日本放送協会 問題点と批判

日本放送協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 08:51 UTC 版)

問題点と批判

内部組織と組織改革

内部組織については以下のような問題点が内外から指摘され、組織改革が進められている。過去には、民営化や国営化計画も浮上した。

人事制度の抜本見直し

従来、ほとんどの職員が入局時の職種を全うしていた。しかしそのことにより、それぞれの職域で「セクショナリズム」が跋扈し、組織全体の風通しが良いとはいえなかった。2009年度からの3か年中期計画において、この「セクショナリズム」を打破するため、人事制度が以下のように抜本的に改められた。

  • 東京本部に集まっていた流れを逆転させ、各放送局の人員を計50人程度増やす。7拠点局においてはコンプライアンス専門管理職を計20人程度新たに配置する。
  • 本部レベルでは報道記者、番組制作従事に人員をシフトし、技術職は、技術革新などを進めることによって人員増の抑制を図りコンパクト化する。
  • 他の職域は引き続き人員削減の対象となり、特に営業については一部で外部委託を強化する。
  • 高い専門性と幅広い視野の両立を図るため、若い段階から本人の希望によらない入局時とは異なる職種への異動を従来以上に強化する。

2011年に会長となった松本正之は、旧国鉄→JR東海時代“労務の鬼”として恐れられていたが、そのことが会長指名の理由ともなっていた。国会で職員給与の高さが問題とされたこともあり、2013年2月12日、「基本給1割カット」「給与水準の一部地域別化」「手当見直し」「管理職登用に試験導入」などの人事制度見直し方針を決め、経営委員会と労働組合に示し[88]、同年4月4日に概ね労使合意に至っている[89]

役職定年制度

人事制度には「役職定年制度」がある。これは「一定以上のポストについた場合」「54〜57歳でその役職としての定年を迎える」というものである。その後は地位を維持したまま嘱託職となるほか、転籍した上でNHKエンタープライズやNHK出版、NHKテクニカルサービスなど関連団体へ“天下る”ことが多い。最長で65歳まで勤めることができるが、60歳以降については、一般の嘱託職扱いとなり、ポストも変わるケースが大半である。

アナウンサーの場合は、57歳が役職定年に当たり、この年齢に達するとアナウンスの一線を退くことになる。宮本隆治のように定年で退職する者や、松平定知のように定年後も嘱託として勤務を続けた者、三宅民夫のように嘱託での定年(65歳)を超えてもなおシニアスタッフ(事実上専属的に番組出演契約を結ぶ)や日本語センターに転籍してアナウンサーの活動を続ける者もいる。

法令の改正により、60歳が事実上の定年となっている。この制度は子会社整理と絡み、次期経営計画で見直しの対象となっている。

企業年金と巨額欠損

退職者向けの企業年金制度を運営しており、勤務年月などで異なるものの平均月12万円(2008年時点)とされている。しかし2006年度に年金積み立て必要額算定のための利率(割引率)を従来4.5%としていたものを2007年度では市場実勢に合わせた2.5%に引き下げたところ積み立て不足は前年度比2.4倍の2700億円に及び、さらに2008年度では約3300億円に増大、同時点での積立額約3000億円を超える事態にまで発展している。この問題に対して15年計画で償却を進めているが、関係筋によると2007年度に約100億円、2008年度には約120億円が放送受信料収入から補填されているという。また、労働組合側には確定拠出型年金への移行か確定給付型の維持を条件に現役職員への給付額を引き下げる意向を示したが、職員側からは「なぜOBの優雅な生活のために現役の職員たちがツケを払わされなければならないのか」との不満の声も上がった[90]

関連組織への天下り

NHKエンタープライズをはじめとして、子会社・公益法人・関連会社が存在する。そのいくつかは営利活動が禁止されている本体のため、営利活動を行う「抜け道」として営利活動を行っているとして批判もある上に[91]、本体を退職した元社員の天下り先となっているという指摘もある。

政府・政治との関わり

予算や人事をはじめとして国会承認事項があり、国会の総務委員会や予算委員会等で、国会議員から質問されることもある。このように政治が国会を通して影響を与え得る構造がある(同じ公共放送の英国放送協会にはないとされる)ことから、政治との関わりが否定的に取り上げられることがある。

吉田茂を茶化すなどの風刺で人気を集めていた『日曜娯楽版』が日本の独立回復直後に打ち切りとなったことへの政治的な背景が臆測された。ただし武田徹は、同番組の放送作家三木鶏郎が政治風刺に飽きたことが打ち切りの原因として政治的な影響を否定している[92]

1976年、会長であった小野吉郎が、ロッキード事件で逮捕され保釈中だった田中角栄を見舞ったことは、小野を引責辞任に追い込むスキャンダルに発展した。

2004年に『週刊現代』が、職員の中に国会議員や閣僚経験者の子弟が少なくないことを報じている。

2008年の9月に行われた自民党総裁選関連の話題を、連日に長時間報道したため「総裁選報道が長過ぎる」といった抗議が多数寄せられた。その中で意図を尋ねるため電話してきた女性に対し、視聴者コールセンターの対応責任者が、「はいはいはい、分からないんですか。自民党のPRですよ」と発言していたことが明らかになった[93]

イギリスの日刊紙「タイムズ」は2014年10月17日付の記事において、編集の独立性を放棄していると批判的に報じた。同紙が入手した内部文書によると、英語版担当記者らは最も論争の対象となっているいくつかのテーマを報道するのに際して、安倍晋三政権の政治的立場を反映したフレーズを用いるよう指導されており、また南京事件従軍慰安婦中国との領土問題への言及を禁止されているという[94]

会長・籾井の政府との癒着発言

元会長籾井勝人は、2017年1月19日に行われた任期中最後の記者会見において、政府との癒着関係の一つや二つはあるという趣旨の発言をした[95]

軍用地所有

2009年5月、東京・赤坂アメリカ軍基地・『赤坂プレスセンター』の敷地の一部を保有し、40年以上も国に対し賃借してきたことが判明した。歴史的経緯によるものとされるが、報道機関、さらにはNHKそのものの中立性との整合性の面で、論議となった[96]

原発問題

2012年11月28日、『クローズアップ現代』「“ジャパンプレミアム”を解消せよ〜密着LNG獲得交渉」に対する出演を日本エネルギー経済研究所顧問の十市勉に依頼。事前の打ち合わせにおいて、「(1)LNG調達方法の多様化(2)LNG代替手段の確保のために原発再稼働や石炭火力の活用(3)制度改革で発電市場の競争の促進」の3点を指摘したところ「番組に出演するには意見を変えて頂くことになる」「原発ゼロを前提にどう価格を引き下げるかを趣旨にしている」とディレクターが主張。チーフプロデューサーがその後、「総選挙前」であり放送の「公正・中立」を考慮したと釈明したものの「中立」に対する説明がないまま出演ができなくなった[97]

その後、2014年1月30日放送のラジオ第1『ラジオあさいちばん』では、コーナー出演の予定だった外務省元首席事務官で東洋大学教授の中北徹脱原発の立場での事前原稿の変更を要求され、出演を取り止めた。担当者から前日に送った原稿について、「(東京都知事選挙の)投票行動に影響を与える可能性があるのでやめてほしい」と言われ、これに対し中北は「特定の人を応援しているわけではない」と回答。さらに「原発ゼロでも経済成長が実現できる」との表現を変更することを提案したが、局のラジオセンター長から「選挙が終わったらゆっくり語ってください」と言われ出演を見送った[98]。これについて、毎日新聞社説を出して「これはNHKの過剰反応だろう」「反対の考え方を詳しく紹介するなど、番組内でバランスをとる工夫はいろいろとできる」と論じた[99]

天皇の「おことば」

2013年12月23日、天皇明仁(当時)80歳の誕生日にあたり発表された「おことば」を、一部編集した上で放送した。この件に関して、憲法改正議論を進める安倍政権に配慮し、憲法に関する部分を恣意的に削除して放送したとの批判を受けた[100]

受信料制度・未払い問題

1973年、朝日新聞記者の本多勝一は『NHK受信料拒否の論理』を発表し、視聴者が視聴するかしないかを問わずに一方的に料金を先払いで徴収すること、無責任な組織体質、無責任などを指摘したうえで、公共放送としての改善には受信料拒否という方法があると主張した[101]

2000年代以降、相次ぐNHKの不祥事で受信料の不払いが増加していることから、今後の受信料のあり方について、国会や与党野党、総務省などで議論されている[102][103]。他方、2006年にNHKは受信料未払い問題に対して簡易裁判所に対する支払督促の申し立てを行っており、未契約者に対しても民事訴訟をできるだけ速やかに実施すると発表した[104]

受信料を巡る訴訟

  • 2007年 - 元職員がケーブルテレビ加入で、勝手にNHK-BSが観られるようになって、高い受信料を請求されているとして、請求を止めるよう訴訟を起こしたが、訴えは退けられた[105]
  • 2009年6月23日 - NHKが受信契約締結と受信料の支払いを拒否する埼玉県内のホテルに対して142万円の損害賠償を求める訴訟を起こした[106]。未契約者に対する訴訟としては初めてのことである[106]。7月9日、会社側が訴訟で求めていた全額の支払いに応じたため、提訴を取り下げた[107]
  • 東京都練馬区の男性と江東区の男性に対し、放送受信契約を結んでいるのに受信料の支払いに応じなかったとして、未払い分の支払いを求め東京地裁に提訴した。2009年7月28日、同地裁は請求通り男性2人にそれぞれ8万3400円ずつの支払いを命じた[108]
  • 2014年9月5日 - 最高裁判所の第二小法廷にて、NHK側は受信料の請求債権が10年であると主張していたが、鬼丸かおる裁判長はNHK側の上告を退け、「5年で時効」とする判決を下した[109][110][111][112][113][114]。この5年時効の確定判決は、最高裁判所としては初の判断である。この最高裁による確定判決により、5年以前に遡った受信料は回収不能となり、未払い受信料のうち最大678億円が回収不能になる見込みである[115][116][117]
  • ワンセグ機能付きの携帯電話については、埼玉県朝霞市の市議・大橋昌信(NHKから国民を守る党の党員)がワンセグ機能付きの携帯電話を所持しているだけ[118] で受信料を支払う必要があるかどうかの確認を求める裁判を起こしていた[118]。この裁判に関してさいたま地裁は2016年8月26日、放送法2条14号で「設置」と「携帯」が分けられていることから「携帯」は放送法の定める「設置」ではなく、携帯電話のワンセグは「設置」とする主張を「文理解釈上、相当の無理がある」とし、受信料を払う必要はないとする判決を下した[118][119] が、東京高裁で逆転敗訴。また、同様の裁判は2018年6月現在で5件あり、そのすべてがワンセグ所有者は受信料を払わねばならないとする判決となっている[120]
  • NHKを映らないようにしたテレビであれば受信契約の義務がないことの確認を求め、東京都在住の女性が東京地裁に提訴。2020年6月24日、東京地方裁判所は原告の訴えを認め、増幅器の出費をしなければ受信できないテレビは、NHKを受信できる設備とはいえないと判断。これに対し、前田晃伸会長は同年の7月2日の定例会見で控訴する方針を表明した[121]

広告・商業主義

放送法によって広告放送で収入を得ることが禁じられているが、特定企業を宣伝しているかのような内容の番組が放送されているとの批判がある。その代表格であった『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』では、2004年に開催したイベント「プロジェクトX21」で番組で取り上げた企業に資料の提供と「協賛金」を要請したと報じられた[122]。このほか土曜ドラマハゲタカ』を東宝と映画化して展開する、インターネットでの有料配信「NHKオンデマンド」を始めるなど、受信料外収入以外にも収入があることが明らかになっている。

なお、フランス、イギリス、アメリカ合衆国、韓国、ドイツなどの日本国外の公共放送では広告収入は認められている。

民放との関係

建設した放送に必要な送信設備を、民放に軽い負担で使用させており、これにより批判が大々的にできないという。

サッカーW杯オリンピックなどのスポーツ中継において、放映権料の負担分の一部を放送せず(ジャパンコンソーシアム)民放に譲り渡し、批判をしないように牽制しているという。

2001年、読売新聞から読売ジャイアンツ戦5試合分の放送権を、日本テレビでは4億円のところを8億円で購入した。読売1000万部を敵に回さないための組織防衛の金だという[123]

2004年9月、当時の海老沢勝二会長が国会に参考人招致された際、中村哲治民主党参議院議員)が、「もはやNHKが芸能番組を放送する意味はない。巨額のお金が動く番組を作るから、こういう不祥事が発生するのでは」と問い質したが、録画中継において全カットされ、海老沢が呼ばれた総務委員会を生中継せず、不利な質問を全てカットしたものを深夜に放送した[123]

放送体制が民業圧迫となっていると懸念する、民放の反発も招いてきた[124]。なお、既存民放番組に対抗姿勢を打ち出した番組を制作することもある。

視聴率との関係

受信料で成り立っており「視聴率に左右されないテレビ局」を謳っている[125] が、「NHKも民放と同様、あるいはそれ以上に視聴率を意識している」と見解が示されているか、またはそれを前提とした報道・評論がされている例も多い[126][127][128][129][130][131]。また、かつてNHKの気象情報に出演していた気象予報士タレント半井小絵は、「チャンネルを変えられないようにとの指示が出ていた」と証言している[132]

番組内容に関する批判

人氏名の呼称問題
かつて、ニュース内で韓国人名を日本語読みしていた。これを「人格権の侵害だ」と主張する北九州市在日韓国人(牧師)が、1988年に謝罪広告の掲載と、1円の慰謝料支払いを求めて提訴した。しかし最高裁は「日本語読みは当時、慣行として成立しており、人格権侵害などの意思があったとは認められない」と、韓国人側の請求を退けた[133]。現在は朝鮮語読み[注 22] に改められている。
番組改変問題
2000年代にはETV特集番組改変問題を巡り、取材を受けた市民団体「戦争と女性への暴力」日本ネットワークから放送結果から「取材される際の期待を裏切られた」と損害賠償訴訟を起こされ、国家・政治との関わりが報道などで問題提起された。2007年の控訴審判決で東京高裁より200万円の賠償を命ぜられたが、2008年上告審で最高裁は原告の請求を退ける判決を下した。
NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」
2009年4月5日、6月25日放送の『JAPANデビュー アジアの一等国』」の内容について取材対象となった現地の台湾人・パイワン人、保守系メディアと視聴者、大学教授らが「放送法などに反した番組を見たことで精神的苦痛を受けた」として訴訟を起こした[134][135][135][136]。また、在台日本人の団体から日台交流に支障をきたす恐れがあるとの意見書が出された[137]。東京、大阪などのNHK周辺で1000人を超える規模の抗議デモが行われた[137]。国会では公共放送のあり方について考える議員の会が設立された[138]
抗議活動を受けて、当時の福地茂雄会長は5月14日、「番組に問題はなかった」と述べた[139]。しかし、台湾人出演者からの抗議はないとした宣言文をホームページに掲載すると同時に[140][141]、プロデューサー等を台湾に派遣し「本件については不問に付します」とする文書に、署名捺印を求めたという[140]
佐村河内ゴースト問題
2012年11月放送の『情報LIVE ただイマ!』が「交響曲第1番HIROSHIMA」大ヒットのきっかけとなり、NHKスペシャル『魂の旋律〜音を失った作曲家〜』などでも反響を呼んだ、佐村河内守の曲が、新垣隆による作曲である事が『週刊文春』の報道で判明した。TBS系列『筑紫哲也 NEWS23』などを手掛けたTBS出身のフリーディレクター古賀淳也[142] が数年間も取材しており、「確かに共同制作者的な存在はいる」とゴーストライターの存在を認めていた関係者も存在し、問題化した[143][144]
五輪反対デモ取材誤認問題
2021年12月26日放送の、BSの河瀬直美2020年東京五輪を取材する様子のドキュメンタリー番組で、男性が五輪反対デモに金をもらって参加したとする字幕につき、未確認情報だったとした[145][146][147][148]

著作権を巡る訴訟

2009年、札幌市写真家が撮影した風車の写真を無断でニュースに使用したとして、写真家から著作権侵害の賠償を求めての訴訟を起こされた[149]初公判は2010年に開かれた。


注釈

  1. ^ 副会長、専務理事、専務理事以外の理事は会長の定めるところにより協会を代表する(定款第39条)。
  2. ^ NIPPON HOSO KYOKAI」の頭文字を取り「NHKエヌエイチケイと呼称・表記される。「NHK」は日本放送協会定款 [1]第2条で定められた公式な略称である。
  3. ^ 戦前の日本においては、民間企業による放送事業は法律で認められていなかったため、放送事業は社団法人日本放送協会の独占事業であった。
  4. ^ 株式会社放送衛星システムもNHKが49.998%を出資する関連会社である。
  5. ^ 但し、放送上は1995年度の編成がスタートした1995年4月3日より使用開始となり、関連会社等で使用されるものについては段階的に移行する形となった。
  6. ^ のちにデジタル・スタジアムのデジスタ・ナビゲーター、解説委員を務める。
  7. ^ そのため、NHKロゴマーク「三つのたまご」が使用されなかったのは、1962年度から1994年度までのロゴマーク以来24年ぶりとなる。
  8. ^ 地上デジタル放送のチャンネルロゴは総合テレビでは「NHK G」と表示されており、教育テレビでは「NHK E」と表示されていたが、2011年4月11日の放送開始から2020年3月29日までは「NHK Eテレ」の表示となった。2020年3月30日からは「NHK E」と再び表示されている。
  9. ^ 尚、受信機のEPG等で確認できる局ロゴに関しては2020年から「BSP」の略称を使用している。
  10. ^ 2011年4月1日のチャンネル再編までは第1放送がBS1(ビーエスワン)、第2放送がBS2ビーエスツー、ハイビジョン放送がBShiビーエスハイビジョンと略称されていた。
  11. ^ 2007年の法改正までは「命令」であった。
  12. ^ 2021年8月等、特殊な事情がある場合は、1日以外の日に試験放送を行う。
  13. ^ その後、NHK自体が「コップのフチ子」と同じタナカカツキのデザインによる「AIアナウンサー」の「ニュースのヨミ子」を登場させている。
  14. ^ 例えば、2015年の朝ドラまれ』では、輪島塗という言葉が何度も用いられている。
  15. ^ NHKの姿勢とは対照的に、民間放送が企業や商品名ロゴの写り込みを同業他社が提供する番組や、ジャニーズ事務所に所属するタレントが出演する番組を中心にぼかし処理で隠すことがある。
  16. ^ なお、アメリカでもこの大会を生中継する予定だったNBCテレビが同様の理由で放送を中止している。
  17. ^ インターネットニュースサイト「NHK NEWS WEB」では曲名の差し替えは行われずにそのまま紹介された[33]
  18. ^ スクランブル配信・ノンスクランブル放送が混在するチャンネル。
  19. ^ それでも、第3代目〜第11代目までの会長は、外部企業の要職を務めた者の民間登用、または外部企業を経て役員に就任した者ばかりだった
  20. ^ 東京都世田谷区- エントランスホールでは放送技術の紹介が行われている。また毎年5月には一般公開が開催される。
  21. ^ 開始当初はBS2、2011年に行われたBS再編後は2020年までBSプレミアムにて放送していた。
  22. ^ テロップ表記も原則カタカナだが漢字表記が分かる人物については最初の表記分についてはカッコ書きで書かれている。 代表例:"キム・デジュン(金大中)氏"

出典

  1. ^ a b c d e f 令和2年度 連結財務諸表 (PDF)”. 日本放送協会. 2021年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 令和2年度 財務諸表 (PDF)”. 日本放送協会. 2021年7月18日閲覧。
  3. ^ NHKオンライン「NHKの概要」
  4. ^ a b 概要”. NHKオンライン「NHKについて」. 2019年1月27日閲覧。
  5. ^ 日本放送協会定款 (PDF)
  6. ^ 社団法人日本放送協会設立 - NHK放送史
  7. ^ NHK経営情報
  8. ^ 石井清司「4章」 『日本の放送をつくった男 - フランク馬場物語』(初版)毎日新聞社 (原著1998年10月30日)、138頁。ISBN 4-620-31247-9 
  9. ^ 登録(第386781号)、なお日本発条は1951年10月19日(第404159号)。
  10. ^ 第3048038号
  11. ^ a b 荒井透雅「受信料制度についてのこれまでの論議と外国の動向 - 通信・放送融合時代の受信料制度の検討に向けて - (PDF) 」 『立法と調査』第429号、参議院常任委員会調査室・特別調査室、2020年11月2日、 3-16頁、2022年5月21日閲覧。
  12. ^ NHK放送文化研究所, ed (2021-10-29) (PDF). NHK年鑑2021. NHK出版. p. 653 (p. 622 in PDF). ISBN 978-4-14-007273-8. https://www.nhk.or.jp/bunken/book/regular/nenkan/pdf21/21.pdf 2022年5月21日閲覧。 
  13. ^ 令和元年度 連結財務諸表 (PDF)
  14. ^ 決算|経営に関する情報|NHKについて
  15. ^ 日本放送協会平成14年度連結決算報告書 (PDF)
  16. ^ 日本放送協会平成15年度連結決算報告書 (PDF)
  17. ^ 平成17年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  18. ^ 平成19年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  19. ^ 平成21年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  20. ^ 平成23年度 NHK連結決算の概要 (PDF)
  21. ^ NHK放送ガイドライン2020 インターネットガイドライン統合版 (PDF) 日本放送協会、2022年2月23日閲覧。
  22. ^ 山崎春奈 (2016年9月12日). “「コップのフチ子」が「OL人形」に 原因は原案者との確執?”. BuzzFeed (BuzzFeed Japan). https://www.buzzfeed.com/harunayamazaki/fuchico-ol?utm_term=.jf8ANaDv5m#.adn0l9RrmB 2016年9月30日閲覧。 
  23. ^ 日本放送協会 (日本語), 魔改造の夜「赤ちゃん人形綱登り」 - 魔改造の夜, https://www.nhk.jp/p/ts/6LQ2ZM4Z3Q/episode/te/M86M67Z4KG/ 2021年8月28日閲覧。 
  24. ^ カーリング五輪最終予選初戦 日本VS米国が中継突如休止 米国連盟「スポンサーの衝突」”. デイリースポーツ (2021年12月5日). 2021年12月6日閲覧。
  25. ^ NHKカーリング中継中止続く 6日の日韓戦も 会場内広告を問題視 企業側「残念」”. デイリースポーツ (2021年12月6日). 2021年12月6日閲覧。
  26. ^ カーリング日本戦の生中継、急きょ中止に…会場に成人向け広告”. 読売新聞 (2021年12月6日). 2021年12月6日閲覧。
  27. ^ NHK、カーリングの中継中止 五輪予選、広告が指針抵触の恐れ”. 共同通信 (2021年12月6日). 2021年12月6日閲覧。
  28. ^ カーリング4人制は放送決定 世界連盟が混乱謝罪 企業側が譲歩 広告を交換”. デイリースポーツ (2021年12月11日). 2021年12月11日閲覧。
  29. ^ NHK カーリング五輪最終予選、男女4人制の放送を決定”. スポーツニッポン (2021年12月11日). 2021年12月12日閲覧。
  30. ^ 紅白秘話 「ポルシェ」とそのまま歌うと事前発表していた” (日本語). NEWSポストセブン (2020年12月31日). 2021年11月7日閲覧。
  31. ^ “HKT48、「テトラポッド」と歌う 登録商標や商品名を言い換えるNHKの方針は最近変わったのか”. J-castニュース (ジェイ・キャスト). (2015年4月22日). https://www.j-cast.com/2015/04/22233710.html?p=all 2018年7月27日閲覧。 
  32. ^ 瑛人、紅白初出場!「香水」”ドルチェ&ガッバーナ”問題もクリア― NHK側が問題なしの見解示す 中日スポーツ 2020年11月16日
  33. ^ a b 日本放送協会 (2021年6月14日). “作曲家の小林亜星さん死去 88歳 「北の宿から」など作曲”. NHKニュース. 2021年6月16日閲覧。
  34. ^ 日本放送協会 (2021年5月22日). “「この木なんの木」など手がけた 作詞家の伊藤アキラさん死去”. NHKニュース. 2021年6月16日閲覧。
  35. ^ 後藤洋平 (2016年6月6日). “朝ドラと企業家、蜜月なぜ NHKが宣伝に加担してる?”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナルの2016年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160713045246/http://www.asahi.com/articles/ASJ636KS5J63UCLV013.html 2016年7月21日閲覧。 
  36. ^ 殿村美樹 (2016年5月14日). “企業PR?NHK朝ドラが女性実業家ばかりのワケ”. 読売新聞 (読売新聞社). https://www.yomiuri.co.jp/entame/ichiran/20160511-OYT8T50080/ 2016年9月30日閲覧。 
  37. ^ 2019年度第1四半期業務報告 (PDF)”. 日本放送協会. 2021年1月7日閲覧。
  38. ^ a b 日本放送協会2019年度業務に関する監査委員会の活動結果報告書 (PDF)”. 日本放送協会. 2021年1月7日閲覧。
  39. ^ 日本放送協会理事会議事録(2022年3月7日開催分)”. p. 4 (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。
  40. ^ 日本放送協会 第1360回経営委員会議事録”. 日本放送協会. 2021年1月7日閲覧。
  41. ^ NHK放送受信料窓口のご案内”. NHK札幌放送局. 2015年12月30日閲覧。
  42. ^ 福山支局の移転について”. NHK広島放送局. 2015年12月30日閲覧。[リンク切れ]
  43. ^ a b c d e f g 民放の新型コロナ対応 ~視聴者・リスナーに向けて 地域内での共同キャンペーン - 日本民間放送連盟
  44. ^ 富山県の放送局が新型コロナウイルスで共同キャンペーン - 北日本放送
  45. ^ 岡山・香川 新型コロナウイルスから命と暮らしを守ろう”. 香川県総務部知事公室広聴広報課 (2020年5月11日). 2020年5月16日閲覧。
  46. ^ みてみて高知12468キャンペーン - テレビ高知
  47. ^ 高知地区ラジオ3局共同キャンペーン「コロナに負けるな!」”. エフエム高知 (2020年5月12日). 2020年5月24日閲覧。
  48. ^ 「中テレ×NHK福島放送局」2020年、今年もコラボします - 福島中央テレビ(インターネットアーカイブ)
  49. ^ 信州 テレビ新時代 - テレビ信州
  50. ^ POWER FILE 1143 vol.252”. 京都放送 (2007年7月18日). 2020年5月24日閲覧。
  51. ^ [[[日本民間放送連盟 |[日本民間放送連盟]] 『日本民間放送年鑑2020』コーケン出版、2020年11月25日、59頁。 
  52. ^ 第250回エフエム徳島放送番組審議会”. エフエム徳島 (2017年3月27日). 2020年5月24日閲覧。
  53. ^ “県内ラジオ4局 防災番組を共同制作 15日放送”. 徳島新聞. (2020年3月12日). オリジナルの2020年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201009093751/https://www.topics.or.jp/articles/-/335241 2021年1月27日閲覧。 
  54. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2020』コーケン出版、2020年11月25日、113頁。 
  55. ^ NHK年鑑2013 3頁各波の編集方針 (PDF)
  56. ^ a b [2] [3]
  57. ^ NHK、BSとラジオのチャンネル削減へ。BS1とBSプレミアム統合/8Kも五輪後に「在り方を検討」 (2020.8.5 PHILE WEB)
  58. ^ NHK、BSは2023年度/ラジオは2025年度にチャンネル数削減へ”. phileweb (2021年1月14日). 2021年1月16日閲覧。
  59. ^ 日本放送協会 理事会議事録 (2022年1月12日開催分)
  60. ^ 日本放送協会令和2年度業務報告書 33ページ
  61. ^ NHK経営計画(2021-2023年度) 3ページ
  62. ^ 番組制作・送出などのことを「営業」とは呼んでいない。
  63. ^ 先輩職員の働き方
  64. ^ 受信料の窓口
  65. ^ NHK首都圏アクセスマップ
  66. ^ 京都新聞2020年3月14日朝刊p24
  67. ^ 週刊文春』2013年11月28日号
  68. ^ NHK会長人事・次期会長会見要旨 - 日本放送協会プレスリリース 2019年12月9日
  69. ^ 特集 その時、舞台裏では…「番組編成編」 NHKアーカイブス
  70. ^ 「平成27年度、収支予算と事業計画の説明資料 [4]」職員給与総額(各種手当込:退職金除く)1194.1億円 /(職員数)10292人=1,160万円。
  71. ^ 「BBCの年次報告書」12 JULY 2016『The Telegraph News』
  72. ^ 宮脇睦「なぜマスコミは「籾井いじめ」に半狂乱したのか」https://ironna.jp/article/5091?p=2
  73. ^ 番組表ヒストリー |NHKクロニクル
  74. ^ NHKアーカイブスとは |NHKアーカイブス
  75. ^ 番組タイムマシーン |NHKアーカイブス - テレビ放送を開始した1953年2月1日以降のNHK東京のテレビ番組表が掲載されている(1953年1月の実験放送の番組も確認できる)。日付部分をクリックすると、年月日を変更できるカレンダーが表示され番組表が確認できる。番組タイトルをクリックすると、クリックした番組以降の当日の放送が番組表ヒストリーの検索結果として表示される。
  76. ^ NHKクロニクル NHKアーカイブス保存番組検索”. 2012年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月21日閲覧。
  77. ^ NHK「ザ・ベストテレビ」 11月21日から6日間放送”. 民放online (2021年11月15日). 2021年11月20日閲覧。
  78. ^ 名作時代劇 大岡越前 第2部 NHK Archived 2013年8月4日, at the Wayback Machine.
  79. ^ 国際放送の現状”. 総務省情報流通行政局. pp. 13,16 (2014年8月). 2020年12月9日閲覧。
  80. ^ NHKで民放制作のテレビ番組が放送へ。BS8Kで”. PHILE WEB (2020年12月9日). 2020年12月9日閲覧。
  81. ^ NHK、『TIGER & BUNNY』企業ロゴのない特別バージョンで放送 オリコン 2017年5月3日、同6月1日閲覧。
  82. ^ “民放でNHKニュースを放送”. 毎日新聞: pp. 9. (1968-06-29(夕刊)) 
  83. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'70』日本放送出版協会、1970年、59頁。 
  84. ^ “朝ドラ”の大人気作がまさかのBS12で! 国仲涼子主演「ちゅらさん」が10月5日(月)よりスタート”. WEBザテレビジョン (2020年10月5日). 2021年10月20日閲覧。
  85. ^ “マナカナ”を世間に知らしめた朝ドラがBS12で復活! 「ふたりっ子」が4月5日(月)よりスタート”. WEBザテレビジョン (2021年4月5日). 2021年10月20日閲覧。
  86. ^ 尾野真千子主演『カーネーション』BS12トゥエルビにて10月25日より放送開始”. Real Sound (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  87. ^ 解説:番組のネット配信、出演料やタレント価値の低下を気にする芸能界が敬遠」ITpro、2006年2月17日
  88. ^ 織田淳嗣(NHK取材班) (2013年2月19日). “【ZOOM】厚遇批判に「自主的な変化」 NHK「基本賃金10%削減」案”. 産業経済新聞 (MSN産經ニュース). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130219/ent13021907490002-n1.htm 2013年2月20日閲覧。 
  89. ^ NHK、給与1割削減に労使合意 - 2013年4月4日日本経済新聞Web刊(2013年10月13日閲覧)
  90. ^ NHKの「皆様の受信料」がOBの年金に補填される奇怪 |inside Enterprise |ダイヤモンド・オンライン
  91. ^ 「公共放送の在り方 NHK改革を巡る議論」国立国会図書館ISSUE BRIEF 2006年3月3日 (PDF)
  92. ^ 武田徹 『NHK問題』 筑摩書房、2006年12月、108〜122頁。ISBN 978-4-480-06336-6
  93. ^ 総裁選報道への質問電話に NHK側『自民のPR』] 東京新聞 2008年10月9日 夕刊
  94. ^ “Japan’s ‘BBC’ bans any reference to wartime ‘sex slaves’”. タイムズ. (2014年10月17日). https://www.thetimes.co.uk/article/japans-bbc-bans-any-reference-to-wartime-sex-slaves-s7qtbxr0kc0 2014年10月18日閲覧。 
  95. ^ “「政治と癒着…NHKのためなら」籾井節、最後の会見も’”. 朝日新聞デジタル版. (2017年1月20日). オリジナルの2017年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170223181831/http://www.asahi.com/articles/ASK1M5GBNK1MUCLV00R.html 2017年2月23日閲覧。 
  96. ^ NHK:軍用地所有 東京・六本木の米軍基地一部、国有地交換後も残る 毎日新聞 2009年5月25日
  97. ^ 原発容認で出演中止 NHK番組 「意見変えて」要請 産経新聞 2013年4月1日
  98. ^ NHK:「脱原発」拒否 ラジオ番組、大学教授出演取りやめ 毎日新聞 2014年1月31日
  99. ^ 社説:NHKと政治 萎縮せず果敢な放送を 毎日新聞 2014年2月1日
  100. ^ 【ビジネス・ジャーナル】2014年1月23日付 「NHK、天皇陛下の「お言葉」を恣意的に一部カットして報道〜蜜月・安倍政権への“配慮”」
  101. ^ 『NHK受信料拒否の論理』未来社 1973 のち朝日文庫1991
  102. ^ 総務省|放送を巡る諸課題に関する検討会|放送を巡る諸課題に関する検討会” (日本語). 総務省. 2020年7月15日閲覧。
  103. ^ NHK受信料、見直しへ議論 総務省の有識者会議” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年7月15日閲覧。
  104. ^ 民事手続きによる受信料の支払督促の実施について」 日本放送協会、2006年10月5日。
  105. ^ 受信料「不服」、NHK元職員が請求凍結求め提訴 - 社会(朝日新聞)
  106. ^ a b 【YouTube】NHK受信料巡る訴訟合戦勃発か サーチナ 2009年6月24日
  107. ^ 受信契約拒否問題でNHKが提訴取り下げ 会社側が受信料支払いへ 産経新聞 2009年7月9日更新、28日閲覧
  108. ^ NHK受信料未払いはダメ!東京地裁「自由意思で契約、解約できた」 産経新聞 2009年7月28日更新、同日閲覧
  109. ^ NHK受信料の未払い「5年で時効」 最高裁が初判断
  110. ^ NHK受信料5年で時効 最高裁が初判断
  111. ^ NHK受信料、5年で時効成立…最高裁初判断
  112. ^ 受信料:時効5年確定、NHKの上告棄却…最高裁初判断
  113. ^ NHK受信料、5年で時効=最高裁が初判断
  114. ^ 受信料は時効5年と最高裁判決も「主張があれば5年に」とNHKは変わらず
  115. ^ NHK受信料滞納、時効5年確定
  116. ^ NHK受信料の滞納は、5年で時効 最高裁が初判断
  117. ^ 受信料請求の前に国益に資する放送を NHK受信料未払いは5年で時効
  118. ^ a b c ワンセグ携帯所有者はNHK受信料不要、さいたま地裁判決 - 弁護士ドットコム
  119. ^ ワンセグ携帯所有者、NHK受信料の契約義務なし さいたま地裁判決”. 産経ニュース (2016年8月26日). 2016年8月26日閲覧。
  120. ^ 2018年6月21日 朝日新聞 「二審もワンセグ携帯に受信料支払い義務 東京高裁判決」
  121. ^ 映らないテレビ判決、NHK控訴へ 受信契約義務めぐり:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年7月15日閲覧。
  122. ^ NHK放送文化研究所 2004年11月号「放送研究と調査」
  123. ^ a b 三橋貴明『疑惑の報道』
  124. ^ MSN産経ニュース』2013年9月21日付
  125. ^ 「NHKだからできる放送」とは何か 日本放送協会(2016年1月4日閲覧)
  126. ^ 日本テレビ視聴率買収事件 コトバンク
  127. ^ 「毎分視聴率」を出す民放と出さぬNHK 番組制作の意識に差 NEWSポストセブン2014年2月11日7時0分配信
  128. ^ 明菜、聖子、薬師丸って…若者は興味ゼロ歌手連発で視聴率低下の紅白 捨て合う若者とテレビ ビジネスジャーナル2015年1月9日配信
  129. ^ 〈回顧2010・放送〉 NHKに注目 民放連ドラ苦戦 朝日新聞デジタル2010年12月25日11時38分配信(2015年12月13日閲覧)
  130. ^ またしても一線級女優のキャスティング…来春NHK朝ドラ主演は堀北真希 リアルライブ2011年6月17日15時30分配信(2015年12月13日閲覧)
  131. ^ 杏&東出昌大“ごちそうさん愛”で視聴率アップ? NHKニンマリ (1/2ページ) 夕刊フジ(2014年1月7日配信)2016年1月4日閲覧。
  132. ^ “半井小絵さん「NHKにいるときにはあんなに偏向報道をしているとは思いませんでした」言論テレビ討論会”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2017年9月18日). https://www.sankei.com/politics/news/170918/plt1709180018-n2.html 2017年9月19日閲覧。 
  133. ^ 毎日新聞メディア編成本部 毎日新聞戦後の重大事件早見表 1991年5月25日印刷 1991年6月10日発行 沢畠 毅 p.378 ISBN 4-620-30794-7
  134. ^ パイワン人も提訴、原告1万人突破 NHK台湾特集訴訟 産経新聞 2009.8.12
  135. ^ a b NHK相手に8400人が集団提訴 「JAPANデビュー」歪曲報道で 産経新聞 2009.6.25
  136. ^ NHKの台湾支配報道は「捏造」 歴史研究者ら8千人提訴 共同通信 2009/06/25
  137. ^ a b 日台友好団体がNHKに抗議デモ 産経新聞 2009.5.30
  138. ^ 総理大臣経験者を始めとする約60人の国会議員が集まった。「自民党:公共放送を考える議員の会が発足総会」 毎日新聞2009年6月11日
  139. ^ 「一方的ではない」 Nスペ「偏向番組問題」で福地会長 産経ニュース 2009.5.14
  140. ^ a b 「偏向報道」抗議者に「不問」求める 訪台のNHK番組関係者 産経新聞 2009.10.6
  141. ^ プロジェクトJAPAN 未来へのプレーバック。NHK 2009年6月17日
  142. ^ 魂の旋律―佐村河内守 [単行本]
  143. ^ 佐村河内守 なぜテレビはダマされたのか? ハフィントンポスト 2014年2月8日
  144. ^ 佐村河内氏のゴースト疑惑 NHKは知っていた? スポニチ 2014年2月5日
  145. ^ “NHK、事実確認せず不適切字幕「金もらって」「五輪反対デモ参加」”. 朝日新聞. (2022年1月9日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ196WCCQ19PTFC004.html 2022年1月10日閲覧。 
  146. ^ “NHKの河瀬直美さんの五輪番組、字幕に不確かな内容 21年放送”. 毎日新聞. (2022年1月9日). https://mainichi.jp/articles/20220109/k00/00m/040/127000c 
  147. ^ “NHK、番組の不適切字幕で謝罪”. 京都新聞. (2022年1月9日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/amp/708715 
  148. ^ “NHK、男性の「五輪反対デモ参加」確認せず放送…ドキュメンタリー番組で”. 読売新聞. (2022年1月9日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20220109-OYT1T50101/amp/ 
  149. ^ 札幌の写真家がNHK告訴 著作権法違反容疑 - 47NEWS(よんななニュース)(2008年6月24日 共同通信)
  150. ^ 日本放送協会総合技術研究所『五十年史』(1981.03) - 渋沢社史データベース






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本放送協会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本放送協会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本放送協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS