1963年 ノーベル賞

1963年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 04:47 UTC 版)

ノーベル賞

フィクションのできごと

脚注

出典

[脚注の使い方]

  1. ^ 昭和二万日12、p.250
  2. ^ 昭和二万日12、p.255
  3. ^ 昭和二万日12、p.254
  4. ^ 昭和二万日12、p.258
  5. ^ a b 昭和二万日12、p.266
  6. ^ 昭和二万日12、p.266-267
  7. ^ 昭和二万日12、p.267
  8. ^ 昭和二万日12、p.272
  9. ^ 昭和二万日12、p.273
  10. ^ 昭和二万日12、p.280
  11. ^ 昭和二万日12、p.284
  12. ^ a b 昭和二万日12、p.288
  13. ^ a b 昭和二万日12、p.294-295
  14. ^ a b 昭和二万日12、p.296
  15. ^ 昭和二万日12、p.296-297
  16. ^ 昭和二万日12、p.298
  17. ^ 昭和二万日12、p.302
  18. ^ 昭和二万日12、p.302-303
  19. ^ 昭和二万日12、p.304
  20. ^ 昭和二万日12、p.304-305
  21. ^ a b 昭和二万日12、p.308
  22. ^ a b 昭和二万日12、p.312
  23. ^ 昭和二万日12、p.316
  24. ^ 昭和二万日12、p.316-317
  25. ^ 元横綱双羽黒の北尾光司さん死去 格闘家でも活躍」『ニッカンスポーツ・コム』(日刊スポーツ新聞社)、2019年3月29日。2020年11月19日閲覧。
  26. ^ 朝本浩文さん死去 「呼吸するだけの体になったら…」と託すも、妻「できませんでした」”. デイリースポーツ (2016年12月3日). 2020年11月20日閲覧。
  27. ^ 相沢恵子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2021年1月11日閲覧。
  28. ^ 折笠愛 - TOWER RECORDS ONLINE”. 2020年11月6日閲覧。
  29. ^ ネヴィル・シュート『渚にて 人類最後の日』東京創元社、2009年、12・20 - 28・62 - 66・243・246 - 251・272頁。ISBN 978-4-488-61603-8
  30. ^ レナード・C・リュイン『アイアンマウンテン報告 平和の実現可能性とその望ましさに関する調査』ダイヤモンド社、1997年、24・25・37・40・50・51頁。ISBN 978-4-478-18016-7
  31. ^ 1963年11月であることは、第1章に11月とあること、第2章でMがガイ・バージェス英語版の死(8月30日没)にふれており、著者イアン・フレミングが翌年8月没であることによる。
  32. ^ 小松左京『時の顔』角川春樹事務所、1998年、60 - 77頁。ISBN 978-4-89456-476-3
  33. ^ レオ・レオーニ『平行植物 新装版』工作舎、2020年、5・25 - 27・121・298頁。ISBN 978-4-87502-435-4





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1963年」の関連用語

1963年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1963年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1963年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS