1968年 他の紀年法

1968年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/16 14:27 UTC 版)

他の紀年法

※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー

1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

できごと

1968年の世界の出来事を記述。

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

月日不明

  • 1968年には世界22カ国で100以上の心臓移植手術が行われた。前年に南アフリカの医師が心臓移植を成功させたことを受けての盛り上がりであったが、臓器の拒絶反応ドナーの死の判定の問題をクリアすることができなかったこと。また、野心的な医師が功を焦るあまり無理な手術をする例が多かったことから急速に下火となった[20]

  1. ^ 昭和二万日14、p.34-35
  2. ^ 昭和二万日14、p.34
  3. ^ a b c d e f g h 総合年表2、p.679
  4. ^ 現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト(『週刊現代』99.2.27号から)
  5. ^ a b c d e 総合年表2、p.678
  6. ^ 昭和二万日14、p.60
  7. ^ 昭和二万日14、p.62-63
  8. ^ 昭和二万日14、p.64-65
  9. ^ a b 昭和二万日14、p.68
  10. ^ 昭和二万日14、p.68-69
  11. ^ 昭和二万日14、p.76
  12. ^ 昭和二万日14、p.76-77
  13. ^ 昭和二万日14、p.86
  14. ^ a b 昭和二万日14、p.90
  15. ^ 昭和二万日14、p.90-91
  16. ^ 昭和二万日14、p.92-93
  17. ^ 昭和二万日14、p.94
  18. ^ 昭和二万日14、p.98
  19. ^ 昭和二万日14、p.98-99
  20. ^ 心臓移植アメリカで復活 研究実り、死亡率低下 じん臓移植並みに『朝日新聞』1979年(昭和54年)7月5日夕刊 3版 14面
  21. ^ 元号が昭和から「平成」に/今日は?”. 日刊スポーツ (2022年1月8日). 2022年1月8日閲覧。
  22. ^ 緑川光さんのプロフィール”. はてな. 2020年11月6日閲覧。
  23. ^ ビラノバの訃報にメッシ「決して忘れない」…ビジャやアグエロらもメッセージ”. サッカーキング. 2020年11月17日閲覧。
  24. ^ Jason Hovet, Ian Chadband (2017年11月20日). “Wimbledon champion Novotna dies after battle with cancer”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-tennis-novotna/wimbledon-champion-novotna-dies-after-battle-with-cancer-idUSKBN1DK0W8 2020年12月23日閲覧。 
  25. ^ “ヤナ・ノボトナさん死去 49歳、元ウィンブルドン女王”. 朝日新聞. (2017年11月20日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASKCN6D8WKCNKTQ2013.html 2020年11月7日閲覧。 
  26. ^ アーティスト詳細 久川綾”. タワーレコード. 2020年11月3日閲覧。
  27. ^ 『日本音声製作者名鑑 2004 vol.1』小学館、2004年4月10日、244頁。ISBN 4-09-526301-6 
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m 総合年表2、p.681
  29. ^ 山本弘『トワイライト・テールズ』角川書店、2011年、197-326頁。ISBN 978-4-041-10059-2 
  30. ^ 海法紀光千葉サドル『がっこうぐらし! 1』芳文社、2012年、169頁。ISBN 978-4-8322-4236-4 
  31. ^ レナード・ウイバーリー『小鼠 月世界を征服』東京創元社、1977年、93,152-223頁。ISBN 978-4-488-52602-3 
  32. ^ 笹本祐一『妖精作戦』東京創元社、2011年、61,206頁。ISBN 978-4-488-74101-3 
  33. ^ 笹本祐一『妖精作戦 PARTIII カーニバル・ナイト』東京創元社、2012年、110頁。ISBN 978-4-488-74103-7 
  34. ^ 野田昌宏『レモン月夜の宇宙船』東京創元社、2008年、9-36頁。ISBN 978-4-488-73101-4 
  35. ^ a b 龍が如くキャスト





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1968年」の関連用語

1968年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1968年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1968年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS