抑鬱とは?

よく‐うつ【抑鬱】

気持ちが沈んで晴れ晴れしないこと。

[補説] 医学的には、抑うつ気分抑うつ症状うつ病の3段階分けられる。


抑うつ

(抑鬱 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 20:20 UTC 版)

抑うつ抑鬱、抑欝、よくうつ、depression)とは、気分が落ち込んで活動を嫌っている状況であり、そのため思考、行動、感情、幸福感に影響が出ている状況のこと[1]。抑うつというだけでは原因不明の症状である[2]。うつ状態とは、状態像であり、抑うつの症状が精神状態の中心となっていることを意味する。


  1. ^ Salmans, Sandra (1997). Depression: Questions You Have – Answers You Need. People's Medical Society. ISBN 978-1-882606-14-6 
  2. ^ 野村総一郎・編集『抑うつの鑑別を究める』医学書院〈精神科臨床エキスパート〉、2014年、7頁。ISBN 978-4-260-01970-5
  3. ^ a b c アメリカ精神医学会 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』、日本精神神経学会日本語版用語監修・高橋三郎・大野裕監訳・染矢俊幸・神庭重信・尾崎紀夫・三村將・村井俊哉医学書院、2014年6月30日、20、161、801頁。ISBN 978-4260019071 
  4. ^ a b c d 春日武彦 『病んだ家族、散乱した室内 : 援助者にとっての不全感と困惑について』 医学書院、2001年9月、113-119頁。ISBN 9784260331548 
  5. ^ a b 世界保健機関、(翻訳)融道男、小見山実、大久保善朗、中根允文、岡崎祐士『ICD‐10精神および行動の障害:臨床記述と診断ガイドライン』医学書院、2005年、新訂版、57-58頁。ISBN 978-4-260-00133-5世界保健機関 (1992) (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders : Clinical descriptions and diagnostic guidelines (blue book). World Health Organization. http://www.who.int/classifications/icd/en/bluebook.pdf 
  6. ^ a b c d アレン・フランセス『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』金剛出版、2014年3月、53-55頁。ISBN 978-4772413527
  7. ^ a b 宮岡等『うつ病医療の危機』日本評論社、2014年、36、103。ISBN 978-4535984110
  8. ^ a b 宮岡等『うつ病医療の危機』日本評論社、2014年、45、142。ISBN 978-4535984110
  9. ^ a b Factsheet - Depression (Report). WHO. (2015-08). http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs369/en/. 
  10. ^ 宮岡等『うつ病医療の危機』日本評論社、2014年、72-76、173-175。ISBN 978-4535984110
  11. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 (2009-08). CG90: Depression in adults (Report). pp. Chapt.1.4.4. http://www.nice.org.uk/CG90. 
  12. ^ a b 日本うつ病学会; 気分障害のガイドライン作成委員会 (2012-07-26) (pdf). 日本うつ病学会治療ガイドライン (Report) (2012 Ver.1 ed.). http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf. 
  13. ^ a b mhGAP Intervention Guide for mental, neurological and substance use disorders in non-specialized health settings (Report). 世界保健機関. (2010). DEP. ISBN 978-92-4-154806-9. http://www.who.int/mental_health/publications/mhGAP_intervention_guide/en/. 
  14. ^ Ge L, Yap CW, Ong R, Heng BH (2017). “Social isolation, loneliness and their relationships with depressive symptoms: A population-based study”. PLoS ONE (8): e0182145. doi:10.1371/journal.pone.0182145. PMC: 5568112. PMID 28832594. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0182145. 
  15. ^ Schmidt, Peter (2005). “Mood, Depression, and Reproductive Hormones in the Menopausal Transition”. The American Journal of Medicine 118 Suppl 12B (12): 54–8. doi:10.1016/j.amjmed.2005.09.033. PMID 16414327. 
  16. ^ Rashid, T.; Heider, I. (2008). “Life Events and Depression”. Annals of Punjab Medical College 2 (1). http://www.pmc.edu.pk/Downloads/apmc/apmc_v2n1/Life%20Events%20And%20Depression.pdf 2012年10月15日閲覧。. [リンク切れ]
  17. ^ Heim, Christine; Newport, D. Jeffrey; Mletzko, Tanja; Miller, Andrew H.; Nemeroff, Charles B. (2008). “The link between childhood trauma and depression: Insights from HPA axis studies in humans”. Psychoneuroendocrinology 33 (6): 693–710. doi:10.1016/j.psyneuen.2008.03.008. ISSN 03064530. 
  18. ^ Jonathan Hill. “Childhood trauma and depression”. Current Opinion in Psychiatry 16 (1): 3–6. http://journals.lww.com/co-psychiatry/Abstract/2003/01000/Childhood_trauma_and_depression.2.aspx 2014年4月20日閲覧。. 
  19. ^ Pillemer, Karl; Suitor, J. Jill; Pardo, Seth; Henderson Jr, Charles (2010). “Mothers' Differentiation and Depressive Symptoms Among Adult Children”. Journal of Marriage and Family 72 (2): 333–345. doi:10.1111/j.1741-3737.2010.00703.x. PMC: 2894713. PMID 20607119. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2894713/. 
  20. ^ Murray ED, Buttner N, Price BH. (2012) Depression and Psychosis in Neurological Practice. In: Neurology in Clinical Practice, 6th Edition. Bradley WG, Daroff RB, Fenichel GM, Jankovic J (eds.) Butterworth Heinemann. April 12, 2012. ISBN 978-1437704341
  21. ^ Saravane, D; Feve, B; Frances, Y; Corruble, E; Lancon, C; Chanson, P; Maison, P; Terra, JL et al. (2009). “Drawing up guidelines for the attendance of physical health of patients with severe mental illness”. L'Encephale 35 (4): 330–9. doi:10.1016/j.encep.2008.10.014. PMID 19748369. 
  22. ^ Rustad, JK; Musselman, DL; Nemeroff, CB (2011). “The relationship of depression and diabetes: Pathophysiological and treatment implications”. Psychoneuroendocrinology 36 (9): 1276–86. doi:10.1016/j.psyneuen.2011.03.005. PMID 21474250. 
  23. ^ Li, M; Fitzgerald, P; Rodin, G (2012). “Evidence-based treatment of depression in patients with cancer”. Journal of clinical oncology : official journal of the American Society of Clinical Oncology 30 (11): 1187–96. doi:10.1200/JCO.2011.39.7372. PMID 22412144. 
  24. ^ Griffith JP, Zarrouf FA (2008). “A systematic review of chronic fatigue syndrome: don't assume it's depression”. Prim Care Companion J Clin Psychiatry (2): 120–8. doi:10.4088/PCC.v10n0206. PMC: 2292451. PMID 18458765. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2292451/. 
  25. ^ Hidese S, Saito K, Asano S, Kunugi H (July 2018). “Association between iron-deficiency anemia and depression: A web-based Japanese investigation”. Psychiatry Clin. Neurosci. (7): 513–521. doi:10.1111/pcn.12656. PMID 29603506. 
  26. ^ Zwolinski, Richard and Zwolinski, C.R. Depression and Substance Abuse: The Chicken or the Egg? psychcentral.com
  27. ^ 堀川直史、野村総一郎・編集「薬剤性精神障害」『抑うつの鑑別を究める』医学書院〈精神科臨床エキスパート〉、2014年、143-151頁。ISBN 978-4-260-01970-5
  28. ^ NIMH · Depression”. アメリカ国立精神衛生研究所. 2012年8月15日閲覧。
  29. ^ Gabbard, Glen O.. Treatment of Psychiatric Disorders. 2 (3rd ed.). Washington, DC: American Psychiatric Publishing. p. 1296 
  30. ^ アメリカ精神医学会 (2000a). Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fourth Edition, Text Revision: DSM-IV-TR. Washington, DC: American Psychiatric Publishing, Inc.. ISBN 0-89042-025-4 
  31. ^ Vieweg, W. V.; Fernandez, D. A.; Beatty-Brooks, M; Hettema, J. M.; Pandurangi, A. K.; Pandurangi, Anand K. (May 2006). “Posttraumatic Stress Disorder: Clinical Features, Pathophysiology, and Treatment”. Am. J. Med. 119 (5): 383–90. doi:10.1016/j.amjmed.2005.09.027. PMID 16651048. 
  32. ^ Kovacs, M. (1992). Children's Depression Inventory. North Tonawanda, NY: Multi-Health Systems, Inc.
  33. ^ Cheog J et al. for PsychCentral.com. Last reviewed August 26, 2010. Frequently Asked Questions About Depression Accessed May 11, 2013
  34. ^ 世界保健機関 (2013) (pdf). Guidelines for the Management of Conditions Specifically Related to Stress. World Health Organization. ISBN 978-92-4-150540-6. http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/85119/1/9789241505406_eng.pdf 2014年1月19日閲覧。 
  35. ^ “WHO releases guidance on mental health care after trauma”. 世界保健機関. (2013年8月6日). http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2013/trauma_mental_health_20130806/en/ 2014年8月2日閲覧。 
  36. ^ a b 柞野卓司、石津憲一郎、下津芳幸 (2011). 中学生における認知行動療法を生かした心理教育的な授業の効果-抑うつスキーマおよび自動思考に与える影響について-. 富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター 教育実践研究 (5), 69-83, 2011-01, NAID 120002772279, doi:10.15099/00001199
  37. ^ a b c d 白石智子、松下健、田中乙菜 ほか (2013). 大学生を対象とした集団認知行動療法による抑うつ対処・予防プログラム-効果につながる要因の予備的検討-. 宇都宮大学教育学部紀要, 2013年, 63, 13-19, NAID 110009560256
  38. ^ a b c d 及川恵、西川正行、坂本真士 (2014). 大規模授業を活用した抑うつ予防のための心理教育プログラムの開発-女子大学生を対象とした実践-. 東京学芸大学紀要, 65, 153-160.
  39. ^ 前田勇子 (2010). 重度外傷患者の心理的側面に関する研究-退院後の質問紙調査による検討-. 甲南女子大学研究紀要 看護学・リハビリテーション学編, 4, 211-221, NAID 120005182224
  40. ^ a b c Werner-Seidler, A., Perry, Y., Calear, A. L., Newby, J. M., Christensen, H. (2017). School-based depression and anxiety prevention programs for young people: A systematic review and meta-analysis. Clinical Psychology Review, 51, 30-47.
  41. ^ a b 伊藤拓、及川恵、西河正行 (2013). 英国, 米国の学生相談機関による集団形式のプログラムの展望-日本における精神的不適応予防のための集団形式のプログラム実施のポイントの検討-. 明治学院大学心理学紀要, 23, 123-136, hdl:10723/1742
  42. ^ a b 堀口美智子 (2008). 子供の不安症、抑うつの予防介入プログラム : "FRIENDS"導入の可能性の検討. 格差センシティブな人間発達科学の創成, 3, 47-55.
  43. ^ 上田敏子、窪田辰政、大石哲夫 ほか (2014). 大学生を対象とした抑うつ予防プログラム -文献レビュー-. 静岡産業大学情報学部研究紀要, 16, 1-8.
  44. ^ 曽賀愛未、境泉洋、戸ヶ﨑泰子 (2017). 小学3年生を対象とした抑うつ予防プログラムの効果 : ポジティブな自己陳述の表出促進に焦点をあてて. 徳島大学総合科学部人間科学研究, 25, 23-35, NAID 120006460922
  45. ^ 髙橋 高人・松原 耕平・中野 聡之・佐藤 正二 (2018). 【原著】中学生に対する認知行動的抑うつ予防プログラムの効果 -2年間のフォローアップ測定による標準群との比較- 教育心理学研究 2018年 66巻 1号 p.81-94, doi:10.5926/jjep.66.81
  46. ^ 堤亜美 (2015). 中学・高校生に対する抑うつ予防心理教育プログラムの効果の検討 教育心理学研究 2015年 63巻 3号 p.323-337, doi:10.5926/jjep.63.323


「抑うつ」の続きの解説一覧

抑鬱

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 20:45 UTC 版)

名詞

よくうつ

  1. ふさぐこと。気分沈み不快なこと。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「抑鬱」の関連用語

抑鬱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



抑鬱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抑うつ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの抑鬱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS