第一次世界大戦 1914年の戦闘

第一次世界大戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 03:55 UTC 版)

1914年の戦闘

中央同盟国の緒戦での混乱

1914年8月4日時点の両陣営
  連合国
  連合国の植民地・占領地域
  同盟国
  同盟国の植民地・占領地域

中央同盟国では、緒戦の戦略に関する齟齬が発生していた。ドイツはオーストリア=ハンガリーのセルビア侵攻を支援すると確約していた。今まで使われた兵力展開の計画は1914年初に変更されたが、新しい計画は実戦で使われたことがなかった。オーストリア=ハンガリーはドイツが北側でロシア軍の対処にあたると考えたが[55]、ドイツはオーストリア=ハンガリーが軍の大半を対ロシア戦に動員し、ドイツ軍はフランス軍の対処にあたると考えた。この混乱によりオーストリア=ハンガリー陸軍英語版は対ロシアと対セルビアの両前線で軍を分割せざるを得なかった。

1914年のセルビア戦役

セルビア軍のブレリオ XI機、1915年。

オーストリアは8月12日からセルビアに侵攻。ツェルの戦い英語版、続いてコルバラの戦い英語版でセルビア軍と戦った。侵攻開始からの2週間で、オーストリア軍の攻勢は大損害を受け撃退された。これは第一次世界大戦における連合国軍の最初の重要な勝利となり、オーストリア=ハンガリーの迅速な勝利への希望を打ち砕いた。その結果、オーストリアはセルビア戦線に大軍を維持しなければならず、対ロシア戦役に投入できるオーストリア軍が弱体化することとなった[56]。セルビアがオーストリア=ハンガリーの侵攻を撃退したことは20世紀の戦闘における番狂わせの一つといわれた[57]

セルビアから脱出した難民、1914年のライプニッツにて。

セルビアにおけるオーストリア=ハンガリーの第一次攻勢はセルビアの一般市民に対する攻撃とともに行われた。民衆数千人が殺害され、集落は略奪、放火された。オーストリア=ハンガリー軍部は一般市民に対する攻撃を暗に認め、「系統的でない徴発」や「無意味な報復」などと形容した。セルビア軍は善戦したが、12月までにその力を使い切った。さらにセルビアで疫病が流行した[58]

12月5日から17日、オーストリア=ハンガリー軍はロシア軍のクラクフへの進軍を阻止し、その後は長大な前線にわたって塹壕戦に突入した。また1914年12月から1915年4月にかけてカルパティア山脈の冬季戦役ドイツ語版が行われ、中央同盟国軍がロシア軍に対し善戦した[59]

西部戦線における戦争計画の失敗と塹壕戦への移行

動員以降の初給料支払い、1914年、ベルリンにて。

ドイツ陸軍の西部国境への集結がまだ続いている最中の1914年8月5日、ドイツ第10軍団英語版はベルギーのリエージュ要塞への攻撃を開始した(リエージュの戦い)。リエージュの町は7日に陥落したが、その周りを囲むように建造されたリエージュの12要塞英語版はすぐには陥落しなかった。ドイツはディッケ・ベルタという重砲を投入して要塞を落とし、16日にリエージュを完全に征服した。戦闘で特筆に値する事柄は、15日に砲弾がロンサン砦英語版の弾薬庫に直撃して砦ごと破壊したことがある。難攻不落とされたリエージュ要塞群があっさりと陥落したため、フランスの戦闘計画は方針転換を余儀なくされた[60]

ヴィルヘルム2世による「ドイツ人民へ!」(An das deutsche Volk!) の宣言、1914年8月6日。

第一次世界大戦において、一般市民への攻撃が初めて行われたのは8月2日、リエージュ近くのヴィゼダレム英語版バティスフランス語版で起きたことだった[61]。その後の数週間、ドイツ軍はベルギーとフランスの一般市民にしばしば暴力をふるったが、その理由はフラン=ティルール英語版によるドイツ軍へのゲリラ攻撃だった。ドイツ軍が初めてベルギーの民衆を大量処刑したのは8月5日のことで、最も重い戦争犯罪についてはディナン英語版タミーヌフランス語版アンデンヌ英語版アールスコートで起きた[62]。このような報復攻撃により、1914年8月から10月までの間に民間人6,500人が犠牲者になり[63]、またレーヴェンの破壊ドイツ語版でドイツは国際世論の非難を受けた[64]。これらの戦争犯罪はイギリスのプロパガンダで真偽まじりで宣伝され、「ベルギーの強奪英語版」という語が生まれた。

前進するドイツ軍、1914年8月7日

ドイツ軍がシュリーフェン・プランを実施するために迂回している中、フランス側ではプラン17英語版を準備していた。プラン17ではドイツの計画と違い、ロレーヌでの中央突破を戦略としていた。実際の大規模攻撃の前、ミュルーズへの攻撃も予定していた。フランス軍の指揮官ジョゼフ・ジョフルはドイツ軍を南部で釘付けにすることと、フランス国民の戦意高揚を目的として、普仏戦争でドイツ領となっていたアルザス=ロレーヌの奪還を掲げた。フランス軍は住民の一部に歓迎される中、8月7日にアルザスの工業地帯で2番目の大都市であるミュルーズを占領して、一時的に戦意高揚に成功したが、9日にはドイツ軍に奪還された。その後、ドイツ軍は8月24日までにドラー川英語版沿岸とヴォージュ山脈の一部を除いて奪還、以降、終戦まで維持した。フランス軍の攻撃を指揮したルイ・ボノーフランス語版はジョフルに解任された[65]

フランス軍総司令官ジョゼフ・ジョフル

ジョフルは当初プラン17の遂行に集中して、フランス兵170万を5個軍に編成、ドイツによるベルギー攻撃を顧みなかった。だがドイツ軍の行軍を完全に無視することはさすがにできなかったため、シャルル・ランレザック英語版率いるフランス第5軍英語版を北西部に派遣した。ちょうどフランスに上陸した、ジョン・フレンチ率いるイギリス海外派遣軍モブージュの北でフランス軍と合流した。フランスの攻勢は8月14日に始まり、オーギュスタン・デュバイ英語版率いるフランス第1軍英語版エドゥアール・ド・クリエール・ド・カステルノー英語版率いるフランス第2軍英語版は国境を越えてサールブールに進軍、ループレヒト・フォン・バイエルン率いるドイツ第6軍英語版第7軍英語版は戦闘を回避した。

国境の戦い英語版の情勢、1914年8月3日から26日まで。この時点でフランスのプラン17英語版の失敗が明らかになった。

8月16日にリエージュが陥落した後、ドイツ軍右翼は18日に本命となる攻勢を開始し連合国軍を包囲するよう進撃した。ドイツ軍が早くもブリュッセルナミュールに押し寄せると、ベルギー軍の大半はアントウェルペンの要塞に退却、そこから2か月間にわたるアントウェルペン包囲戦英語版が始まった。20日、フランス軍は本命となるロレーヌザールルイ地域への侵攻を開始したが、同時にドイツの反攻も始まった。こうして、ザールブルクロンウィアルデンヌ英語版マース川サンブル川とマース川の間、モンス英語版という長大な前線で国境の戦い英語版と呼ばれる戦闘が起き、両軍とも大損害を被った。フランス軍は8月20日から23日までの間に4万人の戦死者を出し、うち22日だけで2万7千人の損害を出した。死傷者は主に機関銃による損害だった。フランスの第1, 2, 3, 4軍はドイツの第4, 5, 6, 7軍に敗れ、左翼のフランス第5軍とイギリス海外派遣軍も敗北した。しかし、フランス軍は紀律を保ち、ロレーヌではムルト川の後ろ、ナンシー周辺の要塞群に退却。フランス北部でもマース川の後ろにあるヴェルダン要塞を保持したため、大部隊がドイツに包囲されて失われるのを防いだ。ループレヒト・フォン・バイエルンはシュリーフェン・プランを破って成功を推し進めるよう小モルトケに求め、許可を得たが、8月25日から9月7日まで続いたループレヒトの攻勢は戦局を打開するには至らなかった[66]

逃亡するフランス人家族、1914年。

左翼の英仏軍は大撤退英語版を開始、ル・カトーの戦い英語版(8月26日)やサン=カンタンの戦い英語版(8月29日)を間に挟んで撤退を続け、それを追撃するドイツ軍右翼はパリへと接近した[67]。フランス政府は9月2日にパリからボルドー疎開し、パリの守備は既に引退していたジョゼフ・ガリエニが現役復帰して担当した。フランス軍右翼と予備軍から兵士が引き抜かれてミシェル=ジョゼフ・モーヌリー英語版率いるフランス第6軍英語版 に編成され、ドイツ軍への側面攻撃でその進軍を脅かした。フェルディナン・フォッシュ率いる第9軍英語版は中央部に投入された。ジョフルはマルヌ川を合流地点として撤退を停止、そこから反転してドイツ軍に攻撃するという計画を立てた[68]

1914年9月8日に連合国軍がドイツ第1軍と第2軍の間隙を突いたことで、シュリーフェン・プランは失敗に終わった。
マルヌ戦でフランス兵を輸送したタクシー(写真は模型)

迂回して進軍していたドイツ第1から第5軍は進軍の速度を保ちながら南西と南に方向転換した。そのうち、アレクサンダー・フォン・クルック率いる第1軍は8月20日にブリュッセルを占領した後、フランス軍とイギリス海外派遣軍を追撃した。前線が拡大するにつれて、ドイツの攻勢の奇襲性が失われ、ドイツ軍右翼が伸び切ったためその数的優位も失われた。ドイツ軍が進軍するにつれて、ドイツ軍の連絡線が伸び、フランス軍の連絡線が縮んだのだった。8月末にはドイツ軍の歪んだ前線が崩壊直前にまでなり、右翼も反撃を受けて南と南東に向けて方向転換した。そして、パリの包囲計画は8月30日に放棄され、その報せは9月3日にジョフルに届けられた[69]

当時ルクセンブルクにいたドイツ軍最高司令部には前線の情報がなく、特に脅かされていた右翼との電話連絡がなかった。無線を使用した通信も技術が整っておらず、飛行隊からの報告はしばしば無視された。ドイツ第1軍英語版32万人は強行軍してイギリス海外派遣軍を封じ込もうとしたが、その過程で自軍の西側の守備を無視してしまった。東部戦線に2個軍団を割いたこと、アントウェルペン包囲戦英語版モブージュ包囲戦英語版に軍を割いたこと、行軍と戦闘による損害、補給の不足により第1軍は停滞、しかも既に500kmも行軍していたため疲れ切っていた[70]

9月6日、フランス軍によるドイツ軍への側面攻撃が始まった(第一次マルヌ会戦)。ドイツ第1軍は命令に違反して9月5日にマルヌ川の南側に進軍、パリ周辺のル・プレシ=ベルヴィル英語版モルトフォンテーヌ英語版モーまで進んだが、2日間にわたって撤退せざるを得なかった。その理由はドイツ第1軍と第2軍の間に40kmの隙間が生じ、英仏軍が9月8日の正午近くにそこに雪崩れ込んだためであった。ドイツ前線の連絡はおぼつかず、ドイツ軍が500km以上を行軍したため疲れ切っており、しかも包囲殲滅されるという脅威が増大したため、第1軍と第2軍の視察を命じられていたリヒャルト・ヘンチュドイツ語版中佐は撤退を決定した[71]

撤退の必要性、特に第1軍の撤退[72]は後に疑問視されたが、通説ではホルガー・アッフレルバッハドイツ語版が述べたように、「撤退は作戦上は正しく必須だったが、その心理的影響は致命的だった」[73]。シュリーフェン・プランは失敗に終わり、アルザス=ロレーヌでフランス軍を圧迫することも失敗した。9月9月、小モルトケは手紙でこう綴った:

これは良くない。[...]希望に満ちた開戦が正反対に変わった。[...]わずか数週間前の見事な戦役とはどんなに違うだろう。[...]私は、人民が勝利を渇望したがためにこの不幸に耐えられないことを恐れている[74]

モルトケは神経衰弱をきたし、エーリッヒ・フォン・ファルケンハインが後任の参謀総長となった。ドイツ第1軍と第2軍は撤退を余儀なくされ、残りの軍勢もそれに続いた。ドイツ軍がエーヌ川の後ろに撤退したことで9月13日に第一次エーヌ会戦英語版が生起したが、この戦闘は塹壕戦への移行のきっかけとなった。ドイツ軍はエーヌ川の後ろに撤退した後、塹壕を掘って守備を整え、態勢を回復した。9月17日にはフランス軍が反撃したが、戦況が膠着した。ドイツ軍の撤退はフランスでは「マルヌの奇跡」と呼ばれたが、ドイツでは批判を受けた。ファルケンハインは帝国宰相テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェークに対し、シュリーフェン・プランが失敗した後の軍事情勢をドイツ国民に説明するよう提案したが、ベートマン・ホルヴェークは拒否した[75]

海への競争英語版において、両軍はお互いを側面から叩こうとしたが失敗した。
モブージュ占領中のドイツ兵士、1914年。

ファルケンハインはそれまでの方針に従い、まず西部戦線に決着をつけようとした。9月13日から10月19日までの海への競争英語版において、両軍とも側面攻撃を仕掛けようとしたが、前線がエーヌ川から北海沿岸のニーウポールトまで広がっただけに終わった。10月初に両軍が行軍の戦術を再開、ドイツ軍は多大な損失を出しながらリールヘントブルッヘオーステンデを占領したが、戦況を打開するには至らなかった。その後、戦場はさらに北のフランドルに移り、英仏海峡に面するカレーダンケルクを経由するイギリスからの増援は中断された[76]

9月17日、イギリスの代表的作家53人が首都ロンドンにおいて声明『イギリスの戦争の擁護』を出した[77]10月4日、ドイツ大学人による『93人のマニフェスト(文化的世界へ訴える)』が出された[78]10月16日にはドイツの大学と工科大学53校の講師、教授ほぼ全員に当たる合計3千人が連名で『ドイツ帝国大学声明』を出して大戦を「ドイツ文化の防衛戦」として正当化した[78]。イギリスなどの学者は10月21日に米紙『ニューヨーク・タイムズ』上でドイツ大学人への返答を出した[78]

ガスマスクを着用し塹壕に隠れるオーストラリア兵。イーペル、1917年。

10月20日から11月18日まで、イーペルで激しい戦闘が起こり(第一次イーペル会戦英語版)、大急ぎで投入されたドイツの予備部隊はランゲマルク英語版とイーペルで大損害を受けた。訓練も経験も不足していた予備軍の士官が若い兵士(15歳の兵士もいたほどだった)を率いたが、数万人の損害を出して何もなさなかった。壊滅的な結果にもかかわらず、ランゲマルクの神話ドイツ語版が作られ、軍事上の敗北を道徳上の勝利として解釈する、第一次世界大戦における初の事例となった。同盟軍はイギリスの補給港であるブローニュ=シュル=メールカレー、および鉄道の中心地であるアミアンをドイツ軍から守ることに成功した[79]

行軍の競争は第一次イーペル会戦とともに終結した。ドイツ軍は西部戦線で強固な塹壕線を掘り、戦闘は塹壕戦に移行した。塹壕突破の試みは1914年時点では全て失敗に終わり、北海からスイス国境(第一次世界大戦下のスイスドイツ語版も参照)まで長さ約700kmにわたる前線は塹壕戦への移行により固定化し、両軍の塹壕の間には約50mの距離が開いた[80]

ファルケンハインは11月18日にベートマン・ホルヴェーク宰相に対し、三国協商との戦争は勝ち目がなくなったと通告して、外交を通じた終戦を求めた。彼はイギリスとの講和は不可能と考え、それ以外の交戦国と単独講和するよう求めたが、ベートマン・ホルヴェークは拒否した[81]。ベートマン・ホルヴェークが拒否したのは占領地を手放したくないとの政治的な考えがあってのことだった。パウル・フォン・ヒンデンブルクエーリヒ・ルーデンドルフも敵を全滅させるという立場を崩さず、勝利の平和を可能であると判断した。結局、首相と軍部は世間からマルヌ会戦とイーペル会戦の敗北を隠蔽して戦闘を継続したため、政治と軍事情勢が政治と経済のエリート層の戦争目標への望みと乖離していき、戦中と戦後の社会闘争につながった[82]

11月、イギリス海軍は北海全域を交戦地帯と定め、海上封鎖を敷いた(ドイツ封鎖)。中立国の旗を掲げる船舶でもイギリスに警告なしで攻撃される可能性が出たが、イギリス海軍のこの行動は1856年のパリ宣言に反するものだった[83]

1914年の東部戦線

ロシアの2個軍はシュリーフェン・プランの仮定と違って、開戦から2週間で東プロイセンへの侵攻を開始したため、東部戦線の情勢はドイツにとって厳しいものだった。ドイツはシュリーフェン・プランにより西部戦線に集中したため、東部戦線では守備態勢をとった。そのため、ドイツはロシア領ポーランドとの国境地帯にあるいくつかの町を占領したに留まり、1914年8月のカリシュの破壊英語版がその一環となった。8月20日のグンビンネンの戦い英語版の後、東プロイセンを守備するドイツ第8軍英語版は撤退、東プロイセンの一部がロシアに占領された。その結果、東部戦線のドイツ軍は増援され、新たにパウル・フォン・ヒンデンブルク大将が司令官、エーリヒ・ルーデンドルフ少将が参謀長に就任した。2人は8月末のタンネンベルクの戦いに勝利、アレクサンドル・サムソノフ率いるロシア第2軍英語版をほぼ全滅させて東プロイセンを確保した。続く9月の第一次マズーリ湖攻勢でもパーヴェル・レンネンカンプ率いるロシア第1軍英語版が敗北したため、ロシア軍は東プロイセンの大半から撤退した[84]

8月24日から9月11日までのガリツィアの戦い英語版の後、ロシア軍はオーストリア=ハンガリー領ガリツィア・ロドメリア王国を占領した。オーストリア=ハンガリー軍はガリツィアの首都レンベルクを攻撃した後、ロシア軍が人数で圧倒的に優位にあったため撤退を余儀なくされた(レンベルクの戦いドイツ語版、8月26日 - 9月1日)。ロシアによる第一次プシェムィシル包囲は9月24日から10月11日まで続いた後、一旦解かれた。オーストリア=ハンガリー軍を救うべく、新しく編成されたドイツ第9軍英語版ポーランド南部攻勢英語版を開始したが失敗した。11月1日、ヒンデンブルクがドイツ軍総指揮官に任命された。11月9日、第二次プシェムィシル包囲が開始、オーストリア=ハンガリーの駐留軍は1915年3月22日まで耐えた末に降伏した。ドイツのウッチ地域における反攻英語版は11月11日に開始、12月5日まで続き、その後はロシア軍が守備に入った[85]

オスマン帝国の参戦

1914年11月14日、「オスマン帝国の敵」に対するジハードを宣言したシェイヒュルイスラームウルグプリュ・ムスタファ・ハイリ・エフェンディトルコ語版

ドイツによるオスマン帝国への軍事派遣団ドイツ語版バグダード鉄道の建設により、オスマン帝国はドイツに接近した。さらに、オスマン帝国はイギリスに戦艦スルタン・オスマン1世レシャディエを注文しており、代金も支払っていたが、イギリスは開戦直後の1914年8月1日に両艦を強制接収した。それでもオスマン帝国政府は「武装中立」を維持しようとしたが、政権を握っていた青年トルコ人には列強のどこかに依存しなければ軍事的に維持できないことが明らかだった。最終的にはエンヴェル・パシャによりオスマン・ドイツ同盟英語版、およびオーストリア=ハンガリーとの同盟が締結されたが、この同盟は内閣でも賛否両論だった[86]

ヴィルヘルム・スション英語版率いる、ドイツの地中海艦隊英語版巡洋戦艦ゲーベンマクデブルク級軽巡洋艦ブレスラウがイギリスの地中海艦隊による追跡を振り切り、8月16日にオスマン帝国の首都コンスタンティノープルに逃げ込んだ(ゲーベン追跡戦)。両艦はそのままオスマン帝国に買い上げられ、スション以下ドイツ人乗員は両艦が10月29日に出撃して黒海沿岸のロシア都市を襲撃した(黒海襲撃英語版)以降も両艦に残った。9月27日、ダーダネルス海峡が正式に封鎖され、国際船舶の航行が禁止された。11月初、イギリス、フランス、ロシアがオスマン帝国に宣戦布告した。11月14日朝、シェイヒュルイスラームウルグプリュ・ムスタファ・ハイリ・エフェンディトルコ語版スルタンメフメト5世による勅令に従い、コンスタンティノープルのファティフ・モスク英語版の前で敵対国に対するジハードを宣言した。しかし、宣言に呼応したのはイギリスのアフガニスタン部隊の一部だけ(1915年2月15日のシンガプール反乱 (Singapur))であった。バーラクザイ朝アフガニスタン首長国でのイギリスに対する反感にも影響したが、それは1919年の第三次アングロ・アフガン戦争英語版以降のことだった[87]

宣戦布告直後の11月6日、イギリスとインド軍はアングロ・ペルシア石油会社英語版の利権を守ろうとしてペルシア湾アル=ファオ上陸戦を敢行、これによりメソポタミア戦役英語版が開始された。イギリス軍はオスマン軍を蹴散らした後(バスラの戦い英語版)、11月23日にバスラを占領した[88]

カフカース戦役英語版ではロシア軍が11月にベルグマン攻勢英語版を開始した。ロシア軍の攻勢を撃退すると、オスマン第3軍英語版は反撃に転じたが、真冬の中で行われたサリカミシュの戦い英語版で大敗した。アルメニア人義勇軍がロシア側で戦ったため、オスマン帝国に残っていたアルメニア人に対する目が冷たくなったが、アルメニア人の大半はオスマン側についたままだった。ロシア軍は長らく占領していたペルシア北東部から進撃した(ペルシア戦役英語版)。一方、シナイ半島とパレスチナ戦役英語版は1914年時点では大きな戦役はなかった[89]

アフリカ戦役

オスマン帝国ティベリア近くで行われた募兵、1914年。

欧州諸国により植民地化されていたアフリカ各地では、戦争初期よりイギリス、フランス、ドイツの植民地勢力が戦闘を行った。

8月6日から7日、フランスとイギリス部隊はドイツ領トーゴラントドイツ保護領カメルーンに侵攻した。10日、ドイツ領南西アフリカのドイツ軍が南アフリカ連邦を攻撃して以降、終戦まで散発的ながら激しい戦闘が続いた。

ドイツ領東アフリカパウル・フォン・レットウ=フォルベック大佐率いる植民地軍はゲリラ戦を行い、1918年のヨーロッパでの停戦から2週間後まで降伏しなかった[90]

日本の参戦と太平洋戦役

オーストラリアメルボルンで行われた募兵(1914年)
日本海軍の巡洋戦艦「鞍馬」

東洋で唯一の大国である日本は、同盟国のイギリスからの後押しもあり、1914年8月15日にドイツに対し最後通牒を行った[91]。直接国益に関与しない第一次世界大戦への参戦には異論も存在したため、一週間の回答期限を設ける異例の対応になったが、結局ドイツはこれに回答せず、日本は8月23日に宣戦布告した。

なお、大隈重信首相御前会議を招集せず、議会承認も軍統帥部との折衝も行わないで緊急閣議において要請から36時間後には参戦を決定した。大隈の前例無視と軍部軽視は後に政府と軍部との関係悪化を招くことになった。

また、第一次世界大戦でイギリスは本土だけでなく、オーストラリアやインド帝国などイギリス帝国各地から兵を動員した。8月30日、ニュージーランドドイツ領サモア英語版占領英語版した。9月11日、オーストラリア海陸遠征軍英語版ドイツ領ニューギニアノイポンメルン島に上陸した。10月28日、ドイツの軽巡洋艦エムデンペナンの海戦英語版でロシアの防護巡洋艦ジェムチュクを撃沈した。

ドイツ領南洋諸島を占領するかについては日本国内でも結論が定まっていなかった。参戦を主導した加藤高明外相も、南洋群島占領はイギリス植民地政府とアメリカを刺激するとして消極的であった。ところが、9月に入り巡洋艦ケーニヒスベルグによるアフリカ東岸での英艦ペガサス撃沈、エムデンによる通商破壊などドイツ東洋艦隊の活動が活発化したことで、イギリス植民地政府の対日世論は沈静化した。アメリカにおいても、一時はハースト系のイエロー・ペーパーを中心として目立った対日警戒論も落ち着いてきた。

このような情勢を受け南洋諸島の占領が決定された。10月3日から14日にかけて、第一、第二南遣支隊に属する「鞍馬」「浅間」「筑波」「薩摩」「矢矧」「香取」によって南洋諸島のうち赤道以北の島々(マリアナ諸島カロリン諸島マーシャル諸島)が占領された。これら島々の領有権は戦後に決定するという合意があり、日本の国民感情的には期待があった。

開戦前に南洋諸島に派遣されていたドイツ東洋艦隊は逃亡し、パガン島付近で補給艦からの支援を受けた後に、南アメリカ大陸最南端のホーン岬廻り(ドレーク海峡経由)で本国へ帰還するため東太平洋へ向かった。連合国軍は数か月内に太平洋におけるドイツ領を全て奪取、単独の通商破壊艦やニューギニアで粘った拠点のいくつかだけが残った[92][93]。本国帰還を目指したドイツ艦隊は英艦隊の追跡・迎撃を受け、東太平洋におけるコロネル沖海戦(11月1日)では勝利したものの、南大西洋のフォークランド沖海戦(12月8日 )に敗れて壊滅した。

日本海軍のアメリカ西海岸派遣

また、ドイツ東洋艦隊がアメリカ西海岸地域に移動する可能性があることから、イギリスが日本海軍による哨戒活動をおこなって欲しいと要請してきたため、これに応じて1914年10月1日に戦艦「肥前」と巡洋艦「浅間」、同「出雲」に、輸送船や工作船などからなる支隊を「遣米支隊」としてカリフォルニア州南部からメキシコにかけて派遣した。なおまだアメリカは参戦せず、しかし日本とイギリス、アメリカとメキシコの4国で了解済みの派遣であった。

アメリカ沿岸到着後にはイギリス海軍やオーストラリア海軍、カナダ海軍の巡洋艦とともに行動した。また遣米支隊の一部の艦艇はドイツ海軍を追ってガラパゴス諸島にも展開した。また、「出雲」はその後第二特務艦隊の増援部隊として地中海マルタ島に派遣された。

青島の戦い

四五式二十糎榴弾砲で青島要塞を砲撃する日本陸軍

11月7日に大日本帝国陸軍イギリス軍の連合軍は、ドイツ東洋艦隊の根拠地だった中華民国山東省租借地である青島膠州湾の要塞を攻略した(青島の戦い、1914年10月31日 - 11月7日)。

オーストリア=ハンガリーの防護巡洋艦カイゼリン・エリザベート英語版が青島からの退去を拒否したため、日本はドイツだけでなくオーストリア=ハンガリーにも宣戦布告した。カイゼリン・エリザベートは青島を守備した後、1914年11月に自沈した[94]

これらの中国戦線で連合国の捕虜となったドイツとオーストリア=ハンガリーの将兵(日独戦ドイツ兵捕虜)と民間人約5,000人は全員日本に送られ、その後徳島県板東俘虜収容所千葉県習志野俘虜収容所広島県似島検疫所俘虜収容所など全国12か所の日本国内の俘虜収容所に送られ、終戦後の1920年まで収容された[95]

特に板東収容所での扱いはきわめて丁寧で、ドイツ兵は地元住民との交流も許され、近隣では「ドイツさん」と呼んで親しまれた[96]。このときにドイツ料理やビールをはじめ、数多くのドイツ文化が日本に伝えられた。ベートーヴェンの「交響曲第9番」(第九)はこのときドイツ軍捕虜によって演奏され、はじめて日本に伝えられた。また、敷島製パンの創業者盛田善平は、ドイツ人捕虜収容所のドイツ軍捕虜のパン製造を教えられてからパン製造事業に参入するきっかけをつくった。

北欧の中立宣言

北欧諸国は大戦中一貫して中立を貫いた。12月18日にスウェーデン国王グスタフ5世は、デンマークノルウェーの両国王をマルメに招いて三国国王会議を開き、北欧諸国の中立維持を発表した。これらの国はどちらの陣営に対しても強い利害関係が存在しなかった。

スウェーデンにおいては親ドイツの雰囲気を持っていたが、これも伝統的政策に則って中立を宣言した。ただしロシア革命後のフィンランド内戦において、スウェーデン政府はフィンランドへの義勇軍派遣を黙認している[97][98]

クリスマス休戦

12月24日から26日にかけて、西部戦線の一部でクリスマス休戦と呼ばれる非公式な休戦が行われた。この休戦に参加したイギリスとドイツ将兵は合計で10万人以上とされる[99]


注釈

  1. ^ イギリス帝国の合計
  2. ^ 植民地との合算
  3. ^ ただし日本語訳の通り、「第一次世界戦争」(First World War) ではなく「初の世界戦争」(first world war) という意味である。
  4. ^ Uボート (U-Boot) はドイツ語で「潜水艦」(Unterseeboot) の略語である。
  5. ^ 4月24日は後にアルメニア人虐殺記念日英語版として祝日となっている。
  6. ^ フランス軍参謀本部英語版は1914年10月以降、シャンティイを大本営としていた。
  7. ^ ドイツの安売り肉店。品質が下級であるが食用に適する肉を販売する。
  8. ^ 訳注:ドゥオモン要塞がヴェルダンの東北にあるため、要塞の東は既にドイツ軍に占領されている。ドゥオモン要塞の位置については画像:Fort Douaumont location map 300px.jpgの地図を参照。
  9. ^ 女性の農民がこのようなデモ行進に参加したのはロシアでは初めてのことで、この事件を記念して3月8日が国際女性デーになっている。

脚注

  1. ^ British Army statistics of the Great War”. 1914-1918.net. 2011年12月13日閲覧。
  2. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 273
  3. ^ Evans, David. Teach yourself, the First World War, Hodder Arnold, 2004, p.188.
  4. ^ Keegan 1998, p. 8.
  5. ^ Bade & Brown 2003, pp. 167–168.
  6. ^ Willmott 2003, p. 307.
  7. ^ Willmott 2003, pp. 10–11.
  8. ^ a b c Willmott 2003, p. 15
  9. ^ 大戦終結100年の2018年11月11日、ベルギーアールスコートに平和を祈るカリヨンが設けられた。これに組み込まれたは51個で、参戦国や戦争に巻き込まれた国・地域の数を表している。第1次大戦終結から100年/平和を願う ベルギー「平和の鐘」『東京新聞』夕刊2018年11月21日(7面)掲載の共同通信配信記事
  10. ^ もとより、第二次世界大戦が勃発する前も、当然ながら、「最初」の世界大戦 (First World War) という観念はあり(本文のエルンスト・ヘッケルの用例)、また、「次の世界大戦」の勃発することを想定し、「第一次世界大戦」という言い方をすることもあった(例:石丸藤太「共産ロシア抹殺論」、1938年、142頁、131頁)。
  11. ^ a b “The war to end all wars”. BBC News. (1998年11月10日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/special_report/1998/10/98/world_war_i/198172.stm 
  12. ^ 山室信一『複合戦争と総力戦の断層』―日本にとっての第一次世界大戦(レクチャー第一次世界大戦を考える)p.17、人文書院、2011年
  13. ^ Were they always called World War I and World War II?”. Ask History. 2013年10月24日閲覧。
  14. ^ Braybon 2004, p. 8.
  15. ^ a b c d e 木村靖二 2014, pp. 20–22.
  16. ^ Shapiro & Epstein 2006, p. 329.
  17. ^ Fee, Margery; McAlpine, Janice (1997). Guide to Canadian English Usage. オックスフォード大学 Press. p. 210 
  18. ^ Treble, Patricia (2014年8月2日). “Maclean’s named the Great War”. マクリーンズ英語版. 2018年1月22日閲覧。
  19. ^ Waterloo: The Great War”. The History Press. 2017年10月14日閲覧。
  20. ^ Taylor 1998, pp. 80–93
  21. ^ Djokić 2003, p. 24.
  22. ^ タックマン『八月の砲声』
  23. ^ a b Levy & Vasquez 2014, p. 250
  24. ^ Evans 2004, p. 12.
  25. ^ Martel 2003, p. xii ff.
  26. ^ What new countries were created after World War I? - Updated” (英語). www.quora.com. 2017年12月15日閲覧。
  27. ^ <第1次世界大戦終結100年>戦場の理屈 大量殺害東京新聞』朝刊2018年8月19日(2018年11月18日閲覧)。
  28. ^ Clark 2014, pp. 121–152.
  29. ^ Keegan 1998, p. 52.
  30. ^ a b Willmott 2003, p. 21
  31. ^ Prior 1999, p. 18.
  32. ^ Fromkin 2004, p. 94.
  33. ^ Keegan 1998, pp. 48–49.
  34. ^ Willmott 2003, pp. 2–23.
  35. ^ Finestone, Jeffrey; Massie, Robert K. (1981). The last courts of Europe. Dent. p. 247. https://books.google.com/books?id=-1cvAAAAMAAJ&pg=PA247 
  36. ^ Smith 2010, p. 210.
  37. ^ European powers maintain focus despite killings in Sarajevo — History.com This Day in History”. History.com (1914年6月30日). 2013年12月26日閲覧。
  38. ^ Willmott 2003, p. 26.
  39. ^ Clark, Christopher (25 June 2014). Month of Madness. BBC Radio 4.
  40. ^ Djordjević, Dimitrije; Spence, Richard B. (1992). Scholar, patriot, mentor: historical essays in honor of Dimitrije Djordjević. East European Monographs. p. 313. ISBN 978-0-88033-217-0. https://books.google.com/books?id=CDJpAAAAMAAJ&pg=PA313. "Following the assassination of Franz Ferdinand in June 1914, Croats and Muslims in Sarajevo joined forces in an anti-Serb pogrom." 
  41. ^ Reports Service: Southeast Europe series. American Universities Field Staff.. (1964). p. 44. https://books.google.com/books?id=QGtWAAAAMAAJ 2013年12月7日閲覧. "... the assassination was followed by officially encouraged anti-Serb riots in Sarajevo ..." 
  42. ^ Kröll, Herbert (2008-02-28). Austrian-Greek encounters over the centuries: history, diplomacy, politics, arts, economics. Studienverlag. p. 55. ISBN 978-3-7065-4526-6. https://books.google.com/books?id=uJRnAAAAMAAJ 2013年9月1日閲覧. "... arrested and interned some 5.500 prominent Serbs and sentenced to death some 460 persons, a new Schutzkorps, an auxiliary militia, widened the anti-Serb repression." 
  43. ^ Tomasevich 2001, p. 485.
  44. ^ Schindler, John R. (2007). Unholy Terror: Bosnia, Al-Qa'ida, and the Rise of Global Jihad. Zenith Imprint. p. 29. ISBN 978-1-61673-964-5. https://books.google.com/books?id=c8Xb6x2XYvIC&pg=PA29 
  45. ^ Velikonja 2003, p. 141.
  46. ^ Stevenson 1996, p. 12.
  47. ^ Willmott 2003, p. 27.
  48. ^ Fromkin, David; Europe's Last Summer: Why the World Went to War in 1914, Heinemann, 2004; pp.196-197.
  49. ^ Preston, Richard (2014年8月1日). “First World War centenary: how the events of August 1 1914 unfolded” (英語). The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/history/world-war-one/11002644/First-World-War-centenary-how-events-unfolded-on-August-1-1914.html 2018年1月28日閲覧。 
  50. ^ McMeekin, Sean (2014). July 1914: Countdown to War. Basic Books. pp. 342,349. ISBN 978-0465060740 
  51. ^ Crowe 2001, pp. 4–5.
  52. ^ Dell, Pamela (2013). A World War I Timeline (Smithsonian War Timelines Series). Capstone. pp. 10-12. ISBN 978-1-4765-4159-4 
  53. ^ Willmott 2003, p. 29.
  54. ^ Daily Mirror Headlines: The Declaration of War, Published 4 August 1914” (英語). BBC. 2010年2月9日閲覧。
  55. ^ Strachan 2003, pp. 292–296, 343–354.
  56. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 172.
  57. ^ Schindler, John R. (2002年4月1日). “Disaster on the Drina: The Austro-Hungarian Army in Serbia, 1914”. Wih.sagepub.com. 2013年3月13日閲覧。
  58. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.834 f.
  59. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.108 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.606; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.242 ff.
  60. ^ Wolfdieter Bihl: Der Erste Weltkrieg. 1914-1918. Böhlau, Wien 2010, ISBN 978-3-205-78379-4, p.90; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.45, p.686 f.
  61. ^ John Horne, Alan Kramer: Deutsche Kriegsgreuel 1914. Die umstrittene Wahrheit. Hamburger Edition, Hamburg 2004, ISBN 3-930908-94-8, p.24 f.
  62. ^ John Horne, Alan Kramer: Deutsche Kriegsgreuel 1914. Die umstrittene Wahrheit. Hamburger Edition, Hamburg 2004, ISBN 3-930908-94-8, p.25 ff., p.120 ff., p.137 ff. Ulrich Keller: Schuldfragen: Belgischer Untergrundkrieg und deutsche Vergeltung im August 1914. Mit einem Vorwort von Gerd Krumeich. Schöningh, Paderborn 2017, ISBN 978-3-506-78744-6, p.131 ff., 169 ff.
  63. ^ Spencer Tucker (Hrsg.): The Encyclopedia of World War I. A Political, Social and Military History. Verlag ABC-Clio, Santa Barbara 2005, ISBN 1-85109-420-2, p.192. Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.46 f.
  64. ^ John Horne, Alan Kramer: Deutsche Kriegsgreuel 1914. Die umstrittene Wahrheit. Hamburger Edition, Hamburg 2004, ISBN 3-930908-94-8, p.21 ff. Ulrich Keller: Schuldfragen: Belgischer Untergrundkrieg und deutsche Vergeltung im August 1914. Mit einem Vorwort von Gerd Krumeich. Schöningh, Paderborn 2017, ISBN 978-3-506-78744-6, p.43 ff.
  65. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.202 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.136 ff.
  66. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.202 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.138 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.533 f.
  67. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.144 ff.
  68. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.208 f.
  69. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.59 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.209.
  70. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.61 f.
  71. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.168 ff.; Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.286.
  72. ^ Reinhold Dahlmann, Alfred Stenger: Die Schlacht vor Paris. Das Marnedrama 1914. 4. Teil (= Schlachten des Weltkrieges. In Einzeldarstellungen bearbeitet und herausgegeben im Auftrage des Reichsarchivs. Band 26). Gerhard Stalling Verlag, Oldenburg i.O./Berlin 1928, p.324 ff.
  73. ^ Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.286.
  74. ^ Zit. nach Fritz Fischer: Krieg der Illusionen. Die Deutsche Politik von 1911-1914. 2. Auflage. デュッセルドルフ 1970, ISBN 3-7700-0913-4, p.776.
  75. ^ Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.286; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.697 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.185 ff.
  76. ^ Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.287; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.187 ff.
  77. ^ NYTimes Current History,p.83.
  78. ^ a b c NYTimes Current History, pp.185-189.
  79. ^ Bernd Hüppauf: Schlachtenmythen und die Konstruktion des „Neuen Menschen“. In: Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich, Irina Renz (Hrsg.): „Keiner fühlt sich hier mehr als Mensch...“ Erlebnis und Wirkung des Ersten Weltkrieges. Essen 1993, ISBN 3-596-13096-4, p.47, 56 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.189 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.216 f.
  80. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.249 ff.
  81. ^ Holger Afflerbach: Falkenhayn: Politisches Denken und Handeln im Kaiserreich. 2. Auflage. Oldenbourg Verlag, ミュンヘン、ISBN 3-486-56184-7, p.198 ff., 204 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.468.; Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.227.
  82. ^ Fritz Fischer: Krieg der Illusionen. Die Deutsche Politik von 1911-1914. 2. Auflage. Düsseldorf 1970, ISBN 3-7700-0913-4, p.779, 783; Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.287 f.
  83. ^ Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Musterschmidt, Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.22 f.; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Aus dem Englischen von Harald Ehrhardt und Ursula Vones-Leibenstein. Patmos Verlag, Düsseldorf 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.298 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.1002 ff.
  84. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.93 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.762 ff., 919 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.203 ff.
  85. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.102 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.701 ff., 762 ff., 777, 783 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.219 ff.
  86. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.309 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.758; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.133 ff.
  87. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, S, 159 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.127 f., 136 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.309 f.
  88. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.309, 312; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.163 ff.
  89. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.316 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.608 f., 768 f.
  90. ^ Farwell 1989, p. 353.
  91. ^ 我部 1982, p. 75.
  92. ^ Keegan 1998, pp. 224–232.
  93. ^ Falls 1960, pp. 79–80.
  94. ^ DONKO, Wilhelm M.: "A Brief History of the Austrian Navy" epubli GmbH, ベルリン、2012, p.79.
  95. ^ 「どこにいようとそこがドイツだ」ドイツ館資料研究会編、鳴門市ドイツ館、2000年、P4.
  96. ^ 「どこにいようとそこがドイツだ」ドイツ館資料研究会編、鳴門市ドイツ館、2000年、P13.
  97. ^ 『北欧の外交』、pp.27-35。少数のスウェーデン士官のフィンランド白軍への参加を黙認している。
  98. ^ 『北欧史』、pp.310-313。大戦中、様々な妨害を受けつつも、中立は維持された。1917年にもクリスチャニアで再び中立の維持を確認した。
  99. ^ Michael Jürgs: Der kleine Frieden im Großen Krieg. Westfront 1914: Als Deutsche, Franzosen und Briten gemeinsam Weihnachten feierten. C. Bertelsmann Verlag, München 2003, ISBN 3-570-00745-6; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.957 ff.
  100. ^ Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Musterschmidt, Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.130 ff., 163; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.266; Werner Rahn: Strategische Probleme der deutschen Seekriegführung 1914-1918. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.354 f.
  101. ^ Der Große Ploetz. Freiburg i. B. 2008, p.774; Patrick O’Sullivan: Die Lusitania - Mythos und Wirklichkeit. Verlag E. S. Mittler & Sohn, Hamburg/ Berlin/ Bonn 1999, p.97 ff.
  102. ^ Patrick O’Sullivan: Die Lusitania. Mythos und Wirklichkeit. Verlag E. S. Mittler & Sohn, Hamburg/ Berlin/ Bonn 1999, p.85; Diana Preston: Wurden torpediert, schickt Hilfe - Der Untergang der Lusitania 1915. DVA, ミュンヘン 2004, ISBN 3-421-05408-8, p.318.
  103. ^ Justus D. Doenecke: Nothing Less Than War: A New History of America's Entry into World War I. University Press of Kentucky, 2011, ISBN 978-0-8131-4027-8, p.116 ff.
  104. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.689 f., 931; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.273 ff.; Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.276 ff.; Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.277 ff.
  105. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.246 f.
  106. ^ Münkler: Der Große Krieg. 2013, pp.292-295, 302-306.
  107. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.247, 324 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.531 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.221 ff.
  108. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.398 f., 531 f., 730, 753 f., 783 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.329 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.225 ff.
  109. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.409 f., 964; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.272 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.188 f.
  110. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.519.
  111. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.288.
  112. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.489 ff., 519 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.280 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.94 f.; Werner Bernhard Sendker: Auf Flanderns Feldern gefallen: Deutsche und ihr Verhältnis zum Ersten Weltkrieg. 2. Auflage. Der Andere Verlag, Tönningen 2005, ISBN 3-89959-366-9, p.79 ff.; Dieter Martinetz: Der Gaskrieg 1914/18. Entwicklung, Herstellung und Einsatz chemischer Kampfstoffe. Das Zusammenwirken von militärischer Führung, Wissenschaft und Industrie. Bernard & Graefe Verlag, Bonn 1996, ISBN 3-7637-5952-2, p.23 ff.
  113. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.223; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.283 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.195 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.349, 964.
  114. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.223.
  115. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.349 f., 410 f., 589; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.285 ff., 323 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.221 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.203 ff., 258 f.; Ian Westwell: Der 1. Weltkrieg. Eine Chronik. Aus dem Englischen von Heiko Nonnenmann. Gondrom Verlag, Bindlach 2000, ISBN 3-8112-1748-8, p.76 ff.
  116. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.146 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.331 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.317 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.424 f., 517 f.
  117. ^ Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.239 f., 241, 256 f., 261 f., 272 ff.
  118. ^ Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.273.
  119. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.97 ff., 424, 515, 728, 810, 855 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.318 ff.
  120. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.100, 331 ff., 442 ff., 589 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.322 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.249 ff.
  121. ^ Wolfgang Gust (Hrsg.): Der Völkermord an den Armeniern 1915/16. Dokumente aus dem Politischen Archiv des deutschen Auswärtigen Amtes. Zu Klampen Verlag, Springe, 2005, ISBN 3-934920-59-4, p.170 f. (online: Bericht von Botschafter Wangenheim an Reichskanzler Bethmann Hollweg vom 17. Juni 1915).
  122. ^ Wolfgang Gust (Hrsg.): Der Völkermord an den Armeniern 1915/16. Dokumente aus dem Politischen Archiv des deutschen Auswärtigen Amtes. Zu Klampen Verlag, Springe, 2005, ISBN 3-934920-59-4, p.219; (online: Bericht von Vizekonsul Scheubner-Richter an Botschafter Wangenheim vom 28. Juli 1915).
  123. ^ Wolfgang Gust (Hrsg.): Der Völkermord an den Armeniern 1915/16. Dokumente aus dem Politischen Archiv des deutschen Auswärtigen Amtes. Zu Klampen Verlag, Springe, 2005, ISBN 3-934920-59-4, p.395 (online: Bericht von Botschafter Metternich an Reichskanzler Bethmann Hollweg).
  124. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.342 f.; Gunnar Heinsohn: Lexikon der Völkermorde. Rowohlt Taschenbuch Verlag, Reinbek bei Hamburg 1998, ISBN 3-499-22338-4, p.77 ff., 174; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.142 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.316 f.; Ernesti: Benedikt XV. 2016, p.260 f.
  125. ^ Richard C. Hall: The Balkan Wars, 1912-1913: Prelude to the First World War. Routledge, New York 2000, ISBN 0-415-22946-4, p.100.
  126. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.399 f., 535 f., 834 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.351 ff.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.193 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.236 ff.
  127. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.316.
  128. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.768 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.312 f.
  129. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.709; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.418 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.158 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.324 f.
  130. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.624 f.; François Cochet: 6-8 décembre 1915, Chantilly : la Grande Guerre change de rythme. In: Revue historique des armées. Nr. 242, 2006 (online)
  131. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.315.
  132. ^ Alexander Mayer: Fürth 1911-1914. Krieg der Illusionen - die lokale Sicht. Fürth 2000, ISBN 3-927347-44-2, p.94 f., 99.
  133. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.299, 315.
  134. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.117 ff. (Zitat: p.121.); Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.267 ff.
  135. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Zwei Teile. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.314 f., 318 f., 323; Susanne Miller, Heinrich Potthoff: Kleine Geschichte der SPD. Darstellung und Dokumentation 1848-1990. Verlag J.H.W. Dietz Nachfolger, Bonn 1991, ISBN 3-87831-350-0, p.76; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.856.
  136. ^ The Asinara Island” (英語). Stintino.net. 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月19日閲覧。
  137. ^ a b Duthel, Heinz (2015) (ドイツ語). Weltwirtschafts & Finanzcrash 2015 - I. p. 347. https://books.google.com/books?id=qdGLBgAAQBAJ&pg=PA347 
  138. ^ Rauchensteiner, Manfried (2014) (英語). The First World War and the End of the Habsburg Monarchy, 1914-1918. p. 737. https://books.google.com.hk/books?id=ZEpLBAAAQBAJ&pg=PA737 
  139. ^ Erich von Falkenhayn: Die Oberste Heeresleitung 1914-1916 in ihren wichtigsten Entscheidungen. Berlin 1920, pp.176-184 (Reprint z. B. von Kessinger Publishing, Whitefish 2010, ISBN 978-1-160-86957-7).
  140. ^ a b c d Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.225 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.445 f., 942 ff., 959; Kurt Fischer, Stephan Klink: Spurensuche bei Verdun. Ein Führer über die Schlachtfelder. Bernard & Graefe Verlag, ISBN 3-7637-6203-5, p.20 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.390 ff.; Holger Afflerbach: Falkenhayn. Politisches Denken und Handeln im Kaiserreich. Oldenbourg, München 1996, ISBN 3-486-56184-7, p.360 ff., 543 ff.
  141. ^ Holger Afflerbach: Falkenhayn. Politisches Denken und Handeln im Kaiserreich. Oldenbourg, München 1996, ISBN 3-486-56184-7, p.363.
  142. ^ Vgl. Bernd Stegemann: Die Deutsche Marinepolitik, 1916-1918 (= Historische Forschungen. Band 4). Duncker & Humblot, Berlin 1970, p.32 ff. sowie M. Raffael Scheck: Alfred von Tirpitz and German Right-Wing Politics, 1914-1930 (= Studies in Central European Histories; 11). Humanities Press, Boston 1998, ISBN 0-391-04043-X, p.29 ff.
  143. ^ Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.342, p.338 f. Fn. 11.
  144. ^ Michael Epkenhans, Jörg Hillmann, Frank Nägler (Hrsg.): Skagerrakschlacht - Vorgeschichte - Ereignis - Verarbeitung. Oldenbourg, München 2011, ISBN 978-3-486-70270-5, p.139 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.50, 839 ff.; Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.82 ff.; Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.341 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.379 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.403 ff.
  145. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.276, 624 f.
  146. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.400 ff. (Zitat: p.425); Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.393 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.378 ff.
  147. ^ Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich, Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.87; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.240 f.
  148. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.400 ff. (Zitat: p.417); Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich und Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.79 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.851 ff.
  149. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.332, 442 ff., 589 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.419 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.391 ff.
  150. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.425 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.260, 399, 669 f., 804 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.387 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.247.
  151. ^ John C. G. Röhl: Wilhelm II. - Der Weg in den Abgrund, 1900-1941. 2. Auflage. C.H. Beck, München 2009, ISBN 978-3-406-57779-6, p.1187 ff. (Zitat: p.1190); Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.468, 556 ff., 685, 755.
  152. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.369 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.400; Kurt Fischer, Stephan Klink; Spurensuche bei Verdun. Ein Führer über die Schlachtfelder. Bernard & Graefe Verlag, ISBN 3-7637-6203-5, p.38 ff.
  153. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.232; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.371.
  154. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.597 f., 743 f., 771 f.
  155. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.778.
  156. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.510; Sönke Neitzel: Weltkrieg und Revolution. 1914-1918/19. Be.bra verlag, Berlin 2008, ISBN 978-3-89809-403-0, p.98 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.258 f.
  157. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.258 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.444 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.510, 933.; Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.324 ff., 387 ff.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.276 f.; Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.131 f.
  158. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.471 f.
  159. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.933.
  160. ^ Woodrow Wilson: War Messages, 65th Cong., 1st Sess. Senate Doc. No. 5, Serial No. 7264. Washington, D.C. 1917, pp.3-8, passim.
  161. ^ Ragnhild Fiebig-von Hase: Der Anfang vom Ende des Krieges: Deutschland, die USA und die Hintergründe des amerikanischen Kriegseintritts am 6. April. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.125 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.105 ff., 972; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.277 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.276 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.487 ff.
  162. ^ a b 内藤泰朗 (2014年8月3日). “「地中海で戦ったこと忘れないで」甦る日本艦隊への評価 地中海の小国マルタ 第一次大戦開戦100年”. 産経新聞. オリジナルの2016年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160820235040/http://www.sankei.com/world/news/140803/wor1408030035-n1.html 2014年8月4日閲覧。 
  163. ^ Hew Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.266 ff.; Gerhard Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.461 ff., 565 f., 616, 787 ff.; Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.483 f.
  164. ^ Ein verhängnisvolles Jahr. In: Basler Zeitung. 2016年8月17日。
  165. ^ Heinrich August Winkler: Geschichte des Westens: Von den Anfängen in der Antike bis zum 20. Jahrhundert. C.H. Beck, 2011, p.1180.
  166. ^ Dimitri Wolkogonow: Lenin. Utopie und Terror. Econ, Düsseldorf 1994, ISBN 3-430-19828-3, p.110 ff.; Robert Service: Lenin. Eine Biographie. Beck, München 2000, ISBN 3-406-46641-9, p.387 f.
  167. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.807 ff.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.289 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.265 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.462 ff.; Manfred Hildermeier: Russische Revolution. S. Fischer Verlag, Frankfurt am Main 2004, ISBN 3-596-15352-2, p.17 ff., 28 f.
  168. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.612 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.470; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.483 ff.
  169. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.808; Dimitri Wolkogonow: Lenin. Utopie und Terror. Econ, Düsseldorf 1994, ISBN 3-430-19828-3, p.142 ff.
  170. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.472 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.487 ff.
  171. ^ Robert Service: Lenin. Eine Biographie. Beck, München 2000, ISBN 3-406-46641-9, p.405 ff.; Manfred Hildermeier: Russische Revolution. S. Fischer Verlag, Frankfurt am Main 2004, ISBN 3-596-15352-2, p.31 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.474 f.
  172. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.506 ff.
  173. ^ Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich, Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.163 ff. (Zitat: p.178); Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.326 ff., 838 f., 1007 f.
  174. ^ Ville d´Arras (Hrsg.): La carrière Wellington. Mémorial de la Bataille d´Arras. 9 Avril 1917. Arras 2008, ISBN 978-2-9520615-1-3, p.12 ff.
  175. ^ Angelika Franz: Tunnelstadt unter der Hölle. In: Der Spiegel vom 16. 2008年4月 。
  176. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.448 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.411 f., 744 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.464 ff.
  177. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.242.
  178. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.242 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.458 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.710 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.300 ff.
  179. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.495 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.492 ff., 721; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.308 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.468 ff.
  180. ^ Viscount Montgomery of Alamein: Kriegsgeschichte: Weltgeschichte der Schlachten und Kriegszüge. Aus dem Englischen von Hans Jürgen Baron von Koskull. Komet, Frechen 1999, ISBN 3-933366-16-X, p.479.
  181. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.512 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.403 f.
  182. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.341 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.709, 760; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.527 ff.
  183. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.534 ff.
  184. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.315.
  185. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.405 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.481 ff.
  186. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.578 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.523, 768 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.575 f.; Stephan Bergdorff: Bratpfanne des Teufels. Wie ein preußischer General für die Türken Bagdad zurückerobern sollte und dabei Jerusalem verlor. In: Annette Großbongardt, Dietmar Pieper (Hrsg.): Jerusalem. Die Geschichte einer heiligen Stadt. Goldmann Verlag, München 2011, ISBN 978-3-442-10230-3, p.125 ff.
  187. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.514 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.400 ff., 667 f., 856 f.
  188. ^ 木村靖二 2014, p. 147-148.
  189. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.511.
  190. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.509.
  191. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.511.
  192. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.522 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.385, 465, 581 f., 711 f., 770 f.
  193. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.528; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.376, 437, 511.
  194. ^ Ernesti: Benedikt XV. - Papst zwischen den Fronten. 2016, pp.114-149.
  195. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.529; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.552 f.
  196. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.486, 506.
  197. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.949 f.
  198. ^ Hans-Peter Ullman Politik im deutschen Kaiserreich 1871-1918. R. Oldenbourg Verlag, München 2005, ISBN 3-486-57707-7, p.49.
  199. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.530 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.591 f.
  200. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.526 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.94 f., 368 ff., 506 ff., 762 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.549 ff.
  201. ^ 瀬戸利春『歴史群像』No.77「カイザーシュラハト」pp.66-68。ドイツがロシアとの早期講和をしなかったため訓練中だったアメリカ軍の実戦投入を許し、また広大な占領地に28個師団(約100万人)を駐屯させる羽目になったために西部戦線への転出兵力が少なくなったと述べている。
  202. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.547 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.712 ff.; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Patmos Verlag, Mannheim 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.472 ff.
  203. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.561.
  204. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.549 ff; Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich und Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.203 ff.; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Aus dem Englischen von Harald Ehrhardt und Ursula Vones-Leibenstein. Patmos Verlag, Düsseldorf 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.484 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.712 ff.
  205. ^ Ayers 1919, p. 104.
  206. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.562 ff; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Aus dem Englischen von Harald Ehrhardt und Ursula Vones-Leibenstein. Patmos Verlag, Düsseldorf 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.489 ff.; Manfred Vasold: Die Spanische Grippe. Die Seuche und der Erste Weltkrieg. Primus Verlag, Darmstadt 2009, ISBN 978-3-89678-394-3, p.46, 58 f.; Manfried Rauchensteiner: Der Erste Weltkrieg und das Ende der Habsburgermonarchie 1914-1918. Böhlau Verlag, Wien 2013, ISBN 978-3-205-78283-4, p.956 ff.; Alfred Stenger: Schicksalswende. Von Marne bis zur Vesle 1918. (Schlachten des Weltkrieges. In Einzeldarstellungen bearbeitet und herausgegeben im Auftrage des Reichsarchivs. Volume 35), Gerhard Stalling Verlag, Oldenburg i.O./Berlin 1930, p.220 ff., (Zitate, p.226).
  207. ^ Schreiber, Shane B (2004) [1977]. Shock Army of the British Empire: The Canadian Corps in the Last 100 Days of the Great War. St. Catharines, ON: Vanwell. ISBN 1-55125-096-9. OCLC 57063659 
  208. ^ Rickard 2001.
  209. ^ Brown, Malcolm (1999) [1998]. 1918: Year of Victory. London: Pan. p. 190. ISBN 0-330-37672-1 
  210. ^ Pitt 2014, p. 198.
  211. ^ Terraine 1963, p. 461.
  212. ^ Pitt 2014, p. 203.
  213. ^ Nicholson 1962, p. 413.
  214. ^ Ludendorff 1919, p. 696.
  215. ^ a b Gray & Argyle 1990
  216. ^ McLellan, p. 49.
  217. ^ Christie, Norm M (1997). The Canadians at Cambrai and the Canal du Nord, August-September 1918. For King and Empire: A Social History and Battlefield Tour. CEF Books. ISBN 1-896979-18-1. OCLC 166099767 
  218. ^ Stevenson 2004, p. 380.
  219. ^ Hull 2006, pp. 307–10.
  220. ^ Stevenson 2004, p. 383.
  221. ^ Painter 2012, p. 25. Quote: Over the course of the war the United States supplied more than 80 percent of Allied oil requirements, and after US entry into the war, the United States helped provide and protect tankers transporting oil to Europe. US oil resources meant that insufficient energy supplies did not hamper the Allies, as they did the Central Powers.
  222. ^ 牧野雅彦 2009, pp. 43.
  223. ^ Stevenson 2004, p. 385.
  224. ^ Stevenson 2004, Chapter 17.
  225. ^ Clairière de l'Armistice” (フランス語). Ville de Compiègne. 2007年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月20日閲覧。
  226. ^ a b 1918 Timeline”. League of Nations Photo Archive. 2009年11月20日閲覧。
  227. ^ Andrea Di Michele (2014). “Trento, Bolzano E Innsbruck: L'occupazione Militare Italiana Del Tirolo (1918-1920)” (イタリア語). Trento e Trieste. Percorsi degli italiani d'Austria dal '48 all'annessione (Accademia Roveretana degli Agiati): 436-437. http://www.agiati.it/UploadDocs/12255_Art_20_di_michele.pdf. "La forza numerica del contingente italiano variò con il passare dei mesi e al suo culmine raggiunse i 20-22.000 uomini. [The numerical strength of the Italian contingent varied with the passing of months and at its peak reached 20-22,000 men.]" 
  228. ^ Baker 2006.
  229. ^ Chickering 2004, pp. 185–188.
  230. ^ Gerd Hardach, The First World War, 1914-1918 (1977), p.153, using estimated made by H. Menderhausen, The Economics of War (1941), p.305.
  231. ^ "France's oldest WWI veteran dies" Archived 2016-10-28 at the Wayback Machine., BBC News, 2008年1月20日。
  232. ^ Tucker, Spencer (2005). Encyclopedia of World War I. ABC-CLIO. ISBN 1-85109-420-2. https://books.google.com/books?id=2YqjfHLyyj8C&pg=PA273 
  233. ^ Hastedt, Glenn P. (2009). Encyclopedia of American Foreign Policy. Infobase Publishing. p. 483. ISBN 1-4381-0989-X 
  234. ^ Murrin, John; Johnson, Paul; McPherson, James; Gerstle, Gary; Fahs, Alice (2010). Liberty, Equality, Power: A History of the American People. II. Cengage Learning. p. 622. ISBN 0-495-90383-3 
  235. ^ Staff (1921年7月3日). “Harding Ends War; Signs Peace Decree at Senator's Home. Thirty Persons Witness Momentous Act in Frelinghuysen Living Room at Raritan.”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10B13F63C5D14738DDDAA0894DF405B818EF1D3 
  236. ^ "No. 31773". The London Gazette (英語). 10 February 1920. p. 1671.
  237. ^ "No. 31991". The London Gazette (英語). 23 July 1920. pp. 7765–7766.
  238. ^ "No. 13627". The Edinburgh Gazette (英語). 27 August 1920. p. 1924.
  239. ^ "No. 32421". The London Gazette (英語). 12 August 1921. pp. 6371–6372.
  240. ^ "No. 32964". The London Gazette (英語). 12 August 1924. pp. 6030–6031.
  241. ^ Magliveras 1999, pp. 8–12.
  242. ^ Northedge 1986, pp. 35–36.
  243. ^ Morrow, John H. (2005). The Great War: An Imperial History. London: Routledge. p. 290. ISBN 978-0-415-20440-8
  244. ^ Schulze, Hagen (1998). Germany: A New History. Harvard U.P.. p. 204. https://books.google.com/books?id=B84ZaAdGbS4C&pg=PA204 
  245. ^ Ypersele, Laurence Van (2012). Horne, John. ed. Mourning and Memory, 1919 - 45. Wiley. p. 584. https://books.google.com/books?id=EjZHLXRKjtEC&pg=PA584 
  246. ^ The Surrogate Hegemon in Polish Postcolonial Discourse Ewa Thompson, Rice University”. 2018年1月21日閲覧。
  247. ^ Kocsis, Károly; Hodosi, Eszter Kocsisné (1998). Ethnic Geography of the Hungarian Minorities in the Carpathian Basin. p. 19. ISBN 978-963-7395-84-0 
  248. ^ Clark 1927, Chapter 17.
  249. ^ “Appeals to Americans to Pray for Serbians”. The New York Times. (1918年7月27日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=9406E4D8143EE433A25754C2A9619C946996D6CF 
  250. ^ “Serbia Restored”. The New York Times. (1918年11月5日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=990CEFDC113BEE3ABC4D53DFB7678383609EDE 
  251. ^ Simpson, Matt (2009年8月22日). “The Minor Powers During World War One - Serbia”. firstworldwar.com. 2018年1月21日閲覧。
  252. ^ “'ANZAC Day' in London; King, Queen, and General Birdwood at Services in Abbey”. The New York Times. (1916年4月26日). https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9400E1DD113FE233A25755C2A9629C946796D6CF&scp=12&sq=New+Zealand+anzac&st=p 
  253. ^ Australian War Memorial. “The ANZAC Day tradition”. Australian War Memorial. 2008年5月2日閲覧。
  254. ^ Canadian War Museum. “Vimy Ridge”. Canadian War Museum. 2008年10月22日閲覧。
  255. ^ The War's Impact on Canada”. Canadian War Museum. 2008年10月22日閲覧。
  256. ^ “Canada's last WW1 vet gets his citizenship back”. CBC News. (2008年5月9日). オリジナルの2008年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080511014947/http://www.cbc.ca/canada/ottawa/story/2008/05/09/babcock-citizen.html 
  257. ^ Documenting Democracy Archived 2016-05-20 at the Wayback Machine.. Retrieved 31 March 2012
  258. ^ Shariatmadari, David (2013年10月6日). “Middle East turmoil is fuelling Ottoman nostalgia. But it's a dead end” (英語). The Guardian. https://www.theguardian.com/commentisfree/2013/oct/06/middle-east-turmoil-nostalgia-ottomans 2018年2月10日閲覧。 
  259. ^ Muller 2008.
  260. ^ Kaplan 1993.
  261. ^ Salibi 1993.
  262. ^ Evans 2005.
  263. ^ Israeli Foreign Ministry.
  264. ^ Gelvin 2005, pp. 77–79.
  265. ^ Isaac & Hosh 1992.
  266. ^ Pogroms”. Encyclopaedia Judaica. American-Israeli Cooperative Enterprise. 2009年11月17日閲覧。
  267. ^ Jewish Modern and Contemporary Periods (ca. 1700-1917)”. Jewish Virtual Library. American-Israeli Cooperative Enterprise. 2009年11月17日閲覧。
  268. ^ "The Diaspora Welcomes the Pope" Archived 2012-06-04 at the Wayback Machine., Der Spiegel Online. 2006年11月28日。
  269. ^ R. J. Rummel, "The Holocaust in Comparative and Historical Perspective", 1998, Idea Journal of Social Issues, Vol. 3 no. 2.
  270. ^ Hedges, Chris (2000年9月17日). “A Few Words in Greek Tell of a Homeland Lost”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2000/09/17/nyregion/a-few-words-in-greek-tell-of-a-homeland-lost.html 
  271. ^ Kitchen 2000, p. 22.
  272. ^ Howard, N.P. (1993). The Social and Political Consequences of the Allied Food Blockade of Germany, 1918-19. 11. pp. 161-88. http://libcom.org/files/blockade%20Germany_0.pdf  table p 166, with 271,000 excess deaths in 1918 and 71,000 in the first half of 1919 while the blockade was still in effect.
  273. ^ Saadi 2009.
  274. ^ Patenaude, Bertrand M. (2007年1月30日). “Food as a Weapon”. Hoover Digest. Hoover Institution. 2008年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月14日閲覧。
  275. ^ Ball 1996, pp. 16, 211.
  276. ^ “The Russians are coming (Russian influence in Harbin, Manchuria, China; economic relations)”. The Economist (US). (1995年1月14日). http://www.highbeam.com/doc/1G1-16051029.html  (via Highbeam.com)
  277. ^ Tschanz.
  278. ^ Conlon, p. 15.
  279. ^ Taliaferro, William Hay (1972). Medicine and the War. pp. 65. ISBN 0-8369-2629-3. https://books.google.com/books?id=HcOAnAINJZAC&pg=PA65 
  280. ^ Knobler 2005, p. 256.
  281. ^ Kamps, Bernd Sebastian; Reyes-Terán, Gustavo. Influenza. Influenza Report. Flying Publisher. ISBN 3-924774-51-X. http://www.influenzareport.com/ir/overview.htm 2009年11月17日閲覧。 
  282. ^ 1918-19スペイン風邪の流行状況(労研図書館資料から)”. 財団法人 労働科学研究所. 2009年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月9日閲覧。
  283. ^ 20世紀のパンデミック(スペインかぜ) 中外製薬
  284. ^ "Balfour Declaration (United Kingdom 1917)". Encyclopædia Britannica.
  285. ^ Timeline of The Jewish Agency for Israel:1917-1919”. The Jewish Agency for Israel. 2013年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月29日閲覧。
  286. ^ a b Todman 2005, p. xi-xv.
  287. ^ Roden.
  288. ^ Tucker & Roberts 2005, pp. 1080–1086.
  289. ^ Kitchen, Martin. “The Ending of World War One, and the Legacy of Peace”. BBC. 2018年1月23日閲覧。
  290. ^ "World War II". Britannica Online Encyclopedia. Encyclopædia Britannica, Inc. 2008年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月12日閲覧 不明な引数|deadurl=は無視されます。(もしかして:|url-status=) (説明)
  291. ^ Baker, Kevin (2006-06). “Stabbed in the Back! The past and future of a right-wing myth”. Harper's Magazine. オリジナルの2006-07-15時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060715174503/http://www.harpers.org/StabbedInTheBack.html. 
  292. ^ Rubinstein, W. D. (2004). Genocide: a history. Pearson Education. p. 7. ISBN 0-582-50601-8. https://books.google.com/books?id=nMMAk4VwLLwC 
  293. ^ Henn, Peter (2015年3月9日). “Britain FINALLY pays off last of First World War debt as George Osborne redeems £1.9bn” (英語). Express. https://www.express.co.uk/news/uk/562830/First-World-War-debt-paid-off 2018年1月23日閲覧。 
  294. ^ Noakes, Lucy (2006). Women in the British Army: War and the Gentle Sex, 1907-1948. Abingdon, England: Routledge. p. 48. ISBN 0-415-39056-7 
  295. ^ Souter 2000, p. 354.
  296. ^ Tucker, Spencer (2005). Encyclopedia of World War I. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 273. ISBN 1-85109-420-2. https://books.google.com/books?id=2YqjfHLyyj8C&pg=PA273 2010年5月7日閲覧。 
  297. ^ Green 1938, pp. CXXVI.
  298. ^ Anton Kaes et al., eds. (1994). The Weimar Republic Sourcebook. カリフォルニア大学 Press. p. 8. https://books.google.com/books?id=J4A1gt4-VCsC&pg=PA8 
  299. ^ Marks 1978, pp. 231–232.
  300. ^ a b Marks 1978, p. 237.
  301. ^ Marks 1978, pp. 223–234.
  302. ^ Stone, Norman (2008) (英語). World War One: A Short History. Penguin Adult. ISBN 9780141031569 
  303. ^ Marks 1978, p. 233.
  304. ^ Hall, Allan (2010年9月28日). “First World War officially ends”. The Telegraph. 2017年3月15日閲覧。 “The final payment of £59.5 million, writes off the crippling debt that was the price for one world war and laid the foundations for another.”
  305. ^ Suddath, Claire (2010年10月4日). “Why Did World War I Just End?”. Time. http://www.time.com/time/world/article/0,8599,2023140,00.html 2013年7月1日閲覧. "World War I ended over the weekend. Germany made its final reparations-related payment for the Great War on Oct. 3, nearly 92 years after the country's defeat by the Allies." 
  306. ^ “World War I to finally end for Germany this weekend”. CNN. (2010年9月30日). http://news.blogs.cnn.com/2010/09/30/world-war-i-to-finally-end-this-weekend/ 2017年3月15日閲覧. "Germany and the Allies can call it even on World War I this weekend." 
  307. ^ MacMillan, Margaret (2010年10月25日). “Ending the War to End All Wars”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2010/12/26/opinion/26macmillan.html 2017年3月15日閲覧. "NOT many people noticed at the time, but World War I ended this year." 
  308. ^ a b From Wristwatches To Radio, How World War I Ushered In The Modern World”. NPR. 2018年1月23日閲覧。
  309. ^ a b c 久保昭博 2011, pp. 56–59.
  310. ^ 久保昭博 2011, pp. 62–78.
  311. ^ a b c 古賀保夫 1974, pp. 112–113.
  312. ^ a b 林文代 1993, pp. 57–59.
  313. ^ a b c 河本真理 2011, pp. 9–12.
  314. ^ 河本真理 2011, pp. 102–104.
  315. ^ 河本真理 2011, pp. 106–115.
  316. ^ 河本真理 2011, pp. 115–117.
  317. ^ a b c 河本真理 2011, pp. 28–38.
  318. ^ 第一次世界大戦:不発弾1億発、処理に700年…フランス”. 『毎日新聞』 (2014年8月1日). 2014年9月7日閲覧。
  319. ^ <第一次世界大戦終結100年>毒ガス弾 世紀超え汚染東京新聞』朝刊2018年11月26日(2018年12月7日閲覧)
  320. ^ 「第一次大戦から1世紀 激戦地・仏ベルダン/祖父の遺骨と対面 戦争は終わらない」産経新聞』朝刊2018年11月3日(国際面)2019年1月11日閲覧。
  321. ^ 「クロード・チョールズ氏死去、第1次世界大戦で戦闘に参加した最後の生存者 110歳」フランス通信社(2011年5月6日)2018年11月18日閲覧。
  322. ^ 「第1次大戦100年式典/仏大統領演説 排他主義に警鐘」『読売新聞』夕刊2018年11月12日(3面)。日本政府は麻生太郎副総理を派遣した。
  323. ^ 第1次大戦終結から100年 マクロン氏「悪魔再び」『日本経済新聞』ニュースサイト(2018年11月11日)2018年11月18日閲覧。
  324. ^ Hartcup 1988, p. 154.
  325. ^ Hartcup 1988, pp. 82–86.
  326. ^ Sterling, Christopher H.; Military Communications: From Ancient Times to the 21st Century (2008). Santa Barbara: ABC-CLIO. ISBN 978-1-85109-732-6. p.444.
  327. ^ Mosier 2001, pp. 42–48.
  328. ^ Jager, Herbert (2001). German Artillery of World War One. Crowood Press. p. 224. ISBN 978-1861264039 
  329. ^ Hartcup 1988, p. 105.
  330. ^ Raudzens 1990, p. 421.
  331. ^ Edmonds & Wynne 1927, p. 217.
  332. ^ Heller 1984, Chapter 1.
  333. ^ 戦間期には未来の「ガス戦争」に対する想像としてReginald Glossopが1932年に出版したGhastly DewとNeil Bellが1931年に出版したThe Gas War of 1940といった小説がある。
  334. ^ "Heavy Railroad Artillery" - YouTube
  335. ^ Cornish, Paul (2016). Flamethrower (英語).
  336. ^ Saunders 1999, p. 145.
  337. ^ Lepage 2017, pp. 66–67.
  338. ^ International Railway Fuel Association (1919) (英語). Proceedings of the Annual Convention of the International Railway Fuel Association. p. 383. https://books.google.com/books?id=LMsYAQAAIAAJ 
  339. ^ Henry, Chris (2005) (英語). Depth Charge!: Mines, Depth Charges and Underwater Weapons, 1914-1945. p. 26. ISBN 9781844151745 
  340. ^ Marder, Arthur J (2014) (英語). From the Dreadnought to Scapa Flow: Volume IV 1917, Year of Crisis. Seaforth. p. 76. ISBN 9781848322011 
  341. ^ Akermann, Paul (2002) (英語). Encyclopedia of British Submarines 1901-1955. Periscope. p. 66. ISBN 9781904381051 
  342. ^ Lawson, Eric; Lawson, Jane (2002). The First Air Campaign: August 1914- November 1918. Da Capo Press. ISBN 0-306-81213-4. https://books.google.com/books?id=9PGHckhHiX0Cpg=PT123 
  343. ^ White, Jerry (2014) (英語). Zeppelin Nights: London in the First World War. Random House. p. 127. ISBN 9781448191932 
  344. ^ Cross 1991, pp. 56–57.
  345. ^ Winter 1983.
  346. ^ Johnson 2001
  347. ^ Simpson 2015, Chapter 9.
  348. ^ a b 暗号の歴史 STAGE3 第一次世界大戦”. 三菱電機. 2018年2月12日閲覧。
  349. ^ a b c Czak 2016.
  350. ^ Phillimore & Bellot 1919, pp. 4–64.
  351. ^ Cook 2006, pp. 637–665.
  352. ^ Ferguson 1999, pp. 368–9.
  353. ^ Ferguson 1999, Chapter 13.
  354. ^ Максим Оськин - Неизвестные трагедии Первой мировой Пленные Дезертиры Беженцы - стр 24 - Читаем онлайн”. Profismart.ru. 2013年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月13日閲覧。
  355. ^ Bass 2002, p. 107.
  356. ^ The Mesopotamia campaign”. British National Archives. 2007年3月10日閲覧。
  357. ^ Prisoners of Turkey: Men of Kut Driven along like beasts”. Stolen Years: Australian Prisoners of War. Australian War Memorial. 2009年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月10日閲覧。
  358. ^ ICRC in WWI: overview of activities”. Icrc.org. 2010年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月15日閲覧。
  359. ^ “GERMANY: Notes, Sep. 1, 1924”. Time. (1924年9月1日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,768983,00.html 2010年6月15日閲覧。 
  360. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 1189.
  361. ^ a b Tucker & Roberts 2005, p. 1001
  362. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 117.
  363. ^ Mukhtar, Mohammed (2003-02-25). Historical Dictionary of Somalia. Scarecrow Press. p. 126. https://books.google.com/books?id=DPwOsOcNy5YC&pg=PA126&dq=iyasu+dervish&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjJjrCxr7LSAhVG4YMKHTEkDgwQ6AEIGjAA#v=onepage&q=iyasu%20dervish&f=false 2017年2月28日閲覧。 
  364. ^ “How Ethiopian prince scuppered Germany's WW1 plans”. BBC News. (2016年9月25日). http://www.bbc.com/news/world-37428682 2017年2月28日閲覧。 
  365. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 1069.
  366. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 884.
  367. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 335.
  368. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 219.
  369. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 209.
  370. ^ a b Tucker & Roberts 2005, p. 596
  371. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 826.
  372. ^ Dennis Mack Smith. 1997. Modern Italy; A Political History. Ann Arbor: The University of Michigan Press. p.284.
  373. ^ Aubert, Roger (1981). “Chapter 37: The Outbreak of World War I”. In Hubert Jedin. History of the Church. The Church in the industrial age. 9. London: Burns & Oates. p. 521. ISBN 0-86012-091-0 
  374. ^ Who's Who — Pope Benedict XV”. firstworldwar.com (2009年8月22日). 2018年2月10日閲覧。
  375. ^ "Merely For the Record": The Memoirs of Donald Christopher Smith 1894-1980. By Donald Christopher Smith. Edited by John William Cox, Jr. Bermuda.
  376. ^ Newton-Matza 2017, Timeline.
  377. ^ Pennell, Catriona (2012). A Kingdom United: Popular Responses to the Outbreak of the First World War in Britain and Ireland. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-959058-2 
  378. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 584.
  379. ^ O'Halpin, Eunan, The Decline of the Union: British Government in Ireland, 1892-1920(ダブリン、1987)
  380. ^ Lehmann & van der Veer 1999, p. 62.
  381. ^ Brock, Peter, These Strange Criminals: An Anthology of Prison Memoirs by Conscientious Objectors to Military Service from the Great War to the Cold War, p.14, Toronto: University of Toronto Press, 2004, ISBN 0-8020-8707-8
  382. ^ Soviet Union - Uzbeks”. Country-data.com. 2013年3月13日閲覧。
  383. ^ Cockfield 1997, pp. 171–237.
  384. ^ a b Seton-Watson, Christopher. 1967. Italy from Liberalism to Fascism: 1870 to 1925. London: Methuen & Co. Ltd. p.471
  385. ^ Alan J. Ward, "Lloyd George and the 1918 Irish conscription crisis". Historical Journal (1974) 17#1 pp.107-129.
  386. ^ The Conscription Crisis”. CBC (2001年). 2018年2月10日閲覧。
  387. ^ J. M. Main, Conscription: the Australian debate, 1901-1970 (1970) abstract Archived 2015-07-07 at Archive.is
  388. ^ Havighurst 1985, p. 131.
  389. ^ Chelmsford, J. E. "Clergy and Man-Power", The Times 1918年4月15日。p.12.
  390. ^ Howard Zinn, People's History of the United States. (Harper Collins, 2003): 134
  391. ^ John Whiteclay Chambers, To raise an army: The draft comes to modern America (1987).
  392. ^ Hastings, Max (2013). Catastrophe: Europe goes to War 1914. London: Collins. pp. 30, 140. ISBN 978-0-00-746764-8 
  393. ^ David Stevenson, The First World War and International Politics (1988).
  394. ^ Z.A.B. Zeman, Diplomatic History of the First World War (1971)
  395. ^ See * Carnegie Endowment for International Peace. Official Statements of War Aims and Peace Proposals: December 1916 to November 1918, edited by James Brown Scott. (1921) 515pp online free
  396. ^ a b c d Heller 1984, Chapter 3.
  397. ^ a b 木村靖二 2014, pp. 22–25.
  398. ^ a b 木村靖二 2014, p. 26.
  399. ^ a b c 木村靖二 2014, pp. 25–27.
  400. ^ a b 木村靖二 2014, pp. 27–29.
  401. ^ a b c フォルカー・ベルクハーン 2014, pp. 12–15.
  402. ^ a b 木村靖二 2014, pp. 29–30.
  403. ^ 木村靖二 2014, pp. 30–31.






第一次世界大戦と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

20世紀の戦争 バングラデシュ独立戦争  ノモンハン事件  第一次世界大戦  世界大戦  ベトナム戦争
フランスの戦争 パレストロの戦い  アロー戦争  第一次世界大戦  アルジェリア侵略  ベン・シェリーフ隊列の長距離打撃行軍
イギリスの戦争 インド大反乱  イラク戦争  第一次世界大戦  スペイン継承戦争  インディアン戦争
アメリカ合衆国の戦争 グレナダ侵攻  イラク戦争  第一次世界大戦  ベトナム戦争  アルーストック戦争
日本の戦争 西南戦争  ノモンハン事件  第一次世界大戦  日露戦争  元寇
イタリアの戦争 第二次世界大戦  ヴィットリオ・ヴェネトの戦い  第一次世界大戦  伊土戦争  第一次エチオピア戦争
中華民国の戦争 (1912年-1949年) 日中戦争  第二次世界大戦  第一次世界大戦  奉直戦争  安直戦争
オーストリアの戦争 四カ国同盟戦争  ヴィットリオ・ヴェネトの戦い  第一次世界大戦  スペイン継承戦争  イタリア戦争
オスマン帝国の戦争 第一次ウィーン包囲  フランス革命戦争  第一次世界大戦  リヴォニア戦争  アルジェリア侵略
カナダの戦争 カナダ侵攻作戦  ウィリアム王戦争  第一次世界大戦  米英戦争のカナダ戦線  アルーストック戦争
ロシア帝国の戦争 義和団の乱  フランス革命戦争  第一次世界大戦  カフカーズ戦争  ロシア・スウェーデン戦争
ドイツの戦争 義和団の乱  ラップランド戦争  第二次世界大戦  普仏戦争  第一次世界大戦

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第一次世界大戦」の関連用語

第一次世界大戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第一次世界大戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第一次世界大戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS