フジテレビジョン 歴史

フジテレビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 23:43 UTC 版)

歴史

フジテレビの旧ロゴ
(1959年-1986年)
旧有楽町本社(1961年頃)。ニッポン放送の本社に間借りしていた。
旧河田町本社(1961年頃)
旧河田町本社(1991年4月撮影)
河田町時代の本社跡地は、URに土地を売却の上で高級タワーマンションになっている(河田町コンフォガーデン)。第一別館は2009年までフジテレビが新宿支局として使っていた。

1950年代

  • 1957年6月、郵政省が「テレビジョン放送用周波数割当計画表」を発表、京浜地区に新たに3波が割り当てられた。この3波のうち、1波はNHK教育テレビに決定し、残り2波は民放総合局と民放教育専門局に分けた。そのうち、特に総合局の免許獲得競争が特に激しく、中央テレビジョン、アジアテレビジョン、芸術テレビジョン、東洋テレビジョン放送など各社が申請した。このうち、すでに民放ラジオ局としての経営実績を積み上げた文化放送とニッポン放送の連携を軸に、東宝、松竹、大映等の映画各社も加え、免許申請の1本化が進んだ[14]。翌7月に予備免許が交付された。その後、事業体として同年11月、東京都千代田区有楽町1丁目7番地(現在の有楽町1丁目9番3号)の糖業会館に資本金6億円で「株式会社富士テレビジョン」として設立(翌年12月に現在の商号に変更 ニッポン放送本社と同居)。
  • 1959年1月に東京都新宿区市谷河田町7番地(現在の新宿区河田町3番1号)に本社ビルを完成させ(本社所在地の変更は1962年)、同年3月1日に東京で3番目(総合局と教育局の区分による都合上で3番目とされているが、総合局と教育局の区分を問わなければ4番目となっている[注 15])のテレビ局として放送を開始した(放送開始当時は映像出力10kW、音声出力2.5kW。1960年1月17日に空中線電力を50kWに増力した)。
  • チャンネルは当初「1」を希望していたが、NHK教育テレビ→NHK総合テレビが獲得[注 16]。日本テレビが「4」、ラジオ東京テレビ(現:TBSテレビ)が「6」を取得していたため、第8チャンネルとなった。開局から1986年3月31日までのシンボルマークはチャンネルナンバー「8」を図案化したもの(関西テレビや沖縄テレビとは多少異なる)。ロゴタイプ(ロゴ)は産経新聞(当時はサンケイ)やニッポン放送の旧書体に似た旧フジサンケイグループ標準書体(亀倉雄策の作)だった。
  • 8チャンネルを取得したものの日本の黎明期のテレビ受像機は1956年頃までは6チャンネル・チューナーが一般的であったため、新たに開局した8チャンネルのフジテレビを視聴するためには12チャンネル・チューナのテレビ受像機に買い替えるかチューナの増設が必要であった。
  • 1959年3月1日の開局では、9時20分に最初の番組『開局に際して』(初代社長水野成夫による挨拶)が放映。続いて、開局までの模様を映した記録映画『フジテレビの誕生』が放映された。この日の夜には『スター千一夜』が放映開始。当時の映画会社が締結した「五社協定」により、映画スターのテレビ出演が難しい時代であったが、“芸能番組への出演”という形でなく、時事に絡めた社会の話題として取り上げることにより出演を取り付けるという画期的な方法を採った。
  • 1959年6月17日、渡辺プロダクションの制作指揮による音楽番組『ザ・ヒットパレード』が放映開始。

1960年代

  • 1963年1月1日には、日本初の国産テレビアニメ鉄腕アトム』が放映開始。さらに1965年10月6日には、日本初のカラーテレビアニメ『ジャングル大帝』の放映を開始。
  • 1964年1月2日、正月恒例の『新春かくし芸大会』が放映開始。翌1965年からは司会者に高橋圭三を迎えて規模も年々拡大、年末年始の風物詩的番組として2010年まで続いた。
  • 1964年8月31日、音楽番組シオノギMUSIC FAIR』が放映開始。2020年9月11日08時43分現在、放映期間は日本でレギュラー放送されている週間番組の中で、最長である。
  • 1967年2月11日、『ズバリ!当てましょう』で自社制作の実写番組では初のカラー放送を実施[15]
  • 1969年、フジテレビ労組で女子社員の25歳定年制の撤廃が議論される。同制度に抗議して、全女子社員が赤いバラを胸に付けて抗議活動をした。同年、東京都地労委にあっせん申請。

河田町社屋のタワービ­ルは1969年完成である。

1970年代

  • 1970年代は、アニメ・子供向け番組などでは注目されたものの、全般としては、特に現代ドラマにおいて、裏番組の影響により、視聴率が低迷し、迷走を極めていた。
  • 1974年、大型音楽番組『FNS歌謡祭』が放送開始。当初は、コンテスト形式で年2回放送されていたが、1986年からコンサート形式へリニューアルして以後、毎年冬(年末)に放送されている。
  • 1976年、『プロ野球ニュース』がキャスターに佐々木信也を迎えて放送再開される。
  • 1977年、ザ・ドリフターズがメイン出演のバラエティ番組『ドリフ大爆笑』が月1レギュラー番組として放送開始。軒並み高視聴率を連発して、1980年12月23日の放送では同番組の最高視聴率である40.4%を記録した。

1980年代

  • 1981年にそれまでの「母と子のフジテレビ」を改め、「楽しくなければテレビじゃない」というキャッチフレーズを打ち出した。面白い番組・視聴者の笑いを取れる番組を生み出そうという意識改革のスローガンであった。そこから横澤彪がプロデュースした『THE MANZAI』『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』など数々の人気番組が生まれていった。このような状況は当時のキャッチコピーから「軽チャー路線」(かるちゃーろせん)とも評された。バラエティ番組中心の編成は結果として視聴者の支持を集め、1982年に「年間視聴率3冠王」(ゴールデンプライム全日でトップ)を獲得。その後「3冠王」は1993年まで12年連続で達成した。1984年には年間売上高でもキー局トップとなり、名実ともに日本最大の民放テレビ局へと成長していった。また、後に日本テレビが使用する「4冠王」(ゴールデン・プライム・全日・ノンプライムでトップ)も同時に獲得していた。
  • 1983年にスタートした『オールナイトフジ』で生放送深夜番組ブームを巻き起こした。
  • 1980年代後半のバブル景気時には、「トレンディドラマ」が人気を博し、ゴールデン・プライム帯の視聴率を押し上げた。
  • 1986年、志村けんの時代劇バラエティ番組『志村けんのバカ殿様』が放送開始。年末年始・改編期の特別番組として定着しており、「アイ〜ン」などのギャグも社会現象となった。
  • 1987年7月18日、同局開局以来の24時間編成の大型番組として『FNSの日FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島』を放送。当初は1回限りの予定であったが平均視聴率が19.9%、瞬間最高視聴率は38.1%という高視聴率であったことから翌年以降も継続され、『FNS27時間テレビ』として2019年まで継続された。
同年10月、日本の地上波テレビ局で初の完全24時間放送を開始(最初は平日の早朝で休止の時間帯があった)。深夜枠のソフト充実を目的に『JOCX-TV2』と銘打って実験的な内容の番組を多数開始した。以降、『やっぱり猫が好き』や『夢で逢えたら』など新感覚の番組が高い評価を受ける。
この結果、1987年の全日視聴率1位を達成。関東地区における全日視聴率(ビデオリサーチの調査)は、1963年から1986年までの24年間、NHK総合テレビが各民放キー局を押しのけて、連続して1位を獲得しており[16][注 17]、民放史上初の単独での全日視聴率制覇を果たした。これは、2020年9月11日08時43分現在でも唯一の記録となる。

1990年代

フジテレビ本社があるFCGビル(1996年、アクアシティ建設前)
フジテレビ本社があるFCGビル(東京テレポート駅側より)
  • 1990年代前半には、『カノッサの屈辱』など、深夜放送を中心とした人気番組が続々生まれた。しかし、1993年夏頃から視聴率3冠のうちのいくつかを巨人戦中継などのコンテンツを持ち、バラエティ番組も好調だった日本テレビに明け渡し、その勢いも次第に衰えていった。1994年には1982年から12年続いた3冠王を奪われ、その後2003年まで10年連続で「年間視聴率4冠王」(ゴールデン・プライム・全日にさらにノンプライムを加えての表現)を日本テレビが達成した。
  • また、1990年代は『ライオンのいただきます』(1990年12月終了)を皮切りに、平日早朝の子供番組枠(終了時点の番組は『ウゴウゴルーガ』)を1994年3月に終了。『なるほど!ザ・ワールド』を1996年3月に、『FNNスーパータイム』を1997年3月に、それぞれ終了。平日朝8時の子供番組枠(終了時点の番組は『ポンキッキーズ』)を夕方に移動。『おはよう!ナイスディ』(終了時点のタイトルは『ナイスデイ』)の終了。正月特番『タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ』と期首特番『スターどっきり㊙報告』は1999年3月に終了というように、1980年代以前より長年放送されており河田町時期に比較的知名度の高かった番組をレギュラー・特別番組問わずお台場移転(後述)のイメージチェンジや視聴率の問題から相次いで終了させる大改革を行っていた。
  • 1996年に、SMAPの冠番組、『SMAP×SMAP』が放送開始。放送当時から人気番組であり、以後高視聴率を連発し、フジテレビの代表するバラエティ番組となった。
  • 1997年3月10日に、東京都新宿区河田町から港区台場のFCGビル(通称:フジテレビ本社ビル)に移転。移行の前日のクロージングでは「さようなら河田町」などと表示した。新社屋の設計は『丹下健三都市・建築設計研究所』、施工は鹿島建設。敷地面積21102.220m2、延べ床面積141825.438m2、地下2階 地上25階 塔屋1階。直径32mの球体展望室が印象的。収録に使用した道具や収録スタジオ(V4スタジオ)などが見られる見学者コースがあり、東京臨海副都心を代表する観光スポットの1つになっている。ビル全体の“見た目サイズ”はワイドクリアビジョンテレビの16:9をイメージしているとされる。
  • 1999年にはイメージキャラクターの「ラフくん」が登場、2002年からは「きっかけは、フジテレビ。」のキャッチコピーで様々なキャンペーンを展開、毎年本社ビルで行われているイベントも名物となっている。不定期で社内を歩き回り、愛嬌を振りまいている。

2000年代

  • 2002年6月9日放送の『2002 FIFAワールドカップ 日本-ロシア』(実況:長坂哲夫)が66.1%を記録した。これにより、民放として初めて年間視聴率1位を獲得した[注 18]
  • 2002年10月8日、雑学バラエティ番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』が放送開始。以後、ゴールデンへ昇格して25%前後の高視聴率を連発した。「へぇ」も流行語になるなど社会現象を起こした。
  • 2003年度(2003年4月 - 2004年3月)の調査ではプライムタイムの視聴率が日本テレビを上回り、この結果、2004年には1993年以来11年ぶりに「3冠」を日本テレビから奪還し民放トップの座に返り咲いた。その後2010年まで7年連続で3冠を達成した。
  • 2003年11月4日、CS放送のフジテレビワンツーネクストにてゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』が放送開始。現在でも放送が続く、CS放送では異例となる人気番組となっている。
  • 2003年12月1日には、地上デジタル放送を開始した。
  • 2005年1月、お台場社屋からの主要生番組(『めざましテレビ』『とくダネ!』『ニュース関係全般』など)が全てハイビジョン放送となる。
  • 2008年5月15日、フジテレビは2008年4月に施行の改正放送法に基づく「認定放送持株会社」制への移行を取締役会で決定した[17]。その概要は、現在の株式会社フジテレビジョンを純粋持株会社「株式会社フジ・メディア・ホールディングス (FUJI MEDIA HOLDINGS,INC.)」に商号変更、地上波テレビ放送事業は放送免許も含め、分社型新設分割方式によって新設する「株式会社フジテレビジョン(新設会社)」への移管・免許承継する。
  • 2008年6月27日、定時株主総会にて放送持株会社制への移行が承認された。その後総務大臣の認可・法的な処理を実施の上、2008年10月1日から新体制に移行した。

2010年代

  • 2010年にはデジタルコンテンツ事業の強化に乗り出し、「キミフジ」や「イマつぶ」などのオンラインサービスを開始する。
  • 2010年9月27日、フジテレビが報道及び関連番組で使用していたテロップ・CGシステム(同局では「ワープロシステム」と呼称)を1994年8月の機材更新以来およそ16年ぶりに更新した[注 19]。これにより同局のニューステロップは全てHD対応仕様となった。基本書体はJTCウインSから平成角ゴシックW7に変更されたが、3週間後にJTCウインSに戻った[注 20]。なお、2011年度上期には非報道系(制作・情報系)のワープロシステムも、報道系と同様のシステムへ更新されている(ただし、報道系と非報道系は基本的に全く別のシステムとして構築されている。)。
  • 2011年4月頃から、地震・ニュース速報テロップ放出時のチャイムが「緊急地震速報とのチャイムが紛らわしい」という苦情があったことから音程を変更。
  • 2011年7月1日から7月23日まで『産経テレニュースFNN』や『サザエさん』など一部番組において、地上アナログ放送で放送終了のカウントダウンを画面左下に表示したため、スポンサークレジット上部の「提供」の文字を削除、企業名のみの表示となった。なお、この表示方法は同系会社のBSフジがすでに行っているものである。
  • 2011年10月31日、モノラル放送(モノステレオ放送)で放送されている全ての報道・情報番組がステレオ放送に切り替えられた[注 21]。なお、各局の全国ニュース枠における全日・全時間帯のステレオ音源化は初となる。また、ニュース映像に付けられるBGMもステレオ音源で送出される(他局ではモノラル音源で送出されることが多く、全国ニュースでは数少ない)。
  • 2011年8月、フジテレビの「偏向報道」、「韓流偏重」を理由として、これに抗議するデモ活動が東京お台場のフジテレビ本社周辺で行われる。このデモ活動は翌年まで断続的に行われた。
  • 2012年、大型音楽番組『FNS歌謡祭』の派生番組として『FNSうたの夏まつり』が放送開始。以後、毎年夏に放送されている。
  • 2013年10月22日、31年半と長年続いたバラエティ番組『笑っていいとも!』の終了が発表された[18]
  • 2013年10月24日、『ほこ×たて』におけるやらせが発覚した[19][20]。同時にフジテレビは『ほこ×たて』の放送を当面自粛すると発表したが、2013年11月1日に番組は正式に打ち切りとなった。
  • 2014年3月31日、『笑っていいとも!』が放送終了。放送期間31年半・放送回数8054回という記録を残し、ギネス世界記録に『生放送バラエティー番組単独司会最多記録』、『生放送バラエティー番組放送回数最多記録』として認定された(前者は番組司会のタモリ、後者が番組としての記録)[21]
  • 2014年5月15日の決算報告で、フジ・メディア・ホールディングスの連結最終利益が前年度比44.8パーセント減の172億8200万円、フジテレビ単体でも同34.7パーセント減とする大幅減益が発表される。2013年度の在京民放5社の減益はフジテレビのみ[22]
  • 2014年7月11日、フジテレビ代表取締役社長の亀山千広は、フジテレビ所属の全社員約1,500人のうち、約1,000人を「社内活性化と視聴率奪還のため」6月27日付で異動させたことを明らかにした[23]
  • 2014年7月14日からスタートした月9ドラマ『HERO』第2シリーズが、文部科学省とのタイアップ道徳教育番組として位置づけられた[24]
  • 2014年8月1日付でデイヴィッドプロダクションを子会社化。
  • 2015年7月6日、民放では初となる4K番組のネット配信をフジテレビオンデマンドで開始[25]
  • 2016年3月15日、インターネットチャンネル「フジテレビONEsmart / フジテレビTWOsmart」を開局[26]
  • 2016年12月26日、SMAPの解散に伴い『SMAP×SMAP』が放送終了。放送期間20年9ヶ月の歴史に幕を下ろす[27]
  • 2017年3月10日、フジテレビの社屋が現在の所在地である港区台場に移転してから丸20年目を迎える。
  • 2018年3月、フジテレビのゴールデンタイム・プライムタイム帯で長年レギュラー放送されていた長寿バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』と『めちゃ2イケてるッ!』が揃って放送終了。それぞれの放送期間は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(前身番組も含める)は29年半、『めちゃ2イケてるッ!』は21年半の歴史に幕を下ろす[28]
  • 2018年10月の改編で、木曜・金曜を除き20時台のフライングスタートが廃止された。
  • 2019年4月改編で、金曜20時台のフライングスタートも廃止。
  • 2019年6月10日、クラウド管理に対応した送出マスターに更新[29]

深刻な視聴率低迷と業績の在京キー局最下位への転落

  • 2011年以降の深刻な視聴率低迷はフジテレビのみならず、親会社のフジ・メディア・ホールディングスの業績や株価にも悪影響を及ぼしている。ただし、これはフジテレビだけに限らず、テレビメディア市場全体が「テレビ離れ」の影響で厳しい状況に置かれていることを考慮する必要がある。
    • 2011年、年間視聴率3冠を2003年以来8年ぶりに日本テレビに奪われる(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)。この年のフジテレビは全日視聴率が日本テレビと同率1位の1冠のみに終わった。2011年の年度視聴率においても、3冠を日本テレビに奪われている[30]
    • 2012年、年間視聴率ではゴールデン、プライム、全日の全ての時間帯で3位に後退[31]。2013年1月第4週(同月28日 - 2月3日)における全日帯の平均視聴率と2013年8月の平均視聴率では4位に後退した[32][33]
    • かつては企業価値評価の指標である株式時価総額で日本テレビ(現在の上場会社は日本テレビホールディングス、以下「日テレHD」)と互角かそれを上回る状態であったが、2014年春頃から民放トップの日テレHDに大きく溝を開けられてしまい、2015年11月現在のフジの株式時価総額は日テレHDの6割程度に留まっている。また、2015年夏頃からは長年業績低迷が続いているTBS(現在の上場会社は東京放送ホールディングス、以下「TBSHD」)の株式時価総額をも下回ってしまい、株式市場でも僅か数年で民放トップから3位にまで転落した。フジが株式時価総額でTBSHD(前身の東京放送時代も含む)を下回ったのは、1997年8月8日の東証1部上場以来初の出来事である。
    • 2014年度を以て放送収入(地上波放送におけるタイムCMスポットCMの年度売上高の合計)でもついに日本テレビに追い抜かれてしまい、30年に渡り守ってきた放送収入民放トップの座から陥落した[注 22]
    • 2015年1月第1週(2014年12月29日から2015年1月4日まで)の週間平均視聴率が、ゴールデン・プライムの2部門でテレビ東京を下回り、フジテレビは1962年12月3日にビデオリサーチが視聴率の計測を開始してから初めて週間平均視聴率でNHK総合・在京キー局中[34]単独最下位となった。フジテレビがテレビ東京に週間平均視聴率で負けたのは、テレビ東京の前身・東京12チャンネル時代も含めて初[35]の出来事である。尚、2015年1月4日の1日平均視聴率では前述の2部門に加え全日でもテレビ東京に敗北した[36]。その後も業績と裏番組の影響からの視聴率の悪化に歯止めがかからない状態が続いており、2015年8月25日(火曜日)の1日平均視聴率でゴールデンとプライムが全日を下回るという歴史的異常事態となり[出典無効]、2015年10月30日に発表された2015年度第2四半期決算発表では営業利益・経常利益・純利益の全てが赤字に転落し[37]、1959年の開局以来初の赤字決算となった。更に正月に続いて11月第4週(11月23日から11月29日まで)の週間平均視聴率でもゴールデンでテレビ東京に敗北した[38]
    • 2015年の年間平均視聴率では全日が3位に留まったものの、ゴールデン・プライム2部門が昨年4位だったTBSテレビに抜かれ4位に後退した。フジテレビが年間平均視聴率でTBSテレビを下回ったのは、1981年以来34年ぶりの出来事である[39]。更に2016年上期以降のゴールデン帯の平均視聴率においては前年上期以上にTBSテレビに大きく水を開けられる結果となり[40]、2016年の年間・年度平均視聴率はついに全日でもTBSテレビに抜かれてしまい、全ての部門(全日・ゴールデン・プライム・ノンプライム)がNHK総合・在京キー局6局中5位になってしまった。
    • 上述の各利益に加えて年間売上高の減少も深刻であり、最大で3829億円(2009年3月期)あった年間売上高も2016年3月期の決算では20年ぶり[41]に3000億円の大台を割ってしまった。その裏で視聴率が好調な日本テレビが3000億円の大台を超えたため、1984年から31年間維持してきた年間売上高民放トップの座からも陥落し[42]、純利益でもテレビ東京の純利益を大きく下回り、在京キー局中最下位とともに、勝てないという状況となってしまった[43]。更に2017年3月期の決算では営業利益・経常利益・純利益の全てがテレビ東京を下回り、在京キー局中最下位となった。
    • 2016年に放送された連続ドラマの全話平均視聴率が、裏番組に負けて関西テレビ制作枠も含め全ての作品で10%を割ってしまった[44][出典無効]
  • しかしながら、平日朝の情報番組は軒並み好調で、2014年[45]と2015年[46]には『めざましテレビ・第2部』『とくダネ!』『ノンストップ!』の3番組が年間平均視聴率で民放横並び1位を同時に獲得している。また、平日6時から正午までの午前帯でみればフジテレビは2010年から2015年まで6年連続で民放横並び1位を記録している[46]
  • また2016年には同年の『FNS27時間テレビ』がこれも裏番組の影響で(当時)歴代最低の7.7%を獲得してしまった。だがその反面、『痛快TV スカッとジャパン』が好調である他、『かたらふ〜ぼくたちのスタア〜』・『ワイドナショー』・『さまぁ〜ずの神ギ問』などの週末日中の番組(すべてローカルセールス枠)が高い満足度や評価を得ている[47]
  • 2016年10月3日からはビデオリサーチの関東地区における視聴率調査で、従前のリアルタイム視聴率に加え、新たにタイムシフト視聴率および総合視聴率の調査が開始されたが、その中のタイムシフト視聴率において『カインとアベル』『Chef〜三ツ星の給食〜』など、リアルタイムでは同枠では裏番組の影響で最低視聴率に落ち込んでいるドラマが上位にランクインしていたことが話題となった。[要出典]



注釈

  1. ^ a b 系列局では、仙台放送・秋田テレビ東海テレビ高知さんさんテレビのそれぞれの親局が物理チャンネル21chを使用している。
  2. ^ フジネットワークの加盟局一覧にも略称の表記がない。なおOX仙台放送も略称表記がない。
  3. ^ ただし、地上デジタル放送のEPGと『あしたのジョー』(第1作)とCSチャンネル「ワンツーネクスト」の一部番組での制作クレジットは、正式社名のフジテレビジョンと表示。
  4. ^ テレビ朝日日本テレビ中部日本放送と異なり、準備会社を新設して一定期間の後に放送事業や放送免許等を移管する方法を採用しなかった。
  5. ^ 両県にフジテレビ系列局が存在しないための措置。
  6. ^ 厳密には、1963年開局時はオープンネットだったが1983年にネット一本化。
  7. ^ 系列局では仙台放送のOXがある。キー局ではテレビ朝日のEX(「全国朝日放送」時代はANB)やテレビ東京のTXがある。また、NTVが公に使われる日本テレビ放送網でもAX(アックス)を使うこともある。ただし、TBSテレビはRXの呼称が使われるケースはまずない(ただしテレビ・ラジオの分社前かつ『株式会社ラジオ東京』の社名だった頃は社名を由来とした『KRT』の略称とコールサインの『JOKR-TV』のダブルミーニングから『KRテレビ』が通称として使われたことがある)。またフジサンケイグループ内企業としては、ラジオ局のニッポン放送(LF)と文化放送(QR)もある(前者はNBS・後者はNCBの略称が使われた時代もあった。前者のは後に長野放送が使用)。
  8. ^ 例:ONEの番組『ゲームセンターCX』、スマートフォン向けWebページのかつてのアドレス「www.fujitv.co.jp/s_cx/」、『めざましテレビ』のTwitterアカウント「cx_mezamashi」、『テラスハウス』のYouTubeアカウント「terracehousecx」、『シャーロック』のTwitterアカウント「SHERLOCKcx」とInstagramアカウント「sherlock_cx」、『アライブ がん専門医のカルテ』のTwitterアカウント「Alive_cx」とInstagramアカウント「alive_cx」、『日曜報道 THE PRIME』のTwitterアカウント「THEPRIME_CX」。さらに、映画劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』の公式サイト等のアドレスではオーストラリアクリスマス島国別コードトップレベルドメイン.cx」も使用。なお、かつての深夜番組のレーベル名や一部のゴールデン・プライムタイムのバラエティ番組のサブタイトルでは「JOCX-TV」とコールサインがそのまま使われていた事例もある。
  9. ^ 中央テレビの名称は、フジテレビなどフジサンケイグループのメディア事業者で構成される『中央ラジオ・テレビ健康保険組合』に使われている。
  10. ^ 当時の朝日新聞縮刷版、フジ・メディア・ホールディングスの株主用決算報告書に記載。この年には、『ザ・ヒットパレード』が4月4日に、『ミュージックフェア』が5月1日にカラー化され、又テスト運用的ではあるが、『スター千一夜』も4月3日 - 5月8日の毎週月曜日の放送のみカラーとなった(同番組は翌年元旦から、一部例外を除きカラー放送となる)。
  11. ^ TBSテレビと同時。ただし、フジテレビは芝送信所(東京タワー)内にある送信機器の都合上(送信機が当時、真空管式であったためにメンテナンスの時間を要したとされている)、完全な24時間放送ではなく、毎日30分から最大1時間程度の放送休止時間が設けられていた。しかし完全な停波ではなく、電波の送出は維持されていた(休止時間帯はカラーバーが放送されていた)。なお、芝送信所の送信機を更新した後は休止なしの完全24時間放送(終夜放送)に移行している。
  12. ^ 同じ山形地区での代替局さくらんぼテレビジョンの開局は1997年4月1日。高知さんさんテレビと同日。
  13. ^ この番組&CM制作にあたり、スポンサーのパナソニックが3D関係の撮影、編集機材等を提供した
  14. ^ 2010年9月5日までは、関東のテレビ局では唯一、冒頭に表示するアナログ放送終了のお知らせのテロップ表記や表示形態が、開始から一度も変更されていなかったが、常時表示開始に伴い変更された
  15. ^ フジテレビが開局順で4番目とみなされた場合、3番目は教育局であったテレビ朝日となっている。
  16. ^ ほぼ同時期(1958年12月)に名古屋地区で放送を開始した東海テレビは、名古屋放送局総合テレビが「3」で、名古屋放送局教育テレビの開局は遅かった(1962年開始)ため「1」を獲得できた。
  17. ^ 1978年の年間の全日視聴率は、総合テレビとTBSテレビとが10.1%で同率1位であった。なお、この年(1978年)にはTBSテレビが年間視聴率で三冠王を獲得している。
  18. ^ 同年のNHK総合テレビ『第53回NHK紅白歌合戦』が叩き出した47.3%を上回り、民放で初めて『NHK紅白歌合戦』の視聴率越えも果たした。
  19. ^ これは、報道局の映像系システム全般の更新計画に伴うもので、これまでSDとHDが混在していたものをHDに統一することが主目的であるが、河田町時代から更新されずに来たワープロシステムも、この更新計画に沿ってHD対応の機材群へと更新されたものである(雑誌『放送技術』2011年1月号及び2月号より)。
  20. ^ 更新後の機材にフォントが一通りセッティングされていなかったことが理由の一つと言われている。ただし、一部番組においては番組側の都合から、平成角ゴシック体が維持されている。
  21. ^ ただし、関西テレビ制作の『にじいろジーン』は対象外で、2011年11月5日以降もモノラル音源で放送されている。
  22. ^ 放送収入がフジの2013年度:233,316百万円→2014年度:231,121百万円に対し、日テレは2013年度:228,014百万円→2014年度:238,511百万円となり逆転した。
  23. ^ 「神様という設定の下擬人化されたフジテレビである『シエクスン』なる人物が主人公たちに発見された時点で既に死んでいる」という演出。なお当該回ではフジテレビやテレビ東京のみならず、在京キー局各局が神様という設定で擬人化された人物が登場している。余談だが、当該作品の独立局を除く系列外での最速遅れネット局は仙台放送だった。
  24. ^ いずれも企業内ATMであるため、両銀行とも店舗案内では公表していない。
  25. ^ 報道番組とS-PARKでは制作クレジット表示はなし。スポーツ中継などで系列局との共同制作となる場合「制作・フジテレビ、(地元系列局名)」、ないしは「制作著作・フジテレビ、制作協力・(系列局名)」とする場合もある
  26. ^ フジテレビ以外の系列局が制作する番組(共同テレビが関与するものや東海テレビ制作の昼ドラマの一部など)でも、同様に放送局は「制作」のクレジットのみで、プロダクションが「制作著作」と表示されるものもある。
  27. ^ 同時期のテレビクロージングでも使われていた。
  28. ^ CMモデル・畑正憲ブッシュマン
  29. ^ CMモデル・楠田枝里子幸田シャーミン
  30. ^ CMモデル・子猫物語・チャトラン、おニャン子クラブ
  31. ^ CMモデル・国生さゆり南野陽子
  32. ^ CMモデル・鴻上尚史和田勉
  33. ^ CMモデル・上田昭夫沢口靖子
  34. ^ 「[ ]」は正確には白線で囲った横長の長方形。
  35. ^ 当選時は民主党所属。落選時は日本未来の党
  36. ^ 当選時は民主党所属。落選時はみんなの党
  37. ^ 民放連が定めた放送基準の第109条に「私的な秘密事項の調査を業とするものは取り扱わない」という規定があり、結婚相談所はこれに該当する(民放連「放送基準解説書」各年版による)。
  38. ^ 余談だが、奇しくもこの日は宮内正喜社長就任後では初めてとなる「フジテレビの日」でもあった。
  39. ^ なお、トラブルの発端にもなった映画作品の地上波初放送が2013年9月21日の「土曜プレミアム」で実施されたが、このことについては特に問題にはならなかった。
  40. ^ その後、田中が『A-Studio』(TBS系のトークバラエティ番組)に出演した際、この件をネタにした発言をしている。
  41. ^ フジ・メディア・ホールディングスの第73期有価証券報告書[1]には、映像・音楽事業について、ポニーキャニオンは「フジテレビジョンとの連携を強化する」と書かれているが、連携の形については具体的には述べられていない。
  42. ^ 余談だが、この事故の発生から5日後にAKB48握手会傷害事件が発生。その事件で重傷を負った川栄李奈もこのリハーサルに参加・番組に出演している。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 会社概要 - フジテレビ
  2. ^ 但し、ダイバーシティの東京オフィスタワー内にも本社機能の一部を設置している。
  3. ^ 役員一覧 - フジテレビ
  4. ^ a b c d e f g h 第12期財務情報 - フジテレビ
  5. ^ フジサンケイグループ一覧 フジサンケイグループ[リンク切れ]
  6. ^ フジ・メディア・ホールディングス 第68期報告書
  7. ^ [2]
  8. ^ 「ソフトバンク・インベストメントがフジテレビ筆頭株主に」ITmediaニュース2005年03月24日 17時25分
  9. ^ 東芝・日本SGIフジテレビジョンへの送出系放送基幹システムを順次納入」 東芝公式サイト内ニュースリリース、2008年12月25日。
  10. ^ 免許取得状況 エリア放送開発委員会
  11. ^ フジテレビお台場エリア放送開局について フジテレビ - ニュースリリース 2012年12月12日
  12. ^ とれたてフジテレビ「日本の地上波で初の取り組み クラウドサービスを活用した新「送出マスター」がスタート」(2019年6月12日)”. フジテレビジョン. 2019年6月14日閲覧。
  13. ^ AVwatch「国内地上波初、フジテレビがクラウド活用の送出マスター。編成効率化」2018年6月11日11時47分(中林暁)”. インプレス. 2019年6月14日閲覧。
  14. ^ 全国朝日放送 『テレビ朝日社史 ファミリー視聴の25年』、1984年、18頁。 
  15. ^ フジメディアホールディングス 第68期レポート
  16. ^ 『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』(引田惣弥・著、講談社、2004年、ISBN 4062122227、116頁)
  17. ^ 認定放送持株会社体制への移行に伴う会社分割及び商号変更について(フジテレビ公式リリース)
  18. ^ 「笑っていいとも!」来年3月で終了 32年間の歴史に幕 スポーツニッポン 2013年10月22日
  19. ^ 「ほこ×たて」対決捏造で放送中止 出演者が暴露 中日スポーツ 2013年10月25日
  20. ^ 「ほこ×たて」放送取りやめ フジテレビ、不適切演出で日本経済新聞 2013年10月25日
  21. ^ 『いいとも!』ギネス“W”で認定 タモリ、認定証を高く掲げ喜び ORICON STYLE(2014年3月31日)
  22. ^ フジテレビ、来月の株主総会が怖い!不振の責任追及、「ドン」にも及ぶのか? - J-CASTニュース(2014年5月20日 19:11版)
  23. ^ “フジテレビ、社員3分の2を異動 約千人、視聴率低迷で”. 共同通信. (2014年7月11日). https://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071101001736.html 2014年9月2日閲覧。 
  24. ^ なぜ 道徳教育 x HERO ? - 文部科学省ホームページ。
  25. ^ フジテレビ、4K番組をネット配信 民放初の試み”. スポニチ (2015年7月6日). 2015年7月6日閲覧。
  26. ^ 有野課長が本日スタートのフジテレビ新配信サービスを紹介” (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  27. ^ フジ社長、スマスマ最終回「素晴らしかった」生じゃなくてもSMAPに敬意”. デイリー (2017年1月27日). 2017年1月27日閲覧。
  28. ^ フジ「みなおか」&「めちゃイケ」来春終了 業績不振で大ナタ”. スポニチアネックス (2017年11月3日). 2018年4月13日閲覧。
  29. ^ 国内地上波初、フジテレビがクラウド活用の送出マスター。編成効率化AV watch 2019年6月11日
  30. ^ 日テレをミタ!8年ぶり年間視聴率3冠 2012年1月3日 朝日新聞
  31. ^ “2013年1月度社長会見要旨(2013.1.23)” (プレスリリース), フジテレビジョン, (2013年1月28日), https://www.fujitv.co.jp/fujitv/company/kaiken/201301.html 2013年3月8日閲覧。 
  32. ^ 泣きっ面にハチのフジテレビ またもやBPO問題勃発 日刊ゲンダイ(2013年3月4日)
  33. ^ “快進撃テレビ朝日と対照的なフジ 凋落の一因は「現場への過剰介入」”. J-CASTニュース. (2013年3月7日). https://www.j-cast.com/2013/03/07168655.html 2013年3月8日閲覧。 
  34. ^ 1962年12月3日から1964年4月11日までは5局で、1964年4月12日以降は6局となっている。
  35. ^ フジテレビが週間平均視聴率で在京キー局中最下位となったのは、東京12チャンネル開局前の1964年4月第2週〈4月6日から4月12日まで〉のことである。
  36. ^ テレ東下回る大惨敗 フジテレビがダメになった3つ理由東京スポーツ、2015年01月10日付)
  37. ^ 2015年度第2四半期決算説明資料(フジ・メディア・ホールディングス)
  38. ^ フジ震撼 ゴールデン帯の週間視聴率でテレ東に抜かれる日刊ゲンダイ、2015年12月3日付)
  39. ^ 年間視聴率GP帯 60周年のTBS民放3位躍進 フジ4位転落スポーツニッポン 2016年1月4日
  40. ^ ゴールデンタイムでNHKが視聴率1位。テレビは新しい局面を迎えている。(境治) - Yahoo! JAPAN 2016年11月8日
  41. ^ 1997年3月期のフジテレビの単体売上は3036億5600万円であり、3000億円の大台を超えたのはこれが民放初であった。
  42. ^ 日テレがフジを抜いて民放テレビ局売上トップ - 2015年度キー局決算発表マイナビニュース)2016年5月13日閲覧
  43. ^ 身売り話も飛び交う凋落フジテレビの限界説(週間実話 2016年10月14日)(Excite Japan)2016年11月26日閲覧
  44. ^ 最高平均視聴率は2016年1月期の『フラジャイル』(長瀬智也主演)の9.8%
  45. ^ フジテレビの朝の3情報番組が同時間帯の年間平均視聴率で首位獲得!『めざましテレビ』『とくダネ!』『ノンストップ!』
  46. ^ a b 速報!フジテレビの朝の3情報番組が2015年年間平均視聴率で首位獲得!『めざましテレビ』『とくダネ!』『ノンストップ!』
  47. ^ フジテレビ 土日“デイタイム”番組で視聴者高評価「企画のセンス良い」 スポーツ報知 2016年10月30日
  48. ^ 中川一徳『メディアの支配者』314 - 316頁
  49. ^ 阪神タイガースについても日本シリーズの放映権を獲得した年があるが、早く決着して当該試合が非開催に終わったため、放送には至っていない。
  50. ^ “「サザエさん」がギネス世界記録に認定”. サンケイスポーツ. (2013年9月5日). オリジナルの2016年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131230233049/http://www.sanspo.com/geino/news/20130905/oth13090515240018-n1.html 
  51. ^ アニメ高世帯視聴率番組 - ビデオリサーチ
  52. ^ 組織図 - フジテレビ
  53. ^ フジテレビジョン親局送信所・無線局免許状 - 総務省
  54. ^ a b ザテレビジョン編『2000年のテレビジョン 放送メディア大激変のシナリオ』角川書店、1993年、p.20
  55. ^ “フジテレビ新社長に宮内正喜氏 BSフジ社長、6月正式決定”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2017年5月9日). https://www.sankei.com/entertainments/news/170509/ent1705090012-n1.html 2019年6月30日閲覧。 
  56. ^ ISDB-Tmm推進のマルチメディア放送が第三者割当を決議, NTTドコモの総出資比率が51%に ITPro 2009年2月2日
  57. ^ 株式会社mmbiの第三者割当増資について NOTTV 2011年11月29日(Internet Archiveのアーカイブ:2013年6月26日収集)
  58. ^ 連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ NTTドコモ 報道発表資料 2016年4月28日
  59. ^ フジテレビ、異例ペースで謝罪続く 視聴率低迷が影響か朝日新聞 2018年7月28日
  60. ^ フジTV、民放連自粛の結婚相談所CMを放送 読売新聞 2003年8月13日
  61. ^ 放送人権委員会 2009年度仲介・斡旋解決事案
  62. ^ フジTVスタッフ、首相会見で 読売新聞(2011年3月21日)
  63. ^ “〈速報〉紳助さん関連 小倉氏発言に批判殺到”. 日刊スポーツ芸能ニュース (日刊スポーツ新聞社). (2011年8月25日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201108250002.html 2011年12月9日閲覧。 
  64. ^ “〈速報〉小倉キャスターが番組内で釈明、お詫び”. 日刊スポーツ芸能ニュース (日刊スポーツ新聞社). (2011年8月26日). http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201108260015.html 2011年12月9日閲覧。 
  65. ^ “「とくダネ!」で謝罪 放送した資料に関係者の名前判読できる状態に”. スポニチアネックス. (2012年7月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/09/kiji/K20120709003643661.html 2012年7月9日閲覧。 
  66. ^ “加害者実名?がネットに流出 フジテレビ映像を加工か”. スポニチ. (2012年7月7日). https://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/07/07/kiji/K20120707003628780.html 2012年7月16日閲覧。 
  67. ^ “ネット上にいじめ「加害者」の名 フジテレビ「黒塗り」が透けて見えた”. J-CASTニュース. (2012年7月8日). https://www.j-cast.com/2012/07/08138575.html 2012年7月9日閲覧。 
  68. ^ “安倍元首相の「腹痛」を揶揄 「とくダネ!」に疑問相次ぐ”. J-CAST. (2012年9月28日). https://www.j-cast.com/2012/09/28148223.html 2011年10月3日閲覧。 
  69. ^ 「フジテレビジョン無断撮影報道について」 - スタジオYOU
  70. ^ フジテレビが無断撮影を開き直る?「黒子のバスケ」イベントに脅迫文が届いた報道で思わぬ余波 - トピックニュース2012年10月25日
  71. ^ 時事通信(2013年2月5日)
  72. ^ フジ『とくダネ!』で「2ちゃんねる中傷被害」を訴えていたベンチャー社長が逮捕 ガジェット通信(2013年10月21日)
  73. ^ フジテレビの「池上彰スペシャル」でおわび=韓国人インタビューで違う吹き替え時事通信 2015年6月29日
  74. ^ フジテレビ、韓国人の発言訳誤る 池上さん番組でおわび朝日新聞 2015年6月29日
  75. ^ ASKA映像流出 フジテレビがタクシー9時間半“拘束”の波紋,日刊ゲンダイDIGITAL,2016年12月16日
  76. ^ 国交省、ASKA容疑者のタクシー車内映像放送に「誠に遺憾」 プライバシーを侵害した映像提供を問題視,ITmedia,2016年12月2日
  77. ^ 「とくダネ!がツイート無断使用!」 ネット炎上→実は許可取っていました,J-CASTニュース,2017年8月8日
  78. ^ ドラマのTシャツに原爆通称名、配慮申し入れ 読売新聞(2011年8月1日)
  79. ^ フジテレビ「JAP18」表記の犯人捜し始まり特定される「セシウムさん」レベルの不祥事か? ガジェット通信(2011年11月11日)
  80. ^ 「海猿」佐藤秀峰氏がフジテレビに怒りの絶縁宣言! 「信頼に値しない企業」 RBB TODAY 10月26日
  81. ^ 海猿続編?作者の佐藤秀峰とフジテレビの和解と過去の確執を紹介 星々の煌めき 2015年6月9日
  82. ^ “「海猿」作者・佐藤秀峰さん、実写版すべての契約終了を報告”. スポーツ報知. (2017年11月28日). https://hochi.news/articles/20171128-OHT1T50214.html 2017年11月29日閲覧。 
  83. ^ フジテレビが震災ドラマの小道具に「tsunami-lucky」と記載し物議にガジェット通信 2014年1月11日
  84. ^ a b 被災地ボランティアのつもりが 「27時間テレビ」設営作業の怪 週刊朝日 2011年8月19日号
  85. ^ 【電凸】「ひな人形を倒センス〜!」フジテレビの対応[桜H25/3/1 ]
  86. ^ 「笑っていいとも!」が謝罪…ひな人形を的にする演出に「不適切」との声 シネマトゥデイ(2013年3月1日)
  87. ^ フジテレビが藤岡弘、に謝罪…事実と異なる内容に藤岡側は「名誉棄損ともとれる」 シネマトゥデイ(2013年8月23日)
  88. ^ フジ「恋神アプリ」放送取りやめ謝罪 パラオ共和国で飲酒年齢の法令違反 - スポーツニッポン 2017年11月26日
  89. ^ 浅田真央とキム・ヨナの比較報道に誤り、「とくダネ!」が謝罪。 Narinari.com2008年12月18日
  90. ^ 『フジテレビから皆様へ』(2011年9月3日閲覧)の『FIFA主催のサッカー中継における表記について』節参照
  91. ^ “「韓日戦」フジテレビの表現 「日韓戦というべき」ネットで話題”. J-CASTニュース. (2010年10月6日). https://www.j-cast.com/2010/10/06077660.html 2011年8月8日閲覧。 
  92. ^ 高岡蒼甫 (2011年8月12日). “通常営業”. 高岡蒼甫. 2011年8月25日閲覧。[リンク切れ]
  93. ^ a b “【報道しない自由】フジテレビが2chを閲覧しながらも薬物を報道しデモを報道しない理由”. ガジェット通信. (2011年8月26日). https://getnews.jp/archives/137850 2011年8月閲覧。 
  94. ^ 『日々精進なり <武蔵野東ラグビー部>』2010年3月12日の記事(2010年3月13日閲覧)
  95. ^ 同ブログ2010年3月19日の記事
  96. ^ フジテレビやらせ?最初から仕組まれてた「全日本温泉宿アワード」1位旅館j-cast 2013年2月22日
  97. ^ フジ「ほこ×たて」当面自粛…不適切な演出確認 読売新聞 2013年10月24日
  98. ^ ほこ×たて、昨年も過剰演出…車と猿を糸で結ぶ 読売新聞 2013年10月26日
  99. ^ フジ社長「ほこ×たて」打ち切りで謝罪「やらせでなく過度な演出」 スポニチアネックス、2013年11月29日
  100. ^ ほこ×たて代替番組でも「捏造」発覚! フジテレビの貧すれば鈍す… 日刊ゲンダイ 2013年10月29日
  101. ^ ヤンキース・田中 フジテレビに激怒の真相激白 東スポWeb、2016年11月13日
  102. ^ フジテレビから皆様へ”. フジテレビジョン (2011年9月2日). 2011年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月11日閲覧。
  103. ^ フジ「とくダネ!」一般男性を容疑者として放送読売新聞 2017年7月28日
  104. ^ 京アニ武本監督死去でフジ誤報「あんなアホいない」と伝える | 女性自身” (日本語). WEB女性自身 (2019年8月4日). 2019年8月6日閲覧。
  105. ^ 中川一徳 『発掘スクープ とんねるず番組だけじゃない フジテレビがヒタ隠す “火渡り”で老人に重傷を負わせた最低の番組』 週刊文春 2012年3月8日号
  106. ^ ハイキングウォーキング松田も骨折…フジ『オレワン』放送中止へ ORICON STYLE、2010年8月18日。
  107. ^ 陣内智則の肋骨にヒビ 我が家・杉山に続き『オレワン』収録中に負傷 ORICON STYLE、2010年8月10日。
  108. ^ 「ずん」のやす 番組収録中に腰椎骨折の大ケガ スポーツニッポン、2012年2月3日。
  109. ^ 木崎ゆりあ「めちゃイケ」で左手首骨折…全治3〜4週間 スポーツニッポン、2014年5月22日
  110. ^ “フジテレビが10人を処分 NEWSメンバー飲酒問題”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年7月19日). https://www.47news.jp/CN/200507/CN2005071901004778.html 2015年5月12日閲覧。 
  111. ^ フジ伊藤利尋アナが接触事故共同通信 2012年5月15日
  112. ^ フジテレビ社員を逮捕 酒気帯び運転などの疑い、警視庁 日本経済新聞 2012年5月24日
  113. ^ フジテレビ社員を逮捕 タクシー運転手に暴行容疑 日本経済新聞 2012年5月22日
  114. ^ 「いっちゃおいっちゃお」と音声確認ガジェット通信 2011年8月23日
  115. ^ いつの日か光照らせるときに僕に起きたことの全て 2013年04月18日
  116. ^ 長谷川元アナ25日までに「真実」明かす日刊スポーツ 2013年4月9日
  117. ^ フジテレビ豊田社長 : 長谷川豊元アナのブログ騒動に「とやかくいうことはない」まんたん 2013年04月26日
  118. ^ フジテレビ関連会社元社長1億円着服 NHK NEWS WEB
  119. ^ フジ元社員、出向先の会社資金1億円私的流用 懲戒解雇にスポニチアネックス 2014年3月27日
  120. ^ フジテレビ記者、暴力団関係者に名義貸しか 車の購入で,朝日新聞デジタル,2016年12月19日
  121. ^ フジテレビ記者、暴力団関係者に車購入で名義貸しか,日本経済新聞,2016年12月19日
  122. ^ “フジ元記者ら書類送検 「関係壊したくなかった」組関係者に名義貸し”. 産経新聞. (2017年3月22日). https://www.sankei.com/affairs/news/170322/afr1703220008-n1.html 2017年3月22日閲覧。 
  123. ^ フジテレビジョンとgumi、モバゲー用ソーシャルゲーム「刑事ハードボイルド」 Impress 2010年3月31日
  124. ^ 【フジテレビ】フジテレビ、ウィルアークが共同企画した本格ソーシャルカードバトルゲーム『幻獣ハンター』がMobageに登場! 本日7月28日(木)より提供開始 CNET Japan 2011年7月28日
  125. ^ フジテレビ、「Yahoo!Mobage」で『テルマエ・ロマエ ネットでガチャガチャ』の提供開始 Social Game Info 2012年2月23日
  126. ^ フジテレビとオルトプラス、『ダービーロード』Android版をリリース…安藤勝己氏が監修、ペリエや武豊、デムーロなど名だたる騎手たちも登場 Social Game Info 2015年10月23日





フジテレビジョンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フジテレビジョン」の関連用語

フジテレビジョンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フジテレビジョンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフジテレビジョン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS