昭和 講和後・高度経済成長期

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 年号 > 昭和の解説 > 講和後・高度経済成長期 

昭和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 00:04 UTC 版)

講和後・高度経済成長期

自由主義陣営諸国の旗頭である米国にとって最前線の重要拠点となった日本は、農地改革や労働改革によって戦前に比べて国内市場が広がったこと、有刺鉄線やドラム缶などの補給物資の生産や輸送による特需、そして膨大な駐留米軍の生活消費など需要の増大も少なからず影響したが、奇跡的な速度で経済が復興し、さらに昭和30年代(1955年(昭和30年) 〜1964年(昭和39年))に続く驚異的な高度経済成長(昭和30年代〜昭和40年代の名目経済成長率が世界1位の15.4%だった。昭和30年度の8兆5000億円だったGNP(国民総生産)は昭和45年度には70兆円となり、15年間に8.5倍以上の規模となり世界第2位の経済大国となる)を遂げるに至る[42]

都市部には高層ビルが立ち並び、鉄筋コンクリートアパートや郊外の高級建売住宅に住む人が急増した。日本中から蒸気機関車が消えて、綺麗で速い電車ディーゼルカーが走り回るようになった。主要道路はアスファルトで舗装された。東海道筋には新幹線東海道新幹線)と高速道路東名高速道路名神高速道路)が完成した。四日市市長の平田佐矩建設族議員の大野伴睦などによって東海地方日本海を結ぶ日本横断運河の建設が計画された。ほぼ全ての家庭にテレビ電気洗濯機電気冷蔵庫電話が普及して、自家用車も珍しくなくなった。デパートホテルに行ったり、特急列車に乗れば冷房の恩恵を受けられるようになった。パンケーキといった洋食洋菓子も普段食べるようになった。平均寿命は世界有数となり、大学進学率も激増した。そのかわり大都市部では人口過密、農村部では過疎という現象が生じて、公害交通戦争社会問題となった[43]

戦後の混乱期復興期には、敗戦直後のインフレーション(戦後インフレ)に見舞われたが、経済でも民主化による戦後改革が行われた。傾斜生産方式 を採用して、ドッジ・ライン(安定恐慌)が起こる。朝鮮戦争勃発で朝鮮特需特需景気)が起こる。1954年(昭和29年)から高度経済成長が開始されて、ガチャマン景気による繊維産業の好景気があり、以下の経済現象があり好景気不景気を繰り返しながら日本経済は順調に成長した。1955年(昭和30年)に右派社会党左派社会党による社会党再統一がされた日本社会党自由党日本民主党が合同した自由民主党が結成されたことで、与党自由民主党と野党日本社会党の対立があった55年体制が成立した[44]

戦後経済史の流れ

  1. 昭和30年代の神武景気の時代。三種の神器で注目された1954年(昭和29年)12月から〜1957年(昭和32年)6月までの好景気を指す。
  2. なべ底不況 の時代。1957年(昭和32年)7月から〜1958年(昭和33年)6月までの不況を指す。
  3. 岩戸景気の時代。1958年(昭和33年)7月から〜1961年(昭和36年)12月までの好景気を指す。
  4. 所得倍増計画の時代。1961年(昭和36年)から〜1971年(昭和46年)までの経済計画を指す。
  5. オリンピック景気の時代。1962年(昭和37年)11月から〜1964年(昭和39年)10月までの好景気を指す。
  6. 証券不況(構造不況)の時代。1964年(昭和39年)11月から〜1965年(昭和40年)10月までの不況の時代。
  7. いざなぎ景気の時代。1965年(昭和40年)11月から〜1970年(昭和45年)7月までの好景気を指す。
  8. 日本万国博覧会1970年(昭和45年)の出来事で通称は大阪万博である。
  9. ニクソン・ショック円切上げ) は1971年(昭和46年)の経済ショックを指す。
  10. 日本列島改造論(列島改造景気)によって1972年(昭和47年)に大型公共事業インフレーション(物価上昇)があった時代である[45]

家電ブーム

戦後期の昭和20年代(1945年〈昭和20年〉 〜 1954年〈昭和29年〉)には、以下の家電製品がヒット商品となった。

昭和元禄文化

昭和元禄[49] と呼ばれ、週刊誌や月刊誌の創刊が目立った。手塚治虫石ノ森章太郎藤子不二雄長谷川町子水木しげる赤塚不二夫など人気漫画家の(子供向けの)漫画を原作としたアニメなどの作品[50]黒澤明円谷英二映画監督となった邦画などの昭和文化大衆文化が生まれた。流行歌が普及して美空ひばり藤山一郎などの歌手や石原裕次郎[51]渥美清などの俳優がスターとなり戦後の芸能界で活躍をした。漫画映画などの戦後文化と並んでテレビ放送も普及して、昭和40年代(1965年(昭和40年) 〜 1974年(昭和49年))はプロ野球V9時代であり、大相撲は昭和30年代から昭和50年代にかけて栃若時代〜柏鵬時代〜北玉時代〜貴輪時代〜輪湖時代〜北若時代で、プロレスラー力道山の活躍などの格闘技人気があった。そのことから、当時子供たちから人気があった「巨人・大鵬・卵焼き」などの流行語[52][53] 誕生した。東海道新幹線開業(1964年〔昭和39年〕)名神高速道路開通(1963年〔昭和38年〕)東京オリンピックの開催(1964年〔昭和39年〕)[54]日本万国博覧会1970年〔昭和45年〕の大阪万博)の成功によって最高潮を迎えたが、中東戦争がもたらしたオイルショックによって成長が終わる。

防衛問題

この奇蹟の復興は、アメリカの戦略上の必要から国内治安と国土防衛のために微小な規模で警察予備隊(後に自衛隊)を保持したとはいえ、憲法では戦力の保持を禁じていたことにより、当時の自由主義諸国の国防費の対GDP比でいえば、完全に国防費負担から解放されているというに等しい財政上の僥倖が大きく寄与している。このことはドイツ、イタリアはもちろん、大戦後独立した多くのアジア諸国が、通常の国防費を支出しながらの日本と同じような速度での経済成長を望み得なかったことでも明らかである。その反面、日米安保条約日米地位協定によってアメリカ軍が日本各地に残されており、駐留国負担(後の思いやり予算)の出費も大きく、アメリカ軍犯罪時の裁判や事故などを巡ってトラブルも絶えず生じた。特に沖縄県ではこうした問題がしばしば起こった。また、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という非核三原則が国是とされた一方で、日本政府とアメリカ政府との間で、有事における日本国内への核持ち込みを黙認する密約が結ばれたことも、明らかにされつつある。

食事

若い人の農家離れによって、農民(特に青壮年の男性)が農家から会社員になるようになり、「母ちゃん、爺ちゃん、婆ちゃん」のいわゆる「三ちゃん農業」が急増して、機械化が進んで専業農家より兼業農家の方が多くなった。学校給食がパン食になって育った戦後世代の日本人主食からパンとなり、米余りになると減反政策を行い、転作によって小麦輸入が増加し、その結果日本の食料自給率が低下した。戦後期は捕鯨が盛んで鯨肉が主流の肉食であったが、昭和50年代以降、反捕鯨国の多数が加入をしていたIWC(国際捕鯨委員会)で商業捕鯨が禁止されたことによって牛肉豚肉鶏肉が主流の肉食となった[55]。高度経済成長期に調理の熱源が薪や炭から電気・ガスに変わった。昭和30年に東京芝浦電気が電気炊飯器を発売したことが発端となり、などを使用する炊飯方法から炊飯器を使用したものに変化した(当時は電気炊飯器とガス炊飯器がほぼ互角だった)[56][57]。炊飯の調理から副食中心の料理に主婦の仕事が変化した。ガスコンロの普及で洋食中華料理の調理が容易となった。昭和40年代の冷蔵庫の普及で生鮮食品が登場した。昭和35年ごろから米の消費量が減少してパン・麺類・肉・乳製品・魚介類・野菜の消費量が増加した。[58]昭和42年から米余りになり昭和45年から米の生産調整が実施された、昭和40年頃に安藤百福らの日清食品インスタントラーメンなどインスタント食品が多数開発された。昭和43年には初のレトルト食品は昭和46年にはカップ麺が開発された。昭和45年以降ファーストフード店やファミリーレストランコンビニエンスストアが普及した。[59]ラーメンコーヒーコロッケハンバーグ国民食となった。

住宅医療などの生活問題

戦後の住宅事情は、戦災による住宅焼失と復員引揚げによる人口増加で住宅が不足する住宅難となっていた。1950年(昭和25年)には、持ち家を建設することを支援するために住宅金融公庫が創設された[60]日本住宅公団を設立して、大都市近郊に鉄筋コンクリートアパート群なるニュータウンを建設して公団住宅が誕生した。1951年(昭和26年)には田中角栄を中心とする議員立法地方自治体が住宅を建設する公営住宅法が成立した。1955年(昭和30年)には、第2次鳩山一郎内閣によって日本住宅公団が創設された。昭和31年から昭和33年頃にかけてアジア風邪が流行したが厚生省が昭和戦中期に創設された影響で国民の医療条件が改善された。昭和戦後期に日本は1年間の死亡者が急減する少死社会になった。昭和30年代に高度経済成長期には、昭和一桁世代の夫婦2人と新人類世代子供2人の合計4人の家が平均家族モデルとなった。核家族化した昭和一桁世代と新人類世代の親子家庭が都市部の郊外に購入した住宅団地では、ダイニングキッチン和室2つと水洗トイレが完備されていて、団地で洋風生活をする団地族が出現した[61]江戸時代から昭和戦後期にかけて都市部では銭湯が多かったが家庭風呂の普及で下町の銭湯が減少した。

女性史

女性史では、1948年(昭和23年)に優生保護法が成立して人工妊娠中絶合法化されたことで中絶が容易となり人工中絶が急増して少子化が進行した。また離婚の自由やお見合い結婚から親の承諾がいらない恋愛結婚も許される結婚の自由を獲得した。民法が改正されて遺産相続男女平等となった。戦後になって女性参政権を獲得した日本女性が、更なる地位向上を目指してフェミニストを中心に女性解放運動が活発化した。1970年(昭和45年)にウーマンリブ運動が開始されたことに続いて、1975年(昭和50年)が国際連合が制定した国際婦人年とされて女性の地位向上が人類的な課題となった[62]1956年(昭和31年)に売春防止法が成立したことで公娼制度が完全に廃止された。1958年(昭和33年)4月1日には売春防止法が施行されて赤線が廃止された[63]1947年(昭和22年)10月26日刑法の改正で姦通罪が廃止された。1947年(昭和22年)には民法の大幅な改正で男尊女卑だった家制度が廃止された。昭和20年代に主流だった産婆の補助による出産から、昭和30年代には産婦人科での出産が増加するなど多数の女性の人生が変化する社会政策が実施された。

ファッション面では、パンティーブラジャーなどの洋風下着類が普及し、ナプキンタンポンなどの生理用品が普及した。昭和30年代に戦時中のモンペからアッパッパと呼ばれる筒型のワンピースが普及した。昭和40年代には団塊の世代の女性を中心にミニスカートブームがあり[64]、スカートや着物以外に女性がズボンを着用することが公認された[65]。女性が肌を露出する水着の着用が認知されて、若い女性の間で水着が普及した。髪型ではショートカットが社会的に認知されて、美人になるための化粧品美容院美容整形などの女性ビジネスが普及した。

生活面では、昭和30年代にミシンが普及して経済面では個人店や百貨店主流のショッピングから主婦が買い物しやすいスーパーマーケットが普及した。男女平等や高学歴化が進んでいなかった戦後世代の昭和一桁世代からしらけ世代の女性は、夫がサラリーマンで子供が平均2人の家族が平均的なモデル家庭とされた。戦後世代の女性は専業主婦が主流だった。高等教育を受ける女性が急増した新人類世代以降の20代の高学歴女性ではOLが増加するなどの変化があった。

金の卵の時代

急速な高度経済成長に合わせて高齢化の進行と乳児死亡率など病死の減少が進み、都市の人口の急増が進んで日本の人口はさらに増加した。戦後すぐの第1次ベビーブームを経て[66]、昭和40年代には日本の総人口がついに1億人を超えた。ベビーブームで生まれた世代は団塊の世代と呼ばれ、戦争を知らず、その膨大な世代人口の中で勝ち残るための競争に身を捧げることになり、自己主張はどの世代よりも激しくなった。地方出身者は口減らしのために都市部へ集団で送り込まれ(集団就職)、彼らは「金の卵」と呼ばれ、集団就職列車も運行された。都市部の中小企業に就職したかれらの豊富な労働力が日本経済を支えた[67]

左翼運動

一方、都市出身者や金銭的に余裕のある者は高校と大学へ進学して、高等教育の大衆化が進んだ。この時期にに起きた「60年安保」であり国会議事堂にデモ隊が集結した岸内閣退陣運動があった。1960年(昭和35年)安保闘争があった時期の1960年代(昭和35年)頃に右翼左翼への怒りと共産化への危機感から浅沼稲次郎暗殺事件など暴力事件による右翼テロが相次いだ。「70年安保」1970年(昭和45年)安保闘争をピークとする左翼運動の高潮であり、それは欧米のベトナム戦争反対闘争や五月革命などと期を一にしていた。こうした時代の雰囲気の中で、全共闘世代と言われる若者たちの一部は、「既成左翼」(日本共産党および日本社会党)の平和革命路線に反発した新左翼運動に身を投じ、機動隊や日本共産党系、右翼系の若者と暴力的な衝突を繰り返し、その激しい自己主張をぶつけ合った。新左翼運動は、団塊の世代などの戦後生まれの若者が行った東大紛争日大紛争など全学共闘会議による日本の学生運動の挫折を経て[68]、運動は孤立化して、日本赤軍連合赤軍よど号グループなどの左翼は過激化して、内ゲバや一般市民を巻き込む犯罪の日本赤軍事件あさま山荘事件成田空港管制塔占拠事件連続企業爆破事件よど号ハイジャック事件などのテロ活動へと追い込まれていった。彼らの起こした数々の事件は、それまで比較的同情的な面もあった世論の反発を引き起こした。若者たちの多くも東大紛争が失敗に終わると過激化した学生運動から距離を置くようになり、都市部の市民の多くは支持政党を持たない無党派層となった。

社会問題(公害・福祉・交通戦争)

昭和30年代(1955年(昭和30年) 〜1964年(昭和39年))には、国民皆保険体制が整備されて[69]高度経済成長の弊害として、以下の4つの名称の①四日市ぜんそく②イタイイタイ病③水俣病④新潟水俣病の4つの公害裁判となった公害病を指す『四大公害病』と言う言葉が誕生した。[66][70][71][72] 昭和30年代から1970年代の昭和50年頃にかけて三重県四日市市で発生した四日市ぜんそく(別名は塩浜ぜんそく・四日市公害)・神奈川県川崎市で発生した川崎公害(主な公害病名は川崎ぜんそくである)など工業地帯や都市部での大気汚染が深刻化した。熊本県水俣市で発生した水俣病(別名は熊本水俣病)・新潟県阿賀野川流域で発生した新潟水俣病(別名は第二水俣病・阿賀野川水銀中毒)などの企業犯罪による水銀中毒が発生して、また、富山県神通川流域で発生した奇病のイタイイタイ病も問題化した[73]。深刻な公害に対応するために公害対策基本法が成立した。鉄道中心の交通から自動車中心の社会となり日本国有鉄道はローカル線を中心に赤字経営となった。昭和30年代から昭和40年代にかけて鉄道の電化工事が行われて、気動車から電車に代わり、明治時代からの乗り物で、大日本帝国期に主流だった蒸気機関車が全廃された。モータリゼーションにより子供や老人が犠牲となる交通事故が当たり前になり事故による死者が激増して[71]交通戦争[74] 言われるようになった。こうした時代状況で自民党以外の野党は、日本社会党日本共産党社会主義革命を唱える労働者政党から都会住民を支持基盤とする革新政党に変化して、中道政治を唱える民社党創価学会を支持基盤とする公明党は都市部で支持者を増やして、労働者の地位向上や公害対策や高齢者などの福祉政策に積極的に取り組んだ。自民党以外の野党は昭和40年代に主婦層や商工業者、サラリーマンなどの都市住民に支持を広げた。大企業優先の成長路線だった保守勢力の自由民主党も、佐藤栄作首相の強力なイニシアチブの下、1971年(昭和46年)に環境庁を新設した。

本土復帰

臨時北部南西諸島政庁が設置されていた南西諸島地域が、1952年(昭和27年)2月10日トカラ列島がアメリカ合衆国から日本に返還されて、奄美群島1953年(昭和28年)に12月25日アメリカから日本に返還された。1968年(昭和43年)6月28日南方諸島及びその他の諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定により小笠原諸島がアメリカから返還された。1972年(昭和47年)5月15日に、アメリカによって琉球政府が創設されていた沖縄県が日本に復帰した[75]。県民の祖国復帰運動が実った結果だが、沖縄のアメリカ軍基地がそのまま在日米軍基地として残されたことは後に禍根を残した。

エネルギー問題

高度経済成長の進展とともに燃料石炭から石油へ転換するエネルギー革命が開始されて、これまで有力産業の一つであった炭鉱業界の合理化が迫られて1959年(昭和34年)〜1960年(昭和35年)に三井三池争議があった[76]1973年(昭和48年)の第一次オイルショック(石油危機)に伴い、狂乱物価抑制のための総需要抑制策が執行されて、高度経済成長は終焉することとなった。田中角栄内閣石油天然ガスなど海外からの資源に依存する火力発電から脱却して原子力発電を推進するために、電源開発促進税法特別会計に関する法律発電用施設周辺地域整備法電源三法を成立させた[77]




  1. ^ 昭和天皇は父・大正天皇の病状を受け1921年(大正10年)11月25日に「摂政宮」に就いている。
  2. ^ 昭和天皇1989年(昭和64年)1月7日午前6時33分に崩御し、皇太子明仁親王(現・上皇)が同時刻に直ちに皇位継承。同日中に元号を改める政令が新天皇の署名によって公布され、同政令の附則の施行期日の定めに基づき、昭和は同日午後12時を以て幕を閉じ、翌1月8日午前0時を以て平成と改元された。
  3. ^ 1947年(昭和22年)の旧皇室典範の廃止・日本国憲法及び現皇室典範の施行によって、元号に関する条文が削除され、元号は法的根拠を消失した。しかし、その後も慣習として昭和の年号は公私を問わず広く使用され続けた結果、1979年(昭和54年)の元号法の制定に至った。
  4. ^ 「明治」は11度目の正直=選から漏れた元号案、最多は40回、時事ドットコム、2019年2月2日15時19分。
  5. ^ 「昭和改元の詔」の日付は大正15年12月25日であり、同じ日に公布された大喪使官制(昭和元年勅令第1号)の日付は昭和元年12月25日となっている。
  6. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店〈岩波新書355〉1959年 32ページ
  7. ^ 第1回は1927年(昭和2年)5月28日「居留民保護」の名目で出兵。第一次大戦以来山東省には日本の各種の権益が多く、多くの日本人も居留していた。徐州に迫っていた国民政府軍(国民革命軍)の阻止が主目的で在った。第2回は1928年(昭和3年)4月19日に一次出兵と同じ目的で一個師団を投入した。しかし、中国統一や民族運動に譲歩していた英米とは違って、日本は中国の民族運動を抑えるためであった。5月3日には居留民殺傷という理由で済南城を攻撃し占領した。第3回は9日後の1928年(昭和3年)5月9日にさらに一個師団を増派し、合わせて15,000の大群で華北を抑えた。(遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 39と44-45ページ)
  8. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久20頁〜21頁
  9. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 78-79ページ
  10. ^ 反対は日本のみ、ほかにシャム(タイ)のみが棄権
  11. ^ 飛行機、戦車、火砲などの近代装備の大幅な充実
  12. ^ 武蔵、大和などの世界最大の戦艦や航空母艦の建艦
  13. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 135-137ページ
  14. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 136ページ
  15. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 169ページ
  16. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 171ページ
  17. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 172ページ
  18. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 172-174ページ
  19. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 239ページ
  20. ^ もういちど読む山川日本戦後史18頁
  21. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久94頁
  22. ^ 1947年9月19日 「天皇メッセージ」伝えられる”. 沖縄県公文書館. 2019年4月23日閲覧。
  23. ^ 天皇メッセージ”. 沖縄県公文書館 (1947年9月19日). 2019年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月23日閲覧。
  24. ^ 『図説 日本史通覧』291頁大型本2015年3月黒田 日出男(監修)帝国書院編集部(編集)
  25. ^ もういちど読む山川日本戦後史26頁
  26. ^ 『図説 日本史通覧』290頁大型本2015年3月黒田 日出男(監修)帝国書院編集部(編集)
  27. ^ もういちど読む山川日本戦後史25頁
  28. ^ もういちど読む山川日本戦後史30頁
  29. ^ もういちど読む山川日本戦後史62頁
  30. ^ もういちど読む山川日本戦後史16頁
  31. ^ [1] 朝鮮戦争と日本の関わり―忘れ去られた海上輸送―] 防衛研究所 防衛研究所戦史部石丸安蔵
  32. ^ 竹島領有権問題について 自民党領土に関する特別委員会委員長石破茂 2006年(平成18年)5月16日
  33. ^ もういちど読む山川日本戦後史40頁
  34. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久100頁〜101頁
  35. ^ ビデオの『日本の記録の12巻〜映像100年史星条旗の下』説明→民主化の内容ではアメリカ合衆国ニューディール政策より大きな政府を目指す革新政策であった
  36. ^ 『日本の記録の12巻〜映像100年史 星条旗の下での民主化』
  37. ^ もういちど読む山川日本戦後史21頁
  38. ^ 『図説 日本史通覧』292頁大型本2015年3月黒田 日出男(監修)帝国書院編集部(編集)
  39. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久88頁〜89頁
  40. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久102頁〜103頁
  41. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久120頁〜121頁
  42. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久140頁上段
  43. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久140頁下段
  44. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久136頁
  45. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久140頁
  46. ^ もういちど読む山川日本戦後史102頁
  47. ^ もういちど読む山川日本戦後史130頁
  48. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久142頁
  49. ^ “あのとき!1967年 非核の誓い、国会答弁”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2009年3月7日). http://www.asahi.com/information/db/anotoki/2009_0307.html 2011年4月3日閲覧。 
  50. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久180頁〜181頁
  51. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久146頁〜147頁
  52. ^ もういちど読む山川日本戦後史139頁
  53. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久194頁〜195頁
  54. ^ もういちど読む山川日本戦後史134頁
  55. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』104頁老川 慶喜【著】
  56. ^ 耐久財の変容中央調査社
  57. ^ 台所・厨房機器の保有率の推移中央調査社
  58. ^ 民俗学がわかる事典―読む・知る・愉しむ [単行本] 新谷 尚紀 (著)232頁
  59. ^ 民俗学がわかる事典―読む・知る・愉しむ [単行本] 新谷 尚紀 (著)233頁
  60. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』121頁老川 慶喜【著】
  61. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久148頁〜149頁
  62. ^ a b 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久272頁〜273頁
  63. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久154頁〜155頁
  64. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久210頁〜211頁
  65. ^ 民俗学がわかる事典―読む・知る・愉しむ [単行本] 新谷 尚紀 (著)218頁
  66. ^ a b 『もういちど読む山川日本戦後史』120頁老川 慶喜【著】
  67. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久144頁〜145頁
  68. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久220頁〜221頁
  69. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』107頁老川 慶喜【著】
  70. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』117頁老川 慶喜【著】
  71. ^ a b 『もういちど読む山川日本戦後史』119頁老川 慶喜【著】
  72. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』118頁老川 慶喜【著】
  73. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久212頁〜213頁
  74. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久202頁〜203頁
  75. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久246頁〜247頁
  76. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久168頁〜169頁
  77. ^ a b 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久150頁〜151頁
  78. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久214頁〜215頁
  79. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久254頁〜257頁
  80. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久288頁〜289頁
  81. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久268頁〜269頁
  82. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久290頁〜291頁
  83. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』161頁老川 慶喜【著】
  84. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』160頁老川 慶喜【著】
  85. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』164頁老川 慶喜【著】
  86. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』165頁老川 慶喜【著】
  87. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』166頁老川 慶喜【著】
  88. ^ 『もういちど読む山川日本戦後史』167頁老川 慶喜【著】
  89. ^ 時代の流れが図解で分かる。『早わかり昭和史』古川隆久302頁〜303頁
  90. ^ 政友会217議席,民政党216議席,無産諸派8議席,実業同志会4議席,革新3議席,中立その他18議席
  91. ^ 民政党273,政友会174,国民同志会6,無産諸派5
  92. ^ 政友会301議席,民政党146議席,無産諸派5議席
  93. ^ 民政党205議席,政友会171議席,昭和会22議席,社会大衆党18議席,国民同盟15議席
  94. ^ 民政党179,政友会175,社会大衆等37,昭和会19,国民同盟11等
  95. ^ 占領時、中国人軍民や婦女子を暴行虐殺し、南京事件起こす
  96. ^ 当選者、推薦381名,非推薦者85名
  97. ^ もういちど読む山川日本戦後史42頁
  98. ^ もういちど読む山川日本戦後史59頁
  99. ^ 今日の歴史(1月7日) 聯合ニュース
  100. ^ 朝鮮戦争に出動した日本特別掃海隊 海上自衛隊
  101. ^ もういちど読む山川日本戦後史89頁
  102. ^ テレビアニメとしてはそれ以前に『もぐらのアバンチュール』『新しい動画 3つのはなし』『インスタントヒストリー』『おとぎマンガカレンダー』などが放映されている。
  103. ^ 懐かしの昭和・平成流行事典2001年〜1945年の56頁
  104. ^ 懐かしの昭和・平成流行事典2001年〜1945年の52頁
  105. ^ 元々は昭和天皇の誕生日。戦前・戦中は「天長節」、戦後は「天皇誕生日」という名称であったが、昭和天皇崩御を受け「みどりの日」と改められていた。
  106. ^ 『平成トレンド史』4頁〜5頁著者原田曜平
  107. ^ ただし、平成生まれの国政選挙立候補者は2名存在した。
  108. ^ “存在感増した京都党、平成生まれ市議も誕生 京都市議選”. 京都新聞. (2015年4月13日). オリジナルの2015年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150413145806/http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20150413000022 2020年6月3日閲覧。 
  109. ^ コラム 6 元号伝説 - ポスト「大正」は「光文」か?、史料にみる日本の近代、国立国会図書館
  110. ^ 室町幕府第15代将軍足利義昭が一例で、その偏諱を貰って名前に「昭」の字を用いた大名も各地に存在した。他には徳川斉昭盛田昭夫も。
  111. ^ 時差の都合で日付の差異が絡むため。







昭和と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「昭和」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

  • 株式の投資基準とされるPSRとは

    株式の投資基準とされるPSR(Price to Sales Ratio)とは、時価総額と売上高との比率を表したもので、株価売上率、株価売上高倍率などともいいます。PSRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは

    株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想売上高が個別財務諸表ベースの予想売上高の何倍かを表したものです。売上高連単倍率は、次の計算式で求めることができます。売上高連単倍率=...

  • 株式の小型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「昭和」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



昭和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昭和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS