自殺 自殺の歴史

自殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/24 08:57 UTC 版)

自殺の歴史

古代

自殺の歴史は古く、紀元前の壁画などにもその絵や記述が残されている。古代ギリシャの詩人サッポーは入水して死亡したという説がある。アリストテレスは、自殺は社会に対する不正行為であり、国家は自殺者の名誉を貶める埋葬を行うことで自殺者を処罰する権利を持つと主張した[248]。一方、不自由に生きることを悪とするセネカなどストア派の哲学者たちは、熟慮の結果十分な理由を持って行われる自殺は人間の自由であるとして自殺の権利を主張した[248]

賜死
重大な犯罪を起こして死刑を免れない状況に陥った貴人が、公衆の前で処刑されるという屈辱を免じてその名誉を重んじさせる意味で、賜死として自殺を強要されることがあった。律令制国家における皇族や高位者が死刑判決を受けた場合に、自宅での自殺をもって代替にするのを許したことや、戦国時代から江戸時代初期にかけての日本における武士階級に対する切腹処分などがこれにあたる。洋の東西を問わずみられる現象であり、セネカなどが知られる。諸説あるが、荀彧も主君曹操に死を強要されたとの説がある。

キリスト教

キリスト教においては基本的に、自殺は重大な罪だとされるが、キリスト教で自殺に対する否定的道徳評価が始まったのは、4世紀の聖アウグスティヌスの時代とされる。当時は殉教者が多数にのぼり、信者の死を止めるために何らかの手を打たねばならなくなっていた。また10人に1人死ぬ者を定めるという「デシメーション」と呼ばれる習慣のあったことをアウグスティヌスは問題にした。アウグスティヌスは『神の国』第1巻第16 - 28章において、自殺を肯定しない見解、自殺をと見なす見解を示した。神に身を捧げた女性が捕虜となって囚われの間に恥辱を被ったとしても、この恥辱を理由に自殺してはいけない、とした。またキリスト教徒には自殺の権利は認められていない、と述べた。「自らの命を奪う自殺者というのは、一人の人間を殺したことになる」とし、また旧約聖書のモーゼの十戒に「汝、殺すなかれ」と書かれている、と指摘し[249]、自殺という行為は結局、神に背く罪だ、とした。アウグスティヌスは「真に気高い心はあらゆる苦しみに耐えるものである。苦しみからの逃避は弱さを認めること」「自殺者は極悪人として死ぬ。なぜなら自殺者は、誘惑の恐怖ばかりか、罪の赦しの可能性からも逃げてしまうからだ」と理由を述べた。

693年には第十六回トレド会議英語版において自殺者を破門するという宣言がなされ、のちに聖トマス・アクィナスが自殺を生と死を司る神の権限を侵す罪であると述べるに至って、すでに広まっていた罪の観念はほぼ動かしがたいものになり[250]、自殺者の遺族が処罰されていた時代[251][252]や、自殺者は教会の墓地に埋葬することも許されなかった時代もある。

ダンテ叙事詩神曲』においては、自殺は「自己に対する暴力」とされており、地獄篇の第13歌には醜悪な樹木と化した自殺者が怪鳥ハルピュイアに葉を啄ばまれ苦しむという記述がある。

啓蒙主義の時代になるとアウグスティヌスのテーゼは聖書からの直接の引用ではなく、神が直接自殺を断罪した記述もないことから、彼独自の解釈であるという批判や、殺される人の意志に反しない殺害である自殺を許容できない道徳の下で、死刑や戦争など他のあらゆる殺害を正当化することは説得力に欠けるという批判が加えられた[248]モンテーニュヒュームは批判を警戒しつつ自殺を許容するエッセイを記しており、その後も自殺許容論は先鋭化していった[248]。ドイツの哲学者ショーペンハウエルは『自殺について』のなかで、キリスト教の聖書の中に自殺を禁止している文言はなく、原理主義的にいえば、自殺を禁じているわけではないため、「不当に貶められた自殺者の名誉を回復するべきだ」とした。

クリスチャンで元牧師の八巻正治は自著[253]の中で「静かに考えてみると即座にわかることですが、人間は自分の顔さえも直接に見ることができず、また自分の生死に自らが関与することができないほどの不安定な存在なのです。それゆえに自ら死を選ぶことによって安定を求めようとする人たちさえもいるのです。わが国にはそうした自殺者が年間二万人以上もいるのです。いかにももっともらしい理由をつけようとも、自殺は実に愚かで悲しむべき行為です。ですから、いかなることがあっても自分の存在を疑ったり、あるいは呪ったりしてはなりません。先に述べましたが、この自分を作られたお方が確かにいらっしゃるのです。」と指摘している(『同署』pp. 219)

日本における歴史

日本で最も古い自殺に関する伝承は、『古事記』のヤマトタケルの妃弟橘比売命(オトタチバナヒメノミコト)の伝承である。

中世には、弘安7年(1284年)あるいは延慶2年(1309年)、文保元年(1317年)が没年とされる足利尊氏の祖父足利家時八幡大菩薩に三代後の子孫に天下を取らせよと祈願した置文を残して自害したという伝説が残るが(『難太平記』)、自害した事実を含め定かではない。戦国期には天文22年(1553年)に織田信長の傳役平手政秀が死をもって信長の行動をいさめたとされる事例などもある。

足利義輝など最後は戦闘の末、敵兵に討ち取られた人物が、義輝と付き合いのあった山科言継の日記「言継卿記」には、その最後が自殺となっているなど、改変されて記録されている者もいる。これも雑兵に討ち取られるよりは、自害の方が名誉ある死と考えられていたためである。これらは現在でも国語の教科書に掲載され、日本の武家文化の一つとして継承されている。

戦国大名であった伊達氏の分国法塵芥集』には、恨みを持った者が自害した場合、理由を言い残しておけば、伊達家が仇討ちを代行する決まりがあり、命がけの訴えについて最大限尊重する慣習をもつところも存在した[254]

キリシタン
カトリック洗礼を受けていた細川ガラシャは、武士の妻としては自害すべきだったが、キリスト教徒としては自殺できず、家臣に胸を槍で突かせた[255]。なお日本におけるキリシタンに対する迫害が強まった時代において、キリシタンに対して棄教するよう強烈な圧力がかけられていた際に、クリストヴァン・フェレイラのように幕府による拷問に耐えかねて棄教した者もいれば、最後の最後までキリスト教に対する信仰を放棄しないで殉教したキリシタンもいる。日本におけるカトリック教会は、ペトロ岐部など殉教したキリシタン187名を祝福し、2008年には長崎県営野球場において列福式が実施された。
江戸時代
切腹
鎌倉以来武士は江戸時代初期までは主君に死罪を自ら行う切腹を命じられても、従容として死につくのではなく、ある程度の抵抗を示した後に主君側に討ち取られる以外に選択肢がなくなってから自害することが「武士の意気地」とされた。ところが、江戸時代中期になると、従容として腹を切ることが「潔い」とされるようになる。これは家門の存続が個人の武名以上に重要な価値をもつようになったなってきたことが大きな要因となっているが、徳川の文治政治の進展とともに連座が緩和されたため、制裁が決まる前に単独で一命をもって責任を取れば、多くの場合において家門もしくは家族の存続は許されたからでもある。なお、女性の場合は切腹ではなく喉を短刀で突くのが武家における自害の作法とされた。
また、江戸時代には大坂や江戸を中心に心中が庶民の間に流行した。これは近松門左衛門の『曾根崎心中』を代表とする「心中もの」の芝居や浄瑠璃が評判を呼んだことによる影響と考えられている。この世を憂き世として忌避し、あの世で結ばれるとして男女が自殺に及んだ。これに対し、幕府は心中禁止令を出すとともに、心中死体や心中未遂者を3日間さらし者にした上で、未遂者は被差別階級に落とすという厳罰を実施している[256]
近代
乃木希典
近代においては明治天皇崩御のおりに殉死した乃木希典静子夫妻が世論の称賛を浴びた。明治以降は日本の自殺率は1936年まで20人前後と緩やかな上昇傾向にあったが、戦争の影響で減少し戦前戦後を通じ最低レベルとなった。国家総動員法(1938年制定)下の時代情勢によるとされ、また詳細な統計を取っていられる状況ではなかったと考えられる。
戦後
その後、戦後の価値観の大きな転換や社会保障が整備されていなかったこともあり、高度成長が本格化するまでのあいだ(1950年代)日本の自殺率は1958年には10万人あたり25.7人と世界一となり、2007年の25.8人を記録するまで、過去最高の数値を記録していた。高度経済成長の時期は減少に転じた。1973年のオイルショックのころから再び増加したが、1980年代後半からのバブル経済期には減少した。バブル崩壊後の1990年代後半にスウェーデンドイツより低かった自殺率は急激に上昇し[257]、OECDはその原因についてアジア通貨危機を挙げている。

戦争と自殺

中国
中国では、紀元前1100年ごろ王朝最後のである帝辛(紂王)が武王に敗れ、焼身自殺したと伝えられている。古代中国の軍人においては「自刎(ミズカラクビハネル)」と称される、刀剣などの刃物をもって頸動脈を切断する自殺手法があり、伍子胥項羽白起など名だたる軍人が用いており、現代でも中国人の自殺に用いられることがある[258]
エジプト
エジプトプトレマイオス朝最後の女王であるクレオパトラ7世アクティウムの海戦に敗北した際に、オクタウィアヌスに屈することを拒み、コブラに自分の体を咬(か)ませて自殺したと伝えられている。
インド
略奪や奴隷化・レイプを防ぐために、女性の集団が焼身自殺するジョウハルという風習があるほか、勝ち目が無くなった敗残兵が死兵となり、sakaと呼ばれる自殺突撃する風習もある。
インドネシア
インドネシアではププタンとよばれる集団自決の風習があり、19世紀にオランダバリ島に侵攻した際に、いくつかの王国で実施された。
日本
阿南惟幾
神風特別攻撃隊
平安鎌倉戦国時代に至るまで、日本の武士には敵に討ち取られるよりは自害することをよしとする風潮があった。『平家物語』の登場人物には自殺で終わる者が多い。これらには、自らが討ち取られその武名が誰かによって落とされること、ことに格下の兵に功名の手柄とされることをとしたからである。江戸時代中期の武士道の著書『葉隠』では「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という一文がある。
第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけて軍国化した日本では、「生きて虜囚の辱めを受けず」の一文で有名な戦陣訓に象徴される、軍人捕虜になることより潔い自決を名誉と考えられた。そのため、太平洋戦争では、前線の指揮官が無断撤退の責任を取るために自決を強いられることもあった。自決であれば、軍人軍属の場合は戦死扱いになり、不名誉でないとされた。名誉の自決をした軍人は新聞報道やラジオ放送、ニュース映画大本営発表を通し市民の目や耳に入り、立派な最期を遂げた尊敬すべき偉人とされ賞賛された。また、海軍を問わず日本軍の航空部隊は、操縦者や機体が被弾し、帰還が不可能となった場合は「敵機・敵施設・敵地上軍・敵艦に突入し自爆」「背面宙返りで地上や海上に自爆」が常態であった[注 8]。日本の戦線が後退する1943年以降は、撤退できないで孤立した部隊が自らの戦いを終わらせるため、しばしば「バンザイ突撃」と米兵が名付けたような決死的な肉弾攻撃を実行した。神風特別攻撃隊や対戦車肉弾攻撃のように作戦そのものが未帰還や自爆を前提としていたものもあり、これらを米軍は「自殺攻撃(Suicide Attack)」と名付けた。また、激戦地となった沖縄県や、満洲などの外地では、軍人のみならず多くの市民が集団自決に追い込まれた。
敗戦時や大戦最末期には、軍の上層部の人間から、この責任を取るため自決を選んだ人間が多く出た。他の敗戦国と比較し日本軍の自決者はあまりに多かったため、正確な集計はできていないが、日本戦友連盟や全国戦争犠牲者援護会などの関係団体が集計した結果は最低でも527人に上るという[259]。最高位の自決者は陸軍大臣阿南惟幾陸軍大将陸軍大臣であり、陸軍大臣就任前の陸軍航空総監部兼航空本部長のときから「俺も最後には特攻隊員として敵艦に突入する覚悟だ」「富士山を目標として来攻する敵機群の横っ腹に向かって自ら最後には突入する」と周囲に公言もしており[260]、終戦が決定すると「一死以て大罪を謝し奉る 昭和二十年八月十四日夜 陸軍大臣 阿南惟幾 花押 神州不滅を確信しつつ」との遺書を遺して、日本陸軍の罪を一身に背負って自決した[261]。他にも多くの自決者がいたが、特に特攻関連の自決者が相次ぎ、神風特別攻撃隊の創設者大西瀧治郎中将は玉音放送の翌日の8月16日に「特攻隊の英霊に曰す」という遺書を遺して自決し[262]菊水作戦の最高指揮官であった第五航空艦隊司令長官宇垣纏中将も、玉音放送終了後8月15日夕刻、大分から「彗星四三型」11機で沖縄近海のアメリカ海軍艦隊に突入を図って戦死した[263]。他にも陸軍航空本部長寺本熊市中将が「天皇陛下と多くの戦死者にお詫びし割腹自決す」と遺書を残して自決、他にも航空総軍兵器本部の小林巌大佐、練習機『白菊』特攻隊指揮官、高知海軍航空隊司令加藤秀吉大佐など58名の将官級を含む航空隊関係者が自決した[264]。なかでも第4航空軍の参謀長として、フィリピンで特攻を指揮した隈部正美少将は、フィリピン戦後に更迭されて陸軍航空審査部総務部長という閑職にあったが、8月15日の夜に、母親、妻、19才と17才の2人の娘と最後の夕食を囲んだ後、家族5人で多摩川の川べりに赴き、隈部が自分の拳銃で全員を射殺した後、自分もその拳銃で自決した。特攻作戦への責任と、軍司令官富永恭次中将の補佐をできなかったことへの悔恨に基づく自決とされる[265]。前海軍次官で終戦時軍事審議官だった井上成美大将は、あまりに多くの将官・高級士官が自殺をしたため「責任の地位にある者が自殺するのは、当人の自己の生涯は飾れ満足かも知れないが、これが自殺流行の風潮となり、誰も今後のことを顧みなくなるのは国家の大きな損失である」と憂いている[266]。開戦時の総理大臣であった東條英機は、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)からA級戦犯容疑者として逮捕される直前に、拳銃を胸に撃ち込んで自殺をはかったが(東條英機自殺未遂事件)、知らせを受けたアメリカ軍の軍医が、医療用具と医療技官を満載した5台のものジープで駆けつけ救命治療を行い東條は九死に一生を得ている。
フランスのモーリス・パンゲは、日本の武士道などにみられる自死を名誉とする考えについて『自死の日本史』(筑摩書房)において論じた。評論家西部邁はこのパンゲの本について、「生きることには、何かしら裏切り堕落、汚辱とかそういう本来拒否すべきものが濃厚に伴う。それが限界までくると、にもにも頼らずに、自分の命を抹殺してしまうことで、汚いと自分の思っていることをしないですむ」「形而上学、この場合は宗教に頼らずに自分の生に伴う虚無感価値あるものは何もありはしないという虚無感を吹き払うために、死んでみせることを選び、選んだことを一つの文化に仕立てたのは、世界広しといえども、世界史長しといえども、日本人だけである。そういう日本礼賛なのである」と説明した[267]
アメリカ
アメリカでは、第二次世界大戦で、重巡洋艦インディアナポリスの艦長チャールズ・B・マクベイ3世が、日本伊58潜水艦にインディアナポリスを撃沈された責任を追及され、自殺に追い込まれている。
また、第47代海軍長官ジェームズ・フォレスタルは、第二次世界大戦の後に設立されたアメリカ空軍と、空母の運用をめぐって激化した対立により、神経が衰弱して辞職に追い込まれ、最終的に自殺している。
アフガニスタン紛争イラク戦争を始め、海外の戦争に派兵されたアメリカ軍兵士の中には、自殺する者が出ている。アフガニスタンとイラクからの帰還兵だけでも自殺者は数千人にも上り、その数は戦闘中の死者数を上回るとの見方がある[268]
ドイツ
アドルフ・ヒトラー暗殺の一つ、7月20日事件では、失敗したクーデター側は、ヘニング・フォン・トレスコウ少将ギュンター・フォン・クルーゲ元帥ルートヴィヒ・ベック上級大将など、クーデターに加担した多くの者が自殺を遂げている。また、実際に関与したかは未だに不明だが、エルヴィン・ロンメル元帥は、関与が疑われた結果、「反逆罪で裁判を受けるか名誉を守って自殺するか」の選択を迫られ、自殺を選んでいる。
第二次世界大戦におけるドイツの降伏は、アドルフ・ヒトラー自殺がきっかけとなっている。同時期に、ヴィルヘルム・ブルクドルフハンス・クレープスヨーゼフ・ゲッベルスなどが自殺している。ヘルマン・ゲーリングも、ニュルンベルク裁判中、処刑手段に銃殺刑(軍人として)を求めたが、容れられなかったため、絞首刑になる前に服毒自殺した。
ヴァルター・モーデル連合軍に包囲された時、「ドイツ元帥は降伏しないものだ」と降伏を潔しとせず、自殺している。

宗教と自殺

ユダヤ教#キリスト教イスラームなどのアブラハムの宗教は、自殺は宗教的に禁止されている。欧米やイスラーム諸国では自殺は犯罪と考えられ、自殺者には葬式が行われないなどの社会的な制約が課せられていた。

  • キリスト教においては伝統的に、自殺は基本的にと受け取られており、現在でもそうした見方が基本にある。細川ガラシャも、最期は家臣に首を打たせた。
  • イスラームでは、自殺した者は地獄へ行くとされている。クルアーン『婦人章』第29・30節では「あなたがた自身を、殺し(たり害し)てはならない」と明確な禁止の啓示が下されており、さらに「もし敵意や悪意でこれをする者あれば、やがてわれは、かれらを業火に投げ込むであろう」と続けて、自殺が地獄へと通じる道であることを示している。現代のイスラム原理主義者による自爆テロについて多数派のイスラムの教義解釈では、敵の戦闘員に対しての自爆はジハードとして天国に行けるが、民間人に対しての自爆テロは自殺として永遠の滅びの刑罰が与えられるとされている。

バリ島ではププタンという集団自決の風習があり、オランダの侵攻に抗議して実施された。マヤ文明では、一般にをつかさどるア・プチ」のほかに絞首台の女神イシュタム」がいて、自殺者のを死後の楽園へ導くとされた。

聖書
使徒行伝の中では、自殺を図った牢番をパウロが大声で制止し、後に改宗させる場面がある。
獄吏は目をさまし、獄の戸が開いてしまっているのを見て、囚人たちが逃げ出したものと思い、つるぎを抜いて自殺しかけた。そこでパウロは大声をあげて言った、「自害してはいけない。われわれは皆ひとり残らず、ここにいる」。すると、獄吏は、あかりを手に入れた上、獄に駆け込んできて、おののきながらパウロとシラスの前にひれ伏した。それから、ふたりを外に連れ出して言った、「先生がた、わたしは救われるために、何をすべきでしょうか」。 — 使徒行伝16章27節から30節(口語訳)

文学・芸術における自殺

『若きウェルテルの悩み』初版

自殺は、文学における重要なテーマの一つであり、主人公の自殺に至る心理など、物語の終焉や筋の展開のなかで描かれることが少なくない。

ドイツの作家ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』が、自殺を主題とした作品として特に有名である。恋人との失恋絶望し自殺した主人公を描き、その影響で模倣自殺する人が相次いだため、発禁処分に処するところも出た事例がある。このような模倣自殺の現象をウェルテル効果という。

日本文学では、夏目漱石の『こゝろ』、井上靖『しろばんば』、渡辺淳一失楽園』などで自殺が描かれた。太宰治に至っては作品の題材としてのみならず実生活でも何度も自殺を企てた結果死亡している

自殺の研究

エミール・デュルケーム

自殺に関する文献は古くから数多く伝存しているが、19世紀中葉より西欧で当時増大をみせていた自殺に対して統計学的手法が適用された。

1879年イタリアのモルセッリ著『自殺』では

  1. ゲルマン型(変種としてドイツ人、スカンディナヴィア人、アングロサクソン人、フラマン人を含む)
  2. ケルト-ローマ型(ベルギー人、フランス人、イタリア人、スペイン人)
  3. スラヴ型
  4. ウラル-アルタイ型(ハンガリー人、フィンランド人、ロシアの若干の地方)

といった人種的類型が設定され、性別や年齢、職業、信仰、居住特性、経済状況などの要因が自殺に影響していることが認められている。とはいえ、自殺を身体的、精神的病理の現れとする見方が支配的であった。

これに対してエミール・デュルケームは、1897年の『自殺論』において、モルセッリやワーグナーの研究成果を参照しながらも、精神病理や人種・遺伝、気候、模倣によっては自殺の現象が完全には説明できないことを統計的に明らかにし、「それぞれの社会は、ある一定数の自殺をひきおこす傾向をそなえている」として、社会ないし集団の条件と結びついて生じる自殺傾向を社会学の研究対象として位置づけた。つまり、一定範囲内の自殺の発生は「正常な」社会現象だというのである。デュルケームは、近代社会における(社会的紐帯の弱化による)「自己本位的自殺」、(欲望の際限なき拡大がもたらす苦痛による)「アノミー的自殺」の2タイプを定式化するとともに、伝統的社会における「集団本位的自殺」、極限状況における「宿命的自殺」を析出し、計4類型を設定した。

フロイトは長らく人間の心理の底にある生命衝動としては「生の欲動(リビドーまたはエロス)」によって快を受け苦痛を避ける快感原則で説明しようとしたが、晩年近くになりPTSDで苦痛なはずの体験を反復強迫している症例などから、それでは説明できない破壊衝動を見出し、後にそれを「死の欲動(デストルドーまたはタナトス)」と名付け、生を「生の欲動」と「死の欲動」との闘争、さらには愛憎混じった感情の転移であるなどの思索をした。これらの考えに批判も多いが、自殺者の心理剖検に対し一定の貢献があったと臨床の現場では受け止められることもある[269]

1960年代から1970年代にかけ、アメリカ合衆国のエドウィン・シュナイドマン、臨床心理学、精神分析、社会学の仲間たちと、本格的な自殺の臨床研究を重ね、1968年アメリカ自殺学会を設立。アメリカ国立衛生研究所(NIH)でベセスダ自殺予防センター所長を勤めた。


注釈

  1. ^ (厚生労働省大臣官房統計情報部 2007). 「ICDとは、我が国が加盟する WHO において定められた分類であり、正式には「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems」といい、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの記録、分析、比較を行うために国際的に統一した基準で設けられた分類です。データを集める上で重要なことは、一定のルールと基準が示されていることです。実際に、ICD は多くの原則とルールが定められ、時系列の比較や国際比較が可能となり、一般疫学全般や健康管理のための標準的な国際分類となっています。」
  2. ^ (Krug 2002). p.10. "Nearly half of these 1.6 million violence-related deaths were suicides, almost one-third were homicides and about one-fifth were war-related."
  3. ^ (Eberwine 2003). "The panorama of global violence presented in the report is at odds with some commonly held assumptions. Of all violent deaths in 2000, nearly half were suicides, just under a third were homicides and only a fifth were directly related to war. 'This is quite different from the picture we get from the media, where the focus is on organized forms of violence,' says Krug. 'Suicides and homicides represent a much bigger proportion of fatal violence around the world.'"
  4. ^ 遺伝率は「親から子に遺伝する確率」ではないことに注意。遺伝率を参照。
  5. ^ "It is estimated that as many as 90% of indivisuals who have ended their lives by commiting suecide had a mental disorder, 60% of which were depressed at the time" (WHO 2006, p. 10)。
    本図は、WHOが精神科入院歴の無い自殺既遂者 8,205例について調査したもので、複数診断の総数(12,292)に対する割合を示している[105]
  6. ^ 日本では薬物乱用、依存が少ないが、欧米ではこれが高く、特にアメリカ、オーストラリアでは日本の数十倍の有症率を示している(国立精神・神経医療研究センター 2005)。
  7. ^ 日本は先進国の中で比較して、社会福祉が軽視されており、人々が事業不振や失業で仕事を失った時に、福祉のセーフティネットが十分に機能しておらず、日本の行政は危機状況に陥った人々に対して生活保護制度を適用することもしぶったり拒否しがちなどのことが原因となって、人々は事業不振や失業になるだけで水道光熱費も支払えずその日の食べ物にも困る状況に追いやられがちな残酷な社会だ、ということも日本の自殺率の高さに影響している。
  8. ^ 前者としては、真珠湾攻撃時に被弾した海軍戦闘機操縦者(飯田房太海軍大尉)が米軍格納庫に突入しており、後者としてはビルマ航空戦のベンガル湾上空において、爆撃機迎撃時に被弾し海上に自爆し、戦死後は生前の功績も含め、軍神としてあがめられた加藤建夫陸軍少将(死後昇進)が有名な事例として挙げられる(両人とも被弾後に不時着ないし落下傘にて脱出することは可能だった)。
  9. ^ 2006年(平成18年)2月16日 小田急小田原線小田急相模原駅を通過中の箱根湯本行「はこね43号」に20代の男性が飛び込み自殺。その際に男性の体が車両前面の展望室に激突して窓ガラスが飛散。車内の乗客9人が重軽傷を負った。
  10. ^ 彼は支援者たちが拝跪する中、燃え上がる炎の中でも蓮華坐を続け、絶命するまでその姿を崩さなかった。その衝撃的な姿がカメラを通じて世界中に放映され、ベトナム国内だけでなく国際世論に大きな影響を与えることとなった。左翼思想をもつロックバンドレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの初アルバムには炎に包まれるティック・クアン・ドックの写真が載せられている。

出典

  1. ^ a b c Suicide rate estimates, age-standardized Estimates by country (Report). WHO.
  2. ^ 広辞苑』第六版
  3. ^ a b c WHO (2016年). Suicide data (Report). 2019年12月15日閲覧
  4. ^ a b c d e FactSheets - Suicide (Report). 世界保健機関. 2014年7月.
  5. ^ a b c WHO (2018年4月). Disease burden and mortality estimates CAUSE-SPECIFIC MORTALITY, 2000-2016>(疾病負荷と死亡率の推定 死因別死亡率、2000年から2016年>) (Excel) (Report). 2019年12月15日閲覧
  6. ^ a b c d e 世界保健機関 & 高橋祥友 2002.
  7. ^ : Suicides are preventable.
  8. ^ 世界保健機関 2014, Key messages.
  9. ^ a b 厚生労働省自殺対策推進室. “支援情報検索サイト”. 厚生労働省. 2019年5月26日閲覧。
  10. ^ a b いのち支える相談窓口一覧”. 自殺総合対策推進センター. 2019年5月26日閲覧。
  11. ^ a b 電話相談”. 厚生労働省. 2020年10月19日閲覧。
  12. ^ SNS相談―SNS相談等を行っている団体一覧―”. 厚生労働省. 2020年10月19日閲覧。
  13. ^ ブリタニカ百科事典』「自殺」
  14. ^ 高橋祥友『自殺の危険(第3版)臨床的評価と危機介入』(金剛出版、2014年)231ページ
  15. ^ 河西千秋『自殺予防学』新潮選書、2009年
  16. ^ E・S・シュナイドマン『自殺とは何か』(白井徳満・白井幸子訳、誠信書房、1993年)12-23頁
  17. ^ 自死(自殺)者供養の案内 石手寺公式ホームページ(2013年7月4日閲覧)
  18. ^ 「仏教、自死に向き合う」知恩院(2014年5月)2018年6月20日閲覧
  19. ^ 「故人思い重荷を下ろす時間を」10日、増上寺で「自死者追悼法要」産経新聞』朝刊2018年6月8日(東京面)2018年6月20日閲覧
  20. ^ 高橋 祥友『自殺の危険(第3版):臨床的評価と危機介入』金剛出版、2014年、170-178頁。 
  21. ^ 末木 新『自殺学入門:幸せな生と死とは何か』(金剛出版、2020年)125-127頁
  22. ^ a b c 松本俊彦『もしも「死にたい」と言われたら―自殺リスクの評価と対応―』中外医学社、2015年、49頁。 
  23. ^ 「STOP!自殺 米で専用ダイヤル開始 警察介入や強制入院など懸念も」東京新聞』夕刊2022年8月31日3面(2022年9月8日閲覧)
  24. ^ 生きる支援の総合検索サイト いのちと暮らしの相談ナビ(2022年9月8日閲覧)
  25. ^ 150名の僧侶による「仏教テレフォン相談」 僧侶の熱い思いに胸を打たれる BuzzFeed.NEWS(2018年1月10日)2022年9月8日閲覧
  26. ^ ゲートキーパーとは 厚生労働省
  27. ^ 自殺未遂患者への対応 救急外来(ER)・救急科・救命救急センターのスタッフのための手引き 日本臨床救急医学会 平成21年3月版 厚生労働省公開 p25
  28. ^ QPR Gatekeeper Trainingウェストフロリダ大学
  29. ^ The Suicide Prevention Resource Center オクラホマ大学
  30. ^ a b 大野 裕『認知療法・認知行動療法 治療者用マニュアルガイド』星和書店、2010年、88-90頁。 
  31. ^ 松本俊彦『もしも「死にたい」と言われたら―自殺リスクの評価と対応―』(中外医学社、2015年)45-46頁
  32. ^ メディア関係者の方へ 厚生労働省
  33. ^ 自殺と自傷行為に関するポリシー - YouTube ヘルプ”. support.google.com. 2022年11月28日閲覧。
  34. ^ 自殺や自傷行為に関する投稿を見かけた場合の対応策”. www.meta.com. 2022年11月28日閲覧。
  35. ^ Thomas Insel (2014年10月1日). “Director’s Blog: Ketamine”. National Institute of Mental Health (NIMH). 2015年11月1日閲覧。
  36. ^ a b “Psychedelic drug use could reduce psychological distress, suicidal thinking, study suggests”. ScienceDaily. (2015年3月9日). http://www.sciencedaily.com/releases/2015/03/150309174507.htm 2015年11月1日閲覧。 
  37. ^ 人工知能を使えば、「自殺」を8割以上の確率で予測できる:研究結果”. WIRED.jp (2017年11月14日). 2017年11月14日閲覧。
  38. ^ a b c Suicide” (英語). 世界保健機関 (2019年9月2日). 2019年9月13日閲覧。
  39. ^ a b c d e Alison Brunier (2019年9月10日). “Suicide: one person dies every 40 seconds” (英語). 世界保健機関. 2019年9月13日閲覧。
  40. ^ いまだに自殺者吸引する 富士の樹海で起きていること”. J-CAST ニュース (2008年3月9日). 2022年11月3日閲覧。
  41. ^ 白浜レスキューネットワーク”. www.npo-homepage.go.jp. 2022年11月3日閲覧。
  42. ^ 令和元年度 第1回川越市自殺対策連絡会議 川越市
  43. ^ Matsubayashi, Tetsuya; Sawada, Yasuyuki; Ueda, Michiko (2013-05). “Does the installation of blue lights on train platforms prevent suicide? A before-and-after observational study from Japan” (英語). Journal of Affective Disorders 147 (1-3): 385–388. doi:10.1016/j.jad.2012.08.018. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0165032712005873. 
  44. ^ 青色灯設置により、列車への飛び込み自殺が減少”. 東京大学. 2022年11月3日閲覧。
  45. ^ Pirkis, Jane; Too, Lay San; Spittal, Matthew J; Krysinska, Karolina; Robinson, Jo; Cheung, Yee Tak Derek (2015-11). “Interventions to reduce suicides at suicide hotspots: a systematic review and meta-analysis” (英語). The Lancet Psychiatry 2 (11): 994–1001. doi:10.1016/S2215-0366(15)00266-7. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S2215036615002667. 
  46. ^ CNN, Carina Storrs,Special to (2015年9月23日). “Saving lives at 18 of the world's suicide 'hot spots'” (英語). CNN. 2022年11月3日閲覧。
  47. ^ Ivan, Brkic (2014年10月30日). “日本におけるネット自殺”. 日本語・日本文化研修プログラム研修レポート集. pp. 97–108. 2022年11月3日閲覧。
  48. ^ Harris, K. M.; Syu, J. J.; Lello, O. D.; Chew, Y. L. E.; Willcox, C. H.; Ho, R. H. M. (2015). “The ABC's of suicide risk assessment: Applying a tripartite approach to individual evaluations”. PLOS ONE 10 (6): 6. Bibcode2015PLoSO..1027442H. doi:10.1371/journal.pone.0127442. PMC 4452484. PMID 26030590. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4452484/. 
  49. ^ Britton PC, Ilgen MA, Rudd MD, Conner KR (2012). "Warning signs for suicide within a week of healthcare contact in Veteran decedents". Psychiatry Res. 200 (2–3): 395–399. doi:10.1016/j.psychres.2012.06.036. PMC 5064427. PMID 22796102
  50. ^ thethreeseas.com.au
  51. ^ health.umd.edu/node/791
  52. ^ うそ、ホント?自殺に関する迷信(myth)と事実(fact) 厚生労働省
  53. ^ 職場における自殺の対応と予防 厚生労働省 p22
  54. ^ 北村 正樹「SSRI・SNRIによる自殺企図のリスク」日経メディカル(2006年4月3日更新)2021年3月23日閲覧
  55. ^ 抗うつ薬で自殺が増加するか? 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 著:日本うつ病学会理事長 野村 総一郎
  56. ^ Carpenter, KM; Hasin, DS; Allison, DB; Faith, MS (2000). “Relationships between obesity and DSM-IV major depressive disorder, suicidal ideation, and suicide attempts: Results from a general population study”. American Journal of Public Health 90 (2): 251-257. doi:10.2105/ajph.90.2.251. PMC 1446144. PMID 10667187. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1446144/. 
  57. ^ 第1回自殺意識調査 日本財団
  58. ^ データが語る、路地のロジック!”. sr.rois.ac.jp. 2024年2月5日閲覧。
  59. ^ 日本で最も自殺の少ない町の秘密を解き明かすJ-CASTニュース(2016年02月04日更新)
  60. ^ 岡檀『生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由がある』講談社
  61. ^ 庵野秀明監督、ネット中傷で「どうでもよくなった」。自死考えた過去も明かす。NHK番組に大きな反響 更新日:2021年03月23日、参照日:2021年03月23日 ハフィントン・ポスト
  62. ^ 『俘虜生活四ヶ年の回顧』昭和22年
  63. ^ a b c 日本放送協会. ““戦後日本人第一号”~真珠湾攻撃の捕虜・酒巻和男の生涯”. NHKニュース. 2022年6月11日閲覧。
  64. ^ 若田悠希:自殺防止ホットラインを曲名にした人気ラッパーの楽曲、大勢の若者を救っていた【調査結果】ハフポスト(2021年12月26日更新)2022年9月8日閲覧
  65. ^ 身近な人の自殺を経験した人に - 岐阜県公式ホームページ(精神保健福祉センター)”. www.pref.gifu.lg.jp. 2022年3月27日閲覧。
  66. ^ Gliatto, MF; Rai, AK (15 March 1999). “Evaluation and treatment of patients with suicidal ideation.”. American family physician 59 (6): 1500-6. PMID 10193592. 
  67. ^ ザワヒリ容疑者「殉教作戦800件」ビデオ声明で成果”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). 2009年3月14日閲覧。
  68. ^ 「自殺学: その治療と予防のために」 p208,稲村博 ,1977
  69. ^ E・S・シュナイドマン『自殺とは何か』誠信書房、1993年
  70. ^ 警察庁統計『自殺の概要』。「遺書らしきモノが自筆」と認定されたとしても、筆跡が不自然に乱れているモノなどは脅されて書かされた場合も有り得る。
  71. ^ 世界保健機関 2014, Table.1.
  72. ^ a b c d e 世界保健機関 2014.
  73. ^ (世界保健機関 & 2011-10-30)."Intentional self-harm (X60-X84)"
  74. ^ (厚生労働省 & 2011-10-30).分類番号20200、分類名「自殺」、基本分類コードX60-X84
  75. ^ “年間自殺者100万人、世界自殺予防デーを前にWHOが報告書”. AFPBB News. (2012年9月10日). https://www.afpbb.com/articles/-/2899953 2013年12月30日閲覧。 
  76. ^ (Krug 2002). p.10. "TABLE 1.2 Estimated global violence-related deaths, 2000"
  77. ^ (共同通信 2002)「【ジュネーブ3日共同】世界保健機関(WHO)は3日、内戦や紛争、殺人、自殺により世界で毎年約165万人が死亡していると警告した「暴力と健康に関する世界報告」を発表した。疾病対策が主体のWHOとしては今回の報告は初の試み。今後はこうした「暴力による死傷者」も公衆衛生問題として対策に取り組む。報告によると、自殺による死者は年間約82万人で、殺人は52万人、内戦など紛争関連の死者は31万人に達した。」
  78. ^ “年間自殺者100万人、世界自殺予防デーを前にWHOが報告書”. AFPBB News. (2012年9月10日). https://www.afpbb.com/articles/-/2899953 2015年9月22日閲覧。 
  79. ^ 「医師が語る 自殺する人と、踏みとどまる人の違い」 日経Gooday 30+
  80. ^ 世界保健機関 2014, p. 29.
  81. ^ 小笠原遥 (2019年9月10日). “世界では40 秒に1人が自殺。WHO、世界の自殺者に関する報告書を発表。”. ハフィントン・ポスト. https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d7742fee4b0fde50c2c2464 2019年9月13日閲覧。 
  82. ^ カトリーヌ・ヴィダル 著、金子ゆき子 訳『脳と性と能力』ドロテ・ブノワ=ブロウエズ、集英社集英社新書〉、2007年6月15日(原著2005年2月3日)。ISBN 978-4-08-720396-7http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0396-g/index.html 
  83. ^ 【論文出版】酪農・畜産産出額が高い地域で高い自殺率”. 20230204閲覧。
  84. ^ “日本6位 先進国で最悪レベル 厚労省分析”. 毎日新聞. (2017年5月19日). https://mainichi.jp/articles/20170519/ddm/041/040/170000c 2018年11月10日閲覧。 
  85. ^ 自殺を予防する世界の優先課題. 世界保健機関、国立精神・神経医療研究センター. (2014-9-5). https://hdl.handle.net/10665/131056 2018年11月10日閲覧。. , hdl:10665/131056
  86. ^ Karch DL, Logan J, Patel N (August 2011). "Surveillance for violent deaths--National Violent Death Reporting System, 16 states, 2008". Morbidity and Mortality Weekly Report. Surveillance Summaries. 60 (10): 1–49. PMID 21866088
  87. ^ a b Hawton, Keith; Saunders, Kate EA; O'Connor, Rory C. (2012-06-23). “Self-harm and suicide in adolescents” (English). The Lancet 379 (9834): 2373-2382. doi:10.1016/S0140-6736(12)60322-5. ISSN 0140-6736. PMID 22726518. https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(12)60322-5/abstract. 
  88. ^ Suicide Risk and Protective Factors|Suicide|Violence Prevention|Injury Center|CDC” (英語). www.cdc.gov (2019年4月25日). 2019年7月29日閲覧。
  89. ^ Zalsman, Gil; Hawton, Keith; Wasserman, Danuta; Heeringen, Kees van; Arensman, Ella; Sarchiapone, Marco; Carli, Vladimir; Höschl, Cyril et al. (2016-07-01). “Suicide prevention strategies revisited: 10-year systematic review” (English). The Lancet Psychiatry 3 (7): 646-659. doi:10.1016/S2215-0366(16)30030-X. ISSN 2215-0366. https://www.thelancet.com/journals/lanpsy/article/PIIS2215-0366(16)30030-X/abstract. 
  90. ^ Vijayakumar, Lakshmi; Kumar, M.; Vijayakumar, Vinayak (2011-05). “Substance use and suicide” (ENGLISH). Current Opinion in Psychiatry 24 (3): 197-202. doi:10.1097/YCO.0b013e3283459242. ISSN 0951-7367. PMID 21430536. http://insights.ovid.com/. 
  91. ^ a b c d Chang, Bernard; Gitlin, David; Patel, Ronak (2011-09). “The depressed patient and suicidal patient in the emergency department: evidence-based management and treatment strategies”. Emergency Medicine Practice 13 (9): 1-23; quiz 23-24. ISSN 1524-1971. PMID 22164363. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22164363. 
  92. ^ Simpson G, Tate R (December 2007). "Suicidality in people surviving a traumatic brain injury: prevalence, risk factors and implications for clinical management". Brain Injury. 21 (13–14): 1335–1351. doi:10.1080/02699050701785542. PMID 18066936
  93. ^ Miller M, Azrael D, Barber C (April 2012). "Suicide mortality in the United States: the importance of attending to method in understanding population-level disparities in the burden of suicide". Annual Review of Public Health. 33: 393–408. doi:10.1146/annurev-publhealth-031811-124636. PMID 22224886
  94. ^ Qin P, Agerbo E, Mortensen PB (April 2003). "Suicide risk in relation to socioeconomic, demographic, psychiatric, and familial factors: a national register-based study of all suicides in Denmark, 1981-1997". The American Journal of Psychiatry. 160 (4): 765–772. doi:10.1176/appi.ajp.160.4.765. PMID 12668367
  95. ^ Centers for Disease Control Prevention (CDC) (May 2013). “Suicide among adults aged 35-64 years--United States, 1999-2010”. MMWR. Morbidity and Mortality Weekly Report 62 (17): 321-325. PMC 4604925. PMID 23636024. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4604925/. 
  96. ^ Turecki, Gustavo; Brent, David A. (2016-03-19). “Suicide and suicidal behaviour”. Lancet (London, England) 387 (10024): 1227-1239. doi:10.1016/S0140-6736(15)00234-2. ISSN 0140-6736. PMC 5319859. PMID 26385066. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5319859/. 
  97. ^ Gilliland, Burl; James, Richard (2012-05-08). Crisis intervention strategies (7th ed.). Belmont, CA: Brooks/Cole. p. 215. ISBN 978-1-111-18677-7. オリジナルの2015-10-03時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151003151518/https://books.google.com/books?id=E2sKf-sexZwC&pg=PA215 
  98. ^ Rozanov V, Carli V (July 2012). "Suicide among war veterans". International Journal of Environmental Research and Public Health. 9 (7): 2504–2519. doi:10.3390/ijerph9072504. PMC 3407917. PMID 22851956
  99. ^ Suicide Risk and Protective Factors|Suicide|Violence Prevention|Injury Center|CDC”. www.cdc.gov (2019年4月25日). 2019年6月17日閲覧。
  100. ^ a b c d e f g Brent DA, Melhem N (June 2008). "Familial transmission of suicidal behavior". The Psychiatric Clinics of North America. 31 (2): 157–177. doi:10.1016/j.psc.2008.02.001. PMC 2440417. PMID 18439442
  101. ^ 世界保健機関 2014, Individual risk factors.
  102. ^ a b c Tintinalli's emergency medicine : a comprehensive study guide. Tintinalli, Judith E., Stapczynski, J. Stephan. (7th ed ed.). New York: McGraw-Hill. (2011). ISBN 978-0-07-148480-0. OCLC 646388436. https://www.worldcat.org/oclc/646388436 
  103. ^ Greydanus DE, Shek D (September 2009). "Deliberate self-harm and suicide in adolescents". The Keio Journal of Medicine. 58 (3): 144–151. doi:10.2302/kjm.58.144. PMID 19826208
  104. ^ CG133:Self-harm: longer-term management (Report). 英国国立医療技術評価機構. 2011年11月. Introduction.
  105. ^ a b Bertolote JM, Fleischmann A (2002-10). “Suicide and psychiatric diagnosis: a worldwide perspective”. World Psychiatry 1 (3): 181-185. PMC 1489848. PMID 16946849. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1489848/. 
  106. ^ a b 山田光彦「海外における自殺対策の取り組みとエビデンス (特集 わが国の自殺の現状と対策)」『学術の動向』第13巻第3号、財団法人日本学術協力財団、2008年、20-25頁、doi:10.5363/tits.13.3_20NAID 130001751821 
  107. ^ Lieb K, Zanarini MC, Schmahl C, Linehan MM, Bohus M (2004). "Borderline personality disorder". Lancet. 364 (9432): 453–461. doi:10.1016/S0140-6736(04)16770-6. PMID 15288745. Between 40% and 65% of individuals who commit suicide meet criteria for a personality disorder, with borderline personality disorder being the most commonly associated.
  108. ^ van Os J, Kapur S (August 2009). "Schizophrenia" (PDF). Lancet. 374 (9690): 635–645. doi:10.1016/S0140-6736(09)60995-8. PMID 19700006
  109. ^ “うつ病患者3億5千万人と推定 WHO、自殺者の過半数”. 47NEWS共同通信. (2012年10月9日). https://web.archive.org/web/20121011231601/http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012100901002320.html 
  110. ^ a b Pirkis J, Burgess P (December 1998). "Suicide and recency of health care contacts. A systematic review". The British Journal of Psychiatry. 173 (6): 462–474. doi:10.1192/bjp.173.6.462. PMID 9926074
  111. ^ Luoma JB, Martin CE, Pearson JL (June 2002). "Contact with mental health and primary care providers before suicide: a review of the evidence". The American Journal of Psychiatry. 159 (6): 909–916. doi:10.1176/appi.ajp.159.6.909. PMC 5072576. PMID 12042175
  112. ^ Amos, T.; Appleby, L.; Shaw, J. (1997). “National Confidential Inquiry into Suicide and Homicide by People with Mental Illness: recent developments”. International Journal of Psychiatry in Clinical Practice 1 (1): 69-71. doi:10.3109/13651509709069207. ISSN 1365-1501. PMID 24926983. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24926983. 
  113. ^ Sharma T, Guski LS, Freund N, Gøtzsche PC (January 2016). "Suicidality and aggression during antidepressant treatment: systematic review and meta-analyses based on clinical study reports". BMJ. 352: i65. doi:10.1136/bmj.i65. PMC 4729837. PMID 26819231
  114. ^ a b c Suicide Risk and Protective Factors|Suicide|Violence Prevention|Injury Center|CDC” (英語). www.cdc.gov (2019年9月16日). 2019年11月24日閲覧。
  115. ^ Perrotto, Jerome D. Levin, Joseph Culkin, Richard S. (2001). Introduction to chemical dependency counseling. Northvale, N.J.: Jason Aronson. pp. 150-152. ISBN 978-0-7657-0289-0. https://books.google.com/?id=felzn3Ntd-cC&pg=RA1-PA151 
  116. ^ a b c d e f g Vijayakumar, L; Kumar, MS; Vijayakumar, V (May 2011). “Substance use and suicide”. Current opinion in psychiatry 24 (3): 197-202. doi:10.1097/YCO.0b013e3283459242. PMID 21430536. 
  117. ^ a b Fadem, Barbara (2004). Behavioral science in medicine. Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins. p. 217. ISBN 978-0-7817-3669-5 
  118. ^ Youssef NA, Rich CL (2008). “Does acute treatment with sedatives/hypnotics for anxiety in depressed patients affect suicide risk? A literature review”. Ann Clin Psychiatry 20 (3): 157-169. doi:10.1080/10401230802177698. PMID 18633742. 
  119. ^ a b Sher, L (January 2006). “Alcohol consumption and suicide”. QJM : monthly journal of the Association of Physicians 99 (1): 57-61. doi:10.1093/qjmed/hci146. PMID 16287907. 
  120. ^ Darke S, Ross J (November 2002). “Suicide among heroin users: rates, risk factors and methods”. Addiction 97 (11): 1383-1394. doi:10.1046/j.1360-0443.2002.00214.x. PMID 12410779. http://onlinelibrary.wiley.com/resolve/openurl?genre=article&sid=nlm:pubmed&issn=0965-2140&date=2002&volume=97&issue=11&spage=1383. 
  121. ^ Sher L (2007). “Functional magnetic resonance imaging in studies of the neurobiology of suicidal behavior in adolescents with alcohol use disorders”. Int J Adolesc Med Health 19 (1): 11-18. doi:10.1515/ijamh.2007.19.1.11. PMID 17458319. 
  122. ^ Darke, S; Kaye, S; McKetin, R; Duflou, J (May 2008). “Major physical and psychological harms of methamphetamine use”. Drug and alcohol review 27 (3): 253-262. doi:10.1080/09595230801923702. PMID 18368606. 
  123. ^ Jr, Frank J. Ayd, (2000). Lexicon of psychiatry, neurology, and the neurosciences (2nd ed.). Philadelphia [u.a.]: Lippincott Williams & Wilkins. p. 256. ISBN 978-0-7817-2468-5. https://books.google.com/books?id=ea_QVG2BFy8C&q=256 
  124. ^ a b Hughes, JR (Dec 1, 2008). “Smoking and suicide: a brief overview”. Drug and alcohol dependence 98 (3): 169-178. doi:10.1016/j.drugalcdep.2008.06.003. PMC 2585177. PMID 18676099. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2585177/. 
  125. ^ Hughes, John R. (2008). “Smoking and suicide: A brief overview”. Drug and Alcohol Dependence 98 (3): 169-178. doi:10.1016/j.drugalcdep.2008.06.003. PMC 2585177. PMID 18676099. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2585177/. 
  126. ^ Iwasaki M,et al.Cigarette smoking and completed suicide among middle-aged men: a population-based cohort study in Japan.Ann Epidemiol. 2005 Apr;15(4):286-92.
  127. ^ 国立がん研究センター「たばこと自殺について」Iwasaki Mらの2005年の研究の要約
  128. ^ Hooman, Sharifi; Zahra, Hessami; Safa, Mitra; et al. (2013). “Association between cigarette smoking and suicide in psychiatric inpatients”. Tobacco Induced Diseases 11 (1): 5. doi:10.1186/1617-9625-11-5. PMC 3586371. PMID 23419005. https://tobaccoinduceddiseases.biomedcentral.com/articles/10.1186/1617-9625-11-5. 
  129. ^ a b c Chehil, Sonia. (2012). Suicide risk management : a manual for health professionals. Kutcher, Stanley P. (2nd ed ed.). Chichester, West Sussex: Wiley-Blackwell. ISBN 978-1-119-95312-8. OCLC 779616882. https://www.worldcat.org/oclc/779616882 
  130. ^ a b c d e O'Connor RC, Nock MK (June 2014). "The psychology of suicidal behaviour". The Lancet. Psychiatry. 1 (1): 73–85. doi:10.1016/S2215-0366(14)70222-6. PMID 26360404
  131. ^ Bostwick JM, Rackley SJ (June 2007). "Completed suicide in medical/surgical patients: who is at risk?". Current Psychiatry Reports. 9 (3): 242–246. doi:10.1007/s11920-007-0026-6. PMID 17521522
  132. ^ a b Joiner TE, Brown JS, Wingate LR (2005). "The psychology and neurobiology of suicidal behavior". Annual Review of Psychology. 56: 287–314. doi:10.1146/annurev.psych.56.091103.070320. PMID 15709937
  133. ^ Van Orden K, Conwell Y (June 2011). "Suicides in late life". Current Psychiatry Reports. 13 (3): 234–241. doi:10.1007/s11920-011-0193-3. PMC 3085020. PMID 21369952
  134. ^ a b Turecki G, Brent DA (March 2016). "Suicide and suicidal behaviour". Lancet. 387 (10024): 1227–1239. doi:10.1016/S0140-6736(15)00234-2. PMC 5319859. PMID 26385066
  135. ^ Turecki G (December 2013). "Polyamines and suicide risk". Molecular Psychiatry. 18 (12): 1242–1243. doi:10.1038/mp.2013.153. PMC 5293538. PMID 24166408
  136. ^ Nemeroff CB, Owens MJ, Bissette G, Andorn AC, Stanley M (June 1988). "Reduced corticotropin releasing factor binding sites in the frontal cortex of suicide victims". Archives of General Psychiatry. 45 (6): 577–579. doi:10.1001/archpsyc.1988.01800300075009. PMID 2837159
  137. ^ カトリーヌ・ヴィダル、ドロテ・ブノワ=ブロウエズ『脳と性と能力』(集英社新書)[要ページ番号]
  138. ^ Stark CR, Riordan V, O'Connor R (2011). "A conceptual model of suicide in rural areas". Rural and Remote Health. 11 (2): 1622. PMID 21702640
  139. ^ Daly, Mary; Wilson, Daniel; Johnson, Norman (2012-09-01). “Relative Status and Well-Being: Evidence from U.S. Suicide Deaths”. Federal Reserve Bank of San Francisco, Working Paper Series: 01-52. doi:10.24148/wp2012-16. https://doi.org/10.24148/wp2012-16. 
  140. ^ Lerner, George (2010年1月5日). “Activist: Farmer suicides in India linked to debt, globalization”. CNN World. オリジナルの2013年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130116020225/http://articles.cnn.com/2010-01-05/world/india.farmer.suicides_1_farmer-suicides-andhra-pradesh-vandana-shiva?_s=PM%3AWORLD 2013年2月13日閲覧。 
  141. ^ Law S, Liu P (February 2008). "Suicide in China: unique demographic patterns and relationship to depressive disorder". Current Psychiatry Reports. 10 (1): 80–86. doi:10.1007/s11920-008-0014-5. PMID 18269899
  142. ^ 橘玲『大震災』の後で人生について語るということ』(講談社、2011年)32頁
  143. ^ a b c 内閣府経済社会総合研究所「自殺の経済社会的要因に関する調査研究報告書」報告書本文1 (PDF)
  144. ^ 自殺対策支援センター ライフリンク『自殺実態白書2008』第一章 (PDF)
  145. ^ a b Koenig, Harold G. (2009-05). “Research on religion, spirituality, and mental health: a review”. Canadian Journal of Psychiatry. Revue Canadienne De Psychiatrie 54 (5): 283-291. doi:10.1177/070674370905400502. ISSN 0706-7437. PMID 19497160. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19497160. 
  146. ^ Zuckerman, Phil (2007). Martin, Michael. ed. The Cambridge Companion to Atheism. Cambridge Univ. Press. pp. 58-59. ISBN 978-0521603676. "Concerning suicide rates, religious nations fare better than secular nations. According to the 2003 World Health Organization’s report on international male suicides rates, of the top ten nations with the highest male suicide rates, all but one (Sri Lanka) are strongly irreligious nations with high levels of atheism. Of the top remaining nine nations leading the world in male suicide rates, all are former Soviet/Communist nations, such as Belarus, Ukraine, and Latvia. Of the bottom ten nations with the lowest male suicide rates, all are highly religious nations with statistically insignificant levels of organic atheism." 
  147. ^ a b Lester, David (2006-01-01). “Suicide and Islam”. Archives of Suicide Research 10 (1): 77-97. doi:10.1080/13811110500318489. ISSN 1381-1118. PMID 16287698. https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13811110500318489. 
  148. ^ Rezaeian M (2010). "Suicide among young Middle Eastern Muslim females". Crisis. 31 (1): 36–42. doi:10.1027/0227-5910/a000005. PMID 20197256
  149. ^ Cox WT, Abramson LY, Devine PG, Hollon SD (September 2012). "Stereotypes, Prejudice, and Depression: The Integrated Perspective". Perspectives on Psychological Science. 7 (5): 427–449. doi:10.1177/1745691612455204. PMID 26168502
  150. ^ Wegman HL, Stetler C (October 2009). "A meta-analytic review of the effects of childhood abuse on medical outcomes in adulthood". Psychosomatic Medicine. 71 (8): 805–812. doi:10.1097/PSY.0b013e3181bb2b46. PMID 19779142
  151. ^ Oswald SH, Heil K, Goldbeck L (June 2010). "History of maltreatment and mental health problems in foster children: a review of the literature". Journal of Pediatric Psychology. 35 (5): 462–472. doi:10.1093/jpepsy/jsp114. PMID 20007747
  152. ^ Brent, David A.; Melhem, Nadine (2008-06-01). “Familial Transmission of Suicidal Behavior”. Psychiatric Clinics of North America 31 (2): 157-177. doi:10.1016/j.psc.2008.02.001. ISSN 0193-953X. PMC 2440417. PMID 18439442. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0193953X08000257. 
  153. ^ Ports KA, Merrick MT, Stone DM, Wilkins NJ, Reed J, Ebin J, Ford DC (September 2017). "Adverse Childhood Experiences and Suicide Risk: Toward Comprehensive Prevention". American Journal of Preventive Medicine. 53 (3): 400–403. doi:10.1016/j.amepre.2017.03.015. PMC 5603224. PMID 28483301
  154. ^ a b O'Connor, Rory C.; Nock, Matthew K. (2014-06-01). “The psychology of suicidal behaviour” (English). The Lancet Psychiatry 1 (1): 73-85. doi:10.1016/S2215-0366(14)70222-6. ISSN 2215-0366. https://doi.org/10.1016/S2215-0366(14)70222-6. 
  155. ^ a b Turecki, Gustavo; Brent, David A. (2016-03-19). “Suicide and suicidal behaviour” (English). The Lancet 387 (10024): 1227-1239. doi:10.1016/S0140-6736(15)00234-2. ISSN 0140-6736. PMC 5319859. PMID 26385066. https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(15)00234-2/abstract. 
  156. ^ Pallanti, Stefano; Rossi, Nicolò Baldini; Hollander, Eric (2006), “11. Pathological Gambling”, in Hollander, Eric; Stein, Dan J., Clinical manual of impulse-control disorders, American Psychiatric Pub, p. 253, ISBN 978-1-58562-136-1, https://books.google.com/books?id=u2wVP8KJJtcC&pg=PA253 
  157. ^ a b Oliveira, MP; Silveira, DX; Silva, MT (June 2008). “Pathological gambling and its consequences for public health”. Revista de Saúde Pública 42 (3): 542-549. doi:10.1590/S0034-89102008005000026. PMID 18461253. 
  158. ^ Hansen, M; Rossow, I (Jan 17, 2008). “Gambling and suicidal behaviour”. Tidsskrift for den Norske laegeforening : tidsskrift for praktisk medicin, ny raekke 128 (2): 174-176. PMID 18202728. 
  159. ^ Manthorpe J, Iliffe S (December 2010). "Suicide in later life: public health and practitioner perspectives". International Journal of Geriatric Psychiatry. 25 (12): 1230–1238. doi:10.1002/gps.2473. PMID 20104515
  160. ^ Simpson, Grahame K.; Tate, Robyn L. (2007-08-20). “Preventing suicide after traumatic brain injury: implications for general practice”. The Medical Journal of Australia 187 (4): 229-232. ISSN 0025-729X. PMID 17708726. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17708726. 
  161. ^ a b Anguiano L, Mayer DK, Piven ML, Rosenstein D (July–August 2012). "A literature review of suicide in cancer patients". Cancer Nursing. 35 (4): E14-26. doi:10.1097/NCC.0b013e31822fc76c. PMID 21946906
  162. ^ Yip, Paul S.F. (2008). Suicide in Asia : causes and prevention. Hong Kong: Hong Kong University Press. p. 11. ISBN 978-962-209-943-2. https://books.google.com/books?id=HuHQbtlyM40C&pg=PA11 
  163. ^ “Sleep problems outperform depression and hopelessness as cross-sectional and longitudinal predictors of suicidal ideation and behavior in young adults in the military”. Journal of Affective Disorders 136 (3): 743-750. (February 2012). doi:10.1016/j.jad.2011.09.049. PMID 22032872. 
  164. ^ Bernert RA, Joiner TE, Cukrowicz KC, Schmidt NB, Krakow B (September 2005). "Suicidality and sleep disturbances". Sleep. 28 (9): 1135–1141. doi:10.1093/sleep/28.9.1135. PMID 16268383
  165. ^ Carley S, Hamilton M (November 2004). "Best evidence topic report. Suicide at christmas". Emergency Medicine Journal. 21 (6): 716–717. doi:10.1136/emj.2004.019703. PMC 1726490. PMID 15496706
  166. ^ Oliveira, Maria Paula Magalhães Tavares de; Silveira, Dartiu Xavier da; Silva, Maria Teresa Araujo (2008-06). “Jogo patológico e suas conseqüências para a saúde pública” (ポルトガル語). Revista de Saúde Pública 42 (3): 542-549. doi:10.1590/S0034-89102008005000026. ISSN 0034-8910. http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_abstract&pid=S0034-89102008000300022&lng=pt&nrm=iso&tlng=pt. 
  167. ^ a b WHO 2008.
  168. ^ Bohanna I, Wang X (2012). "Media guidelines for the responsible reporting of suicide: a review of effectiveness". Crisis. 33 (4): 190–198. doi:10.1027/0227-5910/a000137. PMID 22713977
  169. ^ Yip, Paul SF; Caine, Eric; Yousuf, Saman; Chang, Shu-Sen; Wu, Kevin Chien-Chang; Chen, Ying-Yeh (2012-06-23). “Means restriction for suicide prevention” (English). The Lancet 379 (9834): 2393-2399. doi:10.1016/S0140-6736(12)60521-2. ISSN 0140-6736. PMC 6191653. PMID 22726520. https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(12)60521-2/abstract. 
  170. ^ David Phillips Faculty Listing, Department of Sociology, UC SanDiego
  171. ^ a b c d 自殺予防総合対策センター 2004, Chapt.2.8.2 マスメディアに望むこと.
  172. ^ 政府が取り組むべき自殺対策 (PDF) ライフリンク
  173. ^ テレ朝、自宅前から中継で説明 「より慎重に対応」”. 毎日新聞 (2022年5月31日). 2022年5月31日閲覧。
  174. ^ AFSP: For the Media: Recommendations AFSP(American Foundation for Suicide Prevention)
  175. ^ 特集 自殺は防げる」『日経サイエンス』2003年5月。 
  176. ^ News Up その情報、信じますか? 広がる新型肺炎 - NHK
  177. ^ a b Moody, Harry R. (2010). Aging: concepts and controversies (6th ed.). Los Angeles: Pine Forge Press. p. 158. ISBN 978-1-4129-6966-6. https://books.google.com/books?id=qj8GS77QAgwC&pg=PA158 
  178. ^ a b Hales, Robert E; Simon, Robert I (2012). The American Psychiatric Publishing textbook of suicide assessment and management (2nd ed.). Washington, DC: American Psychiatric Pub.. p. 714. ISBN 978-1-58562-414-0. https://books.google.com/books?id=H8tigTjBCRkC&pg=PA714 
  179. ^ Sobh, Tarek (2010). Innovations and advances in computer sciences and engineering (Online-Ausg. ed.). Dordrecht: Springer Verlag. p. 503. ISBN 978-90-481-3658-2. https://books.google.com/books?id=B-Zf1sQZapMC&pg=PA503 
  180. ^ Rozanov, Vsevolod; Carli, Vladimir (2012/7). “Suicide among War Veterans” (英語). International Journal of Environmental Research and Public Health 9 (7): 2504-2519. doi:10.3390/ijerph9072504. PMC 3407917. PMID 22851956. https://www.mdpi.com/1660-4601/9/7/2504. 
  181. ^ Eliason S (2009). "Murder-suicide: a review of the recent literature". The Journal of the American Academy of Psychiatry and the Law. 37 (3): 371–376. PMID 19767502
  182. ^ Conejero I, Olié E, Courtet P, Calati R (2018). "Suicide in older adults: current perspectives". Clinical Interventions in Aging. 13: 691–699. doi:10.2147/CIA.S130670. PMC 5916258. PMID 29719381
  183. ^ a b Calabrò RS, Naro A, De Luca R, Russo M, Caccamo L, Manuli A, et al. (2016). "The Right to Die in Chronic Disorders of Consciousness: Can We Avoid the Slippery Slope Argument?". Innovations in Clinical Neuroscience. 13 (11–12): 12–24. PMC 5300707. PMID 28210521
  184. ^ Veatch, Robert M. (1997). Medical ethics (2nd ed.). Sudbury, MA: Jones and Bartlett. p. 292. ISBN 978-0-86720-974-7. https://books.google.com/books?id=UCOT4sj-DwUC&pg=PA292 
  185. ^ Warburton, N (2004). The Basics - Philosophy (4th ed.). New York: Routledge. ISBN 978-0-415-32773-2 
  186. ^ Gutman, Yisrael; Berenbaum, Michael (1998). Anatomy of the Auschwitz death camp (1st ed.). Bloomington: Publ. in association with the United States Holocaust Memorial Museum, Washington, D.C. by Indiana University Press. p. 400. ISBN 978-0-253-20884-2 
  187. ^ Kornblum, William; Smith, Carolyn D (2011-01-31). Sociology in a changing world (9th ed.). Belmont, CA: Wadsworth Cengage Learning. p. 27. ISBN 978-1-111-30157-6. https://books.google.com/books?id=DtKcG6qoY5AC&pg=PT51 
  188. ^ Campbell, Robert Jean (2004). Campbell's psychiatric dictionary (8th ed.). Oxford: Oxford University Press. p. 636. ISBN 978-0-19-515221-0. https://books.google.com/books?id=Vrlsos_O13UC&pg=PA636 
  189. ^ Williams A, While D, Windfuhr K, Bickley H, Hunt IM, Shaw J, et al. (2011). "Birthday blues: examining the association between birthday and suicide in a national sample". Crisis. 32 (3): 134–42. doi:10.1027/0227-5910/a000067. PMID 21616762
  190. ^ a b Loue, Sana (2008). Encyclopedia of aging and public health : with 19 tables. New York: Springer. p. 696. ISBN 978-0-387-33753-1 
  191. ^ “Evolutionary psychology. Controversies, questions, prospects, and limitations”. The American Psychologist 65 (2): 110-126. (1 January 2010). doi:10.1037/a0018413. PMID 20141266. 
  192. ^ a b OECD Date Suicide rates (Report). OECD. 2019. Chapt.1.6. doi:10.1787/a82f3459-en2020年7月27日閲覧。
  193. ^ a b c d Suicide: At a Glance (PDF) (Report). アメリカ疾病予防対策センター. 2012年. 2012年12月26日時点のオリジナル (PDF)よりアーカイブ。2012年12月26日閲覧
  194. ^ 財団法人国際医学情報センター 10 - 19歳の人々における自殺の方法
  195. ^ 児玉真美 (2012年10月1日). “安楽死や自殺幇助が合法化された国々で起こっていること”. シノドス. http://synodos.jp/society/1070 2013年12月22日閲覧。 
  196. ^ アンソニー・スウォフォード (2012年8月7日). “帰還後に自殺する若き米兵の叫び”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/08/post-2647_1.php 2013年12月22日閲覧。 
  197. ^ “米軍内の自殺増加、戦闘経験とは関連なし”. AFPBB News. (2013年8月15日). https://www.afpbb.com/articles/-/2960532 2013年12月30日閲覧。 
  198. ^ “米国の自殺率、1999年以降で24%増 政府統計”. AFPBB News. (2016年4月22日). https://www.afpbb.com/articles/-/3084983 2016年4月23日閲覧。 
  199. ^ a b “米国の自殺率、過去約20年で25%増加 CDC調査”. CNN. (2018年6月14日). https://www.cnn.co.jp/usa/35120779.html 2018年7月21日閲覧。 
  200. ^ ケビン・ビリングズ (2019年9月26日). “米空母で自殺が流行?1週間で3人、7月から4人”. ニューズウィーク. https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/1374.php 2019年10月19日閲覧。 
  201. ^ Margie Warrell (2018年6月9日). “The Rise And Rise Of Suicide: We Must Remove The Stigma Of Mental Illness” (英語). フォーブス. https://www.forbes.com/sites/margiewarrell/2018/06/09/the-rise-and-rise-of-suicide-we-must-remove-the-stigma-of-mental-illness 2020年6月14日閲覧。 
  202. ^ Current Trends Operational Criteria for Determining Suicide” (英語). アメリカ疾病予防管理センター (1988年12月23日). 2020年6月14日閲覧。
  203. ^ “自殺率高いカナダのイヌイット、政府に自殺防止対策の強化求める”. AFPBB News. (2009年9月11日). https://www.afpbb.com/articles/-/2640013 2013年12月30日閲覧。 
  204. ^ “中国人“ウルトラ・リッチガール”は「目立たないからアウディ」先住民は「毎晩のように自殺未遂」…カナダ版「天国と地獄」”. 産経新聞. (2016年5月2日). https://www.sankei.com/article/20160502-JQQES6YPZJLJXCRWV7GFVDBTLQ/ 2016年5月3日閲覧。 
  205. ^ 松永幸子、「近世イングランドにおける初期自殺論の特性 : ジョン・シムとジョン・ダンの場合」『東京大学大学院教育学研究科紀要』2003年 42巻 pp.11-20, doi:10.15083/00031466, 東京大学大学院教育学研究科
  206. ^ 中澤幸夫『話題別英単語 リンガメタリカ』Z会 226頁「医学・生命倫理(2) Theme11 欧米の安楽死への対応――ヴァチカンからオランダまで」
  207. ^ a b Thomas KH (2014-9-30). “Reporting of drug induced depression and fatal and non-fatal suicidal behaviour in the UK from 1998 to 2011.”. BMC Pharmacology and Toxicology 15 (54). doi:10.1186/2050-6511-15-54. PMC 4184159. PMID 25266008. https://bmcpharmacoltoxicol.biomedcentral.com/articles/10.1186/2050-6511-15-54. 
  208. ^ Ro/Accutane Action Groupアイルランドの首都ダブリンに拠点を置くイソトレチノイン被害者会)
  209. ^ “死のとば口で: 自殺率の低下は、助けを求める人が増えたため”. スイス放送協会. (2010年9月10日). http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=36748260 2013年12月30日閲覧。 
  210. ^ “「自殺幇助は合法」スイスの流儀”. ニューズウィーク. (2011年6月28日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/06/post-2168.php 2013年12月30日閲覧。 
  211. ^ “自殺ほう助クリニックによる安楽死件数、35%増 スイス”. AFPBB News. (2012年2月22日). https://www.afpbb.com/articles/-/2859717 2013年12月30日閲覧。 
  212. ^ “ヨーロッパでスイスほど銃による自殺が多い国はない。”. スイス放送協会. (2010年3月22日). http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=8413586 2013年12月30日閲覧。 
  213. ^ デュルケームの社会学(1)―『自殺論』を読む”. 2013年12月30日閲覧。[リンク切れ]
  214. ^ a b Laura Colby (2010年1月25日). “自殺多発するフランステレコムの闇-週35時間制がストレスの温床か”. Bloomberg. http://www.bloomberg.co.jp/news/123-KWNO4X0YHQ0Z01.html 2013年12月22日閲覧。 
  215. ^ a b c “自殺が増加 背景に失業率上昇 : ボンジュール!パリからの健康便り”. 読売新聞. (2013年9月26日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=85309 2013年12月22日閲覧。 
  216. ^ “フランステレコムの従業員が次々自殺、23人に”. AFPBB News. (2009年9月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/2643677 2013年12月22日閲覧。 
  217. ^ a b Béatrice LE BOHEC (2014年7月8日). “フランス、職場のストレス深刻化 人員削減などで自殺者も”. AFPBB News. https://www.afpbb.com/articles/-/3019880 2018年11月10日閲覧。 
  218. ^ “ベルギー、2人のティーンエージャーが学校で自殺”. ポートフォリオ・ベルギーニュース. (2008年5月24日). http://www.portfolio.nl/article/show/2095 2014年2月15日閲覧。 
  219. ^ “フィンランド、「自殺大国」の汚名を返上”. AFPBB News. (2007年9月15日). https://www.afpbb.com/articles/-/2282969 2013年12月22日閲覧。 
  220. ^ フィンランドにおける自殺対策 (PDF) 内閣府
  221. ^ “フランステレコムの従業員が次々自殺、23人に”. 日経ビジネスオンライン. (2006年6月21日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20060621/104822/ 2013年12月29日閲覧。 
  222. ^ “ロシアの自殺率、低下も世界平均上回る”. NNA.EU. (2013年12月13日). http://nna.jp/free_eu/news/20131213rur003A.html 2013年12月29日閲覧。 
  223. ^ 中国の自殺者、毎年25万人 死因の第5位に
  224. ^ a b c d 「自殺する女性15万人、家庭内暴力が原因」中国情報局サーチナ(2006年11月28日)
  225. ^ 2分に1人が自殺、原因トップは「夫の不倫」/Record China(2008年9月10日付配信)
  226. ^ “チベット僧侶がまた焼身自殺=政府に抗議-中国”. 時事通信. (2013年12月20日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013122000256 2013年12月30日閲覧。 
  227. ^ 中国ニュース通信社
  228. ^ 「急増する20代女性の自殺、同世代男性を上回る…なぜ?」 ハンギョレ新聞(韓国語)2009年8月21日
  229. ^ 自殺率1位の韓国中央日報(2012年9月9日)
  230. ^ [1]
  231. ^ “小学生2割が「自殺したい」の驚愕…“自殺共和国”といわれる韓国の特殊事情とは”. 日本経済新聞. (2014年8月4日). https://web.archive.org/web/20140804092846/http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140804/wlf14080407000001-n1.htm 2014年8月11日閲覧。 
  232. ^ “韓国の自殺率 OECDワースト続くも減少傾向”. 聯合ニュース. (2018年10月28日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/10/29/0200000000AJP20181029001000882.HTML 2018年11月10日閲覧。 
  233. ^ “韓国の「極端選択」死亡者、5年連続で減少”. 中央日報. (2018年9月20日). https://japanese.joins.com/article/347/245347.html 2018年9月22日閲覧。 
  234. ^ ノ・ヒョヌン; パク・ヒョンジョン (2019年9月25日). “下がっていた自殺率、昨年は反発…「1日37.5人」再びOECD 1位”. ハンギョレ. http://japan.hani.co.kr/arti/politics/34459.html 2019年10月27日閲覧。 
  235. ^ 문채석 (2021年9月28日). “작년 韓 사망자 30만명 돌파 '역대최다'…OECD 자살률 1위 유지” (朝鮮語). アジア経済新聞. https://www.asiae.co.kr/article/2021092804244040086 2021年10月1日閲覧。 
  236. ^ NZニュース 自殺者数が減少する一方で自殺未遂件数は増加
  237. ^ 平成19年版 自殺対策白書”. 自殺予防総合対策センター. 2013年12月30日閲覧。
  238. ^ ニュージーランド自殺予防活動計画”. 自殺予防総合対策センター. 2013年12月30日閲覧。
  239. ^ OECD 2014, Country press releases - Japan.
  240. ^ OECD 2013, p. 45.
  241. ^ 諸外国における自殺の現状” (PDF). 厚生労働省. 2018年9月22日閲覧。
  242. ^ a b c d e f g h i 世界保健機関 2014, Case example: Japan - suicide prevention in the face of socioeconomic change.
  243. ^ a b 【図解・社会】自殺者数の推移 時事ドットコム 2013年3月14日
  244. ^ a b c d e 厚生労働省社会・援護局総務課自殺対策推進室、警察庁生活安全局生活安全企画課『平成30年中における自殺の状況>第3章 平成30年中における自殺の内訳 (PDF)』(レポート)、2019年3月28日、23, 34, 35頁。2019年12月23日閲覧
  245. ^ 【図解・社会】自殺者数の推移 時事通信(2022年9月8日閲覧)
  246. ^ 4月の自殺者数、前年比約20%減”. TBS NEWS. 2020年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月12日閲覧。
  247. ^ a b c 「コロナ禍で自殺者3200人増、今後も増加か 東大試算」朝日新聞デジタル(2021年7月21日)2022年9月8日閲覧
  248. ^ a b c d ディーター・ビルンバッハー『生命倫理学:自然と利害関心の間』 加藤泰史・高畑祐人・中澤武訳 <叢書ウニベルシタス> 法政大学出版局 2018年、ISBN 978-4-588-01081-1 pp.247-263.
  249. ^ 20章
  250. ^ E・S・シュナイドマン『自殺とは何か』誠信書房、1993年、44, 45頁
  251. ^ 碓井真史『あなたが死んだら私は悲しい』いのちのことば社 178頁
  252. ^ ジュディス・ピーコック『10代のメンタルヘルス6 自殺』大月書店 47頁
  253. ^ 『聖書とハンディキャップ』一粒者 1991年
  254. ^ 『室町は今日もハードボイルド 日本中世のアナーキーな世界』、清水克行、2021年6月発行、新潮社、P163
  255. ^ 偕成社「偉人の話 二年生」のガラシャの章では、「首を打たせた」と記されている
  256. ^ 樋口清之著 『樋口博士のおもしろ雑学日本「意外」史』 三笠書房1989年 P218-219
  257. ^ Health at a Glance 2013 (Report). OECD. 2013年11月21日. Chapt.1.6. doi:10.1787/health_glance-2013-en
  258. ^ [2](中国語記事)
  259. ^ 額田坦 1968, p. 68.
  260. ^ 額田坦 1977, p. 418.
  261. ^ 伊藤正徳・5 1961, p. 285.
  262. ^ 戦史叢書93 1976, p. 475
  263. ^ 太佐順 2011, p. 302
  264. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 164
  265. ^ 新人物往来社 1995, p. 202
  266. ^ 阿川弘之 1992, 電子版, 位置No.387
  267. ^ 西部邁、黒鉄ヒロシ『もはや、これまで: 経綸酔狂問答』PHP研究所、2013年、213-214頁。 
  268. ^ アンソニー・スウォフォード (2012年8月7日). “帰還後に自殺する若き米兵の叫び”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/08/post-2647.php 2016年1月30日閲覧。 
  269. ^ この臨床例は、熊倉伸宏『死の欲動―臨床人間学ノート』新興医学出版社、2000年 ISBN 4-88002-423-6 などに詳しい。
  270. ^ 自殺未遂者・自殺者親族等のケアに関する検討会報告書 厚生労働省 平成20年3月
  271. ^ 厚生労働省 統計 手段別にみた自殺
  272. ^ 鶴見済完全自殺マニュアル太田出版、1993年7月7日、56-69頁。ASIN 4872331265ISBN 9784872331264http://www.ohtabooks.com/publish/1993/07/05202311.html2011年3月6日閲覧 
  273. ^ 未明のロジに爆風 はた迷惑 ガス自殺未遂『朝日新聞』1979年(昭和54年)7月23日夕刊 3版 7面
  274. ^ 一例として、大阪地裁昭和58年2月8日判決 判例タイムズ504号190頁
  275. ^ 世界保健機関 2014, Methods of suicide.
  276. ^ 上述の久留米大学医学部のサイト内を参照。
  277. ^ a b 向精神薬等の過量服薬を背景とする自殺について 障精発0624第1号/2号』(プレスリリース)厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/jisatsu/jisatsu_medicine.html2013年3月15日閲覧 
  278. ^ 英国国立医療技術評価機構 (2009年1月). Borderline personality disorder - Clinical guidelines CG78 (Report). National Institute for Health and Clinical Excellence.
  279. ^ 月刊丸2007年4月号
  280. ^ a b 鶴見済完全自殺マニュアル太田出版、1993年7月7日。ASIN 4872331265ISBN 9784872331264http://www.ohtabooks.com/publish/1993/07/05202311.html2011年3月6日閲覧 
  281. ^ 直前数日間の日照時間が少ないと鉄道自殺の危険性高まる…京都大研究グループ | レスポンス
  282. ^ 直前数日間の日照時間が少ないほど鉄道自殺の危険性が高いことが明らかに -鉄道自殺の予防に期待- 京都大学。2013年9月25日、京都大学研究グループ発表
  283. ^ a b J-CASTニュース「人身事故という名の「電車飛び込み自殺」「遺族に1億円請求」は都市伝説か」 2010年8月6日閲覧。
  284. ^ 神奈川新聞 2009年10月14日
  285. ^ ホーム防護柵:必要駅の16% コストネックで設置進まず-毎日.jp 2010年12月9日
  286. ^ 佐藤正樹 (2018年7月20日). “停車中にホームから落ちた人を自動検知…西武がセンサーで転落を知らせるシステムの実証実験 7月21日から”. Response.. 2020年1月30日閲覧。
  287. ^ ラボ・データ研究所/Q&A/005 血液の量は?
  288. ^ 渡辺淳一『自殺のすすめ』
  289. ^ a b 首相官邸近く 男性が焼身自殺図ったか 「国葬反対」文書:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年9月21日). 2022年9月21日閲覧。
  290. ^ Suicide Statistics米自殺統計
  291. ^ SuicideDeathsAndAttempts(自殺とその試み)
  292. ^ Suicides, Australia, 2005(オーストラリア統計局)
  293. ^ メルクマニュアル家庭版,102章 自殺行動
  294. ^ Repassez des Cercueils H. Werner
  295. ^ 61年米軍の原発暴走事故 実は技術者の自殺 三角関係悩み制御棒を引き抜く『朝日新聞』1979年(昭和54年)3月8日 13版 22面
  296. ^ エミール・デュルケーム (1897). 自殺論. New York: The Free Press (reprint, 1997), 327. ISBN 0-684-83632-7.
  297. ^ PDF (PDF) 自殺未遂による傷病に係る保険給付等について 厚生労働省保険局保険課長 2010年5月21日
  298. ^ “服役中の自死権認めず 仙台地裁、受刑者の請求棄却”. 河北新報. (2008年2月15日) 
  299. ^ Shorter, J. R.; Rueppell, O. (2011-12-04). “A review on self-destructive defense behaviors in social insects” (英語). Insectes Sociaux 59 (1): 1-10. doi:10.1007/s00040-011-0210-x. ISSN 0020-1812. http://libres.uncg.edu/ir/uncg/f/O_Rueppell_Review_2012.pdf. 
  300. ^ O'Hanlon, Larry (2010年3月10日). “Animal Suicide Sheds Light on Human Behavior”. Discovery News. オリジナルの2015年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150326032017/http://news.discovery.com/animals/zoo-animals/animal-suicide-behavior.htm 2013年8月16日閲覧。 
  301. ^ Chang, Kenneth (2008年8月25日). “In Salmonella Attack, Taking One for the Team”. The New York Times. オリジナルの2017年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170805103824/http://www.nytimes.com/2008/08/26/science/26obsalm.html?ref=science 
  302. ^ 川田十三夫, 佐藤成美, 山下彦王, 宅見賢二, 采見憲男, 渡辺健二「A型ボツリヌス菌の自己融解に関する研究:第1報 全菌の自己融解」『食品衛生学雑誌』第9巻第5号、日本食品衛生学会、1968年、358-363頁、doi:10.3358/shokueishi.9.358ISSN 0015-6426NAID 130003693927 
  303. ^ Jones, T.H.; Clark, D.A.; Edwards, A.A.; Davidson, D.W.; Spande, T.F. and Snelling, Roy R. (2004): "The Chemistry of Exploding Ants, Camponotus spp. (Cylindricus complex)". Journal of Chemical Ecology 30(8): 1479-1492. doi:10.1023/B:JOEC.0000042063.01424.28
  304. ^ あなたの知らないアリの世界「劣勢になると自爆する『ジバクアリ』」(アメーバニュース)
  305. ^ Nobel, Justin (Mar 19, 2010). “Do Animals Commit Suicide? A Scientific Debate”. Time. http://www.time.com/time/health/article/0,8599,1973486,00.html. 
  306. ^ Stoff DM, Mann JJ (December 1997). "Suicide research. Overview and introduction". Annals of the New York Academy of Sciences. 836 (1): 1–11. Bibcode:1997NYASA.836....1S. doi:10.1111/j.1749-6632.1997.tb52352.x. PMID 9616791. S2CID 31876340
  307. ^ Many animals seem to kill themselves, but it is not suicide”. BBC (2016年7月6日). 2017年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月20日閲覧。
  308. ^ 若杉透「近代サッカーにおける得点パターンの一考察(3)」『日本歯科大学紀要. 一般教育系』第22巻、日本歯科大学、1993年3月、145-161頁、doi:10.14983/00000413ISSN 0385-1605NAID 120005406779 






自殺と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自殺」の関連用語

1
とびおりじさつし 活用形辞書
90% |||||

2
とびおりじさつしろ 活用形辞書
90% |||||

3
とびおりじさつせよ 活用形辞書
90% |||||

4
とびこみじさつし 活用形辞書
90% |||||

5
とびこみじさつしろ 活用形辞書
90% |||||

6
とびこみじさつせよ 活用形辞書
90% |||||

7
とびおりじさつさす 活用形辞書
76% |||||

8
76% |||||

9
とびおりじさつされ 活用形辞書
76% |||||

10
76% |||||

自殺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自殺のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS