創価学会 他の宗教や組織との関係

創価学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/30 15:40 UTC 版)

創価学会(そうかがっかい)は、日本宗教法人法華経系の在家仏教の団体[1]で、国内に公称827万世帯を擁する。「創価」とは「価値創造」の意味。創価学会は価値の中心に「生命の尊厳」の確立を置き、それに基づいた「万人の幸福」と「世界の平和」の実現を目標としている。




注釈

  1. ^ 当時は1ヶ月に3回の「旬刊」からスタートした。

出典

  1. ^ a b 渡辺和子『オールカラーでわかりやすい! 世界の宗教』2015年7月10日 ISBN 9784791623143、242ページ、「創価学会: わが国ではじめて宗教政党を結成 三大会長のもとで大教団に発展した法華経系の在家仏教」
  2. ^ SOKAnet 創価学会公式サイト http://www.sokanet.jp/
  3. ^ SEIKYO online http://www.seikyoonline.com/intro/seikyo/publication.html
  4. ^ 塚田穂高 2015, pp. 114-117.
  5. ^ 塚田穂高 2015, pp. 117-120.
  6. ^ 『日本大百科全書(小学館)【創価学会】』
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 島田裕巳 『創価学会』(新潮社 2004年6月20日) ISBN 978-4106100727 [要ページ番号]
  8. ^ 美坂房洋 編集兼発行者『牧口常三郎』 聖教新聞社 1972年11月18日刊
  9. ^ a b c d 大島宏之 『日本の現世宗教』(自由国民社 2002年1月10日)ISBN 978-4426619008
  10. ^ a b 古川利明 『システムとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年10月25日) ISBN 978-4807499229
  11. ^ 『聖教新聞』第21号「学会精神と大誓願」
  12. ^ 『聖教新聞』第26号
  13. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, pp. 114-115.
  14. ^ a b c d 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4022612861 [要ページ番号]
  15. ^ 1956年1月29日付聖教新聞
  16. ^ 1956年1月29日付聖教新聞
  17. ^ 当初は内閣総理大臣岸信介の参列も予定されたが、名代として安倍晋太郎が出席。
  18. ^ 新会員のために:質問コーナー(5)広宣流布の記念式典とは - 創価学会公式ホームページ 2010年7月19日閲覧。
  19. ^ 大白蓮華2010年4月号P21「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」
  20. ^ 大白蓮華2010年4月号P28「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」
  21. ^ 『大日蓮 1958年6月 臨時発行号』
  22. ^ 大白蓮華2010年8月号P19「世界広布50周年記念企画 師恩の地から世界へ」
  23. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, p. 215.
  24. ^ a b 朝日新聞アエラ編集部 2000, pp. 180-190.
  25. ^ 池田大作 『新・人間革命 第15巻』(聖教新聞社 2006年2月11日ISBN 4-412-01326-X
  26. ^ 毎日新聞 1968年8月1日付15面
  27. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, pp. 67-68.
  28. ^ a b 古川利明『シンジケートとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年11月20日) ISBN 978-4807499243
  29. ^ 梁取三義 「創価学会」 (1977年) 115ページ 『その事実については、「週刊新潮」がすでに七月に、「メッカ大石寺が、創価学会と喧嘩して参詣者ただ今ゼロ」という記事を掲げている。』 120ページ『「二年前にも、池田会長と日達猊下(と呼ぶそうだ)の仲がおかしくなって、登山禁止令が出た」(学会青年部幹部)』
  30. ^ - 聖教新聞 1978年11月8日付・要旨
  31. ^ 大日蓮1979年9月号P20
  32. ^ a b c d e 朝日新聞アエラ編集部 2000, p. 202.
  33. ^ 朝日新聞アエラ編集部 2000, p. 204.
  34. ^ a b c “池田氏は「永遠の指導者」 創価学会が「会則」を改定”. しんぶん赤旗. (2002年3月30日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-03-30/11_0403.html 2016年1月31日閲覧。 
  35. ^ 全世界の同志と創立80周年を祝賀 広宣勝利の本陣・総本部を建設 2013年秋に完成 - 聖教新聞 2010年11月19日付
  36. ^ 世界の平和と人類の幸福を192カ国・地域の友と誓願 創価学会「勤行要典」を新たに制定 - 聖教新聞 2015年 11月17日付
  37. ^ 米本和広『となりの創価学会 - 内側から見た学会員という幸せ』 宝島社、1995年7月12日
  38. ^ a b 沼田健哉 『現代日本の新宗教 - 情報化社会における神々の再生』 創元社、1988年1月
  39. ^ 島田裕巳『創価学会の実力』(朝日新聞社、2006年8月30日) ISBN 978-4023303720
  40. ^ 村上重良 『新宗教その行動と思想』 (岩波書店 2007年2月) ISBN 978-4006001704
  41. ^ 島田裕巳『日本の10大新宗教』幻冬舎、2007年11月 ISBN 978-4344980600
  42. ^ わが国における主な宗教団体名”. 文化庁 (2000年12月31日). 2013年11月1日閲覧。
  43. ^ わが国における主な宗教団体名”. 文化庁 (1995年12月31日). 2013年11月1日閲覧。
  44. ^ 創価学会公式サイト
  45. ^ 央忠邦 1968, p. 223.
  46. ^ a b 央忠邦 1968, pp. 216-219.
  47. ^ 創価学会公式サイト
  48. ^ 学会友人葬プラン/有限会社十一番・メモリーズ/秦野市の葬儀社”. 2013年11月1日閲覧。
  49. ^ 友人葬 - 大真葬祭セレモニー”. 2013年11月1日閲覧。
  50. ^ 入会について - 創価学会公式ホームページ。
  51. ^ 小堀真、文京学院大学人間学部研究紀要 Vol.14
  52. ^ 週刊文春2005年2月10日号159ページ
  53. ^ 『週刊新潮』1996年5月16日号45ページ
  54. ^ 参議院 宗教法人等に関する特別委員会 - 3号 平成07年11月27日
  55. ^ 島田裕巳著「新宗教ビジネスモデル」pp.70-80
  56. ^ 1995年(平成7年)11月衆議院「宗教法人に関する特別委員会」で熊代昭彦衆議院議員の発言より
  57. ^ http://www.sokanet.jp/kaiin/kisokyogaku/jissen/01.html
  58. ^ http://www.nichiren.or.jp/buddhism/shaka/01.php
  59. ^ a b 島田裕巳『現代にっぽん新宗教百科』 柏書房 (2011/09) P127
  60. ^ 「創価学会の研究」玉野和志著、講談社現代新書
  61. ^ 「創価学会の研究」玉野和志著、講談社現代新書
  62. ^ 1994年8月24日付「聖教新聞」4面
  63. ^ 「所感恩師の二十三回忌に思う」(『聖教新聞』昭和55年(1980年)4月2日付)
  64. ^ [1]
  65. ^ [ http://www.sokanet.jp/info/kaikan.html/創価学会公式サイト]
  66. ^ [2]
  67. ^ [3]
  68. ^ 『中外日報』平成8年1月20日付(25410号)6面 - 中外日報社(デジタル化:神戸大学附属図書館)
  69. ^ 稲場圭信 『利他主義と宗教』 弘文堂、2011年、12~13頁。
  70. ^ 公益財団法人国際宗教研究所
  71. ^ 熊本県宇土市
  72. ^ My Take: Japanese new religions' big role in disaster response - CNN Belief Blog - CNN.com Blogs March 22nd, 2011
  73. ^ 石巻日日新聞2015年3月5日付4面
  74. ^ 国連防災世界会議
  75. ^ 世界人道サミットのサイドイベントリスト
  76. ^ UNHCR協会活動報告2014
  77. ^ a b c 国際連合広報センター
  78. ^ UNODA公式サイト
  79. ^ UNHR公式サイト
  80. ^ 宮古毎日新聞2014年2月5日
  81. ^ 福島県浪江町立浪江中学校公式HP
  82. ^ 東洋哲学研究所「写本の目的」
  83. ^ 創価学会「法華経写本シリーズ」一覧
  84. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p38-p39(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  85. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p39(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  86. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p39(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  87. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p28(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  88. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p28~p31(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  89. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p38(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  90. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p42(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  91. ^ 『扉はふたたび開かれる 検証 日中友好と創価学会』p45-p46(時事通信出版局編 監修・編著 信太謙三 時事通信社刊)
  92. ^ 東京地方裁判所判決<平成19年(ワ)第35314号>2009年2月5日
  93. ^ 『中国新聞』1959年6月17日付朝刊11面
  94. ^ 『週刊新潮』1959年7月6日号「この不幸な一家の十四年―原爆から創価学会まで」
  95. ^ 氷川きよしだけじゃない! 創価学会信者たちの“入信・投票強要”の現実. サイゾー. (2014年6月2日)。
  96. ^ 『しんぶん赤旗』創価学会入らぬなら昇給差別朝礼で聖教新聞読み合わせ40人突然解雇の内装会社
  97. ^ 『新・人間革命』(第14巻「烈風」の章)
  98. ^ 「歴史改竄で故人藤原弘達まで鞭打つ創価学会」(『週刊新潮』 2006年4月13日号)
  99. ^ 創価学会・池田大作氏に問う31年前の「猛省」は世をあざむく虚言だったのか不破哲三(『しんぶん赤旗』 2001年7月22日付)
  100. ^ “創価学会員らが暴行 伝活動妨害し逮捕”. しんぶん赤旗. (2003年4月8日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-04-08/15_02.html 2016年1月31日閲覧。 
  101. ^ “公明名乗る男が暴行 共産党の法定ビラ強奪”. しんぶん赤旗. (2003年4月13日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-04-13/15_03.html 2016年1月31日閲覧。 
  102. ^ 山崎正友著『懺悔の告発』より
  103. ^ 山田直樹著『創価学会を斬る』
  104. ^ 1998年10月7日、最高裁第3小法廷判決文参照
  105. ^ 2004年3月11日(木)「しんぶん赤旗」
  106. ^ 2009年3月27日東京高裁判決文参照
  107. ^ 週刊現代 2009年4月18日号『特集・創価学会・公明党が指令した「手帳強奪」事件の真相』
  108. ^ 『日刊ゲンダイ』2004年2月27日付1面 - 2面
  109. ^ a b 島田裕巳 2004, pp. 105-106.
  110. ^ 『アメリカの創価学会 適応と転換をめぐる社会学的考察』(紀伊国屋書店)39頁、40頁
  111. ^ 「所感恩師の二十三回忌に思う」(『聖教新聞』昭和55年(1980年)4月2日付)
  112. ^ 島田裕巳『日本の10大新宗教』 幻冬舎(2007/11) P26
  113. ^ a b 中野毅「戦後の政教問題と宗教の政治活動」『日本の宗教と政治 近現代130年の視座から』2001年、pp.171-184 ISBN 4-7923-3162-5
  114. ^ 中野毅 2004, pp. 185-187.
  115. ^ a b Charles Scanlon, Risky alliance for Japan's ruling party(英語) BBC Thursday, 22 June, 2000, 11:37 GMT 12:37 UK
  116. ^ a b 塚田穂高 2015, pp. 121-132.
  117. ^ a b 中野毅 2004, pp. 176-179.
  118. ^ 中野毅 2004, pp. 146-150.
  119. ^ 島田裕巳 2004, pp. 78-81.
  120. ^ 島田裕巳 2004, p. 80.
  121. ^ 島田裕巳 2004, pp. 80-81.
  122. ^ a b c 塚田穂高 2015, pp. 135-141.
  123. ^ a b 塚田穂高 2015, pp. 141-145.
  124. ^ a b c 中野毅 2004, pp. 150-154.
  125. ^ a b c d e f g h 島田裕巳 2004, pp. 86-90.
  126. ^ a b c d e 島田裕巳 2004, pp. 18-19.
  127. ^ a b 中野毅「民衆宗教としての創価学会 社会層と国家との関係から「宗教と社会」学会 宗教と社会 (16), 111-142, 2010-06-05
  128. ^ 第168回国会 参議院 予算委員会 第2号』参議院、2007年(平成19年)10月16日(議事録
  129. ^ 公明・学会の「政教分離」見直しも=集団的自衛権でけん制―飯島内閣官房参与
  130. ^ 『朝日新聞』2014年6月12日朝刊
  131. ^ 『朝日新聞』2014年6月12日朝刊
  132. ^ 『宗教社会学を学ぶ人のために』編著 井上順孝、世界思想社。該当箇所は弓山達也 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授の執筆。187頁
  133. ^ “公明党と創価学会 「政教一体」で「悪政戦犯」の役割”. しんぶん赤旗. (2007年6月4日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-04/2007060425_01_0.html 2016年1月31日閲覧。 
  134. ^ 橋本公亘著『日本国憲法』改訂版、有斐閣
  135. ^ 芦部信喜著『憲法学』、有斐閣
  136. ^ 大阪日日新聞2008年7月8日付「コラム一刀両断 創価学会・公明党問題の真の論点」
  137. ^ ブライアン=ウィルソン・カレル=ドベラーレ 『タイム トゥ チャント』 紀伊國屋書店、1997年、61頁。
  138. ^ ダニエル・A・メトロ『人間と平和の大河――創価学会の歴史と理念』泰流社、214頁。
  139. ^ ダニエル・A・メトロ『人間と平和の大河――創価学会の歴史と理念』泰流社、1990年、11頁。
  140. ^ フィリップ・E・ハモンドとデヴィッド・マハチェク『アメリカの創価学会』紀伊國屋書店2000年、31頁。
  141. ^ 鶴見俊輔「創価学会の出現まで」『折伏~創価学会の思想と行動』 産報ノンフィクション、1963年、267頁。
  142. ^ 玉野和志『創価学会の研究』 講談社、2008年、46頁。
  143. ^ 森秀人「創価学会の機能について」『折伏~創価学会の思想と行動』 産報ノンフィクション、1963年、115頁。
  144. ^ 中江克己「創価学会の10年」秋田書店、1971年、258頁。
  145. ^ 佐木秋夫、小口偉一『創価学会: その思想と行動』青木書店1957年、178、179頁。
  146. ^ ウェブマガジン「Salitoté」:http://salitote.jp/people/interview009-1.html
  147. ^ a b 島田裕巳 2004, pp. 95-96.
  148. ^ a b c d 矢野絢也 黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録第四章 カルト化する「池田教」
  149. ^ 矢野絢也 黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録第四章
  150. ^ 矢野絢也 黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録第四章
  151. ^ 創価学会党化した自民党6 『FORUM21』123号(2007年4月1日)
  152. ^ 「宗教法人に関する特別委員会」での発言
  153. ^ WEB第三文明:仏『ル・モンド』の月刊誌がフランスの創価学会のルポを掲載――その意義と背景
  154. ^ 著書『永遠の挑戦』
  155. ^ 諸君』1995年8月号「月報『創価学会問題』第157部 敢えて天に向かってツバ?学会とオウムは違うか」
  156. ^ 2001年2月10日発行「宗教と平和」389号より
  157. ^ 『週刊文春』 平成11年3月25日号
  158. ^ 発表後、創価学会から猛烈に批判されたため、筒井康隆は短編『末世法華経(新潮文庫『笑うな』収録)』で応酬した。
  159. ^ 筒井康隆は『噂の眞相』連載『笑犬樓よりの眺望』でこの連載を告知した際『レベルの低い意見に対しては登場人物が反撃する』と明言している(筒井康隆『笑犬樓よりの眺望(1994年新潮社 のち文庫化)』収載『新聞小説ははたして必要か(初出:『噂の眞相』1991年11月号)』
  160. ^ 『正直エビス』新宿書房、120-123ページ。公明党とその最大の支持母体創価学会を同一視しているとみられる
  161. ^ 週刊新潮2007年11月1日号
  162. ^ 週刊新潮2013年2月14日号(2月6日発売) 45P - 46P
  163. ^ 井上順孝『人はなぜ新宗教に魅かれるのか?』 三笠書房(2009) 43p
  164. ^ 朝鮮日報社「月刊朝鮮」2002年5月号特集記事 「金大中〜藤井富雄ミステリー」
  165. ^ 週刊新潮2005年5月19日号に掲載
  166. ^ 週刊実話 2002年9月12日号
  167. ^ 『池田大作の軌跡――1』昭和55年4月発行 この当時池田の三人の息子はいずれも創価学会の要職に就いていなかった
  168. ^ SAPIO 2010年8月25日号.池田大作名誉会長「Xデー」に向けて動き出す これが長男SGI会長就任の「世襲シナリオ」だ
  169. ^ 創価学会 関西のドン死去で大作氏から長男への世襲が話題に
  170. ^ 矢野絢也・島田裕巳『創価学会・もうひとつの日本』、講談社、2010年、54-55ページ
  171. ^ 第168回国会 参議院予算委員会 第2号 参議院、2007年10月16日議事録、2012年11月7日閲覧
  172. ^ 『憚りながら』P.107
  173. ^ 『月刊現代』2004年2月号
  174. ^ 『憚りながら』P.107 - p.108
  175. ^ 『憚りながら』P.111
  176. ^ 『革新』1977年11月号
  177. ^ 衆議院議院運営委員会理事会 1970年(昭和45年)3月20日開催
  178. ^ 反学会に転じた池田名誉会長の「金庫番」 週刊現代 2011年09月27日
  179. ^ 毎日新聞 2009年3月28日付、asahi.com 2009年3月27日、東京新聞 2009年3月27日付、手帳持ち去りで矢野氏の勝訴確定 元公明議員に賠償命令東京新聞2009年9月1日付等
  180. ^ “公明党が竹入氏と和解 「互いに誹謗中傷せず」”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年12月4日). http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008120401000826.html 2013年11月1日閲覧。 
  181. ^ 週刊文春2010年12月2日号
  182. ^ 週刊文春2010年12月2日号44ページ
  183. ^ 週刊文春2010年12月2日号44ページ
  184. ^ 『大白蓮華』2010年4月号P36「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」
  185. ^ 古川利明 『カルトとしての創価学会=池田大作』(第三書館 2000年11月) ISBN 978-4807400171
  186. ^ フランス語の報告1995年 (英語の翻訳), フランス国民議会, 議会委員会報告
  187. ^ フランス国民議会 (1999年6月10日). “Les sectes et l'argent” (フランス語). フランス共和国. 2009年4月20日閲覧。 “enquête sur la situation financière, patrimoniale et fiscale des sectes, ainsi que sur leurs activités économiques et leurs relations avec les milieux économiques et financiers[(和訳)カルトの財務、所有物、収益、同様にそれらの経済活動、経済・金融の関わりに関する公聴]”
  188. ^ 「週刊新潮」2011年8月4日号 姿はなくても執筆!? 「池田大作」創価学会名誉会長の自動書記
  189. ^ 週刊ダイヤモンド』2004年8月9日号
  190. ^ 月曜 - 木曜の22時台は『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FMをキーステーションにJFN系)内で放送している。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

創価学会に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「創価学会」の関連用語

創価学会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

巡音ルカ

コノシロ

日本のウイスキーの歴史

ホオノキ

佐藤和俊

ゼロールかさ歯車

7000系

第八おりいぶ丸





創価学会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創価学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS