第一次世界大戦 余波

第一次世界大戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 09:07 UTC 版)

余波

ドゥーオーモン納骨堂英語版のフランス軍人墓地。ここには身元不明の兵士が13万人以上埋葬されている。

戦争の結果、ドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン、ロシアの4帝国が崩壊し、ホーエンツォレルン家ハプスブルク家オスマン家ロマノフ家がそれぞれ君主の座を追われた。4つの帝国が滅亡解体された結果、9つの国が建国された。1914年の開戦時にはフランス、ポルトガル、スイス、サンマリノの4か国しかなかったヨーロッパの共和制国家が、ドイツ、オーストリア、チェコスロバキア、フィンランド、ポーランド、リトアニア、ラトビア、エストニア、アルバニアと増加した(加えてオスマン帝国が廃されトルコ共和国が建国された)。またロシアは1917年のロシア革命によって帝政が打倒され、1922年に史上初の社会主義国家、ソビエト社会主義共和国連邦が建国されることになる。戦場となったベルギーとフランスは多大な損害を受けたほか、フランスでは死者だけで140万人もいた[231]。ドイツとロシアも同程度の損害を受けた[232]

正式な終戦

戦争状態は正式には休戦協定が締結された後も7か月続き、ドイツが1919年6月28日にヴェルサイユ条約に署名するまで続いた。大衆が支持したにもかかわらず、アメリカ合衆国上院は条約を批准せず[233][234]、1921年7月2日にウォレン・ハーディング大統領がノックス=ポーター決議英語版に署名したことで、アメリカはようやく戦争から手を引いた[235]。イギリスとその植民地については1918年の戦争終結定義法英語版の条項に基づき、1920年1月10日にドイツとの戦争状態を[236]、7月16日にオーストリアとの戦争状態を[237]、8月9日にブルガリアとの戦争状態を[238]、1921年7月26日にハンガリーとの戦争状態を[239]、1924年8月6日にトルコとの戦争状態を[240]終結させた。

ヴェルサイユ条約が締結された後、オーストリア、ハンガリー、ブルガリア、オスマン帝国との講和条約が締結された。しかし、オスマン帝国との講和交渉をめぐって紛争が起き、1923年7月24日のローザンヌ条約でようやく終結を見た。

戦争祈念施設の一部は、終戦の日をヴェルサイユ条約が締結された日と定めた。この日は外国に派遣された多くの兵士がようやく本国に復員した日であったが、多くの戦争記念施設は終戦の日を休戦協定が締結された1918年11月11日とした。法的な戦争状態は最後の講和条約であるローザンヌ条約が締結されるまで続いた。同条約に基づき、連合国軍は1923年8月23日にコンスタンティノープルから撤退した。

講和条約

1919年6月28日、ヴェルサイユ条約が締結された鏡の間英語版

戦闘が終結した後、パリ講和会議は中央同盟国に講和条約の締結を強いて、戦争を正式に終結させた。1919年のヴェルサイユ条約ではドイツとの講和のみが処理され、同年6月28日の締結により、アメリカ合衆国大統領ウッドロウ・ウィルソン提唱の『十四か条の平和原則』は、翌1920年1月10日の「国際連盟」創設の実現をもって実質化した[241][242]。しかし、国家元首かつ政府の長が提唱者であった肝心のアメリカ合衆国は連邦議会の否決により、設立当初から不参加となり、結局最後まで参加することはなかった。

中央同盟国は「連合国、その政府と国民が」中央同盟国の侵略に「強いられた戦争の結果としての損失」の責任を負わなければならなかった。ヴェルサイユ条約では第231条英語版がそれであり、後に「戦争責任条項」として知られるようになった。ドイツでは国民の多くがこの条項に屈辱を感じ、報復を考えた[243]。ドイツ人は「ヴェルサイユのディクタット[要リンク修正](絶対的命令)」に不当に扱われたと感じ、ドイツの歴史家ハーゲン・シュールゼ (Hagen Shulze) は条約によりドイツは「法的制裁を課され、軍事力を奪われ、経済的に破滅、政治的に侮辱された」と述べた[244]。ベルギーの歴史家ローラン・ヴァン・イーペルセル (Laurence Van Ypersele) は「1920年代1930年代のドイツ政治において戦争とヴェルサイユ条約の記憶が中心的な役割を果たした」と述べた:

ドイツが積極的に戦争責任を否定したことと、賠償と連合国のラインラント占領継続への不満により、戦争の記憶と戦争の意味したことを大幅に書き換えることが問題になっていた。「背後の一突き」の伝説、「ヴェルサイユのディクタット」を改正する願望、そして諸国がドイツ国を消滅させたがっているという信念はドイツの政治の中心であり続けた。シュトレーゼマンのような平和の男でもドイツの罪を公的に否定した。ナチス党は国内の反逆と国際の陰謀を旗印として、ドイツ国中で復讐の心を刺激しようとした。ファシスト党のイタリアと同じく、ナチス・ドイツは戦争の記憶を自身の政策のために利用した[245]

一方、ドイツ帝国の統治から解放された新しい国々は、ヴェルサイユ条約を侵略的な隣国が小国に対して施した不当な行動を承認するものとしてみた[246]。パリ講和会議ではあくまで全ての敗戦国に非戦闘員への損害を賠償することを強いたが、敗戦国のうち経済が崩壊しなかったのはドイツだけだったため、賠償責任は主にドイツ(敗戦による帝政崩壊後、ヴァイマル共和政)に負わされた。

オーストリア=ハンガリー帝国オーストリア共和国ハンガリー王国チェコスロバキアユーゴスラビア王国といった後継国家に分割された。分割は主に(ただし、単にではなく)民族分布に沿って行われた。トランシルヴァニアはハンガリーから大ルーマニアに割譲された。詳細はサン=ジェルマン条約トリアノン条約で定められた。トリアノン条約により、ハンガリー人330万人が外国に統治された。戦争以前のハンガリー王国ではハンガリー人が国民の54パーセントを占めたが、戦後に残された領土はその32パーセントだけだった。1920年から1924年、ハンガリー人354,000人がルーマニアチェコスロバキアユーゴスラヴィアに割譲された元ハンガリー領から逃亡した[247]

1917年十月革命の後に、単独講和を締結し戦争から脱落したロシア帝国エストニア共和国フィンランド共和国ラトビア共和国リトアニア共和国ポーランド第二共和国の成立により西部国境の多くを喪失し、1918年4月にはルーマニアがベッサラビアを奪った[248]

オスマン帝国は解体し、レヴァントでの領地の大半が連合国に保護領として与えられた。アナトリア半島のトルコ本土はトルコ共和国として承認された。オスマン帝国は1920年のセーヴル条約で分割される予定だったが、メフメト6世には批准されず、トルコ国民運動英語版にも拒否された。結果的にはトルコが革命戦争希土戦争 (1919年-1922年)に勝利。1923年ローザンヌ条約セーヴル条約よりもはるかに寛大であり、トルコ共和国はヨーロッパ側にも領土(東トラキア)を維持した。

国民意識

第一次世界大戦戦後の領土変更(1923年時点)

ポーランドポーランド分割で消滅してから1世紀以上経った後、復活した。セルビア王国は「協商国の小国」、人口比で最も多く損害を出した国として[249][250][251]、多民族国家である新生セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(後にユーゴスラヴィア王国に改名)の背骨になった。チェコスロバキアはボヘミア王国ハンガリー王国の一部を併合して独立した。ロシアはソビエト連邦になったが、フィンランドとバルト三国(エストニア、リトアニア、ラトビア)が独立した。オスマン帝国はトルコと中東のいくつかの国に取って代わられた。

イギリス帝国においては新しい国民意識が生まれた。オーストラリアとニュージーランドではガリポリの戦いが「砲火の洗礼」として知られるようになった。というのも、第一次世界大戦は両国の軍が初めて戦った大規模な戦争であり、オーストラリア軍がイギリス国王の臣下としてだけでなく、オーストラリア人としても戦った初の戦争であった。この日はオーストラリア・ニュージーランド軍団を記念するアンザック・デーとして祝われている[252][253]

カナダ師団が初めて独立部隊として戦ったヴィミ・リッジの戦い英語版の後、カナダ人はカナダを「火で鍛えられた」国と形容するようになった[254]。「母国」がつまずいた戦場で勝利したことで、カナダ軍は初めてその貢献を国際的に認められた。カナダはイギリス帝国の自治領として参戦して、終戦まで同じ状態であったが、終戦の時点では独立性が高まった[255][256]。1914年にイギリスが参戦したとき、自治領は自動的に戦争状態に入ったが、終戦時にはカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカがそれぞれ独自にヴェルサイユ条約に署名した[257]

オスマン帝国は第一次世界大戦までの数百年間、中東である程度の平和と安定を維持していた[258]。しかし、オスマン政府が倒れたことで中東は権力の真空状態になり、領土と建国に関する様々な矛盾した主張がなされた[259]。第一次世界大戦の戦勝国はすぐに国境線を策定したが、現地の住民には粗略な諮問しかしておらず、これらの国境は21世紀に入っても未解決のままである[260][261]。第一次世界大戦でオスマン帝国が解体したことで、中東戦争など現代の中東の政治情勢が形作られたほか[262][263][264]、水などの天然資源をめぐる紛争も引き起こした[265]

また、1917年ロシア革命による社会不安と広範囲にわたる暴力、そしてその直後のロシア内戦により、元ロシア帝国領(主にロシア革命後のウクライナ英語版)で2千以上のポグロムが起きた[266]。その結果、ユダヤ人6万から20万人が殺害された[267]

ギリシャは第一次世界大戦直後の希土戦争ムスタファ・ケマル・パシャ率いるトルコ国民軍と戦った後、ローザンヌ条約に基づき住民交換を行った[268]。しかし、多くの文献によると[269]、この時期のギリシャ人虐殺により数十万人のギリシャ人が死亡した[270]

疫病の問題

シルケジ英語版で負傷して搬送されるトルコ兵士(1915年)
スペインかぜ大流行の最中の緊急軍事病院英語版、1918年のカンザス州キャンプ・ファンストン英語版にて。スペインかぜにより、アメリカだけで675,000人が死亡した。

戦争は兵士の健康に大きく影響した。1914年から1918年まで動員されたヨーロッパ諸国の将兵6千万人のうち、800万人が戦死、700万人が永久的な身体障害者になり、1,500万人が重傷を負った。ドイツは男性労働人口の15.1%を、オーストリア=ハンガリーは17.1%、フランスは10.5%を失った[271]。ドイツでは、一般市民の死亡者が平時よりも474,000人多かったが、主に食料の不足と栄養失調による餓死や病死が原因である[272]。レバノンでは終戦までに飢饉により約10万人が死亡した[273]

1921年ロシア飢饉により500万から1,000万人が死亡した[274]。ロシアでは第一次世界大戦、ロシア内戦、そして飢饉により、1922年までに450万から700万人の子供が孤児になった[275]。反ソ連のロシア人(白系ロシア人)の多くがロシアから逃亡、1930年代の満洲国ハルビン市では10万人のロシア人が住んでいたという[276]。ほかにも数千人単位でフランス、イギリス、日本、アメリカに逃亡している。

戦乱によって、さまざまな疫病も流行した。寄生虫による発疹チフスで、1914年のセルビアだけでも20万人の死者(うち兵士は7万人)が出た[277]。1918年から1922年まで、ロシアでは2,500万人が発疹チフスに感染、300万人が死亡した[278]。1923年にはロシアで1,300万人がマラリアに感染、戦前よりはるかに大きい感染者数となった[279]。さらに、1918年にはスペインかぜインフルエンザ)が大流行、ヨーロッパでは少なくとも2,000万人が死亡した[280][281]。「スペインかぜ」の俗称は各国が戦時下で情報統制していた中で中立国のスペインから早期に感染情報がもたらされた事に由来する[282]。これにより徴兵対象となる成人男性の死者が急増し、補充兵力が無くなりかけたことが、同年の休戦の一因ともいわれている[283]

ハイム・ヴァイツマンによるロビー活動もあって、ユダヤ系アメリカ人がアメリカにドイツ支援を促すことにイギリスが恐れた結果、イギリス政府は1917年にバルフォア宣言を発してパレスチナにおけるユダヤ人国家英語版の建国を支持した[284]。第一次世界大戦に参戦したユダヤ人兵士は合計1,172,000人以上であり、うち275,000人がオーストリア=ハンガリー軍、450,000人がロシア帝国軍に従軍した[285]

社会の傷跡

アメリカ合衆国戦争省による、退役軍人のための冊子(1919年)

第一次世界大戦は空前の戦死傷率を記録して、社会に大きな傷跡を残した。第一次世界大戦が残した傷跡はしばしば議論される[286]ベル・エポック楽天主義は崩れ去り、戦争に参加した世代は「失われた世代」と呼ばれた[287]。戦後長年にわたり、21世紀に至っても人々は死者、行方不明者を哀悼し続け、障害を負った者を悲しみ続けた。

多くの兵士はシェル・ショック神経衰弱とも。心的外傷後ストレス障害の関連疾患)などの精神的外傷を負った[288]。大半の兵士はそのような障害もなく故郷に戻ることができたが、戦争について語ろうともせず、結果的には「兵士の大半が精神的外傷を負った」という伝説が広まることになった。

実際には多くの兵士は戦闘に参加せず、または軍務をポジティブにとらえたが、苦しみとトラウマというイメージは根強く残った。歴史家のダン・トッドマン (Dan Todman)、ポール・フュッセル英語版、サミュエル・ヘインズ (Samuel Heyns) は1990年代以降、著作を出版してこのような見方が誤りであると指摘した[286]

ドイツでの不満

第一次世界大戦後のナチズムファシズムの広まりには、民族主義の復活と戦後の変革(民主化)に対する拒絶が含まれている。同じように、背後の一突き伝説が支持を得た背景には、敗戦国たるドイツの心理状態、および戦争責任の拒絶があった。この陰謀論は広く受け入れられ、ドイツ国民は自身を被害者とみなした。また、同じ理由により、ヴァイマル共和政はその正統性が揺らいで政局は常に不安定化し、左右両翼の勃興を許した。

ヨーロッパの共産主義とファシズム運動はこの陰謀論を利用して人気を得、特に戦争の影響を深く受けた地域で顕著だった。ナチス党首アドルフ・ヒトラーは、ヴェルサイユ条約に対するドイツの不満を利用して人気を博した[289]。そのため、第二次世界大戦は第一次世界大戦で解決されなかった権力闘争の継続という一面がある。さらに、1930年代のドイツは、第一次世界大戦の戦勝国に不公平に扱われたことを理由として、侵略を正当化した[290][291]

アメリカの歴史家ウィリアム・ルービンスタイン英語版は、「『全体主義の時代』は現代史上の悪名高いジェノサイドを全て含み、ユダヤ人に対するホロコーストがその筆頭であったが、共産主義諸国による大量殺人と追放、ドイツのナチ党とその同盟者によるほかの大量殺戮、そして1915年のアルメニア人虐殺も含む。ここで主張するのは、これらの殺戮の起因は全て同じであり、その起因とは第一次世界大戦によりエリート層の構造と中央、東、南ヨーロッパの政府の常態が崩壊したことであった。それがなければ、共産主義もファシズムも無名の扇動者や変わり者の頭の中にしか存在しないものとなっていたであろう。」と述べた[292]

経済への影響

女性労働者を示しているポスター(1915年)
戦災で廃墟となったイーペル
戦死者を葬るフランスのハイウッド墓地。イギリスでは赤いポピーが第一次世界大戦における犠牲の象徴とされている。

第一次世界大戦の最も劇的な影響の一つは、イギリス、フランス、アメリカ、そしてイギリス帝国の自治領政府がその権力と義務を拡大させたことだった。戦争努力英語版を支援する新しい税が徴収され、法律が制定された。その一部は現代まで続いた。また、オーストリア=ハンガリーやドイツなどの大きく官僚的な政府はその能力を限界まで駆使した。

国内総生産は連合国のうち4か国(イギリス、イタリア、日本、アメリカ)では上昇したが、フランスとロシアでは下がり、ほかには中立国のオランダと主要な中央同盟国3か国(ドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン帝国)でも下がった。中でも、オーストリア=ハンガリー、ロシア、フランス、オスマン帝国では30から40パーセントの下がり幅だった。例えば、オーストリアでは豚の大半が屠殺されたため、終戦のときには食肉がほとんどなかった。

国内総生産のうち、政府が占める比率は全ての国で上昇、ドイツとフランスでは50%を越え、イギリスでも50%に近い比率だった。アメリカからの物資購入代金を工面すべく、イギリスはそれまでのアメリカ鉄道に対する投資を現金化(売却)、続いてウォール街で大量に借り入れた。1916年末にはウィルソン大統領が融資の打ち切りを決定する瀬戸際まできていたが、結局アメリカ政府から連合国への融資を大幅に増やした。1919年以降、アメリカが融資の償還を要求すると、連合国はドイツからの賠償金で資金の一部を賄ったが、ドイツからの賠償金はアメリカからドイツへの融資だった。このシステムは1931年に崩壊、融資の一部は償還されなかった。1934年時点のイギリスは、第一次世界大戦に関するアメリカからの債務を44億ドルも残しており、全ての償還が終わったのは2015年だった[293]

第一次世界大戦はマクロ経済にもミクロ経済にも影響を与えた。家族レベルでは男性の多くが従軍・戦死したため稼ぎ手を失い、多数の女性が働くことを余儀なくされた。工場でも多くの労働者が従軍で失われ、サフラジェット運動(女性参政権)に弾みがついた[294]

工場で弾薬を作る労働者。総力戦の体制では女性や子供も戦争に動員された。

オーストラリア首相ビリー・ヒューズは、イギリス首相デビッド・ロイド・ジョージに手紙を書き、「あなたはこれ以上良い条約を勝ち取ることができないと私たちに保証した。しかし、私たちは今でも、イギリス帝国とその同盟者が払った多大な犠牲と釣り合う賠償を確保する何らかの方法が見つかると信じている。」と述べた。オーストラリアは5,571,720ポンドの戦時賠償を受け取ったが、戦争の直接支出だけでも376,993,052ポンドに上り、1930年代中期までに賠償年金、戦争の給与金、利子と減債積立金の合計が831,280,947ポンドと賠償金の100倍以上に上った[295]。参戦したオーストラリア軍416,000人のうち、約6万人が戦死、152,000人が負傷した[296]

第一次世界大戦は「余剰女性英語版」の問題を悪化させた。イギリスでは100万人近くの男性が戦死したことで余剰女性(女性と男性の人数差)が67万人から170万人に上昇した。そのため、仕事に就こうとした未婚女性の人数が大幅に上昇した。その上、兵士の復員と戦後の不況により失業率がうなぎ登りになった。戦争は確かに女性の社会進出を促進したが、兵士が復員したことと戦時工場が休業したことにより、却って多くの人が失業した。

イギリスでは1918年初頭にようやく配給制度が導入されたが、肉、砂糖、脂肪(バターマーガリン)に限られ、パンは制限されなかった。また、労働組合の参加者数は1914年に400万を少し超えた程度だったのが、1918年には倍になり、800万人を少し超えた程度になった。

平時の輸入源から戦争物資を輸入することに困難が生じたため、イギリスは植民地に目を向けた。アルバート・アーネスト・キットソン英語版などの地質学者は、アフリカの植民地で貴金属の鉱層を見つけることを依頼された。キットソンは英領ゴールド・コーストで弾薬製造に必要なマンガンの鉱層を発見した[297]

ヴェルサイユ条約の第231条英語版(いわゆる「戦争責任」条項)において、ドイツは「連合国、その政府と国民が」ドイツとその同盟国の侵略に「強いられた戦争の結果としての損失」の責任を負わなければならなかった[298]。この条項は第一次世界大戦の賠償の法的根拠として定められ、オーストリアとハンガリーとの講和条約でも同様の条項があったが、3国いずれもそれを戦争責任を認める条項とはみなさなかった[299]。1921年、賠償の総額が1,320億金マルクに定められたが、連合国の専門家にはそれがドイツにとって到底払える額ではないことは最初から分かっていた。賠償金は3部分に分けられ、うち第3の部分は「空中の楼閣」とするつもりのもので、主な目的は世論を誘導して「最終的には全額支払われる」と信じ込ませることだった[300]。そのため実際には500億金マルク(125億米ドル)が「連合国が考えるドイツが実際に支払える金額」であり、実際に支払われるべき「ドイツの賠償金の総額」であった[300]

賠償金は現金でも現物(石炭、木材、化学染料など)でも支払えた。また、ヴェルサイユ条約により失われた領土の一部が賠償金の一部償還に充てられ、ルーヴェンの図書館の修復なども算入された[301]。1929年、世界恐慌が起き、世界中の政治を混乱させた[302]。1932年には国際社会により賠償金の支払いが一時停止されたが、その時点ではドイツはまだ205.98億金マルクしか支払っていなかった[303]アドルフ・ヒトラー権力を奪取すると、1920年代と1930年代初期に発行された債券は取り消された。しかし、デヴィッド・A・アンデルマン英語版は「支払い拒否は合意を無効にしない。債券や合意はまだ存在する」と述べた。そのため、第二次世界大戦後の1953年、ロンドン会議英語版において、ドイツは支払いの再開に同意した。ドイツが賠償金の支払いを完全に終えたのは、2010年10月3日であった[304][305][306][307]

ハーバー・ボッシュ法を考案した一人であるフリッツ・ハーバーは、賠償金の足しにするため1920年から海水からを回収する計画を始めたが、採算が合わないことが分かり1924年に中止した。

戦後のドイツでは深刻な住宅不足に直面しており、賃貸集合住宅の数を増やすため、1920年代に様々な公営住宅計画が立てられた。この住宅は労働者階級にも家賃が払えるようにコストを重視した結果、室内の広さやデザインを限定することにした。この際に台所の設計として採用された能率重視のフランクフルト・キッチンは、現代のシステムキッチンの先駆けとされている。

軍の資金援助で無線機器の改良が進んだため、戦後にはフランスやイギリス、日本やアメリカのみならず、敗戦国のドイツでもラジオが流行し、新たなメディアとして広まった[308]

戦争により、手で操作しなければならない懐中時計に代わり、当時は主に女性用アクセサリーとみなされていた腕時計が日用品の座を得た[308]

文化への影響

我々は新しい世界を創造している英語版』(1918年)。イギリス公式戦争画家ポール・ナッシュの作品。

第一次世界大戦下では、大戦を題材とした戦争文学が広く読まれ、これらの作品の多くは作家自身の従軍経験をもとに戦場を描いたものだった[309]。従軍中に詩作したことで「戦場詩人」と呼ばれ、休戦直前に戦死したイギリスのウィルフレッド・オーウェンはその代表的な作家である。フランスの権威ある文学賞のゴンクール賞も、大戦中の受賞作は全て戦争文学作品となった[309]。受賞作のなかでも、特にアンリ・バルビュス砲火英語版』(1916年)は、20万部の売上を記録し、以後の「戦争小説のモデル」となったとされる[309]。フランス文学研究者の久保昭博によれば、『砲火』は兵士の死体や過酷な塹壕生活を口語・俗語文体を用いて描くことで、迫真的な大戦描写に成功したのである[310]

ドイツでも、自然主義表現主義の戦争文学に続いて、戦間期にはハンス・カロッサ『ルーマニア日記』(1924年)や、エーリヒ・マリア・レマルク西部戦線異状なし』(1929年)に代表される新即物主義の戦争文学が登場した[311]。これらの新即物主義の作品も、報告体を用いてより写実的に第一次世界大戦の戦場を描写したものだった[311]。特に『西部戦線異状なし』は、刊行からほどなく25ヶ国語に翻訳され、計350万部の売上を記録した[311]

アメリカでは第一次世界大戦の影響の下、いわゆる「失われた世代」の作家たちが登場した[312]。1926年、その代表的な作家であるアーネスト・ヘミングウェイウィリアム・フォークナーは、それぞれ初の長編作品を出版したが、両者の作品とも第一次世界大戦を背景としたものだった(ヘミングウェイ『日はまた昇る』、フォークナー『兵士の報酬英語版』)[312]

美術の分野でも、第一次世界大戦に多くの芸術家が従軍画家として参加し、プロパガンダのための戦争画を描いた[313]。また、こうした伝統的な従軍画家だけでなく、装備のカモフラージュを行うためにキュビズムヴォーティシズムの画家が動員された[313]。さらに、徴兵されてあるいは志願して前線で兵士として戦う芸術家もいた[313]。西洋近現代美術史研究者の河本真理によれば、戦場を体験した画家たちは、戦争の理念的側面を抽象的な様式で表現しようとする者と、戦場の人々の身体などを写実的な様式で表現しようとする者の二つの系統に分かれていった[314]。大戦による西洋社会の動揺は、一方では、前衛的な芸術から古典的な芸術へという「秩序への回帰」につながる[315]。しかし、その一方で、第一次世界大戦を近代合理主義の限界であるとみなし、これまでの芸術の在り方を否定する「反芸術」のダダイスムも登場することとなった[316]

また、第一次世界大戦では、これまでの戦争と異なり、ポスター写真映画といった新しい手段によっても戦争が描かれた[317]。フランスをはじめとする参戦国政府は、写真部・映画部のような組織を設置し、プロパガンダの手段として写真・映画を活用しようとした[317]。特に、1916年公開の無声記録映画ソンムの戦い英語版』は、イギリスの戦争プロパガンダ局長チャールズ・マスターマン英語版の主導で作られ、当時の国内映画の最多観客動員数記録を更新するほどの人気を博したという[317]

国際平和への努力

アンクル・サムが描かれたアメリカ陸軍の募兵ポスター
欧州における悲惨な戦状が伝えられているにも関わらず、多くの若者が入隊した。

第一次世界大戦による災厄の巨大さを目の当たりにしたことで、国際社会では厭戦感が広がることとなった。戦後の国際関係においては平和協調が図られ、1919年にウィルソン大統領の提唱により、人類史上初の国際平和機構である国際連盟が設立され、1925年にはロカルノ条約1928年には主要国間で不戦条約(ケロッグ=ブリアン協定)が締結された。このほかにも主要列強間においてワシントン海軍軍縮条約(1922年)、ロンドン海軍軍縮条約(1930年)といった軍縮条約が締結された。

しかし、これら国際平和のための様々な努力も空しく、第一次世界大戦の原因と結果を巡る多くの戦後処理の失敗、戦後好景気の反動としての世界恐慌の発生とブロック経済化、社会主義の勢力拡大などで、それらに対抗する形でのイタリア王国ムッソリーニ率いるファシスト党ドイツのヒトラー率いるナチスと、ファシズムが台頭していった。

戦勝国の日本では、日本のシベリア出兵や中国での排日やナショナリズム台頭と、それに対する日本軍の出兵拡大といった混乱の末、1930年代前半には関東軍主導により満州事変が起こされ、さらに数度にわたり軍事クーデターが起きたことで、第一次世界大戦後に日本に根付くかと思われた民主主義(大正デモクラシー普通選挙)がわずか15年程度で途絶え、軍国主義が進むこととなった。

国際連盟は提唱国であるアメリカをはじめとした大国の不参加や脱退が相次いで十分な役目を果たせず、戦間期に発生した係争への介入を行うことが殆どできなかった。ヴェルサイユ条約成立後、フランスのフェルディナン・フォッシュ陸軍元帥は、「これは講和ではない。20年間の休戦にすぎない」と予言していた。イギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズは、「ドイツ人など貧困にあえいでいればよいなどという考え方では、いつの日か必ず復讐されることになる」と条約を批判。アメリカのある上院議員も「この条約は先の大戦より悲惨な戦争を呼ぶものであると確信した」と述べた。そして彼らの予言通り、条約調印のほぼ20年後の1939年に、再び全世界規模の戦争となる第二次世界大戦が勃発することとなる。

戦場跡に残る不発弾と遺骨

この戦争における砲撃の数量は凄まじく、西部戦線の主戦場となったフランスの内務省によれば、国内で約14億発の砲弾が使用され、そのうち約1割が不発弾となったという。内務省の爆発物処理隊隊員が加盟している研究会では、その全ての不発弾を処理するためにかかる時間を約700年と試算している[318]

西部戦線の戦跡では、不発弾のほか廃棄された毒ガスを含む砲弾による土壌汚染が深刻なために、立ち入りが禁止されている土地が残っており、無害化のための調査・処理が続いている[319]。また、戦地に放置・埋葬された戦死者の遺骨もいまだ多く残されており、その収集とDNA型鑑定などによる遺族捜し、納骨が21世紀以降も続けられている [320]

21世紀

従軍した軍人のうち、最後まで存命だった元イギリス海軍水兵クロード・チョールズが2011年5月5日、110歳で死去した[321]

現代にも大きな影響を与えており、2018年11月11日にパリで行われた終戦100年記念式典には、フランス、日本、イギリス、イタリア、アメリカなどの戦勝国や、ドイツなど敗戦国を含めて60カ国以上の首脳級要人[322]約70人が参加した[323]


注釈

  1. ^ イギリス帝国の合計
  2. ^ 植民地との合算
  3. ^ ただし日本語訳の通り、「第一次世界戦争」(First World War) ではなく「初の世界戦争」(first world war) という意味である。
  4. ^ Uボート (U-Boot) はドイツ語で「潜水艦」(Unterseeboot) の略語である。
  5. ^ 4月24日は後にアルメニア人虐殺記念日英語版として祝日となっている。
  6. ^ フランス軍参謀本部英語版は1914年10月以降、シャンティイを大本営としていた。
  7. ^ ドイツの安売り肉店。品質が下級であるが食用に適する肉を販売する。
  8. ^ 訳注:ドゥオモン要塞がヴェルダンの東北にあるため、要塞の東は既にドイツ軍に占領されている。ドゥオモン要塞の位置については画像:Fort Douaumont location map 300px.jpgの地図を参照。
  9. ^ 女性の農民がこのようなデモ行進に参加したのはロシアでは初めてのことで、この事件を記念して3月8日が国際女性デーになっている。

脚注

  1. ^ British Army statistics of the Great War”. 1914-1918.net. 2011年12月13日閲覧。
  2. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 273
  3. ^ Evans, David. Teach yourself, the First World War, Hodder Arnold, 2004, p.188.
  4. ^ Keegan 1998, p. 8.
  5. ^ Bade & Brown 2003, pp. 167–168.
  6. ^ Willmott 2003, p. 307.
  7. ^ Willmott 2003, pp. 10–11.
  8. ^ a b c Willmott 2003, p. 15
  9. ^ 大戦終結100年の2018年11月11日、ベルギーアールスコートに平和を祈るカリヨンが設けられた。これに組み込まれたは51個で、参戦国や戦争に巻き込まれた国・地域の数を表している。第1次大戦終結から100年/平和を願う ベルギー「平和の鐘」『東京新聞』夕刊2018年11月21日(7面)掲載の共同通信配信記事
  10. ^ もとより、第二次世界大戦が勃発する前も、当然ながら、「最初」の世界大戦 (First World War) という観念はあり(本文のエルンスト・ヘッケルの用例)、また、「次の世界大戦」の勃発することを想定し、「第一次世界大戦」という言い方をすることもあった(例:石丸藤太「共産ロシア抹殺論」、1938年、142頁、131頁)。
  11. ^ a b “The war to end all wars”. BBC News. (1998年11月10日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/special_report/1998/10/98/world_war_i/198172.stm 
  12. ^ 山室信一『複合戦争と総力戦の断層』―日本にとっての第一次世界大戦(レクチャー第一次世界大戦を考える)p.17、人文書院、2011年
  13. ^ Were they always called World War I and World War II?”. Ask History. 2013年10月24日閲覧。
  14. ^ Braybon 2004, p. 8.
  15. ^ a b c d e 木村靖二 2014, pp. 20–22.
  16. ^ Shapiro & Epstein 2006, p. 329.
  17. ^ Fee, Margery; McAlpine, Janice (1997). Guide to Canadian English Usage. オックスフォード大学 Press. p. 210 
  18. ^ Treble, Patricia (2014年8月2日). “Maclean’s named the Great War”. マクリーンズ英語版. 2018年1月22日閲覧。
  19. ^ Waterloo: The Great War”. The History Press. 2017年10月14日閲覧。
  20. ^ Taylor 1998, pp. 80–93
  21. ^ Djokić 2003, p. 24.
  22. ^ タックマン『八月の砲声』
  23. ^ a b Levy & Vasquez 2014, p. 250
  24. ^ Evans 2004, p. 12.
  25. ^ Martel 2003, p. xii ff.
  26. ^ What new countries were created after World War I? - Updated” (英語). www.quora.com. 2017年12月15日閲覧。
  27. ^ <第1次世界大戦終結100年>戦場の理屈 大量殺害東京新聞』朝刊2018年8月19日(2018年11月18日閲覧)。
  28. ^ Clark 2014, pp. 121–152.
  29. ^ Keegan 1998, p. 52.
  30. ^ a b Willmott 2003, p. 21
  31. ^ Prior 1999, p. 18.
  32. ^ Fromkin 2004, p. 94.
  33. ^ Keegan 1998, pp. 48–49.
  34. ^ Willmott 2003, pp. 2–23.
  35. ^ Finestone, Jeffrey; Massie, Robert K. (1981). The last courts of Europe. Dent. p. 247. https://books.google.com/books?id=-1cvAAAAMAAJ&pg=PA247 
  36. ^ Smith 2010, p. 210.
  37. ^ European powers maintain focus despite killings in Sarajevo — History.com This Day in History”. History.com (1914年6月30日). 2013年12月26日閲覧。
  38. ^ Willmott 2003, p. 26.
  39. ^ Clark, Christopher (25 June 2014). Month of Madness. BBC Radio 4.
  40. ^ Djordjević, Dimitrije; Spence, Richard B. (1992). Scholar, patriot, mentor: historical essays in honor of Dimitrije Djordjević. East European Monographs. p. 313. ISBN 978-0-88033-217-0. https://books.google.com/books?id=CDJpAAAAMAAJ&pg=PA313. "Following the assassination of Franz Ferdinand in June 1914, Croats and Muslims in Sarajevo joined forces in an anti-Serb pogrom." 
  41. ^ Reports Service: Southeast Europe series. American Universities Field Staff.. (1964). p. 44. https://books.google.com/books?id=QGtWAAAAMAAJ 2013年12月7日閲覧. "... the assassination was followed by officially encouraged anti-Serb riots in Sarajevo ..." 
  42. ^ Kröll, Herbert (2008-02-28). Austrian-Greek encounters over the centuries: history, diplomacy, politics, arts, economics. Studienverlag. p. 55. ISBN 978-3-7065-4526-6. https://books.google.com/books?id=uJRnAAAAMAAJ 2013年9月1日閲覧. "... arrested and interned some 5.500 prominent Serbs and sentenced to death some 460 persons, a new Schutzkorps, an auxiliary militia, widened the anti-Serb repression." 
  43. ^ Tomasevich 2001, p. 485.
  44. ^ Schindler, John R. (2007). Unholy Terror: Bosnia, Al-Qa'ida, and the Rise of Global Jihad. Zenith Imprint. p. 29. ISBN 978-1-61673-964-5. https://books.google.com/books?id=c8Xb6x2XYvIC&pg=PA29 
  45. ^ Velikonja 2003, p. 141.
  46. ^ Stevenson 1996, p. 12.
  47. ^ Willmott 2003, p. 27.
  48. ^ Fromkin, David; Europe's Last Summer: Why the World Went to War in 1914, Heinemann, 2004; pp.196-197.
  49. ^ Preston, Richard (2014年8月1日). “First World War centenary: how the events of August 1 1914 unfolded” (英語). The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/history/world-war-one/11002644/First-World-War-centenary-how-events-unfolded-on-August-1-1914.html 2018年1月28日閲覧。 
  50. ^ McMeekin, Sean (2014). July 1914: Countdown to War. Basic Books. pp. 342,349. ISBN 978-0465060740 
  51. ^ Crowe 2001, pp. 4–5.
  52. ^ Dell, Pamela (2013). A World War I Timeline (Smithsonian War Timelines Series). Capstone. pp. 10-12. ISBN 978-1-4765-4159-4 
  53. ^ Willmott 2003, p. 29.
  54. ^ Daily Mirror Headlines: The Declaration of War, Published 4 August 1914” (英語). BBC. 2010年2月9日閲覧。
  55. ^ Strachan 2003, pp. 292–296, 343–354.
  56. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 172.
  57. ^ Schindler, John R. (2002年4月1日). “Disaster on the Drina: The Austro-Hungarian Army in Serbia, 1914”. Wih.sagepub.com. 2013年3月13日閲覧。
  58. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.834 f.
  59. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.108 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.606; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.242 ff.
  60. ^ Wolfdieter Bihl: Der Erste Weltkrieg. 1914-1918. Böhlau, Wien 2010, ISBN 978-3-205-78379-4, p.90; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.45, p.686 f.
  61. ^ John Horne, Alan Kramer: Deutsche Kriegsgreuel 1914. Die umstrittene Wahrheit. Hamburger Edition, Hamburg 2004, ISBN 3-930908-94-8, p.24 f.
  62. ^ John Horne, Alan Kramer: Deutsche Kriegsgreuel 1914. Die umstrittene Wahrheit. Hamburger Edition, Hamburg 2004, ISBN 3-930908-94-8, p.25 ff., p.120 ff., p.137 ff. Ulrich Keller: Schuldfragen: Belgischer Untergrundkrieg und deutsche Vergeltung im August 1914. Mit einem Vorwort von Gerd Krumeich. Schöningh, Paderborn 2017, ISBN 978-3-506-78744-6, p.131 ff., 169 ff.
  63. ^ Spencer Tucker (Hrsg.): The Encyclopedia of World War I. A Political, Social and Military History. Verlag ABC-Clio, Santa Barbara 2005, ISBN 1-85109-420-2, p.192. Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.46 f.
  64. ^ John Horne, Alan Kramer: Deutsche Kriegsgreuel 1914. Die umstrittene Wahrheit. Hamburger Edition, Hamburg 2004, ISBN 3-930908-94-8, p.21 ff. Ulrich Keller: Schuldfragen: Belgischer Untergrundkrieg und deutsche Vergeltung im August 1914. Mit einem Vorwort von Gerd Krumeich. Schöningh, Paderborn 2017, ISBN 978-3-506-78744-6, p.43 ff.
  65. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.202 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.136 ff.
  66. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.202 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.138 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.533 f.
  67. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.144 ff.
  68. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.208 f.
  69. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.59 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.209.
  70. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.61 f.
  71. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.168 ff.; Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.286.
  72. ^ Reinhold Dahlmann, Alfred Stenger: Die Schlacht vor Paris. Das Marnedrama 1914. 4. Teil (= Schlachten des Weltkrieges. In Einzeldarstellungen bearbeitet und herausgegeben im Auftrage des Reichsarchivs. Band 26). Gerhard Stalling Verlag, Oldenburg i.O./Berlin 1928, p.324 ff.
  73. ^ Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.286.
  74. ^ Zit. nach Fritz Fischer: Krieg der Illusionen. Die Deutsche Politik von 1911-1914. 2. Auflage. デュッセルドルフ 1970, ISBN 3-7700-0913-4, p.776.
  75. ^ Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.286; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.697 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.185 ff.
  76. ^ Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.287; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.187 ff.
  77. ^ NYTimes Current History,p.83.
  78. ^ a b c NYTimes Current History, pp.185-189.
  79. ^ Bernd Hüppauf: Schlachtenmythen und die Konstruktion des „Neuen Menschen“. In: Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich, Irina Renz (Hrsg.): „Keiner fühlt sich hier mehr als Mensch...“ Erlebnis und Wirkung des Ersten Weltkrieges. Essen 1993, ISBN 3-596-13096-4, p.47, 56 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.189 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.216 f.
  80. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.249 ff.
  81. ^ Holger Afflerbach: Falkenhayn: Politisches Denken und Handeln im Kaiserreich. 2. Auflage. Oldenbourg Verlag, ミュンヘン、ISBN 3-486-56184-7, p.198 ff., 204 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.468.; Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.227.
  82. ^ Fritz Fischer: Krieg der Illusionen. Die Deutsche Politik von 1911-1914. 2. Auflage. Düsseldorf 1970, ISBN 3-7700-0913-4, p.779, 783; Holger Afflerbach: Die militärische Planung im Deutschen Reich. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.287 f.
  83. ^ Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Musterschmidt, Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.22 f.; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Aus dem Englischen von Harald Ehrhardt und Ursula Vones-Leibenstein. Patmos Verlag, Düsseldorf 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.298 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.1002 ff.
  84. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.93 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.762 ff., 919 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.203 ff.
  85. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.102 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.701 ff., 762 ff., 777, 783 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.219 ff.
  86. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.309 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.758; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.133 ff.
  87. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, S, 159 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.127 f., 136 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.309 f.
  88. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.309, 312; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.163 ff.
  89. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.316 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.608 f., 768 f.
  90. ^ Farwell 1989, p. 353.
  91. ^ 我部 1982, p. 75.
  92. ^ Keegan 1998, pp. 224–232.
  93. ^ Falls 1960, pp. 79–80.
  94. ^ DONKO, Wilhelm M.: "A Brief History of the Austrian Navy" epubli GmbH, ベルリン、2012, p.79.
  95. ^ 「どこにいようとそこがドイツだ」ドイツ館資料研究会編、鳴門市ドイツ館、2000年、P4.
  96. ^ 「どこにいようとそこがドイツだ」ドイツ館資料研究会編、鳴門市ドイツ館、2000年、P13.
  97. ^ 『北欧の外交』、pp.27-35。少数のスウェーデン士官のフィンランド白軍への参加を黙認している。
  98. ^ 『北欧史』、pp.310-313。大戦中、様々な妨害を受けつつも、中立は維持された。1917年にもクリスチャニアで再び中立の維持を確認した。
  99. ^ Michael Jürgs: Der kleine Frieden im Großen Krieg. Westfront 1914: Als Deutsche, Franzosen und Briten gemeinsam Weihnachten feierten. C. Bertelsmann Verlag, München 2003, ISBN 3-570-00745-6; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.957 ff.
  100. ^ Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Musterschmidt, Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.130 ff., 163; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.266; Werner Rahn: Strategische Probleme der deutschen Seekriegführung 1914-1918. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.354 f.
  101. ^ Der Große Ploetz. Freiburg i. B. 2008, p.774; Patrick O’Sullivan: Die Lusitania - Mythos und Wirklichkeit. Verlag E. S. Mittler & Sohn, Hamburg/ Berlin/ Bonn 1999, p.97 ff.
  102. ^ Patrick O’Sullivan: Die Lusitania. Mythos und Wirklichkeit. Verlag E. S. Mittler & Sohn, Hamburg/ Berlin/ Bonn 1999, p.85; Diana Preston: Wurden torpediert, schickt Hilfe - Der Untergang der Lusitania 1915. DVA, ミュンヘン 2004, ISBN 3-421-05408-8, p.318.
  103. ^ Justus D. Doenecke: Nothing Less Than War: A New History of America's Entry into World War I. University Press of Kentucky, 2011, ISBN 978-0-8131-4027-8, p.116 ff.
  104. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.689 f., 931; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.273 ff.; Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.276 ff.; Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.277 ff.
  105. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.246 f.
  106. ^ Münkler: Der Große Krieg. 2013, pp.292-295, 302-306.
  107. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.247, 324 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.531 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.221 ff.
  108. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.398 f., 531 f., 730, 753 f., 783 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.329 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.225 ff.
  109. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.409 f., 964; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.272 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.188 f.
  110. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.519.
  111. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.288.
  112. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.489 ff., 519 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.280 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.94 f.; Werner Bernhard Sendker: Auf Flanderns Feldern gefallen: Deutsche und ihr Verhältnis zum Ersten Weltkrieg. 2. Auflage. Der Andere Verlag, Tönningen 2005, ISBN 3-89959-366-9, p.79 ff.; Dieter Martinetz: Der Gaskrieg 1914/18. Entwicklung, Herstellung und Einsatz chemischer Kampfstoffe. Das Zusammenwirken von militärischer Führung, Wissenschaft und Industrie. Bernard & Graefe Verlag, Bonn 1996, ISBN 3-7637-5952-2, p.23 ff.
  113. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.223; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.283 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.195 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.349, 964.
  114. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.223.
  115. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.349 f., 410 f., 589; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.285 ff., 323 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.221 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.203 ff., 258 f.; Ian Westwell: Der 1. Weltkrieg. Eine Chronik. Aus dem Englischen von Heiko Nonnenmann. Gondrom Verlag, Bindlach 2000, ISBN 3-8112-1748-8, p.76 ff.
  116. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.146 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.331 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.317 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.424 f., 517 f.
  117. ^ Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.239 f., 241, 256 f., 261 f., 272 ff.
  118. ^ Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.273.
  119. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.97 ff., 424, 515, 728, 810, 855 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.318 ff.
  120. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.100, 331 ff., 442 ff., 589 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.322 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.249 ff.
  121. ^ Wolfgang Gust (Hrsg.): Der Völkermord an den Armeniern 1915/16. Dokumente aus dem Politischen Archiv des deutschen Auswärtigen Amtes. Zu Klampen Verlag, Springe, 2005, ISBN 3-934920-59-4, p.170 f. (online: Bericht von Botschafter Wangenheim an Reichskanzler Bethmann Hollweg vom 17. Juni 1915).
  122. ^ Wolfgang Gust (Hrsg.): Der Völkermord an den Armeniern 1915/16. Dokumente aus dem Politischen Archiv des deutschen Auswärtigen Amtes. Zu Klampen Verlag, Springe, 2005, ISBN 3-934920-59-4, p.219; (online: Bericht von Vizekonsul Scheubner-Richter an Botschafter Wangenheim vom 28. Juli 1915).
  123. ^ Wolfgang Gust (Hrsg.): Der Völkermord an den Armeniern 1915/16. Dokumente aus dem Politischen Archiv des deutschen Auswärtigen Amtes. Zu Klampen Verlag, Springe, 2005, ISBN 3-934920-59-4, p.395 (online: Bericht von Botschafter Metternich an Reichskanzler Bethmann Hollweg).
  124. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.342 f.; Gunnar Heinsohn: Lexikon der Völkermorde. Rowohlt Taschenbuch Verlag, Reinbek bei Hamburg 1998, ISBN 3-499-22338-4, p.77 ff., 174; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.142 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.316 f.; Ernesti: Benedikt XV. 2016, p.260 f.
  125. ^ Richard C. Hall: The Balkan Wars, 1912-1913: Prelude to the First World War. Routledge, New York 2000, ISBN 0-415-22946-4, p.100.
  126. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.399 f., 535 f., 834 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.351 ff.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.193 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.236 ff.
  127. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.316.
  128. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.768 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.312 f.
  129. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.709; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.418 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.158 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.324 f.
  130. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.624 f.; François Cochet: 6-8 décembre 1915, Chantilly : la Grande Guerre change de rythme. In: Revue historique des armées. Nr. 242, 2006 (online)
  131. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.315.
  132. ^ Alexander Mayer: Fürth 1911-1914. Krieg der Illusionen - die lokale Sicht. Fürth 2000, ISBN 3-927347-44-2, p.94 f., 99.
  133. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.299, 315.
  134. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.117 ff. (Zitat: p.121.); Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.267 ff.
  135. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Zwei Teile. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.314 f., 318 f., 323; Susanne Miller, Heinrich Potthoff: Kleine Geschichte der SPD. Darstellung und Dokumentation 1848-1990. Verlag J.H.W. Dietz Nachfolger, Bonn 1991, ISBN 3-87831-350-0, p.76; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.856.
  136. ^ The Asinara Island” (英語). Stintino.net. 2012年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月19日閲覧。
  137. ^ a b Duthel, Heinz (2015) (ドイツ語). Weltwirtschafts & Finanzcrash 2015 - I. p. 347. https://books.google.com/books?id=qdGLBgAAQBAJ&pg=PA347 
  138. ^ Rauchensteiner, Manfried (2014) (英語). The First World War and the End of the Habsburg Monarchy, 1914-1918. p. 737. https://books.google.com.hk/books?id=ZEpLBAAAQBAJ&pg=PA737 
  139. ^ Erich von Falkenhayn: Die Oberste Heeresleitung 1914-1916 in ihren wichtigsten Entscheidungen. Berlin 1920, pp.176-184 (Reprint z. B. von Kessinger Publishing, Whitefish 2010, ISBN 978-1-160-86957-7).
  140. ^ a b c d Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.225 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.445 f., 942 ff., 959; Kurt Fischer, Stephan Klink: Spurensuche bei Verdun. Ein Führer über die Schlachtfelder. Bernard & Graefe Verlag, ISBN 3-7637-6203-5, p.20 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.390 ff.; Holger Afflerbach: Falkenhayn. Politisches Denken und Handeln im Kaiserreich. Oldenbourg, München 1996, ISBN 3-486-56184-7, p.360 ff., 543 ff.
  141. ^ Holger Afflerbach: Falkenhayn. Politisches Denken und Handeln im Kaiserreich. Oldenbourg, München 1996, ISBN 3-486-56184-7, p.363.
  142. ^ Vgl. Bernd Stegemann: Die Deutsche Marinepolitik, 1916-1918 (= Historische Forschungen. Band 4). Duncker & Humblot, Berlin 1970, p.32 ff. sowie M. Raffael Scheck: Alfred von Tirpitz and German Right-Wing Politics, 1914-1930 (= Studies in Central European Histories; 11). Humanities Press, Boston 1998, ISBN 0-391-04043-X, p.29 ff.
  143. ^ Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.342, p.338 f. Fn. 11.
  144. ^ Michael Epkenhans, Jörg Hillmann, Frank Nägler (Hrsg.): Skagerrakschlacht - Vorgeschichte - Ereignis - Verarbeitung. Oldenbourg, München 2011, ISBN 978-3-486-70270-5, p.139 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.50, 839 ff.; Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.82 ff.; Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.341 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.379 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.403 ff.
  145. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.276, 624 f.
  146. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.400 ff. (Zitat: p.425); Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.393 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.378 ff.
  147. ^ Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich, Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.87; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.240 f.
  148. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.400 ff. (Zitat: p.417); Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich und Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.79 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.851 ff.
  149. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.332, 442 ff., 589 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.419 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.391 ff.
  150. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.425 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.260, 399, 669 f., 804 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.387 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.247.
  151. ^ John C. G. Röhl: Wilhelm II. - Der Weg in den Abgrund, 1900-1941. 2. Auflage. C.H. Beck, München 2009, ISBN 978-3-406-57779-6, p.1187 ff. (Zitat: p.1190); Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.468, 556 ff., 685, 755.
  152. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.369 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.400; Kurt Fischer, Stephan Klink; Spurensuche bei Verdun. Ein Führer über die Schlachtfelder. Bernard & Graefe Verlag, ISBN 3-7637-6203-5, p.38 ff.
  153. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.232; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.371.
  154. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.597 f., 743 f., 771 f.
  155. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.778.
  156. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.510; Sönke Neitzel: Weltkrieg und Revolution. 1914-1918/19. Be.bra verlag, Berlin 2008, ISBN 978-3-89809-403-0, p.98 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.258 f.
  157. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.258 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.444 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.510, 933.; Karl Dietrich Erdmann (Hrsg.): Kurt Riezler. Tagebücher-Aufsätze-Dokumente. Eingeleitet und herausgegeben von Karl Dietrich Erdmann. Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1972, ISBN 3-525-35817-2, p.324 ff., 387 ff.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.276 f.; Jürgen Mirow: Der Seekrieg 1914-1918 in Umrissen. Göttingen 1976, ISBN 3-7881-1682-X, p.131 f.
  158. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.471 f.
  159. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.933.
  160. ^ Woodrow Wilson: War Messages, 65th Cong., 1st Sess. Senate Doc. No. 5, Serial No. 7264. Washington, D.C. 1917, pp.3-8, passim.
  161. ^ Ragnhild Fiebig-von Hase: Der Anfang vom Ende des Krieges: Deutschland, die USA und die Hintergründe des amerikanischen Kriegseintritts am 6. April. In: Michalka: Der Erste Weltkrieg. Wirkung - Wahrnehmung - Analyse. 1997, p.125 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.105 ff., 972; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.277 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.276 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.487 ff.
  162. ^ a b 内藤泰朗 (2014年8月3日). “「地中海で戦ったこと忘れないで」甦る日本艦隊への評価 地中海の小国マルタ 第一次大戦開戦100年”. 産経新聞. オリジナルの2016年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160820235040/http://www.sankei.com/world/news/140803/wor1408030035-n1.html 2014年8月4日閲覧。 
  163. ^ Hew Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.266 ff.; Gerhard Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.461 ff., 565 f., 616, 787 ff.; Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.483 f.
  164. ^ Ein verhängnisvolles Jahr. In: Basler Zeitung. 2016年8月17日。
  165. ^ Heinrich August Winkler: Geschichte des Westens: Von den Anfängen in der Antike bis zum 20. Jahrhundert. C.H. Beck, 2011, p.1180.
  166. ^ Dimitri Wolkogonow: Lenin. Utopie und Terror. Econ, Düsseldorf 1994, ISBN 3-430-19828-3, p.110 ff.; Robert Service: Lenin. Eine Biographie. Beck, München 2000, ISBN 3-406-46641-9, p.387 f.
  167. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.807 ff.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.289 ff.; Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.265 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.462 ff.; Manfred Hildermeier: Russische Revolution. S. Fischer Verlag, Frankfurt am Main 2004, ISBN 3-596-15352-2, p.17 ff., 28 f.
  168. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.612 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.470; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.483 ff.
  169. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.808; Dimitri Wolkogonow: Lenin. Utopie und Terror. Econ, Düsseldorf 1994, ISBN 3-430-19828-3, p.142 ff.
  170. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.472 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.487 ff.
  171. ^ Robert Service: Lenin. Eine Biographie. Beck, München 2000, ISBN 3-406-46641-9, p.405 ff.; Manfred Hildermeier: Russische Revolution. S. Fischer Verlag, Frankfurt am Main 2004, ISBN 3-596-15352-2, p.31 ff.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.474 f.
  172. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.506 ff.
  173. ^ Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich, Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.163 ff. (Zitat: p.178); Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.326 ff., 838 f., 1007 f.
  174. ^ Ville d´Arras (Hrsg.): La carrière Wellington. Mémorial de la Bataille d´Arras. 9 Avril 1917. Arras 2008, ISBN 978-2-9520615-1-3, p.12 ff.
  175. ^ Angelika Franz: Tunnelstadt unter der Hölle. In: Der Spiegel vom 16. 2008年4月 。
  176. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.448 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.411 f., 744 f.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.464 ff.
  177. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.242.
  178. ^ Becker, Krumeich: Der große Krieg. Deutschland und Frankreich 1914-1918. 2010, p.242 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.458 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.710 f.; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.300 ff.
  179. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.495 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.492 ff., 721; Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.308 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.468 ff.
  180. ^ Viscount Montgomery of Alamein: Kriegsgeschichte: Weltgeschichte der Schlachten und Kriegszüge. Aus dem Englischen von Hans Jürgen Baron von Koskull. Komet, Frechen 1999, ISBN 3-933366-16-X, p.479.
  181. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.512 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.403 f.
  182. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.341 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.709, 760; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.527 ff.
  183. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.534 ff.
  184. ^ Strachan: Der Erste Weltkrieg. Eine neue illustrierte Geschichte. 2006, p.315.
  185. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.405 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.481 ff.
  186. ^ Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.578 f.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.523, 768 f.; Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.575 f.; Stephan Bergdorff: Bratpfanne des Teufels. Wie ein preußischer General für die Türken Bagdad zurückerobern sollte und dabei Jerusalem verlor. In: Annette Großbongardt, Dietmar Pieper (Hrsg.): Jerusalem. Die Geschichte einer heiligen Stadt. Goldmann Verlag, München 2011, ISBN 978-3-442-10230-3, p.125 ff.
  187. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.514 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.400 ff., 667 f., 856 f.
  188. ^ 木村靖二 2014, p. 147-148.
  189. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.511.
  190. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.509.
  191. ^ Theodor Wolff: Tagebücher 1914-1919. Der Erste Weltkrieg und die Entstehung der Weimarer Republik in Tagebüchern, Leitartikeln und Briefen des Chefredakteurs am „Berliner Tageblatt“ und Mitbegründer der „Deutschen Demokratischen Partei“. Erster Teil, hrsg. von Bernd Sösemann. Boppard am Rhein 1984, ISBN 3-7646-1835-3, p.511.
  192. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.522 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.385, 465, 581 f., 711 f., 770 f.
  193. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.528; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.376, 437, 511.
  194. ^ Ernesti: Benedikt XV. - Papst zwischen den Fronten. 2016, pp.114-149.
  195. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.529; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.552 f.
  196. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.486, 506.
  197. ^ Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.949 f.
  198. ^ Hans-Peter Ullman Politik im deutschen Kaiserreich 1871-1918. R. Oldenbourg Verlag, München 2005, ISBN 3-486-57707-7, p.49.
  199. ^ Ullrich: Die nervöse Großmacht 1871-1918. Aufstieg und Untergang des deutschen Kaiserreichs. 2010, p.530 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.591 f.
  200. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.526 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.94 f., 368 ff., 506 ff., 762 ff.; Piekałkiewicz: Der Erste Weltkrieg. 1988, p.549 ff.
  201. ^ 瀬戸利春『歴史群像』No.77「カイザーシュラハト」pp.66-68。ドイツがロシアとの早期講和をしなかったため訓練中だったアメリカ軍の実戦投入を許し、また広大な占領地に28個師団(約100万人)を駐屯させる羽目になったために西部戦線への転出兵力が少なくなったと述べている。
  202. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.547 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.712 ff.; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Patmos Verlag, Mannheim 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.472 ff.
  203. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.561.
  204. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.549 ff; Gerhard Hirschfeld, Gerd Krumeich und Irina Renz (Hrsg.): Die Deutschen an der Somme 1914-1918. Krieg, Besatzung, Verbrannte Erde. Klartext Verlag, Essen 2006, ISBN 3-89861-567-7, p.203 ff.; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Aus dem Englischen von Harald Ehrhardt und Ursula Vones-Leibenstein. Patmos Verlag, Düsseldorf 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.484 ff.; Hirschfeld u. a. (Hrsg.): Enzyklopädie Erster Weltkrieg. 2014, p.712 ff.
  205. ^ Ayers 1919, p. 104.
  206. ^ Keegan: Der Erste Weltkrieg. Eine europäische Tragödie. 2001, p.562 ff; David Stevenson: 1914-1918. Der Erste Weltkrieg. Aus dem Englischen von Harald Ehrhardt und Ursula Vones-Leibenstein. Patmos Verlag, Düsseldorf 2010, ISBN 978-3-491-96274-3, p.489 ff.; Manfred Vasold: Die Spanische Grippe. Die Seuche und der Erste Weltkrieg. Primus Verlag, Darmstadt 2009, ISBN 978-3-89678-394-3, p.46, 58 f.; Manfried Rauchensteiner: Der Erste Weltkrieg und das Ende der Habsburgermonarchie 1914-1918. Böhlau Verlag, Wien 2013, ISBN 978-3-205-78283-4, p.956 ff.; Alfred Stenger: Schicksalswende. Von Marne bis zur Vesle 1918. (Schlachten des Weltkrieges. In Einzeldarstellungen bearbeitet und herausgegeben im Auftrage des Reichsarchivs. Volume 35), Gerhard Stalling Verlag, Oldenburg i.O./Berlin 1930, p.220 ff., (Zitate, p.226).
  207. ^ Schreiber, Shane B (2004) [1977]. Shock Army of the British Empire: The Canadian Corps in the Last 100 Days of the Great War. St. Catharines, ON: Vanwell. ISBN 1-55125-096-9. OCLC 57063659 
  208. ^ Rickard 2001.
  209. ^ Brown, Malcolm (1999) [1998]. 1918: Year of Victory. London: Pan. p. 190. ISBN 0-330-37672-1 
  210. ^ Pitt 2014, p. 198.
  211. ^ Terraine 1963, p. 461.
  212. ^ Pitt 2014, p. 203.
  213. ^ Nicholson 1962, p. 413.
  214. ^ Ludendorff 1919, p. 696.
  215. ^ a b Gray & Argyle 1990
  216. ^ McLellan, p. 49.
  217. ^ Christie, Norm M (1997). The Canadians at Cambrai and the Canal du Nord, August-September 1918. For King and Empire: A Social History and Battlefield Tour. CEF Books. ISBN 1-896979-18-1. OCLC 166099767 
  218. ^ Stevenson 2004, p. 380.
  219. ^ Hull 2006, pp. 307–10.
  220. ^ Stevenson 2004, p. 383.
  221. ^ Painter 2012, p. 25. Quote: Over the course of the war the United States supplied more than 80 percent of Allied oil requirements, and after US entry into the war, the United States helped provide and protect tankers transporting oil to Europe. US oil resources meant that insufficient energy supplies did not hamper the Allies, as they did the Central Powers.
  222. ^ 牧野雅彦 2009, pp. 43.
  223. ^ Stevenson 2004, p. 385.
  224. ^ Stevenson 2004, Chapter 17.
  225. ^ Clairière de l'Armistice” (フランス語). Ville de Compiègne. 2007年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月20日閲覧。
  226. ^ a b 1918 Timeline”. League of Nations Photo Archive. 2009年11月20日閲覧。
  227. ^ Andrea Di Michele (2014). “Trento, Bolzano E Innsbruck: L'occupazione Militare Italiana Del Tirolo (1918-1920)” (イタリア語). Trento e Trieste. Percorsi degli italiani d'Austria dal '48 all'annessione (Accademia Roveretana degli Agiati): 436-437. http://www.agiati.it/UploadDocs/12255_Art_20_di_michele.pdf. "La forza numerica del contingente italiano variò con il passare dei mesi e al suo culmine raggiunse i 20-22.000 uomini. [The numerical strength of the Italian contingent varied with the passing of months and at its peak reached 20-22,000 men.]" 
  228. ^ Baker 2006.
  229. ^ Chickering 2004, pp. 185–188.
  230. ^ Gerd Hardach, The First World War, 1914-1918 (1977), p.153, using estimated made by H. Menderhausen, The Economics of War (1941), p.305.
  231. ^ "France's oldest WWI veteran dies" Archived 2016-10-28 at the Wayback Machine., BBC News, 2008年1月20日。
  232. ^ Tucker, Spencer (2005). Encyclopedia of World War I. ABC-CLIO. ISBN 1-85109-420-2. https://books.google.com/books?id=2YqjfHLyyj8C&pg=PA273 
  233. ^ Hastedt, Glenn P. (2009). Encyclopedia of American Foreign Policy. Infobase Publishing. p. 483. ISBN 1-4381-0989-X 
  234. ^ Murrin, John; Johnson, Paul; McPherson, James; Gerstle, Gary; Fahs, Alice (2010). Liberty, Equality, Power: A History of the American People. II. Cengage Learning. p. 622. ISBN 0-495-90383-3 
  235. ^ Staff (1921年7月3日). “Harding Ends War; Signs Peace Decree at Senator's Home. Thirty Persons Witness Momentous Act in Frelinghuysen Living Room at Raritan.”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10B13F63C5D14738DDDAA0894DF405B818EF1D3 
  236. ^ "No. 31773". The London Gazette (英語). 10 February 1920. p. 1671.
  237. ^ "No. 31991". The London Gazette (英語). 23 July 1920. pp. 7765–7766.
  238. ^ "No. 13627". The Edinburgh Gazette (英語). 27 August 1920. p. 1924.
  239. ^ "No. 32421". The London Gazette (英語). 12 August 1921. pp. 6371–6372.
  240. ^ "No. 32964". The London Gazette (英語). 12 August 1924. pp. 6030–6031.
  241. ^ Magliveras 1999, pp. 8–12.
  242. ^ Northedge 1986, pp. 35–36.
  243. ^ Morrow, John H. (2005). The Great War: An Imperial History. London: Routledge. p. 290. ISBN 978-0-415-20440-8
  244. ^ Schulze, Hagen (1998). Germany: A New History. Harvard U.P.. p. 204. https://books.google.com/books?id=B84ZaAdGbS4C&pg=PA204 
  245. ^ Ypersele, Laurence Van (2012). Horne, John. ed. Mourning and Memory, 1919 - 45. Wiley. p. 584. https://books.google.com/books?id=EjZHLXRKjtEC&pg=PA584 
  246. ^ The Surrogate Hegemon in Polish Postcolonial Discourse Ewa Thompson, Rice University”. 2018年1月21日閲覧。
  247. ^ Kocsis, Károly; Hodosi, Eszter Kocsisné (1998). Ethnic Geography of the Hungarian Minorities in the Carpathian Basin. p. 19. ISBN 978-963-7395-84-0 
  248. ^ Clark 1927, Chapter 17.
  249. ^ “Appeals to Americans to Pray for Serbians”. The New York Times. (1918年7月27日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=9406E4D8143EE433A25754C2A9619C946996D6CF 
  250. ^ “Serbia Restored”. The New York Times. (1918年11月5日). https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=1&res=990CEFDC113BEE3ABC4D53DFB7678383609EDE 
  251. ^ Simpson, Matt (2009年8月22日). “The Minor Powers During World War One - Serbia”. firstworldwar.com. 2018年1月21日閲覧。
  252. ^ “'ANZAC Day' in London; King, Queen, and General Birdwood at Services in Abbey”. The New York Times. (1916年4月26日). https://query.nytimes.com/gst/abstract.html?res=9400E1DD113FE233A25755C2A9629C946796D6CF&scp=12&sq=New+Zealand+anzac&st=p 
  253. ^ Australian War Memorial. “The ANZAC Day tradition”. Australian War Memorial. 2008年5月2日閲覧。
  254. ^ Canadian War Museum. “Vimy Ridge”. Canadian War Museum. 2008年10月22日閲覧。
  255. ^ The War's Impact on Canada”. Canadian War Museum. 2008年10月22日閲覧。
  256. ^ “Canada's last WW1 vet gets his citizenship back”. CBC News. (2008年5月9日). オリジナルの2008年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080511014947/http://www.cbc.ca/canada/ottawa/story/2008/05/09/babcock-citizen.html 
  257. ^ Documenting Democracy Archived 2016-05-20 at the Wayback Machine.. Retrieved 31 March 2012
  258. ^ Shariatmadari, David (2013年10月6日). “Middle East turmoil is fuelling Ottoman nostalgia. But it's a dead end” (英語). The Guardian. https://www.theguardian.com/commentisfree/2013/oct/06/middle-east-turmoil-nostalgia-ottomans 2018年2月10日閲覧。 
  259. ^ Muller 2008.
  260. ^ Kaplan 1993.
  261. ^ Salibi 1993.
  262. ^ Evans 2005.
  263. ^ Israeli Foreign Ministry.
  264. ^ Gelvin 2005, pp. 77–79.
  265. ^ Isaac & Hosh 1992.
  266. ^ Pogroms”. Encyclopaedia Judaica. American-Israeli Cooperative Enterprise. 2009年11月17日閲覧。
  267. ^ Jewish Modern and Contemporary Periods (ca. 1700-1917)”. Jewish Virtual Library. American-Israeli Cooperative Enterprise. 2009年11月17日閲覧。
  268. ^ "The Diaspora Welcomes the Pope" Archived 2012-06-04 at the Wayback Machine., Der Spiegel Online. 2006年11月28日。
  269. ^ R. J. Rummel, "The Holocaust in Comparative and Historical Perspective", 1998, Idea Journal of Social Issues, Vol. 3 no. 2.
  270. ^ Hedges, Chris (2000年9月17日). “A Few Words in Greek Tell of a Homeland Lost”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2000/09/17/nyregion/a-few-words-in-greek-tell-of-a-homeland-lost.html 
  271. ^ Kitchen 2000, p. 22.
  272. ^ Howard, N.P. (1993). The Social and Political Consequences of the Allied Food Blockade of Germany, 1918-19. 11. pp. 161-88. http://libcom.org/files/blockade%20Germany_0.pdf  table p 166, with 271,000 excess deaths in 1918 and 71,000 in the first half of 1919 while the blockade was still in effect.
  273. ^ Saadi 2009.
  274. ^ Patenaude, Bertrand M. (2007年1月30日). “Food as a Weapon”. Hoover Digest. Hoover Institution. 2008年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月14日閲覧。
  275. ^ Ball 1996, pp. 16, 211.
  276. ^ “The Russians are coming (Russian influence in Harbin, Manchuria, China; economic relations)”. The Economist (US). (1995年1月14日). http://www.highbeam.com/doc/1G1-16051029.html  (via Highbeam.com)
  277. ^ Tschanz.
  278. ^ Conlon, p. 15.
  279. ^ Taliaferro, William Hay (1972). Medicine and the War. pp. 65. ISBN 0-8369-2629-3. https://books.google.com/books?id=HcOAnAINJZAC&pg=PA65 
  280. ^ Knobler 2005, p. 256.
  281. ^ Kamps, Bernd Sebastian; Reyes-Terán, Gustavo. Influenza. Influenza Report. Flying Publisher. ISBN 3-924774-51-X. http://www.influenzareport.com/ir/overview.htm 2009年11月17日閲覧。 
  282. ^ 1918-19スペイン風邪の流行状況(労研図書館資料から)”. 財団法人 労働科学研究所. 2009年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月9日閲覧。
  283. ^ 20世紀のパンデミック(スペインかぜ) 中外製薬
  284. ^ "Balfour Declaration (United Kingdom 1917)". Encyclopædia Britannica.
  285. ^ Timeline of The Jewish Agency for Israel:1917-1919”. The Jewish Agency for Israel. 2013年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月29日閲覧。
  286. ^ a b Todman 2005, p. xi-xv.
  287. ^ Roden.
  288. ^ Tucker & Roberts 2005, pp. 1080–1086.
  289. ^ Kitchen, Martin. “The Ending of World War One, and the Legacy of Peace”. BBC. 2018年1月23日閲覧。
  290. ^ "World War II". Britannica Online Encyclopedia. Encyclopædia Britannica, Inc. 2008年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月12日閲覧 不明な引数|deadurl=は無視されます。(もしかして:|url-status=) (説明)
  291. ^ Baker, Kevin (2006-06). “Stabbed in the Back! The past and future of a right-wing myth”. Harper's Magazine. オリジナルの2006-07-15時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060715174503/http://www.harpers.org/StabbedInTheBack.html. 
  292. ^ Rubinstein, W. D. (2004). Genocide: a history. Pearson Education. p. 7. ISBN 0-582-50601-8. https://books.google.com/books?id=nMMAk4VwLLwC 
  293. ^ Henn, Peter (2015年3月9日). “Britain FINALLY pays off last of First World War debt as George Osborne redeems £1.9bn” (英語). Express. https://www.express.co.uk/news/uk/562830/First-World-War-debt-paid-off 2018年1月23日閲覧。 
  294. ^ Noakes, Lucy (2006). Women in the British Army: War and the Gentle Sex, 1907-1948. Abingdon, England: Routledge. p. 48. ISBN 0-415-39056-7 
  295. ^ Souter 2000, p. 354.
  296. ^ Tucker, Spencer (2005). Encyclopedia of World War I. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 273. ISBN 1-85109-420-2. https://books.google.com/books?id=2YqjfHLyyj8C&pg=PA273 2010年5月7日閲覧。 
  297. ^ Green 1938, pp. CXXVI.
  298. ^ Anton Kaes et al., eds. (1994). The Weimar Republic Sourcebook. カリフォルニア大学 Press. p. 8. https://books.google.com/books?id=J4A1gt4-VCsC&pg=PA8 
  299. ^ Marks 1978, pp. 231–232.
  300. ^ a b Marks 1978, p. 237.
  301. ^ Marks 1978, pp. 223–234.
  302. ^ Stone, Norman (2008) (英語). World War One: A Short History. Penguin Adult. ISBN 9780141031569 
  303. ^ Marks 1978, p. 233.
  304. ^ Hall, Allan (2010年9月28日). “First World War officially ends”. The Telegraph. 2017年3月15日閲覧。 “The final payment of £59.5 million, writes off the crippling debt that was the price for one world war and laid the foundations for another.”
  305. ^ Suddath, Claire (2010年10月4日). “Why Did World War I Just End?”. Time. http://www.time.com/time/world/article/0,8599,2023140,00.html 2013年7月1日閲覧. "World War I ended over the weekend. Germany made its final reparations-related payment for the Great War on Oct. 3, nearly 92 years after the country's defeat by the Allies." 
  306. ^ “World War I to finally end for Germany this weekend”. CNN. (2010年9月30日). http://news.blogs.cnn.com/2010/09/30/world-war-i-to-finally-end-this-weekend/ 2017年3月15日閲覧. "Germany and the Allies can call it even on World War I this weekend." 
  307. ^ MacMillan, Margaret (2010年10月25日). “Ending the War to End All Wars”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2010/12/26/opinion/26macmillan.html 2017年3月15日閲覧. "NOT many people noticed at the time, but World War I ended this year." 
  308. ^ a b From Wristwatches To Radio, How World War I Ushered In The Modern World”. NPR. 2018年1月23日閲覧。
  309. ^ a b c 久保昭博 2011, pp. 56–59.
  310. ^ 久保昭博 2011, pp. 62–78.
  311. ^ a b c 古賀保夫 1974, pp. 112–113.
  312. ^ a b 林文代 1993, pp. 57–59.
  313. ^ a b c 河本真理 2011, pp. 9–12.
  314. ^ 河本真理 2011, pp. 102–104.
  315. ^ 河本真理 2011, pp. 106–115.
  316. ^ 河本真理 2011, pp. 115–117.
  317. ^ a b c 河本真理 2011, pp. 28–38.
  318. ^ 第一次世界大戦:不発弾1億発、処理に700年…フランス”. 『毎日新聞』 (2014年8月1日). 2014年9月7日閲覧。
  319. ^ <第一次世界大戦終結100年>毒ガス弾 世紀超え汚染東京新聞』朝刊2018年11月26日(2018年12月7日閲覧)
  320. ^ 「第一次大戦から1世紀 激戦地・仏ベルダン/祖父の遺骨と対面 戦争は終わらない」産経新聞』朝刊2018年11月3日(国際面)2019年1月11日閲覧。
  321. ^ 「クロード・チョールズ氏死去、第1次世界大戦で戦闘に参加した最後の生存者 110歳」フランス通信社(2011年5月6日)2018年11月18日閲覧。
  322. ^ 「第1次大戦100年式典/仏大統領演説 排他主義に警鐘」『読売新聞』夕刊2018年11月12日(3面)。日本政府は麻生太郎副総理を派遣した。
  323. ^ 第1次大戦終結から100年 マクロン氏「悪魔再び」『日本経済新聞』ニュースサイト(2018年11月11日)2018年11月18日閲覧。
  324. ^ Hartcup 1988, p. 154.
  325. ^ Hartcup 1988, pp. 82–86.
  326. ^ Sterling, Christopher H.; Military Communications: From Ancient Times to the 21st Century (2008). Santa Barbara: ABC-CLIO. ISBN 978-1-85109-732-6. p.444.
  327. ^ Mosier 2001, pp. 42–48.
  328. ^ Jager, Herbert (2001). German Artillery of World War One. Crowood Press. p. 224. ISBN 978-1861264039 
  329. ^ Hartcup 1988, p. 105.
  330. ^ Raudzens 1990, p. 421.
  331. ^ Edmonds & Wynne 1927, p. 217.
  332. ^ Heller 1984, Chapter 1.
  333. ^ 戦間期には未来の「ガス戦争」に対する想像としてReginald Glossopが1932年に出版したGhastly DewとNeil Bellが1931年に出版したThe Gas War of 1940といった小説がある。
  334. ^ "Heavy Railroad Artillery" - YouTube
  335. ^ Cornish, Paul (2016). Flamethrower (英語).
  336. ^ Saunders 1999, p. 145.
  337. ^ Lepage 2017, pp. 66–67.
  338. ^ International Railway Fuel Association (1919) (英語). Proceedings of the Annual Convention of the International Railway Fuel Association. p. 383. https://books.google.com/books?id=LMsYAQAAIAAJ 
  339. ^ Henry, Chris (2005) (英語). Depth Charge!: Mines, Depth Charges and Underwater Weapons, 1914-1945. p. 26. ISBN 9781844151745 
  340. ^ Marder, Arthur J (2014) (英語). From the Dreadnought to Scapa Flow: Volume IV 1917, Year of Crisis. Seaforth. p. 76. ISBN 9781848322011 
  341. ^ Akermann, Paul (2002) (英語). Encyclopedia of British Submarines 1901-1955. Periscope. p. 66. ISBN 9781904381051 
  342. ^ Lawson, Eric; Lawson, Jane (2002). The First Air Campaign: August 1914- November 1918. Da Capo Press. ISBN 0-306-81213-4. https://books.google.com/books?id=9PGHckhHiX0Cpg=PT123 
  343. ^ White, Jerry (2014) (英語). Zeppelin Nights: London in the First World War. Random House. p. 127. ISBN 9781448191932 
  344. ^ Cross 1991, pp. 56–57.
  345. ^ Winter 1983.
  346. ^ Johnson 2001
  347. ^ Simpson 2015, Chapter 9.
  348. ^ a b 暗号の歴史 STAGE3 第一次世界大戦”. 三菱電機. 2018年2月12日閲覧。
  349. ^ a b c Czak 2016.
  350. ^ Phillimore & Bellot 1919, pp. 4–64.
  351. ^ Cook 2006, pp. 637–665.
  352. ^ Ferguson 1999, pp. 368–9.
  353. ^ Ferguson 1999, Chapter 13.
  354. ^ Максим Оськин - Неизвестные трагедии Первой мировой Пленные Дезертиры Беженцы - стр 24 - Читаем онлайн”. Profismart.ru. 2013年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月13日閲覧。
  355. ^ Bass 2002, p. 107.
  356. ^ The Mesopotamia campaign”. British National Archives. 2007年3月10日閲覧。
  357. ^ Prisoners of Turkey: Men of Kut Driven along like beasts”. Stolen Years: Australian Prisoners of War. Australian War Memorial. 2009年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月10日閲覧。
  358. ^ ICRC in WWI: overview of activities”. Icrc.org. 2010年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月15日閲覧。
  359. ^ “GERMANY: Notes, Sep. 1, 1924”. Time. (1924年9月1日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,768983,00.html 2010年6月15日閲覧。 
  360. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 1189.
  361. ^ a b Tucker & Roberts 2005, p. 1001
  362. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 117.
  363. ^ Mukhtar, Mohammed (2003-02-25). Historical Dictionary of Somalia. Scarecrow Press. p. 126. https://books.google.com/books?id=DPwOsOcNy5YC&pg=PA126&dq=iyasu+dervish&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjJjrCxr7LSAhVG4YMKHTEkDgwQ6AEIGjAA#v=onepage&q=iyasu%20dervish&f=false 2017年2月28日閲覧。 
  364. ^ “How Ethiopian prince scuppered Germany's WW1 plans”. BBC News. (2016年9月25日). http://www.bbc.com/news/world-37428682 2017年2月28日閲覧。 
  365. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 1069.
  366. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 884.
  367. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 335.
  368. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 219.
  369. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 209.
  370. ^ a b Tucker & Roberts 2005, p. 596
  371. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 826.
  372. ^ Dennis Mack Smith. 1997. Modern Italy; A Political History. Ann Arbor: The University of Michigan Press. p.284.
  373. ^ Aubert, Roger (1981). “Chapter 37: The Outbreak of World War I”. In Hubert Jedin. History of the Church. The Church in the industrial age. 9. London: Burns & Oates. p. 521. ISBN 0-86012-091-0 
  374. ^ Who's Who — Pope Benedict XV”. firstworldwar.com (2009年8月22日). 2018年2月10日閲覧。
  375. ^ "Merely For the Record": The Memoirs of Donald Christopher Smith 1894-1980. By Donald Christopher Smith. Edited by John William Cox, Jr. Bermuda.
  376. ^ Newton-Matza 2017, Timeline.
  377. ^ Pennell, Catriona (2012). A Kingdom United: Popular Responses to the Outbreak of the First World War in Britain and Ireland. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-959058-2 
  378. ^ Tucker & Roberts 2005, p. 584.
  379. ^ O'Halpin, Eunan, The Decline of the Union: British Government in Ireland, 1892-1920(ダブリン、1987)
  380. ^ Lehmann & van der Veer 1999, p. 62.
  381. ^ Brock, Peter, These Strange Criminals: An Anthology of Prison Memoirs by Conscientious Objectors to Military Service from the Great War to the Cold War, p.14, Toronto: University of Toronto Press, 2004, ISBN 0-8020-8707-8
  382. ^ Soviet Union - Uzbeks”. Country-data.com. 2013年3月13日閲覧。
  383. ^ Cockfield 1997, pp. 171–237.
  384. ^ a b Seton-Watson, Christopher. 1967. Italy from Liberalism to Fascism: 1870 to 1925. London: Methuen & Co. Ltd. p.471
  385. ^ Alan J. Ward, "Lloyd George and the 1918 Irish conscription crisis". Historical Journal (1974) 17#1 pp.107-129.
  386. ^ The Conscription Crisis”. CBC (2001年). 2018年2月10日閲覧。
  387. ^ J. M. Main, Conscription: the Australian debate, 1901-1970 (1970) abstract Archived 2015-07-07 at Archive.is
  388. ^ Havighurst 1985, p. 131.
  389. ^ Chelmsford, J. E. "Clergy and Man-Power", The Times 1918年4月15日。p.12.
  390. ^ Howard Zinn, People's History of the United States. (Harper Collins, 2003): 134
  391. ^ John Whiteclay Chambers, To raise an army: The draft comes to modern America (1987).
  392. ^ Hastings, Max (2013). Catastrophe: Europe goes to War 1914. London: Collins. pp. 30, 140. ISBN 978-0-00-746764-8 
  393. ^ David Stevenson, The First World War and International Politics (1988).
  394. ^ Z.A.B. Zeman, Diplomatic History of the First World War (1971)
  395. ^ See * Carnegie Endowment for International Peace. Official Statements of War Aims and Peace Proposals: December 1916 to November 1918, edited by James Brown Scott. (1921) 515pp online free
  396. ^ a b c d Heller 1984, Chapter 3.
  397. ^ a b 木村靖二 2014, pp. 22–25.
  398. ^ a b 木村靖二 2014, p. 26.
  399. ^ a b c 木村靖二 2014, pp. 25–27.
  400. ^ a b 木村靖二 2014, pp. 27–29.
  401. ^ a b c フォルカー・ベルクハーン 2014, pp. 12–15.
  402. ^ a b 木村靖二 2014, pp. 29–30.
  403. ^ 木村靖二 2014, pp. 30–31.






第一次世界大戦と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

20世紀の戦争 バングラデシュ独立戦争  ノモンハン事件  第一次世界大戦  世界大戦  ベトナム戦争
フランスの戦争 パレストロの戦い  アロー戦争  第一次世界大戦  アルジェリア侵略  ベン・シェリーフ隊列の長距離打撃行軍
イギリスの戦争 インド大反乱  イラク戦争  第一次世界大戦  スペイン継承戦争  インディアン戦争
アメリカ合衆国の戦争 グレナダ侵攻  イラク戦争  第一次世界大戦  ベトナム戦争  アルーストック戦争
日本の戦争 西南戦争  ノモンハン事件  第一次世界大戦  日露戦争  元寇
イタリアの戦争 第二次世界大戦  ヴィットリオ・ヴェネトの戦い  第一次世界大戦  伊土戦争  第一次エチオピア戦争
中華民国の戦争 (1912年-1949年) 日中戦争  第二次世界大戦  第一次世界大戦  奉直戦争  安直戦争
オーストリアの戦争 四カ国同盟戦争  ヴィットリオ・ヴェネトの戦い  第一次世界大戦  スペイン継承戦争  イタリア戦争
オスマン帝国の戦争 第一次ウィーン包囲  フランス革命戦争  第一次世界大戦  リヴォニア戦争  アルジェリア侵略
カナダの戦争 カナダ侵攻作戦  ウィリアム王戦争  第一次世界大戦  米英戦争のカナダ戦線  アルーストック戦争
ロシア帝国の戦争 義和団の乱  フランス革命戦争  第一次世界大戦  カフカーズ戦争  ロシア・スウェーデン戦争
ドイツの戦争 義和団の乱  ラップランド戦争  第二次世界大戦  普仏戦争  第一次世界大戦

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第一次世界大戦」の関連用語

第一次世界大戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第一次世界大戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第一次世界大戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS