世界初の一覧 世界初の一覧の概要

世界初の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 07:56 UTC 版)


  • 地域固有の文化や行事は除外する。これらは各記事を参照すること。
  • 本項は、世界で一番早いという意味で「世界一の一覧」のサブカテゴリーである。
  • 世界初でかつ現存している場合は「世界最古の一覧」にも記載する。

道具

火の使用

  • 自然発火利用・発火法 - 原人(南アフリカ北部のワンダーウェーク洞窟)
    • 吉野敏行の研究論文によると、最古の火の使用は、南アフリカ北部のワンダーウェーク洞窟で発見された、約100万年前のものである[2]。火の使用は、初期は「野火火山活動・落雷山火事などによる自然発火)」の利用だったが、その後、発火技術を発見し、自力で発火するようになった[3]

言語・文字

文明

第一に、最古の道具の作成は、アフリカ大地溝帯オルドヴァイ峡谷で、約260万年前~約180万年前の打製石器が発見されている[1]。これは「オルドワン石器」と呼ばれ、原人(ホモ・ハビリスホモ・エレクトスなど)が作成したとされている[1]
第二に、最古の火の使用は、南アフリカ北部のワンダーウェーク洞窟で発見された、約100万年前のものである[2]。火の使用は、初期は「野火火山活動・落雷山火事などによる自然発火)」の利用だったが、その後、発火技術を発見し、自力で発火するようになった[3]
第三に、最古の言葉(音声言語)の使用は、成立年代が諸説ある[3]。言葉自体は遺物として残らないためである[3]。しかし道具の作製、火の使用、言葉(音声言語)の使用という、狩猟採集型文明の発祥の三条件が満たされるのは、約100万年前である[3]
以上を踏まえ、原人以後のホモ属代謝形態もしくは生活様式を「狩猟採集型文明」と呼び、この最古の文明を創出した人類最初の革命を「人類革命」と呼ぶ[3]

注釈

  1. ^ ウニのを分割すると、それぞれが完全なウニに成長することを発見。細胞核移植以前のクローン技術と位置付けられる。
  2. ^ アカガエル属の1種。
  3. ^ 世界的に認められているカシミール・フンクは、翌年同ビタミンを発見。
  4. ^ 4艦とも日本語読み。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 吉野敏行「文明の代謝史観序説」『人間と環境』第6巻、2015年、 60頁。
  2. ^ a b 吉野敏行「文明の代謝史観序説」『人間と環境』第6巻、2015年、 60-61頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 吉野敏行「文明の代謝史観序説」『人間と環境』第6巻、2015年、 61頁。
  4. ^ 生みの親が語る「ケータイ絵文字」14年の軌跡と新たな一歩”. 日経トレンディ (2012年5月25日). 2018年8月28日閲覧。
  5. ^ a b 細野英夫「里山の基礎的研究―南那須―」『白鷗大学論集』第19巻第1号、2004年、 109頁。
  6. ^ a b 高阪章「私たちはどこから来て、どこへ行くのか──人類史から見た暮らしの変化──」『国際学研究』第6巻第1号、2017年、 42-43頁。
  7. ^ The Shore Porters' Society: About Us - Our History” (2007年). 2008年5月6日閲覧。
  8. ^ 【PDF速報】世界初DMV発進 線路も道路も走ります! 阿佐海岸鉄道・海陽町―高知県東洋町|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞電子版” (日本語). 徳島新聞電子版. 2021年12月25日閲覧。
  9. ^ “世界で初めて商用の自動運転トラックが公道での走行を認可される”. Gigazine. (2015年5月11日). http://gigazine.net/news/20150511-autonomous-truck-drive-road/ 
  10. ^ Telegram from Orville Wright in Kitty Hawk, North Carolina, to His Father Announcing Four Successful Flights, 1903 December 17”. World Digital Library (1903年12月17日). 2013年7月22日閲覧。
  11. ^ “World’s First Untethered Manned Electric Helicopter Flight” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル. (2011年9月6日). https://www.wsj.com/articles/BL-TEB-3102 
  12. ^ “世界初の顔面完全移植男性、TV記者会見で感謝の言葉 スペイン”. AFP BB. (2010年7月27日). http://www.afpbb.com/articles/-/2743445 
  13. ^ “世界初の子宮移植ベビーが誕生! 医療技術の発達はここまできた!”. TOCANA. (2014年12月13日). https://tocana.jp/2014/12/post_5364_entry.html 
  14. ^ Pop Quiz: What was the first personal computer?” (英語). en:Blinkenlights Archaeological Institute. 2021年10月19日閲覧。
  15. ^ The George R. Stibitz Computer Pioneer Award”. 2008年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月19日閲覧。
  16. ^ Timeline of Computer History” (英語). Computer History Museum. 2021年10月19日閲覧。
  17. ^ 世界初のパーソナルコンピュータ「Altair 8800」の開発者E・ロバーツ氏、死去” (2010年4月2日). 2021年10月19日閲覧。
  18. ^ Learning to program the D-Wave One” (英語). 2011年5月11日閲覧。
  19. ^ 量子コンピューターに、最初の買い手がついた”. 2011年5月11日閲覧。
  20. ^ PlayStationStore「ゲームアーカイブス」カテゴリ内にて「PCエンジンアーカイブス」を、本日より取り扱い開始”. ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン ニュースリリース (2007年9月15日). 2012年9月21日閲覧。
  21. ^ カプコンオンラインゲームズ|タイトル詳細|ファイティング・ストリート”. 株式会社カプコン (2009年10月6日). 2016年5月9日閲覧。
  22. ^ Sony Global -Sony History-
  23. ^ a b レコチョクが平成ダウンロードランキングを発表!平成を通して最もダウンロードされた楽曲はGReeeeN「キセキ」~平成最後、令和最初の1曲無料プレゼントキャンペーン実施~、PRTIMES(株式会社レコチョク)、2019年4月25日 11時46分。
  24. ^ 「1 ロック・アラウンド・ザ・クロック ビル・ヘイリーと彼のコメッツ」『ビルボード・ナンバー1・ヒット (上) 1955-1970』フレッド・ブロンソン(著)、井上憲一ほか(訳)、音楽之友社、1988年、25頁。ISBN 978-4-276-23601-1。(該当ページにはノンブル表記なし)
  25. ^ 稲垣正浩、寒川恒夫、野々宮徹、谷釜了正 『図説 スポーツの歴史―「世界スポーツ史」へのアプローチ』大修館書店、1996年10月10日、14-15頁頁。ISBN 978-4-469-26352-7 
  26. ^ 中国、世界初の量子通信衛星を打ち上げ”. AFP BB (2016年8月16日). 2016年8月19日閲覧。
  27. ^ 中国、世界初の量子通信衛星を軌道に”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2016年8月16日). 2016年8月19日閲覧。
  28. ^ classe Dévastation”. Dossiers Marine. 2007年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月12日閲覧。
  29. ^ 三浦耕喜 『ヒトラーの特攻隊―歴史に埋もれたドイツの「カミカゼ」たち』作品社、2009年2月17日。ISBN 4-86182-224-6 ISBN 978-4-86182-224-7
  30. ^ "Wikipedia:Wikipedia's oldest articles"。ウィキペディアにて2022年1月23日日曜日閲覧。
  31. ^ Andrew Lih 著The Wikipedia Revolution





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界初の一覧」の関連用語

世界初の一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界初の一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界初の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS