プロパガンダ プロパガンダの種類

プロパガンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 14:14 UTC 版)

プロパガンダ: propaganda)は、特定の思想世論意識行動へ誘導する意図を持った行為のことである。


注釈

  1. ^ 詳細は「ナチス・ドイツのプロパガンダ」を参照。
  2. ^ いわゆる「レッテル貼り」のこと。
  3. ^ 人間は本能的に集団から疎外されることを恐れる性質があり、自らの主張が世の中の趨勢であると錯覚させることで引きつけることが出来る。
  4. ^ たとえば愛国心を表象する感情的な転移として国旗を掲げる。
  5. ^ 宣伝相ゲッベルスの言葉とされることが多いが、ゲッベルスの言葉ではない。
  6. ^ 絶対制の国に多いが、イギリスやタイなど立憲制の国にも見られる。日本でも天皇・皇族の動きは扱いの違いこそあれ必ず報じられる。
  7. ^ NHKニュース7に見られる北朝鮮関連報道が特徴的である。
  8. ^ 例としてマクシム・ゴーリキー号など。
  9. ^ 国家が安全保障上の危機を迎える=国内で生活している愛する家族の生存権・生命・健康・財産が脅かされる→家族を守る為にも国家・連邦政府に協力し続けないといけない といった誘導構図になっている。
  10. ^ ただし日本での場合は自発的なものではなく新聞紙法による強制である。
  11. ^ 当時としては最新の特殊技術である。
  12. ^ 25ヵ国語で30ヵ国に向けて発行され、交戦中のアメリカでさえ1942年まで発行されていた。
  13. ^ 日・英・仏・西の4か国語版が有。
  14. ^ 内閣情報部の支援により東方社が発行。一時は日本語を含む16か国語で製作されていた。
  15. ^ 日本国内向けの国策グラフ誌。
  16. ^ 5か国語版が有。
  17. ^ 欧米の著名雑誌『リーダーズ・ダイジェスト』を参考に創刊。日本語版も存在した。
  18. ^ 日本万国博覧会で、ソ連館の入場客に配布された。
  19. ^ 1996年まで発行されていた日本語版は、かつて日本国内にあった朝鮮総連系企業の朝鮮画報社で発行・印刷されていた。
  20. ^ 多くは何らかの公式サイトを偽装したり、全くの第三者を装ったりしている。
  21. ^ 2007年の統一地方選挙の際には、匿名掲示板2ちゃんねるやブログ等で民主党を中傷する捏造情報が大量に書き込まれ、組織的犯行として警察が捜査に乗り出す事態に発展した[23]
  22. ^ 例として中華人民共和国におけるネット検閲タイ王国YouTube接続遮断などがある。
  23. ^ 例としてグーグル爆弾、サジェスト汚染(検索エンジン最適化の亜種)がある。
  24. ^ 「工作活動」と確定しているわけではない。
  25. ^ ただし、商業活動は政治宣伝とは別個に扱われることがほとんどである。
  26. ^ ただし、フランスのフランは自国の偉人、ソ連及びロシアのルーブルは都市が用いられているなど、少なからず例外がある。
  27. ^ 諸外国では候補者の戸別訪問が容認されており、こうした選挙カーの使用は、日本特有のものである。また公職選挙法の規定により、走行中の演説は出来ないので、勢い、党名と人名の連呼だけになる。
  28. ^ 会場が“広場”“公園”なら定員はあって無きが如し。また“来る者拒まず、去る者追わず”の自由参加であることがほとんどなので、その場にいる人数も一定しない。
  29. ^ 特にオリンピックに顕著である。
  30. ^ 元はマルセイユの義勇部隊の隊歌であった。
  31. ^ 兵役は経験済みなのでみな予備役である。
  32. ^ 意志の勝利』、『オリンピア』など。
  33. ^ 『タイタニック』が有名。
  34. ^ ナポレオンに重用され、ナポレオンを讃える作品を多く描いた。
  35. ^ アニメ映画に『フクちゃんの潜水艦』。また、アメリカ軍の宣伝ビラにも無断でキャラクターが使用された。
  36. ^ 太平洋戦争中、アメリカ人画家としてアメリカの対日プロパガンダに参加。
  37. ^ 内閣情報部参与、文芸銃後運動を提唱
  38. ^ 交響曲第2番ロ長調「十月革命に捧げる」』、『交響曲第3番 変ホ長調「メーデー」』など。
  39. ^ 歌謡曲リリー・マルレーンをカバーし、ヨーロッパ戦線の連合軍兵士を慰問した。
  40. ^ オペラ『黒船』、軍歌『燃ゆる大空』などを作曲。軍服姿を好んだため、戦後戦犯論争が起きた。
  41. ^ アニメ映画『桃太郎の海鷲』、『桃太郎 海の神兵』が有名。
  42. ^ ドナルドダックが主人公の短編アニメ映画『総統の顔』は1943年アカデミー短編アニメ賞を受賞した。
  43. ^ アメリカ同時多発テロ事件直後、アメリカでは街じゅうに星条旗が掲げられ、“団結するアメリカ市民”を印象付けた。
  44. ^ 巨大な宮殿パレード用の大通りや広場など。
  45. ^ この他、同国内で広く信奉されている風水術上での問題や日本治世下時代への忌避を背景とした世論の後押しなども挙げられる。
  46. ^ エトワール凱旋門より10m高くなるように建設された。
  47. ^ 東ドイツ建国〜1961年の期間は「スターリンアレー」という名称。戦前のベルリンでの中心繁華街であった「ウンターデン・リンデン通り」に代わる存在かつ旧西ベルリン一の中心繁華街「クーダム通り」への対抗として整備されたが、やがて後に同じ東ベルリン内のフリードリヒ通りにその座を奪われていく
  48. ^ 例としてアメリカ合衆国とソビエト連邦、中華人民共和国、中華民国

出典

  1. ^ a b c d e f g h 松井一洋 2011, pp. 25.
  2. ^ 石井貫太郎 2004, pp. 40.
  3. ^ 今井仙一 1954, pp. 35.
  4. ^ 今井仙一 1954, pp. 40–41.
  5. ^ 今井仙一 1954, pp. 49.
  6. ^ 市民的及び政治的権利に関する国際規約第20条
  7. ^ The Story of Propaganda | AHA”. www.historians.org. 2021年12月30日閲覧。
  8. ^ 松井一洋 2011, pp. 29.
  9. ^ 松井一洋 2011, pp. 29–30.
  10. ^ 松井一洋 2011, pp. 30–31.
  11. ^ The techniques of persuasion 1963
  12. ^ Prophets of deceit 1949
  13. ^ a b 松井一洋 2011, pp. 28.
  14. ^ en:Peter KenezのThe Birth of the Propaganda State;Soviet Methods of Mass Mobilization 1985
  15. ^ 「何をなすべきか」 1902年
  16. ^ 亀田真澄 2011, pp. 71.
  17. ^ 今井仙一 1954, pp. 24.
  18. ^ a b 石井貫太郎 2004, pp. 41.
  19. ^ a b ブログ:間近で見た北朝鮮の軍事パレード - ロイター
  20. ^ ポンソンビー「戦時の嘘 ―戦争プロパガンダが始まった―」(東晃社、1941年)。Arthur Ponsonby"Falsehood in Wartime: Propaganda Lies of the First World War"(Allen and Unwin Pub., 1928),(Paoerback,Legion for the Survival of Freedom, 1991, ISBN 978-0-939484-39-3)ウィキクオート版
  21. ^ 「首相官邸前異状なし、報告すべき件なし」―テレビ報道の劣化 水島朝穂・早稲田大学教授 公式ウェブサイト内「今週の直言」2012年7月2日
  22. ^ 瀬川裕司 「ナチ娯楽映画の世界」 平凡社 ISBN 978-4-582-28238-2
  23. ^ ネット中傷:民主党“標的”10万件 都知事選と参院補選 毎日新聞 2007年4月27日
  24. ^ NHK総合テレビ特報首都圏「ネットの“祭り”が暴走する」、2007年7月6日放送分
  25. ^ Rifkind, Malcolm (2016年8月16日). “How China could switch off Britain's lights in a crisis if we let them build Hinkley C”. デイリー・テレグラフ. https://www.telegraph.co.uk/news/2016/08/16/how-china-could-switch-off-britains-lights-in-a-crisis-if-we-let/ 2021年1月21日閲覧。 
  26. ^ British think tank funded by Japan pushing anti-China campaign into mainstream UK media The Drum 2017年1月29日
  27. ^ 英媒:日本资助英国智库展开反华公关宣传 BBC(中国語)
  28. ^ 米最高裁、リベラル派判事が退任へ 後任は黒人女性か”. BBC (2022年1月27日). 2022年1月28日閲覧。
  29. ^ イリーナ・メーリニコワ「ソヴェート映画に見るモスクワ神話」『言語文化』第2巻第1号(1999年7月)






プロパガンダと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プロパガンダ」の関連用語

プロパガンダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロパガンダのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロパガンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS