タモリ一義とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > タモリ一義の意味・解説 

タモリ

(タモリ一義 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 08:40 UTC 版)

タモリ1945年昭和20年)8月22日[2] - )は、日本男性お笑いタレント漫談家司会者。本名は森田 一義(もりた かずよし)[1]福岡県福岡市南区市崎出身[3]




注釈

  1. ^ 流派は柳生新陰流の流れを汲む福岡藩に伝わった柳生新影流(有地新影流)である。
  2. ^ 「タモリが『ベイシー』にやってくる」(『SWITCH』Vol.33「特集 ジャズタモリ」)によれば発言の主は鈴木良雄の同期でのちにマネージャーとなる瓜坂正臣だという。また「【証言で綴る日本のジャズ】増尾好秋〈第2話〉 「僕の知っているタモリは大人しくて真面目」」によればタモリに司会をやるよう勧めたのも瓜坂だという。
  3. ^ 赤塚は1973年に離婚しており、子供の親権は前妻に取られていた。
  4. ^ ちなみにこのコーナーMCはラビット関根である。
  5. ^ 「永さんがいなかったら、NHKには出られなかった」とラジオ番組で語っている。タモリ、2年連続“ANN”放送決定 サングラスめぐる秘話もORICON STYLE(2016年12月16日)。
  6. ^ 同大会の開催は嵐のライブ開催決定の2か月前に決まっていた。
  7. ^ ただし、この年のタモリカップがなくなってしまったように受け取られがち(場所を変えて問題なく行なわれている報道がほぼ無かった)だが、7月に富山で、9月にも横浜で行なわれている。海を愛するタモリの日本一楽しいヨットレース [タモリカップ2016ジャパンツアー、閲覧2017年3月17日
  8. ^ 2009年4月より、レギュラー番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系列)・『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)の番組スポンサーであったが、2010年3月、いいとも!が終了、2010年9月にはタモリ倶楽部のスポンサーも降板した。

出典

  1. ^ a b c タモリ”. CDジャーナル. 2020年6月18日閲覧。
  2. ^ a b タモリ”. お笑いナタリー. ナターシャ. 2020年6月18日閲覧。
  3. ^ a b 『タモリ学』連動企画 大タモリ年表#1”. マトグロッソ. 2020年6月18日閲覧。
  4. ^ タモリのプロフィール”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年6月18日閲覧。
  5. ^ サンドウィッチマンに東野幸治「思ったより背がちっちゃい」 伊達「2人ともよく言われる」”. スポーツ報知. 報知新聞社. 2020年6月18日閲覧。
  6. ^ 寺田心“リトルベン”姿に会場沸く CM演技賞受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  7. ^ 日本放送協会 放送文化賞”. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月18日閲覧。
  8. ^ テレビ番組での国民的人気者、タモリが愛用する腕時計とは?”. クロノス日本版. シムサム・メディア (2020年1月3日). 2020年6月18日閲覧。
  9. ^ タモリ、本名の由来に驚きの声「不思議なご縁」”. ザテレビジョン (2018年5月27日). 2018年6月30日閲覧。
  10. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 - タモリ先生の午後。
  11. ^ タモリのTOKYO坂道美学入門』(2004年、講談社)
  12. ^ 読売新聞夕刊』「[人]タモリ(2)モットーは持ちたくない」(1986年11月7日付)
  13. ^ 平尾教会 - キリスト教の平尾バプテスト教会
  14. ^ 戸部田誠『タモリ学』イースト・プレス、2014年、91-92頁。
  15. ^ 『ザ・ヒーローズ2 宝島ロング・インタビュー集』(1983年、JICC出版局)
  16. ^ 平岡正明『タモリだよ!』(CBS・ソニー出版、1981年)P.182
  17. ^ a b c 中村孝司「タモリ年譜」『クイック・ジャパン』vol.41(2002年、太田出版)
  18. ^ 戸部田誠『タモリ学』イースト・プレス、2014年、189-190,192頁。
  19. ^ a b 戸部田誠『タモリ学』イースト・プレス、2014年、192-193頁
  20. ^ 『読売新聞夕刊』「[人]タモリ(2)モットーは持ちたくない」(1986年11月7日付)
  21. ^ 早稲田大学学生部編「第800号記念 タモリ ロングインタビュー」『早稲田ウィークリー』(1997年4月17日、早稲田大学学生部)
  22. ^ a b 山下洋輔「全冷中顛末記」雑誌『面白半分』1977年12月号。
  23. ^ 日刊スポーツ「日曜日の男 タモリ なんとも素敵な中途半端人生」(1996年5月19日付)
  24. ^ タモリが『第2回伊丹十三賞』受賞 “独自の話芸と存在感”評価される ニュース-転職・派遣・キャリアのオリコンランキング
  25. ^ “タモリ残念!安倍首相と“会食”ならず 「首相動静」には“試食” - シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0061639 2018年10月20日閲覧。 
  26. ^ ““テレビのボス”タモさんが宇宙人ジョーンズとプレミアムな対談 - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/9193932/ 2018年10月20日閲覧。 
  27. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「タモリに菊池寛賞 「笑っていいとも!」で日本の笑いを革新 - スポニチ Sponichi Annex 芸能」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年10月20日閲覧。
  28. ^ タモリ、実写版『バカボン』主題歌を担当「受けない訳にはいかない」”. ORICON STYLE (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  29. ^ “タモリ、目黒区PR団体の名誉会長に「さらに発展、皆さんと協力」”. スポニチアネックス. (2016年6月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/15/kiji/K20160615012781240.html 2016年6月15日閲覧。 
  30. ^ “スマスマ最後の「ビストロ」は"判定なし" - タモリ「乾杯したら仲良し」” (日本語). マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20161220-a031/ 2018年10月15日閲覧。 
  31. ^ “タモリが脚本家・中園ミホ氏と不倫報道 事務所社長は否定 - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/15029449/ 2018年10月15日閲覧。 
  32. ^ “タモリさん、福岡県うきは市の「大使」に 妻の出身地:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL9W32G3L9WTGPB005.html 2018年10月15日閲覧。 
  33. ^ 高平哲郎 (2004年1月1日). ぼくたちの七〇年代. 晶文社 
  34. ^ 天野佑吉 (1981). 月刊 広告批評 26号 1981年6月 特集:タモリとはなんぞや. マドラ・オミニュケーション 
  35. ^ 「“友達の輪”をもう一度! 『いいとも!』終了1年余で第1回担当の元ディレクター・永峰明氏が語る制作秘話」週プレNEWS(2015年4月25日)”. 集英社. 2019年1月19日閲覧。
  36. ^ タモリ、大警戒で「愛人宅」通い “前カノ”からの交際流儀?週刊新潮 2018年7月26日号 特集「美貌の脚本家と忍び逢い… 『最後の愛人』宅にブラ『タモリ』の遊び方」
  37. ^ a b 女性自身』2013年11月12日号
  38. ^ 『女性セブン』2014年4月10日号
  39. ^ a b 「下町のおかあさん 海老名香葉子のほんわか対談⑤ お客さま タレント・タモリさん」『サンデー毎日』1984年3月18日号、毎日新聞出版、1984年3月18日、 58-62頁。
  40. ^ 女性セブン』2014年4月10日号、59頁。
  41. ^ いいとも終了の裏にタモリ妻の体調異変「妻のために生きる」,NEWSポストセブン,2014年4月4日
  42. ^ “「笑っていいとも!」はなぜ人気があるのか? タモリ流の哲学が凝縮された「名言」を勝俣州和が紹介しスタジオ大拍手”. ライブドアニュース(トピックニュース). (2014年3月17日). http://news.livedoor.com/article/detail/8641126/ 
  43. ^ [1],スポーツニッポン,2014年7月27日
  44. ^ 『西日本新聞』2013年8月31日付「タモリ杯ヨットレース 9月15日福岡で初開催」
  45. ^ まさに夏の嵐、タモリカップ中止に追い込む嵐ファンの熱狂、日刊ゲンダイDIGITAL、閲覧2017年3月17日
  46. ^ 嵐 タモさんに謝罪!ヨットレース中止に/芸能/デイリースポーツ online、閲覧2017年3月17日
  47. ^ タモリ、毎年主催していたヨットレース大会が突然の閉幕! 本人が語ったその理由 - 週刊女性PRIME・2019年6月24日
  48. ^ 「J」について”. 株式会社ノースウエストエンタープライズ. 2016年2月28日閲覧。
  49. ^ はじめてのJAZZ対談内にて。
  50. ^ タモリの凄さ 小沢健二が『いいとも!』出演時の一言にありNEWSポストセブン、2013年8月1日
  51. ^ 弘中綾香のMステブログ テレビ朝日 2016年7月10日閲覧。
  52. ^ “タモリ、赤塚不二夫さんへコメント「先生、ありがとうございました」”. スポーツ報知. (2008年8月2日). オリジナルの2008年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080811053546/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080805-OHT1T00034.htm 
  53. ^ “タモリ弔辞「私もあなたの作品の一つです」”. SANSPO.COM. (2008年8月7日). オリジナルの2008年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080808134222/http://www.sanspo.com/geino/news/080807/gnj0808071158018-n1.htm 
  54. ^ “タモリの手には白紙…あふれる感謝そのままに”. スポニチ Sponichi Annex. (2008年8月8日). オリジナルの2008年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080809202345/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/08/08/02.html 
  55. ^ a b 戸部田誠『タモリ学』イースト・プレス、2014年、58-61頁。
  56. ^ “タモリに聞いた 「赤塚弔辞」白紙のワケ”. 横澤彪のチャンネルGメン69:J-CAST テレビウォッチ. (2008年8月19日). http://www.j-cast.com/tv/2008/08/19025331.html 
  57. ^ タモリ、横澤さんに感謝「私を昼に起用」 Archived 2011年1月14日, at the Wayback Machine.
  58. ^ 「徹子の部屋」40年で放送1万回 最多出演はタモリさん…ではなかった! (4/4ページ)”. サンケイビズ (2015年6月7日). 2015年6月7日閲覧。
  59. ^ タモリの子供を検索するとなぜか草なぎと出てくる件! 万事屋ニュース 2014年4月14日 Archived 2015年1月12日, at the Wayback Machine.
  60. ^ やっぱ、タモリさんの正当な後継者って草彅剛だなぁって改めて思う。”. 戸部田誠 (2014年2月28日). 2016年3月3日閲覧。
  61. ^ 三谷幸喜が『いいとも』で仕掛けた“三谷マジック”は、耳だけじゃなかった!
  62. ^ 金子の1年先輩にあたる
  63. ^ 戸部田誠『タモリ学』イースト・プレス、2014年、146-148頁。
  64. ^ タモリが71歳の誕生日会で芸能界引退を示唆 NHK紅白歌合戦の総合司会を申し入れか|ニフティニュース,まいじつ,2016年9月1日
  65. ^ タモリ、紅白司会断る NHK関係者「白紙に…」”. 産経ニュース (2015年10月19日). 2015年10月19日閲覧。
  66. ^ タモリと名古屋にまつわる「因縁」と「呪縛」”. 講談社. 2018年10月27日閲覧。
  67. ^ タモリ一言で世界の卓球台変化、暗い緑色から青色へ変更のきっかけに。 - エキサイトニュース」『』。2018年10月23日閲覧。
  68. ^ “タモリ「卓球は根暗」発言を反省、日本卓球協会に1000万円寄付していた” (日本語). HuffPost Japan. (2016年9月26日). https://www.huffingtonpost.jp/2016/09/26/tamori-table-tennis_n_12191386.html 2018年10月23日閲覧。 
  69. ^ ひろし, もり. “タモリさんと「あの言葉」の関係(前編) その攻撃的芸風を振り返る” (日本語). 日経ビジネスオンライン. https://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20131121/256169/ 2018年10月16日閲覧。 
  70. ^ 知恵蔵mini. “タモロス(たもろす)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年10月27日閲覧。
  71. ^ 流行語大賞の候補50語発表「ありのままで」「ダメよ~ダメダメ」など ― スポニチ Sponichi Annex 芸能” (2014年11月22日). 2018年10月27日閲覧。
  72. ^ 福山雅治や妻夫木聡らが実践する「タモリ式入浴法」の効果│NEWSポストセブン”. www.news-postseven.com. 2018年11月9日閲覧。
  73. ^ てれびのスキマ. “(2ページ目)ザコシショウが明かす「パンツ一丁はタモリさんへのオマージュ」 | 文春オンライン” (日本語). 文春オンライン. http://bunshun.jp/articles/-/9008?page=2 2018年10月15日閲覧。 
  74. ^ 公益財団法人日本文学振興会. “菊池賞受賞者一覧|公益財団法人日本文学振興会”. 2016年12月31日閲覧。
  75. ^ 寺田心“リトルベン”姿に会場沸く CM演技賞受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  76. ^ 放送文化賞 日本放送協会
  77. ^ 岡留安則「編集長日誌」『噂の真相』1985年7月号、p.126
  78. ^ 筒井康隆『日日不穏』中央公論社、1987年、pp.138-139
  79. ^ 「うわさの真相 右翼団体のマスコミ攻撃が 講談社ペントハウス回収 新潮社にも街宣車の攻勢が」『噂の真相』1985年11月号、p.17
  80. ^ 筒井康隆『笑犬樓よりの眺望』新潮社、1994年、p.73
  81. ^ 筒井康隆『日日不穏』中央公論社、1987年、p.175
  82. ^ 樫原辰郎「コラム 新宿の夜と密室藝」『文藝別冊 タモリ 芸能史上、永遠に謎の人物』河出書房新社、2014年、p.35
  83. ^ [2]
  84. ^ a b 戸部田誠『タモリ学』イースト・プレス、2014年、136-138頁。
  85. ^ 筒井康隆、山下洋輔、タモリ他『定本ハナモゲラの研究』講談社、1982年。
  86. ^ 横澤彪「テレビ式」
  87. ^ 安産パワー誇るタモリ 通うラーメン店もパワースポット化、NEWSポストセブン、閲覧2017年2月7日
  88. ^ 2004年12月25日放送。
  89. ^ 2007年2月12日放送。
  90. ^ 2012年6月24日放送。
  91. ^ タモリ、「モンスト」CMで“アドリブ力”さく裂 きゃりーとフリートークも”. ORICON (2018年9月28日). 2018年10月6日閲覧。
  92. ^ “SmartNews、新CMキャラクタータモリさん出演のテレビCMを明日より放映開始”. PR PRESS. (2016年7月22日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000007945.html 2016年7月26日閲覧。 
  93. ^ レコード・コレクターズ2007年9月号
  94. ^ タモリが主題曲を担当、赤塚不二夫のドキュメンタリー映画が公開決定”. お笑いナタリー (2016年2月5日). 2016年2月6日閲覧。
  95. ^ 赤塚不二夫生誕80周年企画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タモリ一義」の関連用語

タモリ一義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タモリ一義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタモリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS