ビーエス朝日とは?

ビーエス朝日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 10:11 UTC 版)

株式会社ビーエス朝日(ビーエスあさひ、Asahi Satellite Broadcasting LimitedBS朝日BS Asahi)は、東京都港区に本社を置くBSデジタル放送を行っているテレビ朝日系列の衛星基幹放送事業者




注釈

  1. ^ a b BS日テレも当初は地上波の日本テレビ放送網と同じ麹町社屋で共有していたが、2004年に地上波のスタジオが汐留に移転しており、2014年までは同様に双方向回線でつながれていた。
  2. ^ 詳細は不明だが、そのほかに朝日放送制作のプロ野球中継・高校野球中継や過去に北海道テレビ放送制作で放送されていたYOSAKOIソーラン祭りなど系列各局からの生放送番組を行なう際も発局からテレビ朝日を経由してBS朝日に放送素材を送っていた。
  3. ^ 受信機表示アイコンは2012年3月26日まで使用していたが、翌日から「A(改行)BS朝日」に変更された。
  4. ^ a b c 論理チャンネルの上2桁で、放送事業者とサービスを表す番号。
  5. ^ 2009年6月24日に、151chと152chを利用してAFCチャンピオンズリーグ(サッカー)の2試合同時中継を行った。
  6. ^ アメリカ同時多発テロ事件の発生直後に、報道特別番組としてサブチャンネルでCNN同時放送が行われた。
  7. ^ ただし、2009年3月からは通販番組に限り額縁放送となっている(CM中に放映されるものを除く)。
  8. ^ 地上波のテレビ朝日ではこれらの予報は表示していない。
  9. ^ ショップチャンネルのスペシャルを0時から6時前まで通しで実施するときが多い(普段でも午前0・1時台はショップチャンネル、それ以後は他の通販を概ね3時ごろまでと4:30以後に放送している)
  10. ^ ゴールデンタイムに放送する映画番組も字幕放送に対応となった(週末日中の放送では当初実施しなかったが、2019年12月より実施している)。無料民放BS局で映画番組を(文字スーパーではない)字幕放送対応での放送は他にDlife、BSテレ東(2018年11月より)、BSフジ(2019年6月より)、BS-TBS(2019年秋より)でも実施している。
  11. ^ 2020年4月開始の深夜アニメ枠『アニメA』でも一部作品で字幕放送を実施(現時点では2020年4月期のみ)。無料民放BS局の深夜アニメで字幕放送を実施するのは2013年までのBSフジ『ノイタミナ』などの例はあるが、きわめて珍しい事例である。
  12. ^ 1980年代に制作された時代劇を無料民放BS局で放送する際に字幕放送を加えるのはBS朝日とBSフジのみである。
  13. ^ テレビ朝日制作番組で地上波で字幕放送を行っている番組は2018年以降はBS朝日でも字幕放送を原則実施しているが(それ以前は一部のみだった)、朝日放送テレビ制作番組では一部しか実施していない。
  14. ^ 主に文字テロップだが、番組によっては番組ロゴを使用しているほか、『月曜ストーリー』(終了)などではウォーターマークなしで作品名のみを表示している。さらに、『しあわせロハス』(終了)では番組ロゴの下にコーナー名を表示している。
  15. ^ 同中継では左上にもエクストラスーパーの表示が行われており、仮に番組名の常時表示を行った場合、そのエクストラスーパーの表示を阻害してしまうことになる。
  16. ^ かつてテレビ朝日が制作した同名番組の復活版で、一部のテレビ朝日系列局でも放送。
  17. ^ 実際は16:54 - 16:56だが、16:56 - 16:57に放送されている天気予報を含む。
  18. ^ 当日の最終試合除く。
  19. ^ 2018年からは対巨人戦以外の試合も放送。
  20. ^ 対巨人戦は2011年から、対巨人戦以外の試合は2013年から放送。対巨人戦は2011年から地上波全国放送時は、地上波とのトップ&リレー(2016年までは水曜ナイター開催時も実施していたが、2017年以降は日曜デーゲーム〈原則としてリレー中継のみ〉のみ実施)、関西ローカル放送時は完全生中継(朝日放送テレビが実況・解説を地上波とは別に用意)で各々放送。
  21. ^ 地上波広島ホームテレビ側の独自企画に配慮して、実況・解説をテレビ朝日側で用意する。
  22. ^ 交流戦の対巨人戦を地上波放送またはBS単独放送時はテレビ朝日側で実況・解説を用意し、対巨人戦以外の試合は北海道テレビ側が実況・解説を用意またはテレビ朝日側で用意のどちらかとなる。
  23. ^ 球団制作で放送した年度はスカイ・エーと同時放送。
  24. ^ 球団制作映像を使用し、スコア表示は地上波での録画または同時中継や交流戦の対巨人戦・クライマックスシリーズはテレビ朝日仕様を使用し、単独放送時(交流戦の対巨人戦・クライマックスシリーズを除く)はスコア表示込みの球団制作映像を使用する。
  25. ^ 2008年までは『マリーンズライヴ』として放送
  26. ^ 対巨人戦は2007年から、対巨人戦以外の試合は2015年から放送。交流戦の対阪神戦のみ朝日放送テレビが実況・解説を地上波とは別に用意する。
  27. ^ 地上波福岡県ローカルで対巨人戦や巨人戦以外の試合を放送時は対巨人戦はテレビ朝日側で実況・解説を用意し、対巨人戦以外の試合は九州朝日放送側が実況・解説を地上波とは別に用意またはテレビ朝日側で用意のどちらかとなる。
  28. ^ 2005年もトップ&リレー中継(地上波全国放送がないときは完全生中継)を行っていたが、2006年からは地上波同時放送を含めて完全生中継。
  29. ^ 2008年から2010年を除く。
  30. ^ 日本大会NHKで放送(NHKが共催に加わり、賞杯を贈呈するため)。
  31. ^ この枠は、2019年9月までテレビ朝日地上波で編成されていたもので、番組ラインナップも地上波のそれを引き継いでいる。
  32. ^ 2010年4月からは番組名を『Turning Point〜賢者の選択〜』に変更してBS-TBSで放送(日経CNBC・サンテレビでの放送は継続)
  33. ^ チバテレビのスタジオを収録現場として使用。
  34. ^ 関東ローカル放送分の再編集(30分版)のためショッピングコーナーなし。ただし「骨骨☆10秒体操」は2009年2月より挿入されている。
  35. ^ 地上波テレビ朝日系列で毎年12月に生放送されるものを年内に5.1chサラウンドで録画放送している。

出典

  1. ^ テレビ朝日系BS放送会社「BS朝日」が発足、執行役員制度を導入
  2. ^ 認定放送持株会社体制への移行に向けた、会社分割および簡易株式交換に係る基本合意書の締結、子会社の設立並びに商号変更に関するお知らせ (PDF)”. テレビ朝日・ビーエス朝日 (2013年7月31日). 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月31日閲覧。
  3. ^ 日本放送協会『NHK年鑑'99』日本放送出版協会、1999年11月、451頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、259頁。
  5. ^ テレビ朝日・BS朝日制作著作とカードによってはホームチーム地元局が制作協力に加わる。
  6. ^ BS朝日 - 第51回日本プロゴルフシニア選手権大会
  7. ^ “ももクロ妹分少女、ヘリウム吸い搬送”. デイリースポーツ. (2015年2月4日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/02/04/0007714300.shtml 2015年2月5日閲覧。 
  8. ^ 12歳少女だけじゃない!多発していた「アイドルたちの収録事故」
  9. ^ 日本小児科学界雑誌第119巻第5号(日本小児学会こどもの生活環境委員会)
  10. ^ “テレ朝、プロデューサー2人を懲戒処分 ヘリウム事故”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). (2015年11月25日). http://www.asahi.com/articles/ASHCS7QPRHCSUCLV00V.html 2015年11月28日閲覧。 
  11. ^ “テレ朝、番組プロデューサーら処分 ヘリウムガス事故で”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年11月24日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151124/ent1511240016-n1.html 2015年11月28日閲覧。 
  12. ^ “ヘリウムガス事故、テレビ朝日が関係者処分”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年11月24日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20151124-OYT1T50160.html 2015年11月28日閲覧。 
  13. ^ “テレ朝、ヘリウムガス事故でプロデューサーら懲戒処分も公表せず”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2015年11月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/25/kiji/K20151125011569890.html 2015年11月28日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビーエス朝日」の関連用語

ビーエス朝日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビーエス朝日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビーエス朝日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS