きみがよとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > きみがよの意味・解説 

きみ が よ [0] 【君が代・君が世】

天皇治世を祝う歌。「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌(いわお)となりて苔のむすまで」。古来祝賀の歌,酒宴の歌とされていた。古今和歌集初句を「我が君は」として初見。「和漢朗詠集流布本などに現在の歌詞と同じものが載る1893年明治26),小学校祝祭日儀式唱歌として文部省告示以後事実上国歌として歌われ,1999年平成11)の「国旗及び国歌に関する法律」により法的国歌定められた。現行曲は宮内省楽人林広守作曲ドイツ人エッケルト洋風和声を付したもの
我が君御代。特に,天皇治世にいう。 「 -にあへるは誰も嬉しきに/新古今
あなたの御寿命。 「花散らふこの向つ峰(お)の乎那(おな)の峰のひじに付くまで-もがも/万葉集 3448


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「きみがよ」の関連用語

きみがよのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きみがよのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2018 Weblio RSS