収めてください」「党のため、国のため、あなたには当選してもらわなくてはなりません」など。官僚に対しては「君はこのくらいの金で動く男じゃないだろう、俺の気持ちだ」「俺だって見返りを要求するほど愚かな男じゃない」など。また料亭で働く人々に対しては女将に「これを皆さんにお願いいたします」など徹底的に腐心してプライドを傷つけず渡していた。
  • 田中は日本の官僚を極めて高く評価し「歩く肥大した図書館」と呼んでいた。彼らに取り入るため以下のことを行った。田中が大蔵大臣時代に予算編成で休日返上で不眠不休で頑張っている彼らに「大臣室に来てくれ」と一人ずつ呼び「いつもご苦労様。感謝している。これでタオルでも買ってくれ」と現金の入った封筒を渡した。驚く官僚に田中は「こんなことで影響を受けたりしないだろう」「お前たちは日本最高のエリートだ。この程度で俺に配慮するはずはないだろう」「俺も見返りなど要求はしない。俺の気持ちだ。受け取ってくれ」といった話術と迫力をもって黙らせた。ボーナスの時期になると、課長以上の人間に対して、総額2000万円以上ものポケットマネーをボーナスとして渡していた。しかし、お金を受け取らなかった官僚は決して信用しなかった。
  • 大臣には、「大臣機密費」という自分の裁量で自在に使える機密費がある。しかし、田中は郵政、大蔵、通産大臣時代一度も手を付けず「部下の面倒も見なければならんだろう、自由に使ってくれ」と言って、大臣機密費のすべてを事務次官に渡していた。また、それだけではなく、特に課長クラスの人間には目をかけ、飲み食いできる金額を別に渡していた。
  • 田中派ではない村岡兼造が1976年に落選したとき、田中は、村岡にすぐに連絡を入れ「次の選挙まで俺の部屋を使え」と提案した。村岡は断ったが、田中は、「砂防会館の事務所を使え、すでに話は通してある」と再び提案した。村岡が話を受け入れると、間もなくして田中派の行政管理庁長官を務めた議員から秘書官の誘いが来た。「仕事ができなくても肩書きだけでもいい」と、さらに30万円の給料が支給された。これは言うまでもなく全て田中が手を回しており、村岡は落選しても事務所を二つ持つことが噂になり、再選を果たした。彼も田中の虜になった。
  • 郵政大臣に就任した直後、田中が郵政省を視察すると、職員は、昼休みとはいえ麻雀にふけったり、机の上に足を投げ出したりしていた。そして、こうなっている原因を調査すると、省内が二大派閥に割れていることが判明したので、二大派閥のボス同士を人事異動で勇退(更迭)させた。
  • 郵政大臣時代の1957年に全国の民放テレビ放送34社・36局の一括免許交付に踏み切った際に、国会で野党から「テレビジョン受信機が90万台しかないのに、そんなに大量免許が必要か」と追及された。田中は「(1957年から)今後15年くらいでテレビジョン受信機は1,500万台を越えると見込まれます」と答弁した。その後、全国のテレビ局が開局し、テレビジョン受信機が大量生産されて各家庭に普及していったことから、田中は自分の決断が誤っていなかったことを語っている[124]
  • 大蔵大臣時代の1962年に翌1963年度の所得税法改正の審議の際、担当官僚の大蔵省主税局税制第一課長であった山下元利のミスで、誤った税率表を使っていた。審議中であったために、訂正は不可能であった上、大事な箇所にも誤りがあり、その税率表を作成した役人たちは青くなっていた。これをマスコミや他の党が黙っているはずがなかったが、山下がこのことを辞表を忍ばせ田中の元に訪れると、笑いながら「そんなことで辞表は出さなくていい」と改定表を持ち、堂々と「先日提出の表には間違いがございます」と何食わぬ顔で訂正した。野党もマスコミも沈黙したままであった。もちろん田中が裏で手を回したのは言うまでもない。このように責任をかぶるということをためらわずし、想像もできないアイデアを出すため(たとえば、道路関係の法律。建設省は田中には頭が上がらなかった)、田中を慕った官僚は非常に多い。
  • 山下元利の田中と師弟コンビを結びつけたのは池田勇人と堤清二[125][126]。1964年、西武グループの創業者で衆議院議員だった清二の父・堤康次郎が亡くなり後援会は、父の秘書を務めたことのある堤清二(以下、堤)に「地盤を受け継ぎ政治に出てくれ」と頼んだ。話は自民党上層部に及び、堤は池田総理から「親父の後を継がないのか」と打診されたが、「自分は政治家に向かないと思います」と断り、池田から推薦された青山俊も堤が口説いたが断り、青山から山下を推薦され、池田も大蔵省時代の部下だった山下を知っていて「山下ならいい」となり、山下が堤康次郎の地盤を継ぐことになった[125][126]。しかしほとんど面識のない山下に地元から不平不満が爆発し、池田も亡くなったため、堤は佐藤栄作総理から田中幹事長を紹介され、田中が滋賀県県議10人を前に料亭の畳に額をこすりつけ、「山下元利を男にしてやってくれ」と頼み込み話がまとまった。田中と山下の師弟コンビはこのとき始まる[126]
  • 田中がソビエト連邦(当時)を訪れた際、秘書から前もって「盗聴されるから気を付けて下さい」と忠告を受けた。しかし、田中はこの盗聴を逆手にとり、ホテルでわざと大声で「石鹸が悪い」「トイレットペーパーが悪い」と怒鳴った。すると、翌日には上等のものに変わっていた。帰国後、田中は忠告をくれた秘書官に「盗聴されるのもいいものだ」と語ったという。
  • 田中は、中曽根とあまり仲が良くなかったが、協力したこともある。ある時、中曽根が外交のため中国訪問を希望しているという情報が田中に伝わってきた。すぐさま中曽根へ中国の要人への紹介状をしたためて送り、中曽根は大喜びした。
  • 相手を説得させる時は極力一対一で会い、一対一での説得ならば誰にも負けないと豪語した。盟友の大平正芳は「田中とは一対一で会わずに複数で会うこと。一対一で会えば、必ず言うことを聞かされてしまう」と述べていた。福田も田中の意見に流されるのを嫌って一対一で会うことは極力避けていた。
  • 決断が非常に早く、陳情等は1件約3分でテキパキこなした。できることはできると断言し、その案件は100パーセント実行され、信頼された。口癖は「結論を先に言え、理由を三つに限定しろ。それで説明できないことはない」短気でせっかちで結論も早く、それでついたニックネームが「わかったの角さん」。そのため秘書や官僚は分かりやすく、要点をまとめることを心掛けていた。また、できないことはできないとはっきり言い、「善処する」といった「蛇の生殺しのような、曖昧な言い方」を嫌った。本人曰く「『できない』と断ることは勇気がいること」。
  • 1965年11月18日に千葉県富里村(現:富里市)で新東京国際空港の建設が内定した際には、幹事長である自分にも相談がなかったとして不満を表明した(田中自身は霞ヶ浦での建設を推奨していた。地元での反対運動により建設地は成田市芝山町に変更。)。首相在任時も佐藤内閣からの懸案であった成田空港問題について重要性を理解しており、担当していた佐藤文生運輸政務次官を毎月のように呼び出して報告を受けており、懸案となっていた航空燃料のパイプラインの敷設について自ら図面に線を引き専門的な指示を出したこともあったという。一方、田中は佐藤に「でも、君、成田は失敗だったよな」と語りかけ、佐藤が自分たちの施策に失敗があったのかと問い直すと「いやいや、そもそも計画がだよ。この二倍くらいのものを作っとかなきゃダメだったな」と言ったという(成田空港は、政治主導により、収用地を最小限にするため運輸省の当初案から規模を半減させられた経緯がある)[127][128]。空港反対派について「真っ昼間から覆面をして成田の新東京国際空港あたりにいるが、アレは自民党の悪口ばかり言ってメシを食っている。ああいうのは4次産業だ」と茶化すこともあった[129]
  • 交渉をする時、余計なことを言わずに相手を呑んでかかるという手法を使っていた。通産大臣時代にケネディ特使とやりあったとき、「これが決裂したらあなたの責任になる」と恫喝し、ケネディを追い払った。翌年の対米繊維輸出は約十九パーセントの増額であった。ブレジネフの時も領土問題を避けようとすることに対し「入れろ!」と机を叩きながら恫喝。最後には「入れなければ、我々は共同声明を出さずに帰国する」とまでいい口頭で了解させた。
  • 「時間を守れない男は何をやってもダメ」と、人を見る目安とした[130]。ことのほか時間に厳しく、自分も約束した時間は1分たりともおろそかにせず、他人にもそれを要求した。1970年、一年生議員・佐藤守良財界主流との付き合いがなく、田中に当時の日本商工会議所会頭永野重雄を紹介してもらい、引き合わせてもらった。六本木の料理屋で佐藤が約束の時間ギリギリに座敷に入ったら、田中が憮然とした顔で座っていて、田中より遅かった佐藤は『申し訳ありません』と畳に頭をこすりつけ、永野が現れるまでついぞ顔を上げられなかった。お前が先に来て、お客さんを待つのが筋じゃないかと、田中の恐ろしい顔は、佐藤に無言で世の中の"筋"というものを教えた。佐藤は以後、「時間の厳しさは私の人生哲学にもなった」と述べている[130]。さらに「悪口を言わない」というのも持論だった。
  • 「人の一生は誰にとっても一度しかない。その人生をいかに充実して生きるかは、ひとえに時間の使い方にかかっている」が口癖だったといい、自身も時間を大切にした。そのため、物に対する執着はなかったが、腕時計は良いものを使っていたと眞紀子は後年著書で述べている[131]。なお田中が利用していたパテック・フィリップ社製の腕時計は眞紀子に引き継がれた[132]
  • 新幹線のグリーン車に乗っている時、批判的なある社会党の議員および支援の労組幹部と鉢合わせとなったが、田中は「いやー君にはまいったよ」と議員を賞賛し、直後に支援の幹部に「彼が自民党にいたらとっくに大臣もしくは三役になっている」とおだてた。この話が労組に知れ渡り、「あの先生は本当にできる人なんだ」という噂が立ち、その議員は株を大きく上げた。この手の話法を政敵を取り込む際によく使っていた。
  • 鈴木善幸が田中と埼玉県内でゴルフをしていたところ、ヘリコプターが飛んできた。秘書が田中に「ヘリが到着しました。新潟で後援会の皆さんがお待ちですから」と告げるとヘリで新潟の選挙区まで飛んで行った[133]
  • 驚異的な記憶力の持ち主であることは衆目の一致するところであり、有権者に逢うと即座に名前、家族の年齢、悩み、仕事などを瞬時に思い出していた。これらに関しては曰く「まあ美人の顔を覚えるようなものだ」。どうしても思い出せない時は、「あなた誰だっけ」と聞き、相手が苗字で返すと、「そうじゃない。苗字は知っているが、下の名前を聞いているんだ」と言っていた。
    • 通産相時代、ある宴会で徳利で出席者に酒を注いで回っていた田中は、一人の男性の前ではたと止まり「昔、富士銀行神田支店に勤めていませんでしたか」と尋ねた。男性が「確かにいました」と答えると、田中は「あなたは命の恩人です」と感謝の言葉を述べ、土建会社を経営していた20代の年末、支店で融資を頼んだが窓口の行員が貸してくれないため「このままでは年を越せない」と粘ったら、奥にいたその男性が「話を聞こう」と来てくれて、融資を決めてくれたのだと明かした[134]
  • 全盛期には、7,000 - 8,000枚の年賀状が届いていたとされる。差出人は、ほとんど面識のない選挙民が大半であったが、田中は、これらすべてに目を通していた。
  • 秘書に対してはもちろんのこと、守衛の人間にも毎日労いの言葉をかけたり、自分の運転手にまで立派な医者を当てるなどしていた。
  • 田中の秘書の一人が、小佐野と佐藤昭子を切るように辞職覚悟で忠告した。田中は、「前者は了解したが後者は無理だ」と言い、秘書は辞職した。後に、その元秘書が心筋梗塞で倒れたとき、田中は病院へ急行した。田中は当時総理の職を辞していたものの、当然のことながら病院は大騒ぎとなった。田中は、元秘書の担当医を見つけると、いきなり土下座の格好をして、「彼を助けてくれ」と懇願した。そして、手付けとして100万円渡し、その元秘書を励ました。
  • 郵政大臣就任後に開かれたパーティーに、官僚を招き、夫婦同伴で来るように促した。行くと、田中は夫人たちを褒め、前例のないもてなし方に役人たちは田中を見直した。
  • 自民党総裁選を控えた1972年1月、田中と福田赳夫は派閥の若手議員らとともに、佐藤首相とニクソン大統領による日米首脳会談(サンクレメンテ会談)に随行した。会談場から昼食会場への移動時、田中はニクソンが運転し佐藤首相が同乗するゴルフカートに割り込み、そのまま昼食会場でもニクソン大統領・佐藤首相と卓を囲った。本来その席には佐藤文生が指定されていたが、田中はそのまま居座って翌日の日米会談を伝えるニューヨーク・タイムズの写真に両首脳とともに収まり、「次期総理」をアピールした[135]。昼食会後、田中と福田のふるまいには大きな違いがみられた。相手国の閣僚らと談笑を続ける福田に対し、田中は自分が面倒を見ている若手議員を次々とロジャーズ国務長官コナリー財務長官といった閣僚の元へ連れて行き握手させ、その姿を写真に撮らせた。これらの写真は次の選挙を有利にし、後援会や地元の有力者に対する株を上げることができるもので、若手議員らにとっては非常に貴重なものだった[136]
  • 若い青年団員たちが、新潟の田中邸を訪ねたことがあった。突然の訪問であったにも関わらず、田中は大いにもてなした。青年団員が、自分たちは田中のライバル福田赳夫の選挙区である群馬三区から来たこと、家族が福田後援会の重鎮であることを田中に伝えると、田中はなおのこと喜び、彼らにを振る舞った。「俺は尻尾を食べるから、君たちは頭を食べなさい。今後おおいに出世し給えよ」と終始上機嫌だったという。
  • 冠婚葬祭、特に葬儀には細やかな心配りを見せ、そのエピソードは多数ある。
    • 田中派の重鎮、竹下登の父が死去したとき、飛行機をチャーターして、田中派の議員と共に葬儀に訪れた。総勢69人の国会議員が、人口4,000人の村を訪れた。
    • 河本派議員の渋谷直蔵の妻が死去したとき、田中はすぐさま花を贈った。本葬まで一週間あると知ると「花が枯れてはいけない」と言って、新しい花にその都度取り替えていた。
    • 大手会社の社長が妹を亡くしたとき、田中は、誰よりも早く花輪を届けた。そして、「花が枯れたら故人もかわいそうだ」ということで毎日花を取り替えさせた。
    • 反田中派の松野頼三の妻が亡くなったとき、誰よりも早く駆けつけた。それ以降、松野は、あまり田中を批判しなくなった。
    • 政敵だった社会党委員長の河上丈太郎が亡くなったとき、田中は、わざわざ火葬場まで出向き、12月の寒さと雨の中、2時間立ち続けて野辺の送りまで行った。
    • 社会党委員長の浅沼稲次郎が亡くなったとき、田中は、「考え方が違っても、お互い命をかけて国を良くしようと思っている仲間だ」と家族に言って、葬儀に列席した。
    • 盟友の石破二朗が死去したとき、田中は、国会議員による友人葬において葬儀委員長を務め、鳥取県民葬より多くの弔問客を動員させた。友人葬が終わって、目白の田中邸に石破家を代表して長男である石破茂が訪れた。田中は、彼に対して「君がお父さんの遺志を継いで、衆議院に出るんだ。日本のすべてのことはここで決まるのだ」と説き、石破茂を政界入りさせた。
    • 田中派議員の小林春一は、妻を亡くし途方に暮れていたとき、田中から連絡が入ったので、田中の事務所に向かった。そこで、田中からお悔やみの言葉をかけられ、さらに渡された封筒には100万円が入っていた。小林は、その金で立派な仏壇を特注し、田中に忠誠を誓った。
    • 大石三男次という後援会の大幹部の父が亡くなったとき、田中は葬儀に出たかったが、別の葬儀が重なったため、大石に電話をして、葬儀は伸ばせないかと尋ねた。大石は断ったが、田中は、当時幹事長で激務であったにもかかわらず、何とか時間を割いて、葬儀場に駆けつけた。
    • ロッキード事件で田中が逮捕起訴された後であったにもかかわらず、田中の実母であるフメが亡くなったときには、葬儀参列者が3000人を越えた。飾られた花輪は、600本以上あったが、それでも実際に贈られた数の半分以下だったという(あまりにも多すぎて断ったため)。また、この葬儀の前夜には、国鉄のストライキがあったので、東京から6時間かけて車を飛ばして駆けつけた議員(当時は関越自動車道が全線開通しておらず、東京からの車での移動にはこれほどの時間が掛かっていた)や、飛行機で新潟へ行きそこから車を使ってまで来た議員もいた。なお、田中は、この日衆院本会議で財特法案の採決が行われるため、田中派議員を中心に、葬儀への参列を自粛し、「本会議への参加」「公務優先」を指示していた(当時は伯仲国会であり、欠席議員が増えると、法案が流れる恐れがあったため)。それでも、衆参両院で約30人の議員が参列した。もし、国鉄ストと財特法案の採決という2つの事情がなければ、相当数の議員が参列していたといわれている。
  • 角栄節と呼ばれる、ダミ声で非常に癖の強い話し方で知られた反面、首相就任直前、田中事務所の裏金集めを騙る詐欺事件が発生した。犯人は、歌手崩れの若い女性で、対面では秘書を名乗りつつ、電話口では自ら物真似で田中本人を演じるという手口だった。なお、この事件の犯人は、後に逮捕され、服役後まもなく獄中死した(顛末は、佐木隆三「犯罪百科」などに詳述されている)。
  • 軽井沢の別荘に番記者を呼び出し、俺の不都合なことを書くなという旨を言って恫喝したことがある。この暴言を書いたのは、『文藝春秋』と『週刊現代』だけで、他の番記者は記事にしなかった。なお、立花隆は、このことを猛烈に批判している。
  • 幹事長時代に木村俊夫の選挙運動に際して、木村の後援会の宴会が催されたことがあった。しかし、木村自身がどうしてもその宴会に出席できなかったため、その代わりとして、木村の秘書が、田中に支援を要請した。田中は、快く了承し、『天保水滸伝』『杉野兵曹長の妻』などを歌って宴会を大盛り上げた。木村は当選し、田中派になった(ただし、表面的には無所属)。
  • 田中が自民党幹事長を務めていたとき、田中にあやかって「角栄」と名付けられた田中姓の少年がいた。ところが、後に田中がロッキード事件で逮捕されると、この少年は学校でいじめを受けるようになり、少年は最終的に「角栄の名が与えられた精神的苦痛は大きい」として、家庭裁判所で改名を認められている(1983年3月30日・神戸家庭裁判所)。
  • 1985年2月7日、田中派の中から竹下登、金丸信ら40名の議員が「創政会」を結成すると[70]、田中は大荒れに荒れ、毎日浴びるようにウィスキーを飲み続けた。とりわけ田中を憤慨させたのは、梶山静六、小沢一郎、羽田孜ら「田中の初年兵」を自任してきた昭和44年当選組が田中に一言の相談もなく、極秘で旗揚げの準備をしていたことだった。私邸ではスコッチのオールド・パーを1、2日に1本のペースで空け、事務所でも、佐藤昭がいくら止めてもウィスキーのがぶ飲みをやめようとはせず、自分でボトルから注ぎ、濃い水割りを作る始末で[110][137][138]、ついに同年2月27日、脳梗塞で倒れた。医師団は「被殻を中心とした大脳基底核」が壊死したと発表[111]。これにより田中は重い言語障害と行動障害を負い、何らの政治活動を再開することなく生涯を終えた。

  • 注釈

    1. ^ 正規の学歴は高等小学校卒。その後、当時は各種学校の扱いであった中央工学校の夜学に通い卒業している。
    2. ^ 田中がのちに『私の履歴書』に記したところでは、2歳のときにジフテリアに罹患したことが原因と祖母から聞いたという[6]
    3. ^ 馬弓良彦著『人間田中角栄』(ダイヤモンド社)には「旧制海城中学校に編入する予定で上京した」と、書かれているが、田中自身が長い政治家人生の中でそのような発言をしたことは皆無であり、上京直後に井上工業に入社していること、また、過去に田中自身が「家が貧乏だったから高小を出たらスグに働かなくてはならなかった」と述べていること等から、当該部分は創作である可能性が高い。
    4. ^ 大麻の献金要請は、進歩党党首をめぐって宇垣一成町田忠治が対立し、その仲裁として大麻が「先に300万円作った方を党首にする」と提案(大麻は町田を推していた)したことに由来する[29]
    5. ^ 戸川猪佐武の『小説吉田学校』では、この過程で田中は山崎首班の動きに対して党総務会で「いくら占領下でも露骨な内政干渉が許されるのか」と吉田らに訴えたとされる。
    6. ^ 田中はこの法律による一級建築士資格取得者である。建築士登録が「第1号」であるとする逸話については建築士#その他 2を参照。
    7. ^ これについては確かに田中と小佐野は親しい間柄で仕事上では懇意にしていたものの「刎頚の友」とまで言える間柄ではなかったと秘書であった早坂茂三や佐藤昭子の著書には著されている。早坂によれば、田中が上京後に働いていた井上工業からの知り合いだった入内島金一が唯一の「刎頚の友」であったという。立花隆によれば、1973年(昭和48年)の国会答弁で田中が入内島金一について「この世の中にある三人の一人であるというぐらいに刎頸の友である」[103]と発言したことから、マスコミ関係者の間で残る2人についての詮索が行われ、その結果、小佐野賢治と中西正光が候補者として挙がり、入内島と中西はマスコミへの露出が少なかったことから、小佐野が「刎頸の友」として有名になったものという[104]
    8. ^ 山田直樹 『創価学会とは何か』(新潮社 2004年4月15日)によれば自自公連立政権樹立前の1998年8月中旬、竹下登元首相が創価学会会長の秋谷栄之助と密かに会談を行い、創価学会の協力を取り付けたとある。
    9. ^ 実刑確定になれば、公職選挙法第11条・第99条及び国会法第109条により国会議員を失職し、刑期満了まで国会議員となることができない。
    10. ^ 小説吉田学校にはゴルフをしながらのやりとりとして書かれている

    出典

    1. ^ a b 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2020年1月15日閲覧。
    2. ^ 武部健一 2015, p. 186.
    3. ^ 立花 2005, p. 187.
    4. ^ 小長啓一『〈証言そのとき〉国策とともに5 織機買い上げ損失補う』朝日新聞 2012年6月4日
    5. ^ 早野透 2012, pp. 3–4.
    6. ^ a b 早野透 2012, p. 5.
    7. ^ 石原慎太郎『天才』p.4
    8. ^ 専門学校 中央工学校
    9. ^ 専門学校とは 文部科学省
    10. ^ 早野透 2012, p. 10.12.
    11. ^ 早野透 2012, p. 15.
    12. ^ 早野透 2012, pp. 17–18.
    13. ^ 早野透 2012, p. 16.
    14. ^ 早野透 2012, pp. 19–20.
    15. ^ 早野透 2012, p. 22.
    16. ^ 早野透 2012, pp. 26–27.
    17. ^ a b c 早野透 2012, pp. 28–30.
    18. ^ “『錦城百二十年史』、131-132頁”. 学校法人錦城学園 錦城学園高等学校発行. (2000年10月15日) 
    19. ^ 早野透 2012, pp. 37–38.
    20. ^ 早野透 2012, pp. 39–40.
    21. ^ 石原慎太郎『天才』P22
    22. ^ 早野透 2012, pp. 41–44.
    23. ^ 早野透 2012, pp. 45–47.
    24. ^ a b 早野透 2012, p. 49.
    25. ^ a b 早野透 2012, pp. 50–51.
    26. ^ 福永(2008)、47頁。
    27. ^ 早野透 2012, p. 52.
    28. ^ 早野透 2012, pp. 57-59、63-65.
    29. ^ 早野透 2012, pp. 58–59.
    30. ^ a b 早野透 2012, pp. 67–71.
    31. ^ 早野透 2012, pp. 75–76.
    32. ^ a b 早野透 2012, p. 83.
    33. ^ 早野透 2012, p. 86.
    34. ^ 早野透 2012, p. 88.
    35. ^ a b 早野透 2012, pp. 90–96.
    36. ^ 早野透 2012, p. 98.
    37. ^ 早野透 2012, p. 97.
    38. ^ 早野透 2012, p. 103.
    39. ^ a b 服部龍二『田中角栄 昭和の光と闇』講談社〈講談社現代新書 2382〉、2016年9月20日、57頁。ISBN 978-4-06-288382-5
    40. ^ a b c 早野透 2012, pp. 106–109.
    41. ^ 早野透 2012, p. 140.
    42. ^ a b c 早野透 2012, pp. 126–130.
    43. ^ a b c 「(連載)池田勇人 日本を創った男 第8回」『週刊大衆2016年12月12日双葉社、 177頁。
    44. ^ a b 立花隆「田中角栄研究──その金脈と人脈」『1000億円を動かした男 田中角栄・全人像』文藝春秋増刊、2016年8月号、106-154頁。JAN 4910077020862。
    45. ^ 週刊現代Special 2017年1月14日増刊号 p.131
    46. ^ “大ブーム「田中角栄」は何がスゴかったのか? | 国内政治”. 東洋経済オンライン. (2016年11月4日). https://toyokeizai.net/articles/-/141468?page=3 2018年6月14日閲覧。 
    47. ^ a b “人が動く! 人を動かす! 「田中角栄」侠(おとこ)の処世 第46回 - ライブドアニュース”. ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/12370969/ 2018年6月14日閲覧。 
    48. ^ 伊藤 1982, p. 78.
    49. ^ 楠田實資料(佐藤栄作官邸文書):解題”. ジャパン デジタル アーカイブズ センター. 2020年8月2日閲覧。
    50. ^ NHKスペシャル 日中外交はこうして始まった名 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
    51. ^ 諸橋(1972)[要ページ番号]
    52. ^ 諸橋(1979)[要ページ番号]
    53. ^ 諸橋(1993)[要ページ番号]
    54. ^ 諸橋(2001)[要ページ番号]
    55. ^ a b 福永(2008)、166-173頁。
    56. ^ 福永(2008)、173-174頁。
    57. ^ 福永(2008)、175-177頁。
    58. ^ 福永(2008)、180頁。
    59. ^ 福永(2008)、182-185頁。
    60. ^ 議員ハンドブック(帝国地方行政学会、1974年)
    61. ^ 福永(2008)、185頁。
    62. ^ 福永(2008)、185-186頁。
    63. ^ 本田靖春「立花隆 角栄裁判をすべて傍聴したジャーナリスト」『戦後の巨星 二十四の物語』講談社、2006年、251-273頁。ISBN 4-06-213532-9
    64. ^ “生きて <1> トップランナー 金脈追及し首相が退陣| 元文芸春秋社長 田中健五さん(1928年〜)”. 中国新聞 (中国新聞社). (2010年11月2日). オリジナルの2011年5月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110529235447/http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/ikite/ik101102.html 2017年2月11日閲覧。 
    65. ^ a b 「調査報道」の社会史 | 調査・研究結果 - 国内放送事情 | NHK放送文化研究所
    66. ^ 取材雑記 特派員 日本を走る 第2回 海外メディアが果たした役割”. 朝日新聞グローブ (GLOBE). 朝日新聞社. 2009年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月12日閲覧。
    67. ^ 福永(2008)、189-191頁。
    68. ^ 紀尾井啓孟 (2020年1月12日). “議員在職50年 小沢一郎「出世とキャリア」〈3〉”. 日本ビジネスプレス. https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58936 2020年8月2日閲覧。 
    69. ^ 後藤謙次 (2016年6月). “特別企画 砂防会館あの日あの時 壁に刻まれた刀傷”. 日本記者クラブ. https://www.jnpc.or.jp/journal/interviews/33444 2020年8月2日閲覧。 
    70. ^ a b 安藤俊裕 (2011年8月28日). “田中角栄に反旗、竹下派旗揚げ 「政界のドン」金丸信(5)”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1902K_V20C11A8000000/ 2020年8月2日閲覧。 
    71. ^ 田中角榮記念館 -KAKUEI MEMORIAL MUSEUM-
    72. ^ 「昭和」といえば何を思い浮かべますか… 全国世論調査” (2009年3月30日). 2012年11月16日閲覧。
    73. ^ 一般社団法人 日中協会 (故人)役員”. 日中協会. 2018年3月9日閲覧。
    74. ^ a b c 小林吉弥『花も嵐もー宰相池田勇人の男の本懐』講談社、1989年、180-183頁。ISBN 4-06-204404-8
    75. ^ 栗原直樹『田中角栄 池田勇人 かく戦えり』青志社、2016年、144-151頁。ISBN 978-4-86590-029-3
    76. ^ a b c d e 上前淳一郎『山より大きな猪 高度成長に挑んだ男たち』講談社、1986年、300-301、459-463頁。ISBN 978-4-06-202657-4
    77. ^ 塩口喜乙『聞書 池田勇人 高度成長政治の形成と挫折』朝日新聞社、1975年、144-148頁。
    78. ^ 福永文夫『大平正芳 「戦後保守」とは何か』中央公論新社中公新書〉、2008年、74-76頁。ISBN 978-4-12-101976-9
    79. ^ a b 石山伊左夫「〈証言構成〉角栄の永田町血風録」『1000億円を動かした男 田中角栄・全人像』文藝春秋増刊、2016年8月号、70–72。JAN 4910077020862。
    80. ^ 倉山満『検証 財務省の近現代史 政治との闘い150年を読む』光文社光文社新書571〉、2012年、154-156頁。ISBN 978-4-334-03674-4
    81. ^ 幸田真音『この日のために 下 池田勇人・東京五輪の軌跡』KADOKAWA、2016年、154-159頁。ISBN 978-4-04-103633-4
    82. ^ a b c 塩田潮「大物たちの証言「角栄流」の秘密」『1000億円を動かした男 田中角栄・全人像』文藝春秋増刊、2016年8月号、93–96。JAN 4910077020862。
    83. ^ a b 北國新聞社編集局『戦後政治への証言 ――益谷秀次とその周辺――』北国新聞社、1974年、213-216頁。
    84. ^ a b 東京新聞編集企画室『図解 宰相列伝』東京新聞出版局〈東京ブックレット(2)〉、1996年、301頁。ISBN 4-8083-0477-5
    85. ^ a b 松野頼三(語り) 戦後政治研究会(聞き書き・構成)『保守本流の思想と行動 松野頼三覚え書』朝日出版社、1985年、30-34、59、130、160-161頁。ISBN 4-255-85070-4
    86. ^ a b 宇治敏彦『首相列伝 伊藤博文から小泉純一郎まで』東京籍、2001年、280-291頁。ISBN 978-4-487-79532-1
    87. ^ a b 中澤雄大「ブックレビュー 幸田真音『この日のために 下 池田勇人・東京五輪の軌跡』〈上・下〉」『日本一の書評』週刊現代、2016年5月21日。
    88. ^ a b 「【あの政治家に聞いてみた! 池田勇人とその時代】 藤井裕久インタビュー」『モーニング』51号 2016年11月17日講談社、 313頁。
    89. ^ 下村太一『田中角栄と自民党政治 列島改造への道』有志舎、2011年、205-207頁。ISBN 978-4-903426-47-1
    90. ^ 大来佐武郎監修『ビジュアル版・人間昭和史(2) 政界の首領』講談社、1986年、102頁。ISBN 4-06-192552-0
    91. ^ 神一行『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』角川書店、2002年、76-90頁。
    92. ^ 福永(2008)、266-227頁。
    93. ^ 福永(2008)、162頁。
    94. ^ 読売新聞2012年9月22日27面 「戦後転換期 第2部(1965〜79年) 第23回 田中角栄」。
    95. ^ 福永(2008)、166頁。
    96. ^ 福永(2008)、173頁。
    97. ^ 田原総一朗責任編集「福本邦雄インタビュー」『オフレコ! Vol.3』アスコム、2006年8月、26–28頁。ISBN 9784776203407
    98. ^ 福永(2008)、254-255頁。
    99. ^ 福永(2008)、263-264頁。
    100. ^ 辻(2004)
    101. ^ 辻(2006)
    102. ^ 田中(2004)
    103. ^ 第71回国会 衆議院 物価問題等に関する特別委員会 第11号” (1973年4月26日). 2021年9月6日閲覧。
    104. ^ 立花隆 「「田中角栄独占インタビュー」全批判」 『文藝春秋』 59巻3号、126頁、1981年3月。 のち立花隆『巨悪vs言論』文藝春秋、1993年、に収録。
    105. ^ 検察が聴取?「小沢幹事長の妻」 実は新潟ゼネコンの大株主
    106. ^ 出典”. honnesia (2014年5月21日). 2021年11月18日閲覧。
    107. ^ 衆議院会議録情報 第071回国会 法務委員会 第40号
    108. ^ 毎日新聞(2013年3月26日)写真特集:米大統領訪日:1974年のフォード氏が初 (2009年11月掲載)
    109. ^ 日本経済新聞「自民党半世紀 - 国対政治 なれ合い招く」2009年10月5日
    110. ^ a b 立花 2005, pp. 88–91.
    111. ^ a b 立花 1993, pp. 337–339.
    112. ^ 佐藤 2001, p. 226.
    113. ^ 『朝日新聞』1985年5月17日付朝刊、1面、「田中元首相の家族、『本人の意思』と退院届 帰院呼びかけ断る」。
    114. ^ 『朝日新聞』1985年6月6日付夕刊、1面、「越山会東京事務所を閉鎖 田中元首相の政治活動休眠に」。
    115. ^ 佐藤 2001, p. 227.
    116. ^ 立花 2005, pp. 95–98.
    117. ^ 『田中角栄―その巨善と巨悪』
    118. ^ 池上彰 (2019年1月15日). “官僚のハートを一瞬で掴んだ田中角栄「伝説のスピーチ」とは――池上彰が語る“角栄像””. 文藝春秋. https://bunshun.jp/articles/-/10389 2020年8月2日閲覧。 
    119. ^ 大下英治『田中角栄秘録』イースト新書 008 2013年 イーストプレス
    120. ^ 早野透『田中角栄 戦後日本の悲しき自画像』中公新書 2186 2012年。ISBN 978-4-12-102186-1
    121. ^ 保坂正康『田中角栄の昭和』朝日新書 244、2010年。ISBN 978-4-02-273344-3
    122. ^ 「あの時のあの人の声」に肉声のコンテンツとして収録:『日本大百科全書』小学館、1998年7月1日、SONY電子ブック版 改訂第2版。
    123. ^ 小島明 (2014年8月). “経済記者がみたエピソード 政治家とカネ、派閥… | 取材ノート”. 日本記者クラブ. 2019年7月26日閲覧。
    124. ^ 早坂茂三 1987, p. 80.
    125. ^ a b 辻井喬『叙情と闘争 ―辻井喬+堤清二回顧録―』 中央公論新社 2009年 113-118頁 ISBN 4-12-004033-X
    126. ^ a b c 松崎隆司『堤清二と昭和の大物』 光文社 2014年 111-117頁 ISBN 978-4-334-97801-3
    127. ^ 佐藤文生 (1978). はるかなる三里塚. 講談社. pp. 38-40,54-55,166-168 
    128. ^ 佐藤文生 (1985). 日本の航空戦略―21世紀のエアポート. サイマル出版会. p. 90 
    129. ^ 小林吉弥 (2016). 田中角栄の知恵を盗め. 主婦の友社. ISBN 978-4074188925 
    130. ^ a b 小林吉弥『田中角栄 処世の奥義』 講談社 2006年 83-86頁 ISBN 4-06-213269-9
    131. ^ 田中眞紀子 (2019-01-18). 角さんとじゃじゃ馬. KADOKAWA. ISBN 9784041077429 
    132. ^ 執着しない田中角榮が唯一大事にしたモノ”. 2021年1月17日閲覧。
    133. ^ 東根千万億『等しからざるを憂える。元首相鈴木善幸回願録』岩手日報社 2004年 64頁 ISBN 4-87201-346-8
    134. ^ 【話の肖像画】元通産事務次官・小長啓一(4) 激務から解放と思ったのに…”. 産経ニュース (2017年12月7日). 2019年7月13日閲覧。
    135. ^ 大下英治. “田中角栄 日本が酔いしれた親分力(11)強引にもぎ取った「勝機」! | アサ芸プラス”. アサ芸プラス. 2018年4月22日閲覧。
    136. ^ 田中角栄 日本が酔いしれた親分力(12)心遣いで金の価値を変える | アサ芸プラス”. アサ芸プラス. 2018年4月22日閲覧。
    137. ^ 片岡憲男『田中角栄邸書生日記』日経BPコンサルティング、2002年4月13日。ISBN 978-4931466630
    138. ^ 佐藤 2001, p. 219.
    139. ^ 早坂茂三『田中角栄回想録』
    140. ^ 『天才』
    141. ^ 『週間0510』
    142. ^ 山本七平「『御時世』の研究」文藝春秋、P136~139、1986年
    143. ^ 石原慎太郎『天才』pp.20-21
    144. ^ 早野透『田中角栄』40頁
    145. ^ 『東京馬主協会三十年史』東京馬主協会 1978年
    146. ^ 「田中角栄回想録」早坂茂三
    147. ^ 早坂茂三 1987, p. 111.
    148. ^ 「人材確保法」の成立過程 ―政治主導による専門職化の視点から― (PDF) 丸山和昭 東北大学大学院教育学研究科研究年報 第56集・第1号(2007年)






    固有名詞の分類


    英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
    英語⇒日本語日本語⇒英語
      

    辞書ショートカット

    すべての辞書の索引

    「田中角栄」の関連用語

    田中角栄のお隣キーワード
    検索ランキング

       

    英語⇒日本語
    日本語⇒英語
       



    田中角栄のページの著作権
    Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

      
    ウィキペディアウィキペディア
    All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
    この記事は、ウィキペディアの田中角栄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

    ©2021 GRAS Group, Inc.RSS