創価学会 活動

創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 12:20 UTC 版)

活動

年間主要行事

2017年時点の年間主要行事は以下の通りである[SG 8]

  • 1月1日、2日 新年勤行会
  • 成人の日成人の日」記念勤行会
  • 2月16日 「日蓮大聖人御聖誕の日」記念勤行会
  • 3月    春季彼岸勤行法要
  • 4月2日 第2代会長・戸田城聖追善勤行会
  • 4月28日 「立宗の日」記念勤行会
  • 5月3日 「創価学会の日」記念勤行会
  • 5月19日 「創価学会常住御本尊記念日」記念勤行会
  • 7月15日 諸精霊追善勤行法要(8月15日に行われる地域もある)
  • 8月15日 世界平和祈念戦没者追善勤行法要
  • 9月12日 「竜の口の法難の日」の意義をとどめた勤行会
  • 敬老の日敬老の日」の記念勤行会
  • 9月    秋季彼岸勤行法要
  • 10月13日「日蓮大聖人御入滅の日」の意義をとどめた勤行会
  • 11月15日「七五三」の記念勤行会
  • 11月18日 学会創立記念日記念・初代会長・牧口常三郎追善勤行会

勤行

創価学会勤行要典(2015年制定)に基づき、仏壇に御安置してある御本尊に向かい『法華経ニ十八品』のうち、「法華経方便品第二」の冒頭から十如是まで(十如是は三回唱える)、続いて「法華経如来寿量品第十六」の自我偈を読誦ののち、各御記念文を御祈念し、「南無妙法蓮華経」と題目を三回唱えた後、勤行を終える。日々、朝と夕(夜)の2回行う。

組織活動

央忠邦の1968年(昭和43年)の著書によれば、創価学会の会合には、本部総会(5月)、男子部総会(11月)、女子部総会(11月)、学生部総会(7月)、夏期講習会(8月)などがある[19]。央氏によれば、創価教育学会時代(牧口の時代)から、会員同志が「それぞれの悩みや克服した信仰体験などを話り合い、信仰の結びつきを確認し合った」(央忠邦の1968年の著書より引用)場である座談会が伝統となっていた[20]。座談会は班や地区の単位で行われ、央忠邦の1968年の著書によれば座談会の拠点は日本に二十万か所以上あった[20]

『聖教新聞』の購読者の開拓

財務

創価学会では年1回、広布部員を希望した会員にのみ、申込み用紙が会員宅に届けられる。1970年代中頃以前は財務部員と呼ばれ、現在は広布部員。以前は年間3,000円程度であったが、現在は1口1万円からとなっている。生活保護者など一部を除き財務の対象者となっている。

島田裕巳によると財務の一か月程前には決起大会が開かれ、「100万円出したら息子がいい企業に就職できた。」「保険を解約して学会のために捧げたら幸せになりました。」などの発言が相次ぎ、他の会員にプレッシャーをかけるという[21]

教学の研鑽

創価学会が編さんし出版している『日蓮大聖人御書全集』(にちれんだいしょうにんごしょぜんしゅう)を基に行われる。その資料として月刊機関誌『大白蓮華』(だいびゃくれんげ)が用いられ、会員には「教学試験」の受験が奨励されている。

葬儀

地域の儀典長を中心に読経の中心者とする「友人葬(ゆうじんそう)」の形式で執り行われている。原則として友人葬への参列では香典は必要ないとされているが、参列者が香典を持参する事、遺族が参列者が持参した香典を受け取る事は各位の自由である。また「読経料」「戒名料」などが必要な他宗派と違い、友人葬の中心者の儀典長は、謝礼を一切受け取らないものと定められている[SG 9]

友人葬の料金

友人葬を取り扱っている葬儀社や在住している地域によって若干の差は存在するが、東京の場合では友人葬の基本料金は概ね35万円位から50万円位である[他 3][他 4]。 友人葬を取り扱う葬儀社によっては、一式で基本料金に含まれているケースとオプション料金として別料金になる場合がある。

詳細は葬儀社への確認が必要である。

  • 納骨は、地区部長を通じて申し込むと、全国にある創価学会墓地公園が利用出来る。
  • 儀典長を中心に、生前の名前で葬儀を行うため、戒名料・読経料はかからない。

布教活動

無宗教あるいは他の宗教を信仰する者を改宗させる事を「折伏(しゃくぶく、しゃくふく)」という。

1951年(昭和26年)に戸田が「青年訓」を発表し、青年部を中心に折伏大行進と呼ばれる大々的な布教が行われた。布教活動は多くの会員を増やすことになった反面、その強引な手法から社会問題になった。

入会・退会の手続き











固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創価学会」の関連用語

創価学会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創価学会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創価学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS