帝銀事件とは? わかりやすく解説

ていぎん‐じけん【帝銀事件】


帝銀事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 05:58 UTC 版)

帝銀事件(ていぎんじけん)とは、1948年昭和23年)1月26日東京都豊島区長崎帝国銀行(後の三井銀行。現在の三井住友銀行椎名町しいなまち支店(1950年に統合閉鎖され現存しない)に現れた男が、行員らを騙して12名を毒殺し、現金と小切手を奪った銀行強盗殺人事件。


  1. ^ 青酸カリ(シアン化カリウム)説、青酸ニトリル(アセトンシアノヒドリン)説がある。
  2. ^ 被害金額は、東京地裁の第1審判決書(昭和25年<1950年>8月31日)による。
  3. ^ 琺瑯質(ほうろうしつ)は「エナメル質」のこと。後藤仁敏「琺瑯質かエナメル質か、間葉性エナメル質かエナメロイドか」『鶴見大学紀要. 第3部保育・歯科衛生編』第51号、鶴見大学、2014年3月、 71-86頁、 doi:10.24791/00000109ISSN 0389-8024NAID 120006549053によると、1950年以前、つまり帝銀事件が起きたころの日本語では「琺瑯質」が一般的であった。「エナメル質」という言葉が広まったのは帝銀事件のあとの1950年代からで、特に藤田恒太郎著『歯の組織学』(1957年<昭和32年>刊)の影響が大きかった。ただし、東京歯科大学だけは「琺瑯質」を1994年(平成6年)まで使い続けた。ネットなどで流布している俗説「琺瑯質という歯科用語は、現在の東京歯科大学とその前身の東京歯科医専の出身者しか使わない特殊な用語で、これは真犯人が東京歯科医専の系統の歯科医である証拠」は誤り。
  4. ^ a b c d e f g 佐々木嘉信(著)・平塚八兵衛(述)『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』(新潮文庫、2004年。原著は1975年刊)
  5. ^ a b c d 中村正明『科学捜査論文「帝銀事件」―法医学、精神分析学、脳科学、化学からの推理』(東京図書出版会,2008)ISBN 978-4862232755
  6. ^ 帝銀事件の裁判で平沢貞通に死刑判決をくだした裁判官・江里口清雄によると、この巡査は「交番の若い教習所を出たばかりのおまわりさん」だった。自称「厚生技官」の犯人が行員らに薬を飲ませようとしたまさにその時、この若い警官がきて「赤痢がどこに出たのですか」と聞いた。すると犯人は「そんなことを警察が知らぬようじゃしょうがないじゃないか」云々と警官を怒鳴りつけた。若い警官は恐縮し、敬礼して出て行った。それを見た行員らは、それまで疑いの気持ちをもっていたのに、警官の態度を見て、てっきり本物の厚生技官であると信用してしまった。江里口清雄は「この警察官は意識しない犯罪幇助」を犯してしまったと述べ「事実の中には全く頭などでは考えられない、小説家でもちょっと思いつかないような事実があるのであります」と評した。また江里口は、この時は犯人の薬が非常に薄かったため効き目がなく未遂に終わったこと、1人だけ最後まで犯人を疑い薬を飲むふりだけして飲まなかった者がいたこと、もし犯人の毒薬が濃く死者が出ていたら毒を飲んだふりをした者がいたため失敗していたはずであることも述べている。出典:江里口清雄「法廷における弁護活動」、日本弁護士連合会編『特別研修叢書 昭和41年度上巻』pp.128-129 (国会図書館 永続的識別子 info:ndljp/pid/3454264)
  7. ^ 現行の刑事訴訟法は、帝銀事件発生の半年後、1948年(昭和23年)7月10日に公布され、容疑者の裁判が始まったあとの1949年(昭和24年)1月1日から施行された。
  8. ^ a b c d e f g 高木一(たかぎ・はじめ)「帝銀事件と白鳥事件」、野村二郎『法曹あの頃(下)』(日評選書、1981年)pp.176-190
  9. ^ a b c d 出射義夫(いでい・よしお 1908年-1984年)『検事の控室』(中公文庫、1986年)。pp.220-235に「帝銀事件の問題点」を収録。
  10. ^ 「第2回国会 衆議院 本会議 第13号 昭和23年2月2日」006 鈴木義男 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/100205254X01319480202/6
  11. ^ 帝銀事件の捜査線上に浮かんだ容疑者は約5800名にも及んだ(高木1981、p.179)。平沢は、帝銀事件の犯人の人相と似ていたため、比較的早い段階で捜査の対象になったものの、有力容疑者にはなっていなかった。1948年8月18日、平塚八兵衛が話をきくため平沢の長女の勤め先に行くと、初対面の長女は「また、調べられるのですか」と言って急に泣き出し、平塚を驚かせた。以前、平塚とは別の刑事が聞き込みに来たことがあり、長女は、もし父が本当に犯人だったら、と気をもんでいたためであった。出典:『刑事一代』新潮文庫版、pp.120-123
  12. ^ この人相書を描いたのは、浅草の絵師・海老根駿堂である。海老根を捜査本部に推薦したのは、かねがね彼の腕前を認めていたGHQの警察司政長官ヘンリー・イートンだった。海老根は2件の未遂事件と帝銀事件の目撃者に会い「英語を話す男」「温和な風貌」「何か仕事に疲れでもしたドンヨリした眼つき」などの証言も参考にして犯人の似顔絵をかきあげた。この人相書は捜査に大いに役だった。のちに容疑者として平沢「画伯」が浮上すると、海老根は同じく絵をなりわいとする者としてショックを受けた。彼は、自分の人相書があっているかどうかを確かめるため、上野駅に行き、護送されてきた平沢の顔を見た。おとがいの尖りが海老根の思っていたより強い角度だったこと以外は、人相書とだいたい同じだったので、海老根は安心した。出典:矢田喜美雄「帝銀事件余聞 人相書を描いた絵師の話」、『週刊朝日』増刊・炉昭和24年(1949年)7月1日号, pp.92-98
  13. ^ 居木井為五郎「帝銀事件 捜査記録(上)」、『旭の友 9(4)(105)』(長野県警察本部警務部教養課、1955年4月)pp.24-36 (国会図書館・永続的識別子: info:ndljp/pid/2632162 )
  14. ^ 『週刊新潮』昭和60年(1985年)5月23日号で、居木井為五郎は当時を回想し「捜査本部は七三一部隊に的を絞っていたために全然相手にしてくれない。最後には『お前は気が違ったんじゃないか』とまで面罵されましたよ」「藤田刑事部長が、平沢逮捕の断を下してくれた」と語っている。
  15. ^ 藤田次郎と東大で同期だった検事の高木一の証言によると、当時の藤田は「困ったことになった」と話し、平沢逮捕に踏み切った背景について「とにかく決着をつけねばならない状態でした。捜査は純粋なものだし、きちんと始末をつけ、それから前進しようといって、結局、居木井君を北海道に二度目に行かせた折に平沢を逮捕することになりました。/逮捕する段階でも、シロともクロとも断定したわけではありません」と述べている(野村二郎『法曹あの頃(下)』p.179)
  16. ^ 「第2回国会 参議院 司法委員会 閉会後第1号 昭和23年9月13日」「003 田中榮一」 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/100214390X00119480913/3
  17. ^ a b c d 居木井為五郎「帝銀事件 捜査記録(下)」、『旭の友 9(6)(107)』(長野県警察本部警務部教養課、1955年4月)pp.20-31 (国会図書館・永続的識別子: info:ndljp/pid/2632164 )
  18. ^ a b c d 森川哲郎『獄中一万日 追跡帝銀事件』図書出版社、1977年1月20日刊 ISBN 978-4809900358
  19. ^ a b c 福島章・中田修・小木貞孝編『日本の精神鑑定 : 重要事件25の鑑定書と解説1936-1994』(増補新版、みすず書房、2018年)。同書p.267-p.332の内村祐之・吉益脩夫「帝銀事件」は、内村祐之、吉益脩夫「脱髄脳炎後の空想虚言症とその刑事責任能力について」『精神神経学雑誌』第59巻第5号、日本精神神経学会、1957年5月、 ISSN 00332658NAID 40017966715 の主要部分を転載したものである。
  20. ^ 正木亮は法廷弁論の中で、平沢を「実に嘘つきであります」と批判し、平沢が疑惑の預金の出所について「この点さえ真実を述べれば事件は寸刻を出でずして片付くのであります」「本当に本件に関係のない金なら弁護人にだけはそっと知らして呉れたらよさそうなものである」と不満を述べつつ、「もしも平沢貞通が大正十四年に狂犬病の予防注射を打つことがなかったならば不幸なるコルサコフ病に罹ることもなく、また今日のような嘘つきにもならなかったのであるとされております」「(平沢に)嘘つきだという悪名をかぶせはしますけれども、証拠のはっきりしないものを死刑にすることはよくないということに気がつくようになりました」と弁護した。出典: 正木亮『死刑 消えゆく最後の野蛮』(日本評論社、昭和39年)p.111-p.125。なお正木は、平沢の死刑確定後の1955年(昭和30年)7月14日、国会で「私は心証から申しますと、平沢貞通が真犯人じゃないかと思っておるのであります」と述べた。出典: 「第22回国会 参議院 法務委員会 第15号 昭和30年7月14日」「021 正木亮」 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/102215206X01519550714/21
  21. ^ 佐伯省『帝銀事件はこうして終わった―謀略・帝銀事件』(批評社、2002年)
  22. ^ 平沢武彦「小樽で平沢貞通氏の春画発見!」 https://www.gasho.net/teigin-case/jiken/shunga/shunga.htm 2021年6月30日閲覧
  23. ^ a b c d 遠藤誠『帝銀事件の全貌と平沢貞通』(現代書館、2000年)。遠藤誠『帝銀事件と平沢貞通氏』(三一書房、1987年)の増補改訂版。
  24. ^ 松本清張『小説帝銀事件』では、春画を描いたことがわかれば平沢の画家としての名声は地に落ちることになるからあえて否定したのではないかと、主人公が推測する場面がある。ただ、もしそうなら、「殺人犯の家族」という汚名に苦しむ家族の懇願をはねつけてまでなぜ平沢は「画家の名声」にこだわったのかを合理的に説明する必要がでてくる(中村正明『科学捜査論文「帝銀事件」―法医学、精神分析学、脳科学、化学からの推理』)。実際、大量殺人犯の汚名は春画どころではなく平沢のそれまでの画業は抹殺された(平沢貞通#エピソード)。なお2000年(平成12年)には北海道小樽市と神奈川県横浜市でそれぞれ平沢のものと鑑定[誰?]された春画が発見されている(詳細は「救う会」HPの「小樽で平沢貞通氏の春画発見!」を参照)。ただし、これらの春画に平沢の署名はなく、いつ誰が誰からいくらで買ったのか、も立証できていない。そもそもこのていどの春画が、戦争直後の、裁判所の判事すら餓死するほどの経済難の時代に高い値段で売れたとは考えにくい、とする意見もある(中村正明『科学捜査論文「帝銀事件」―法医学、精神分析学、脳科学、化学からの推理』)。
  25. ^ 土地ではなく土地である。鑑識捜査の「鑑」を含む「土地鑑」は司法用語で、その土地をよく知っていて周辺の地理に詳しいという意味である。これに対して、あてずっぽうでなんとなくわかるという意味の「勘」を含む「土地勘」は、はじめてその土地に行ってもどこに何がありそうかなんとなくわかる、と全く違う意味になってしまう。帝銀事件関係の一次資料の表記は、司法用語の「土地鑑」(鑑識捜査の鑑)で統一されている。一方、マスコミやネット記事ではこれを誤って「土地勘」(勘が鋭い、の勘)と書きかえてしまうことが多いので、要注意である。参考記事 日本語研究室 - 言葉の雑学その2 ~土地カンで捜査のプロがカンカン!?~ 閲覧日2022年5月7日
  26. ^ 「シリーズ人間121 死刑囚 平沢貞通の妻」、『女性自身』昭和44年(1969年)9月27日号、pp.50-58
  27. ^ 平沢の逮捕・送致後の取り調べは、当時37歳の検事・高木一(東大法科卒。捜査本部の藤田次郎刑事部長と東大で同期)が独占的に行った。高木は、現場で犯人が取った行動が容疑者の性格・知識・能力が合致するかどうか「犯人適格」をいろいろ検査した。椎名町支店の犯人は誰か欠けていては困るので全員を集めるとき「オール・メンバー・カム・ヒア」と言ったが、これは平沢が自宅の朝食で家族を呼び集めるときの口ぐせだった。中井での未遂事件の犯人は企業名「井華」(せいか)を「いか」と誤読していたが平沢も「いか」と誤読した。高木は後年の回想で「これらは一つの例にすぎませんけど、こうしたテストを積み重ねると、犯人の適格性が出てくるんですね」と述べている。出典:野村二郎『法曹あの頃(下)』(日評選書、1981年)p.180-p.181。
  28. ^ 新潮文庫版『刑事一代』p.147。なお、平沢の妻は自著『愛憎を越えて―宿命の妻・平沢マサの手記』の中で「帝銀事件以後のこの伊豆行について、当局(警察や検察)では犯罪の逃避と単純に決めてしまつていますが、彼の伊豆で得たこの物静かな手堅い二つの作品(平沢が描いた絵を指す)は何よりも如実に彼の身の潔白を物語つて居ります。作品の巧拙は問題外として、生命と人格とを傾けて描いた画面に虚偽(いつわり)があろうはずはありません。又激情と恐怖の中では、しかも二日という短い時間では到底できない作品です。この静かな画面に向つて一瞬でも彼(平沢)を疑うことが出来るでしようか」と夫を擁護した。後年「平沢貞通氏を救う会」も同様の主張をしている。平塚八兵衛は、もし平沢が犯人なら事件後にあんな素晴らしい絵を描けるはずがない、もし犯人ならもっと絵ににごりがあるはずだ、という見解を「哲学者みてえなこと」「命がけでやってきた捜査をそんなことで簡単に決めつけられちゃあ、話にもならねえ」と一蹴した。出典:新潮文庫版『刑事一代』p.151。
  29. ^ https://kokkai.ndl.go.jp/txt/100214390X00119480913/3
  30. ^ a b c d 居木井為五郎「帝銀事件 捜査記録(中)」、『旭の友 9(5)(106)』(長野県警察本部警務部教養課、1955年4月)pp.18-27 (国会図書館・永続的識別子: info:ndljp/pid/2632163 )
  31. ^ 平沢クロ説の立役者となった名刺班の居木井為五郎警部補(役職は当時)は「昭和二十三年八月二十三日、平沢を逮捕して東京へ帰ってきてからだって捜査本部の空気はまったく冷たいもんでね。堀崎一課長は、〝今日中に自白すれば留置するが、しなければ釈放だ〟っていうんだ。自白なんか、させられねえだろうって腹があったんだろうな」と、平沢逮捕直後も捜査本部の主流は平沢シロ説だったことを打ち明けている(『週刊新潮』昭和60年5月23日号)。平沢の逮捕後、捜査一課の甲斐文助係長(平沢貞通の再審弁護団が重視する『甲斐捜査手記』通称「甲斐メモ」の作者)が車のなかで「課長さん申し訳ない。気違いヤローらがよけいな者(平沢のこと)を引っぱってきて、人騒がせさせて・・・・・・」と謝り、同乗していた「気違いヤロー」こと平塚八兵衛と乱闘寸前になる一幕もあった。この係長も、のちにぬけぬけと平沢逮捕の功績にあずかった(『刑事一代』新潮文庫版、p.152-p.153)
  32. ^ 実は、詐欺未遂事件にあった日本堂時計店は、早い段階で警察に対し、未遂事件の犯人の人相が帝銀事件の手配書と同じであると通報していた。刑事が日本堂時計店の詐欺未遂事件を調べ、その報告書を捜査本部にあげていた。しかし捜査一課の係長は、報告書を机の中にしまいこみ、すっかり忘れていた。平沢の逮捕後、その報告書が机の中から出てきて、係長は立場を失った。出典:新潮文庫版『刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史』p.148
  33. ^ 「東京高等裁判所 昭和56年(お)1号 決定」に「以上の目撃者の供述を通じて、犯人と直接応待し、数分あるいはそれ以上犯人と話をし、充分その特徴を把握する機会があったと認められる者、すなわち、安田銀行荏原支店長W(原文では実名)、同事件の際同支店に立ち寄った警察官I(原文では実名)、三菱銀行中井支店長O(原文では実名)、帝国銀行椎名町支店長代理Y(原文では実名)が、いずれも犯人は請求人である旨その同一性を確認する供述をしていることに留意すべきである。」とある。ちなみに警察官Iは、9月23日の取り調べで平沢の顔を見て高木一検事に「間違いありませぬ」と耳打ちして退席したが、平沢はこの日から自白を始めた。平沢の弁護人だった正木亮は、平沢の眼前で「間違いありませぬ」と耳打ちさせるこのような首実検のやりかたは平沢に心理的圧力をかけるデモンストレーションにほかならない、と批判した(正木亮『死刑 消えゆく最後の野蛮』昭和39年<1964年>、pp.115-116)。
  34. ^ 生き残りの1人M(結婚後はT姓。出典原文では実名)は「犯人が私たちに薬を飲ませる前、約10分ぐらいY支店長代理(出典原文では実名)は、犯人と話をしていました」「とにかくこんな調子で10分近くYさんは話をしているんです。決して一方的に、無条件に犯人に命令されて薬を飲んだのではなくて、一応疑って色々聞いて、そして納得して飲むことになったというのが、真相なんです」と述べている。出典:「なぜ行員たちは乾杯するように毒を飲んでしまったのか――生存者が語った"帝銀事件"の悪夢「平沢は犯人と思えません」
  35. ^ T(原書では実名)は後年の回想で、今も確信がゆらいでいないこと、同僚だった証言者M(旧姓。原書では実名表記)の否定的見解については「でも、まあ、みんな違う方向から犯人を見たわけですからね」と述べた(ウイリアム・トリプレット著、西岡公・訳『帝銀事件の真実―平沢は真犯人か?』1987年、p.159)。
  36. ^ a b 平塚八兵衛らが取り調べをしたともされるが、平塚八兵衛自身の証言によると、彼は平沢の取り調べはしていない。「傍流」にすぎなかった名刺班が、捜査本部の方針とは別に平沢を逮捕して大きなニュースとなったため、警察内部の嫉妬と反発を買った。平塚逮捕後も捜査本部はシロ説が主流であり、警視庁は、居木井為五郎と平塚を含む名刺班の4人に対して、北海道への出張の疲れをとるため自宅で休養するように、という口実で、事実上の謹慎処分をくだした。平塚らは平沢の送致後、取り調べからはずされ、最初から検事だけが取り調べるという前例のない事態になった。のみならず、ある警察幹部は平沢逮捕後も「平沢シロ説」を立証するため刑事を北海道に派遣するなど、捜査内部の対立はのちのちまで続いた(『刑事一代』新潮文庫版、2004年)。平沢の取り調べを担当した検事の高木一も、平沢はクロと信ずる者が捜査するとクロの捜査資料しかもってこない懸念があるため「居木井君の班は、平沢逮捕後は捜査班からはずし」たと述べている(『法曹あの頃(下)』P.179)。高木一は後年「平沢が警察の留置場に勾留されていた最初の四八時間は、居木井刑事が取り調べを行った。その後、検察当局が身柄の管理を引き継いでからは、高木みずからが取り調べにあたった」と証言している(ウイリアム・トリプレット(著)、西岡公 (訳)『帝銀事件の真実―平沢は真犯人か?』1987年、p.186)。
  37. ^ 平沢側は裁判で、取り調べが拷問に近かったと主張した。最高裁判所は聴取書を精査したうえでこの主張を退け、判決文(最高裁判所大法廷「昭和26(れ)2518」判決。昭和30年4月6日)の中で「論旨摘録の各聴取書に記載されたような検事の取調が行われたことは、認めることができるが、所論引用の聴取書によってその経過を委しく調べてみても、これをもって強制拷問とはいえないのみならず、また他に特別な強制手段を行ったという形跡も認めることはできない」と述べた。なお、裁判が始まる前は、平沢自身が拷問はなかったと述べていた。また当時の調取書にも(当然のことながら)「拷問に近い取り調べを行った」とは書いていない。平沢の逮捕後、取り調べを行った検事の高木一は、公正を期すため平沢クロ説で固まった居木井為五郎の班(名刺班。平塚八兵衛もいた)を取り調べからはずし平沢シロ説をとる者に全力捜査をさせたこと、平沢の取り調べに際し本人・家族・弁護士に「弁解、反駁があればいいなさい」と話したがシロの材料は出ずクロの材料ばかり出てきたこと、「途中で、自殺未遂みたいなこともありましたが、そのときの状況も、署名はしないけれど、全部そのまま調書にしました。自殺しようとしたのが芝居であるか、本当に自殺しようとしたのかも判定しなければなりませんから・・・・・・。」と取り調べの様子は全て調書に書いたこと、を述べている(野村二郎『法曹あの頃(下)』)。
  38. ^ 「第2回国会 参議院 司法委員会 閉会後第1号 昭和23年9月13日」「022 堀崎繁喜」 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/100214390X00119480913/22
  39. ^ 平沢マサ『愛憎を越えて―宿命の妻・平沢マサの手記』(都書房、1949年)
  40. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)
  41. ^ 「第22回国会 参議院 法務委員会 第2号 昭和30年3月31日」「084 江里口清雄」 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/102215206X00219550331/84
  42. ^ 平沢の三女は、平沢自供報道直後、雑誌『家庭生活』1948年(昭和23年)11月号に「帝銀容疑者平沢画伯を父にもった娘の手記」を寄稿し、すさまじい迫害を受ける家族の苦しみを訴えた。
  43. ^ 帝銀事件ホームページ」の中の「平沢貞通氏を救う会趣意書 1962年6月28日 森川哲郎事務局長記」。ちなみに北芝健『ニッポン犯罪狂時代』 (扶桑社、2009年) によると、「救う会」のある有名な弁護士(原文では実名)はプライベートな場で「(平沢貞通が)白でも黒でもかまわんよ」「国家という巨大でまがまがしい存在に対抗するには、この平沢の事件は非常にいいネタなんだ」云々と述べたという。
  44. ^ 平沢の次女は「『平沢貞通を救う会』(自分の実父なので「氏」を抜く)が父を救うなどと言っているため、父がいつまでも本当のことを言わない、そのため家族はいつまでも苦しまねばならない」と不満を述べ、また「救う会」が帝銀偽証事件を起こした時も「自分は黒を白と言ってまで父を助けてもらおうとは思わない」と語った(佐伯省『帝銀事件はこうして終わった―謀略・帝銀事件』、p.50)。ジャーナリストのウイリアム・トリプレットは「『救う会』が平沢の娘たちから、沈黙ではなく支持を取りつけることができていたら、『救う会』による平沢釈放の訴えはもっと重みを増していたはずだ」と残念がり「彼女たちが実父を支援しようとしなかったのは、西洋人の目にはどう見ても疑わしい行動に映るものだった」と述べる(ウイリアム・トリプレット(著)、西岡公 (訳)『帝銀事件の真実―平沢は真犯人か?』1987年、p.220)。ただし「救う会」の活動は別として、平沢の家族は「救う会」代表の森川哲郎や森川武彦(平沢武彦)とは良好な関係を保った。1996年ごろに撮影された、平沢貞通の長女が森川哲郎に親しげに語りかけるプライベートビデオが残っている(「コラム 帝銀事件とは何だったのか-50 Vol.50 原渕 勝仁さん」)。また、諸般の事情で縁を切ったとはいえ、平沢を思う家族の気持ちには変わりがなかった。平沢の三女は米国人と結婚し米国に渡ったが、1980年代前半、米国から獄中に父に手紙を寄せ、自分は父のことを思っており元気でいてほしい、自分はアメリカでの生活を満喫している、と伝えてきた。返信用のアドレスは記されていなかった。(『帝銀事件の真実』p.221)
  45. ^ 「女死刑囚に初恩赦」『朝日新聞』昭和44年(1969年)9月5日朝刊、12版、15面
  46. ^ 居木井は1960年(昭和35年)に警視庁の初代の検死官(現在は「検視官」と表記)となり、その研修で年下の監察医・上野正彦から指導を受けた。上野は著書『藪の中の死体』(新潮社、2005年)のなかで当時の居木井を「朴訥な好々爺という感じで、兄貴のような親しみやすさもあった。酒をくみかわすと、帝銀事件の苦労話が出てくる」「あの時の居木井さんの自信に満ちた顔は忘れない」と書いている。
  47. ^ 『週刊読売』1993年7月11月号、p.172
  48. ^ 甲斐文助が死去する2ヶ月余り前、甲斐の自宅を訪ねて本人から『甲斐捜査手記』を手渡された佐伯省は、その経緯を自著『帝銀事件はこうして終わった』p.191に書いている。遠藤誠も『帝銀事件の全貌と平沢貞通』(現代書館、2000年)p.253で甲斐メモを入手した経緯を書いた。
  49. ^ 石井敏夫『帝銀事件平沢貞通と一店主の半生』(つげ書房新社、1997年)、片岡健『絶望の牢獄から無実を叫ぶ ―冤罪死刑囚八人の書画集―』鹿砦社
  50. ^ Noose or Pneumonia? Time(英語) 目撃者の証言との不一致、アリバイの存在、自白を強要された可能性があることなど、当時分かっていたことが書かれている。
  51. ^ 『週刊読売』昭和49年12月21日号、pp.155-156
  52. ^ 「帝銀事件の二十七年間 消えてしまった遺族を追跡する!!」、『女性自身』1975年4月24日号、pp.48-54
  53. ^ 北海道放送「誤判の生贄 ~魂の画家 死刑囚・平沢貞通~」(プロデューサー:五十嵐浩二、日本民間放送連盟賞 2003年 テレビ報道・優秀賞受賞)
  54. ^ 平沢が亡くなった4日後、法務大臣の遠藤要は国会での答弁で、歴代の法務大臣が平沢の死刑を執行しなかった理由は「再審請求のさなかに執行したということになると世論として一体どうなるか、あれは口をふさぐために早くやってしまったんだというような疑いも出てくる」(第108回国会 参議院 法務委員会 第2号 昭和62年5月14日 「089 遠藤要」)ためであったと明かしたうえで、「平沢は間違いなく真犯人であるということを私は改めて強調申し上げておきたいと思いますので、ぜひその点は皆さん方にもお広めをひとつちょうだいいたしたいと思います」(同前)と述べた。
  55. ^ 平沢の晩年、「救う会」事務局長・森川哲郎は将来を憂慮した。法律では平沢が亡くなっても遺族が申し立てを引き継げるが、平沢の肉親に再審請求を続けたいと願う者はいない。森川は当時22歳の息子・森川武彦を平沢の養子とした。1981年(昭和56 年)1月24日に養子縁組が成立したあと、森川は涙ながらに「平沢の釈放を実現したいと願うあまり、自分は息子を犠牲にしてしまった」と家族にわびた。森川は翌年の末、58歳の若さで亡くなった。出典:ウイリアム・トリプレット著、西岡公・訳『帝銀事件の真実―平沢は真犯人か?』(講談社、1987年)p.96-P.97
  56. ^ 「自殺未遂を起こした帝銀事件「平沢貞通」養子の葛藤」、『週刊新潮』2011年3月17日号、pp.45-46。自殺未遂後、命を取り留めた平沢武彦は「平沢の実の孫や曾孫たちが、平沢は立派な画家だったと胸を張って生きていけるようにしたいと思って頑張ってきたんです」「でも、現実には、遺族の大半が私の運動をずっと迷惑がっていた」「かつては平沢の奥さん、そのお兄さん、それに長女とは細々と交流があったのです。でも、奥さんとお兄さんは亡くなり、長女の息子、つまり平沢のお孫さんのお嫁さんからは、2年ほど前に〝今後一切かかわりを持たないでください〟とまで言われてしまった。その他の孫、曾孫さんたちは、今では住んでる場所さえ知らないんです」と苦衷を述べた。
  57. ^ 「第19次再審請求の最中に孤独死していた『平沢貞通』養子」、『週刊新潮』2013年10月17日号、pp.39-40
  58. ^ 帝銀事件・平沢元死刑囚の養子?死亡 東京の自宅で 朝日新聞 2013年10月2日。また「帝銀事件とは何だったのか-35 Vol.35 原渕 勝仁さん」に「再審請求人の平沢武彦氏は2013年10月1日、一人暮らしの自宅で孤独死しているのを発見されている。発見したのは、このわたくしである」云々とある(2021年3月27日閲覧)。
  59. ^ 帝銀事件の再審請求終了 養子死亡で東京高裁 弁護団は異議 産経新聞 2013年12月3日閲覧
  60. ^ “帝銀事件、20回目の再審請求”. 朝日新聞デジタル. (2015年11月25日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12084462.html 2015年12月2日閲覧。 
  61. ^ 浜田寿美男「二十次再審請求に提出された自白・目撃供述の心理学鑑定書」、『明治大学平和教育登戸研究所資料館館報, 5』(明治大学平和教育登戸研究所資料館、2019年9月25日)pp.121-162
  62. ^ 柳沢よしたね「帝銀事件と奇術」、『奇術研究』第4号(昭和31年冬号、1956年12月1日)pp.30-32
  63. ^ 河合勝・長野栄俊・森下洋平『近代日本奇術文化史』(東京堂出版、2020年)pp.263-264
  64. ^ 陸軍登戸研究所第四科で毒物「青酸二トリール(アセトンシアノヒドリン)」の製造にたずさわったN(原書では実名表記)は犯人が被害者らに毒を飲ませた「その手口は非常にうまい」と述べつつ、帝銀事件を「もし私がやるとすれば,相手方の年齢・体格をみて,各個違った量を与えて,一人も生き残りを出さないように全部殺す自信がある。スポイトでやった目分量が技術達者な者とはいえない。だから生存者ができた」と述べた(塚本百合子「『甲斐捜査手記』より明らかになった旧日本陸軍の毒物研究とネットワークおよびGHQと交わされた“ギブ・アンド・テイク”」、『明治大学平和教育登戸研究所資料館館報, 5』2019年9月25日、p.10)。同じ第四科で青酸ニトリールの製品化にたずさわったS(原書では実名表記)は、もし使用毒物が即効性の青酸カリならそれを使って16人も殺すというリスクをあえて犯すのは「よく青酸カリの特徴を研究した大家か,もしくは全然素人」だけだと述べた(前掲「塚本2019」p.11)。
  65. ^ 警視庁機関誌『自警』1948年12月号
  66. ^ 「第41回国会 衆議院 法務委員会再審制度調査小委員会 第1号 昭和37年10月10日」の「008 磯部常治」 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/104105223X00119621010/8 に「○磯部参考人 申し上げます。私の調査したところによりますと、当時の弁護人、なくなられた山田義夫君でありますが、当時の弁護人らはエリーをぜひとも証人にということで申請したということを聞いております。が、裁判所は遂にこれを許さなかった。その許さなかったということは那辺にあるか、私は想像で申せとおっしゃれば申し上げますけれども、事実はよく知りません。同時にエリーは平沢の娘と一緒にアメリカへ行ったということでありますので、何とかこの点をと思って私も弁護人の立場からずいぶんと努力したのでありますが、遺憾ながらエリー氏に会うことができず、かつ最近の調査によれば、エリー氏は飛行機事故のために死亡したということが確実に入手されて、今はいかんともすることができ得ません。私はその程度しか今のこのエリーのアリバイ関係については知っておりませんということをお答えしておきます。」とある。
  67. ^ a b c d ウイリアム・トリプレット著、西岡公・訳『帝銀事件の真実―平沢は真犯人か?』(講談社、1987年)
  68. ^ 帝銀事件の使用毒物を鑑定した法医学者の中館久平は「普通青酸加里として市販されているものは、曹達が半分位、寧ろナトリュームの方が多く入っている。純粋の青酸加里は、作るのも困難だし、素人では勿論専門家でも容易に入手できない」(第二審判決書) と公判調書で証言した(文中「曹達」「ナトリューム」はそれぞれ「ソーダ」「ナトリウム」の意)。青酸カリウムであれ青酸ナトリウムであれ、青酸塩(シアン化物)は空気に触れるとすぐに空気中の二酸化炭素と反応して炭酸カリウムになり、そうなると色は白濁したり番茶のような色になり毒性もいくぶん弱まることも中館は公判調書のなかで指摘している。もし帝銀事件の使用毒物が、判決書のとおり、市販のいわゆる「青酸カリ」であり、犯人が自宅でそれを保管していた状況も判決書どおりであったなら、帝銀事件の被害者の状況は化学的に矛盾なく説明できるとされる(中村正明『科学捜査論文「帝銀事件」―法医学、精神分析学、脳科学、化学からの推理』)。
  69. ^ 古畑種基の四男で東大名誉教授の古畑和孝は、帝銀事件発生当日を回想し、父・種基が夜行列車で神戸に向かう仕度を家でしていると「突然、東京地検から緊急要請の電話での懇請があった。父は事情を説明するものの、地検は引き下がらない。『先生のお宅の近くの帝銀椎名町支店で、事件が発生した。行員が倒れている。是非とも検視していただきたい。』と矢の催促だ。事の重大性をある程度把握した父は『正式の鑑定は出来ないが、それではとにかく現場に行こう』と承諾した。(中略)何人もの行員がすでに絶命していた。また複数の重症の行員もいた。父の取り敢えずの検視に基づく一応の鑑定では『おそらく青酸カリ、ないしは青酸ナトリウムなど青酸化合物によるものだ』というものだった」出典:『わが道』(11)中学~高校時代に出くわした極めて大きな社会的事件①帝銀事件 (1447)2020年12月13日(日)23:48
  70. ^ a b 古畑種基『法医学ノート』中央公論社、1959年
  71. ^ 帝銀事件当時、工業用青酸カリ(実際は青酸カリウムと青酸ナトリウムの混合物)は町工場でもメッキのため普通に使われていた。町工場の大半は零細で、青酸カリの管理は一般的にずさんであり、青酸カリ溶液を舌で舐めて含量を調べる職人もいた(中村正明『科学捜査論文「帝銀事件」』)。理科系YouTuberの「ヘルドクター くられ」氏は学生時代、実験室にあった青酸カリを、教授がいないすきに学生仲間とともに4人でなめて味見した経験を語っている(YouTube「ペロ・・これは・・青酸カリ やってみた話」2021/03/17公開)。もちろん、青酸カリを口にするのは危険な行為であり、真似てはならない。
  72. ^ 植松正「帝銀事件の判決文を読む」、『法令ニュース 20(8)(451)』 (官庁法令出版、1985年8月)pp.14-17
  73. ^ 平沢を取り調べた検事の高木一は、昭和23年10月12日に東京地方裁判所に送った公判請求書の中で、平沢が「曽テ新聞紙上ニテ読知セル『増子校長毒殺事件』ニ暗示ヲ得」て犯罪を思いついた、と書いている
  74. ^ 伴繁雄は、平沢逮捕前の1948年4月の聞き取り調査では「アセトンシアンヒドリン(青酸ニトリール)説」を捜査員に語ったとされる(いわゆる「甲斐メモ」の記述。本人は後に、雑談を誤解されたものとしてこれを否定)。平沢逮捕後の9月6日、捜査会議に出席した伴繁雄は「帝銀毒殺事件の技術的の検討及び所見」という書類を土方博(元・日本陸軍技術少佐)と連名で提出し「使用毒物は純度の比較的悪い工業用青酸カリで、入手の比較的容易な一般市販の工業用青酸カリであると断定する」と結論づけ、その主張を終生、変えなかった。
  75. ^ 捜査一課係長・甲斐文助『帝銀事件捜査手記』第5巻(再審弁護団所蔵)
  76. ^ 藤田次郎刑事部長ら10人の日本人警察官たちは、捜査本部に隣接する目白警察署長の宿舎で石井四郎から話を聞いた。このとき同席した検事の高木一が後年、米国人ジャーナリストのウィリアム・トリプレットの取材で語ったところによると、GHQ関係者は1人も同席しておらず、石井は協力的で善良な役に立つ人間に見えた、という。トリプレットは「タカギが語ったところに従えば、GHQが、米国軍側とイシイとの取引を隠蔽するために七三一部隊の捜査を中止させたのだという主張はもう通らなくなるし少なくともそう思われる」と述べている(トリプレット『竹の花の咲くとき』小林敏久訳。遠藤誠『帝銀事件と平沢貞通氏』1987年、pp.393-397に引く。『竹の花の咲くとき』は1987年に西岡公の訳で『帝銀事件の真実』として講談社から刊行)
  77. ^ a b c 竹内理一(読売新聞社会部通信主任)「平沢は果して真犯人か」、『週刊読売』臨時増刊・昭和32年(1957年)6月5日号、pp.24-31
  78. ^ これは間違いで、これと反対に、警察の捜査本部は731部隊ともつながりがある旧陸軍の関係者の捜査を最後まで続けるため、GHQを利用して新聞報道を差し止めたのが真相とする説もある。詳細は以下の注の「GHQ公安部調査官ジョンソン・マンロウの覚書」を参照。
  79. ^ 「帝銀事件 米でGHQ機密文書発見 731部隊も捜査対象 毒物使用、教練通 り」、『読売新聞』1985年3月8日朝刊1面
  80. ^ 精確に言うと、日本の警察が、GHQの権威を利用して新聞報道を差し止めた、というのが真相である。1948年3月12日付の「GHQ公安部調査官ジョンソン・マンロウの覚書」によれば、その前日の3月11日、GHQと日本の警察の合同会議の席上、帝銀事件の捜査本部の藤田次郎刑事部長は以下の発言をした。自分たちは千葉県津田沼にあった陸軍化学研究所(陸軍習志野学校関連の機関を指すと思われる)の関係者を調べていること、警察は秘密裏に津田沼研究所に関与したY大佐とN少佐(原文では実名)の助力を得られることになったがそれを嗅ぎつけた読売新聞の記者にN少佐の自宅を見張られ困っていること、もし新聞に毒物研究所についての捜査をすっぱ抜かれるとせっかくの情報源が絶たれてしまうこと、を藤田は訴え、GHQの助力を要請した(遠藤誠『帝銀事件の全貌と平沢貞通』2000年、p.377-p.379)。読売新聞記者として731部隊を追った遠藤美佐雄も、後年の手記で、ある時、藤田刑事部長(記者クラブと良好な関係を築いており、新聞記者にとってネタ元であった)から電話で「いま君のやろうとしている事件から手を引いてくれないか。権威筋(暗にGHQを指す)からの命令でね」「いろいろ関係があって石井部隊(731部隊のこと)を君一流のスッパ抜きでやられては困るのでとにかくやめてくれ。この埋め合わせは他でするよ」と頼まれて報道をやめたこと、帝銀事件の映画で描かれたように読売新聞のデスクが米軍当局から直接「手を引け」と言われたのかどうか実情については何とも言えないこと、を述べている(前掲『帝銀事件の全貌と平沢貞通』、p.353-p.354)。
  81. ^ 遠藤誠『帝銀事件の全貌と平沢貞通』p.326
  82. ^ 文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「帝銀事件の悪夢」に載せるM(結婚後は竹内と改姓)の談話。2021年3月26日閲覧
  83. ^ 『甲斐捜査手記』第5巻。ただし伴自身は青酸カリ説であり、後年の手記で、自分が捜査員に雑談のなかで話したことが別の意にとられてしまった、と弁明している
  84. ^ 塚本百合子「『甲斐捜査手記』より明らかになった旧日本陸軍の毒物研究とネットワークおよびGHQと交わされた"ギブ・アンド・テイク"」『明治大学平和教育登戸研究所資料館館報』第5号、明治大学平和教育登戸研究所資料館、2019年9月、 1-26頁、 ISSN 2423-9151NAID 120006768527 p.11 より
  85. ^ 国会議事録「法務委員会 第8号 昭和37年12月7日 018 志賀義雄」 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/104105206X00819621207/18 2021年7月25日閲覧
  86. ^ 渡邉良平「帝銀事件の毒殺の手口と毒物の謎をめぐって」、『明治大学平和教育登戸研究所資料館館報, 5』(明治大学平和教育登戸研究所資料館、2019年9月25日)pp.177-192
  87. ^ オンライン講演会「帝銀事件と日本の秘密戦:捜査過程で判明した日本軍の実態」(明治大学平和教育登戸研究所資料館、2021年8月7日)での「帝銀事件再審弁護団より再審請求進捗状況報告(渡邉良平弁護士)」による。
  88. ^ コラム 帝銀事件とは何だったのか-13 Vol.13 原渕 勝仁さん」 2021年7月4日閲覧
  89. ^ 平沢クロ説に立つ中村正明によると、平沢貞通はコルサコフ病特有の記憶障害のうえに双極性障害離人症も加わり解離性同一性障害(旧称「多重人格障害」)が生じていた(中村正明『科学捜査論文「帝銀事件」―法医学、精神分析学、脳科学、化学からの推理』2008年刊)。平沢がサイコパス(精神病質者)だったなら、毒殺の時も落ち着き払いピペットを持つ手が緊張で震えることもなかったこと、犯行後も罪悪感をもたず口が達者で魅力的な人物に見えたこと、逮捕した刑事や取り調べを行った検事が見た平沢は不誠実な嘘つきだったのに拘置所の看守や支援者が見た平沢は生き仏のような人格者だったという二重人格性(弁護士の遠藤誠は「平沢氏普賢菩薩説」(平沢貞通#エピソード)を主張した)も合理的に説明できる。平沢冤罪説に立ち再審弁護団とも深くかかわった原渕勝仁は、平沢がコルサコフ症候群だったため「平沢の自白は証拠にならないということなのだが、逆に考えてみると、平沢には自分が犯行に及んだことも記憶から消失していた。だから自分はやってないと本気で死ぬまで〝嘘〟を主張し続けたともうがった見方ができなくもない。弁護団会議で、そのような平沢に不利になるような話をすることはタブーなのだが(下略)」と「帝銀事件とは何だったのか-28」の中で述べている。ただし原渕の叙述の真意は(残念ながら)「心理学的アプローチは事件を解決する決定打にはならない」という点にある。
  90. ^ 「東京高等裁判所 昭和31年(お)13号 決定」によると、獄中の平沢貞通は弁護士とともに「いわゆる帝銀事件の真犯人は平沢でなくH(原文では氏名を実名表記)であることが新に発見されたから、平沢に対しては無罪の言渡を為すべき理由があり、旧刑事訴訟法第四百八十五条第六号により再審請求をする」と主張したが、却下された。その後も平沢らは「未遂事件の犯人の目撃者のうち数名はHが似ていると証言」「Hの指紋は流れ指紋だが、帝銀椎名町支店に残された犯人の指紋も流れ指紋」「大村得三の筆跡鑑定によれば事件翌日に犯人が換金した小切手の裏書の筆跡はHと同一の可能性がある」「真犯人は自家用車で犯行直後の警戒網を巧みにくぐり抜けたはずだが、Hは自家用自動車を持っていた」などの理由を挙げて真犯人はHだと主張し続けたが、棄却された(「東京高等裁判所 昭和37年(お)10号 決定」)
  91. ^ 大西弘泰「心霊障害を巻き起こした帝銀事件」、『心霊研究』(日本心霊科学協会、1994年9月)
  92. ^ 佐伯省によると、731部隊の諏訪敬三郎(次項)を真犯人と主張した捜査二課の「成智主任は、他の捜査官は傍流だと言っているが、本当は犯人に対する人々の目を七三一部隊に向けさせるために、お人好しの成智が特命捜査主任などというもっともらしい名称を与えられて利用されただけで、主流の鈴木清捜査統括主任は上海で人体毒殺実験をやった陸軍中野学校出の特務機関員を本命とみて捜査していたのである」と指摘している。出典、佐伯省『帝銀事件はこうして終わった―謀略・帝銀事件』批評社、2002年(ISBN 978-4826503457)p.156。なお、名刺班だった平塚八兵衛も特務機関筋を調査し、戦時中「大陸(中国)で羽振りだった特務機関の顔役」に銀座で会って話を聞いたことを書いている。出典;『刑事一代』新潮文庫版、p.102-p.103
  93. ^ 秦郁彦によると、成智英雄がいうS中佐ことS・S(原書では実名)という姓名の人物は日本陸軍の軍医将校名簿には存在しない。該当しそうな似た名前の人物は、軍医大佐のS・K(精神科。原書では実名。1902年生まれ)と、軍医中佐のS・N(皮膚科医。原書では実名。1898年生まれ)の2人だけで、2人とも経歴は731部隊とは無関係だった。成智とその賛同者は明らかにS・Nのほうを念頭に置いていたと考えられるため、秦は1987年秋、F県(原書では実名表記)にあるS・Nの本籍地まで行って写真を入手し、帝銀事件の生き残りの1人M(旧姓。結婚後はT姓。原書では実名表記)に見てもらったが「犯人ではない」という返事を得た。出典:秦郁彦『昭和史の謎を追う』下巻(文藝春秋社、1993年)pp.191-194。秦郁彦より数ヶ月前、小池新もSの「親族に会い、写真も見せてもらったが、七三一部隊とは無関係で、帝銀事件犯人の似顔絵とは似ても似つかなかった。最終的に私は、Sが実際にいたとしても、それは実在の人物の名前と経歴を偽った別人と推理した」。出典:小池新「死刑確定後30年たってはじまった殺人事件再取材…担当警部が残した「メモ」から見えてきたもの――GHQ占領下の日本を揺るがした大量毒殺「帝銀事件」#3」2021/01/17(2021年3月24日閲覧)。なお、平沢の再審弁護団(遠藤誠ら)はS中佐真犯人説を理由に平沢の第17次再審請求を行ったが、東京高等裁判所は「東京高等裁判所 昭和56年(お)1号 決定」の中で「成智英雄は右S中佐(原文では実名)について直接捜査したことすらなく、同中佐と帝銀事件との具体的なつながりは一切明らかになっていない」と指摘し、棄却した。
  94. ^ a b 成智英雄「帝銀事件 死刑囚平沢貞通〝無実〟の確証」、雑誌『新評』昭和44年9月号 (新評社、1969年)pp.55-73 (国会図書館 永続的識別子 info:ndljp/pid/1808085)
  95. ^ 佐伯省『疑惑α―帝銀事件 不思議な歯医者』(講談社出版サービスセンター、1996年)、およびその増補改訂版である佐伯省『帝銀事件はこうして終わった―謀略・帝銀事件』(批評社、2002年)。なお後者の本のp.280には著者の言葉として、その歯科医は「平成元年(一九八五)」に82歳で亡くなり「今年、十三回忌のはずです」とあるが、平成元年なら1989年のはずである。
  96. ^ 東京高等裁判所昭和31年(お)13号決定
  97. ^ 帝銀事件担当検事 高木 一 (談)「哀れむべき人間 ―わたしの見た平沢貞通―」、『週刊朝日』昭和25年(1950年)8月6日号、p.13
  98. ^ 鈴木清「帝銀事件 平沢の手記」、警視庁警務部教養課 編『自警 56(1)』(自警会、1974年1月)pp.140-143 ※国会図書館 永続的識別子 info:ndljp/pid/2706830
  99. ^ 2019年1月「企画展「帝銀事件と登戸研究所」関連イベント 主催:明治大学平和教育登戸研究所資料館 特別プログラム 第二回講演会「帝銀事件第二十次再審請求の現状」」https://www.meiji.ac.jp/noborito/event/6t5h7p00000gn1xj-att/6t5h7p000032n36y.pdf p.25より引用。 2021年6月16日閲覧
  100. ^ 平沢の主張は国会の会議録「第46回国会 衆議院 法務委員会 第41号 昭和39年6月5日」026 赤松勇 https://kokkai.ndl.go.jp/txt/104605206X04119640605/26 でも読むことができる。
  101. ^ 帝銀事件を論ず - 青空文庫
  102. ^ 哀れなトンマ先生 - 青空文庫
  103. ^ 目をあいて見る - 青空文庫
  104. ^ 「一般社団法人 日本民間放送連盟」公式HPの「表彰番組・事績」 https://www.j-ba.or.jp/category/awards/jba100930#se3aa602 2021年5月30日閲覧



帝銀事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 02:06 UTC 版)

登戸研究所」の記事における「帝銀事件」の解説

1948年1月26日発生した帝銀事件では、警視庁犯行使われ毒物登戸研究所開発したものと推定し第二科の研究者中心に捜査が行われた。この中捜査メモ甲斐文書」に、関東軍防疫給水部共同による人体実験関与指摘する供述記録されている。第二科の関係者多くは、登戸研究所開発されアセトン・シアン・ヒドリン青酸ニトリル)である可能性がある証言している。 詳細は「帝銀事件#毒物の謎」および「シアノヒドリン#主な化合物を参照

※この「帝銀事件」の解説は、「登戸研究所」の解説の一部です。
「帝銀事件」を含む「登戸研究所」の記事については、「登戸研究所」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「帝銀事件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



帝銀事件と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

帝銀事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帝銀事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帝銀事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの登戸研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS