トヨタ自動車とは?

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


トヨタ自動車株式会社


トヨタ自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/19 09:20 UTC 版)

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーであり、四輪車の販売台数では2016年度においては世界第2位。トヨタグループの中核企業。単一メーカーとしては日本最大。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。源流は豊田自動織機




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 2016年3月期決算要旨 (PDF)” (2016年5月11日). 2016年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c 2015年暦年の販売、生産計画について トヨタ自動車公式サイト
  3. ^ トヨタが07年世界販売でGMとほぼ互角、今後のカギは新興国ロイター
  4. ^ a b トヨタ、販売でも初の世界一 Response. 2009年1月23日
  5. ^ a b トヨタ世界生産、自動車初の1000万台超 13年 日本経済新聞 2014年1月29日
  6. ^ 会社四季報昭和34年第1集』(東洋経済新報社、1958年12月)p.347、『会社四季報昭和34年第2集』(東洋経済新報社、1959年4月)p.347
  7. ^ ガリバー ヤマハの牙城を崩せるか!? トヨタとヤンマーがプレジャーボートでタッグ マイナビニュース 2016年3月10日
  8. ^ コネクテッドカー関連サービスを開発:トヨタ、マイクロソフトと合弁でToyota Connectedを設立 @IT 2016年4月5日
  9. ^ 2014年3月22日,23日にはTBS系列にてトヨタ自動車監修のスペシャルドラマ「LEADERS リーダーズ」が放送された。トヨタ(劇中ではアイチ自動車)の自動車製造の始まり、トヨタ自動車(アイチ自動車)の設立、そして戦後における金融事情・トヨタ(アイチ)の経営危機(主に旧住友銀行(劇中では西国銀行)におけるトヨタ(アイチ)への融資拒否、日本銀行や取引銀行24行による協調融資団による再建策の一つとして1600名の人員整理を提案。その事を巡り、労働組合と経営陣の対立が激化し労働争議に発展。)を中心としたエピソードが放送された。また2017年3月26日には「LEADERSⅡ」が放送された。こちらはトヨタの協力会社(主に小島プレス工業など)が中心の協豊会(劇中では協愛会)の発足やトヨタと販売ディーラー(主に愛知トヨタ)との協力関係、戦時中の自動車配給会社(自配)の設立、戦後におけるトヨタ自動車販売店協会の発足を中心としたエピソードである。
  10. ^ 「トヨタ」になって70年読売新聞
  11. ^ a b 沿革 - 日野自動車
  12. ^ a b DATABOOK2014 - ダイハツ工業
  13. ^ トヨタ自動車74年史 海外販売台数の推移 トヨタ公式サイト
  14. ^ a b アニュアルレポート 2005 トヨタ公式
  15. ^ a b 【決算】トヨタの2008年3月期決算は全項目過去最高も成長率は鈍化,2009年3月期は減収減益の見通し Tech On! 2008年5月8日
  16. ^ トヨタ09年3月期決算…4610億円の営業赤字 戦後初 Response. 2009年5月8日
  17. ^ 豊田トヨタ社長、トヨタは「凋落の第4段階」にある Response 2009年10月2日
  18. ^ 【池原照雄の単眼複眼】非常時体制のトヨタ、緊急VA・VEも Response. 2008年5月14日
  19. ^ トヨタ自動車75年史 原価企画・質量企画・部品標準化
  20. ^ トヨタ自動車、役員体制を変更 トヨタ公式サイト 2011年3月9日
  21. ^ トヨタ、取締役を大幅削減 意思決定を迅速化 日本経済新聞 2011年2月11日
  22. ^ トヨタ、新しいプラットフォーム戦略「TNGA」の狙いや現状を発表 Tech-On! 2013年3月27日
  23. ^ a b 世界の自動車販売台数、トヨタが2年ぶり首位 CNN 2013年1月29日
  24. ^ 【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、機動力求めバーチャル分社 Response. 2013年3月13日
  25. ^ トヨタが自動車事業に4部門設置、大幅組織改編で意思決定を迅速化 ロイター 2013年3月6日
  26. ^ 日本経済新聞. “売上高ランキング”. 2016年3月閲覧。
  27. ^ トヨタとマツダ、業務提携に向け基本合意 - トヨタ自動車 2015年5月13日
  28. ^ トヨタ自動車、中長期保有を前提とした 「AA型種類株式」の発行に向けた手続きを開始 | TOYOTA Global Newsroom
  29. ^ 物言わぬ株主増える? 「損しない」トヨタ新株が波紋 - 朝日新聞
  30. ^ “最強”トヨタ社長が「7カンパニー制」導入で狙うさらなる一手”. ダイヤモンド社 (2016年3月11日). 2016年5月16日閲覧。
  31. ^ 新体制に関するお知らせ 2016年3月2日
  32. ^ トヨタとスズキ エコカー技術などで業務提携 基本合意発表 NHK NEWS 2017年2月6日付
  33. ^ a b c d 2017年6月の第113回定時株主総会似て退任予定
  34. ^ 2017年6月の第113回定時株主総会似て取締役(兼執行役員副社長)に就任予定
  35. ^ 「仕事の進め方変革」をさらに推進-役員体制の変更、組織改正、および人事異動について- トヨタ自動車 2017年3月1日
  36. ^ 役員一覧 トヨタ自動車 2017年4月3日
  37. ^ トヨタ、米テスラと電気自動車で提携”. レスポンス自動車ニュース (2010年5月21日). 2011年1月9日閲覧。
  38. ^ 日本経済新聞. “売上高ランキング”. 2016年3月閲覧。
  39. ^ 日本経済新聞. “営業利益ランキング”. 2016年3月閲覧。
  40. ^ 日本経済新聞. “経常利益ランキング”. 2016年3月閲覧。
  41. ^ 日本経済新聞. “当期利益ランキング”. 2016年3月閲覧。
  42. ^ 日本経済新聞. “時価総額上位ランキング”. 2016年3月閲覧。
  43. ^ 日本経済新聞. “企業ブランド価値ランキング”. 2015年1月1日閲覧。
  44. ^ FORTUNE (2014年7月9日). “Global 500 2014”. 2014年10月21日閲覧。
  45. ^ Financial Times (2014年6月27日). “FT 500 2014”. 2014年10月21日閲覧。
  46. ^ Forbes (2014年7月5日). “The World’s Biggest Public Companies”. 2014年10月21日閲覧。
  47. ^ EconomyWatch (2013年7月3日). “Forbes Global 2000: Japan's Largest Companies”. 2014年10月25日閲覧。
  48. ^ 世界ランキング統計局 (2012年9月1日). “世界の企業 TOP100(2012年)”. 2014年10月25日閲覧。
  49. ^ Interbrand (2014年10月9日). “Best Global Brands”. 2014年10月21日閲覧。
  50. ^ 特に過激な事例を取り上げればトップ・ギア司会者3人組の扱き下ろしがある。「カローラの横に並んでいた冷蔵庫をカローラとして紹介し、没個性的だと揶揄」「初代LS(セルシオ)登場時に"退屈なレクサス"と発言」など、トヨタ車が扱き下ろされる際のキーワードは「無(没)個性」「退屈」「無味無臭」が多い。また、米国におけるサイオン導入も「トヨタ車は退屈」と言うネガティブイメージが背景にあるとされる。
  51. ^ 焦点:トヨタがデザイン改革に本腰、個性打ち出しブランド強化へ ロイター 2012年12月25日
  52. ^ 「チリ」とよばれる。
  53. ^ JDパワー保険会社のランキングなどによる。
  54. ^ ただし最初に開発・実用化したのはフォード社。
  55. ^ なお、同社の情報通信システムの場合、通信用インターフェイスにおけるBluetoothの採用に関しては他社に対して非常に積極的で、同社の純正カーナビにおいて積極的に導入されるケースも少なくない。
  56. ^ 世界のトップ1000企業の2006年研究開発費,前年比10%増の4470億ドル
  57. ^ 1956年から「トヨエース」と愛称(ペットネーム)が付いた。
  58. ^ 例:ネッツ店専売車種(例:後期型以降のアベンシス、2代目ヴィッツ、後期型以降のウィッシュ、2代目bBオーリス、3代目RAV4ヴェルファイア、2代目ヴォクシー等)の「N」マーク、E120系(9代目)カローラシリーズ以降の「NCV」マーク、マークXおよびマークXジオの「X」マーク、プレミオの「P」、アリオンの「A」、初代ラクティスの「R」マーク等。リアは大抵の場合トヨタマークが付いている。
  59. ^ 日本で販売されていた「トヨタ・カムリプロミネント」の仕様変更版。
  60. ^ 日本では初代ist
  61. ^ 日本では初代bB、2代目はカローラルミオン
  62. ^
    X70系 - X100系までのマークII/チェイサー/クレスタ
    L20系以降のターセル/コルサ/カローラII
    E20系 - E110系までのカローラシリーズ/スプリンターシリーズ
    T150系以降のコロナ/カリーナ(のちのプレミオ/アリオン
    V10系 - V40系までのカムリ/ビスタ
    エスティマエミーナ/エスティマルシーダ
    グランビア/グランドハイエース
    タウンエース/ライトエース/マスターエース
    カローラランクス/アレックス
    ノア/ヴォクシー
    H20系以降のアルファード/ヴェルファイア
    プロボックス/サクシードなど。
  63. ^ トヨタ、3代目プリウスを中国で生産開始
  64. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 10頁
  65. ^ トヨタ自動車74年史 トヨタ生産方式の2つの柱 トヨタ公式サイト
  66. ^ トヨタ自動車74年史 情報システム トヨタ公式サイト
  67. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 132頁
  68. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 133頁
  69. ^ SMART MOBILITY SOCIETY トヨタ公式サイト
  70. ^ 自動車以外の事業 トヨタ公式サイト
  71. ^ トヨタ自動車74年史 e-TOYOTA・GAZOO トヨタ公式サイト
  72. ^ 戸田 雅章 『トヨタイズムを支える「トヨタ」情報システム』 134頁
  73. ^ トヨタ自動車、「人工知能技術」の研究・開発強化に向け新会社を設立 トヨタ公式サイト
  74. ^ トヨタ、「つながる」技術に関する取り組みを加速 トヨタ公式サイト
  75. ^ 自動運転で出遅れたトヨタ、ギアチェンジの裏側 THE WALL STREET JOURNAL 2016年3月21日 閲覧
  76. ^ ルネサスを「飼い殺す」トヨタと日産の暴挙…不当に安価に半導体入手、社長を次々クビ 2016年7月9日閲覧
  77. ^ トヨタ、MRJと資本提携 2008年4月09日
  78. ^ トヨタのマリン事業
  79. ^ トヨタが新型ボートを発売!赤字でもマリン事業を続ける理由 1 - プレジデントオンライン
  80. ^ トヨタが新型ボートを発売!赤字でもマリン事業を続ける理由 2 - プレジデントオンライン
  81. ^ 名前の由来は町工場時代の気持ちを忘れない為に、元・町工場から元町工場と命名された
  82. ^ トヨタ自動車、英国製ワゴン「アベンシス」を国内再投入 GAZOO.com 2011年3月28日閲覧
  83. ^ TOYOTA NEXT ONE campaign website
  84. ^ TOYOTA NEXT ONEのキャッチコピーとWEBDESIGN World Write Web
  85. ^ なお、このころのCMの最後には「愛される車をめざして(進歩のマーク・信頼のマーク)[改行]TOYOTA[改行]当時のトヨタのマーク」が表示された。(末期は単にTOYOTAの旧ロゴになった。また一時期はCMの最後に「TTCのトヨタ」というナレーションが入ったものや、旧ロゴ最末期から現行ロゴの初期には「安全はトヨタの願い[改行]TOYOTA」というものもあった。
  86. ^ くるまの理科・社会 Vol.002「第2回 トヨタ・3つの輪に込めた想い」
  87. ^ 読売新聞2006年 9月24日、同年9月28日記事。2004年6月に35万円で仕入れた国産中古車を同月下旬、営業店社員に45万円で販売し、社員名義で自動車登録。同年11月、この車を80万円で買い取った形にし、数日後、一般顧客に90万円で販売していた。
  88. ^ [1]10月31日には元店長と元室長を電磁的公正証書原本不実記録の疑いで再逮捕、11月9日に大阪地検に追送検した。[要出典]
  89. ^ ランドクルーザープラドのリコール対象は中東、ロシアが主体で日本などで販売された右ハンドル車はリコールの対象外である。 トヨタ・レクサスGXの販売一時中止、世界全体に拡大 MSN産経ニュース 2010年4月14日
  90. ^ レクサスSUVなど全世界で3万4000台リコール MSN産経ニュース 2010年4月20日
  91. ^ トヨタ広州、操業停止 デンソー系メーカーでスト - 中国新聞 2010年6月23日
  92. ^ 電子系統に欠陥なし=トヨタ車の急加速で-米運輸長官は「安全宣言」時事ドットコム 2011年2月9日
  93. ^ a b トヨタの悔しさ、NASAが晴らす 中央日報 2011年2月10日
  94. ^ トヨタ問題は政治的ヒステリー 米紙が議会を批 47NEWS 2011年2月10日
  95. ^ “トヨタ、「急加速」問題めぐり1200億円を支払いへ 過去最大の罰金額、他社も影響懸念か”. NewSphere. (2014年3月20日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=3747098 2014年4月13日閲覧。 
  96. ^ ケースナンバーはCV 01-05564-FMCおよびJ.C.C.P. No. 4346:2006年8月現在、進行中
  97. ^ [2]
  98. ^ 麻薬密輸:トヨタ米国籍女性役員を逮捕 容疑否認 警視庁 毎日新聞 2015年6月19日
  99. ^ 麻薬密輸容疑で逮捕のトヨタ元役員、不起訴処分で釈放 東京地検 産経ニュース 2015年7月8日
  100. ^ 逮捕のトヨタ元女性役員 釈放された背景に米大使館の介入疑惑
  101. ^ トヨタ初の外国人女性役員が逮捕、賛否分かれる広報対応
  102. ^ The Kennedy touch: Ambassador helps Toyota exec go free







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

トヨタ自動車に関連した本

「トヨタ自動車」に関係したコラム

  • 株式取引でのサヤ取りの方法

    サヤ取り(鞘取り)とは、2つの銘柄、あるいはそれ以上の銘柄の価格差を取る売買手段のことです。株式取引でのサヤ取りの方法は、通常は2つの同じような値動きをする銘柄を選び、1つは売り、もう1つは買いのポジ...

  • CFDのペアトレードの方法

    ペアトレードは、似たような価格の推移する2つの銘柄を、片方を売り建てし、もう片方を買い建てすることです。2つの銘柄は基本的に同じような値動きをしますが、僅かな価格のブレが生じた時に利益が発生することが...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

  • 株365の日経225証拠金取引の見方

    株365の日経225証拠金取引は、日経平均株価(日経225)に連動して値動きする銘柄です。そのため、日経平均株価の値動きや構成銘柄の特徴を知ることで日経225証拠金取引の値動きを予測できます。日経平均...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トヨタ自動車」の関連用語

トヨタ自動車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

荒川

H001

ベックフォルディ・ペンシル

マンゴヤン ココパイン

エッグノッグ

ローラーボーラー

雲仙笹

パッチ





トヨタ自動車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトヨタ自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS