群馬県 対外関係

群馬県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 06:11 UTC 版)

対外関係

1980年8月25日提携。 [42]

経済・産業

群馬県内には、国税庁「法人番号公表サイト」に登録されている企業だけでも約5万5,000社存在する。「法人番号公表サイト」に登録されている県内企業のうち、企業名の冒頭に付く言葉(冒頭3音以上)で最も多かったのは、731社の「ぐんま」(片仮名・漢字表記含む)で、270社で2位の「にほん」、263社で3位の「かんとう」に大差をつけた。全体的な傾向として、所在地名や経営者名が上位となっている(2018年(平成30年)1月19日現在)。関東7都県のうち、所在地の都県名を企業名の冒頭に付ける割合は群馬県が1.3%で首位となった。背景には地名や名字など具体的な社名を好む県民性や郷土愛の高さがあると考えられる。[43][44]。 しかし一方では都道府県愛着度ランキングなどの各種調査では常に30~40位代を推移しており、決して高いとは言えない。

第一次産業

東京まで約100㎞の距離にあり首都圏の消費地に近く、関越自動車道を始めとする高速道路の整備も充実していることから、野菜の生産が盛んである。2020年の生産額は約1000億円で全国6位、関東地方では茨城県と千葉県に続く3位となっている。ホウレンソウの生産量は第一位であるほか、キャベツキュウリも上位に入る年が多いことで有名。県内の耕作地の標高は100m-1500m程度まで幅があるとされ、嬬恋村や昭和村などの山間部では冷涼な気候を利用した抑制栽培により収穫時期を他産地とずらすことで大きな利益を上げている。変わったとことではコンニャクの原料となるコンニャク芋の生産量は国産の約9割を占め、県の北部や西部を中心に一面のコンニャク畑が見られる。関東ローム層などの火山灰土壌が多くコメは広く知られたブランドが存在しないが、穀物ではコムギの生産が有名で東部を中心にコメとの二毛作を行っている。。

果樹では特にウメの生産が有名で和歌山県に次ぐ生産量を誇る。観梅では秋間梅林安中市)、榛名梅林(高崎市)、箕郷梅林(同)が県の三大梅林とされており、実の産地もこの2市が多い。沼田市を中心とする北部ではリンゴの栽培が多い。かつては養蚕も盛んであったことからカイコの餌となるクワの栽培も県内で広く行われており、幹の高い位置から伐採し台刈萌芽による独特な樹形をしたクワ畑が各地で見られたが蚕糸の衰退とともに激減し、ほかの作物や住宅工場用地に転用された。

森林面積は42万haで県の面積の2/3に達し、関東では最も多いとされる。民有林と国有林、人工林と天然林の割合は共にほぼ半々、竹林が全面積の5%を占める[45]。人工林の主力樹種はスギ次いでヒノキである。カラマツもヒノキと同程度の面積に植栽されているが高地に多い。県の木はクロマツ。かつて薪の採取や採草地として火入れの結果禿げ山・草山だった赤城山において治山のために用いられたことに由来するという[46]。クロマツは一般に内陸には少なく前橋周辺でも敷島公園などはアカマツばかりであるのにクロマツを用いたのは諸説ある。赤城山緑化の関係者の一人に麓の富士見村出身の船津伝次平がいる。

第二次産業

工業は明治の富岡製糸場富岡市)に始まり、大正から昭和にかけては戦闘機爆撃機の生産で知られた中島飛行機太田市)が有名。中島飛行機は戦後はGHQにより解体されたものの、主だった部門は富士重工業と名前を変え、本社こそ東京に移ったものの主力工場を県内に置きスクーター自動車バスを中心に生産して県内の経済をけん引した。2000年以降も県内の工業生産額は東部の太田市、伊勢崎市、桐生市などが高い。

鉱業は各地で行われていたものの、多くが閉山・廃業した。2020年代でも残るのはベントナイト(富岡市)および石灰石神流町)などでともに露天掘りで採掘している。また、草津温泉では湯畑の湯樋から硫黄などを含む湯の花を採取しており、土産用の入浴剤などとして販売されている。草津周辺はかつては商業用の硫黄鉱山も点在したがすべて閉山した。ほかに渡良瀬川流域(桐生市、みどり市)などでマンガン六合村では鉄分を含むコケや細菌が堆積した地層から露天掘りで鉄(群馬鉄山)、高崎市の観音山周辺は亜炭が採取されていた。 加工では東邦亜鉛安中工場が信越本線安中駅に隣接して存在するが、ここでは亜鉛の精製のみを行っており原料の鉱石は貨物列車によって福島県から輸送される。1930年代の操業開始以降、周辺で煙害カドミウム廃液の垂れ流しによる環境破壊と健康被害が起こり安中公害訴訟に発展した。製油所は県内にないものの、油槽所倉賀野駅(高崎市)に隣接して存在し、ガソリン軽油神奈川県や千葉県から貨物列車によって輸送されてくる。

第三次産業

電力分野では山間部に水力発電所が多数立地し、県内はもとより首都圏の電力需要を支えている。。施設の所有者は東京電力のほか県が所有する県営の発電所も多い。火力発電は大規模なものは立地しないが、石炭・石油燃焼型ではないごみ焼却場併設型や木質バイオマス発電などはいくつかある。2010年代以降は太陽光発電も増えており山の斜面を切り開く形での設置も多い。

運輸は明治時代までは利根川水系の各河川を利用した水運が盛んであった。明治以降は生糸の輸出などの国策もあり、国内でも早い時期に鉄道が整備され1884年には高崎駅、前橋駅から東京方面への鉄道が開通し県内の水運は衰退していった。中山道三国街道の分岐点、西部の河川が合流し江戸時代から人流物流の要衝とされた高崎市付近は鉄道においても要衝とされた。高崎駅には各方面からの鉄道が集まり、利根川右岸を代表する商業都市としてさらに発展した。2020年代現在でも高崎には県内最大の貨物駅があり、県内唯一の機関区を持つなど鉄道による物流の拠点となっている。また旅客乗降者数も高崎駅が県内で最も多い。利根川左岸や渡良瀬川沿いの都市(前橋、伊勢崎、桐生、太田、舘林)も各地への路線が集まるが、高崎の規模にはならなかった。

群馬県に本社を置く企業

ベイシアグループのうちカインズ(カインズホーム)は埼玉県本庄市に移転

群馬県と関係の深い企業

このほかにも三国コカ・コーラ群馬工場・キリンビール高崎工場・日本たばこ産業高崎工場(いずれも高崎市)があったが、事業再編リストラクチャリングにより撤退した。

県内の主な大型商業施設

県内で発生した主な災害と防災計画

記録に残っているもののうち、自然災害を中心に県内で特に人的・物的被害が大きかったものを記載する。群馬県では災害対策基本法第40条に基づき群馬県地域防災計画を定めており、気象警報や被害が出た場合の対応、避難誘導、罹災証明書の発行などの手順が記載されている[47]

水害および土砂災害で特に被害大きかったのは1947年(昭和22年)9月のカスリーン台風土石流が多発した赤城山周辺を中心に県内で600人近くが死亡した。この2年後のキティ台風も40人以上の死者を出している。西毛の山間部からの河川が集まる高崎市付近は水害が多く、1910年(明治43年)や1935年(昭和10年)が被害が大きかった。干害は江戸時代や明治時代には記録があるものの、ダム・頭首工(取水堰)・農業用水路や水道の整備などによって昭和以降は激減し、県内ではほぼ発生しなくなっている。

火山災害では県内及び近隣県に所在し活動が活発な草津白根山浅間山が特に警戒されている。1783年の浅間山の噴火では現在の嬬恋村付近が甚大な被害を受けた。また、上毛三山のうち妙義山を除く榛名山赤城山は、ここ数百年の活動が鈍いBランクおよびCランクではあるが活火山であるとされている。


注釈

  1. ^ 東京都の水源は約8割が利根川水系及び荒川水系で、約2割が多摩川水系である。尚、荒川は武蔵水路によって利根川の水も導水されている。
  2. ^ 陸続きで車両が往来できない県境は群馬・福島県境と富山・長野県境の2つのみである。前者は徒歩での越境に3時間30分程度、シャトルバスでの乗り継ぎを含めると4時間程度を要する。車両だと国道120号や国道401号などで日光市などを経由して200km以上、6〜7時間もの大迂回を強いられる。後者は尾瀬のように自然保護目的ではないがあまりにも険しい山岳地帯に阻まれているため登山道とアルペンルート以外の道が存在せず車両の通り抜けは不可能である。
  3. ^ 蒸し焼き料理に用いられたとみられる。
  4. ^ 県総人口が初めて200万人を超えたのは1993年11月1日だが、1994年4月1日に一度割った後、翌月1日に再び200万人を超えている。

脚注 

  1. ^ 水源・水質 東京の水道水質”. 東京都水道局. 2020年7月15日閲覧。
  2. ^ 平成20年度 県民経済計算(県民所得推計結果)の概要
  3. ^ 例えば、高崎学検定講座「逃げた県庁、逃げられた県庁-花燃ゆと県庁移転問題-」”. 高崎市市民活動センター (2015年7月29日). 2019年5月14日閲覧。
  4. ^ 西垣晴次・山本隆志・丑木幸男編『群馬県の歴史』山川出版社 2003年11月
  5. ^ 前掲県史、西垣晴次「風土と人間 -自然にはぐくまれた上州人気質」2ページ
  6. ^ a b 群馬はGunmaかGummaか ローマ字表記の謎
  7. ^ 群馬(ぐんま)のローマ字表記について
  8. ^ ぐんまちゃん、“銀座追放”免れる 東京の「ぐんまちゃん家」、交渉難航し近所に移転へ 広くて格安の物件に - 産経新聞(2018年6月22日閲覧)
  9. ^ 【2月14日】ぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家」移転について(ぐんま総合情報センター) - 群馬県報道提供資料(2018年2月14日更新)2018年6月22日閲覧
  10. ^ 【5月9日】ぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)の移転オープン時期の変更について(広報課) - 群馬県報道提供資料(2018年5月9日更新)2018年6月22日閲覧
  11. ^ 【6月5日】ぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)オープニングセレモニーについて(広報課) - 群馬県報道提供資料(2018年6月5日更新)2018年6月22日閲覧
  12. ^ 【6月11日】平成29年度「ぐんま総合情報センター」の実績について(広報課) - 群馬県報道提供資料(2018年6月11日更新)2018年6月22日閲覧
  13. ^ 【6月11日】移転後のぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)について(広報課) - 群馬県報道提供資料(2018年6月11日更新)2018年6月22日閲覧
  14. ^ 新店舗のオープン日が決定しました! - ツイッター ぐんまちゃん家(公式)(5月31日)2018年6月22日閲覧
  15. ^ 2018年(平成30年)1月1日 上毛新聞 6面
  16. ^ 「地域ブランド調査2009」調査結果
  17. ^ 「地域ブランド調査2010」調査結果
  18. ^ 「地域ブランド調査2011」調査結果
  19. ^ 「地域ブランド調査2012」調査結果
  20. ^ 「地域ブランド調査2013」調査結果
  21. ^ 「地域ブランド調査2014」調査結果
  22. ^ 「地域ブランド調査2015」調査結果
  23. ^ 「地域ブランド調査2016」調査結果
  24. ^ 「地域ブランド調査2017」調査結果
  25. ^ 「地域ブランド調査2018」調査結果
  26. ^ 2017年(平成29年)11月20日 上毛新聞 1面
  27. ^ 群馬県「テレビ・ぐんま一番」2017年(平成29年)1月31日更新、2月12日閲覧。
  28. ^ 館林市「館林市の紹介」2015年(平成27年)4月1日付、2016年(平成28年)1月20日閲覧。
  29. ^ 上毛かるた「雷(らい)と空風(からっかぜ)義理人情」
  30. ^ 「気象の“基準”元宿町に移設、「アメダス」23年ぶりに」(2018年12月29日閲覧)
  31. ^ 松田猛・関口功一「文化のあけぼの」 西垣晴次・山本隆志・丑木幸男編『群馬県の歴史』山川出版社 2003年11月 10 - 11ページ
  32. ^ 上毛かるた「ゆかりは古し貫前神社」
  33. ^ 上毛かるた「昔を語る多胡の古碑」
  34. ^ 上毛かるた「歴史に名高い新田義貞」
  35. ^ 上毛かるた「桐生は日本の機(はた)どころ」
  36. ^ 『47都道府県うんちく事典』96頁出版社-PHP文庫・執筆者-八幡和郎
  37. ^ 2017年(平成29年)11月1日 上毛新聞 1面 「世界の記憶」に上野三碑 5年越しの活動結実
  38. ^ 2018年(平成30年)1月20日 上毛新聞 1面 歴史的まちづくり支援 桐生市の計画認定 政府
  39. ^ 2018年(平成30年)1月24日 上毛新聞 17面 風致維持計画 桐生市に認定証 政府
  40. ^ 2019年(令和元年)5月21日 上毛新聞 1面 日本遺産に里沼 館林市が申請 本県2件目
  41. ^ a b c 南雲栄治監修『群馬の風土と生活』みやま文庫122(平成4年3月)25-26頁 都市の分布
  42. ^ 海外姉妹友好提携状況”. 群馬県 (2019年12月). 2019 -12 -08閲覧。
  43. ^ 2018年(平成30年)1月21日 上毛新聞 1面 企業名「ぐんま」最多731社
  44. ^ “背景は県民性や郷土愛の深さ? 県内企業名冒頭「ぐんま」731社”. 上毛新聞 (上毛新聞社). (2018年1月21日). オリジナルの2018年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180408191923/https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/28435 2018年1月24日閲覧。 
  45. ^ 群馬県(編)群馬県森林・林業基本計画2021-2030
  46. ^ 県のシンボルについて- 群馬県ホームページ
  47. ^ 群馬県防災会議(編)群馬県地域防災計画 令和4年3月改訂版
  48. ^ 地上デジタルテレビ放送のエリア(関東広域圏東京親局).総務省 2020年7月15日閲覧。
  49. ^ JJサニー千葉日本語) 『千葉流 サムライへの道』ぶんか社、2010年、139頁。ISBN 4821142694 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

群馬県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
群馬県の温泉情報



群馬県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの群馬県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS