創価学会 教義関連

創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/08 12:20 UTC 版)

教義関連

教義・理念

  • 法華経を広め、仏法が説く生命尊厳の思想を根本に、人類の幸福と社会の繁栄、世界平和の実現を目指す「広宣流布」という運動を実践する[SG 5]
  • 万人の生命に等しく内在する、智慧と慈悲と勇気に満ちた仏の生命を最大に発揮する「人間革命」を信仰の指標とする[SG 6]
  • 島田裕巳によれば、「かつては他の宗教や宗派を一切認めない姿勢を持っていた[16]。また、創価学会員の子弟は、修学旅行などで神社仏閣を訪れた場合には、神社鳥居寺院の山門はくぐろうとしない」という[17]

経典

  • 法華経
  • 『新編日蓮大聖人御書全集』(創価学会版)

法華経を最高の経典とした天台智顗五時八教説と、それを受け継いだ日蓮の思想を基礎としている。

勤行

仏壇の前で経典を読誦する。創価学会勤行要典にもとづき、法華経の「方便品第二」と「如来寿量品第十六」を読誦する。朝と夕、一日に二回「勤行」を行う[18]

唱題

「南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)」(「なむみょうほうれんげきょう」ではない)という題目を唱える行為。「勤行」のあと、随時「題目」を唱える。

時間が取れない場合など「勤行」を行わずに、「題目」を唱えてもよいとされる[18]。「南無妙法蓮華経」とは「法華経に帰依する」の意であり、「題目」は経典の表題を唱えることに由来する。

本尊・本仏

  • 本尊に関する事項は、会長が司る(創価学会会憲第9条第4項 及び 創価学会会則第12条第1項)。
  • 破門に伴って宗門より下付停止となったため、1993年(平成5年)10月からは日蓮正宗総本山第26世日寛上人書写の本尊から複写印刷し御形木御本尊と称して授与している。
  • 諸事情で自宅に仏壇を安置できない場合は、「お守り御本尊」と呼ばれる小型の御本尊を授与する。この本尊も日寛上人書写の本尊のコピーである。
  • 「本門戒壇の大御本尊」については2002年(平成14年)の会則変更により表記が変更された。さらに2014年(平成26年)の会則改正により、「弘安2年(1279年)の本門戒壇の大御本尊は受持の対象とはしない」と聖教新聞上で公式発表された。なお「弘安2年の本門戒壇の大御本尊」は日蓮正宗大石寺に安置されていて、日寛上人書写の本尊はこの本尊を書写している。
  • 「謗法払い」については、創価学会は新入会希望者に対して、
    1. 入会希望者自身が、かつての信仰対象の処分・返却を行うこと。
    2. 本人が承諾しても他人が手伝ったり預かって持ち帰ったりしないこと。
    3. 謗法払いは入会する会員自身が自から自分自身で行う。
    4. 同居家族や所有関係者の事前了解を得ること。
を指導として徹底している[SG 7]

本仏











固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創価学会」の関連用語

創価学会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創価学会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創価学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS