創価学会 脚注

創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 12:20 UTC 版)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 当時は1か月に3回の「旬刊」からスタートした。
  2. ^ 3ヶ条とは、
    1. 折伏した人は信徒として各寺院に所属させること
    2. 当山の教義を守ること
    3. 三宝(仏・法・僧)を守ること
    である。
  3. ^ 当時使用していた西神田の本部ビルが手狭になっていたため、信濃町25番地にあった425坪の敷地を購入し、一旦は本部建設用地としていた。しかし、戸田が総本山五重塔の修復を優先する意向を示したために信濃町25番地の用地を売却した[SG 27]
  4. ^ 当時は
    1. 一家和楽の信心
    2. 各人が幸福をつかむ信心
    3. 難を乗り越える信心
    の3つからなる「永遠の三指針」として発表。2003年には「各人が幸福をつかむ信心」が「幸福をつかむ信心」に変わり、名誉会長の池田が新たに2項目を追加し、
    1. 一家和楽の信心
    2. 幸福をつかむ信心
    3. 難を乗り越える信心
    4. 健康長寿の信心
    5. 絶対勝利の信心
    からなる「永遠の五指針」となった。
  5. ^ 学会側の主張[SG 39]。日蓮正宗を離脱した僧侶からなる青年僧侶改革同盟は、日蓮正宗上層部がC作戦の計画を行っていたと主張している[SG 40][SG 41]
  6. ^ 学会側の主張[SG 42]。学会側は「名誉会長は「お尋ね」文書にあるような発言を全くしていない」として、本部幹部会で池田が日蓮正宗宗門や日顕を批判した事実はないと反論。後に送付された「お尋ね」文書で引用された池田発言のテープの反訳を意図的に改悪したり、根拠のない伝聞による誹謗中傷の類いが含まれていると指摘したところ、宗門側が謝罪と撤回を余儀なくされたと主張している。
  7. ^ a b 公式発表では「休館」「臨時休館」となっているが、「閉鎖」に統一する。
  8. ^ 総合案内センターは2月22日からは開館時間を変更した上で3月26日まで運用を続けていたが、東京でも新型コロナウイルスが流行していることを受け、東京都小池百合子知事が3月25日に外出自粛要請を発出したため、3月27日から閉鎖することになった。
  9. ^ 2月度御書講義は聖教新聞の紙上講義として行われ、2月29日付け及び3月3日付け聖教新聞紙上に掲載された。
  10. ^ 「励まし月間」期間中は3方針の一つである「(幹部らの会員宅への)訪問・激励の自粛」に抵触しない形で、「同志、家族・親族、友人・知人に、電話や手紙、メール、SNS、オンラインなどで励ましを送ること」が認められた。
  11. ^ 創価学会ではInstagramFacebookYoutubeに公式アカウントを開設している。
  12. ^ 関西3府県(大阪府・京都府・兵庫県)は5月21日に解除された。
  13. ^ 内訳は東京都・大阪府には各2000万円、その他の6道府県(北海道・埼玉県・千葉県・神奈川県・京都府・兵庫県)には各1000万円となる。
  14. ^ 各世帯に1冊。5月14日に宣言が解除された39県は6月14日から。関西3府県(大阪府・京都府・兵庫県)は同21日から。宣言発令中の首都圏4都県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)と北海道は5月中の宣言解除を条件に6月21日から贈呈される。
  15. ^ 総本部については当初、接遇センター・信濃平和会館・民音音楽博物館を3月17日から、広宣流布大誓堂・創価文化センター・世界聖教会館など5施設の運用を3月18日から再開させる予定となっていた。
  16. ^ 感染防止対策への協力を条件とし、勤行法要は当面行わない。
  17. ^ 7月度座談会は中止し、教学部長による拝読御書の講義動画を配信する。
  18. ^ 首都圏・東京が対象。他の地域を対象とした「広宣流布誓願勤行会」の再開時期は未定。
  19. ^ 総合委員長は原田稔会長、委員長には谷川佳樹主任副会長が就任する。
  20. ^ 接遇センターは閉館し、機能を新設の創価宝光会館が継承して開館する。
  21. ^ 新型コロナウイルスの感染拡大の一因である『3つの密』を回避するため。
  22. ^ 対象の施設は創価宝光会館・創価文化センター・総合案内センターの3施設。民音音楽博物館は入館者の人数制限を実施して運用を継続する。
  23. ^ 創価学会の見解によると、連絡会議で学会側は、綱紀粛正を要請した、としている[SG 41]
  24. ^ 創価学会の見解によると、学会側は対話による問題解決を図ったとしている[SG 41]
  25. ^ 創価学会の見解によると、この破門事件は後になって、日顕の側近・河辺慈篤のメモ(河辺メモ)の記述や宗門海外部主任・福田毅道が作成した作戦計画書の記述などから、「創価学会分離作戦(C作戦)」の名の下に、「日蓮正宗が一方的に創価学会を切り捨てることを目的としていた」ことが発覚したとしている[SG 40][SG 41]
  26. ^ 後に日顕は宿泊先のホテルから外出したことは認めたが、売春婦との料金トラブルなどについては否定している[SG 40]
  27. ^ 宗門側は戸田が作成したとする「通牒」文書を持ち出し、「学会も戦争に加担し、神札を容認していた」とする反論を行ったが、学会側はこの「通牒」文書を「怪文書」と見なした上で、「筆跡が戸田のものとは異なり、書かれた年代も不明。また、牧口の尋問調書や戸田の取り調べ記録にも登場しない全くの偽造文書」であるとして、「通牒」文書の存在そのものを否定した[SG 108]
  28. ^ 創価学会公式ホームページ「SOKAnet」や小説「人間革命」では、戸田は逮捕当初、巣鴨の東京拘置所に収監され[SG 112]、出獄直前になって豊多摩刑務所に移送されたとしている[SG 113][SG 114]
  29. ^ 自民党以外に村山富市社会党)・武村正義新党さきがけ)らも参加している。
  30. ^ 「無冠の友」への参加は任意。販売店から委託を受けて聖教新聞などの配達を行い、配達実績に応じた手数料が販売店から支払われる。
  31. ^ 2009年3月には毎日新聞に池田名誉会長の寄稿が掲載されて物議を醸したほか、系列の毎日新聞出版からは池田名誉会長の著書が出版された例がある。
  32. ^ 月曜 - 木曜の22時台は『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FMをキーステーションにJFN系)内で放送している。
  33. ^ 「足軽会」と呼ばれる、創価学会本部の元職員3人組や元日蓮正宗僧侶ら、創価学会に批判的な人物
  34. ^ なお、発表後作品を創価学会から猛烈に批判されたため、筒井は短編『末世法華経(新潮文庫『笑うな』収録)』で応酬した。
  35. ^ 筒井康隆は『噂の眞相』連載『笑犬樓よりの眺望』でこの連載を告知した際『レベルの低い意見に対しては登場人物が反撃する』と明言している[155]

出典

  1. ^ a b 渡辺和子『オールカラーでわかりやすい! 世界の宗教』2015年7月10日 ISBN 9784791623143、242ページ、「創価学会: わが国ではじめて宗教政党を結成 三代会長のもとで大教団に発展した法華経系の在家仏教」
  2. ^ 塚田穂高 2015, pp. 114-117.
  3. ^ 塚田穂高 2015, pp. 117-120.
  4. ^ 『日本大百科全書(小学館)【創価学会】』
  5. ^ a b c d e f g h i 島田裕巳 『創価学会』(新潮社 2004年6月20日) ISBN 978-4106100727 [要ページ番号]
  6. ^ 中北浩爾「自公政権とは何か」ちくま新書2019年
  7. ^ 創価学会について 創価学会公式サイト
  8. ^ 沼田健哉 『現代日本の新宗教 - 情報化社会における神々の再生』 創元社、1988年1月
  9. ^ 米本和広『となりの創価学会 - 内側から見た学会員という幸せ』 宝島社、1995年7月12日
  10. ^ 島田裕巳『創価学会の実力』(朝日新聞社、2006年8月30日) ISBN 978-4023303720
  11. ^ 村上重良 『新宗教その行動と思想』 (岩波書店 2007年2月) ISBN 978-4006001704
  12. ^ 島田裕巳『日本の10大新宗教』幻冬舎、2007年11月 ISBN 978-4344980600
  13. ^ 【中田考の近未来、世界はこうなる!講座 第2回】【対談】中田考×島田裕巳 未来の宗教はどうなるのか? これから世界はどうなるのか? - Ohta Collective
  14. ^ 島園進 『大学4年間の宗教学が10時間でざっと学べる』p.172 (KADOKAWA 2019年3月)
  15. ^ a b 島田裕巳 2004, pp. 64-67.
  16. ^ a b 島田裕巳『現代にっぽん新宗教百科』 柏書房 (2011/09) P127
  17. ^ 島田裕巳 2004, p. 148.
  18. ^ a b 「創価学会の研究」玉野和志著、講談社現代新書
  19. ^ 央忠邦 1968, p. 223.
  20. ^ a b 央忠邦 1968, pp. 216-219.
  21. ^ 島田裕巳 2004, p. 163.
  22. ^ 小堀真、文京学院大学人間学部研究紀要 Vol.14
  23. ^ a b c 島田裕巳 2004, p. 172.
  24. ^ 矢野絢也・島田裕巳『創価学会・もうひとつの日本』、講談社、2010年、54-55ページ
  25. ^ 『中外日報』平成8年1月20日付(25410号)6面 - 中外日報社(デジタル化:神戸大学附属図書館)
  26. ^ 稲場圭信 『利他主義と宗教』 弘文堂、2011年、12 - 13頁。
  27. ^ My Take: Japanese new religions' big role in disaster response - CNN Belief Blog - CNN.com Blogs March 22nd, 2011
  28. ^ 石巻日日新聞2015年3月5日付4面
  29. ^ http://kyushu-soka.jp/2018/04/two-years-from-the-kumamoto-earthquake-gloria-wind-symphonic-band-hope-of-bond-concert/
  30. ^ https://www.sokanet.jp/touhokufukkou/hope.html
  31. ^ 『東日本大震災の宗教とコミュニティ』167~196ページ ハーヴェスト出版
  32. ^ 宮古毎日新聞2014年2月5日
  33. ^ SAPIO 2010年8月25日号. 池田大作名誉会長「Xデー」に向けて動き出す これが長男SGI会長就任の「世襲シナリオ」だ
  34. ^ 創価学会 関西のドン死去で大作氏から長男への世襲が話題に - ニュースポストセブン、2015年3月25日配信
  35. ^ 島田裕巳著「新宗教ビジネスモデル」pp.70-80
  36. ^ 美坂房洋 編集兼発行者『牧口常三郎』 聖教新聞社 1972年11月18日刊
  37. ^ a b c d 大島宏之 『日本の現世宗教』(自由国民社 2002年1月10日)ISBN 978-4426619008
  38. ^ a b 古川利明 『システムとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年10月25日) ISBN 978-4807499229
  39. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, pp. 114-115.
  40. ^ a b c d 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4022612861 [要ページ番号]
  41. ^ 「高等検察庁32.2.-8、公第61號」
  42. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, p. 215.
  43. ^ a b 朝日新聞アエラ編集部 2000, pp. 180-190.
  44. ^ 毎日新聞 1968年8月1日付15面
  45. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, pp. 67-68.
  46. ^ a b c 古川利明『シンジケートとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年11月20日) ISBN 978-4807499243
  47. ^ 梁取三義 「創価学会」 (1977年) 115ページ 『その事実については、「週刊新潮」がすでに七月に、「メッカ大石寺が、創価学会と喧嘩して参詣者ただ今ゼロ」という記事を掲げている。』 120ページ『「二年前にも、池田会長と日達猊下(と呼ぶそうだ)の仲がおかしくなって、登山禁止令が出た」(学会青年部幹部)』
  48. ^ a b c d e f 朝日新聞アエラ編集部 2000, p. 202.
  49. ^ 矢野絢也『乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント』講談社pp.17-25
  50. ^ a b 学会問題の経過と往復文書(大日蓮号外、平成3年1月25日発行) 日蓮正宗 真光山聞仏寺
  51. ^ 朝日新聞1991年5月8日号31面
  52. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, p. 204.
  53. ^ 平成五年(ワ)第七九七七号 99年12月6日、東京地裁判決
  54. ^ 「創価学会会憲」を制定=全団体・会員の最高法規 - 時事通信 2017年9月1日付
  55. ^ 創価学会と幸福の科学 2大新宗教の対照的すぎる感染対策”. Newsポストセブン (2020年3月25日). 2020年4月28日閲覧。
  56. ^ 創価学会と幸福の科学の対照的な感染対策「法話で免疫が上がります」”. プレジデントオンライン (2020年4月3日). 2020年4月28日閲覧。
  57. ^ 新型ウイルス、韓国で初の死者 宗教団体で集団感染”. BBC (2020年2月21日). 2020年4月28日閲覧。
  58. ^ 創価学会と幸福の科学の対照的な感染対策「法話で免疫が上がります」”. プレジデントオンライン (2020年4月3日). 2020年4月28日閲覧。
  59. ^ a b c コロナ、宗教界にも波紋 座談会やミサなど中止相次ぐ”. 朝日新聞デジタル (2020年3月16日). 2020年4月9日閲覧。
  60. ^ a b 島田裕巳 2004, pp. 105-106.
  61. ^ a b c d e f 島田裕巳 2004, pp. 112-113.
  62. ^ 『週刊新潮』2002年11月27日号 新・創価学会を斬る 第4回
  63. ^ 『週刊新潮』2005年12月1日号
  64. ^ 「第4章 うさんくささと政教分離を巡る攻防 戒壇の建立も自由」 - 佐藤優『創価学会と平和主義』(朝日新書 ISBN 978-4022735829)p131-132
  65. ^ 創価学会と日蓮宗の「小樽問答」再現記録(日蓮宗現代宗教研究所主任)伊藤立教
  66. ^ 島田裕巳『日本の10大新宗教』 幻冬舎(2007/11) P26
  67. ^ a b c 島田裕巳 2004, pp. 37-38.
  68. ^ a b c d e f g 世界的イベントを3月11日に控えた創価学会の「秘史」を明かそう”. 現代ビジネス. 講談社 (2018年3月9日). 2019年2月10日閲覧。
  69. ^ a b c d e f g h i 誰も知らなかった「昭和初期」創価学会の本当の姿”. 現代ビジネス. 講談社 (2018年3月12日). 2019年2月10日閲覧。
  70. ^ a b 中野毅「戦後の政教問題と宗教の政治活動」『日本の宗教と政治 近現代130年の視座から』2001年、pp.171-184 ISBN 4-7923-3162-5
  71. ^ 中野毅 2004, pp. 185-187.
  72. ^ a b Charles Scanlon, Risky alliance for Japan's ruling party(英語) BBC Thursday, 22 June, 2000, 11:37 GMT 12:37 UK
  73. ^ a b 塚田穂高 2015, pp. 121-132.
  74. ^ a b 中野毅 2004, pp. 176-179.
  75. ^ 中野毅 2004, pp. 146-150.
  76. ^ 島田裕巳 2004, pp. 78-81.
  77. ^ 島田裕巳 2004, p. 80.
  78. ^ 島田裕巳 2004, pp. 80-81.
  79. ^ a b c 塚田穂高 2015, pp. 135-141.
  80. ^ a b 塚田穂高 2015, pp. 141-145.
  81. ^ a b c 中野毅 2004, pp. 150-154.
  82. ^ a b c 寺田喜朗 「日本会議と創価学会」『現代宗教2017』2017年、p.101-125 ISSN 2188-4471
  83. ^ a b c d e f g h 島田裕巳 2004, pp. 86-90.
  84. ^ a b c d e 島田裕巳 2004, pp. 18-19.
  85. ^ a b 中野毅「民衆宗教としての創価学会 社会層と国家との関係から「宗教と社会」学会 宗教と社会 (16), 111-142, 2010-06-05
  86. ^ 島田裕巳 2004, p. 159.
  87. ^ 橋本公亘著『日本国憲法』改訂版、有斐閣
  88. ^ 芦部信喜著『憲法学』、有斐閣
  89. ^ 大阪日日新聞2008年7月8日付「コラム一刀両断 創価学会・公明党問題の真の論点」
  90. ^ 公明・学会の「政教分離」見直しも=集団的自衛権でけん制―飯島内閣官房参与
  91. ^ a b 『朝日新聞』2014年6月12日朝刊
  92. ^ 『宗教社会学を学ぶ人のために』編著 井上順孝、世界思想社。該当箇所は弓山達也 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授の執筆。187頁
  93. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000.
  94. ^ 第131回国会 予算委員会 第1号”. 2016年10月1日閲覧。
  95. ^ 衆議院会議録情報 第134回国会 宗教法人に関する特別委員会 第5号
  96. ^ 島田裕巳 2004, pp. 182.
  97. ^ a b 島田裕巳 2004, pp. 176-177.
  98. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p28(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  99. ^ 国交正常化の原点を丹念に見直す―書評『扉はふたたび開かれる 検証日中友好と創価学会』第三文明社WEBサイトより
  100. ^ 週刊ダイヤモンド』2004年8月9日号
  101. ^ 聖教新聞の配達を読売新聞が担当することになったワケ 学会と読売に聞くと…”. デイリー新潮 (2020年4月28日). 2020年4月30日閲覧。
  102. ^ a b 聖教新聞の配達を読売新聞が担当することになったワケ 学会と読売に聞くと…”. デイリー新潮 (2020年4月28日). 2020年4月30日閲覧。
  103. ^ かつては、TBSテレビ毎日放送同局ラジオテレビともに)も、創価学会および聖教新聞からの出稿の受け付けを認めていなかった時期が存在したが、TBS毎日放送同局ラジオテレビともに)でも創価学会(聖教新聞を含む)からのCMの出稿(放送)受け入れの一切を解禁(毎日放送においては、段階的な再開という形で)するようになった。また、国政選挙運動期間中の公明党のCMおよび政見放送に関しては法解釈上、選挙公報と同等の扱いを受けるため、放送局の都合で断ることができないため、かつて創価学会(聖教新聞を含む)のCMの出稿(放映)を受け入れていなかった放送事業者(TBSテレビ毎日放送)はもちろんのこと、現在も創価学会(聖教新聞を含む)のCMの出稿(放送)を受け入れない放送事業者(ジェイウェイブ関西テレビテレビ熊本)でも、同党のCMおよび政見放送の出稿受け付けは認めている。
  104. ^ 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』 朝日新聞社、1996年10月、p.112, 233
  105. ^ 『中国新聞』1959年6月17日付朝刊11面
  106. ^ 『週刊新潮』1959年7月6日号「この不幸な一家の十四年―原爆から創価学会まで」
  107. ^ a b 島田裕巳 2004, pp. 95-96.
  108. ^ 第63回国会衆議院 予算委員会 第17号 1970年(昭和45年)3月20日(議事録)不破委員「日本共産党を代表しまして、私は、出版妨害問題について」以下の発言
  109. ^ 「歴史改竄で故人藤原弘達まで鞭打つ創価学会」(『週刊新潮』 2006年4月13日号)
  110. ^ 山崎正友著『懺悔の告発』より
  111. ^ 1998年10月7日、最高裁第3小法廷判決文参照
  112. ^ 2004年3月11日(木)「しんぶん赤旗」
  113. ^ 2009年3月27日東京高裁判決文参照
  114. ^ 週刊現代 2009年4月18日号『特集・創価学会・公明党が指令した「手帳強奪」事件の真相』
  115. ^ 『日刊ゲンダイ』2004年2月27日付1面 - 2面
  116. ^ 古川利明 『カルトとしての創価学会=池田大作』(第三書館 2000年11月) ISBN 978-4807400171
  117. ^ Enquête Parlementaire visant à élaborer une politique en vue de lutter contre les practiques illégales des sectes et le danger qu'elles représentent pour la société et pour les personnes, particulièrement les mineurs d'âge. Rapport fait au nom de la Commission d'enquête par MM. Duquesne et Willems. Partie II.[(和訳)カルトの不法行為、社会や人々、特に未成年者にとっての危険と戦うことを目的とした政策を説明する議会公聴。ドゥケイン氏、ウィレム氏による委員会での公聴、の名称での報告 パート2] 報告書 (PDF) -- フランス語とフラマン語のニ言語報告, retrieved 2007-01-08.
  118. ^ Frankfurter Allgemeine Zeitung 1992年7月16日号
  119. ^ Bundestags-Drucksache 13/4132: Antwort der Bundesregierung auf die Kleine Anfrage Drucksache 13/3712 (1.Welche Gruppierungen zählt die Bundesregierung zu den sog. Jugendsekten oder Psychogruppen, und welche dieser Gruppierungen treten z.Z. verstärkt in Deutschland in Erscheinung?) AGPF(Aktion für Geistige und Psychische Freiheit; 精神的・心理的自由のためのアクション) 1996年3月15日 2009-9-19閲覧 "ドイツ連邦政府はすべての州と協力し、パンフレット"ドイツ連邦共和国のいわゆる若いカルトと精神異常グループ"を作成した。以下のグループ、団体を含む:"(Die Bundesregierung hat in Kooperation mit allen Bundesländern den Entwurf einer Informationsbroschüre »Sogenannte Jugendsekten und Psychogruppen in der Bundesrepublik Deutschland« erarbeitet, in den u. a. die nachfolgenden Gruppierungen und Organisationen aufgenommen wurden:" "...サイエントロジー団体(創設者ロン・ハバートが純粋な経済志向と共に精神カルト性を少なくした), 創価学会 (仏教 »改革運動«),セレマ (新悪魔崇拝協会), ..."(...Scientology-Organisation (auf ihren Gründer L. Ron Hubbard zurückgehender Psychokult mit ausschließlich wirtschaftlicher Orientierung), Soka Gakkai (Buddhistische »Reformbewegung«), Thelema-Orden (Neosatanistische Vereinigung),...)
  120. ^ 朝鮮日報社「月刊朝鮮」2002年5月号特集記事 「金大中〜藤井富雄ミステリー」
  121. ^ 週刊新潮2005年5月19日号に掲載
  122. ^ 週刊実話 2002年9月12日号
  123. ^ 『憚りながら』P.107
  124. ^ 『月刊現代』2004年2月号
  125. ^ 『憚りながら』P.107 - p.108
  126. ^ 週刊文春2005年2月10日号159ページ
  127. ^ 『週刊新潮』1996年5月16日号45ページ
  128. ^ 『革新』1977年11月号
  129. ^ 矢野絢也 『乱脈経理創価学会VS国税庁の暗闘ドキュメント』講談社刊
  130. ^ 反学会に転じた池田名誉会長の「金庫番」 週刊現代 2011年9月27日
  131. ^ 佐藤優『創価学会と平和主義』朝日新書、2014年
  132. ^ 田原総一朗『創価学会』毎日新聞出版、2018年
  133. ^ 田原総一郎『創価学会』毎日新聞出版
  134. ^ 鶴見俊輔「創価学会の出現まで」『折伏〜創価学会の思想と行動』 産報ノンフィクション、1963年、267頁。
  135. ^ 玉野和志『創価学会の研究』 講談社、2008年、46頁。
  136. ^ 森秀人「創価学会の機能について」『折伏〜創価学会の思想と行動』 産報ノンフィクション、1963年、115頁。
  137. ^ 中江克己「創価学会の10年」秋田書店、1971年、258頁。
  138. ^ 佐木秋夫、小口偉一『創価学会: その思想と行動』青木書店1957年、178、179頁。
  139. ^ ウェブマガジン「Salitoté」:社会学者 宮台真司さん スペシャルインタビュー (第1回目)
  140. ^ ブライアン=ウィルソン・カレル=ドベラーレ 『タイム トゥ チャント』 紀伊國屋書店、1997年、61頁。
  141. ^ ダニエル・A・メトロ『人間と平和の大河――創価学会の歴史と理念』泰流社、214頁。
  142. ^ ダニエル・A・メトロ『人間と平和の大河――創価学会の歴史と理念』泰流社、1990年、11頁。
  143. ^ フィリップ・E・ハモンドとデヴィッド・マハチェク『アメリカの創価学会』紀伊國屋書店2000年、31頁。
  144. ^ 『アメリカの創価学会 適応と転換をめぐる社会学的考察』(紀伊国屋書店)39頁、40頁
  145. ^ a b c d e 矢野絢也 黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録第四章 カルト化する「池田教」
  146. ^ a b 『The Star-Leader2001年5月2日』
  147. ^ ブルース・スプリングスティーンは2000年にNAACPニュージャージ支部から栄誉を讃えられている https://www.barks.jp/news/?id=52215776
  148. ^ 江川紹子 『魂の虜囚』(中央公論新社 2000年8月)ISBN 978-4120030420
  149. ^ 麻原彰晃 『亡国日本の悲しみ』(オウム 1995年4月) ISBN 978-4871421140
  150. ^ 著書『永遠の挑戦』
  151. ^ 諸君』1995年8月号「月報『創価学会問題』第157部 敢えて天に向かってツバ?学会とオウムは違うか」
  152. ^ 2001年2月10日発行「宗教と平和」389号より
  153. ^ 『週刊文春』 平成11年3月25日号
  154. ^ “昭和天皇の言葉、富田メモから(4)「太く短くか、細く長くか」”. 日本経済新聞朝刊: p. 39. (2006年7月24日)
  155. ^ 筒井康隆『笑犬樓よりの眺望(1994年新潮社 のち文庫化)』収載『新聞小説ははたして必要か(初出:『噂の眞相』1991年11月号)』
  156. ^ 『正直エビス』新宿書房、120-123ページ。公明党とその最大の支持母体創価学会を同一視しているとみられる
  157. ^ a b 島田裕巳 2004, pp. 21-22.
  158. ^ 島田裕巳 2004, pp. 118-119.
  159. ^ インドの独立はネタジネルーガンジーの3人によって成し遂げられているとされインドの国会議事堂には3人の肖像が飾られている
  160. ^ 第168回国会 参議院 予算委員会 第2号 参議院2007年10月16日(議事録)
  161. ^ 参院選2019総力特集!“カルト候補”228名ぜんぶ載せ!”. やや日刊カルト新聞. 2019年7月18日閲覧。
  162. ^ AERA連載「池田大作研究」に抱いた、拭い切れぬ違和感<藤倉善郎氏>”. ハーバー・ビジネス・オンライン. 2020年10月16日閲覧。
  163. ^ 法華コモンズ通信”. 法華コモンズ. 2019年8月14日閲覧。
  164. ^ 島薗進「新宗教の大衆自立思想と権威主義─昭和期の教団を中心に」、島薗進編著『何のための〈宗教〉か? 現代宗教の抑圧と自由』青弓社(1994)、pp. 221-224)
  165. ^ 溝口敦『宗教の火遊び』小学館(1996)、pp. 128-132,157-158)
  166. ^ カルトとしての創価学会=池田大作(古川 利明)

一次資料

創価学会・関連団体資料
  1. ^ 創価学会会則 第1章 総則
  2. ^ 聖教電子版 定期刊行物
  3. ^ SGI(創価学会インタナショナル)の概要|創価学会公式サイト
  4. ^ SGI(創価学会インタナショナル)リンク集|創価学会公式サイト
  5. ^ 創価学会公式サイト
  6. ^ 創価学会公式サイト
  7. ^ 1994年8月24日付「聖教新聞」4面
  8. ^ 年間主要行事
  9. ^ 創価学会公式サイト
  10. ^ 『新会員の友のために 創価学会入門』(聖教新聞社 ISBN 978-4-412-01610-1)p129-130
  11. ^ a b c 会長・理事長・各部長紹介” (日本語). SOKAnet (2019年11月18日). 2019年11月19日閲覧。
  12. ^ 谷川壮年部長が誕生 小島文化本部長 山口未来本部長 総東京 第2総東京 関東 九州が新布陣 - 2018年1月7日付け聖教新聞2面
  13. ^ 「所感恩師の二十三回忌に思う」(『聖教新聞』昭和55年(1980年)4月2日付)
  14. ^ 『池田大作の軌跡――1』昭和55年4月発行 この当時池田の三人の息子はいずれも創価学会の要職に就いていなかった
  15. ^ a b 創価学会 世界聖教会館” (日本語). 創価学会総本部 (2019年11月19日). 2019年11月19日閲覧。
  16. ^ a b きょう11月18日 栄光燦たる学会創立記念日 「創価学会 世界聖教会館」が開館” (日本語). 聖教電子版 (2019年11月18日). 2019年11月19日閲覧。
  17. ^ a b 「創価学会 世界聖教会館」が開館 池田先生が全同志に和歌贈る” (日本語). 聖教電子版 (2019年11月18日). 2019年11月19日閲覧。
  18. ^ 創価学会総本部” (日本語). 創価学会総本部 (2019年11月19日). 2019年11月19日閲覧。
  19. ^ a b c 聖教新聞 (2020年9月15日). “総本部の3施設が開館”. 聖教電子版. 2020年9月15日閲覧。
  20. ^ 道府県中心会館のご案内” (日本語). SOKANet (2019年11月19日). 2019年11月19日閲覧。
  21. ^ 初代会長 牧口常三郎先生 創価教育学会の創立——『創価教育学体系』の発刊” (日本語). SOKAnet. 2020年4月4日閲覧。
  22. ^ 第二代会長 戸田城聖先生 人生の師との出会い” (日本語). SOKAnet. 2020年4月4日閲覧。
  23. ^ 『聖教新聞』第21号「学会精神と大誓願」
  24. ^ 『聖教新聞』第26号
  25. ^ 民衆勝利の凱歌II破邪顕正の広布史p125
  26. ^ 勇気と希望の源泉 御書 御書発刊65周年企画 - 創価学会公式ホームページ 2017年5月14日閲覧。
  27. ^ a b 〈池田先生の会長就任60周年 青年部が原田会長に聞く〉第4回 正義と励ましの言論闘争㊥” (日本語). 聖教電子版 (2020年4月2日). 2020年4月4日閲覧。
  28. ^ 1956年1月29日付聖教新聞
  29. ^ 1956年1月29日付聖教新聞
  30. ^ 新入会員のために:キーワード(語句の説明集) 永遠の5指針 - 創価学会公式ホームページ 2017年5月14日閲覧。
  31. ^ 会員サポート:3月の広布史 広宣流布記念の日 - 創価学会公式ホームページ 2017年5月14日閲覧。
  32. ^ 大白蓮華2010年4月号P21「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」
  33. ^ 大白蓮華2010年4月号P28「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」
  34. ^ 『大日蓮 1958年6月 臨時発行号』
  35. ^ 大白蓮華2010年8月号P19「世界広布50周年記念企画 師恩の地から世界へ」
  36. ^ 池田大作 『新・人間革命 第15巻』(聖教新聞社 2006年2月11日ISBN 4-412-01326-X
  37. ^ 聖教新聞 1978年11月8日付・要旨
  38. ^ 大日蓮1979年9月号P20
  39. ^ 日蓮正宗青年僧侶改革同盟 「日蓮正宗問題研究 第1号:法主の謀略『C作戦』‐『C作戦』とは何か
  40. ^ a b c 「日顕の完全敗北宣言」 - 青年僧侶改革同盟
  41. ^ a b c d 「C作戦」関連年表 - 青年僧侶改革同盟
  42. ^ a b c 日蓮正宗青年僧侶改革同盟 「日蓮正宗問題研究2 – 『C作戦』の真相・底流 (2)それは「お尋ね」文書から始まった
  43. ^ 聖教新聞2010年6月4日付
  44. ^ 大白蓮華2018年2月号p20
  45. ^ 全世界の同志と創立80周年を祝賀 広宣勝利の本陣・総本部を建設 2013年秋に完成 - 聖教新聞 2010年11月19日付
  46. ^ 2011年11月5日付け聖教新聞掲載。
  47. ^ 2012年12月20日付け聖教新聞掲載。
  48. ^ 創価学会総本部「広宣流布大誓堂」落慶記念勤行会 - SOKANet 2013年11月9日
  49. ^ 大白蓮華2015年4月号「創価学会会則 教義条項」の改正について 世界宗教の基盤を確立 p84-97
  50. ^ 「創価学会会則 教義条項」の改正について - 聖教新聞 2014年11月8日付3面
  51. ^ 世界の平和と人類の幸福を192カ国・地域の友と誓願 創価学会「勤行要典」を新たに制定 - 聖教新聞 2015年11月17日付
  52. ^ 会則を整備、新理事長が誕生 - SOKANet 2015年11月18日
  53. ^ 会則を改正 総務会で議決 - SOKANet 2016年11月5日
  54. ^ 70ヵ国・地域の代表が「創価学会会憲」署名式 - SOKANet 2017年11月13日
  55. ^ 会憲 - SOKANet 2017年9月1日
  56. ^ 3・16「広宣流布記念の日」60周年 世界青年部総会 - SOKANet 創価学会公式サイト、2018年3月12日配信
  57. ^ 2019年5月2日付け聖教新聞掲載「原田会長の謹話」
  58. ^ 総本部で総合案内センターが開館式” (日本語). SOKAnet (2019年11月6日). 2019年11月19日閲覧。
  59. ^ 会長選出委員会で原田会長が再任” (日本語). SOKAnet (2019年11月18日). 2019年11月19日閲覧。
  60. ^ 世界広布新時代第45回本部幹部会が開催” (日本語). SOKAnet (2020年1月12日). 2020年2月8日閲覧。
  61. ^ 創価宝光会館の竣工引渡式行う” (日本語). SOKAnet (2020年4月4日). 2020年4月4日閲覧。
  62. ^ 聖教新聞 (2020年7月14日). “池田先生の会長就任60周年「記念映像上映会」を各地で開催”. 聖教電子版. 2020年7月19日閲覧。
  63. ^ a b 聖教新聞 (2020年8月26日). “【速報】広宣流布大誓堂で勇躍の世界広布新時代第46回本部幹部会 「世界青年部歌」が発表”. 聖教電子版. 2020年8月26日閲覧。
  64. ^ 創価学会総本部 (2020年9月16日). “総本部に創価宝光会館がオープン!”. 創価学会総本部公式サイト. 2020年9月27日閲覧。
  65. ^ 聖教新聞 (2020年9月16日). “総本部「創価宝光会館」がオープン”. 聖教電子版. 2020年9月27日閲覧。
  66. ^ 創価学会青年部 (2020年9月28日). “創価学会世界青年部総会特設サイト”. 2020年11月2日閲覧。
  67. ^ 聖教新聞 (2020年9月27日). “10・2「世界平和の日」60周年記念「世界青年部総会」を開催”. 聖教電子版. 2020年9月27日閲覧。
  68. ^ 聖教新聞 (2020年9月28日). “学会創立100周年の2030年へ出発 「世界青年部総会」を盛大に”. 聖教電子版. 2020年9月28日閲覧。
  69. ^ 聖教新聞 (2020年9月28日). “世界青年部総会への池田先生のメッセージ”. 聖教電子版. 2020年9月28日閲覧。
  70. ^ 聖教新聞 (2020年11月2日). “創立100周年へ「創価の大心」で進め--広宣流布大誓堂で創立90周年記念の本部幹部会”. 聖教電子版. 2020年11月2日閲覧。
  71. ^ 聖教新聞 (2021年1月8日). “創立100周年へ第1回本部幹部会 広宣流布大誓堂で開催”. 聖教電子版. 2021年1月8日閲覧。
  72. ^ 創価学会総本部 (2020年2月18日). “【重要】総本部施設の開館状況について(2020年4月4日更新)”. 創価学会総本部. 2020年2月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  73. ^ 民音音楽博物館 (2020年2月19日). “西日本館臨時休館のお知らせ”. 民音音楽博物館. 2020年4月10日閲覧。
  74. ^ 2020年2月20日付聖教新聞4面 紙上座談会
  75. ^ 創価学会総本部 (2020年2月21日). “少年少女希望絵画展 開催延期のお知らせ”. 創価学会総本部. 2020年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  76. ^ 民音音楽博物館 (2020年2月26日). “民音音楽博物館(東京・信濃町)および音楽ライブラリー臨時休館のお知らせ”. 民音音楽博物館. 2020年2月27日閲覧。
  77. ^ 聖教新聞 (2020年2月28日). “総本部・接遇センター あす29日から休館”. 聖教電子版. 2020年2月28日閲覧。
  78. ^ 創価学会総本部 (2020年2月28日). “接遇センター 2月29日(土)から休館”. 創価学会総本部. 2020年2月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月28日閲覧。
  79. ^ 聖教新聞 (2020年3月20日). “原田会長を中心に全国方面長会議”. 聖教電子版. 2020年3月20日閲覧。
  80. ^ 創価学会総本部 (2020年3月26日). “【重要】総合案内センター 当面の間 休館”. 創価学会総本部. 2020年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  81. ^ 聖教新聞 (2020年4月1日). “いのちを守るために――青年部と医学者によるオンライン会議から”. 聖教電子版. 2020年4月30日閲覧。
  82. ^ 聖教新聞 (2020年4月4日). “原田会長を中心に全国方面長会議 今後の組織活動の方針を発表”. 聖教電子版. 2020年4月4日閲覧。
  83. ^ 聖教新聞 (2020年4月2日). “4月度の「御書講義」 4日からSOKAnetで動画配信(有料会員記事)”. 聖教電子版. 2020年4月30日閲覧。
  84. ^ SOKAnet (2020年4月8日). “新型コロナ緊急事態宣言が発令 学会本部に対策本部を設置”. SOKAnet. 2020年4月9日閲覧。
  85. ^ 創価学会青年部 (2020年4月10日). “歌をつくろう。#うたつく”. SOKAnet. 2020年5月3日閲覧。
  86. ^ 創価学会 (2020年4月10日). “【重要】施設の開館状況と各種行事について”. SOKAnet. 2020年5月19日閲覧。
  87. ^ 聖教新聞 (2020年4月28日). “原田会長、永石婦人部長が出席 全国方面長会議”. 聖教電子版. 2020年4月28日閲覧。
  88. ^ 聖教新聞 (2020年4月28日). “全国方面長会議での原田会長の指導(要旨)”. 聖教電子版. 2020年4月28日閲覧。
  89. ^ 創価学会青年部 (2020年5月3日). “歌をつくろう。#うたつく ついに楽曲が完成 ミュージックビデオ第1弾を公開”. SOKAnet. 2020年5月3日閲覧。
  90. ^ 聖教新聞 (2020年5月19日). “緊急事態継続の8都道府県に学会本部が義援金”. 聖教電子版. 2020年5月19日閲覧。
  91. ^ 聖教新聞 (2020年5月3日). “「栄光の共戦譜」が完成”. 聖教電子版. 2020年5月23日閲覧。
  92. ^ 聖教新聞 (2020年5月23日). “原田会長を中心に今後の活動を協議 全国方面長会議”. 聖教電子版. 2020年5月23日閲覧。
  93. ^ 創価学会総本部 (2020年5月28日). “第34回少年少女希望絵画展について”. 創価学会総本部. 2020年6月13日閲覧。
  94. ^ 創価学会 (2020年6月4日). “【重要】施設の開館状況と各種行事について#全国の墓地公園・納骨堂”. SOKAnet. 2020年6月13日閲覧。
  95. ^ 聖教新聞 (2020年6月13日). “原田会長を中心に全国方面長会議”. 聖教電子版. 2020年6月13日閲覧。
  96. ^ 民音音楽博物館・再開のお知らせ”. 創価学会総本部 (2020年7月9日). 2020年7月12日閲覧。
  97. ^ 民音音楽博物館 (2020年6月24日). “民音音楽博物館 再開のお知らせ 【展示室・ライブラリー】”. 民音音楽博物館. 2020年7月12日閲覧。
  98. ^ 聖教新聞 (2020年7月9日). “全国最高協議会 池田先生がメッセージ 原田会長を中心に討議”. 聖教電子版. 2020年7月9日閲覧。
  99. ^ 聖教新聞 (2020年8月29日). “原田会長を中心に全国方面長会議”. 聖教電子版. 2020年8月29日閲覧。
  100. ^ 聖教新聞 (2020年11月2日). “原田会長を中心に中央会議・全国方面長会議”. 聖教電子版. 2020年11月2日閲覧。
  101. ^ 聖教新聞 (2020年11月2日). “中央会議での原田会長の指導(要旨)”. 聖教電子版. 2020年11月2日閲覧。
  102. ^ 聖教新聞 (2021年1月7日). “総本部各施設 8日から休館”. 聖教電子版. 2021年1月8日閲覧。
  103. ^ 聖教新聞 (2021年1月8日). “〈座談会〉 全人類の幸福が学会の使命 「師弟」こそ広布前進の力に”. 聖教電子版. 2021年1月8日閲覧。
  104. ^ a b 会則(1)|創価学会公式サイト” (2016年11月7日). 2016年12月26日閲覧。
  105. ^ 「所感恩師の二十三回忌に思う」(『聖教新聞』昭和55年(1980年)4月2日付)
  106. ^ 「本抄の背景・大意 立正安国について」 - 創価学会教学部編『世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために「立正安国論」』(聖教新聞社 ISBN 978-4412016194)P15-16
  107. ^ 民衆勝利の凱歌II 破邪顕正の広布史p104
  108. ^ 民衆勝利の凱歌II 破邪顕正の広布史p103-104
  109. ^ 新編 日蓮大聖人御書全集p1618
  110. ^ 民衆勝利の凱歌II 破邪顕正の広布史p90-92
  111. ^ 初代会長 牧口常三郎 宗教改革と国家権力の弾圧 - SOKAnet
  112. ^ 第2代会長 戸田城聖 国家による弾圧と覚醒 - SOKAnet
  113. ^ 「人間革命」第1巻「黎明」の章
  114. ^ 小説『人間革命』要旨 - SOKAnet
  115. ^ 第2代会長 戸田城聖 学会の再建へ 会長に就任 - SOKAnet
  116. ^ 『新・人間革命』(第14巻「烈風」の章)
  117. ^ WEB第三文明:仏『ル・モンド』の月刊誌がフランスの創価学会のルポを掲載――その意義と背景
  118. ^ 2018年2月27日付け聖教新聞2面
  119. ^ 創価学会青年部. “元職員らの中傷行動について 1.学会に関する偏向報道でテレビ東京が謝罪”. 創価学会青年部公式サイト. 2020年9月15日閲覧。
批判側資料
  1. ^ しんぶん赤旗』 2002年3月30日付
  2. ^ a b c “池田氏は「永遠の指導者」 創価学会が「会則」を改定”. しんぶん赤旗. (2002年3月30日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-03-30/11_0403.html 2016年1月31日閲覧。 
  3. ^ 「第二章 三、「国主立戒壇」の誑惑」 - 浅井昭衛『対決を逃避した阿部日顕管長に「最後に申すべき事」』(冨士大石寺顕正会)P44-53
  4. ^ “公明党と創価学会 「政教一体」で「悪政戦犯」の役割”. しんぶん赤旗. (2007年6月4日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-04/2007060425_01_0.html 2016年1月31日閲覧。 
  5. ^ 『しんぶん赤旗』創価学会入らぬなら昇給差別朝礼で聖教新聞読み合わせ40人突然解雇の内装会社
  6. ^ 創価学会・池田大作氏に問う31年前の「猛省」は世をあざむく虚言だったのか不破哲三(『しんぶん赤旗』 2001年7月22日付)
その他一次資料
  1. ^ わが国における主な宗教団体名”. 株式会社レルネット (1995年12月31日). 2013年11月1日閲覧。
  2. ^ わが国における主な宗教団体名”. 株式会社レルネット (2000年12月31日). 2013年11月1日閲覧。
  3. ^ 学会友人葬プラン/有限会社十一番・メモリーズ/秦野市の葬儀社”. 2013年11月1日閲覧。
  4. ^ 友人葬 - 大真葬祭セレモニー”. 2013年11月1日閲覧。
  5. ^ 公益財団法人国際宗教研究所
  6. ^ 熊本県宇土市
  7. ^ 国連防災世界会議 - 仙台市
  8. ^ 世界人道サミットのサイドイベントリスト
  9. ^ UNHCR協会活動報告2014
  10. ^ a b c 国際連合広報センター
  11. ^ UNODA公式サイト
  12. ^ UNHR公式サイト
  13. ^ 福島県浪江町立浪江中学校公式HP
  14. ^ 東洋哲学研究所「写本の目的」
  15. ^ 創価学会「法華経写本シリーズ」一覧
  16. ^ 平成12年(ネ)第3364号 損害賠償請求控訴事件 東京高裁判決(2001年1月31日)
  17. ^ 第168回国会 参議院 予算委員会 第2号』参議院、2007年(平成19年)10月16日(議事録
  18. ^ 核兵器なき世界への挑戦|創価学会公式サイト
  19. ^ フランス語の報告1995年 (英語の翻訳), フランス国民議会, 議会委員会報告
  20. ^ フランス国民議会 (1999年6月10日). “Les sectes et l'argent” (フランス語). フランス共和国. 2009年4月20日閲覧。 “enquête sur la situation financière, patrimoniale et fiscale des sectes, ainsi que sur leurs activités économiques et leurs relations avec les milieux économiques et financiers[(和訳)カルトの財務、所有物、収益、同様にそれらの経済活動、経済・金融の関わりに関する公聴]”
  21. ^ 第168回国会 参議院予算委員会 第2号 参議院、2007年10月16日議事録、2012年11月7日閲覧
  22. ^ 参議院 宗教法人等に関する特別委員会 - 3号 平成7年11月27日
  23. ^ 東京地方裁判所判決<平成19年(ワ)第35314号>2009年2月5日
  24. ^ 平成7年刑(わ)894号 平成14年7月29日 東京地方裁判所










固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創価学会」の関連用語

創価学会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創価学会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創価学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS