干支 干支にかかわる伝承や俗信

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 干支の解説 > 干支にかかわる伝承や俗信 

干支

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 02:42 UTC 版)

干支にかかわる伝承や俗信

干支が十二獣や陰陽五行思想と結びついたことで、さまざまな伝承や俗信が生まれたが、日本に伝来すると日本固有のものとも習合して独自の俗信を生んでいった。中には、(さる)の日は「去る」と通じるので結婚式を行わないなどというものもあった。

還暦

数え年の61歳は、生まれた年(数え年では生誕直後から1歳となる)の干支に戻るので、「暦が還(かえ)った」という意味で「還暦(かんれき)」といい、歳をとる正月には、公私ともに正式に隠居して長寿の祝いをした(東洋にあっては誕生日の概念は乏しかった)。この年齢に達すると親族などが赤い頭巾ちゃんちゃんこを贈るのは、もう一度赤ちゃんに戻って「生まれ直す」という意味合いをこめている[9]。現在は、60歳の誕生日や60周年に還暦の祝いをすることが多い。2周(120年)した場合は大還暦という。

中国では「花甲」、日本と同じように60年の長寿を祝い、無病息災を願う習慣が今も続いている。

辛酉革命、甲子革令

中国漢代緯書にみえる予言説(讖緯)である。中国よりもむしろ日本で信じられた。

辛酉天命が改まる年とされ、王朝が交代する革命の年で辛酉革命という。日本では、平安時代に政治的変革が起るのを防ぐ目的で、三善清行の提唱によって、辛酉年の昌泰4年(901年)が「延喜」と改元された。それ以来、日本では慶応に至るまで、辛酉年と前年の庚申年の2年続きで改元が実施されたが、中国ではこのような例はない。

また、『日本書紀』では、神武天皇が即位したとする年を西暦紀元前660年の辛酉の年に充てている。これについて、明治時代の歴史学者那珂通世は、『緯書』にある鄭玄の注に、1260年に一度(干支一周の60年(1元)×21元=1260年=1蔀)の辛酉年には大革命が起こるとの記述があり、推古天皇9年(601年)がその年に充たることから、この1260年前にあたる西暦紀元前660年を即位年に充てたとの説を立てた。また、1320年(60年×22回=1320年)周期説を採用する学者もあり、その場合、辛酉の3年後に充たる甲子年が革令(甲子革令)の年であり、白村江の戦いの翌年の甲子年(西暦664年)が基点とされる。

甲子革命については、中国でも、後漢末に太平道の教祖張角光和3年(180年)に「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉(『後漢書』71巻 皇甫嵩朱鑈列傳 第61 皇甫嵩[10])」、蒼天(漢朝)已に死す 黄天(黄巾党)當に立つべし 歳は「甲子」に在り 天下大吉)とのスローガンを発しており、干支に基づく易姓革命を意識して光和7年(184年)という甲子の年に黄巾の乱を起こした史実がある。

庚申

神奈川県藤沢市伊勢山公園の庚申塔(にちなんで三猿が彫られている)

近代以前の日本では、庚申の日に広く庚申講が行われたが、これは道教伝説に基づいている。

中国の言い伝えによれば、人間の頭と腹と足には三尸(さんし)の虫がいて、いつもその人の悪事を監視している。三尸の虫は庚申の日の夜の寝ている間に天に登って天帝に日頃の行いを報告し、罪状によっては寿命が縮められるとされる。そこで、三尸の虫が天に登れないようにするため、この日には徹夜しなければならないとされた。これを「守庚申」という。また、中国では、庚申の日には、菜食するのがよいとも言われていた。日本には庚申の晩に生まれた子、あるいは庚申の日の交わりで孕んだ子は盗人になるという言い伝えがあり、庚申の日に生まれた赤子には名に「金」の字を入れれば「ひと様の金を盗らない」という意味で厄除けになるとされた。夏目漱石の本名である「金之助」は、この俗信にちなむ。

日本では、「庚申さま」として庚申の日そのものも神格化された。庚申の日の夜は村人が集まって神々を祀り、その後、寝ずに酒盛りなどをして夜を明かした。これを庚申講という。庚申講を3年18回[注釈 18]続けた記念に建立されたのが庚申塔で、今も各地に残っている。

丙午

陰陽五行説によれば、もともに剛強なる陽であっての性格をもち、中国ではその年は火災が多いなどといわれていた。

それが日本では、八百屋お七丙午の年(1666年)生まれたという風説があった[注釈 19]ところから、丙午の年に生まれた女性は気性が激しく、の運勢を圧倒して連れ合いを短命にするという俗信に変化した[注釈 20]。これは男性中心主義の見方であり、迷信俗説に類するものであるが、日本では丙午年の出産が避けられて、新生児の数が他の干支の年よりも少なかった。この迷信は戦後になっても残り、1966年の出生数は、前年比で45万人減少した136万人だった。その反動もあり、翌年の丁未の年は新生児の数が例年よりおよそ57万人増え、193万人となった。なお、同様に火の重なる丁巳(ひのとみ)は八専の一つである。

強の寅

五黄の寅参照。

干支と年中行事

端午の節句江戸時代鯉のぼり)、『日本の礼儀と習慣のスケッチ』(1867年)より

干支は、二十四節気雑節と結びついて、各地でさまざまな行事が行われている。

中国の漢代には、正月最初のの日には皇帝で耕し、皇后で蚕床をはらって、祖先神や蚕神をまつる行事があったといわれている。

この行事は、古代日本にも伝播しており、正倉院には使用した鋤と箒が現存している。正月初子(はつね)の日に、山野に出て若菜をつみ、若松をひいて長寿を願った行事が、『小右記』にも記された「子の日のお遊び」であり、平安時代の宮中の年中行事であった。

それ以外で著名なものとしては、次のものがある。

選日

天赦日

干支相生の日とされた天赦日は、「よろずよし」の大吉日と考えられてきた。春(立春から立夏前まで)は戊寅、夏(立夏から立秋前まで)は甲午、秋(立秋から立冬前まで)は戊申、冬(立冬から立春前まで)は甲子の日である。

三隣亡(さんりんぼう)

選日のひとつ。1月・4月・7月・10月のの日、2月・5月・8月・11月のの日、3月・6月・9月・12月のの日を三隣亡という。棟上げなど建築に関することの凶日とされる。

十方暮(じっぽうくれ)

選日のひとつ。干支21番目の甲申の日から30番目の癸巳の日までの10日間を凶とした。

三伏(さんぶく)

選日のひとつ。夏至以降3度目のの日(初伏)、4度目の庚の日(中伏)、立秋以後の最初の庚の日(末伏)を凶日とする。庚(かのえ)は「金の兄」で金の陽性であり、金は火に伏せられること(火剋金)から、火性の最も盛んな夏の時期の庚の日は凶であるとする考えに由来している。

それ以外の選日

それ以外の選日に次のものがあり、いずれも干支が用いられる。

干支と占い

漢代にはの解釈学として象数易が流行し、そこでは、易のや、それを構成するに、十二月、十二支、二十四節気、五行、方位などが配当されて、複雑な理論が編み出された。

特に八卦と干支が結びついて占いに用いたものとして、納甲がある[注釈 22]。完成は前漢代の京房によるといわれており、三国時代虞翻らによって継承された。後には十二支も易に用いられるようになり、八卦の各爻に干支が当てはめられた。唐の李淳風は『周易元義』で八卦六位図を伝えている。

一方、納音は、陰陽五行説や中国古代の音韻理論を応用し、形容詞を付加して30に干支を分類したものである。生まれ年の納音は、その人の運命を判断するのに用いられた[注釈 23]。 納音において凶日とされたのが五墓日であった。戊辰の日、壬辰の日、丙戌の日、辛丑の日、乙未の日がそれで、家作りは構わないが、動土・地固め・葬式・墓作り・播種・旅行・祈祷などは凶とされた。その名から、この日に葬式などを行うと、墓を5つ並べるといって忌むことがあった。

十二直

十二直とは、暦注の一つであり、十二支とは別の12のサイクルを月に合わせて暦をつくり、その日の吉凶を占ったものである。中国では戦国時代に萌芽が見られ、秦とでは異なる十二直を使用していた。現代まで伝わっているのは中国を統一した秦の十二直である。十二直は、建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉から構成される。

現代における干支占い

現代において干支占いは、血液型性格分類占星術と比べてマイナーである。血液型星座は個人のプロフィールによく記述されるが、干支は記載されないことが多い。

心理学者でもあった増永篤彦によって行われた、生日の干支において干から支にひいた十二運とある種の性格分類に相関があるとする研究は、動物占いや動物占いの動物キャラクターを別のもので置き換えた様々な占いに無断で流用されている。


注釈

  1. ^ 釈名』、『史記』暦書、『漢書』律暦志
  2. ^ 用兵など外事には十干の奇数日、祭祀など内事には十干の偶数日を用いるのが良い、という意味。
  3. ^ 一般に流布しているのは10巻本であるが、四庫全書には巻九、十を除いた8巻本が収録されている。
  4. ^ 甲骨を用いた占いには、の日以後10日間の吉凶を判断する定期的な卜旬と、開戦・豊作・異常気象の終わりを祈願する不定期的な占いがあった。
  5. ^ この年の紀年は、『呂氏春秋』、『前漢書』賈誼伝、『前漢書』翼奉伝、『史記』歴書では、それぞれ乙亥丙子丁丑甲寅となっており、それぞれ流派の異なる紀年が混在していた。前漢末に劉歆によって整備が始まり、これが最終的に整理されて完全に統一されるのは後漢初期の元和2年(西暦85年)の改暦であった。
  6. ^ この改暦は、中国における官暦の最初とされる。
  7. ^ 十二獣がなぜ十二支と結びつけられたかには、西方バビロニア天文学における黄道十二宮が各宮の多くを動物で表すことから、その影響を受けたのではないかとする見方がある。また、これが普及したのは農事暦を農民に教え、浸透させるための便法という説もある。
  8. ^ 湖北省雲夢県睡虎地で1975年に発見された秦代の竹簡。地方官吏を務めていたという人物の墓に収められていた。
  9. ^ ただし、シカが入りイヌがなく、配当も異なっているなど現代のものとは大きく異なる。
  10. ^ 中国や韓国にも似た風習がある。
  11. ^ (中国や韓国などにおける猪(ブタ))が日本ではイノシシ、丑がベトナムではスイギュウなどとなっている。日本で「猪」がイノシシを表すようになったのは、生肖紀年が伝来した当時の日本では、豚の飼育が必ずしも一般的でなかったからと考えられている。
  12. ^ ヤギを含む
  13. ^ 類人猿を除いたサルを意味する
  14. ^ 『猪』は中国語ではブタを意味する
  15. ^ 銘中の「斯麻」は百済武寧王と推測される。しかし、この「癸未年」に対しても443年との異論がある。
  16. ^ (うしとら、北東)を鬼門とする考えは、とくに日本で深められた。のような角をもち、皮のパンツをはいて具象されるのも、「うしとら」からの連想である。なお、鬼退治のための動物が、桃太郎の伝説ではイヌサルキジなのは、「うしとら」の反対方向が「ひつじさる」で、「ひつじ」の代わりに「とり」「いぬ」が入り、さらに「とり」が「きじ」に代わっていったのではないかという推測もある。
  17. ^ 喜撰法師の「わがいほは 都の辰巳(たつみ) しかぞすむ 世を宇治山と 人はいふなり」の「たつみ」とは南東方向を示している。
  18. ^ 庚申の日は60日ごとなので、1年に6回ある。
  19. ^ 実際は1668年生まれだった可能性が高い。
  20. ^ 1810年燕石雑志』に「丙午の女は必ず男を食えると世に伝えし」とある。
  21. ^ 雑節に基づく暦。雑節とは二十四節気以外に設けられた季節の区切りのこと。本来は、土用立春前、立夏前、立秋前、立冬前の年4回ある。
  22. ^ 納甲という名前だが、実際の占いでは十二支を使用することがほとんどである。
  23. ^ 荻原井泉水は生まれ年の納音「井泉水」を俳号としたものである。

出典

  1. ^ a b c d e f コトバンク「干支」
  2. ^ a b 十干十二支
  3. ^ a b 国立国会図書館「日本の暦」第一章:暦の歴史
  4. ^ 参考文献:『中国的実在観の研究』(著:木村英一)、『中国上代陰陽五行思想の研究』(著:小林信明)、『宋代易学の研究』(著:今井宇三郎)
  5. ^ 漢書』律暦志
  6. ^ 『日本書紀』巻第19。欽明天皇14年、暦博士を交代し暦本(こよみのためし)を送るようにとのを発し、翌年、固徳王保尊が暦博士として来日した記事が掲載される。巻第22には、推古天皇治下の602年に百済僧観勒が来日した記事もある。日本書紀には神武天皇以来の干支が記載されているが、『古事記』にはない。
  7. ^ 余春台『窮通宝鑑』
  8. ^ 『日本書紀』推古天皇12年条。
  9. ^ a b 飯倉(2003)。
  10. ^  范曄. 後漢書/卷71. - ウィキソース. 
  11. ^ 「ウ」のつく食べ物とは、丑(うし)からの連想と思われる。ウリ梅干しウナギなどであるが、ことにウナギは有名である。実際に牛を食べなかったのは、肉食が憚られる時代には無理だったこと、当時の牛は肉や乳を供するのではなく主として労働力に用いられていたからなどの説がある。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「干支」の関連用語

干支のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



干支のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの干支 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS